ペットとして長年愛されている犬や猫。

しかしながら、未だに私たち人間には分からない事がたくさんあります。

可愛い自分の愛するペットの気持ちを知る事ができたらもっと良いと思いませんか。

今回はそんな犬や猫が人間を舐めてくる理由についてまとめてみました。

犬や猫に舐められるのはなぜ?ちゃんとした理由があります

犬や猫と言えば、飼い主に近づいて顔や手を舐めてくる事ってよくありますよね。

一見、愛情表現のようにも見えますが、舐めるという行為には理由がある事をご存知でしょうか。

また、犬と猫とでは舐める理由も異なるようです。

ここからはそんな犬や猫が舐める理由についてご紹介します。

犬が人間を舐める理由

家から帰ってくると、一目散に飼い主ところまで駆け寄ってきて、顔をペロペロと舐める犬の姿は何とも可愛らしく、犬を飼っている家ではよく見られる光景ですよね。

このように、犬が人間に対して舐めてくるのは一体どんな理由があるのでしょうか。

以下を参考に見ていきましょう。

群れの仲間同士の挨拶

これまでの研究によって、犬の祖先はオオカミであるという説が有力とされています。

オオカミと言えば、群れをなして生活をするという習性を持っている事で知られていますよね。

そんな群れの生活の中で、仲間同士の挨拶としてお互いを舐める事があります。

これは、仲間同士の挨拶のようなものであり、相手を仲間だと認めている証拠でもあります。

そんなオオカミ特有の群れの仲間同士の挨拶が、現代の犬にもしっかりと受け継がれているのです。

愛情表現

自分と同じ仲間同士で認めているという事は、同時にそれは愛情表現にもなります。

犬だって仲間と一緒にいるのはやっぱり嬉しいと感じるものなのです。

犬にとって舐めるという行為は、一番分かり易い愛情表現の方法なのです。

こうして考えてみると、ペットの犬の表情も喜んでいるように見えるのもうなずけますよね。

リーダーに尊敬

オオカミは群れを統率する最も力を持ったリーダーが存在し、他のオオカミたちは自分より強いリーダーのオオカミの顔を舐める事で、敵意を持っていない事を示していたのです。

こうする事によって仲間同士で争う事も無く、オオカミは群れとしての調和を保ち続けているのです。

そんなオオカミの習性が現代の犬にも名残となっており、人間の家族や飼い主の事を自分よりも強い相手だと認めた場合、顔を舐めるのです。

つまり、犬が人間の顔を舐めるのは、敵意が無い事、信頼している事の証という事なのです。

そう考えると、ペットの犬の事が益々愛おしくなってしまいますよね。

犬が舐める場所によって意味が異なる?!

犬は色々なところを舐める姿をよく目にしますが、人間の体の中でも舐める場所によってそれぞれ意味が異なるという事をご存知でしょうか。

ここからは犬が舐める場所とその意味についてご紹介します。

手は分析

犬は人間の顔だけでなく、手を舐めてくる事もよくありますよね。

これは愛情表現の意味でもあり、飼い主や家族など慣れている人間に対して、おやつやご飯をおねだりしている時に見られる行動の一つです。

普段からそのような食べ物を人間の手から与えられる事が多いので、自然と手を舐める犬は多いのです。

また、叱られた後なども飼い主や家族などの慣れている人の手を舐める場合もあります。

こうする事で、謝罪や反省をしている事を伝えているのです。

しかしながら、知らない人間の手を舐める場合は、挨拶をしながらも、同時にその相手の事を分析している可能性があります。

子の人間は自分に対して敵意を持っていないか、危害を加えたりしないかと確認しているのです。

特に、元々怖がりな犬は警戒心が強い為、知らない相手に急に体を撫でられたり、抱きかかえられたりした時などでも手を舐める事がありますが、心の中では不安な気持ちになっている可能性があるので注意しましょう。

