女性の髪型はとても華やかで、自分のアイデンティティを示すものであるというのは間違いありません。

自分らしい髪型にするために、もしくは気分を変えるために女性はたくさんの髪型を試してみるでしょう。

男性よりも女性の方が髪型にこだわっており、たくさんのアレンジで自分らしい美しさを演出することができるのは楽しいですよね。

ただし、髪型には華やかさを示すというだけではない役割もあります。

その役割は、まさに華やかさとは反対にある「カバーする」というものです。

髪型は顔の周りを覆っていますから、見せたくない部分を隠すという効果を持っているのです。

また、視線を逸らすことで欠点から目を逸らさせるという効果を持っていることもあります。

それでは、具体的にはどのような欠点を隠すことができるのでしょうか。

ここでは、特に「隠す」という点で髪型に頼ることが多い下膨れの顔について見てみることにしましょう。

下膨れは髪型でカバーできるのですが、はたしていったいどのような髪型が適しているのでしょうか。

下膨れ顔が悩み。髪型をどうにかしたい……

下膨れの顔の人の場合には、髪型で隠そうとする人がたくさんいますね。

髪型というのは便利なもので、顔の周りを覆うようにしてしまえば、たいていの輪郭の何は隠すことができます。

それでは、下膨れの顔の輪郭を隠すためには、いったいどのような髪型にすると良いのでしょうか。

そもそも、下膨れの顔というのはどのような欠点を持っているのでしょうか。

下膨れの顔の持っている欠点について知ることができれば、それを隠す髪型も自然と分かりますよね。

ここでは、まずは下膨れの顔の特徴や欠点について見てみることにしましょう。

一応、下膨れの顔には健康的に見えるというメリットもありますが、欠点の方がやはり目についてしまうものです。

この欠点について理解するというところから始めるようにしましょう。

下膨れって何?

自分の顔の輪郭をコンプレックに思っている人はたくさんいますが、その中でも多くの人が悩んでいるのが「下膨れ」です。

この下膨れについては、悩んでいる人しかその悩みが分からないということもあるかもしれません。

どんなにパーツが綺麗な人でも、下膨れの顔であれば何となくバランスが悪く見えてしまうというようなことが起こります。

また、ダイエットではそう簡単に下膨れを変えることはできず、身体が痩せても顔の下膨れはそのままということが良くありますから、なかなかそのコンプレックスを取り除くことができないという点で、とても難しい欠点だと言えるでしょう。

下膨れの輪郭の特徴

下膨れの輪郭の特徴としては、自分の顔の頬のあたりが張ってしまっていることが原因で、自分の顔の下の部分が膨れて見えてしまう輪郭のことを言います。

頬から下のあたりの肉付きが良く見えているというと何となく想像できるでしょうか。

全体的には顔が丸く見えてしまいますね。

この原因の一つには、顔に脂肪がついてしまっているということがあります。

顔に脂肪がついてしまっているだけなら、ダイエットや悩みなどで頬がごっそりこけることもあるので、ある程度は自分で変えることができるでしょう。

ですが、顔についている筋肉が原因ということがあれば、それはそう簡単に落とすことができません。

また、元々持っている骨格が原因で下膨れに見えているということもあります。

顔の横幅の特徴

下膨れがひどい人の場合には、顔の横幅が広く見えてしまう傾向があります。

舌の方に脂肪や筋肉が張っているということになりますから、その部分が張り出して顔の横幅が広くなってしまうのです。

顔の横幅が広いくらいは気にしないという人もいるかもしれませんが、実際に下膨れの人が自分の輪郭をコンプレックスに思っている原因の多くは、この「顔の横幅が広く見える」というところにあります。

