ちょっとしたことでイライラしたり、自分の意見と違う人の意見を受け入れられなかったりと、ふとした時に「自分は器の小さい人間だなぁ」と落ち込んでしまうことがあるでしょう。

なりたい自分の理想像を頭に思い描きながらも、なかなかそうなれずに悩んでいる人は多いです。

心身ともに大きな器に自分もなりたいと思った時、どんなふうに変われば理想の自分になれるのでしょうか?

器を大きくする方法や、器の大きい人の特徴などをご紹介します!

️器が大きい人になるための10個の心得

自分の器の大きさが足りていないと感じている人ほど、自分の心が乱されるような出来事があると、「もっと器が大きくなりたいなぁ」「ちょっとやそっとでは動揺しない器の大きさが欲しい」と思うものです。

周りに器が大きな人がいれば、その人を羨ましく思ったり、その人を通して理想の自分の姿を何度も思い描いたりするでしょう。

「器が大きくなりたい」と思う気持ちがあれば、その一歩は踏み出せています。

しかし、具体的にどんなことをすれば器が大きくなれるのかが分からずに、一歩踏み出した状態で止まってしまっているという人は多いでしょう。

そこからどんなふうに行動していけば、理想の自分になることができるのか、一歩踏み出すための方法を以下にご紹介していきます。

1:計画を練り、余裕を持って行動する

器の大きな人は、いつも心に余裕があります。

それは元々の性格によるものもありますが、自分である程度の心の余裕を意識してつくっている人もいます。

例えば朝は早めに起きて行動することで、バスや電車を1本乗り過ごしても落ち着いて通学や出勤をすることができます。

また、「何かあるかもしれない」と事あるごとに予測をして何事も行動するため、実際にイレギュラーな出来事があった時にも慌てずに冷静に対処することができます。

「〇〇かもしれない」と常に予測する人はネガティブ思考な人が多いですが、器の大きな人は「失敗するかもしれない」と悪いことばかりを考えるのではなく、「失敗するかもしれないから、そうならないためにも予め準備をしておこう」と悪い予測が当たらないようにしっかりと対策を練っておきます。

そのおかげで悪い予測を良い結果に変えることができるため、器の大きな人は何事も計画を練り、余裕を持って行動する習慣を身に付けています。

自分も器が大きくなりたいと思ったら、器の大きな人の余裕を持った行動や計画性を身に付ける努力をしましょう。

とくにいつも時間がなくて慌しく行動している人ほど、一度自分のタイムスケジュールを見直して、余裕を持って行動できるように計画を練ってみましょう。

2:相手を否定しない

器の大きい人は、決して相手を否定することはありません。

例えば相手の意見や考えが明らかに間違っていたとしても、頭ごなしにそれを否定することはしません。

まずはきちんと相手の話を聞いて、考えや意見の根拠となるものを探ります。

そして相手には相手の考えがあると納得した上で、初めて自分の意見を口に出します。

相手の意見の上から被せるのではなく、「それはそれ、これはこれ」として自分の考えを言うため、相手にも反感を抱かせるようなことはありません。

誰でも自分の考えを否定されるのは嫌な気持ちや悲しい気持ちになります。

器が大きい人は、否定される辛さをよく分かっているため、簡単に人を否定することはしないのです。

自分も同じようになりたいと思ったら、まずは相手がどんなことを言ってきても、「それは違う」「いやいや」と否定の言葉を口から出さないように意識しましょう。

自分の意見をはっきり持っている人や、意志の強い人、自分に自信がある人ほど他人の考えを否定しがちですが、それは悪い癖ですので、他人を否定するのは止めるように常に自分の心に言い聞かせましょう。