脚や体は怪我を治そうとしている

もし、犬が自分の脚や体を舐めているところを見かけたら、それはもしかしたら怪我を治そうとしているのかも知れません。

怪我をしているところを見つけると、舐めて汚れを落とそうとするのは犬の本能による行動の一つです。

また、怪我をしてない場合でも、体に違和感がある時にも同じような行動を見せる時があります。

散歩をしている時などに、突然犬が自分の脚や体を舐めるような事をしていたら、犬の体にどこか異常がないか見てあげましょう。

特に犬の体の中でも脚は怪我をしやすく、脚の指の間に石などが挟まってしまったり、肉球の部分にトゲやガラスの破片などが刺さってしまう事もあるので注意が必要です。

また、怪我をしているわけでもないのに、同じところを何度も舐めるような時もあります。

これは犬が何か不安に感じている事があったり、ストレスが原因である場合があります。

特に前脚を頻繁にそれも長い間舐め続けているほど、ストレスを感じている可能性が高くなります。

放って置くと、舐めている部分の毛が抜けてしまったり皮膚炎などになってしまいかねないので、早めに病院で診てもらいましょう。

人間の脚を舐めるのは遊びたいから

犬が人間の顔や口の周りを舐めてくるように、人間の脚を舐めてくる事もよく見られます。

ほとんどの場合、この時の犬の気持ちは遊んでほしいと思っていると言われています。

できるだけ構ってあげましょう。

また「早く!早く!」と言わんばかりに、人間の服を噛んで引っ張るような行動も犬にはよく見られますが、これも遊んでほしいという気持ちの表れです。

しかしながら、服が破れてしまっては困ってしまいますし、一度癖になると何度もせがんでくるようになってしまうケースもあります。

そのような場合は、犬をしっかりとしつけるようにしましょう。

そうすればきっと犬も分かってくれるはずです。

地面や床は物色

地面や床をクンクンと匂いを嗅ぎながら舐めるところもよく見られますが、これは匂いを嗅ぎつけ、何か美味しい食べ物があるのではないかと物色している事を表しています。

犬だけでなく、猫や他の動物にも見られる行動ですよね。

犬は嗅覚以外にも、舐めてその匂いや味を確認する習性があります。

しかしながら、場所によっては口に入れては危険な物が床に落ちている場合もあるので注意しましょう。

また、ワックスなどに有害な物質が含まれている場合もありますし、ゴミなども一緒に舐めてしまうかも知れません。

そのような時は犬が苦手な、お酢や木酢などが入っているスプレーを床にかけておくと効果がある場合があります。

ペットショップでも購入できますが、自作したものでも大丈夫です。

但し、何か物色をしている以外にも、運動不足でストレスを感じていたり、ただ退屈と感じている時にも床を舐める時があります。

心当たりがあれば、是非犬を散歩に連れて行ってあげましょう。

もしかしたら満足して床を舐めるのを辞めてくれるかも知れません。

また、散歩の途中でおしっこを舐めてしまう事がありますが、これはおしっこに含まれるミネラルを摂ろうとしている為です。

しかしながら、ストレスが原因で他の犬や自分の糞も口に入れてしまう事があります。

犬や他の動物の排泄物には犬に悪影響となる成分や、病原菌が多く含まれている可能性があります。

ミネラルはドッグフードなどにも十分含まれているので、なるべくおしっこや糞を舐めさせないようにしつけをしておきましょう。

口や顔はアピール

犬が人間の口や顔を舐めるのは相手に対して愛情表現の表れです。

飼い主の事を自分より立場が強い存在であり、敬意を払っている証拠でもあります。

できるだけ舐めさせてあげましょう。

家に帰ってきた時や、久しぶりに再会した時にも勢いよく駆け寄ってくるのもうなずけますよね。

また、もう一つ考えられる理由として、お腹を空かせている場合も口や顔を舐めてくる事があります。

これは、犬の祖先と言われているオオカミの習性でもあり、子供のオオカミが母親のオオカミの口や顔を舐める事でお腹に入っているエサを吐き出させようとしている行為が名残となっているとも言われています。

こうして考えてみると子供が母親にご飯をせがんでいる姿とどこか似ているように見えるかも知れませんね。

犬にも人間と同じようにそれぞれ性格や癖がありますので、自分のペットに照らし合わせてみましょう。

猫が人間を舐める理由とは?

