人当たりがいい人は、誰からも好かれます。

それは人あたりのいい人が、常に穏やかで優しく、人が寄ってきやすい雰囲気を醸し出しているからでしょう。

神経質そうな人や、威圧感のある人には誰もが近寄りがたいと感じますが、人当たりがいい人の場合、「話しかけても大丈夫そう」だというオーラを出していますので、自然と周りの人から好かれやすいのでしょう。

そんな人当たりのいい人に見られる特徴や、自分が人当たりのいい人間になりたいと思ったらどうすればいいのか、その方法をご紹介します!

人当たりがいい人の15の特徴

人当たりがいい人には、いくつかの共通する特徴がみられます。

どれも他の人よりも優れている部分が目立ちますが、同時に隙があり、場合によっては少しあぶなっかしいと思える部分もあるでしょう。

しかし、ピンチになった時には持ち前の人当たりの良さから、たくさんの人たちがきっと手を差し伸べてくれることでしょう。

一方で、人当たりが悪い人は、周りの人から誤解を受けやすかったり、自分本位で周りの迷惑などお構いなしに行動したりしますので、人当たりのいい人や、一般的な人よりも手を差し伸べてくれる人は少ないでしょう。

人当たりがいい人は、その人当たりの良さを身内や友人、無関係の人など関係なく発揮しますので、それだけたくさんの人と関わる機会が多いです。

そんな人当たりのいい人に共通する特徴を以下に挙げていきます。

1:優しい雰囲気を纏っている


人当たりがいい人は、常に優しい雰囲気を纏っています。

人当たりがいい人は、表面上だけでなく、内面も優しく穏やかな性質をしている人が多いため、そうした性格の良さが表にも自然と表れて、優しい雰囲気を纏っていることが多いです。

人によってはそれが「隙がある」「騙されやすそう」と思えることもあり、危なっかしさを感じさせることがありますが、それ以上に優しくて穏やかな人柄に、好意を覚える人は多いでしょう。

雰囲気とは大事なもので、どんなに内面が良い人でも、パッと見の雰囲気が悪いと内面の良さにまで気付くことができなかったり、それに気付くまでに長い時間がかかったりすることがあります。

人間関係や、就職活動での面接の際、また男女の出会いの際などにも、第一印象の雰囲気は大切です。

2:常に笑顔を絶やさない

人当たりがいい人は、常に笑顔を絶やしません。

無理をして笑顔を作っているのではなく、あくまでも自然な笑顔を浮かべています。

それは、人当たりのいい人の穏やかで優しい性格がそのまま笑顔になって表に出ていますので、取り繕ったような笑顔ではなく、その人本来の性質が自然な笑顔となって表れています。

嘘のない明るい笑顔や優しげな笑顔に、男女問わず心惹かれる人は少なくはないでしょう。

人付き合いを良くさせるためや、社会で無難に生きていくために、内心はどうあれ表面上は笑顔を浮かべている人は多いです。

しかし、作った笑顔でいると、どうしても気に入らないことや不愉快な思いをすることがあれば、笑顔が引きつったり、笑顔を浮かべるような余裕はなくなったりしてしまいます。

また、笑顔を作るのが下手な人は、自分では人当たりのいい笑顔を浮かべているつもりでも、人から見たら不自然な笑顔を浮かべていることもありますので、演技の上手い下手に関わらず、作った笑顔は自然で嘘のない笑顔には劣るでしょう。

嘘のない笑顔を浮かべるためには、内心でも本当に明るく前向きな気持ちでいる必要があります。

人当たりのいい人は、内心や本音が素直なため、笑顔でいる時には気持ちも明るいですが、一方で気持ちが沈んでいる時には、作り笑顔をすることができません。

そのため「この人の笑顔には嘘がない」と周りに信頼されやすいでしょう。

3:人の文句や陰口は絶対に叩かない

人当たりがいい人は、人の文句や陰口は絶対に叩きません。

人の良い噂というのはあまり広がらなくても、悪い噂は一瞬で広まってしまいます。

もしも人当たりのいい人が誰かのことを悪く言っていたり、文句をつけていたりすれば、それを耳にした人によって、あっという間に噂が広まってしまうでしょう。

人によっては、人当たりのいい人に対して妬みの感情を抱くこともありますので、そうした人にはあれこれと粗捜しをされやすいです。

しかし、それでも悪い噂が立たないということは、悪い噂を広めようがないということですので、人当たりのいい人はそうした悪口や文句をつけることはないということでしょう。