3:笑顔を絶やさない


器の大きな人は、常に笑顔を絶やしません。

いつも笑顔でいることを意識している人もいますが、気持ちに余裕があれば、自然と顔にも笑顔が浮かびやすいため、それでにこにことしている人もいます。

笑顔とは不思議なもので、いつも笑顔でいるように心がけて生活しているだけで、自然と運気が回ってきやすくなります。

笑顔は人に安心感を与えるため、笑顔の人の周りには自然と人が集まってきますし、たくさんの人たちと関わっていれば、その中で自分のチャンスや好機に繋がる機会も巡ってくるでしょう。

また、いつも笑顔の人は周りの人から見ても「器の大きそうな人だな」と感じさせますので、笑顔でいることで、自分や周りに器の大きさを認識させることもできるでしょう。

自分も同じようになりたいと思ったら、できるだけいつも笑顔でいるように努めましょう。

腹の立つことがあったり、辛いことがあったりすると、どうしても顔にはイライラや悲しみの感情が表れてしまいやすいです。

しかし自分の感情に振り回されていると、心に余裕など持てなくなってしまいますので、「いつも笑顔で」を心がけて、内心で動揺した時ほど笑顔を浮かべられるように意識しましょう。

4:周囲の目を気にしないで行動する

器の大きい人は、周囲の目を気にすることなく行動します。

それは決して、周りの迷惑を省みずに自分勝手に行動するということではありません。

周りの人の迷惑にならないように行動する上で、周りの意見や噂などに左右されることなく、「自分は自分」という強い意思を持って行動することができます。

例えば誰かが「Aさんてとっても意地悪な性格らしいよ」と自分に噂をしてきても、それを鵜呑みにすることなく自分の目できちんとAさんの人間性を見極めることができます。

また、自分の行動を誰かが変だおかしいと指摘しても、その指摘に踊らされることなく自分で決めたことをやり遂げる芯の強さも持っています。

周囲の視線や評価を気にする人は、周りの人たちがダメだということはしようとはしませんし、常に周囲の顔色を窺いながら行動しています。

そのため、自分の本来の意思を主張することができなかったり、「自分は抑圧されている」というストレスを抱えていたりします。

しかし周囲の目を気にしていては、いつまで経っても器の大きな人にはなれないでしょう。

器を大きくしたいと思ったら、度胸を身に付けることも必要です。

周囲に何を言われても気にならないというふうを装いながら、自らの度胸を身に付けるように努力をしましょう。

5:自分と異なる価値観を持っている人を受け入れる

人は誰でも、自分と同じ価値観の人とは仲良くし、異なる価値観の人は遠ざけることをします。

だからこそ自分の周りの友達には、共通する趣味や同じ価値観を持った人ばかりが集まります。

プライベートではそのように、価値観の合う人たちと一緒に過ごせばいいですし、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

しかし、学校や会社といったさまざまな人が集まる環境になると、少なからず自分とは価値観の異なる人もいるでしょう。

「この人とは合わない」「この人はあまり好きじゃない」そう思える人ほど、自分とは異なる価値観を持っていることが多いです。

しかし、異なる価値観を持っているというだけで相手を嫌いになったり、拒絶するようなことをしたりしていては、社会で上手く適応していくことはできませんし、器の大きな人になることも難しいでしょう。

器の大きな人は、自分と異なる価値観を持った人のことも自分の中に受け入れています。

それができる理由は、「自分とは価値観が違うから嫌い」ではなく、「自分とは違った価値観の人もいて為になる」という考え方をしているからです。

そのため、自分も器を大きくしたいと思ったら、異なる価値観を持った人に出会った時には、「価値観が違うからこそ自分の知らないことや考え方を教えてくれる人」と考えるようにし、むやみに嫌わないようにしましょう。

6:他人のせいにはしない

何かミスがあった時や間違いを犯してしまった時には、自分可愛さのあまりその責任を誰かになすりつけて、自分はそこから逃れようとします。

例えば朝寝坊をしてしまったら、「親が起こしてくれなかったからだ」と理不尽に親に怒りをぶつけたり、また道で誰かにぶつかった時には、相手が自分にぶつかってきたと考えて相手の不注意のせいにしたりします。

