最近よく「語彙力」という言葉を目にします。

そういった関連の書籍も多く出ているようで、世の人々も語彙力に対する関心があることがうかがえます。

今回はそんな語彙力について、語彙力がない人の特徴と鍛える方法をご紹介します。

語彙力ってなに?

語彙力とは端的に言えば、「言葉をどれだけ知っているか」の力だと言えます。

社会に出て語彙力が欠如しているのは問題で、語彙力がないと相手に軽く見られてしまう可能性があります。

語彙力のある人というのは話のバリエーションも豊富になりますし、会話に格が出てくるので相手になめられることがなくなります。

ですから、社会人としては語彙力をできるだけ身につけることで、自分を有利にもっていくことができます。

反対に語彙力に乏しい人との会話は、内容も薄っぺらいものになりがちです。

特に営業職などの対面で相手と交渉したりコミュニケーションをとっていくことを仕事としている人々にとっては、なくてはならないスキルであると思います。

語彙力の優秀な人同士の会話というものは、様々な観点からの話ができて、豊富なアイデアがでてきます。

メールやSNSなどが盛んに行われている近年は特に、語彙力が問われる時代になっているのです。

語彙力がない人の6個の特徴

語彙力がないと生きていく上で、自分が不利になる可能性が増えます。

言葉を人よりも知らないというだけで、引け目を感じたり、後手に回ったりする状況に陥るのです。

ここでは語彙力のない人にはどのような特徴があるのかを見ていきたいと思います。

1.本を読まない


読書というのは人間の成長において欠かせないものだと思います。

良い本を読むことで自分の成長に役立つ考えを取り込むことができます。

それ以前に活字を読むということがいかに大切かは、読書を積極的にする人と、全く本を読まないひとの語彙力の差を見れば明らかです。

世にいる成功者と呼ばれる人の多くは読書家であることが多いとされています。

時間を見つけてはいろんな本を読み、そこから知識や見識を得ていく。

決して今の自分に満足せず、自分にないものを積極的に取り入れようとする貪欲さがあります。

様々な言葉に触れる機会がない

本を読まないということは、いろんな言葉の表現や文体に触れる機会がありません。

それでは、自分のまわりのごくわずかな言葉だけでしか自分を表現できなくなってしまいます。

読んで自分の頭の中に入れた言葉でないと、自分のものになどできるはずもないので、そういった言葉に触れる機会の欠如というものは決定的に語彙力に影響してくるものです。

本を読まずに普段の自分の生活の中で使われる語彙はたかが知れています。

その中でばかり生きているとすれば、そこで使う少ない語彙しか自分は持っていないことになります。

いざ、自分の語彙力を発揮しないといけない場面が来た時に、本も読まず、新しい語彙を身につけることをしていなかったとしたら、相手に圧倒されてしまうことでしょう。

耳からだけでなく目からも情報を

本を読まない人々はテレビやネットによって情報を得ているのだと思います。

そういったものはビジュアルによって目で見て、音声によって耳で聞いて判断することを主とするものです。

よって単語や言葉の言い回しなどへの注意はその次となってしまいます。

