近頃、SNSが社会に浸透してきており自分の想いや出来事を気軽に発信、受信する事ができますよね。

その中でも特に人気が高いのが可愛いペットや動物の動画や写真です。

自分が飼っているペットの可愛い仕草や面白行動は見ている人の心を和ませますよね。

そんな可愛いペットの中でも、日本シェアナンバー1のペット「柴犬」の可愛い魅力をご紹介していきます。

柴犬が可愛い!

フサフサの尻尾とクルンと円らな瞳、性格も飼い主の従順で飼育もしやすいと人気なのが日本犬の一種である柴犬です。

近頃は海外でも「SHIBA-INU」として人気が高まっているようですね。

日本ではペット文化が発展する前から、番犬として飼っている家庭も多く馴染み深い犬種ですが、愛玩用ペットとして飼育される事が多くなった現代ではその可愛さは絶大なのです。

犬の種類人気ランキングでも柴犬は上位を占めている!

ペットとして飼育される犬は、その時代によって流行があり「アイフル」のCMでチワワが人気になったり、「ソフトバンク」のCMで秋田県が人気になったりしましたよね。

現在では見た目の可愛さからトイプードルの人気が高いですが、どんな時代や流行にも影響される事なく、犬の種類人気ランキングで常に上位をキープしているのが柴犬なのです。

流石、日本で長年愛されてきた犬種なだけはありますよね。

2018年のランキング


2018年のある犬の種類人気ランキングでは、圧倒的人気のトイプードル、チワワ、それから昨今人気急上昇中のMIX犬に続く第4位をキープしています。

特に流行に捉われない高齢の方からの人気も強く、黒毛の柴犬の人気が特に高いようですね。

意外と知らない柴犬の種類

柴犬は小型犬に分類されて、日本古来から存在する日本犬の一種です。

秋田犬、甲斐犬、北海道犬などの別種も居ますが、日本犬の中でも柴犬は80%を占めており日本人に最も馴染み深い犬種と言えるでしょう。

身体的特徴

柴犬は一般的で雄が体高38cmから41cm、雌はは35cmから38cm程です。

尻尾が巻いている事と、毛が短い事、それから直毛である事が特徴ですが、尻尾の巻き方や毛色には個体差が様々です。

毛はやや硬めで全身を覆うトップの毛と、保温効果にすぐれた柔らかい縮れ毛をアンダーの毛として2層構造になっている為温暖で湿潤な気候に適しており年に2回毛が生え変わる事で四季のある日本に対応しているとも言われています。

豆柴との違い

小さくて可愛らしく室内飼いに向いているという事で人気の豆柴ですが、実は実際に「豆柴」という犬種は存在しません。

豆柴とは、小さな個体が生まれる様に交配してできた小柄な柴犬で、中には成長過程で普通の柴犬と変らない程成長するものも居ます。

性格

柴犬は好奇心旺盛な上に頑固で独立心が強い性格が特徴です。

誰にでも懐く訳ではなく、主人に忠誠的で他者に対しては警戒心が強い為に昔から番犬として飼育されていました。

現在では愛玩用ペットとして飼育されている柴犬も多いので、人懐っこい子も少なくありません。

狩猟も得意で、狩猟犬として活躍している事もありますが海外の狩猟犬のように特定の役割を持って役に立つというよりも、視界に入った動くものを追いかける習性が強いです。

可愛すぎる柴犬の特徴とは?

今や大人気の柴犬ですが、そんな柴犬のどんな所に皆さん心をときめかせているのでしょうか?

可愛すぎる柴犬の特徴をご紹介していきます。

1.意外ときれい好き

外飼いのイメージが強い柴犬ですが、実は意外ときれい好きな性格をしているのをご存知ですか?

割と潔癖に近いような性格をしている個体も多く、自分の寝床や餌場は常にきれいに保っている場合が殆どです。

トイレと餌場が近いと、それをストレスに感じて自分で餌場を離したりと工夫する個体も少なくないようですよ。

年に2回換毛期がありますが、換毛期はに自分の寝床では毛づくろいをしない個体も多く、自分のテリトリー内を常に清潔にしておきたいようですね。

トイレの場所などを決めてする

主人に忠誠的な為、比較的躾がしやすい事も柴犬の特徴と言えるでしょう。

更に、きれい好きが功を奏してトイレトレーニングは得意である個体が多いのも特徴です。

ただし、幼犬時にしっかりと躾をしてあげなければいけない事や、躾の覚えるスピードには個体差が大きい事をお忘れなく。

柴犬がトイレを失敗してしまうのは、相当珍しい事だと思っている柴犬飼いの人も少なくないようです。

2.種類がいろいろ

柴犬と一言で言っても、実はその中で細かい犬種に別れている事をご存知でしょうか?

