大好きな人と濃厚なキスがしたい…そんな人はとても多いですよね。

キスは、恋人同士の定番の愛情を確かめ合う行為です。

状況が許すのであれば、いつでもキスをしていたいと思うのがラブラブなカップルですよね(^^)

このように、カップルの愛を表現しているベロキスですが、逆に最初は好きではなかったけど、ノリや勢いでベロキスをしてしまったという人もたくさんいることでしょう。

でも、そのベロキス以降、その相手はとても気になり始めて気付いたらとても好きになっていた…なんて人もいるはずです。

このように、最初は恋愛感情を持っていなった相手に対しても、ベロキスをすることによって恋愛の気持ちを持ってしまうこともあります。

ベロキスにはカップルの愛を深める以外にも、そんな不思議な力があるのです。

今回は、そんな情熱的なベロキスについてをまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね☆

ベロキス=ディープキス♡

ベロキスと聞くと親しみがなくてピンとこないかもしれませんが、ベロキスとは要するに「ディープキス」のことです。

お互いの口を密着させて、唇を重ねるだけでなく舌を絡ませてお互いの口内まで深く愛し合うことを言うのです。

ときには相手の歯茎に優しく舌を這わせたり、相手の舌を激しく吸ったり…など、ひとことでベロキスと言ってもバリエーションはたくさんあります。

そして「ディープ」というくらいのなのでとても深く、濃厚にキスをすることによってお互いの愛情や情熱を伝えることが出来る大人のキスなのです♪

ベロキスって恋愛が盛り上がる


好きな人とお付き合いをすると、ベロキスは避けては通れません。

むしろ、このベロキスをしてこそ真のカップルと言えることが出来るでしょう。

エッチこそしなくても、雰囲気が許せばいつでもお互いの体と気持ちを繋ぐことが出来るベロキスは、恋人たちにとってはなくてはならないものなのです。

普通のキスはフレンチキス

フレンチキスとは、一般的には軽い普通のキスという意味で通っています。

恋人たちが愛情を確かめ合うときなどにソッと唇を重ねるノーマルなキスというのが一般的な認識ですが、実はベロキスやディープキスのことをフレンチキスを呼ぶこともあります。

飲み会なので盛り上がってきたときに、何となく「私、フレンチキスが好きなんだよね~」なんて言ってしまうと、人によったら「もしかして、エロい雰囲気になるのを狙ってる?」と勘違いされてしまうことも…普通のキスのことを言っているのに、誘惑していると思われれるのは不本意ですよね…

本来はバードキスと呼ぶ

バードキスとは、唇を鳥のくちばしのように尖らせて、軽く何回もチュッチュとするキスのことを言います。

会話の最中や無言のいい雰囲気のとき、ベロキスに発展する前などにこのバードキスをする人が多いです。

まずはバードキスでキスの雰囲気を高めていって、相手の反応がよかったらそのままベロキスへ…なんてことはよくあるパターンです。

また、バードキスは軽いタッチのキスなので可愛らしいキスを好む女性のあいだでは人気のあるキスです。

街中などで人目があるけど「今、キスがしたい」なんてときは、ベロキスはできないけどバードキスならしたいなんて人は結構多いですよ。

もっと激しいのがベロキス

普通のキス(フレンチキス)や軽いタッチのバードキスよりも、より濃厚で大人なキスはディープキスことベロキスです。

激しく舌を絡ませ、お互いの口内までを愛し合うキスはまさしく「大人のキス」と言えるでしょう。

まだ付き合い始めで、カンタンなタッチのキス(バードキスなど)ではちょっと物足らなくなってきて「そろそろ次のステップへ移りたい」「もっと相手と触れ合いたい…」というようなカップルは、是非ベロキスをしてみてください。

一気に相手との距離感が縮まるし、もっと相手のことを好きになることができますよ(^^)

カップルならベロキスしたい♡


好きな人とならどんなキスでもうれしいものですが、カップルならやっぱりベロキスをしたいものです。

濃厚なベロキスは、キスをしているだけなのに、それ以上のことをしているようなたまらなくムーディーな気持ちになるものです。

久々にデートをするカップルや付き合いたてのカップルなら、どうせキスをするならベロキスをしたいなと思うのは、当然の気持ちですよね。

濃厚なアツイ絡み合いがたまらない

ベロキスのいいところと言えば、やはり「濃厚」であることでしょう。

さっぱりとしたキスもいいものですが、感情が高まったときや気分が上がっているときはベロキスをして濃厚でアツい絡みを恋人としたいと思うものです。

濃厚で情熱的なベロキスをして、2人の愛を確かめちゃいましょう!