特に今の時代は動画などで情報を得る人が多い時代で、ますます語彙力を高めるのとは正反対の方向へと進んでいます。

ですから読書はそれを補ってくれるものなのです。

目で活字を見て、頭に入れていくことは、考えるということを促進させます。

活字の意味を考え、それを納得して記憶する作業は、ただ耳で聞くのとは全く違います。

ネットの画面や音声ばかり聞くことに慣れている人達は、こういう活字を読むという作業を非常に面倒臭いと感じていて、やる気がしないのでしょう。

それは、自分が楽な方向にばかり言って怠けていることを意味するのです。

2.要点をまとめられない

語彙力のない人と話をしていると、一体何が言いたいのか分からないというようなことがよくあります。

自分の言いたいことはあるのでしょうが、語彙力がないために要点をまとめて伝えることができないのでしょう。

人間は日々様々な情報を目で見て、耳で聞き、頭に入れていますが、そういったたくさんの情報をまとめる力がないことには適切な次の行動がとれません。

要点をまとめる力がなければ自分が何をしていいかもわからなくなるし、話を聞いているほうも何が言いたいのかさっぱりわからなくなります。

語彙力のない人は論理的に思考することが難しいのでしょう。

一つ一つを論理的に考えるのではなく、行き当たりばったり的に考えているのです。

そのため、まとまりのない話になってしまったり、後になって何も形になっていないことに気づき、後悔したりするのだと思います。

話が長い

話の要点があいまいなのに、話だけはやたらと長いというのも語彙力のない人の特徴です。

多分自分のもっている乏しい語彙力でできうる成功パターンを1つ2つくらいは持っているのでしょう。

ですから誰と話す時もそのパターンへと持ち込むことを考えるので、まずはそちらに誘導していくトークをする必要があり、必要以上に話が長くなってくるのです。

語彙力のない人がする長話は、要点がよくわからない話が淡々と続くので、聞いている人は苦痛に感じてしまうかもしれません。

反対に語彙力があって話がおもしろい人は、長時間話していても時間を忘れてしまうほどなのです。

回りくどい表現が多い

語彙力がないので、その話をしめるために最適な語彙が見つかりません。

ですから、どうしても自分の乏しい語彙を駆使しての表現になるので、回りくどい言い方になってしまいます。

一つの言葉を知らないだけで、多くの時間のロスや文字のかさばりが生じてきます。

同じような言い回しを繰り返している

語彙力のない人は、話す話題も限られてくるので同じような話、同じような言い回しを繰り返すことになります。

ですから、話を聞いていると「またその話か」とうんざりさせられることになります。

こういう会話からは何も残るものがなく、単に時間の浪費と言わざるを得ません。

しかし、悲しいことに持っている語彙が乏しいとこういった会話にならざるをえないのです。

語学に例えるとわかりやすいかもしれません。

あなたはアメリカに旅行に行きました。

英語は学生時代に習ったきりなのでほとんど話せません。

ですが、向こうでチケットを買ったり道を聞いたりする時に現地の人に聞かなければならない場合どうしますか?

