あなたは動物が好きですか?

それともあまり動物には興味がないでしょうか。

動物の可愛らしさに引かれる人は少なくありません。

動物の目の大きいところは、人が可愛いと思うようなポイントですよね。

また、動物の愛らしい純粋な様子は人の母性や父性をくすぐるものです。

動物のモフモフしたところも、人の疲れた精神や荒んだ心を癒してくれるものだと言えるでしょう。

特に、犬は昔から人間の傍にいてくれる動物だと言います。

その忠実なところ、人間を大好きになってくれるところなどは、人間の心をしっかりと癒してくれる存在でしょう。

可愛らしい犬の魅力は、愛好家に聞いてみると尽きることがないのではないでしょうか。

いつの間にか「我が子自慢」にもなってしまいそうですよね。

犬に対する人間の愛情は尽きません。

それでは、人間は犬のどんなところに引かれるのでしょうか。

犬の可愛いところとはどのようなところにあるのでしょうか。

また、これから犬を飼おうと思って行人におすすめできるような、可愛らしい犬種には何があるのでしょう。

可愛らしい犬について詳しく見てみることにしましょう。

可愛い犬って癒されますよね♡

 犬は古来から人間の傍にいると言われてきました。

人間の古くからの友達と言われているのです。

どの地域にも可愛らしい犬に引かれる人はいますし、どんな地域においても犬をパートナーとして扱っているところが多いのではないでしょうか。

例えば、氷一日の中では橇を引いてくれるパートナーになりますし、狩猟をする地域でも人間の手伝いをしてくれます。

牧羊犬のような存在もいて、仕事を手伝ってくれますよね。

また、その鼻を活かして災害救助などに協力してくれる犬もいます。

もちろん、自分の家族の一員として可愛がっている人も少なくないでしょう。

可愛らしい犬の様子に心を癒されている人が多いのです。

可愛らしい犬の様子を見ていると、自分が疲れていたことなど忘れることもできるのではないでしょうか。

 犬はとても人間に忠実だと言われています。

だから、人間にとってはとても可愛らしい存在であると言えるのではないでしょうか。

猫も人間に勝笑いがられていますが、その気まぐれなところがあまり好きではないという人もいますよね。

犬派の人にとっては犬が純粋でまっすぐな愛情を向けてくれるところこそが可愛らしいのでしょう。

それほどまでに慕ってくれるような存在は、なかなか人間では探すことができませんからね。

一度犬の魅力に夢中になってしまうと、なかなかそこから抜け出すことができないはずです。

抜け出すということは、まっすぐに向けてくれる愛情を失うのと同義だからです。

可愛い犬のカワイすぎる瞬間とは!?

 犬はとても可愛らしいものですが、それでは、人間は犬のどのような瞬間に引かれるのでしょうか。

可愛らしい犬の可愛すぎるような瞬間を見てみることにしましょう。

こんな瞬間の犬を見てしまえば、犬派ではなかった人でも、つい犬のことを好きになってしまうに違いありません。

誰もを魅了する犬の可愛すぎる瞬間を集めてみました。

尻尾を振って近寄ってきたとき

 人間は犬の気持ちが完全に分かるわけではありませんが、尻尾を振っているのは喜んでいるときだということは分かりますよね。

自分の飼っている犬が、尻尾を振って自分の方に近づいてきたときには、本当に可愛いと思ってしまうものなのではないでしょうか。

人間ではそこまで素直に愛情を表してくれませんよね。

尻尾を振って近寄って来る犬は、その尻尾の振り方で人間に対する愛情を伝えてくれます。

餌をあげるときに愛情を示してくれるだけではなく、自分に甘えに来た犬が尻尾を振って尻尾を振って近寄って来てくれている様子を見ると心の中が癒されていくのを感じるでしょう。