顔の横幅が広いと顔が大きく見えてしまうからです。

実際に小顔の人であったとしても、顔の横幅が広いというだけで顔の大きさが実際よりも大きく見えてしまうのです。

小顔の人がスタイルが良いと言われやすいですから、下膨れというだけで全体のバランスが悪く見えてしまうという欠点があるのです。

最近ではモデル体型が流行っていますが、その体型から離れたところにあるスタイルのように見えてしまうのが問題ですね。

下膨れは老けて見られがち

下膨れの人が、顔をコンプレックスに思っているのは、バランスの悪さや顔の大きさだけではありません。

さらに、老けて見えてしまうということがあるのです。

歳をとってくると、だんだんと人の肉は下に垂れ下がってきます。

胸のことを考えると大体理解できるかもしれません。

重力に負けてしまい、張りのある状態を保つことができなくなってしまうのです。

つまり、年を取った人は下膨れになりがちだということですね。

こういったことを考え合わせると、下膨れの髪型が老けて見られがちだということを理解できるのではないでしょうか。

ただ単に自分の顔の形が下膨れだというだけで、自分の実年齢よりも老けて見られてしまうのなら、それはコンプレックスになってしまっても仕方ありません。

できる限り隠したいと思うのも当たり前なのではないでしょうか。

下膨れ顔に似合う髪型5選【レングス別】

下膨れの顔を気にしている人はたくさんいます。

自分の顔の輪郭が気になるばかりに、いつも同じ髪型を選んでしまっている人もいるかもしれません。

ですが、せっかく女性に生まれたのに、輪郭のせいで同じ髪型しかできないのは寂しいですよね。

下膨れの人のコンプレックスをなくすためには、要するに、自分の顔の輪郭に注目が集まらないようにしてあげることが一番なのです。

そして、幸いなことに、自分の顔の輪郭を気にならないようにする方法はたくさんありますよ。

色々な髪型について知れば、自分が諦めていた長さの髪にすることもできるかもしれません。

レングス別に、下膨れの人でも自分の輪郭を気にすることなく作ることができる髪型について見てみることにしましょう。

ショート

下膨れタイプの顔の人には、なかなかショートは難しいように感じるかもしれません。

確かに、ショートカットは髪型で陰影をつけるのが難しいので、短ければ短いほど、顔を隠すことができなくなってしまいます。

顔を隠すことができないということは、輪郭を晒すということになります。

下膨れは主に輪郭の面であまり良くないという人のことを言いますから、それを思い切り晒すというのは怖いと感じる人も少なくはないでしょう。

自分の輪郭のことを考えてショートカットにするのを躊躇っている人もいるかもしれませんね。

ですが、それはもったいないですよ。

ショートカットが好きなのにそれができないと感じている下膨れの人も、似あうショートカットにすれば問題ないのです。

ショートカットをしたときに、下膨れが目立たなくなる髪型について見てみることにしましょう。

簡単にできるので、怖がらずにショートを選ぶことができますよ。

トップにボリュームを付ける

下膨れの人の似合うショートカットは、まずはトップにボリュームをつけることが一番です。

下膨れの人の場合には顔の下側にボリュームがついてしまっているのが問題なので、この部分を隠せないショートは鬼門となります。

ですが、下にボリュームがついているように見えなければよい話ですよね。

顔の下側にボリュームがついているように見えないするためには、まずはボリュームをトップの部分にもつけると良いでしょう。

上にボリュームがないと下にボリュームが溜まっているように見えてしまうかもしれませんが、バランスよく見えていれば問題ないのです。

そもそも、自分の顔の大きさが気になっているわけではないのなら、全体的にバランスを良くして挙げることが一番です。

間違ってもしていけないのは、ショートカットで毛先を重めにすることでしょう。

髪の毛でも下側にボリュームを集めてしまうと、さらに下膨れの顔に見えてしまいますよ。

上手くワックスなどを使って上の方に空気を含ませてあげると良いのではないでしょうか。

ボブ


ボブの髪型をするのは難しいところがありますよね。

ボリュームをつけるところを間違えてしまうと、下膨れの顔が目立ってしまいます。

また、余計に丸顔に見えてコンプレックスが刺激されるということもあるようです。

ですが、しっかりとボリュームをつけてあげればボブでも下膨れの顔をきちんとカバーしてくれますよ。

ボリュームを持って来るのは頬の一番膨らんでいるところではなく、それよりも少し上のところです。

そこからすんなりと紙が落ちるようにすれば、下膨れの顔が少し輪郭が補正されて見えるのではないでしょうか。

絶対にしてはいけないのは、重めのストレートボブです。

隠したいところを隠してくれず、逆に重さが下膨れの顔の輪郭を目立たせてしまうことになります。

ボブをする場合には、美容師さんときちんと相談をしてみなければいけないということになりますね。

レイヤーを入れた段差付けボブ

レイヤーを入れた段差付けのボブにするのも、ボブの髪型の中でもおすすめの方法です。

もちろん、自分でボリュームを頬の少し上に持ってきてあげるというのも良いですが、カットの時に段差を入れてもらうように頼めば、自然とボリュームが欲しいところに来てくれるのではないでしょうか。

このレイヤーの場所にも美容師さんのセンスが表れてきますし、レイヤーカットでは癖毛が目立ってしまうということもあります。

しっかりと事前に相談をして、自分の隠したいところや、自分のなりたい髪型について美容師さんに分かってもらえるようにしておくと良いでしょう。

ミディアム

ミディアムヘアの場合には、うまく髪型を作ってあげることが一番大切ですね。

髪型をただ垂らしているだけだと、下に流れるラインの中で下膨れの顔の輪郭だけが目立ってしまうという残念な結果になってしまします。

できるだけ下にストレートに流れるラインを作らないように、色々工夫すると良いでしょう。

一番良いのは、例えば有村架純さんのように、顔にそうラインを作ってあげることです。

もしくは、緩く巻いてあげて頬より上の位置にボリュームを作ってあげることでしょう。

こうすることで、下膨れの輪郭を少し緩和することができるようになりますよ。

ミディアムも下膨れの輪郭を隠すのは少し難しい髪型であることには違いありませんが、きちんとカバーする方法さえ分かっていればアレンジなどをできる楽しいレングスでもあります。