多分あなたの知っている数少ない英単語を何とかフル回転させて、言いたいことを伝えようとするでしょう。

語彙力がないというのはそれと同じことなのです。

ですから、語彙力のある人がいかに話す上で有利になるのかはっきりとわかりますよね。

3.自信がない

自分に語彙力がないと感じている人は、人との対話で自分は人よりも話せない、劣っていると敗北感を毎回味わうことになり、自信喪失してきます。

それは会話をネガティブな方向に導くので、ますます語彙力が乏しくなっていってしまうのです。

自信のなさというのも人に伝わるものですから、相手から軽く見られる原因となります。

自信とは様々な要素によって作られていくものですが、知識が増えるということも自信をつける一つの要因です。

語彙力をつけることでも自信がつくことは間違いありません。

伝わらないから伝えようとしなくなる

語彙力がないと、相手に自分が伝えたいことをちゃんと伝えることができません。

ですから、次第に相手に自分の思いを伝えることをしなくなっていきます。

相手に馬鹿にされるのではないかという気持ちが芽生えるのでしょうか。

伝えることを諦めてしまったらどんどん人の交流が減り、疎遠になっていきます。

そうすると、自分はもう人と交流することなんてそんなにないと思うため、話し方や語彙力の向上のために頑張る必要などない人間だと考えるようになってしまいます。

こうなってしまうと悪循環になってしまうので、語彙力を地道につけて改善していくほかはありません。

4.言葉を調べない

言葉というものは増やしていくものです。

初めて見たり聞いたりした時というのは、今まで自分が知らない言葉ですから、当然その意味というものを知りたいと思うはずです。

しかし、語彙力のない人というのは、意味を調べようとしない傾向があります。

わからないことをそのままにしている

わからないことをそのままにしておくと自分の身にはなりません。

そして、しばらくしてまた同じ言葉に出会っても意味を調べていないからまたわからないのです。

それの繰り返しなので、語彙力が一向に増えませんよね。

向学心がない

なぜ、わからない言葉、初めて出会う言葉の意味を調べず放置してしまうかについては、向上心がないからなのかもしれません。

自分の成長のため、語彙力を伸ばしていくために貪欲に新しい言葉を吸収していくという気持ちがなくては難しいでしょう。

5.ボディーランゲージが多い


外国人ならまだしも、日本人がボディーランゲージを多投しているのを見ると滑稽に見えてしまいます。

それは実は、語彙力の乏しさを隠すためにやっているという可能性が高いのです。

しかし、いくら大げさなボディーランゲージで表現しようとも、次第に語彙の少ないことが露呈していくでしょう。

言葉での表現が苦手

ボディーランゲージに頼るということは、言葉での表現が苦手なことの裏返しとも言えますよね。

言葉の表現が苦手イコール語彙力のなさとも言えます。

ですが、ボディーランゲージによってそういった欠点を補って、なんとか相手にちゃんと伝えようとする姿勢は良いことだとは思います。

しかしボディーランゲージというのは言葉に添えてやるものであって、ボディーランゲージだけが一人歩きするようなら、それは全くおかしいものになってしまいます。

あくまで会話というのは言葉のキャッチボールであって、ボディーランゲージや視線というのは、その言葉を効果的に表現するためのスパイスのようなものでなくてはなりません。

身振り手振りで表現しようとする

身振り手振りで表現することによって、自分の伝えたいことをなんとか相手に分かって欲しいという気持ちが出ています。

しかし、基本の語彙力が欠如しているのでは、どんなに身振り手振りで訴えても伝わることはないでしょう。

6.相手の言うことを理解できない

語彙力のない人は自分が話す時には、自分の少ない語彙をなんとかフル回転して相手に伝えることができる可能性はありますが、逆に聞く番になった時が大変です。

相手は語彙力を備えた人の場合、自分の知らない言葉が会話の中でバンバン出てくることになります。

ですから相手の言っていることの意味がわからないのです。

言われたことの意味がわからないので、それを受けて自分の意見も言えなくなり、会話は終わってしまいます。

語学の勉強と同じことで、英語のリスニングをしようとしても、自分の知っている単語が少ないと、聞き取りようがないということです。

ですから語彙力の欠如がいかに重大な欠点となるかがわかるでしょう。

わからないことを知ったかぶりしてしまうことも

会話を終わらせるわけにいかないので、わからないのに知ったかぶりをしてしまうこともあるでしょう。

あたかも知っているという顔で聞いているのに、内容は全く理解していないのです。

ですが、後にそれがバレて信頼をなくすということもありえます。

こんなことをしているといつまでたっても知識や語彙力がつきませんよね。

なんとなくでわかった気に

相手の会話の中で、50%くらいは自分のわかる言葉が入っていた。

でもあと半分は分からないので当然全体の意味も分かりません。

しかし、50%知っている言葉があるだけで、自分もわかった気になっている人は多くいるはずです。

仕事の上でそういうことが日常的に行われているのが一番危険で、ある時にボロが出て、仕事内容について全く理解していなかったなんてことになりかねないのです。

こういったことがなぜ起きるかは、知ったかぶりしてしまうのと同じ理由で、面倒臭いだったり、自分の余計なプライドが邪魔をして、誰かに聞くことをためらうことが原因であると考えられます。