そこまでの愛情と絆があることが嬉しいですよね。

帰ってきたとき玄関でお出迎え

 返ってきたときに玄関までお出迎えしてくれるような犬もいます。

犬はモノ言うことはできませんが、そういった様子からは「お帰り」と言ってくれているような気になりますよね。

また、しっかりと迎えに来くれる様子は、どこか人間への忠実な愛情を感じます。

疲れた返ってきたときに、大好きな犬のお出迎えを最初に見ると、思わず抱きしめたくなるような愛おしさを感じるのに違いありません。

また、家を出るときの切なさそうな顔に愛情を感じる人もいるようですね。

それは当たり前ですよね。

自分が家からいなくなってしまうのを悲しんでくれる人など、なかなかいるわけではありません。

仕事に行く姿を見て寂しそうな顔をして、帰ってくると尻尾を振ってお出迎えしてくれる様子を見ると、犬を飼っていて良かった思えるに違いありません。

おもちゃをくわえて寄ってくるとき

 おもちゃを咥えて寄ってくるときの犬の顔が可愛いという人も多いでしょう。

ただおもちゃを咥えて寄ってくるだけなのに何が良いのと思っている人もいるかもしれません。

ですが、そうしたシーンでは、犬はとても期待に満ちた目をしていることが良くあります。

遊んでほしいと訴えていることがよく分かるような顔をしているのです。

それがまるで、無邪気な子供用で可愛らしいと思ってしまうのですね。

お気に入りのおもちゃを自ら持って来るところが、何となく健気で、それでいて遊ぶのを期待するのをやめられない子供っぽさが可愛らしくて、つい、自分がしていることを放りだして遊んでしまうという飼い主も多そうです。

上目遣いで見つめられたとき

 犬の方が身長が低いから当たり前と言えば当たり前なのですが、上目遣いで見られることに人はとても弱いですね。

そもそも人間は、顔に対して目の面積が大きいものを可愛いと思うように作られています。

これは遺伝子レベルでの話です。

なぜかというと、赤ちゃんを可愛がるためです。

赤ちゃんは目がとても大きいですよね。

この赤ちゃんに大して「愛おしい」と思う生理的な特徴があるので、人間は赤ん坊を守ろうと思うようになるのです。

上目づかいでこちらを窺うようにのぞき込んでくる様子は、人間でも可愛いと思うのですから、動物の無邪気な目で見られては、可愛いと思わないわけがないでしょう。

特に、こちらを窺うようにしているときには、心配しているようにも見えてしまい、ちょっと嫌なことがあった日などは、その犬の表情が身に染みてしまうのではないでしょうか。

無防備な姿で寝ているとき

 動物は基本的にはとても警戒心が強いものです。

人間は本能に逆らって生きているものではありますが、すべての動物がそうなわけではありません。

人間と比べるとやはり、犬の方が野生に近いところはあるでしょう。

例え、飼い犬から生まれた子犬であったとしても、警戒心は人間よりもずっと強いはずです。

寝ているときというのは、一番自分が弱い状態になってしまっているので、信用している相手以外には動物は無防備に寝ている姿は見せないはずなのです。

そんな本能を持った動物が、自分の傍で無防備な姿で寝ているのを見たときには、感動に近い思いを抱く人も少なくないでしょう。

安心しきった寝顔もとても可愛いものですから、動物の寝顔を見ているときにはいつまでも眺めていられるという人も多いでしょう。

お手やおすわりの瞬間

 お手やお座りを仕込んでいる人も多いでしょう。

芸を仕込んでいるというと悪いことように思えますが、しっかりと犬のしつけをしておくことは大切ですよね。

あまり犬にとっては居心地の良いものではないと分かっていながらも、人間の命令をきちんと聞いてくれるお行儀のよい姿を見ると可愛くて仕方ないと思えるのではないでしょうか。