柴犬の中でもキリっと凛々しい顔立ちの個体も居れば、目がやや垂れさがって笑顔の似合うタヌキ顔の個体も居ますよね。

それは、実は柴犬の犬種による違いである部分も大きいのです。

柴犬の種類は全部で5種類

日本古来から存在する日本犬の祖先はオオカミで、そこから生まれた柴犬は全部で5種類の犬種に分けられます。

まず最もポピュラーで一般的な柴犬と認識されているのが信州柴犬です。

笑顔の似合う可愛いタヌキ顔が特徴で体のシルエットは丸みを帯びながらも筋肉質でパワーがる個体と言えます。

その他、キツネのようなキリっとした顔立ちと、短い首が特徴の縄文犬は体が締まってしてスマートに見えるのが特徴です。

この信州柴犬と縄文犬以外は絶滅危惧種とされており、日本でも頭数が少なく耳が小さく足が長い山陰柴犬、殆どの個体が赤毛で生まれてくるのが特徴の美濃柴犬、オオカミに似た見た目が特徴的な川上犬が存在しています。

マメ柴から中犬まで

本来は中型犬である柴犬ですが、近頃ではマンションなどでペットを飼育する事が前提とされて室内飼いの個体が人気な事もあり、柴犬よりも小型犬寄りマメ柴も人気です。

ただし、前述して紹介したようにマメ柴は、それその物が柴犬の種類である訳では無く、柴犬の中でも比較的小さな個体同士を交配させたり、幼犬期の食事制限などで小さく育つ様に調整されたものが殆どだと言われています。

育つ過程で、中型犬と変らないサイズに育つ事も珍しくはないようですね。

マメ柴をお迎えしたい時には、信頼できるブリーダーに頼む事がとても大切なのだとか。

3.忠誠心がある

柴犬の魅力は何と言っても、その忠誠心ではないでしょうか?主人を尊敬して、主人にだけ尽くしてくれようと尻尾を振りながら向けられる眼差しには万人を笑顔にしてしまう魅力が詰まっていますよね。

飼い主に懐き、飼い主を尊敬している

柴犬は元々犬種としての性格上、主人に忠実で主人の事が大好きな個体が多いのも特徴です。

昔から番犬として重宝されていただけあって、主人以外の人間に心を許さない個体も少なくありません。

誰にでも懐く犬も勿論可愛いですが、それが自分だけとなるとその可愛さも倍増しますよ。

自分の前でだけ見せてくれる甘えた仕草は心を鷲掴みにされるような愛おしさがありますね。

4.元気いっぱい

好奇心旺盛な柴犬は、幼犬から成犬まで元気がいっぱいで体を動かす事が大好きな個体が多いのも特徴です。

散歩の他にも主人に構って遊んで貰う事や、他愛のない事を遊びに変えてしまうのも上手な元気いっぱいの犬種です。

健康体でアウトドア派

元々、外飼いできる位に暑さや寒さに強い健康的な犬種なので、外で目いっぱい体を動かして遊ぶ事が大好きです。

あまり散歩に連れていけないような環境で飼っている場合よりも、子供が居てよく家族と犬もつれてアウトドアに出掛けるような環境で飼われている事が多いのもその為だと言えますね。

特に洋犬の小型犬は骨密度が低く骨折しやすい犬種も多いですが、骨密度が高くガッシリした筋肉質な体型が特徴の柴犬は元気いっぱいに野山を駆けまわる事ができますよ。

5.遊ぶことが大好き

独立性が高い事が特徴の柴犬ですが、群れでの生活を基本としており主人をリーダーとして認識させる事で、主人にのみずっと子どものような無邪気な性格で居る個体も少なくありません。