賢い人は、「人の悪口を言えば自分も同じように言われるし、自分の印象が悪くなる」ということを理解しています。

そのため余計なことは言わないように控えていますが、人当たりのいい人は、そうした打算的な考えを持っているわけではありません。

純粋に他人の悪口や文句を思いつかなかったり、そうしたことを言ったりするのは嫌だと感じていることが多いです。

根の優しさや、争い事を好まない穏やかな性格から、人を悪く言うことはないため、周囲の人たちも安心して一緒にいることができるでしょう。

4:性格が明るい

人当たりがいい人は、基本的に明るい性格をしています。

他人を妬んだり、僻みっぽかったりする性格の人は、いつも他人と自分とを比較して、他人にケチをつけたり、「何で自分ばっかりこんな目に遭うんだ」と自分の人生を嘆いたりすることがあります。

また、何事も自己中心的な考えを持つ人は、ちょっと人と意見や行動が食い違うと悪態をついたり、トラブルが起これば他人のせいにしたりしますので、心中穏やかに過ごすことがありません。

そうした些細なことで他人を悪く思う人や、他人と自分とを比べて悲観に暮れる人は、ネガティブな思考になりやすいため、内面の明るさを維持することが難しいでしょう。

一方で、人当たりのいい人は、根が優しく穏やかですので、トラブルが起きた時にもそれを他人のせいにしたり、誰かを責めたりすることがありません。

他人には優しく、何かあれば常に自己反省をして行動を改めますので、他人を妬んだり憎んだりすることもあまりないでしょう。

他人を悪く思うことがない人は、それだけ人によって自分の心が乱されることがありませんので、いつも明るく気持ちの良い性格をしていることが多いです。

さらに上辺だけを取り繕った明るさではなく、根っからの明るさですので、嫌味や偽りも一切感じさせないため、周りの人にも好印象を与えやすいです。

5:世話好き

人当たりのいい人には、世話好きな人も多いです。

人の世話をやくのが好きな人は身近に1人は存在しますが、世話好きの人によっては、それが他人にはお節介になることも少なくはないでしょう。

例えば自分の力で努力してやろうとしているのに、横から「こうした方がいいよ」と口を出してきたり、「やってあげるよ」と手を出してきたりすることで、自分で頑張ろうというやる気を削いだり、反対に邪魔になったりすることがあるでしょう。

また、頼んでもいないのにお見合い話や就職先の話を持ってきたり、自分の生活習慣や体型管理、趣味に口を出してきたりする人が時々いますが、世話をされる当人が嬉しいと思わない限り、どんな親切も「ありがた迷惑」や「余計なお世話」でしかありません。

一方的に自分の親切心を押し付けてくるタイプの人は、実際には嫌がられていることにも気づいていないことが多いです。

一方で、人当たりのいい人は無理に誰かの世話をやこうとしたり、親切心を押し付けようとしたりはしません。

基本は側で優しく見守り、もしも助けを求められたらその時には思いっきり相手の世話をやきます。

人から頼られることを純粋に嬉しいと思う気持ちや、「助けてあげたい」という慈愛の気持ちが強いため、求められれば積極的に相手の世話をやこうとするでしょう。

6:話しに共感してくれる

誰でも、人に共感してもらえると嬉しく感じます。

例えば怪我をして痛い思いをしている時に、同じような怪我を経験したことのある人に、「分かるよ、それものすごく痛いよね。無理はしないでね。」と共感と共に気遣ってもらえると、嬉しいと感じることでしょう。