人間でも、よく言うことを聞いてくれる子は「良い子」として、思いきり可愛がりたくなってしまうでしょう。

そうして、お手やお座りをしてくれているときには、厳しい顔をしながらも、思わずすぐに褒めてしまいたくなってしまうのに違いありません。

躾を受けて命令を聞いてくれるというのは、犬が自分のことを信頼してくれているという証拠でもあります。

きちんと言うことを聞いてくれるというのは本当に嬉しいですよね。

美味しそうにご飯を食べているとき

 人間もそうですが、おいしそうにご飯を食べているところを見ると、思わず可愛いと思ってしまうに違いありません。

特に、贅沢なご飯を用意した時に、嬉しくて尻尾を振りながら食べているところを見ると、高い餌を買ってよかったと思えるでしょう。

ご飯を食べているところの可愛らしさは、日に何度も見ることができますが、そのたびに可愛いと思ってしまうのは飼い主バカというやつかもしれませんね。

何でも可愛いと思ってしまうような飼い主なら、犬が好き嫌いをして、嫌いな餌を残しているところを見ても可愛いと思ってしまうに違いないのです。

「この子は全く」と言いながら、口元が緩んでいる全国の多くの飼い主の姿が目に浮かびます。

外で走り回っているとき

 外で走り回っているところを見ると、やはり普段は感じなくても、野生に近い動物なのだなということを感じるのではないでしょうか。

犬の筋肉や、そのスピードを見ていると、家の中でじっとして愛情を向けてくれるのが不思議にも思えてくるでしょう。

また、走り回っている姿があまりにも楽しそうで、幸せそうな顔を見るのが飼い主にとってお幸せにもなりますよね。

そうして走り回った最後に飼い主の方に来てくれるのなら、それも幸せなことでしょう。

外での姿は、思わず写真に撮りたくなってしまうこともあるでしょう。

自分だけに懐いてくれたとき

 ずっと昔から育てていると、自分だけに懐いてくれるということもあるのではないでしょうか。

犬は愛情深い存在ですから、自分に愛情を一番にかけてくれる人のことはきちんと分かっているでしょう。

ですから、他の人には見られないような愛情をしっかりと返してくれているはずです。

そのことが分かっていたとしても、実際に言葉で言ってくれるわけではないのがもどかしいところですよね。

ですが、例えば、他の人が呼んでも来ないのに、自分が読んだ時だけは来てくれるというよなことがあれば、それは愛情の深さを表していますよね。

そういったときには「大好きだ!」と思ってしまうでしょう。

自分からリードを持ってきたとき

 犬によっては、散歩に出たいときに自らリードを持ってきてくれることもありますよね。

リードに繋がれるのは犬にとってはとても窮屈で嫌なことのはずなのに、それを自ら持ってきてくれるというのは嬉しいことではないでしょうか。

それだけ、飼い主のことを信頼しているということでもありますし、それほどまでに散歩に行きたいと思っているところを見ると、その楽しさがこちらにまで写って来そうな気がするものです。

自分からリードを持ってきてみ挙げられると、散歩まで待っていてね、とは言いにくくなってしまいますよね。

もしかすると、そうしてくれるということを分かっていてやっているのかもしれません。

そうだとすればとてもあざといように思えますが、そうしたあざといところも可愛らしいのではないでしょうか。

ピョンピョン飛び跳ねているとき

 ピョンピョン飛び跳ねて興奮しているところもかなり可愛いですよね。

犬はどこか落ち着いていて、人間につき従っているような様子もありますが、やはりテンションが上がって飛び跳ねてしまうこともあるのです。

家の中ではあまりないかもしれませんが、散歩に連れ出してみると、隠しきれない喜びにはち切れんばかりになっていることもあるのではないでしょうか。

素直にまっすぐに楽しいと思っているところを見ることができるのは、人間関係に疲れた人間にとっては、心の癒しとなる存在ですよね。

また、そうやって飛び跳ねているところを見ると、普段はぼうっとしているように見えるような犬であったとしても、動物としての本能を持っていることを再確認させるようで、何だか楽しい気分になる方も多いでしょう。