ベロキスの9個のやりかた

ひとことで「ベロキス」と言っても、何かと細かいテクニックがあることをご存知でしょうか?

ただお互いの口や舌を濃厚に絡ませあうだけで「ベロキス」と言っているならちょっと甘いですよ!

どんな人でも、キスをするときには無意識に色んな種類のベロキスをしているものです。

これからもベロキスを楽しむためにも、ここではベロキスのやり方についてご紹介していきたいと思います!

クロスキス

クロスキスとは、お互い口を開けたままするベロキスのことです。

開いた口を合わせて、お互いの舌を絡めたりなど、存分に愛を確かめ合うことができます。

このクロスキスの最大の特徴は「ベロキス中は口を離さない」ということです。

他のベロキスは緩急をつけるためや一呼吸付くためなどでちょっと口を離すこともあるでしょう。

しかし、クロスキスは口を離しません。

そのため、人によってはとても難しく感じるかもしれません。

ですが、「片時も離れたくない」というようなとても情熱的なベロキスとも言えますので、気持ちが盛り上がってきたら、相手の様子を見て是非トライしてみるといいですよ☆

オブラートキス

オブラートキスとは、相手に舌を出してもらい、それを自分の口内に吸い込んでじっくりと優しく包み込むようにするベロキスのことです。

一般的によく知られている「ベロキス」のテクニックの1つですよね。

相手の舌をとても大切で愛おしいものを扱うかのように優しく、濃厚に舌で愛撫してみてください。

アナタの情熱的かつ優しいオブラートキスで、相手はメロメロになってしまうことでしょう。

ニプルキス

ニプルキスとは、舌先を使ったベロキスの1つです。

いきなり相手の口の中に舌を入れるのではなく、舌先で相手の唇をなぞります。

そっと下唇や上唇をニプルキスすることによって、激しさこそはなくてもお互いの深い愛を確かめ合うことができることでしょう。

また、キスが気持ちいいと思うとおり、唇は性感帯の1つです。

じっくりと優しくなぞられるとゾクゾクしてきちゃいますよね…!