また、嬉しいことがあった時に、自分と同じように相手も喜んでくれれば嬉しい気持ちは倍になりますし、辛いことがあった時には話を聞いて、共感を示してくれる相手がいれば辛い気持ちも少しは楽になるでしょう。

人は誰でも、自分の気持ちを他人に理解してほしいと思うものです。

完全に理解することは難しくても、共感を示してくれるだけで嬉しく感じることは多いです。

人当たりのいい人は、人の話を真剣に聞き、必要な場面で相槌をくれ、またこちらの話にしっかりと共感の意思を示してくれます。

上辺だけで話を聞き流すのではなく、きちんと親身になって自分の話しを聞いてくれるため、話す側も嬉しいと感じることでしょう。

そんな人当たりの良さから、何か大事な話がある時にはその人が聞き役に選ばれることも多いです。

7:居心地がいい存在


一緒にいると、とても居心地がいい存在っていますよね。

余計な言葉は必要とせず、ただ一緒にいるだけでも沈黙が心地よい存在や、一緒にいると心が温かくなるような存在が、誰でも「居心地がいい」と感じる存在でしょう。

あなたの周りにも、1人はそんな存在がいるのではないでしょうか?

「普段はそこまで話さない人だけど、一緒にいると不思議と心地いい」と感じる存在や、「この人といると何だか居心地がいいなぁ」と感じる存在がいれば、その人がどんな人かよく観察してみましょう。

その人は恐らく、他の人たちよりも人当たりがいい存在でしょう。

人当たりがいい人は、穏やかで優しい性格をしています。

話していても人を傷つけるような発言や、悪口などは一切言わないため安心できますし、いつもにこにこと笑顔で明るく接してくれます。

その上こちらが頼れば一生懸命に助けようとしてくれますし、纏っている雰囲気も柔らかく、威圧感や警戒心を一切感じさせません。

そんな存在が側にいれば、居心地がいいと感じるのも当たり前かもしれませんね。

そして、人当たりのいい人は誰に対しても同じように接していますので、その人と一緒にいて居心地がいいと感じる人は多いです。

8:客観的に物事を判断できて、視野が広い

人当たりのいい人は、ちょっとやっとのことでは他人を悪く思ったり、それを口にしたりすることはありません。

例え誰かに理不尽な仕打ちを受けたとしても、まずはそうなってしまったのは自分にも原因がないかと考えます。

その上で自分に責任がないと思えば、「たまたま運が悪かったなぁ」と感じる程度で、相手に対して憎しみの感情を抱くことはあまりありません。

人を悪く思う気持ちが起こりにくいということは、それだけ物事や人の動きを客観的に観て、判断することができるということです。

すぐに私情を挟んでしまう人は、自分では客観的に物事を判断しているつもりでも、実は主観的になってしまっていることがあります。

そうなると冷静な判断が下せなくなってしまいますが、人当たりのいい人はあくまでも客観的な考え方をしますので、広い視野を持ち続けることができます。

例えば自分の親友と、自分とは無関係の人とがトラブルになったら、普通は親友の肩を持とうとするでしょう。

しかし人当たりのいい人は、親友という私情を挟まずに冷静に判断を下すことができますので、それだけ客観的で視野の広い考え方をすることができます。

9:追い込まれても折れない

人当たりのいい人は、一見優しくて穏やかですので、気が弱いという印象を受ける人もいるかもしれません。

しかし実際には、その芯は強く、身内や友人などの私情を挟むこともしないため、かなり考え方や意思はしっかりとしています。

何か嫌なことをされたら、自分を傷つけた相手を憎いと思うのが普通ですが、人当たりのいい人はそれを憎いと思わないような考え方をするため、普通の人よりもかなり精神的に強いと言えるでしょう。