何か問題があった時には、少なからず自分にも責任があるはずなのに、どちらの責任が重いかということだけを考えて、責任を人になすりつけて「自分のせいではない」と言い訳をしようとします。

そんなことをしていては自分自身が成長することはできませんし、人間関係も悪化してしまうでしょう。

何かトラブルがあった時に、その責任逃れをするのではなく、自ら先頭に立って反省したり、他の人を庇ったりする人に対して周囲の人は厚い信頼を向けます。

しかし一方で、トラブル時に責任を他人に押し付けるような人は、周りから信頼されることはありません。

器の大きな人は、何かあった時にはまず自分に責任がないかと反省し、自ら謝罪をすることをします。

その誠意ある姿勢が、ますますその人の器の大きさを感じさせるのです。

自分もそうなりたいと思うなら、何かあった時には人のせいにするのではなく、まず自己の行いを省みる癖をつけましょう。

7:さまざまな経験をする

器の大きな人は、さまざまな経験を積んできています。

自分とは違う価値観の人たちと触れ合うことで、自分1人だけでは知ることのできなかった価値観や考え方を身に付けることができますし、また周りの人の視線や意見に惑わされないように、場数を踏んで度胸を身に付けてきました。

器の大きな人は最初から大きな器を持っていたわけではありません。

少しずつそうした経験を積み重ねていくことで、器の大きさを広げていったのです。

自分の好きなことや価値観の合う人、安心できる場所に留まっている人は、それ以上見識を広めることも、器を広めることもできないでしょう。

普通の人にはできない努力や経験を重ねてきたからこそ、器の大きな人はその器の大きさを手に入れることができたのです。

自分も同じように器の大きな人になりたいと思ったら、人並み以上にさまざまな経験をして、多くの考えや価値観を身につけましょう。

8:大きな過ちも受け入れる


自分や他人が大きな過ちを犯した時に、それを受け入れる広い心は誰にでも持てるものではありません。

自分は悪くないのに誰かのせいで大失態に巻き込まれたなら、「何で自分がこんな目に」とトラブルの原因となった人に対して少なからず不快な感情を抱くことでしょう。

また、自分が大きな過ちを犯してしまったなら、そんな大きな過ちを犯した自分自身を、到底受け入れることができずに苦しんでしまうこともあります。

大きな過ちを認めることや、それを受け入れることは簡単なことではありません。

受け入れられるようになるまで、さまざまな苦悩と葛藤することになるでしょう。

しかし、いずれは時間が解決して、受け入れられるようになります。

そのため、まずは大きな過ちがあったという事実をしっかりと受け入れて、少しでも早く受け入れることができるようにその事実と向き合いましょう。

9:どんな人にも同じように対応する

器の大きな人は、どんな人にも同じように対応します。

普通は自分と仲の良い人に対してはとても親身になったり、特別に接したりします。

その一方で、自分が嫌いな人やあまり関わりのない人には、冷たくしたり無関心を装ったりと、自分と関係の深い人たちに対してしか積極的に関わろうとはしないでしょう。

しかし、器の大きな人は誰に対しても同じように接します。

友達に自分の気に入っているものをプレゼントしたなら、知人程度の関係の人にも同じようにお気に入りをプレゼントできますし、自分の親友と無関係の人とが喧嘩になって仲裁に入ったなら、親友の肩を持つのではなくどちらにも平等に接して判断します。