自分の顔立ちに合うような髪を選ぶようにしてくださいね。

ゆるふわミディ

ゆるふわミディの髪型は、下膨れの方にはお勧めの髪型だと言えるでしょう。

緩く巻いたミディアムヘアは、全体的にふんわりした印象を作ってくれますし、顔周りに自然なボリュームを出してくれます。

ゆるふわを自分で出すのは少し難しいかもしれませんが、きちんと練習すれば自分のコテで作れることもできますし、ボリュームを出す位置を変えることもできるでしょう。

ゆるふわを自分で作ることが難しいと感じているときには、パーマをかけられないか聞いてみるのも良いですね。

ただし、あまりきつくかかってしまっては、自然に下膨れの顔の輪郭を隠すのは難しいかもしれません。

バランスはきちんと考えるようにしてくださいね。

ロング


ロングヘアの髪型を作る場合にも、ただ髪のラインが縦に流れるというだけでは下膨れの顔が目立ってしまいます。

できる限り自分の顔のラインを隠すことができるような流れを作ってあげることが大切でしょう。

自分の顔のラインを考えつつ、ボリュームを頬より上の位置に作ってあげるというのは、他のレングスの場合と変わりありません。

ロングの場合には全体に重みが出てしまいがちになるので、この重みをただ流すだけではなく遊ばせてあげる必要があります。

顔周り、特に下膨れが目立つ位置でボリュームを作らないように、きちんと全体のバランスを見てあげるのは忘れないようにしてくださいね。

顔まわりに動きのあるロングヘア

顔周りに動きのあるようにするロングヘアは良いかもしれません。

ミディアムヘアのようにゆるふわにするだけでは下膨れの顔をカバーすることができない可能性も高いですし、全体の重さを軽減することもできません。

できる限り自分の髪の重さと下膨れの顔をカバーしなければいけませんから、この場合には髪先をきちんと遊ばせてあげる、動きをつけてあげるということが大切です。

顔周りが空気を含み、きちんと動きのあるロングヘアにすることができれば、下膨れの顔が目立たないようなロングヘアにすることもできるでしょう。

ロングヘアの場合にはたくさんのヘアアレンジをすることもできますが、その場合には下の項を参照にしてみてください。

アップスタイル

アップスタイルにするというのは下膨れの顔立ちにとっては、とても難関の髪型ですよね。

なぜなら、顔を隠す髪が完全に後ろに行ってしまっているので、髪型でカバーすることができなくなってしまうからです。

現に、髪を下ろしているときには輪郭が気にならなかった人でも、仕事などでアップスタイルにした瞬間に顔の輪郭が気になるということも起こってしまうのです。

できれば、アップスタイルをする場合でも、きちんと遅れ毛を作って髪型で下膨れの頬のラインを隠してあげるようにしてください。

もし、完全なアップスタイルで顔のラインが目立ってしまうようなら、ハーフアップにするなどの方法を考えると良いでしょう。

幸いにも現在の流行は、「ゆるふわ」です。

ゆる不和の髪型が流行している以上は、あまり気にせずに遅れ毛を作ることもできますし、全体の雰囲気のボリュームを出してもおかしくはありません。

素敵なヘアアレンジは取り入れつつも、できる限り顔のラインをカバーするようなアレンジにすると良いでしょう。