猫もペットとして多くの人から愛されていますよね。

実際に猫をペットにしている人の中にはなぜ人間を舐めるのか気になった事があるのではないでしょうか。

どんな理由があるのか、以下を参考に見ていきましょう。

信頼

例えば飼い主が家から帰ってくると、差し出した人間の手を猫が匂いを嗅ぎながら舐めてくる事がありますよね。

猫はとても匂いに敏感なので、自分と違う匂いがする事を嫌う傾向があります。

その為、匂いを嗅いだ後に手をペロリと舐めるのは自分と同じ匂いだと確信しているという事であり、そんな飼い主の事を信頼しているという気持ちの表れなのです。

猫のボディチェックは厳しいので、違うにおいがする他人の事はなかなか舐める事はありませんが、舐めてくれたという事は心を開いてくれていると思っても大丈夫なようです。

愛情

猫は同じ匂いのするものを仲間と認識します。

そして、そんな仲間を舐めて更に仲間意識を伝えようとします。

それが猫にとっての愛情表現でもあり、猫にとっても気持ちが落ち着くのです。

猫に舐められるとザラザラしていてちょっと痛いと感じる事もありますが、人間の顔や手を舐めるのも同じ事なので許してあげて下さいね。

また、猫によっては舐め方も様々です。

少しだけペロっと舐めるだけの猫もいれば、しばらく舐め続けている猫もいます。

更に舐めている事でどこかにスイッチが入ってしまい、つい噛んでしまう猫もいますが、決して悪気は無いのでそれも許してあげて下さいね。

におい消し

猫は元々、夜行性のハンターと言われている動物です。

敵に存在を気付かれないようにする為、自分の体を舐めて匂いを消す習性を持っています。

家猫でも、外から帰ってきた飼い主を舐めるのは、自分以外の匂いを消して安心したいという気持ちもあるのです。

また、人間や自分のテリトリーとなる場所や物に対して自分の体や頭をを擦りつけるマーキングには、自分と同じ匂いを付けて安心感を得ているのです。

このように、猫は匂いで色々な物を判断し、時には舐めて嫌な匂いを消しているのです。

たまに、飼い主が猫を撫でた後すぐに、その場所を舐める猫もいますよね。

一見、嫌われているのかなと思ってしまいますが、これも猫の習性なので許してあげて下さいね。

グルーミング

グルーミングとは毛づくろいの事です。

猫を何匹か飼っているという人は、猫がお互いに毛づくろいをしてあげている姿を見た事があるのではないでしょうか。

他にも屋根の上などで野良猫同士が舐めあっているというのもよくある光景ですよね。

このように、猫は仲間同士で毛づくろいをして、愛情表現をしているのです。

毛づくろいをしている時に猫を触っていると、人間の手を舐めてくる事もありますが、これは毛づくろいをしてもらっていると思っているからであり、そのお礼という気持ちの表れでもあります。

このような場合も、信頼関係ができているという証拠であり、違う匂いのする他人には体をなかなか触らせてもくれない事が多いのです。

尚、猫は綺麗好きとも言われているように、毛づくろいをして毛についた汚れや抜け毛を取り除くようにしています。

また、何かに驚いた時などにも自分の体を舐める事がありますが、こうする事によって落ち着きを取り戻そうとしているのです。

猫は人間と違い、汗をあまりかく事がありませんが毛づくろいをする事で、体温調節の役目もあるのです。

かまってほしい

夜中皆が寝静まっている時に、家で飼っている猫が突然人間の顔や体を舐めてきて起こされてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