主人に構って貰って遊ぶ時間は幸せな瞬間とも言えますね。

おもちゃなどで遊ぶことも好き

単純に散歩するのも好きですが、おもちゃを使って遊んで貰うのも勿論大好きなのが柴犬です。

特に、目の前の物を無意識においかける習性があるのでボール遊びが大好きで、何度でも「投げて」とボールを運んで見上げてくる姿は堪らないものがありますよね。

6.顔がかわいい

柴犬の顔には、他の犬種にはあまり見られない頬肉がたっぷりついているのも特徴です。

その為、柔らかく丸っこい可愛らしい顔立ちをしている事が多いですよね。

主人に忠実でなされるがままだとは言え、無防備にびよーんと頬を伸ばされている顔は思わずシャッターボタンを押したくなる程可愛らしい表情として人気です。

つぶらな瞳に凛々しい顔

柴犬が好きな方は、特に二面性のある成長過程が愛おしいという事で柴犬を選ぶ事も少なくありません。

幼犬期はコロコロの大きな瞳が目立ってぬいぐるみのような可愛さを持っているのにも関わらず、成犬期へと成長すると目元もキリリと凛々しくなり顔立ちがスマートでカッコイイ印象に変わっていきます。

「かわいい」と「カッコイイ」の両方を楽しめるのも柴犬の胸キュンポイントと言えますね、

7.見ていて癒される


ペットは勿論、見ているだけで癒されるような個体が殆どですがその中でも柴犬の癒しパワーは強烈なものがあります。

主人の前で良い恰好しようとしてキリリとしている姿もあれば、油断して溶けるように寝そべっている姿も見せてくれたりと表情がコロコロ変わるのが大きなポイントではないでしょうか?

柴犬の魅力は感情表現豊かな姿にも隠されているようですね。

柴犬独特のかわいさ

洋犬は見るからに可愛らしい顔立ちをしていたり、珍しい毛色をしていたりする事がありますが、柴犬は日本古来の犬として見慣れているような所もありますよね。

だからこそ「媚びない可愛さがある」と言う柴犬を飼っている飼い主は少なくありません。

武士のように、恩義に忠実で一度リーダーと決めた相手を徹底的に慕う姿や、時たまドジをして見せる可愛い失敗がたまらなく可愛いようです。

昔から見慣れている柴犬だからこその可愛さは洋犬の可愛さにも全く引けを取りませんよ。

8.勇敢な姿勢

柴犬は多頭飼いする際に、しっかりと上下関係を作り群れとして機能させる事が大切だと言います。

その為、群れのリーダーはしっかりと組織を統括して敵が現れれば群れを守る為に戦う勇敢な姿勢も見せてくれますよ。

強いものにも立ち向かっていく勇気がある

好奇心旺盛で忠義心警戒心と共に強い柴犬は、自分よりも強いものにも怯まず立ち向かっていく勇敢な性格の個体が多いと言われています。

番犬として重宝されていたのは、この性格である事が一番大きな理由と言えますね。

泥棒や不審者が家の近くに露われると歯をむき出して吠えて不審者の情報を主人に伝えようとしてくれます。

更に、その家の子どもなんかを散歩中に出会った野良犬から助けてくれるようなエピソードもよく耳にしますね。

9.感情がすぐに表に出る

犬は尻尾で喜怒哀楽を表現すると言いますが、柴犬の飼い主さんは顔を見れば気持ちが分かるという人も少なくありません、目元や口元で笑ったり喜んだりと表情が分かりやすく勿論怒った時や悲しい時にも直ぐにわかりますよね。

特に、柴犬の愛らしい満面の笑みはずっと見て居られる位に可愛らしいものです。

喜怒哀楽が分かりやすくてかわいい

柴犬や顔で喜怒哀楽が分かりやすいのも勿論ですが、その他にも感情がハッキリと出ていて尻尾や全身で感情を表現してくれますよね。

中には不貞腐れてしまっている事すらも良く分かる個体も居ます。

コロコロ変わる表情豊かな柴犬は、我が子のようであり友でありパートナーのように意思の疎通を感じあえる事も大きな魅力です。

10.ギャップがある

キリっとしていて真面目そうな外見の柴犬ですが、実は性格的にやんちゃで子供っぽい所も多く主人に忠実な部分を持ちつつも、抜けている所やドジな部分がまた可愛らしいと人気が高いです。

真面目で中性的「自分に与えられた任務は最後までやり通す」といった武士っぽい見た目と中身は結構ギャップがあって、笑わずにはいられない部分が少なくありません。

仰向けで寝ることも

心を開いた主人の前だと、無防備な姿をさらしてくれる柴犬ですが近頃は室内飼いされるケースも増えている為、快適な室内で仰向けになってダラーンと横になっている寝顔なんかもSNSの動画やテレビなどで話題になっていますよね。

中には、きれいにベッドに入って布団までかけて横になっている個体までいます。

室内飼いだと余計にそのギャップが目立って、毎日の生活が笑いに溢れたものになりますよ。

柴犬のチャームポイントは?