前髪も命!?下膨れにおすすめの髪型

下膨れの顔をきちんとカバーして上げるためには、サイドの髪にきちんとボリュームをつけてあげるだけではなく、前髪も考えてあげる必要があります。

前髪の印象で顔に対する印象も変わってきますし、下膨れの顔の輪郭に対する視線の注目度も変わるからです。

もちろん、下膨れの人の場合にはきちんとメイクをしてあげる必要もありますが、それだけではなく、きちんと前髪を作ってあげることも考えましょう。

器用な人の場合には自分で前髪を整えているという人もいるでしょうから、切る前にきちんと色々調べて前髪でも下膨れの顔を隠してあげられるようにしてくださいね。

眉ライン横分け

眉ライン横分けは、眉のラインで切りそろえていながらも、髪を少し分けて流してあげる髪型のことを言います。

バングを作りたいけれど下膨れの顔が気になるという方は、ぜひこの方法で流した縦のラインを作ってあげてください。

眉のラインであるというのはとても大切で、オン眉になると簡単に流すことはできなくなってしまいます。

下膨れの顔の場合には長めのバングの方が相性が良いのですが、短いと横のラインができてしまうので鬼門です。

短めが良いという方は、ぜひ眉ラインにしてみてください。

センター分け

センター分けの前髪も下膨れの方には良いかもしれません。

きちんと縦のラインを作ることができますし、前髪を分けるとサイドに掛かる部分で陰影を作ることもできます。

下膨れの部分に掛かってくれれば、直接的に輪郭を隠してもくれますよね。

センター分けを作るにも勇気が要るかもしれませんが、まずは前髪を伸ばして、きちんとその形を作ってあげることが一番です。

そして、長さを作ってからセンター分けでラインを作ってあげると良いでしょう。

ゆる〜く巻いて動きをつける

ただストレートに流すだけでは、何となく重みが出てしまうのがセンター分けの髪型の欠点です。

重みが出てしまうと、それはそれで下膨れの顔立ちが目立つような結果になっているように思えますよね。

そんなときには、緩く巻いて動きをつけてあげるのが一番です。

もちろん、下膨れの顔の一番気になるところにはボリュームが来ないように気を付けてあげてくださいね。

内牧にしてあげると顔に沿ったラインになるので、輪郭が目立たな用にしてあげることも可能でしょう。

かき揚げバング

かき上げバングというと何となく難しいもののように感じるかもしれませんが、それほど難しくはありません。

少し長めに逃した前髪を書き上げるようにしてふんわりとさせた髪型他のことを言います。

しっかりとセットした髪型ではないので、そこの部分が何となく受け入れきれないという人もいるかもしれませんが、それほどしっかりとしたフォーマルな場ではないのなら、かき上げバングは色っぽさも出て良いですよ。

立体感を引き出す

かき上げバングが良いのは、トップにボリュームを持たせることができる点です。

しっかりと立体的なイメージを作り出すこともできますから、視線の流れを横のラインから逸らすことができるようになるでしょう。

また、ボリュームを下膨れの輪郭からトップの部分にも作ることができるので、結果的には下膨れの輪郭を隠すことができるということになるのです。

NG前髪も要チェック!