自分勝手な解釈

もっと悪いのは、わからないから自分勝手に解釈して納得しているということです。

これが一番始末が悪く、間違った知識を固定してしまうと、正しい知識を覚えるのに、まず間違った知識を取り除くことから始めないといけないので、より大変になってきます。

何事においても絶対に外せない基本的なことというのがあります。

そういった基本をまず覚えてから応用へと進み、最終的には自分の個性を上手く取り入れたオリジナルスタイルが完成するのです。

それなのに最初の段階からわからないことを調べもせずに、自分の勝手な解釈で自分の中に入れてしまうと、基本から間違っていることになってしまいます。

わかっていないなら「わかりません」と素直に言える人になった方が自分のためになりますよね。

語彙力を鍛える方法

語彙力というものが、社会で成功していく上でいかに大切かということは言うまでもありません。

語彙力の無い者は社会に出てから不利な立場に立たされる、あるいは自分がみじめな思いをすることになることがあります。

ですが、自分は語彙力がないからといって、自分はもうダメだとあきらめる必要はありませんよ。

語彙力は鍛えることによって成長させることが可能です。

あきらめずコツコツと語彙力を高める訓練をすることで、大きく生まれ変わることも十分に可能なのです。

ではどういう方法で語彙力を鍛えるのが良いのでしょうか。

1.読書をする

語彙力を鍛えるための一番大切なことは、何と言っても読書です。

できるだけ多くの本を読むようにしましょう。

ジャンルも一つに偏るのではなく、多ジャンルからいろいろな本を読むことで、自分の知らない言葉をたくさん覚えることができます。

最近はタブレットなどで電子書籍を手軽に購入できる時代になりましたから、本を気軽に読める機会はむしろ増えています。

タブレットなどで本を読むというのももちろんいいですが、本屋に行くという楽しみも感じてもらいたいものです。

大きな本屋に行くとたくさんの本があり、本好きの人ならワクワクしてくるでしょう。

店の中を散策していろんなジャンルの本を手に取ってみましょう。

表紙のデザインが面白いなと思ったという理由でもかまいません。

とにかく積極的にいろんな本を読みましょう。

読みやすい本から

読書が苦手という人は結構います。

活字を追うのが面倒臭いと考えたり、長時間読むのが疲れるといった人です。

そんな人はまず自分がすごく興味のあるジャンルの本を読みましょう。

そして好きなジャンルの本の中でも、表現が分かりやすかったり、ページ数が少ないなど、ともかく読みやすいものから読んでいきましょう。

最初から難しい専門用語がたくさん書かれている本に手をだしてしまうと、ページが進まず少し読んだだけで投げ出してしまうことになります。

読みやすい本を読んでみて「わかる」という体験をすることが、何より大切なのです。

内容が理解できると面白いし、じゃあもう少し難しい本に挑戦してみようかと意欲が出てきます。

言葉を好きになる

本の中にはたくさんの言葉が散りばめられています。

すばらしい活字の表現などを感じ取って、言葉を好きになって欲しいと思います。

映像や音声では表現できないものを活字の世界は持っています。

活字の世界は映像や音声の世界よりも想像力というものが試されるので、より自分で考えたり、味わったりする感覚が必要となります。

そうするには鋭い感覚が必要で、自然と語彙力は鍛えられるでしょう。

日本文学の世界には素晴らしい作家を輩出した歴史があります。

そういった古典作品を読んでみることも、日本語の表現の素晴らしさを知る良い機会だと思います。

また、詩であったり、俳句や短歌のようなダイレクトに言葉の表現が表に出てくるものを味わうのもいいと思います。

2.引用した表現を心がける

最初から語彙力が完璧な人などいません。

本を読んだり人から教わったりして少しずつ鍛えていくのですが、その過程において、どんどん本などから得たいい文章を引用していきましょう。

最初はいろんなところからの引用を引っ張ってくるので、自分の意見や考えがないように思います。

ですが、引用した表現を繰り返していくことで、徐々に言葉の使いかたというものがわかってくると思います。

そうすると後に自分のオリジナルな語彙力というものが完成されてくるのだと思います。

