人間は日々の日常をほとんどの人が太陽が登る昼間に活動をし、太陽が沈む夜に眠るというサイクルで過ごしていますよね。

しかし、それとは真逆に夜行性動物といって夜に活動をして昼間に眠る動物がいるのをご存知でしょうか?
もちろん人間でいう、仕事の夜勤とはまったく異なるもので、その動物の生物学的要素がそうさせているのです。

では、具体的に夜行性動物にはどんな種類の動物が含まれているのか?

今回はこちらで詳しくご紹介していきたいと思います!

夜行性ってどんな生き物?

夜行性とは「昼間は寝ないで夜に活動する」というイメージが思い浮かぶ人も多いと思います。

とくに哺乳類や動物に多く、夜行性の生き物たちは太陽の沈む日没から太陽の日が昇る夜明けまで一晩中活動しています。

そして逆に人間が活動をしている昼間はしっかりと寝ているのです。

暗くなってから摂食や生殖などの活動を行っているだけであって、自分たちが生きていくために必要な活動はきちんとこなしているのが面白いですよね。

日没の時間から夜明けまでとなると、大体が昼間に太陽が登っている時間と割合的には同じくらいになりますので、活動時間としては夜間でも十分なのでしょう。

夜に活動して昼は寝ている性質

夜行性の生き物でも、その種類は様々です。

たとえば日没後と夜明け前に2回の活動する生き物がいたり、日没後の夜間のみ活動する生き物もいます。

同じ夜行性でもそのあたりは生き物によって異なるようです。

「夜に活動して、昼間は寝ている」という性質だけが同じところで、その内容や生き方はそれぞれの生物によって様々なのでしょう。

人に対して夜行性と表現することもある

夜行性生物といえば、外で自然の中で暮らしている動物や哺乳類に多いですが、たまに人に対して「夜行性」と表現することもありますよね。

たとえば、あなたの周りにときどき「昼間に活動するより、夜のほうが元気がでる」というタイプの人はいないでしょうか?
仕事の職種や勤務体制などもあえて夜の夜勤帯を狙って仕事を決めたりする人もいますよね。

夜の仕事は基本的に、昼間よりも時給が高いという好条件だからという理由もあると思いますが、それが慣れてくると夜の暗闇を見るとつい落ち着いてしまったり、人が活動していることが少ない時間帯である夜のほうがなんだか安心する…という心情になっていく人もいるようです。

それがまさに人でいう「夜行性」タイプの人なのでしょう。

優れた聴覚を持つ傾向にある

夜行性生物は、じつは人類が始まるずっと遥か昔の恐竜時代から生息していたといわれています。

夜行性生物が夜間に活動するようになったのは、生物学的要素の違いというのももちろんあるかと思いますが、この恐竜時代に恐竜から身をひそめながら生活するために、恐竜が寝ている夜間に活動していたためという可能性があるようです。

夜間に活動をするためには、視覚はほとんど使えないのでそのために夜行性生物たちは、優れた聴覚を頼りに周りの物を判断していたのです。

そこからさらに臭覚も発達させ、食べ物の在り処や自分たちの寝床など、生活に必要なものの場所を判断し生活していたようです。

現在、夜行性生物といわれている動物たちの聴覚が優れているのは、長い歴史上の中での習慣が次の次世代へと残り続けた結果なのかもしれません。

夜行性の生き物24選

夜行性生物がどんな生き物なのか?その性質についてをご紹介させていただきました。

では、次に具体的にその性質を持ち合わせている夜行性生物には、一体どんな種類の生き物がいるのかを解説させていただきます。

たくさんの種類の生き物が夜の世界を生きているのですが、なかには意外な生き物も夜行性生物だったりするかもしれません。

一緒に詳しくチェックしていきましょう!

鳥類は、約1万種類もこの地球に生息していると言われています。

種類だけでもたくさんあることがわかりますが、鳥の歴史もじつはとても長いのです。

もちろんその歴史は人間が生まれる遥か昔からのことで、鳥類は1億5,000万年から2億年前に誕生し、獣脚類恐竜から進化したことがかわっています!
言われてみれば、恐竜のなかにも羽を広げそら飛び回り、細長いクチバシをした2本足の生物がいたかと思います。

鳥の祖先がその獣脚類恐竜だとすると、鳥は人間なんかよりもずっと遥か昔からこの地球に生きていたことがわかります。

しかし鳥といえば昼間にツバメや雀、白鷺などを見かけますよね。

空を飛んでいる鳥も夜よりも昼間のほうが多いイメージがあります。

鳥の仲間で夜間に生活をしているのは、一体どんな鳥なのでしょう?

