CoCoSiA(ココシア)

人当たりがいい人の15個の特徴


人当たりがいい人は、誰からも好かれます。

それは人あたりのいい人が、常に穏やかで優しく、人が寄ってきやすい雰囲気を醸し出しているからでしょう。

神経質そうな人や、威圧感のある人には誰もが近寄りがたいと感じますが、人当たりがいい人の場合、「話しかけても大丈夫そう」だというオーラを出しています。

そのため、自然と周りの人から好かれやすいのでしょう。

そこで今回は、そんな人当たりのいい人に見られる特徴や、自分が人当たりのいい人間になりたいと思ったらどうすればいいのか、その方法をご紹介します!

人当たりがいい人の15個の特徴

人当たりがいい人には、いくつかの共通する特徴がみられます。

どれも他の人よりも優れている部分が目立ちますが、同時に隙があり、場合によっては少しあぶなっかしいと思える部分もあるでしょう。

しかし、ピンチになった時には持ち前の人当たりの良さから、たくさんの人たちがきっと手を差し伸べてくれることでしょう。

人当たりがいい人は、その人当たりの良さを身内や友人、無関係の人など関係なく発揮しますので、それだけたくさんの人と関わる機会が多いです。

そんな人当たりのいい人に共通する特徴を以下に挙げていきます。

1:優しい雰囲気を纏っている


人当たりがいい人は、常に優しい雰囲気を纏っています。

人当たりがいい人は、表面上だけでなく、内面も優しく穏やかな性質をしている人が多いです。

そのため、そうした性格の良さが表にも自然と表れて、優しい雰囲気を纏っていることが多いです。

人によってはそれが「隙がある」「騙されやすそう」と思えることもあり、危なっかしさを感じさせることがあります。

ですが、それ以上に優しくて穏やかな人柄に、好意を覚える人は多いでしょう。

雰囲気とは大事なもので、どんなに内面が良い人でも、パッと見の雰囲気が悪いと内面の良さにまで気付くことができなかったり、それに気付くまでに長い時間がかかったりすることがあります。

人間関係や、就職活動での面接の際、また男女の出会いの際などにも、第一印象の雰囲気は大切です。

2:常に笑顔を絶やさない

人当たりがいい人は、常に笑顔を絶やしません。

無理をして笑顔を作っているのではなく、あくまでも自然な笑顔を浮かべています。

それは、人当たりのいい人の穏やかで優しい性格がそのまま笑顔になって表に出ているのです。

取り繕ったような笑顔ではなく、その人本来の性質が自然な笑顔となって表れています。

嘘のない明るい笑顔や優しげな笑顔に、男女問わず心惹かれる人は少なくはないでしょう。

人付き合いを良くさせるためや、社会で無難に生きていくために、内心はどうあれ表面上は笑顔を浮かべている人は多いです。

しかし、作った笑顔でいると、どうしても気に入らないことや不愉快な思いをすることがあれば、笑顔が引きつったり、笑顔を浮かべるような余裕はなくなったりしてしまいます。

また、笑顔を作るのが下手な人は、自分では人当たりのいい笑顔を浮かべているつもりでも、人から見たら不自然な笑顔を浮かべていることもあります。

演技の上手い下手に関わらず、作った笑顔は自然で嘘のない笑顔には劣るでしょう。

嘘のない笑顔を浮かべるためには、内心でも本当に明るく前向きな気持ちでいる必要があります。

人当たりのいい人は、内心や本音が素直なため、笑顔でいる時には気持ちも明るいですが、一方で気持ちが沈んでいる時には、作り笑顔をすることができません。

そのため「この人の笑顔には嘘がない」と周りに信頼されやすいでしょう。

3:人の文句や陰口は絶対に叩かない

人当たりがいい人は、人の文句や陰口は絶対に叩きません。

人の良い噂というのはあまり広がらなくても、悪い噂は一瞬で広まってしまいます。

もしも人当たりのいい人が誰かのことを悪く言っていたり、文句をつけていたりすれば、それを耳にした人によって、あっという間に噂が広まってしまうでしょう。

人によっては、人当たりのいい人に対して妬みの感情を抱くこともありますので、そうした人にはあれこれと粗捜しをされやすいです。

しかし、それでも悪い噂が立たないということは、悪い噂を広めようがないということですので、人当たりのいい人はそうした悪口や文句をつけることはないということでしょう。

賢い人は、「人の悪口を言えば自分も同じように言われるし、自分の印象が悪くなる」ということを理解しています。

そのため余計なことは言わないように控えていますが、人当たりのいい人は、そうした打算的な考えを持っているわけではありません。

純粋に他人の悪口や文句を思いつかなかったり、そうしたことを言ったりするのは嫌だと感じていることが多いです。

根の優しさや、争い事を好まない穏やかな性格から、人を悪く言うことはないため、周囲の人たちも安心して一緒にいることができるでしょう。

4:性格が明るい

人当たりがいい人は、基本的に明るい性格をしています。

他人を妬んだり、僻みっぽかったりする性格の人は、いつも他人と自分とを比較して、他人にケチをつけたり、「何で自分ばっかりこんな目に遭うんだ」と自分の人生を嘆いたりすることがあります。

また、何事も自己中心的な考えを持つ人は、ちょっと人と意見や行動が食い違うと悪態をついたり、トラブルが起これば他人のせいにしたりしますので、心中穏やかに過ごすことがありません。

そうした些細なことで他人を悪く思う人や、他人と自分とを比べて悲観に暮れる人は、ネガティブな思考になりやすいため、内面の明るさを維持することが難しいでしょう。

一方で、人当たりのいい人は、根が優しく穏やかですので、トラブルが起きた時にもそれを他人のせいにしたり、誰かを責めたりすることがありません。

他人には優しく、何かあれば常に自己反省をして行動を改めますので、他人を妬んだり憎んだりすることもあまりないでしょう。