そんなメンタル面の強さがあるため、もしも追い込まれるような事態に陥った時にも、簡単に折れることはありません。

心がくじけそうになった時には、別の方向からアプローチをして、解決策を探そうと一生懸命になるでしょう。

10:威圧感がない

人当たりのいい人は、実際には強い精神を持っています。

しかし、それは頑固やあくどさといったものではないため、根はとても素直で優しく、穏やかな性質をしています。

人当たりのいい人と接していると、「ちょっと無防備じゃない?」と思うくらいに開けっ広げな優しさや明るさを持っていますので、誰でも親しみやすさを感じやすく、また話しかけやすい雰囲気を持っています。

話しかけやすいということは、威圧感を感じさせることはないということです。

威圧感がない人は時に人からなめられることもありますが、その優しい雰囲気は人から好かれやすいですし、友人を作りやすくもあるでしょう。

そのため人当たりのいい人には、本人が意識しない内にたくさんの友人がいることが多いです。

11:周囲への配慮が高い

人当たりのいい人は、自分のことだけでなく周りの人のことも常に気にしています。

例えば道で誰かが困っていれば、その独特の親しみやすさで「どうしました?」と手を差し伸べようとしますし、友人が悩んでいれば積極的に相談に乗ろうともします。

世話好きの性格も幸いして、人に頼られれば全力でそれに応えようとしますし、何もなくても周りの人の様子によく気を配っているため、何かあれば直ぐに対処することもできるでしょう。

そんな周囲への配慮の高さから、ますます周囲からの評判は上がりやすいでしょう。

12:本当の仲間に恵まれている

人当たりのいい人は、誰にでも平等に優しい気持ちを持っています。

だからこそ周りにはたくさんの人が集まり、良い友人関係を築くことができています。

また、あからさまな身内贔屓をすることもなく、もしもトラブルが起これば仲の良さには関係なく、平等に客観的に物事の判断を下そうとします。

そのため、ある意味では人当たりのいい人は、自分にとって「特別な存在」を、滅多に作らないのかもしれません。

周りの人からすれば、「この人はどんな時にもきちんと冷静な判断をしてくれる」という厚い信頼が寄せられる一方で、人当たりのいい人と特別に親しい関係になりたいと望んでいる人からは、少々の不満を覚えられることもあるでしょう。

人当たりのいい人は、自らの人当たりの良さから、自分にとって本当の仲間に恵まれていますので、困った時には仲間が助けてくれることが多いです。

それも、自分から助けてほしいと乞わなくても、仲間の方から助けてくれることでしょう。

13:上下関係も良好なので出世しやすい

人当たりのいい人は、誰に対しても平等にその性格で接します。

上下関係でも同じことで、自分よりも下や上に関係なく、元来の性格のままで接しています。

日本では未だ年功序列や上下関係の考え方が根強く残っているため、「自分よりも上は絶対」「自分よりも下は従わせてもいい」などの歪んだ上下関係を作っている人も少なくはありません。

例えば「上司には媚びを売っていい顔をして取り入る」ことをしながら、「部下のことはこき使い、何かあれば責任を押し付けたり罵倒したりする」人も残念ながら存在しています。

それを賢い生き方だと思っている人も一定数いるため、学校や会社など、社会や組織の中にいる以上はそうしたずる賢い生き方をしている人はいるでしょう。

しかし本来の上下関係とは、「上の者は下の者を守り助け、下の者は上の者を敬い大切にする」ものです。

上の人間が下の人間を守っているからこそ、下の人間は上の人間を敬う気持ちが生まれ、そこから学ぼうとします。

「上は強く下は弱い」というこの関係は、本来はこのような形であるべきですが、その通りに実践している人は実のところ、そこまで多くはないでしょう。

人当たりのいい人は、理想的な上下関係を知っています。

また、持ち前の人の良さで、上にも下にも同じように接するため、その平等性や頼りになるところから上下関係が良好で、出世もしやすいでしょう。

14:自分本位な行動はしない

人当たりのいい人は、常に周囲に気を配っています。

困った人がいればその人を率先して助けようとしますし、自分のことは後回しにしても、自分を頼りにしてくれる存在に手を貸そうとします。

それは決して、自分本位な考えの人にはできないことでしょう。

誰でも自分のことは大切ですが、あまりに大切にし過ぎると、いつも自分のことばかりで、他人のことには一切気を配ることがなくなってしまいます。

確かに本当に頼りになるのは自分だけですが、自ら周りをないがしろにするようなことをしていると、トラブルの際には自分が周りの人たちからないがしろにされてしまうでしょう。

