「君って堅固な性格をしているよね!」なんていわれたり、ときには「堅固な人ってどこかうらやましいんだよなぁ」なんていうような言葉を耳にしたことのあるそこのあなた!

堅固」という言葉が一体どのような意味を持っている言葉なのかを知っているでしょうか?

人によっては、すでにこの言葉をマスターしているかもしれませんが、もともと言葉を学ぶことがあまり好きではなかった方は、この言葉がどのような意味を持っているのかわからないだけではなく、この言葉をどのように読めばいいのかわからない!という方までもいらっしゃることでしょう。

とはいえ、「堅固という言葉ってどんな意味なの?」なんてなかなか人に聞くことはできないですよね。

そのようにわからないままにしておくと、つぎつぎに「堅固」という言葉が使われる文章だとか余事熟度が登場したときにどのように解釈したらいいのかますますわからなくなってしまうものです。

そう、「堅固」という言葉は日常会話にそのままの単体で使われるだけではなく、“四字熟語”で使われる機会の多い言葉となっています。

つまり、この「堅固」という言葉の意味を知っておけば、ほかの漢字や言葉の意味が分からなくても安易に「堅固」という言葉が使われている四字熟語がどのような意味を持っているのかを想像しやすくなるんですよね。

また、少しでも「知らない言葉」をなくすために、この記事において「堅固」という言葉を学んでおきませんか?

この記事では、四字熟語で使われているだけではなく日常的にも使われることのある「堅固」という言葉について特集しています。

この言葉がどのような意味を持っているのか、どのように読むのか、またどのようにして使われているのかを見ていきましょう。

それだけではなく、“堅固な人”に共通する特徴もお伝えしています。

ぜひ参考になさってくださいね。

四字熟語でよく使用される「堅固」とは?

あなたは、「堅固」という言葉をどこで見たでしょうか?

または、聞いたような場所はどこだったでしょうか?

人によっては、まったくもってこの言葉に出くわすような生活を送っていないかもしれませんが、何かと文章に携わるような仕事をなさっている方、新聞や読書を好んでされる方というのは、日常的に「堅固」という言葉を目にする機会が多いかもしれないですね。

とはいえ、あなたは、そのようないつも出てくる言葉である「堅固」というのがどのような意味を持っているのか、また、どのようにして使うことができるのか、はたまたどのような読み方をするのかまでも把握できているでしょうか。

おそらく、多くの方が「そんなのあたりまえにわかってるよ!」なんておっしゃることでしょう。

とはいえ、「堅固」という言葉は、多くの人が意味を間違って理解しやす言葉なんですね。

それに四字熟語に使われている言葉から、なんとなく苦手意識を感じてしまって本当は意味が知りたいのに調べることもせずに疑問をそのままにしてしまっている人がたくさんおられます。

もうそんな“危険な状態”でいるのはやめましょう。

また、「堅固」という言葉の意味をしっかり理解していると思われている方でも、なかには間違った意味で解釈してしまっていてまったくもって別の意味でその言葉を使ってしまっていることがあるものです。

それじゃあ一人の大人として恥ずかしいと思いませんか?また、大人になればなるほど、周りの人は間違いを指摘してくれなくなります。

つまり、いつまでたっても間違ったままで「堅固」という言葉を使うようになってしまうということなんです。

そのようにしないために、まずはここで「堅固」という言葉がどのような意味を持っているのかについて確認しておきましょう。

堅固の意味

「堅固」という言葉の意味をあなたはこれまでにどのようなニュアンスで使ってきたでしょうか?

人によっては「堅苦しい性格のことでしょ」とか「守りが強いことを指しているんだよね」なんて思われているかもしれませんね。

それでも間違いということではありません。

しかし、「堅固」という言葉を使うのであれば、この言葉が持っている意味を“しっかり”と理解してほしいのです。

そのようになんとなくのニュアンスで言葉を使っていると、知らない間にまったく違う意味で言葉を使ってしまうものだからです。

また、あなたは「堅固」という言葉を読むことができるでしょうか?

人によっては「けんこ」とか「かたかた」なんて呼んでしまっている人もおられるかもしれません。

しかし、そうじゃないんですよね。

ずばり、「けんご」と読みます。

まるで日本人の男性の名前のような読み方ですが、「けんこ」ではないということをしっかりと押さえておきましょう。

しっかりとした読み方ができていないと、パソコンやスマホに入力してもなかなか予測変換に登場しなくて困ってしまいますよね。

では、「堅固」という言葉の意味について詳しく見ていきましょう。

意思が強く、簡単に相手に従ったり動かされたりしない・こと

「堅固」という言葉には大きく分けて3つの意味があります。

まず、一つ目の意味としてお伝えするのは「意思が強くて、簡単に相手に従ったり動かされたりしないこと」という意味になります。

あなたは、自分の意思をしっかり持つことができているでしょうか?

