CoCoSiA(ココシア)

犬を飼う時の11個の注意点


突然ですが、あなたは犬派ですか?猫派ですか?近年、ペットブームが続き2017年現在では犬の飼育世帯率は14.16%、猫の飼育世帯率は9.93%にも及んでおり、実に1世帯につき平均犬の場合は1.25頭、猫は1.78頭と言われています。

つまり、ざっとですが3世帯に1世帯は犬か猫のどちらかを飼っていると言われているのです。

この空前のペットブームである日本ですが、実はペットの飼育については日本はペット途上国であるとも言われています。

どう言うことかと言いますと、日本は「ペットを飼う」と言うことに対して、欧米諸国に比べるとまだまだ認識が甘いと言うことなのです。

あなたが今犬を飼っていなくて、今から飼ってみたいと思われているとしたら、どこで買おうと思っていますか?一般的にはペットショップがすぐに思い浮かぶでしょう。

最近は、インターネットの普及により、ショップからではなくブリーダーと呼ばれる犬や猫を専門に繁殖をして直接販売を行っている人達から購入する人も増えています。

ペットショップには、ペットグッズはもちろんのこと、犬や猫などの生き物も展示販売されています。

実はこのような販売方法を行っているところは、海外ではあまり見かけることはありません。

生態の展示販売を禁止している国もあります。

日本では、こだわりを持っているブリーダーであれば、誰にでも犬や猫を売るわけではない、犬猫の為に飼い主をブリーダーが選ぶという志の高いブリーダーもいます。

ただし数は少ないです。

ペットショップであれば、お金を出せば欲しい犬猫は手に入ります。

また多くのブリーダーからもお金を出せば希望の子犬や子猫を入手することは可能です。

このように、日本では比較的簡単に犬や猫を手に入れることができてしまいます。

売る方も飼う方も特に資格はいりません。

また、簡単に命の売買ができてしまう日本では、その命を簡単に捨てることもできてしまいます。

現在、年間約10万頭もの命が殺処分されているのをご存知でしょうか?犬や猫を簡単に捨てる人がいるのです。

その理由も「引っ越し」「子供がアレルギーが出た」「飽きた」「うるさい」「お金がかかる」といった人間の身勝手な理由でです。

さらに「こんなに大きくなるとは思わなかった」「なつかない」「仔犬の頃だけ可愛かった」など、本当に呆れた理由で犬や猫を捨ててしまう人が後を絶たないのが現実なのです。

このことから日本はペット途上国だと言われています。

犬や猫、その他動物は当たり前ですが「生き物」です。

命があるのです。

その命を簡単に破棄してしまったりするのはもってのほかですが、本来簡単に入手できる状況にあると言うのも間違っています。

今回は「犬を飼ってみたい」と思っている方、犬を飼う予定がある方に今一度犬を飼うというのはどういうことなのか、犬を飼うに当たっての注意点をお話しして行きましょう。

️憧れの犬を飼う!

幼いころから、犬を飼うのが夢だったと言う人もたくさんいるでしょう。

家の事情で飼いたくても飼えなかった、飼っていたけど亡くなってしまった。

今度は「自分の」犬が欲しい。

など、犬を飼いたい理由はさまざまです。

大人になって、とうとう犬を飼うことができるようになった、犬と暮らせることになったと言う人は、もうワクワクしていらっしゃることでしょう。

そんな方たちに水を注すわけではありませんが、先程も述べたように犬は人形ではなく生き物です。

犬の飼育は思っている以上に大変なこともあります。

いざ犬を迎えてみて「こんなはずじゃなかった」「思っていた憧れの生活とは違う」などと思わないように、まずは飼う前に注意点をしっかりと頭に入れて、よく考えてから犬を飼いましょう。

犬のいる暮らしは幸せがいっぱい


とはいうものの、犬のいる暮らしは幸せなことが沢山待っています。

なにより犬はとても忠誠心の強い生き物で、飼い主さんを絶対に裏切ることはありません。

とても健気な生き物で、いつも癒してくれる素晴らしい動物です。

生き物ですので確かに大変な部分はありますが、一緒に過ごしているとそんなことはどうでもよくなるほどの絆が生まれ、「この子と出会えてよかった」と必ず思えるようになるでしょう。

犬との生活は何物にも代え難く、素晴らしい時間が待っています。

犬と暮らすことは、本当に素晴らしいできごとです。

あなたにも是非この幸せを味わって頂きたいと思います。

犬を飼うにも注意点がある

当然ですが、犬を飼うにも注意点があります。

犬を飼う場合と猫を飼う場合でも注意点は違いますし、もっといえば、犬種によっても違います。

ここでは犬種別の注意点を書くのは控えますが、主な違いは、犬種によってかかりやすい病気があったり、怪我をしやすい部分があったりすることです。

もちろん基本的には同じ注意点を把握しておけば大丈夫ですので、犬を飼おうと思っておられる方は是非チェックしてみて下さい。

犬を飼う前の注意点、飼った後の注意点と注意点が二つありますが、大切な命を育てて行くのです。

生半可な気持ちでではなく、きちんと向き合って大切な家族として飼ってあげてくださいね。

犬を飼う前に要チェック


ここではおもに、犬を飼うときの注意点をお伝えしていきますが、だいたいが犬を迎えた後の注意点になります。