存在が可愛らしく愛らしい柴犬ですが、様々なチャームポイントを持っており「柴犬のここが好き」という柴犬フェチの人までいます。

飼っていなくても見た目で分かる柴犬のチャームポイントはこんな部分なのです。

つぶらな瞳

柴犬の大きな魅力の1つとして人気の高いつぶらな瞳は、目が合った相手を瞬時に虜にする可愛さがあります。

黒目がちで大きな目がキリっと釣り目がちになっている個体も居れば若干垂れている個体もいて、その魅力も様々と言えるでしょう。

顔周りの毛は短く表情がハッキリとしているので柴犬をペットとして迎える際に、目を見て選ぶ人も少なくないようですよ。

小さい体

小振りな柴犬の体は見た目以上に筋肉質でパワフルである為「本当は大型犬を飼いたいと思っていたけど、大きすぎると家の事情で飼えないから柴犬にした」という人も中にはいるようです。

小さい体にギュッと詰められたパワーを愛している柴犬飼いの人も多いそうです。

凛々しい態度

独立心が高く、誰にでも媚びる訳では無い凛々しい姿は柴犬だからこそ味わえる可愛さとも言えるのではないでしょうか?

誰にでも尻尾を振る犬ではなく、普段はクールで素っ気ない顔をしているのに主人を見るとクールな仮面が見事に崩れ去りはち切れんばかりに尻尾を振る姿は本当に愛おしく思えますよね。

癒される顔

横から見ると、とても凛々しい柴犬の顔立ちですが正面から見ると何とも堪らない愛らしい癒される顔立ちをしています。

特に子犬の頃は輪郭も丸々としていてとても可愛らしく、タヌキ顔の個体は大きくなってもどこか笑っているかのような笑顔を見せてくれる事も多いですよ。

忠誠心

日本犬特有の忠誠心は、海外でも人気が高く主人に忠実な犬として代表的な「忠犬ハチ公」なんかが日本柴犬の代表のように取り上げられていますよね。

主人を群れのリーダーとして服従を誓う柴犬だからこそ、日本人に長く愛され良き友としてこれからも過ごしていけるのでしょう。

柴犬ってどんな毛色がいるの?性格は変わる?

人気犬種のトイプードルなどは、様々な毛色の個体が存在して色によってもざっくりと性格が分かると言われていますよね。

柴犬と言えば赤茶の毛色を見る事が殆どですが、その他の毛色も存在するのでしょうか?そして毛色ごとの性格の違いはあるのでしょうか?

そんな疑問にお答えしていきます。

柴犬の毛色はざっくり分けると4種類

柴犬には、最もポピュラーな赤茶の他にも白、黒、胡麻の4種類の毛色が存在して厳密にいうと胡麻も赤胡麻と黒胡麻に別れます。

胡麻色というのは、様々な色が混ざったような色でとても珍しい毛色とされています。

そして、白や黒に関しても柴犬全体の割合で言うととても希少な毛色であると言えますね。

よく意識して街中の柴犬を見てみると、出会う柴犬の殆どが赤茶である事が分かる事でしょう。

どうして赤茶以外の毛色は少ないの?