自分の人生にとって、深い関わりのある人の肩を持ち、また無関係の人には無関心でいることは何も珍しいことではありませんし、おかしなことでもないでしょう。

しかし、器が大きな人になりたいと思うのなら、一部の人とのみ関わるのではなく、初対面の人やあまり親しくない人とも、親しい人と同じような接し方をしましょう。

分け隔てなく平等に人と接することで、自分自身の器を広げていくことができるでしょう。

10:人生を思いっきり楽しむ

人生を思いっきり楽しむことでも、器を広げることができます。

器の大きな人は、例えピンチや困難なことがあっても、それはそれとして楽しむ心の余裕があります。

その余裕はこれまでにたくさんの経験を積んできたからこそ出せるもので、またピンチな状況を楽しむからこそ前向きに打開や解決させる方法も思い浮かびやすくなります。

経験の浅い人は何かトラブルが起こればパニックになってしまいますし、落ち着いて対処することが難しいでしょう。

どんな時でも心に余裕を持つためには、普段から人生経験を磨くことです。

新しいことや知らないことにはどんどんチャレンジしていく精神を育み、良いことも悪いことも思いっきり楽しもうとする姿勢を持つことで、経験を重ねて器を大きくすることができるようになるでしょう。

️あなたの器の大きさはどれくらい?

あなたは自分の器の大きさがどの程度か把握していますか?

把握していて、今以上に器を大きくしたいと思うのなら、器が大きい人の言動や行動を参考にしながら、さまざまな経験を重ねて少しずつ器を広げていきましょう。

また、今現在の自分の器がどの程度なのか分からないという人は、自分の今の性格を客観的に把握するために、紙に自分にできることと、できないこととを書き出してみましょう。

例えば「周囲の視線を気にせずに行動できるかどうか」「人から何を言われても気にしないでいられるかどうか」「自分の知らないことを積極的に知ろうとする姿勢があるかどうか」「価値観が合わない人とも自分から関わっているかどうか」など、自分の内面を1つずつ確認していきましょう。

そして自分がまだできていないと思うものがあれば、まずはそれらをできるようになることから始めましょう。

少しずつできることが増えてくれば、その分確実にあなたの器は広がっていっていることでしょう。

️器が大きい人の特徴

器が大きい人には、どのような特徴があるのでしょうか?

器の大きな人の特徴を把握しておけば、自分も同じようになるために努力をすることができます。

また、器の大きな人の言動や行動を参考にしたり、自分にも取り入れたりすることでも、今以上に自分自身を成長させることに繋がります。

まずは器の大きな人の特徴を知ることから始めましょう。

他人の過ちを許せる

器が大きな人は、他人の過ちを許すことができます。

例えば同じプロジェクトのメンバーがミスをして、プロジェクトが失敗してしまった時に、連帯責任にはなるものの、恐らく誰もが内心ではミスをした人のことを悪く思うことでしょう。

しかし、器の大きな人は、「自分もやっていたかもしれない」「やってしまったものは仕方がない」「本人も十分に反省をしている」と相手を気遣った考えをすることができるため、むやみにミスをした人を責めることはしません。