最初はくすぐったく感じるかもしれませんが、ニプルキスに集中して相手の舌を唇でじっくり感じてみるようにしてください。

相手にするときは、じっくりと焦らず、ゆっくりと相手の唇となぞってみてくださいね。

バインドキス

バインドキスとは、相手の口をパクッと覆いこむように加えてするキスのことを言います。

覆いこんだら、舌で相手の口の周りを優しくなめたりします。

しばらくしたら攻守交替をして、次はアナタが相手にバインドキスをしてもらうとより愛情が深まりますよ☆

ただ、あまりやりすぎると口周りが唾液でドロドロになってしまうことも…苦手な人もいるので、相手の様子をみてからトライするようにしてくださいね。

スロートキス

スロートキスとは、お互いの舌を激しく吸ったり吸われたりするベロキスのことを言います。

言葉だけみると「吸うだけ」と単純に感じますが、とても情熱的に相手の舌を求めて吸ったりする激しいベロキスです。

久々に再会して盛り上がっているカップルや、これからステキな夜を過ごそうとしているカップルなどがこのスロートキスを無意識にして高ぶる気持ちを表現しています。

とにかく気持ちやムードが盛り上がるので、是非試してみてくださいね。

インサートキス

インサートキスは、互いの口の中に舌を入れる「THEベロキス」です。

多くの人がディープキスやベロキスというとこのインサートキスを連想することでしょう。

一番スタンダードなベロキスなのですが、コツというものがあります。

それは「舌を入れる順番を察しよう」ということです。

自分から相手の口内へ舌を入れたら、次は相手の番…というように、言葉はなくとも2人の雰囲気で察することが大事です。

自分から攻めてばかりも受け身になってばかりでもいけません。

2人の愛をより深めたいのであれば、このインサートキスをマスターしておくといいですよ☆

ピクニックキス

ピクニックキスとは、お互いの舌を出し合って、舌だけを絡めあうベロキスのことを言います。

ベロキスの大きな特徴としては「キスなのに唇を合わせないこと」です。

フツーのキスでもベロキスでも、どちらかの唇は相手の身体に触れるものですよね。

ですが
ピクニックキスはあくまでも「舌だけ」なのです。

雰囲気次第ではとても色っぽくムードたっぷりなキスになるのですが、あんまり力を入れてするとなかなか間抜けな顔つきになってしまうので注意をしたいところです…

サーチングキス

サーチングキスとは、相手の口内に舌を入れて歯茎をなぞるように添わせるキスです。

ゆっくりと丁寧にサーチングキスをすることによって、盛り上がった気持ちを冷めさせることなく、一旦休憩することができます。

もし、食後などで歯に何か詰まっていたりするとちょっと恥ずかしい思いをすることもあります。

「そんなの、気にしないよ」という間柄でも、キスの前のマナーには気をつけましょう。

スパイダーマンキス

スパイダーマンキスとは、名前のとおり映画の「スパイダーマン」の劇中であったキスシーンから来ているものです。

男性が逆さまになった状態でベロキスをするのですが、かなりアクロバティックなのであまりオススメはできません…(汗)

実際にやるとすれば(鉄棒にぶら下がったり、逆立ちしたり…)、男性がかなりしんどいのでロマンチックな感じにはならないかもしれません(^^;

やはり映画のワンシーンだからこそ、盛り上がってロマンチックに感じるのでしょうね。

どうしてもスパイダーマンキスをしてみたい人は、部屋で彼氏に仰向けに寝そべってもらい、それを彼の頭の上から顔をのぞき込むような感じでキスをしてみるといいですよ。

スパイダーマンキスの気分だけでも味わうことができるでしょう。

ベロキスをするときの注意点

ベロキスはとても濃厚で大人なキスです。

キスをしていだけなのに、お互いの体が溶けて混ざってしまうのではないかというくらいの一体感を得ることが出来ます。

そんなベロキスを大好きな恋人とたくさんしたいものですよね。

でも、何が何でもベロキスをすればいいものではありません。

付き合っている恋人とはいえ、自分が「ベロキスをしたい」という気持ちだけで強引にしていいものではないのです。

自分勝手なベロキスは、ときとして相手から嫌われてしまうこともあるのです。

ここでは、ベロキスをするときの注意点をご紹介しますので、どうか参考にしてみてくださいね!

雰囲気をつくる

ベロキスでも普通のキスでも、一番大切なのは「雰囲気」です。

なんの雰囲気作りもなく、唐突にキスをされるのを喜ぶ人もいますが(強引さやサプライズ感を喜ぶ人もいます)、やっぱりキスをするにはいい雰囲気になってからしたいものですよね。

ステキなレストランで食事をしてから、夜景のキレイな場所なのでまったりとして時間を過ごしてからどちらともなくキス…。

というようなロマンチックなものや、恋人の家でまったりとおうちデートしていて、最初は楽しく会話をしてたが何となくそれが途絶え、視線がぶつかった次の瞬間にキス…。

というような自然な流れのものなど、いい雰囲気になる状況はいくられもあります。

雰囲気作りが苦手だという人は、まずは2人きりになれるような状況を作ってみてはどうでしょうか?

恋人同士とは言え、友達のような関係なカップルはなかなかベロキスが出来るようなムードにはなれないので、まずは周りに人がいない環境を作るところからはじめてみましょう。

最初は何となく緊張した空気になるかもしれませんが、好きな人と2人きりになるのがイヤな人はいませんよ!