日本犬の中でも殆どを締める柴犬ですが、過去に絶滅の危機に瀕した事があります。

その際に、柴犬を絶滅させていまわないように全国の柴犬ブリーダーが力を合わせて繁殖を行ったと言われています。

折角の日本犬の本来の血筋を色濃く残す為に、純血として赤茶同士を交配させる事を主とした為に現在の柴犬の毛色は殆どが赤茶であると言われています。

白、黒、胡麻は赤茶同士を交配させた際に偶然生まれてきた毛色である事が殆どなのです。

毛色による性格の違い

殆どの柴犬が赤茶であるので、ここで紹介した性格は赤茶の毛色を持つ柴犬の性格と言っても良いでしょう。

殆どが、同じ性質を持っていますが、ほんの僅かの性格の差が毛色によって出て来るそうです。

黒柴はやんちゃ

黒の毛色を持つ柴犬はやんちゃで子供っぽい性格を持っている個体が多いそうです。

体付きとしてもやや小振りな事が多く、室内で飼いたい人に人気なのも頷けますね。

白は大人しい

白い毛色を持つ柴犬は比較的穏やかで大人しい性格の個体が多い様です。

お年寄りや子供でも飼いやすいと言われていますね。

胡麻は個体による

色んな毛色が混ざった胡麻の毛色には、これといって性格の特徴は無いのだそうです。

全ての要素を持っている為、ある意味当然の結果とも言えますね。

どの毛色も基本的には主人に忠実

どの毛色の柴犬を基本の性格は、これまで解説してきた通りです。

ほんの僅かにそれぞれの性格に傾向がある、位の認識でいる位の方が間違いが無いと言えるでしょう。

柴犬の毛色は年齢と共に変わる?

実はあまり知られていないのですが殆どの犬は時間の経過と共に毛色が変わって来る事が少なくありません。

それは柴犬も一緒です。

しかし、赤茶から黒に変わったりする事は無く、殆どの場合が元の毛色から段々と色が薄くなっていく程度です。

ただし、白柴に至っては元から毛色に色素が無いので色が変わる事はありません。

柴犬が飼いたい!柴犬をお迎えする時に気を付ける事は?

たくさんの魅力が詰まった柴犬をいつか家族としてお迎えしたいと思っている方も少なくないのではないでしょうか?

基本的には飼いやすいと言われる柴犬ですが、もちろん生き物ですから躾を間違えてしまったり柴犬の性質を理解していない飼い方をしてしまうと愛する愛犬を不幸にしてしまう事にもなりかねません。

柴犬を家族としてお迎えするなら、こんな事に気を付けてあげましょう。

柴犬は運動量の多い犬種

本来、外飼いされていた事もあり柴犬はとても運動量の多い犬種である事をよく理解しておきましょう。

しっかりと体を動かしてあげる事で、身体的にも精神的にも健康な状態を保ってあげられるので自分自身があまり散歩にしっかりと連れ出してあげられない方にはあまりオススメしません。