他の犬とじゃれているとき

 ほかの犬とじゃれている様子を見るのも、最高の瞬間ですよね。

犬好きな人にとっては、絶対に可愛いと思うに違いありません。

大好きな犬が他の可愛らしい犬とじゃれているのを見ると、相乗効果で可愛らしさがさらに上乗せされるように思えるでしょう。

犬には様々な個性がありますし、一党でいてももちろんかわいいには違いないでしょう。

ですが、他の犬とじゃれているようなところを見ると、可愛らし差が二倍にも三倍にもなるのです。

それを見ていると、幸せという言葉が思い浮かぶのではないでしょうか。

大人しく座っているとき

 大人しく座っているときにも、やはりかわいいと思ってしまうに違いありません。

お座りをしたときに、人間の「よし」を待っている顔はとても可愛らしいものです。

待てと言われているのに、それでも待ちきれずにじりじり動いてしまうところや、座っているのに尻尾がぶんぶんと振られていて、人間の命令を待ちきれないように相手の顔を覗き込んでいるところなどを見ると、愛情がこみ上げてくるでしょう。

大人しく座っているだけでも可愛らしく思えるのですから、そう思えるようになったら、もう完全に犬の可愛らしさの虜ですね。

寝ているときに布団に入ってきたとき

 寝ているときに布団に入ってくる犬もいるのではないでしょうか。

一緒に寝るようなことはしないと言っていても、その言いつけを破って入ってきてしまう犬もいるはずです。

特に寒い日などには、普段は入ってこない犬でも、いつの間にか一緒に寝ているということがあるのではないでしょうか。

もしくは寝ようとしているところに、入ってくるに違いありません。

そこで甘えるように「クゥーン」と鳴かれてしまったら、普段のしつけなどどうでも良くなってしまいますよね。

大型犬になって布団に入りきらないような状態になってしまっても、入ってくる犬の姿を見ていると、思わず愛おしさが生まれるに違いありません。

添い寝をしてくれているようにも見えますし、人間に甘えてくれているようにも見えますよね。

そんな姿を見ていると、本当に愛情を持ってくれているということが分かって嬉しいでしょう。

泣いているときにそばにすり寄ってきたとき

 犬に言葉はありませんが、人間の感情にはとても聡いと言われています。

どうしてわかるのかは分かりませんが、きちんと人間の表情を理解することができるでしょう。

だからこそ、飼い主が落ち込んで泣いているときには、それなりに気を遣うことができるのです。

普通の人間でも下手な人がいる気遣いを犬ができるというのは素晴らしいですよね。

落ち込んでいるときに、物言わぬはずの自分のペットがそっと寄り添って来てくれる時に、可愛いと思わない人はなかなかいないでしょう。

泣いているときでも、その存在に癒されることに違いありません。

可愛くて、「この犬を家族に加えて良かった」と思える存在だということを実感させられるでしょう。

ドジなことをやらかしたとき

 犬はとても賢い動物だとは言われていますが、それでもドジなことは絶対にします。

人間がやってはいけないと言っていることでも、ついしてしまうということがあるのです。

ドジなことをやらかしてしまったときは、怒っていても可愛いと思うことに違いありません。

また、飼っている犬によって、怒られているときの反応が違いますから、そうしたところも、怒りながらつい可愛いと思ってしまうポイントに間違いないのです。

例えば、怒られてしゅんと落ち込んでしまう犬もいれば、飼い主にじゃれて落ち込まないでと訴えてくるような犬もいます。

さらに反省している犬もいるかと思えば、全く悪気のない顔で怒られていることも気にせずに可愛らしい顔を向けてくる犬もいるでしょう。

それぞれの犬の特徴を知ってそれらを可愛いと思ってしまえば、もう真剣に怒ることなどできませんね。

可愛い犬といえば?おすすめの犬種はコレ!