なかには、「自分の意思」というものがわからなくて、そのような意思を持ったとしても知らない間に他人の意見に惑わされてしまったり、自分の意見がまるでないようにふらふらと意見をコロコロ変えてしまう人もいることでしょう。

「堅固」というのは、“かたくなな意思”をもっているということであり、そのように意思をコロコロ変えるようなことはありません。

何事にも動じない、まるで“大きな石”のような存在であることが多いんです。

つまり、これは“人の性格”を示していることになりますね。

このように意思が強くて、さらに簡単に相手に従ったり動かされることがないということは、“芯”や“軸”というのをしっかり持っている人だということになります。

容易には破られない・こと

あなたは、「簡単にはとけないな」なんて感じるような問題に出くわしたことはありますか?また、1990年代初頭にベルリンの壁が崩壊しましたが、それまでは「絶対に簡単には壊すことのできない壁だ」と思われていましたよね。

そのように“簡単には破ることのできないもの”や“そのようなこと”を指しているのが“堅固”という言葉になります。

あなたの周りに“意志が固くて、なかなかその意思を崩すことができなかった”なんていうような人もいるのではないでしょうか。

誰でも、意志を固く持つことによって目標などを達成できるものですよね。

その目標が簡単にやぶれられるようなことがないときにも“堅固”という言葉で表現することができます。

身体が丈夫であること


また、「堅固」という言葉には“体が丈夫である”という意味も含まれています。

あなたは健康なほうでしょうか?それとも風邪をひきやすかったり、病気をしやすいなどの弱い体質の持ち主でしょうか。

もしも“体が丈夫”というのであれば、あなたは「堅固な体をしている」ということができます。

だれでも病気なんてせずにいつまでも健康体でいたいと思いますよね!まさにそれは「私は堅固な体でいたい」と表現することができるんですね。

これまでに「堅固」という言葉の意味をお伝えしてきましたが「堅固」という言葉には、「なにかしらの“強い要素”がある」という意味が含まれている、ということを理解できたかと思います。

人にせよ、ものにせよ、何に対してもそこに“強さ”があることに対して「堅固」という言葉を使うことができるんですね!

副詞で用いられる場合の意味

あなたは、これまでにお伝えしてきた「堅固」という言葉の意味をよんで、「あれれ?いつも使っていた意味合いと少し違う感じだなぁ」「もしかしたら間違ったニュアンスでこの言葉を使っていたのかもしれない!」なんて心配なさっているかもしれませんよね。

しかし、その使い方は間違っていないかもしれません。

というのも「堅固」という言葉は、“副詞”としてでも用いることができる言葉だからなんです。

あなたは、“副詞”というのがどのような役割を果たしているか知っていますか。

簡単にお伝えしますと、なにか文章や伝えたいことがあったとして、その要素を強めるはたらきがあるんですね。

つまり、副詞というのは、相手に伝えたいことをわかりやすく伝えるためには重要なポイントになるわけです。

今回ご紹介している「堅固」という言葉も、そのような福祉の役割を持っている言葉になります。

では、副詞としてはどのような意味を持っているというのでしょうか?さっそくその意味合いを見ていきましょう。

まったく。まるで

何かを完全に否定したり、なにかを完全に受け入れるときなどに使う「まったく」「まるで」という言葉の意味ですが、「堅固」という言葉には副詞として使うとこのような意味を持っています。

例えば、例文で示してみますと「あの人は堅固に動かなかった」と使うことができるんですね。

では、この例文はどのような意味を持っているでしょうか?すでにお分かりかと思いますが、「あの人はまったく動かなかった」という意味になります。

「堅固」という言葉にはもともと“強さ”をあらわす意味合いが強いので、「動かない」という同氏の意味合いを強める働きをしていることになります。

あなたも、このように“何かの意味合いを”まったく“”まるで“という意味で強めたい”というときには、「堅固」という言葉を使うとよいでしょう。

決して。絶対。

「決して~しない」とか「絶対○○だ」なんていうような表現は、一日でたくさん使いますよね。

たくさん使わないにせよ、使うシーンというのは非常に多い言葉かと思います。

実は、そのような福嗣表現をも“堅固”という言葉で表すことができるんです!では、どのように使うのかといいますと「あの扉は堅固にも開かない」なんて使います。

この文章はどのような意味を持っているでしょうか?ずばり、「あの扉は絶対にあかない/あの扉は決して開くことがない」と使うことができます。

この例文を見てお分かりいただけるかと思いますが、「堅固」という言葉を福祉表現で使う際には“否定の意味合い”を強める働きが強くなるということになります。

ぜひ、その“決して”“絶対”という言葉を使う際には、少し難しくも感じられてしまうかもしれませんが、「堅固」という言葉を使用してみるといいでしょう!