ドッグランでしっかり運動させたり、毎日長めのお散歩を心がけましょう。

運動量が足りないと無駄吠えの原因に

本来運動する事が大好きな柴犬は、運動量が足りないととてもストレスに感じてしまいます。

躾もしやすく無駄吠えもしにくい柴犬ですが、運動不足からくるストレスが原因で無駄吠えしてしまう事が度々あるようです。

換毛期には入念なお手入れを

柴犬のお手入れはとても簡単です。

しっかりとした換毛期があるのでトリミングなどは絶対に必要という訳ではありませんが、厚い夏の時期などはサマーカットされている柴犬も珍しくありません。

基本的にはシャンプーとブラッシングだけのお手入れでも十分と言われています。

しかし、元々毛が多いので換毛期にはしっかりとブラッシングでお手入れをしてあげないと、不衛生になり皮膚病を引き起こしてしまう事もあるので注意してあげましょう。

環境には強い

日本で昔から飼われてきた柴犬ですから、日本の暑さにも寒さにも強く対応できる個体が殆どです。

しかし、近年記録的な猛暑や大寒波に見舞われる事も少なくありません。

外飼いなら日陰に移動できるようリードを調節してあげたり、寒ければ毛布を与えたり室内に入れたりという配慮はしてあげたいものですね。

もちろん、完全に室内飼いにする事も可能ですがその際はどうしても運動不足になりがちなので、その点を意識しましょう。

主人をリーダーと認識させる

柴犬は忠犬のイメージが強いですが、それはキチンとした躾で家族を群れとしたならば主人がリーダーであるという事を理解した場合のみです。

主従関係をしっかり作れなければ、最も手の焼く存在になると言っても過言ではないでしょう。

家族として迎えるので、可愛がって甘やかせたくなる気持ちも分かりますが、怒る時にはしっかりと躾をして柴犬に自分の立ち位置を理解させる事がとても大切なのです。

適切な距離感を保つ

柴犬は頑固で独立心の強い犬種なので、番犬として昔から重宝されてきましたが近頃のペットに求められるのは番犬よりも愛玩犬であると言っても良いでしょう。

常に傍に寄り添って可愛がりたいと思っている飼い主さんも少なくありませんよね。

個体によって差がありますが、多くの柴犬は構われすぎる事を嫌う傾向にあります。

主人と程よい距離感を保ち服従する事の方が柴犬には向いているとも言われています。

室内外で常に一緒に居たいと思う人は柴犬を迎える事を良く考えてみた方が良いかもしれません。

幼犬期には、ほぼ付きっきりになる

柴犬は躾に関して賢く、飼い易いと言われていますが、それは幼犬期にしっかりと的確な躾をしていけた場合に限ります。

本来頑固な性格なので、幼犬期には中々手を焼く事も多い事でしょう。

幼犬期の間にしっかりと躾を出来れば、その後教えられた事を忠実に守れる柴犬ですが、正しい躾がされないまま成犬になってしまうとまず素人の手で躾直す事は不可能と言われています。

幼犬期には、しっかりと一緒に過ごして躾をしてあげましょう。

柴犬が可愛いブログ

柴犬を飼いたいけれども、様々な事情で飼う事ができない人も少なくありませんよね。

そんな人におすすめなのが、可愛い柴犬の魅力を発信してくれるペットブログです。

ブログで特に人気の柴犬をご紹介していきます。

かぼすちゃんとおさんぽ日和

元々、廃業したブリーダーの元から保護された保護犬だった「かぼすちゃん」殺処分を待つ運命はある日とっても優しい飼い主さんと出会えた事で一転したようです。

ちょっとタヌキ顔な赤毛のかぼすちゃんのまったりゆるい毎日がブログで発信されており、癒される事間違い無しです。

特にかぼすちゃんは他にも猫3匹と同居中です。

柴犬好きにも猫好きにも嬉しい癒しがたくさん詰まったブログですよ。

写真集やカレンダーも発売されている程、ブロガーさんの写真テクニックが高いので、柴犬かぼすちゃんと猫たちの可愛い表情や仕草を余す事なく堪能できます。

ブログURL:かぼすちゃんとおさんぽ日和

豆柴小夏通信

大人気の豆柴「キャサリン」の日々を記録したブログです。

ちょっと垂れめで愛嬌抜群の笑顔だ得意なキャサリンは見ているだけで、こちらも自然と笑顔になってしまいますよ。

今年で12歳のキャサリンですが、無邪気で可愛い幼犬期もシャッキリ活発な成犬期もまったり過ごしている現在も全部が可愛い魅力的な柴犬です。

飼い主のブロガーさんは、ほぼ毎日ブログを更新しているので読み応えも抜群です。

脱力系笑顔がチャームポイントのキャサリンの日常を覗いてみてはいかがですか?

ブログURL:豆柴小夏通信

晴れたらいいね

柴犬の中でも特に人気の高い黒柴の「蓮」が主役のこちらのブログは、飼い主さんの写真テクニックがとても高くて蓮の日常を切り取った様々な写真はすごく味わい深く素敵なものばかりです。

ご主人様に忠実な蓮はモデルとして、しっかりポージングしている場面も多く完全に躾されていいるお利口さんな蓮に関心する写真もしばしばあります。

凛々しい黒柴の魅力が十二分に詰まっているブログですよ。

ブログURL:晴れたらいいね

柴犬めろんの日記

柴犬の中でも希少とされる黒胡麻の「めろん」は黒と赤茶が入り混じった毛色が特徴的で、お顔立ちもとってもキュートな男の子柴犬です。

キリリと吊り上がった目と珍しい柄も相まって一度見たら心を鷲掴みにされる事間違い無しのイケメン柴犬でもあります。

メインの更新はインスタグラムなので、時には可愛いめろんの動画を拝見する事もできますよ。

これはフォローするしかありませんね。

ブログURL:柴犬めろんの日記

可愛い柴犬に癒される♡

いかがでしょうか?柴犬を家族にお迎えしたくなってきませんか?

たくさんの魅力が詰まった柴犬ですが、もちろん可愛いだけではありません。

主人がしっかりと世話をして、躾をしてやる事でお利口で愛らしい存在になるという事を忘れてはいけませんね。

もし柴犬の魅力に骨抜きにされて家族としてお迎えしようと思うなら、その一生を愛してやる覚悟を持ってお迎えしてあげて下さいね。

そうすれば、柴犬は全力の愛と癒しで主人に応えてくれますよ。