上の記事でもご紹介したように、人間と違って猫は元々夜行性です。

厳密に言うと野生の猫は夕方と朝方が最も活動が活発になる時間。

獲物となる鳥などの活動が始まる時間でもあり、狩りにはうってつけの時間なのです。

現代の猫もそんな習性が残っている場合があり、つい寝ている人間を起こしてしまう事もあります。

つまり猫の立場からすると元気いっぱいなのでかまってほしいという気持ちの表れなのです。

起こしてくれるのはありがたいのですが、まだ外が暗い内に毎度起こされるのは勘弁して頂きたいものですよね。

一緒に遊んであげれば猫も喜びますが、厄介な事に一度猫がそれを覚えてしまうと、何度も寝ている人間を起こす癖がついてしまう事があります。

その為、起こされたくない時は心を鬼にして相手にせず、寝たふりをしてしまいましょう。

そうすれば猫も次第に諦めてくれるはずです。

仔猫帰り

猫を撫でたりしていると手を舐めたりするだけでなく、飼い主の洋服を舐めてくる事もありますよね。

別に洋服に猫のおやつがついているわけでもないのに、舐めてくるのはもしかしたら一時的に仔猫帰りをしているのかも知れません。

特に、着ている洋服がセーターなどの柔らかい素材である場合は、母親の体の感触と似ていると勘違いする事があり、おっぱいを吸うように前足でモミモミする猫もいます。

また、飼い主の脱いだ洋服などが部屋に置いてあると、猫はその上でしばらく眠ったり、じゃれながら洋服を舐めたりする事もあります。

これは、自分と同じ匂いのする洋服である事が、猫にとってはとても安心している証拠なのです。

尚、どうしても服を舐めたりじゃれて欲しくない時は、猫の苦手な柑橘系の匂いがするスプレーをかけておくとよいでしょう。

でも、あまりやりすぎると舐めてもらえなくなって少し寂しいと感じてしまうかも知れませんので、できれば脱いだ洋服は猫に見つからないところへ閉まっておきましょう。

グルーミングのつもりや獲物と勘違いしている事も

猫は人間の手をよく舐める事がありますが、途中で突然噛みついてくる事もありますよね。

大抵の場合は甘噛みである事が多く、その後にまた舐めてくるような時もあります。

これはグルーミングをする時にも見られる猫の行動の一部で、舐めるだけでなく噛む事もあるのです。

その為、人間の手を噛むのは敵意があるのではなく、むしろ愛情表現に近いものです。

しかしながら、中にはそんな人間の手を獲物を捕らえた時と勘違いしてしまう事もあるようです。

元々、猫は狩猟をする動物ですので、時にそんなハンターの血が騒いでしまうのです。

そうなってしまった時は人間の手を噛んで仕留めたと思い、喜んでいるのかも知れません。

犬や猫に舐められた時の注意点!

犬や猫が人間を舐める理由には、色々な理由がありましたが、やっぱり可愛いペットに舐められるのは飼い主としても嬉しいと感じるものですよね。

しかしながら、そんな可愛いペットでも、舐められた時に注意しなければならない事が幾つかあります。

飼い主として自分のペットの特性を知っておくのはとても大切な事です。

具体的にどんな事に気を付けなければならない事であるのか、以下を参考に見ていきましょう。

病気になるかかる可能性も

犬や猫にはパスツレラ症を発症させる原因となるパスツレラ菌を保有しています。

猫の場合、口腔内はほぼ間違いなく常駐しており、爪の中にも70%、犬の場合は口腔内に70%ほいど常駐していると言われています。

その為、人間が猫や犬に噛みつかれたり、引っ掻かれた時に、その傷口からパスツレラ菌が感染する可能性があります。

また、直接感染のみなので、空気感染や昆虫などの媒介感染などの心配はありませんが、ペットと人間が口移しや、スキンシップで顔を近づけたりした時に経口感染で発症する場合があります。

パスツレラ菌は高齢者や、糖尿病を患っている人など、免疫抵抗力が低い人の日和見感染によって発症する例が多く見られると言われています。

パスツレラ症は犬や猫同士などでは一般的に目立った症状はあまり見られない事が多いですが、まれに死亡してしまう例もあります。

人間がパスツレラ症に感染した場合、一般的には無症状である事も多いですが、パスツレラ症のおよそ6割が呼吸器疾患が起こり、肺炎や気管支炎、重症の場合は髄膜炎になってしまう可能性があります。