好きな人と2人きりになれば、おのずと雰囲気が盛り上がっていい感じになるものです☆

力を抜いてリラックスする

ベロキスをするときは気合と力が入り過ぎてしまう人は結構多いです。

力が入ってしまうと口周りの筋肉や舌も緊張してしまい、思うようにベロキスを楽しむことが出来ません。

舌を絡めようとしてもお互いの歯がぶつかりあってしまったり、舌を絡めるタイミングが合わなかったりで、下手したら盛り下がってしまうなんてことも…。

せっかく大好きな人とベロキスを楽しむ時間を過ごせるはずだったのに、そうなってしまうと残念ですよね。

こんなことにならないためにも、ベロキスをするときは力を抜いてリラックスしてからトライしてみるようにしましょう。

無駄な力が抜けることによって自然と相手との波長も合ってきますし、口周りや舌が緩やかにとろけるようねベロキスをすることが出来ます(^^)

付き合って間もない相手とベロキスをするときはどうしても緊張してしまうかもしれませんが、ベロキスを楽しむためにもまずはリラックスしてみましょうね。

緊張して舌や唇をこわばらせない

大好きな相手とベロキスをするとき、まだ付き合って間もなかったり、あまり濃厚な絡みをしていない関係だとどうしても緊張してしまいますよね。

ベロキスに慣れていないという人も「恥ずかしい」「どうやったらいいのか」など考えて緊張してしまうことでしょう。

でも、緊張していてはステキなベロキスを体験することはできません。

いざ「ベロキスをするぞ!」というときは、まずは、顔の筋肉をほぐすために顔をくしゃくしゃにみたり、舌を思いっきり出し入れして、顔や唇、舌の固さを取るような動きをしてみてください(もちろん、相手の見ていないところでするようにしてください(笑))。

そして大きく深呼吸をして全身をリラックスさせると舌や唇の緊張や固さが取れてくるはずです。

舌や唇の力を抜いて、なめらかでとろけるようなベロキスをしてみてくださいね。

恥じらいは取っ払う

ベロキスとはとても情熱的で、全身で相手の愛をぶつけるようなキスです。

そのため、女性は「自分から積極的にベロキスをするのはハレンチな女だと思われないかな…」「彼の舌が口に入ってきても、恥ずかしくって答えられないかもしれない…」「積極的にベロキスに応えるのは私のキャラじゃないし…」と恥じらってしまう人も多いはず。

ですが、ベロキスの前では女性も男性もありません。

情熱的なキスには情熱で返さないと、かえって白けてしまうことがあります。

また、彼が濃厚なベロキスをしようとしているのに恥じらってばかりだと「イヤがられている?」「こんなに好きなのは自分だけなの?」と彼を不安がらせてしまいますよ。

普段はおしとやかで大和撫子風の女性も、彼とベロキスをするときは正直な気持ちのままぞんぶんにベロキスをしてみてください。

そうすることによって、恥じらいがなくなって新しい自分を見つけることができるかもしません。

また、普段のアナタとのギャップに、彼のアナタへの気持ちはさらに盛り上がるかもしれませんよ。

また、男性も「恋愛経験が少ないんだけど『下手くそ』って思われないかな…」「ベロキスが終わったあと、どんな顔をすればいいんだろう…」など思っている人が多いものです。

ですが、女性同様に恥ずかしがっていてはいけません!

男性が消極的なベロキスをすると「私とのキスはイヤなのかな…?」「私が積極的にベロキスに応えるから、引いちゃったかな…?」と女性を不安にさせてしまうことがあります。