ここまで下膨れの方にはぴったりの前髪をご紹介してきましたが、もちろん下膨れの方にはNGの髪型もあります。

サイドの髪ではなくても、その前髪をするだけで下膨れの顔が目立ってしまうということもあるのです。

中には流行になっている前髪もあるかもしれませんが、その髪型をすることよりも、自分のコンプレックスが目立たないようにしてあげることの方が大切ですよね。

ここではNGな前髪をチェックしてみましょう。

以下のポイントを外して前髪を作るようにすれば、自分の下膨れの顔の輪郭が目立たないようにすることもできるでしょう。

前髪ぱっつん

まず、絶対にしてはいけないのは、前髪ぱっつんなのではないでしょうか。

ぱっつんにした前髪や、オン眉で切りそろえた髪型は、確かにモダンでスタイリッシュな印象を与えますよね。

最近ではそう言った髪型にしている人も多くいますから、一度は挑戦してみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ですが、下膨れのラインに悩んでいる人の場合には、前髪ぱっつんは絶対に辞めた方が良いですね。

前髪ぱっつんは横のラインを作ってしまう前髪になります。

横のラインを作ってしまうと、ただでも下膨れの顔で横のラインができてしまっているのに、それを強調することになりますよね。

自分の隠したいラインを強調するような髪型にしてしまっては、自分のコンプレックスになっている部分を隠すことはできないでしょう。

そのため、前髪を作る場合でも、横のラインを強調するように切りそろえられた髪型はNGなのです。

下膨れの芸能人の方を見てみても、あまりぱっつんを強調するような髪型にしている人はいないのではないでしょうか。

前髪バング

真が笑みを作る際には、絶対に重めのぱっつんにしないように気を付けることが大切です。

前髪を作ること自体がどこか横のラインを作ってしまうことになるものなので、いっそ前髪を流して作らないようにするというのも良いかもしれませんね。

ただし、そう言った形で縦のラインを作ってあげるのは勇気が要りますから、自分の髪型に飽きたときに良いと考えましょう。

自分の髪型に飽きてしまった人は、下膨れの顔の輪郭を隠すためにも思い切ってバングを作らない髪型に挑戦して見ると良いでしょう。

参考にしたい!芸能人で下膨れの人

下膨れの顔をコンプレックスに思っていると、なかなか自分の顔を好きになることができませんよね。

下膨れの顔で可愛い顔なんてないと思っている方もいるかもしれません。

ですが、下膨れの顔でも可愛いタイプの人はいますし、綺麗だと感じるような人もいるはずです。

ここでは芸能人の中で下膨れタイプの人について見てみてることにしましょう。

彼女たちの髪型を参考にすれば、下膨れの気にならない髪型についてマネできるところもあるかもしれませんよ。

下膨れの顔の人の憧れとなるような芸能人について見てみることにしましょう。

石原さとみ

愛らしい印象の強い石原さとみさんは下膨れの顔の代表だと言えるかもしれませんね。

彼女からあまり顔が大きいような印象は受けないかもしれませんが、顔がシュッとしているような印象もないのではないでしょうか。

石原さとみさんの顔はとても愛らしい印象がありますが、髪を上げていると下膨れであるということが分かるはずです。

彼女は髪を下ろして顔に陰影を作っている、もしくは頬の部分の輪郭を隠している方が、顔がシュッとして綺麗に見えるはずです。

太っているわけではないのに、やはり下膨れの顔の輪郭をそのまま見せていると、どこかフック利した印象にもなってしまっていますよね。

彼女の愛らしい雰囲気は下膨れの顔から来ているところもあるかもしれませんが、輪郭が気になるという方は石原さとみさんの髪型を参考にしてみると良いのではないでしょうか。