「堅固」を使用した四字熟語


この記事の冒頭にて、“堅固”という言葉は四字熟語に非常に多く使われている言葉であることをお伝えしましたよね。

その点で「堅固という言葉の意味を知りたかった!」なんていう方も多いのではないでしょうか。

たしかに四字熟語というのは、だいたい4つの漢字それぞれの意味が反映されているか、もしくは二つずつの言葉によって意味が構成されていることがとても多いですものね。

そこで「堅固」という言葉が出てくると、「この言葉はいったいどのような意味なのだろう…」と解釈が止まってしまうことがあります。

せっかくこの記事で「堅固」という言葉の意味を理解したとしても、その言葉の意味をしっかりと使いこなせないと「堅固」という言葉が使われている四字熟語が出てきたとしても、その四字熟語の意味を解釈することができなくなってしまうんですよね。

とはいっても、「よく使われる四字熟語」というのは限られているものです。

ということで、ここでは「堅固」という言葉が使われている四字熟語表現についてお伝えします!あなたは、いくつ知っているでしょうか?また、いくつの四字熟語の言葉の意味をあてることができるでしょうか。

今はひとつもわからなくても大丈夫!これから、「堅固」という言葉を使う四字熟語とその意味についてお伝えしていきますので、覚えられる範囲でその言葉の意味を確認してみてくださいね!

意志堅固(いしけんご)

「堅固」という言葉の意味を思い出してみましょう。

「自分の意思が強いこと」という意味が含まれていましたよね。

ずばり、「意志堅固」というのは、まさにそのような「堅固」という言葉の意味をそのまま使っている子四字熟語になります。

まさに「なにかをしようとする志が強いこと/それも他人にじゃまされることなく、我が道を貫いていく様子」を表している言葉になります。

あなたもそのような意志をもって何かに取り組んだことがあるでしょうか?

おそらく人によっては、それができていないこともあるかと思いますが、そのような人によって「いつでも自分の意志をかたくもち、それも貫いている人」というのは憧れのまなざしで見てしまいますよね。

そのようになれるように、あなたの“座右の銘”のひとつに「意志堅固」というような形をとってみてもよいのではないでしょうか。

要害堅固(ようがいけんご)

「堅固」という言葉は“要害堅固”という四字熟語にも使われています。

この“要害堅固”という言葉がどのような意味を持っているかといいますと、ずばり「険しい地形でも関係なく、そこに陣を置き、さらにそこから敵に対して備えをしているさま」という意味があります。

要するに“どんなに悪い状況でも、ここぞというときのために準備を怠らない」という様子を示しているんですね。

あなたは、いつでもそのように”用意周到“なことができているでしょうか。

昔の武士たちは、どんなに悪い状況でも”戦略“や”備え“がしっかりしている軍であれば、勝利を収めることができたといわれています。

その考えは、現代になっても同じなんですよね。

つまり、あなたが今たとえどんなに悪い状況にいたとしても、あなたがそこに工夫をしたり、これからやってくる悪いことを想定して準備さえしておけば、もっと悪い状況には至らないということになります。

このようにあなたも”念には念を入れる“ようにしてみたらいかがでしょうか?

堅牢堅固(けんろうけんご)

では「堅牢堅固」とはいったいどのような意味を持っているというのでしょうか?

“牢屋”を構成する“牢”という漢字が含まれているので「牢屋に入ることなのかな、それもそこからなかなか抜け出せないことなのかな」なんて意味を想像してしまいますよね。

しかし、そのような意味を持っているわけではありません。

ずばり、「堅牢堅固」とは「守りがとてもかたくて、さらにそれを簡単もできなければ、相手に刺激をしたとしても相手はちっとも動じないようす」を表しています。

またそれだけではなく、「とても堅くて丈夫である」という様子をあらわしていることも。

さきほど「牢屋の牢」という漢字が含まれているので牢屋なのかな・・なんて思ってしまう人もいるかもしれない、ということをお伝えしましたよね。

この“牢”という漢字は、牢屋をしめしているということではなく“堅い”という意味を持っているものになるので、「堅固」という言葉の意味をさらに強める働きを持っている言葉として解釈することができるんですね!