ベロキスは2人が対等に楽しむものですが、女性が不安にならないためにも男性はちょっとリードするくらいの気持ちで、恥じらうことなく堂々とベロキスをしてくださいね。

口臭ケアをする

恋人と会うときは、口臭に気を付けるのがマナーというものです。

せっかく大好きな人といるのに、相手の口臭が気になってしまうとキスしようなんて気分になりませんよね…

ベロキスをするにしても口臭がヒドイと気分やムードは台無しです。

ガマンしようにもその口臭を放っている口を濃厚なベロキスをしていると思うと、どれだけ好きな相手とのベロキスでも気分が悪くなってしまうこともあります。

そうなってしまうと、今後ベロキスがしにくくなるどころか2人の関係もギクシャクしてしまいかねません。

口臭には、焼肉や餃子などの食べ物系の口臭から、年齢的なものによる口臭、口内ケアが不十分が故の口臭など、色んな原因の口臭があります。

なかには加齢臭のような不可抗力なものもありますが、基本的には努力をすればなんとかなるものばかりです。

デートの前は相手のことを思って口臭を何とかしようとする努力は絶対に怠ってはいけません。

デート時の口臭対策の理想は、恋人と会う前にしっかりと歯磨きをすることです。

ですが、どうしても歯磨きができないときは、最低でも口臭グッズ(口臭対策用のスプレーやタブレット、ガムなど)をしっかりと使ってから待ち合わせ場所に向かうようにしてくださいね。

また、デート前だけでなく、日ごろから口内ケアを徹底するのもおすすめです。

歯の間に溜まり続けている歯垢や放置され続けている虫歯なども口臭の原因になります。

こういうものはいくらデート前に口臭対策をしてもいずれは臭ってきてしまうものです。

歯間ブラシを使って毎日口内を清潔にしたり、早めに歯医者で治療を受けたりなどして、いつでも大好きな恋人とベロキスを出来る口内作りをしておきましょう!

【キスする前に口臭ケアに効く方法の記事もチェック!】

リップケアをする

お互いの唇で愛を確かめ合う濃厚なベロキス。

言葉で愛を語らうよりも深く、確実にお互いの愛を知ることができますよね。

そんなロマンチックなベロキスですが、肝心な唇がガサガサだと気持ちよさも盛り上がりも半減してしまいます…。

あまりにも乾燥してガザガザしていると、どれだけ相手のことが好きでもベロキスを集中して楽しむことができません。

長時間ガサガサ唇とキスをしていると、自分の唇もなんだかヒリヒリしてきますよね…せっかく気持ちいいベロキスをしたかったのに、逆に不快な気持ちになってしまう(させてしまう)なんて残念でしかたありません(汗)

そして、自分とキスをすることが多いのに唇のケアを怠られていると思うと、ちょっと悲しくなってしまうものです。

乾燥しやすい季節や体質的に唇が荒れやすい人は、男女問わずリップクリームを常備して、リップケアを怠らないようにしましょうね。

また、ベロキス後に唇に残る「唾液」にも注意が必要です。

唾液をそのままにしていると唇が乾燥する原因になるので、ベロキス後のリップケアもお忘れなく!

彼・彼女の体に触れる

ベロキスをするときはどうしても口元に意識は行きがちですが、よりキスを盛り上げていい雰囲気にするためにはベロキスをしながら恋人の体に触れることはとても大事です。

ベロキスをするとき、相手を抱きしめながらであったり、相手の腕や肩に腕を絡ませているという人は多いことかと思います。

それでも十分なボディータッチなのですが、せっかくベロキスでいい雰囲気になっているのですから別のパーツに触れてみるととても新鮮な気持ちになって盛り上がりますよ。

ベロキスをしながら相手の首筋に優しく指先を這わせたり、相手の髪を撫ぜてみたりすると、より気分が盛り上がって更に情熱的なベロキスをすることが出来ます。

ちなみにですが、背中が性感帯であるという人は結構多いです。

そのため、ベロキスからそのままステキな夜を過ごしたいという人の場合は、ベロキスをしながら背中を中心にたくさん触わるのがおすすめです。

ベロキスをしながらさりげなく触れられる場所なので、照れ屋な人でもガンガン触ることが出来ますよ!