そして、パスツレラ症のおよそ3割が犬や猫から受けた咬傷や掻傷が30分から数時間程度経過した後、発赤して激痛を伴い、腫脹を起こしてしまう可能性があります。

その為、ペットの爪は伸び過ぎないようこまめに切ってあげましょう。

ペットと遊んでいる時に、自分の体に傷がついているのを確認したら、すぐに消毒をしてパスツレラ症の疑いがあれば早めに病院で医師に相談をするようにしましょう。

赤ちゃんには舐めさせない

赤ちゃんがいるご家庭でペットを飼っている場合は、ペットに予防接種を必ずしておくようにしましょう。

成人と比べて赤ちゃんは肌がデリケートであり、免疫力も低いので犬や猫が持っている細菌を赤ちゃんに感染させてしまう可能性があります。

赤ちゃんのいる部屋は常に清潔に保っておくようにしておきましょう。

床に落ちているペットの毛にはホコリや、ノミなども混じっている可能性もあり、免疫力の弱い赤ちゃんにはアレルギーやぜんそくを起こす原因になりかねません。

また、赤ちゃんとペットが同じ部屋にいる時は、なるべく赤ちゃんを床などに寝かせないようにしましょう。

ペットには悪気が無くても、赤ちゃんを舐めたり、じゃれてるつもりで噛みついてしまう事もあります。

特に気を付けなければいけないのは、赤ちゃんとペットをキスさせる事です。

一見、可愛らしく見える光景ですが、上の記事でもご紹介した通り、犬や猫の口の中にはパスツレラ菌が潜んでいます。

万が一、ペットの口から口からそのような菌が感染してしまったら大変危険です。

勿論、赤ちゃんだけではなく、大人にも感染してしまう可能性がありますのでそのような事はしないように気を付けましょう。

このように、動物から人間に感染を及ぼす感染症の事を動物由来感染症(ズーノーシス)と呼ばれており、パスツレラ症もその一種です。

以前は、狂犬病の発生によって、色々なメディアで取り上げられましたが、予防接種をする事で、最近ではあまり見られなくなりましたが、近年ではペットからのズーノーシスが発生するケースが注目されています。