「もう他人の意見に惑わされないぞ!」と少しでも感じるのであれば、「堅牢堅固」という言葉をモットーにしてみてもよいかもしれないですね。

志操堅固(しそうけんご)

あなたは、一度決めたことを守り抜くことはできますか?

人によってはいつも何かを決意しても、それを実践できないままに終わってしまう人がいますよね。

しかし、「志操堅固」という言葉はそのようなタイプの人とは真逆の人の性格を表している言葉になります。

どのような意味かといいますと、「自分の意思を固く持って、それを曲げることのない様子」なんですね。

つまり、「何にも動じない」「一度決めたことはなにがなんでもやりきる・達成する」という意味を持っているのが「志操堅固」という言葉になるんです。

この四字熟語を構成している言葉を観察してみましょう。

ずばり“志操”というのが、「志を操る」という意味になりますよね。

それって自分の意志をしっかりもち、さらにその自分自身のなかに芽生えてきた気持ちをしっかりとコントロールすることができている、なにか邪険な心が出てきたとしてもそれをなくすように、そこに従わないように自分自身の心をコントロールできる、という意味になります。

つまり、「志操堅固」という言葉は、かたくなに自分の心をコントロールし、目標を達成するためには欠かせない志になるということなんですよね。

もしも、いつも決めたことを守れないなんて悩みを抱えているのであれば、「志操堅固」という言葉をモットーにしてみてもよいかもしれません。

「堅固」な人に共通する特徴

これまでに「堅固」という言葉にはどのような意味があるのか、どのようにして使うことができるのか、はたまたよく使われている四字熟語に含まれている言葉にはどのようなものがあるのか…などをお伝えしてきましたね!

とはいっても、あなたがいちばんに気になっているのは「堅固という言葉を使っている四字熟語」なのではなく、「堅固な性格をしている人」なのかもしれません。

あなたのまわりには“堅固な性格をしている人”というのはいるでしょうか?

人によっては、あなた自身が他人から「あなたって堅固な性格をしているよね」なんていわれて、いったい相手がどのようなことを伝えたいとしているのかを解釈できないままでいる方もいるでしょう。

そのような方のために、「堅固な人」とはいったいどのような人のことを指しているのかをご紹介していきます。

実は、堅固な人と言われる人たちには“ある共通点”が見られたんです。

もしも、「君って堅固だよね」なんていわれたことがあるのであれば、その堅固な特徴に当てはまっているかどうかをチェックしてみましょう。

また、「堅固な人」があなたの周りに入るのかどうかまでもチェックしてみると、より「堅固」ということばへの理解を深めることができるはずですよ!

1:頑固

「堅固」という言葉には、「強い」というニュアンスが含まれている意味がたくさんあったのを覚えていますか?

そのまま人間にあてはめてしまいますと、「強い性格をしている人のことをいっているのかな」なんて思ってしまうものです。

しかし、そうではないんですよね。

「かたくなな意志をもっている」ということから、「頑固な性格をしている」ということができます。

頑固ということは、他人がアドバイスや忠告をしたとしても、それを一向に聞き入れることなく、自分自身の意思を尊重し、それを正しいと思って行動している人のことを指していますね。

ときに“頑固な性格”はその人を救ってくれるものですが、あまりにも頑固な部分がいきすぎていると、人は人生の迷路に迷い込んでしまうことになります。

2:高い目標を持っている

「堅固」という言葉には、高い目標を持っている、それもその目標はちょっとやそっとのことでは破ることのできないかたい意思が含まれているものだ、ということをお伝えしましたよね。

ずばり、「堅固な人」というのは、そうではない人に比べるととても高い目標を持っている人のことを指していることになります。

あなたは、日ごろから高い目標をもってそれに向かって行動することができているでしょうか?おそらくできている人もいれば、全くできていない人もいるでしょう。

高い目標を持っている人というのは、どんなに苦しく見えるような状況でも楽しんでいるように見えるんですよね。

3:こだわりが強い

あなたは、なにかこだわりを持って過ごしていますか?また、なにか特定のものに対してこだわりを持っているでしょうか。

人によって、こだわりを全く持たない人もいますが、反対にこだわりが強すぎてしまう人もいますよね。

はたからみれば“個性の強い人”になるのですが、その個性が強いことが“こだわりの強さ”を示し、周りが何を言おうとそれを受け入れる姿勢が見えないので、頑固な性格に感じられてしまうんですよね。