人当たりのいい人は、時には自分よりも他人のことを優先させて行動することがあります。

本来は自分を守るべきですが、条件反射のように自分ではなく相手を助けてしまうことがあります。

その咄嗟の行動を見ている人たちは、自然と人当たりのいい人の側にいて、助けたり助けられたりする良好な関係になりたいと望むでしょう。

15:ピンチでも周りに助けてもらうことが多い

人当たりのいい人は、普段は誰かを助けることの方が多いです。

自分のことは自分で何とかしながらも、誰かが困った時には率先して手を差し伸べていますので、自然と人を助ける機会が多いです。

偽善で良いことをする人はいますが、毎日のように反射的に誰かを助けようとすることは誰にでもできることではありませんし、手を差し伸べるのが困難な状況でも、一切の打算もなくスッと手を伸ばせるのは、偽善ではできないことでしょう。

そうした人当たりのいい人の行動を見ている周りの仲間たちは、その人が自分ではどうにもできないピンチに陥った時には、自然と助けようと行動するでしょう。

人の良さを放っておけない人や、過去に自分が助けられたことのある人たちが、きっと頼まれなくても自ら行動に移すことでしょう。

人当たりがいい人は好かれる?

人当たりがいい人は、誰からも好かれる傾向があります。

捻くれたものの考え方をする人から見れば「偽善的で八方美人」や「誰にでもいい顔をしている」ように見えるかもしれません。

また、心配性な人から見れば「ふわふわしていて危なっかしい」「いつか騙されて酷い目に遭いそう」などと思わずハラハラしてしまうかもしれません。

しかし、そうした色眼鏡や特別な目で見る人以外からは、大抵は「優しい」「話しやすい」「頼りになる」などの理由で人から好かれることが多いです。

人から好かれる人は、周りに友人や仲間が増えやすく、さまざまな交流が増えます。

そのためたくさんのことを学んだり経験したりできますので、自らの器や見識をどんどん広げていくことができるでしょう。

そしていろんなことを経験して、さらに明るく前向きになることで、より仲間や友人が増えていくことでしょう。

人当たりのいい人は、自らの可能性を無限に広げていくことができるのです。

人当たりがいいとは?

人当たりがいいとは、一言でいえば誰とでも上手に接することができるということです。

素直で明るく、優しい性格をしているため、どんなに捻くれた相手に対しても、悪く思ったり険悪な雰囲気になったりすることはありません。

人の性格は十人十色ですので、明るい人もいれば根暗な人もいますし、打算的な人や悪いことばかりを考えている人もいるでしょう。

しかし、そうしたさまざまな人たちと、少なくとも表面上は友好的に接することができるのが人当たりのいい人です。

人間は社会生活を営む生き物ですので、自分が所属する組織の人たちとは、ある程度上手くやっていかなければ生き辛くなってしまいます。

人当たりのいい人は、人との距離感を適度に保つことができ、無難な関係を築くのが上手いため、社会の中で上手く適応して生きていくことができるでしょう。

人当たりがいい人になるためには?