フクロウ


鳥類で夜行性動物として有名なものといえば、フクロウです。

夜行性とはいえ、動物園などで見かけたことのある人も多いかもしれませんね。

フクロウといえば、頭も顔の輪郭も丸く目は大きいのでとても愛らしい鳥です。

夜行性なので、暗闇でも周りがよく見えるように眼球が大きく発達しているようです。

フクロウをモチーフにしたキャラクターなども多く、普段の生活では木の枝で待ち伏せて音もなく美しく飛び、そのまま獲物に飛び掛かるということから「森の忍者」とも呼ばれているようです。

愛らしい体つきとは裏腹に、器用な動きができるなんてすごいですよね。

生物の中で、動物に比べて体の小さい虫でさえも夜行性のものがいます。

虫に至っては女性は苦手という人も多いでしょう。

できれは昼間にあまり目につきたくない…でも夜でもたまに見かけてしまうという人もいると思います。

そんな夜間に盛んに活動している虫たちですが、よく見かけるものばかりなので、夜行性と聞いて納得する人が多いかもしれません。

それでは、ご紹介していきます。

蛾が夜行性というのは意外ではないでしょうか?
昼間に飛んでいるのは蝶々で、夜中によく電気の周りに見かけるパタパタと舞ってるのは蝶々ではなく蛾だということになりますね。

蛾は種類がとても豊富で、具体的にはアゲハチョウ上科、セセリチョウ上科、シャクガモドキ上科に分かれています。

蝶々ととてもよく似ているのですが、日本にいる蝶の仲間である昆虫が約3,500種類も存在し、その中には蝶々は250種類しかいません。

その他はすべて蛾に分類されるため、蝶々だと思っていた昆虫がじつは蛾だったということもありそうですよね…。

色彩鮮やかな羽を持つ蛾も多いため、その分類は難しいと思いますが、蛾は夜行性であることだけを覚えておいてください。

カブトムシ


幼児期の子供たちの大好きな昆虫といえばカブトムシです!
そんなカブトムシも夜間にのみ活動する夜行性生物だったりします。

カブトムシはクヌギ、ニレ、ヤナギ、ナラ、タブなどの雑林林に生息していて、木の樹液を飲んで生きています。

夜行性のため昼間はたいてい姿を見せてくれないのですが、夜間になると光のある方向に集まるといわれています。

もしもカブトムシを採集したいならば、昼間のうちに甘い蜜などを仕掛けておいて暗くなってから確認すると良いでしょう。

羽で飛ぶことができるので、人の動きにも敏感なため注意を払いながら近づきましょう。

クワガタムシ

カブトムシ同様に幼児期の子供たちが大好きなのがクワガタムシです。

クワガタは雄に角が生えているのが特徴的で、その人気ぶりから種類によっては昆虫ファンの間で1匹数千円から数万円で売買されることもあるそうです。

クワガタもカブトムシ同様に、夜行性で夜間には光のあるところを好む傾向があります。

しかし、クワガタの種類はとても豊富で39種類生息している中で「ルリクワガタ類」や「ヒメオオクワガタ」という品種は、夜行性ではなく日中活動していたりもします。

品種によって活動している地域も異なるため、それゆえの気質の違いなのかもしれません。

コオロギ

夏といえばコオロギ科のスズムシの声が印象的ですよね。

コオロギ科にはスズムシ以外にもマツムシ、ケラなどがいますが、主に田畑、草原、森林、人家の周囲などの地上に生息しています!
コオロギは夏の夜に綺麗な声で泣いている印象があると思いますが、まさにこちらのコオロギも夜行性生物なのです。