そして男性の場合、ベロキスが盛り上がりまくると思わず女性の胸を触りたくなることもあるかと思いますが、相手と場所などの状況が許すのであればそれもアリかもしれません。

唾液の量に気をつける

ベロキスをしていると、どうしても唾液の量が増えてきてしまうものです。

自分の唾液か恋人の唾液かわからないくらい混ざり合って、その状況を考えると興奮して更に激しく燃え上がるのがベロキスのステキなところです。

また、唾液で口元や口内は潤っていると舌や唇の滑りが良くなってよりベロキスを気持ちよく感じることができるものです。

ですが、唾液の量は多ければいいというものではありません。

多すぎて口の周りだけでなく顔半分が唾液でドロドロになったり、服にまで滴り落ちてしまったりするのは、明らかにやりすぎです(汗)

ここまでくると、正直ちょっと汚いですよね…。

情熱的でロマンチックなベロキスをしたあとでも、お互いが唾液まみれになっている姿を見るのはちょっと冷めてしまいます。

ベロキス中に「唾液が多くなってきたな」と感じたら、自分で調整してある程度飲み込むなどの工夫をするといいですよ。

相手とリズムを合わせる

当然のことですが、キスは1人ですることはできません。

特にベロキスともなると、相手との心の通じ合いがなければ盛り上がりませんし、気持ちよくもありません。

心が通じ合えば自然とベロキスをすることも多くなってくるものですが、ちゃんとベロキスの「リズム」を合わせることを忘れてはいけません。

ステキなベロキスをするためには、相手のリズムに合わせることがとても大事です。

相手は最初はゆっくりで、ジワジワを濃厚なベロキスをしたいと思っているのに、最初っから情熱的に攻めるようなベロキスをしてはリズムが全くかみ合いません。

リズムが合わないと、歯が何回もぶつかってしまったり、舌を絡めるタイミングが合わなくて何となく白けてしまったり…とにかくいいことはありません。

情熱を出しつつも、ちゃんと相手の様子を見ながら冷静にリズムを調整することも忘れないでおきましょうね。

心地よい時間を堪能する

ベロキスは恋人との一体感がとても心地いいキスです。

いつも何かとお疲れの人でも、恋人とのベロキスをしているこの時間は、とても癒されるものでしょう。

ベロキスをしているときは、仕事やほかの煩わしいことなどは一旦忘れて、この時間をじっくり堪能するようにしてみましょう。

そうすることによって、よりベロキスを楽しむことができますよ!

実際に、心行くまで大好きな相手とベロキスを楽しむと心が満たされて前向きになっているものです。

心地よい時間をじっくり堪能して、ステキなキスをしてくださいね。

少し吐息交じりにする

ベロキスの直接的なテクニックではありませんが、キスの合間に少し吐息を漏らすようにすると更にベロキスが盛り上がります!

自分のとベロキスに夢中になってくれているものだと相手はさらに興奮することでしょう。

女性でも男性でも、ベロキスの合間に切なそうな表情で吐息を漏らすのはとてもセクシーでたまらないものです。

また、実際にベロキスは呼吸をするタイミングがわからなくなることがありますよね…。

酸欠状態になる前に、ちょっとずつ吐息交じりで呼吸をするのもとても大切なことです。

酸素を確保しつつもムードを盛り上げることが出来ちゃいますよ☆

ベロキスはハマったらやめられない

いかがだってでしょうか?

ベロキスは恋人との愛情を確かめ合うには最高のコミュニケーションですよね(^^)

なかには「私、潔癖だから…ベロキスなんて大丈夫かな?」「どんどんベロキスをしていきたいけど、あまり露骨にやって相手が引いてしまったらどうしよう…」などと心配している人もいるかもしれません。

ですが、まずは1回じっくりとベロキスをトライしてみてはどうでしょうか?

潔癖不安のある人も、大好きな人ととろけるようなベロキスをすることよって病みつきになるかもしれません。

また、相手は引いてしまわないか不安がある人は、まず恋人に「大好きだから、より深くキスをしたい」という気持ちをしっかり伝えてみることから始めましょう。

最初は軽いタッチのキスからはじめて、盛り上がってきたときにちょっと話してみると、相手もムードの流れてOKを出してくれることが多いですよ☆

何より、大好きな相手とのベロキスを嫌がる人はそんなにいないものです。

大好きな恋人とのベロキス…1度ハマってしまうと何度でもしたくなるようになるものです。

2人の愛を深めるためにも、ベロキスはどんどんしていってくださいね♪