そして本人が十分に反省しているのなら、自分はその人を許して、次へと気持ちを切り替えることができます。

また、もしもどうしても相手を許すことができないことが起こった場合には、気持ちの面で相手を許すことはできないままかもしれません。

しかし、だからといってそれを行動に起こしたり、相手を責めたりすることはしないでしょう。

どんな相手でも同じように接する

器が大きな人は、誰にでも平等に接します。

自分の家族や友人に親身になるのは当たり前ですが、さらに自分とは無関係の人や、初対面の人たちに対しても接し方を変えることはほとんどありません。

友人の前で、いつも笑顔でいるのなら、初対面の人の前でもにこにこと笑顔を絶やさずにいます。

また、何かトラブルが起きた時にも、身内贔屓をすることなく、きちんと冷静に判断して対処することができます。

「この人とは仲がいいから」「この人のことは苦手だから」と感情任せで主観的な考えをすることはあまりないでしょう。

だからこそ、何かあった時にも平等に人と接することができています。

その平等さは周りの人から見れば信頼に値するものですので、私情を挟まずに意見が欲しい場合には、頻繁に頼りにされることも多いでしょう。

普通の人ではなかなかそこまでできませんので、器の大きな人の存在は、大勢の中でも一際良い意味で目立っています。

責任感が強い

器が大きい人には、責任感が強い人が多いです。

人から頼まれごとをされたり、仕事を任されたりすれば、きちんと最後まで責任を持ってやり遂げます。

責任感が強い人は世の中にたくさんいますが、何か揉め事になった時に、まず自己反省をして他人を責めない人や、誰かが失態を犯してもそれを責めない人はあまりいません。

しっかり者で責任感の強い人ほど、自分がこうと決めたことや計画したことに対しては、つい完璧主義になってしまうことが多いです。

少しでも計画に狂いが生じると、その原因となった相手を責めることもあります。

責任感の強い人ほど、そうやって融通が利かずに性格がきつくなってしまうことが多いですが、器の大きな人は責任感が強くても、それで人を自分の思う通りに動かそうとしたり、責めようとしたりすることはありません。

誰かがミスをすれば、自ら積極的にそれをカバーして動くため、リーダーとして理想的と言えるでしょう。

【責任感が強い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

自分の失敗を認めることができる

プライドの高い人や完璧主義の人は、自分の失敗をなかなか認めることができません。

もしも失敗をしてしまったなら、それを「あいつの手際が悪かったからだ」「集中していたのに話しかけられたからだ」と誰かのせいにして言い訳をすることが多く、「だから自分は悪くない」という自分勝手なスタンスを貫こうとします。

しかし、自分の失敗を認めることができなければ、そこから反省して学ぶことができませんので、何度も同じような失敗を繰り返してしまうでしょう。

また、周りの人間関係もギスギスしてしまうことがあります。

一方で器の大きな人は、自分の失敗をすぐに認めることができます。

「自分の集中力が足りなかったから失敗した」「先に話しかけないで欲しいと言わなかったからいけなかった」などと、まず自分の悪かった部分を反省しますので、その分早く学んで次に活かすことができます。

また、他人を責めることをしないため、失敗に関わった人も反対に自ら反省しようとしますし、人間関係も良好さを保ちやすいです。

些細なことでは怒らない

器の大きな人は、「仏の顔も三度まで」を実践しています。

誰かが自分を傷つけるようなことを言ったり、誰かのせいで自分が迷惑を被ったりしたとしても、それを最初の内は「仕方がない」「そういうこともあるさ」と自分なりに納得しようとします。

相手があまりにも何度も迷惑をかけてくることがあれば、それはそれできちんと話し合いをして、繰り返さないように注意するでしょう。

また、器の大きな人はその器の大きさから、些細なことでは怒りません。

ちょっとムッとするようなことがあっても、直ぐに気持ちを切り替えることができますので、イライラがいつまでも続くことはありません。

器の大きな人は自分の心の平穏のためにも、むやみにイライラしたり、ストレスが溜まったりしそうなことは避けます。

自分にも相手にも優しい

器の大きな人は、時に自分に厳しくまた時に優しいですが、それと同じように相手にも優しくします。

自分には厳しくすることはあっても、相手にもそれを求めることはありません。

何故なら、「人には人の価値観や考え方、基準があるし、自分とは異なるものだ」ということをよく理解しているからです。

だからこそ無理に人に自分の気持ちを理解してもらおうとはしませんし、相手が聞いてきた時には、できるだけ相手に伝わりやすい言葉を選んで自分の気持ちを伝えようと努力します。