品種はこちらも様々で、乾燥地、湿地、山地、海岸など生息している環境によって見られる種類は様々です。

コオロギは夜行性で昼間は寝ているのですが、昼間は草地や石の下、穴など物陰に潜んでいることが多かったりします。

昼間は暗くて冷たいところを好んでいるということなのでしょうね。

ホタル

蛍といえば、こちらも夏の夜によく見られる昆虫ですよね。

ホタルはお尻から綺麗な光を放つのが特徴的で、夏の夜にホタルを探しにいくというファンも多いのではないでしょうか。

世界にはおよそ2000種類ものホタルが生息しているそうですが、日本で見かけるホタルはほとんどがゲンジホタルという品種になります。

初夏に見られることが多く、日本では夏の風物詩のように思っている人も多いと思います。

夜行性生物のため、夏の夜にのみ見られる幻想的な光を放ってくれます。

ゴキブリ

名前を見るのも嫌だというほど嫌いな人がほとんどではないかと思うこちらの昆虫。

生命力がとても強く、水をかけても軽く叩いただけでもなかなか死にません。

ゴキブリこそ昼夜問わず活動しているので、夜行性生物であることは言わなくてもわかるかもしれませんね。

主に夜間のほうが活動的で、食料があるところや水場を好む傾向があります。

遭遇してしまったら最後、卵を産み付けられたらその家に何匹も生息してしまうと言われているほど子孫も簡単に残していきます。

ゴキブリこそが夜行性生物のなかでも最強の昆虫と言っても過言ではないほど、生命力がとても強いのでみなさん気をつけてください。

水の中で生息している魚にも多くの夜行性生物が存在しています。

魚の種類もとても多く、川に生息している魚、海の魚、湖の魚、そして暑い地域にいる魚、寒い地方の魚など、住んでいる場所によって多くの魚が存在します。

それでは、その中で夜行性生物に分類されている代表的な魚たちについてご紹介していきたいと思います。

メバル

料理では煮付けなどが美味しいこちらのメバルは、日本の北海道から九州にかけて生息しています。

主に海岸近くの海藻が多い岩礁域を好み、そこに群れを作って棲息しています!
群れて仲間と生活しているメバルも、じつは夜行性生物のため日中は眠り、夜間になると泳いで活動しているのです。

メバルは料理をして食べても美味しい魚ですが、じつは東方地方にいるメバルには毒があるといわれていて、素手で触ると刺されて腫れてしまうことがあるので注意が必要です。

瀬戸内海や東京湾に住んでいるメバルには毒はないようなので、住んでいる地域によってメバルの気質に違いがあるのかもしれませんね。

いずれにしても触るときには気をつけましょう。

アナゴ

アナゴといえば、お寿司というイメージが強い方も多いのではないでしょうか?
アナゴのお寿司にトロッとかかった甘いタレ、そしてそこに少しだけお醤油をつけて食べるのは絶品です。

さらにアナゴの天ぷらも美味しいですよね!
このようについグルメの方向に思考がいってしまう美味しいアナゴですが、じつはこちらも夜行性生物だったりします。

アナゴの見た目はウナギにとてもよく似ていて、ニョロっとした細長い見た目をしています。

日本の浅い海の砂泥底に生息しており、夜行性なので昼間は海底の砂泥や岩の隙間に集団で潜みついています。

活動するのは夜なのですが、主にアナゴの食料として小魚や蟹や海老を捕食するために動き出します。

アナゴは夜行性といっても、入ったら出られなくなるような仕掛けさえ作れば簡単に捕獲することができるので、食料として漁もしやすいようです。

ウナギ

ウナギといえば、美味しいタレをかけてたべるウナギの蒲焼きや丼がメジャーですよね!
ウナギにも種類がいくつかあり、ニホンウナギ、オオウナギ、ヨーロッパウナギ、アメリカウナギなどそれぞれ世界で取れるウナギが19種類もあります。

日本で見かけるウナギはもちろんニホンウナギになるのですが、最近は中国産などの輸入もとても多いですよね。

スーパーなどで見かけるときはニホンウナギの半分の価格で販売されていることもありますが、やはり美味しさはニホンウナギが1番だというファンも多いようです。

ウナギの文化は古く、江戸時代から人気があった食材でもあるのですが、じつはこちらのウナギも夜行性生物に分類されています。

捕獲の仕方もアナゴととてもよく似ていて、比較的漁のしやすい魚かもしれません。

しかし食材としてはニホンウナギは高級でもあるので、最近は養殖などもされているようです。

ウツボ

ウツボは温暖な地域の浅い海に生息している魚です。

こちらも夜行性生物に分類されており、サンゴ礁や岩礁に生息していることが多いようです。

見た目はおっとりとして見えますが、鋭い歯と大きな口を持つ大型肉食魚でもあります。

強力な嗅覚を持っており、少しなら水の中じゃなくても生きていることができるため、岩場などに上がってきたりすることもあるようです。

その場合、鋭い歯で噛み付くこともあるため注意が必要です。

基本的には海の中に巣穴を作っていてそこからあまり動きません、しかし、夜行性のため夜になると海底近くを泳ぎ回るようになります。

ウツボは気性の荒い魚でもあり、海の中で自分の身を守るために他の魚などが近づいてくると大きな口を開けて威嚇します。

そして、それでも敵が去らない場合は咬みつくこともあり、鋭い歯の力は相当強いともいわれています。

ナマズ

ナマズといえば、ちょっと離れがちな目とヒゲが愛らしい淡水魚です。

ナマズは見た目とは裏腹に神経質でデリケートな性格の持ち主で、突然触れられたり自分の身の危険を感じたりすると暴れたり飛び跳ねることも多いようです。

その性格故に、日本では中世以降ナマズのことを「地震を予知する魚」と噂していたそうです。

神経質でデリケートなために地震などの振動にも敏感だろうということなのでしょうね!
しかし、そんなデリケートな性格のナマズは意外にも雑食であり肉食でもあります。

なんでもよく食べるので、水の中での餌の捕獲にはとてもよく動くみたいですね。

ナマズも夜行性生物なので、昼間は流れの緩やかな平野部の河川や池沼、湖の水底などの岩陰や水草の物陰に潜んでいます!
夜行性のため、活発に活動するのは夜間になるのでそれまではひっそりと隠れているのです。