どんなジャンルでも第一線でやっている人でさえ、最初は誰か先人のマネをしてうまくなっているのです。

最初は見よう見まねでやっていたことを、最後に自分のスタイルとして磨き上げるということを一流は皆やっているのです。

ですから、いいなと思った文章はどんどん引用して表現していきましょう。

テレビやラジオからでも

テレビやラジオのコメンテーターや評論家などの話しているのを聞いていると、この人のあの表現はいいなとか、聞きやすいなとか思うことはよくあります。

そういったものはどんどん引用していきましょう。

優れたコメンテーターの言ったことを引用することで、語彙力が自然に鍛えられていくと思います。

好きなラジオのパーソナリティができたら、そのパーソナリティの番組を毎回聴いて、フレーズの言い回しや間の取り方を学ぶのがよいでしょう。

最初は真似事のようなことから始めるのがいいと思います。

別の言い回しを考えてみる

始めは誰かが言ったことや、本に書いてあったことを引用していくことはいいですが、自分なりに別の言い回しを常に考えていきましょう。

この作業が語彙力を鍛えてくれることになります。

普段意識せずに生活をしていると、頭で考えることをしないまま一日が終わることが多いです。

それは一日のルーティンがほぼ決まっているので、頭で考えるよりも自然と体が動くように習慣づけられているからであると言えます。

次第に自分のオリジナルな表現ができるようになればよいのです。

本で見つけた気になる言い回しや、テレビ・ラジオで聞いた気に入った表現、人との対話の中で使えるなと思った表現の仕方など全てを、毎回違う言い回しはないかと考えてみることが大切なのです。

3.わかる楽しみを知る

何か分からない言葉などが出てきた時、分からないままにしておくともやもやした気持ちになりませんか?

そんな人こそ分からないことがわかった時の心地よさを味わってほしいと思います。

一度でもわかる、疑問が解けるといった経験をすると、自分がわからないことについては、わかるまで追及しようという姿勢が芽生えてくるのだと思います。

小さいころ勉強が嫌いで、中学、高校になっても勉強が好きになれなかったという人というのは、勉強をすることによって「わかる」という喜び、楽しさというものを知ることがなかったために、勉強が嫌いになってしまったのかもしれません。

わかる楽しさを知ると、自分がどんどんレベルアップしていくのが楽しみになってきます。

テストなどで良い点数をとるなど具体的な結果が出てくると、もっともっと勉強してみたい、知りたいと思いはじめるのです。

知らない言葉はすぐに調べる

本を読んでいたり、ネットで検索したりするときにわからない言葉に出くわしたら、すぐに調べるという癖をつけていきましょう。

最初は面倒臭く感じるものですが、習慣にしてしまえば苦でもなんでもなくなります。

わからないものはそのままにしないでその場でサッと調べる。

この習慣をつけるだけでも相当語彙力はアップすると思います。

昔は分からない言葉を調べる方法といえば辞書をひくしかなかったので、カロリーのかかる作業でしたが、今はネットの検索窓に書き込むだけですぐに意味がわかります。

スマホも発達していますから、外にいてもいつでも調べることができます。

知識が増えると自信もつく

わからないことを一つ一つクリアしていくことで、一つずつ新しい知識というものが自分に身に付きます。

知識が増えるということは自分に自信が出てきます。

「無知は罪」とはよく言った言葉で、無知は自分の能力がないことが原因ではなく、知りたいという意欲の欠如だと思います。

積極的にいろんなジャンルの知識を増やしていきましょう。

自分の興味のあるジャンルに関しては、覚えようと思わなくとも自然に知識が頭に入ってくるものですが、あまり興味のないジャンルに対しても食わず嫌いせずに果敢に挑戦していきましょう。

知識が増えることと正比例して自分に自信も出てきます。

言葉そのものに関心をもとう

語彙力をつけるにはいろんな方法がありますが、まずは言葉というものに関心をもって好きにならなければいけないと思います。

言葉の素晴らしさというものを感じてください。

そしてたくさんの言葉を知り語彙を鍛え上げた自分が、いかに他人より秀でた存在になれるかを考えてみて下さい。

そうすれば興味を持って言葉の世界へ飛び込んでいけるはずです。