篠田麻里子

下膨れの輪郭ではあるけれど、どちらかというとショートカットに憧れているという方は、ぜひ篠田麻里子さんを参考にしてみると良いのではないでしょうか。

AKB48にいるころからショートカットの印象が強いので、あまり下膨れの輪郭だと思ったことはないかもしれません。

ですが、髪をかきあげている写真、ロングヘアをまとめている写真などを見ると、輪郭が割とふっくらしていることに気づくのではないでしょうか。

ショートカットの写真でも、髪型によっては下膨れの輪郭が目立ってしまっているはずです。

下膨れの輪郭が目立たない髪型は、トップにふんわりとしている髪型であったり、少し再度を長めにして顔に掛かるようにしているときではないでしょうか。

ショートカットに憧れる下膨れの輪郭の方は篠田麻里子さんを参考にするのが良いと思います。

有村架純

有村架純さんも下膨れのタイプの輪郭ですね。

彼女自身も気にしているところなのかは分かりませんが、有村架純さんの画像を検索すると、再度の髪を顔の横に沿わせているような髪型をしていることが多くありますね。

こうすると輪郭が目立たなくなって、下膨れの顔立ちから注目を外すことができます。

それでも髪をまとめてしまうと、どこかふっくらした印象になってしまっていますね。

彼女も愛らしい雰囲気が出ていますが、それは下膨れのふっくらした印象があるからかもしれません。

下膨れの輪郭に悩んでいて、可愛らしいタイプ、清純なタイプを狙っているという方は、ぜひ彼女の髪型や雰囲気を参考にしてみてはどうでしょうか。

ベッキー

ベッキーさんも下膨れの顔立ちと言えるかもしれません。

以前、ロングヘアだった時にはそれほど目立たなかったので気づかなかったかもしれませんが、不倫騒動以来にショートにしてしまっているので、下膨れの輪郭だったということに気づいたかもしれませんね。

ロングヘアに憧れている人は、ベッキーさんの以前の髪型を真似して見ると良いかもしれません。

自然に下膨れの輪郭を隠してくれていますので、ロングヘアで重さに困っている人にもおすすめです。

またショートにしてからは、意外なのは、毛先を遊ばせていることでしょうか。

少し顔に掛かるようなショートにして毛先を遊ばせているので、スタイリッシュな印象を作ることができているのです。

少しボーイッシュな印象も受けますが、ショートカットの良いところが表れていますね。

彼女の雰囲気を参考にすることで、下膨れの顔の欠点を隠すこともできるかもしれません。

下膨れは髪型でカバーできる!

いかがでしたか?
下膨れの顔や、それをカバーすることができる髪型について理解することはできましたでしょうか。

下膨れの顔というのは、自分ではそう簡単に変えることができない輪郭です。

髪を全部書き上げてしまうと、やはり顔が大きく見えてしまったり老けてしまうという点で、その輪郭をコンプレックスに思っている女性はたくさんいます。

できる限りカバーしたいと思っている人の方が多いのです。

髪型を作るときには、自分の下膨れの輪郭をきちんとカバーしてくれるような髪型にするべきですね。

折角女性に生まれているのですから、うまく髪型を作ってコンプレックスを隠すことができるようにしましょう。

一方で、髪型をただの「カバー」にしてしまうのはもったいないような気もしますね。

下膨れの輪郭を隠すことができる髪型はたくさんあるのですから、輪郭を隠すために自分のしたくない髪型を続けている必要はありません。

変えたいと思っているときには、自分の下膨れの輪郭を画することができるような髪型にはほかに何があるのか考えてみましょう。

オシャレを楽しみつつ、自分の下膨れの顔を隠すことができれば一石二鳥で良いですね。