つまり、こだわりが強い人というのは頑固な一面をもっていること。

ということは、自分の意見をかたくなに曲げることがないということになります。

4:自己愛が強い

自分のことが大好きでたまらない人をあこがれるような人もいれば、「自分を愛するのが当たり前だ!」なんて言い張る人もいらっしゃることでしょう。

ずばり、自分を愛するということは“自己愛があるということ”になります。

とはいっても、その程度もありますよね。

かなり自分を愛している=自己愛が強い人というのは、どんなシーンでも周りの人の意見よりも自分の意見を尊重します。

つまり、自己愛が強いということは自分を受け入れる、それも自分の意見をいつでも尊重する=周りの意見を受け入れない、頑固な性格をしているということになるんですね。

つまり、堅固な人ということができるんですね!

5:プライドが高い

あなたはプライドが高いほうでしょうか?

人によってプライドがあることもあればないこともあるものですが「堅固だね」なんて言われる人はほとんどが“高いプライド”を持っていることが多いです。

プライドというのは、そもそも自分のモットーのひとつとして言い表すことができますよね。

それも高いものであれば、自分の持っている考えを曲げない、他人の意見を受け入れないという傾向が出てきます。

つまり、やはりどこか自分の意見をかたくなに持っている人というのは頑固な一面がでてくるということとになるんですよね。

【プライドが高い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

6:意思が固い

これまでの「堅固な人の特徴」のなかにもたくさん出てきましたが、堅固な人というのは“意思が固い」人が多いです。

というのも「堅固」という言葉そのものが「堅い意思」という意味を持っていたのを思い出してみてください。

それに意志が固いということは、一度決めたことをやりぬくカリスマ性も備えていることになります。

もしも、このような意味で「君って堅固だよね」なんていわれていたれら、ちょっと嬉しいですよね!

7:我慢強い

自分の意志を固く持っている、それもなかなか曲げない…という性格は“我慢強い性格”ということもできますよね。

あなたは、我慢強い性格をしていますか。

いつまでも我慢しているとせいしんてきな病になってしまったりするものですが、それでもときには我慢しなくてはいけないシーンというのが出てきますよね。

ずばり、そのようなシーンで自分の弱いところや周りの意見に流されることなく、しっかりと足を踏ん張っていることのできる人こそが“我慢強い”性格をしている人ということができます。

8:過去に強いトラウマがある

過去に強いトラウマなどがあると、何に対しても“身構える”姿勢になりますよね。

もう二度と同じような苦しみなどを体験したくないからです。

とはいえ、「過去に強いトラウマを持っている人」というのは、さきほどご紹介してきた四字熟語にあるようにどんなに険しいところでも、準備を怠らず、外敵に備えようとします。

その姿こそが“堅固な姿勢”になるんですね。

9:天狗になっている

天狗になる…というのは、ナルシスト傾向の高い人が多いですよね。

自分はできるんだ、すごいんだと思うのは時に大切なことではありますが、いつでも天狗になっていると周りから嫌われるものです。

それは実力が伴っていなかったり、さらには努力をしようとしないからなんですよね。

そのため、天狗になっている人というのは、堅固な“硬い自分だけのナルシスト心をもっている”と解釈することができます。

10:一度始めたら最後までやり通す

あなたは何か始めたことを最後までやり通す人でしょうか?もしもそのような傾向があるのであれば、周りから「堅固な人だな」なんて思われているかもしれません。

というのも、一度初めてやり通すことができる人というのは、とても少ないからなんですよね。

つまり、一度始めたら最後までやり通すくらいに意識を持つようにしましょう。

そうすれば、今はちゃらんぽらんで信用しがたいと思われている人でも「信用に値する」「最後までやり通すから信頼してもいいだろう」と思われるようになるはずですよ!

まとめ

今回は「堅固」という言葉、そしてその言葉が使われている四字熟語、また、堅固な人とはどのような人なのかについて特集してきました!いかがでしたか?

あなたがこれまでに抱いていた「堅固」という言葉の印象やその意味ははたして正解していたのでしょうか。

また“堅固な人”というのは、人によっては良い面をさすこともありますし、反対に悪い面をさすこともあるということでしたね。

堅固な人、といわれるのであれば、プラスのイメージを持ってもらえるようこれから努力していくといいでしょう。