人当たりがいい人になれば、人生で得をすることが増えますし、人生をより楽しんで過ごすことができるでしょう。

自分の人生を充実させたい人や、人間関係を良好にさせたい人、またさまざま経験や見聞を得て、豊かな毎日を送りたい人は、人当たりがいい人を目指しましょう。

人当たりの良さは天性のものもありますが、努力を重ねればある程度人当たりを良くすることはできます。

根っからの人の良さは人を悪く思わないことなどは、どんなに努力しても身に付かないこともあるかもしれません。

しかし、人当たりの良さを目指すことで、今よりも優れた人間性を得ることができるようになるでしょう。

では、どうすれば人当たりの良さを身に付けられるのでしょうか?以下に具体的な方法を挙げていきます。

精神的な余裕を持つ

人当たりを良くするためには、ある程度の精神的な余裕を持つことが大切です。

心に余裕がなければ、自分のことだけでなく他人のことにまで気を配ったり、フォローを入れたりすることはできないでしょう。

また、突然の出来事に対しても冷静に対処することができず、パニックになって周りに当たり散らしたり、迷惑をかけてしまったりするかもしれません。

そうなっては良好な人間関係を築くことはできませんので、まずは自分が精神的な余裕を持つように努めましょう。

精神的な余裕は、落ち着いて考える時間があるかどうかです。

いつもよりも少し早めに起きたり、決められた時間よりも早めに行動したりすることで、時間的な余裕ができます。

時間の余裕ができればそれだけ時間をかけて考えることができますし、突然のことにも対処できるようになるでしょう。

まずは時間の管理からしっかりと意識して行動しましょう。

笑顔を絶やさない

笑顔は第一印象を決定づける重要なものです。

初対面でブスっとした表情をしていれば、「感じの悪い人だな」「怖そうな人だな」と相手は威圧感や不快感を覚えてしまうでしょう。

相手に悪い印象を与えてしまうと、その後の人間関係を良好なものにするのに苦労しますので、どんな相手に対しても、日頃から笑顔を絶やさないようにしましょう。

笑顔で過ごし慣れていない人は、最初の内はどうしても不自然な笑顔になってしまうかもしれません。

しかい、毎日鏡の前で笑顔の練習をしていれば、その内自然な笑顔を浮かべることができるようになるでしょう。

相手も自分も客観的に見れるようにする

誰にでも個の人格がありますので、主観的なものの見方や考え方をするのは仕方がないでしょう。

自分に敵意を向けてくる人がいれば、その人を自分も嫌いになったり、近づこうとしなかったりするのは何もおかしなことではありませんし、自分と気が合う人とは一緒にいたいと感じるものでしょう。

それはごく普通のことですが、自分の感情や主観的なものの見方に振り回されていては、万人に対する人当たりの良さを身に付けることはできないでしょう。

自分や自分の周りのことで直ぐに感情的になる人は、カッとなった時には深呼吸をして、気持ちを落ち着けるようにしましょう。

どんなことでも、時間をおけば冷静になって考えられるようになります。

そこでようやく自己反省や客観視ができるようになりますので、感情的になりそうな時には、そんな自分を落ち着かせるよう強く意識しましょう。

無理にいい印象を与えないこと

人当たりの良さは、どんな人とでも仲良くできることではありません。

人当たりのいい人にだって、本心では苦手な人もいるでしょう。

自分の苦手な相手とは、揉め事や嫌な感情を抱かないように適度な距離を取ったり、あまり深く悩み過ぎたりしないようにと、人当たりのいい人なりの努力をしています。

それを、「無理してでも仲良くなったり、自分を良く見せようとすること」と勘違いをしていると、苦手な相手と無理に親しい関係になろうとしてストレスが溜まってしまったり、自分で作り上げた理想像のプレッシャーに押しつぶされてしまったりします。

無理をしては余計に自然な人当たりの良さを身に付けるのは難しくなりますので、無理にいい印象を相手に与えようとせずに、自分にできる範囲のことで印象を良くする努力をしましょう。

人当たりがいい人は一緒にいて心が和む

人当たりがいい人とは、一緒にいると心が和みます。

本人は相手を和ませているつもりはなくても、その人らしくあることで、自然と相手に好印象や居心地の良さを与えています。

自分もそんなふうに、誰かを和ませたい、人当たりが良くなりたいと思う人は、今日からでも少しずつ努力をしていきましょう。

いきなり人当たりのいい人間になるのは難しいので、毎日の努力の積み重ねによって、人から「あの人は人当たりがいいね」と言われるように変わっていきましょう!