そのため誰に対しても優しく接し、また優しい気持ちを持っているため、自然と思いやりのある行動を取ることができます。

笑顔で明るくポジティブ

器の大きい人は、基本的にいつも明るくポジティブです。

心に余裕があるため明るい気持ちでいることができますし、気持ちが明るいと自然と物事に対して前向きな姿勢でいることができます。

それなりに経験も重ねているため、急な出来事があった時にも落ち着いて対処することができ、笑顔を絶やさずに済むこともあるでしょう。

その様子がまた、周りの人から見た時には器の大きさを感じさせることでしょう。

ストレス発散が上手い

器の大きな人は、自分自身のこともしっかりと分析できています。

自分がどんな人間で、どんな物事にどんなふうに対処できるのか、自分の限界がどこまでかなのかをきちんと把握していますので、無理をすることはありません。

「そろそろストレスが溜まってきたな」と感じた時には、上手にストレス発散をすることができます。

好きなことがカラオケや食事であれば、思う存分歌ったり美味しい食事を味わったりしてストレス発散をしますし、信頼できる人に話を聞いてもらったり、たっぷり睡眠を摂って1日を贅沢に使ったりと、自分が最もストレス発散できる方法を選んで行いますので、ストレスが自分の中に溜まり続けることがありません。

同性、異性問わずモテる

器の大きい人は、同性や異性を問わずモテます。

器の大きい人は誰に対しても平等に接しますので、男性の前でも女性の前でも態度を変えることはありません。

同じようにみんなに優しく誠実ですので、異性に媚びを売らないことで同性からも人気があります。

誰でも異性の前ではつい意識をしてしまって、同性の前ではとらないような態度をとってしまったり、話す口調が変わったりします。

それは何もおかしなことではありませんが、「異性の前で態度を変える」というだけで一部の同性からは陰口を叩かれたり、白い目で見られたりすることがあるでしょう。

しかし、器の大きな人は決してそうしたことをしないため、皮肉屋の人や妬みやすい人からも、叩かれることはありません。

大きなトラブルにも挑戦する

器の大きい人は、常に心のどこかに余裕を残すように意識して生活しています。

そのため万一何かトラブルがあった時にも、落ち着いて対処することができますし、慌てることなく冷静に頭を働かせることができます。

どんなにトラブルが大きくても、これまで自分が重ねてきた経験をもとに、トラブルの収束をはかって自ら挑戦していきます。

例えそこで人に足を引っ張られたとしても、それでその相手を責めることはなく、自己反省に繋げます。

そうして1つずつ確実に問題を解決していき、おおきなトラブルも自分の力や周りの力を借りて何とかすることができるでしょう。

器の大きな人は、困難なことにこそ自ら挑戦していくアグレッシブさを持っています。

褒めるのが上手い

器の大きな人は、他人を褒めるのがとても上手です。

相手がどういう人物で、どういう性格をしているのかをよく観察していますので、相手に合わせて褒め方を変えることができます。

また、豊富な経験から「どうやって褒めれば相手が喜んでくれるか、またはやる気を出してくれるか」ということを考えて言葉にしますので、褒められた相手は満更ではないと感じることが多いです。

また、器の大きな人はいかにもとりつくような、おべっかのようなわざとらしい褒め方はしません。

それよりは相手の良いところを探して、確実にそこを褒めますので、相手も「自分が褒められている」という実感がわきやすいです。

ユーモアなセンスがある

器の大きい人は、常に心にある程度の余裕を残しています。

そのためちょっとしたユーモアを思い付いたり、そのセンスを磨いたりする心の余裕もあります。

相手が不愉快に感じない程度のブラックジョークを言ってみたり、相手の好きな分野でユーモアを発揮したりと、サービス精神という名の気遣いが得意なので、自らのユーモアで人を喜ばせることができます。

️器の大きい人は豊かな人生を送れる!

器は大きければ大きいほど、豊かな人生を送ることができるでしょう。

器が大きな人は、器の小さな人よりも多くの可能性と出会い、自分にとってプラスとなるチャンスを掴む機会が得られます。

また、自分と異なる価値観や考えを持つ人たちからたくさんのことを学ぶことで、自分の人間性をより高めて、充実した人生を送ることができるでしょう。

今よりもいっそう充実した、輝く人生を送るために、器の大きさをもっともっと広げていきましょう!