中には死に至る場合もありますので飼い主である人は十分理解し、家族やペットに悲しい思いをさせないよう注意しましょう。

ベビーサークルを設置する

赤ちゃんとペットを共存させる場合は、ベビーサークルを設置するのがオススメです。

犬や猫だけでなく、まだ小さな赤ちゃんは突然どんな事をするか分かりません。

大人が目を離している時に、じゃれているつもりが赤ちゃんを傷つけたり、舐めてしまうかも知れませんし、寝ているところをペットが邪魔してしまうかも知れません。

そしてこれは赤ちゃんがペットに対してもしてしまう可能性もあるのです。

お互いに嫌な思いをしないよう、予め赤ちゃんをベビーサークルの中に入れておくようにしましょう。

手洗い・うがいはしっかり

可愛いペットと目一杯遊んだら、手洗い・うがいをしっかりをしておくようにしましょう。

簡単な事ではありますが、手洗い・うがいをするだけでも、多くの雑菌を取り除く事ができるので、動物から人間への感染予防になります。

また、ペットに直接触っていなくても、ペットのトイレやケージの中を掃除をした後も、手洗い・うがいを忘れないようにしましょう。

目には見えなくても、細菌や病原体が手に付着している可能性がありますので石鹸でしっかりと洗うようにしましょう。

こまめに掃除をしてあげる事で、ペットのトイレやケージの中の細菌の増殖を防ぐ事にもなります。

このようにペットの身の回りを綺麗に保つ事は、飼い主がきちんとやってあげるべき事です。

消毒もしっかり

ペットを触った後に消毒をする事も大切ですが、ペットを触る前にも消毒をする事も大切な事です。

実際に、ペットショップなどでは仔犬や仔猫を触る前に必ず消毒をする事が義務付けられている場合があります。

勿論、その場合の消毒とは動物ではなく人間の方です。

人間の赤ちゃんと同じように、仔犬や仔猫はまだ免疫力が十分に備わっていません。

他の動物を触った手で安易に他の動物に触れるのは細菌や病原体を感染させてしまう可能性があります。

また、他の動物に触れていなくても、いつどこでどんな細菌が付着しているかも分からないのです。

また、野良犬や野良猫を触ったその手で、ペットに直接触れるような事も感染症のリスクがあります。

家に帰ったらまずは手洗い・うがいをして、ペットに触る前には消毒をしておきましょう。

このように、手洗い・うがいや消毒をする事は、あらゆる細菌や病原体の感染を予防する効果があり、またその場から別の場所へも持ちださない為にも非常に大切な事です。

そして、それができるのは人間である私たちだけだという事を忘れないようにしましょう。

舐められた手で目や耳を触らない

ズーノーシスの多くは粘膜の接触による感染すると言われています。

その為、ペットに舐められた手で目や耳を触らないようにしましょう。

特に赤ちゃんは手を舐めてしまう事がよくあります。

免疫力も大人に比べて弱い為、ペットに触ったり、舐められたりしたところは消毒をしてあげるようにしましょう。

尚、ペットや人間が舐めても安全な消毒・消臭・除菌などができる薬やスプレーがペットショップなどで販売されているので上手く利用しましょう。

但し、中には安全性が確保されていない商品もありますので、動物医薬品に指定されているものを使う事をオススメします。

赤ちゃんと犬や猫を同居させる時の注意

夫婦で暮らし始めていれば子宝に恵まれる事もありますが、もしそれまで犬や猫などのペットを飼っていた場合、家族が一人増える事になります。

でも、犬や猫の立場から考えれば「誰?」と思ってしまうのも仕方がありません。

当然、夫婦は生まれたての赤ちゃんの方へ愛情を注ぎます。

しかしながら、飼い主に慣れていればいるほど、犬や猫の赤ちゃんに対する嫉妬心は強くなります。

相手にされないと感じた犬や猫は、心にストレスを抱える事になり、その怒りや不安の矛先が赤ちゃんに向かってしまう可能性があります。

このように、犬や猫も人間と同じような心を持っていますし、いつも家族の事を観察しています。

ペットも家族の一員なので、たまにはかまってあげて下さいね。

犬や猫と同居するメリットもある

小さな赤ちゃんと犬や猫を同居させる事については、舐められたり傷つけられて感染症にかかってしまう恐れや、アレルギーなどの心配もありますよね。

そして、飼い主としては赤ちゃんの面倒を見ながらペットにも気を付けなければならず、何かと神経質になってしまいかねません。

しかしながら、まだ幼少期の頃からペットと一緒に暮らしている事で、免疫力の弱がアップする為、アレルギーや喘息も起こりにくくなるとも言われています。

そして、なによりペットと触れ合う事で、動物を可愛がる心を持てるようになります。

まるで兄弟のようにいつも一緒に遊んだり、散歩に出かければペットも子供にも良い運動になります。

そのような暮らしの中で、人間の大人がしっかりと感染症の予防、ケアを怠らないようにすれば良い関係になれるはずです。

犬猫に舐められて悪い意味はない♪(まとめ)

これまで犬や猫に舐められる理由についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

舐めるという行為は、犬や猫にとって無くてはならないコミュニケーションの一つです。

舐めるという行為には人間や、他の動物に対しての愛情表現や挨拶である事がほとんどです。

そして、私たち人間に対して舐めてくれるという事は、それだけ信頼されているという証でもあります。

舐めてくれたらこちらも愛情を伝えてあげましょう。

また、犬や猫にも人間と同じように性格があります。

ただ舐めるというコミュニケーションの中にも、それぞれ癖があったりするのも大きな魅力ですよね。

今回ご紹介した特徴や行動パターンが全ての犬や猫に当てはまるという訳ではありませんが、共通して言える事は、犬や猫に舐められても悪い意味はないという事です。

小さな赤ちゃんがいるご家庭では感染症の心配は拭えませんが、ペットには決して悪気は無いのです。

舐められたからといって過剰に感染症を意識してしまってはせっかくの家族の絆も台無しになってしまいます。

犬や猫は人間の言葉を話す事はできませんが、注意深く見てあげる事で、性格や今どんな事を考えているのかが分かるようになります。

ただ叱るのではなく、同じ家族の一員として人間である私たちがペットの気持ちや、特徴などを理解してあげられたら、家族の絆がもっと強くなるはずです。

これからもペットと人間がお互いに幸せな生活を送れるよう祈っています!