 誰もが自分の飼っている犬が一番かわいいというでしょうが、中には人気犬というものがいます。

犬にもたくさんの種類がありますから、できれば一番かわいいと思うことのできる犬を飼いたいですよね。

これ揶揄おうと思っている方は、ぜひ一番かわいいと思うことのできる犬種を選んでみてください。

また、同じ犬の種類であったとしても、色や固体の差によって全く可愛らしさが違いますから、まずは大まかな分類を知って、それから実際にペットショップに足を運んで素敵な出会いがないか探してみると良いでしょう。

チワワ

 チワワはとても愛らしい顔をした犬種です。

まっすぐで大きな目が印象的ですよね。

また、甲高い泣き声にも特徴があるのではないでしょうか。

小柄でちょっとうるさい男性のことを「チワワ」と表現することもありますが、それはこういったところに表れています。

チワワは小型犬のために、スペース的な問題としてはほとんど何もないでしょう。

世界で一番小さいとも言われていますので、小さな犬が好きな人にとってはとても魅力的なのではないでしょうか。

ただし、とてもやんちゃな性格なので、大人しい性格の犬を求めている人にはあまり向かないかもしれませんね。

ただ、とても愛情深いと言われていますので、相手を思い切り愛してくれるような犬を求めている方にはちょうど良いかもしれませんね。

チワワは短毛のものもいますが、長毛のものもいます。

ダックスフンド

 ダックスフンドというと、胴体が長いようなイメージを持っている方が多いでしょう。

そして、とても身体の高さは低いので、全体的に平べったいティッシュ箱のような体をしているように見えますね。

短い脚で必死に走っている姿がとても可愛らしい犬種となっています。

毛はとても短いものが多いですが、目が大きいので、どこか愛らしい印象抱苦方が多いのではないでしょうか。

ダックスフンドはとても賢い性格をしていますし、人間にも懐きやすい性格です。

ただし、神経質なところもありますので、人見知りをしてしまうところだけは難しく感じてしまうところもあるでしょう。

ポメラニアン

 ポメラニアンを愛している人も多いですよね。

ポメラニアンはどちらかというと穏やかな性格をしている犬種です。

ただし、人間に愛されることを本気で望んでいるので、ポメラニアンを買うことを決めたのなら、本気で愛して上げなければいけません。

人間で言うとメンヘラになってしまう可能性が高い犬種だからです。

外見の特徴としては、どこかするどい印象を与えるような目つきに対して、身体自体は丸っぽい印象を持つ人も多いでしょう。

運動することが好きなので、きちんと散歩に連れて行ってあげることも必要です。

パピヨン

 パピヨンもとても人気がある犬種ですね。

パピヨンはその耳が特徴的です。

パピヨンの耳は、とても長い毛が生えているので蝶々のように見えるのです。

パピヨンという名も底からつきました。

飾りのような毛があるのは耳だけではありません。

胸の部分や尻尾などにも長い毛が着いています。

とても人に懐きやすい性格をしているので、買いやすいですが、気の強いところもあるのがパピヨンの特徴だと言えるでしょう。

飾り毛の部分がとても優雅に見えるので、女性に人気も高いですね。

ただし、その毛をしっかりとケアして上げなければいけないでしょう。

愛情深く育ててあげれば、きちんと相手も愛してくれるものです。

シーズー

 シーズーは毛むくじゃらな印象のある可愛らしい小型犬ですね。

とても人懐こいので、買いやすいことに違いありません。

また、とても賢いところも持っています。

その毛の長さは飼い主の好みによって変えることもできます。

時折、モップほどに毛を長くしているような犬を見かけることもあるかもしれませんが、それはシーズーですね。

そういった毛の長さを保つことは切らないようにすれば難しくはありませんが、その手入れは難しいですね。

しっかりとケアをしてあげなければ不潔になってしまいますし、犬の健康のためにも良くありません。

トイプードル

 トイプードルも人気があるのではないでしょうか。

どこか熊にも似ているような小さな芽と愛らしい表情が人気の理由です。

頭が良いので、買うのはそう難しいことではありません。

トイプードルというと、脚の部分をブーツのように毛を残している犬が有名ではないでしょうか。

このように、毛のアレンジをできるのは、飼い主にとっては面白いところで素よね。

きちんと刈込をしておけば不衛生にもならないですが、きちんとケアをしてあげることは大切です。

毛を駆らないでおくと、ぬいぐるみのような印象を与えるような顔つきになります。

マルチーズ

 マルチーズの名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

白い犬だというイメージがある方も多いでしょう。

その美しい毛が愛好された時代がありましたし、きちんとケアをしてあげなければいけないですね。

自分に愛情をかけてくれた人に対しては、きちんと愛情を返してくれる性格をしています。

ただし、その愛情があまりにも深いので、人間でいえばヤンデレのような状態になってしまうこともあります。

そのため、きちんと正しい教育をしてあげなければいけませんね。

神経質な面もありますので、そういったところは少し育てにくいと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

ヨークシャテリア

 ヨークシャテリアはその名前の通り、イギリス地方で生まれた犬のことを言います。

あまり大型犬ではありません。

元気な性格をしていることが多く、身体はとてもコンパクトな印象を持つでしょう。

賢い性格ではありますが、元気なところがあるので、そこをしつけるのは大変かもしれません。

ヨークシャテリアは飼い主にきちんと愛情を返してくれる犬種となっています。

ただし、あまり甘やかしてしまうと、手に負えない性格になってしまいます。

腕白な男の子のことを思い浮かべると良いのではないでしょうか。

性質としては良いのですが、間違った育て方をするととんでもないことになってしまうのです。

柴犬

 柴犬は日本犬の一種ですね。

どちらかというと小型なので、こちらもあまり、買うのにスペース的な問題は生まれないでしょう。

飼育はそれほど大変ではありません。

愛情深い性格ですし、懐きやすい性格をしているので、初めて犬を飼う方にも問題があまりないというのが嬉しいところなのではないでしょうか。

とても賢く、最近では海外からも人気があるような犬種になっています。

どこか凛々しい顔をしているので、小さな男の子のような印象を抱くのではないでしょうか。

耳が小さいこと、尻尾が丸まっていることが特徴です。

ラブラドールレトリバー

 この中では唯一の大型犬ですが、ラブラドルレトリバーもとても人気の犬種ですね。

やはりチワワなどに比べると、大きいという印象が強い犬であることには違いありません。

ですが、賢いのでスペースの問題がなければ飼うことも難しくないでしょう。

そして、愛情深い性格としているところも魅力的ですね。

他の動物を飼っていても、きちんと仲良くすることができるのも魅力の一つです。

盲導犬として使われることもあるように、きちんとした躾をした上げれば、それほど面倒をかけるようなことはなくなります。

忙しいという方でも、きちんと躾をしていれば、愛情を注いでくれやすい存在になりますよ。

ワンちゃんってほんとにかわいい!

 いかがでしたか?

 一度犬の魅力の取りつかれてしまうと、すぐに飼いたいと思ってしまうのではないでしょうか。

犬の魅力はそう簡単に語ることができるものではありません。

誰もが自分の家で飼っている犬が一番かわいいと思うでしょうし、誰にもかなわないと思っているに違いありません。

そして犬のことはペットとしてではなく、家族として愛しているというでしょう。

それほどまでに愛することができる存在と出会うことができたら、それはとても幸せですね。

一つだけ気を付けてほしいのは、可愛い存在だとは言っても、それは完全にぬいぐるみなどの会話とは違うということでしょう。

確かに「ぬいぐるみのように」可愛いことには違いありません。

ですが、そこには命が宿っています。

犬はものではないのです。

ずっと愛することができるような犬に出会えれば良いですが、その犬が育ったときに、邪魔にするようなことだけはしないで下さい。

確かに子犬の可愛らしさは格別かもしれませんが、成犬には成犬の可愛らしさがあるのです。

ペットとしてではなく、犬を家族として扱うのなら、きちんと死ぬまで面倒を見るようにしてくださいね。

途中で飽きて捨ててしまうような人に、犬の可愛らしさを語るような資格はありません。

そこだけは心して犬に接するようにすることが大切です。

底さえ守っていれば、犬は人間の家族として家族のことを愛してくれるでしょう。

まっすぐで純粋な愛情を向けられると、やはり「可愛い!」と思ってしまうに違いありません。