男女の関係が進めば、スキンシップが出てくるのも当然の流れです。

お互いに相手を思う気持ちがあれば、キスをしたり抱き合ったりする事もさほど珍しい事ではありません。

昔は、結婚するまでは手も繋いではいけないような時代もあった様です。

ですが、今はそんな時代ではありません。

そこに気持ちがあるのであれば、多くのスキンシップを取る事で愛情を測るのです。

むしろ、スキンシップをしていないカップルの方が問題だと言われています。

夜の営みがなくなったことが夫婦間の大きな問題となるように、コミュニケーションの一環としてスキンシップはとても重要視されています。

だからこそ、より仲のいい関係を継続的に続けていく為には積極的にスキンシップをはかって行きましょう。

その中でもキスはとても重要です。

体の関係性の場合、そこに気持ちが無くとも成り立つ事もあります。

特に男性の場合にはそこに気持ちが無かったとしても欲求のままに行動する事も可能でしょう。

ですが、キスの場合はむしろ気持ちの方が先行します。

気持ちがあるからこそ、キスをしたいと思うのでしょう。

だからこそ、女性の中にはどんなスキンシップよりもキスを重視しているという人もいます。

キスをする事によって相手の愛所を感じよりよい関係性を作る過程を楽しんでいるのです。

スキンシップとしてとても大切なキスですが、ただすれば良いと言う問題でもありません。

何事にも上手い下手があるように、キスにもまた上手い・下手があるのです。

どうせキスをするのであれば上手い方が良いにきまっています。

もしかしたら、キスをする事によって、あなた自身の魅力が更にアップする事もあるでしょう。

だからこそ、キスが上手い事は恋愛の中でとても需要なポイントです。

そこで今回はキスがうまいの特徴をご紹介させて頂きます。

スキンシップの上手い下手を考える際、女性で考えるのは珍しいと感じる人も居るかもしれません。

ですが、今は男女平等の社会です。

どんな分野に関しても、男女の差はなくなりつつあります。

だからこそ、こういった分野においても女性をメインに考える事はそう珍しい事では無いのです。

女性の皆さんも、積極的に自分のキスについて考えて見てください。

魅力的なキスをする事が出来るようになれば、気になるあの人も夢中にさせることが出来るかもしれません。

キスがうまい女の24個の特徴

それではここからは、キスが上手い女の特徴と題して様々な特徴をご紹介させて頂きます。

常識的な事から、目から鱗な物まで様々な物があるんでしょう。

その中で、自分が実践出来そうなものを探して見てください。

自分でも実現する事が出来そうな物を探す事によって、今後の自分のスキルアップに繋げて行く事が出来るかもしれません。

経験豊富

まず、キスが上手い人の絶対条件の一つに経験を沢山しているというポイントがあります。

何事も、練習をすれば上手くなるものです。

それは、キスもまた同じ事です。

1回目のキスよりは、100回目のキスの方が格段に上手くなっているはずです。

1回目のキスの場合には、何がどうなってキスが成り立つのかも分からない場合もあるでしょう。

勢いがあり過ぎて鼻をぶつけたり歯があたってしまうかもしれません。

それはかなり恥ずかしいシチュエーションではあるものの、キスの失敗談としては比較的良く聞く話です。

それらの経験を全て行い、多くの事を学んだからこそ、キスが上達して行くのです。

だからこそ、経験を沢山積む事が良い事なのです。

ですが、キスの経験を上げる為とはいえ色々な人とむやみにキスする事はおすすめ出来ません。

確かにそうすれば、キスは上手になっていくでしょう。

ですが、それを繰り返すうちに別の印象のせいで男性から引かれてしまう事もあります。

魅力をアップする為に練習したのにも関わらず、相手を引かせてしまうような事になれば意味がありません。

そうなってしまわないようにする為にも、自分の経験値を上げる事を意識しながらも相手には十分注意をして行動してください。

相性があっている

何事にも相性と言うものはあるものです。

同じキスをしたとしても、それを下手だと感じる人もいれば上手だと感じる事もあるでしょう。

体の相性があるように、キスにもまた相性があるのです。

自分のキスと相性の良い人と付き合う事が出来たら、それは最高です。

きっとキスする度に幸せな気持ちになる事が出来るでしょう。

ですが、この相性はなかなか簡単には探す事が出来ません。

勿論、キスをしてしまえば分かる話です。

ですが、見ず知らずの異性といきなりキスする事など出来ないでしょう。

良い感じの二人なればそれも可能かもしれませんが、片思いなどの場合には不可能です。

だからこそ、この相性にかんしてはあくまでもプラスアルファ―として考えて行きましょう。

そうなったらなおいい。

それくらいの軽い気持ちで構えて居る方が、案外相性の良い相手と自然と知り合う事が出来るかもしれません。

雰囲気作りが上手


キスは、体の関係とは違いさほど場所を選ばずともどこでもする事が出来ます。

ひとめを気にしないという人は、極論外でだってする事が出来るでしょう。

ですが、何も考えずどこでも気軽にキスをしていると、段々とその行為自体に慣れてしまうでしょう。

そのせいで、キスをしてもドキドキしなくなってしまうのです。

キスをする事は、本来とても幸せな行為のはずです。

自分の好きな人とコミュニケーションを取る為の大事な行動です。

ですが、余りにもやり過ぎてしまうとそこにときめきが無くなってしまいます。

ときめきが無くなってしまうと、家族のような存在となりいずれ気持ちが冷めてしまうきっかけとなる事も考えられます。

だからこそ、むやみにやり続ける事はおすすめ出来ません。

やはり大切なのは雰囲気作りです。

いつもいつも雰囲気を作る必要はありませんですが、いざという時に決める所は決める。

そんな風にしておけば相手の気持ちを更に夢中にさせる事も出来るでしょう。

アイコンタクトをする

キスをする際、相手に自分の要望を伝えたり相手の気持ちを読み取る事はとても重要です。

ですが、気持ちが知りたいからといって声を出してしまえば、雰囲気が崩れてしまう事もあるでしょう。

また単純にキスをしているせいで話しが出来ないと言う事もあります。

その際は、目を使ってアイコンタクトを取りましょう。

アイコンタクトを取る事によって、自分の気持ちを相手に伝えることが出来るようになります。

付き合いが長くなればなる程、目を見るだけで相手の気持ちを察する事が出来るようになるものなのです。

そんなスキンシップによって、互いのコミュニケーション能力を上げる事もキスをしていくうえでは大切な事です。

キスが上手い人と言うのは、相手の気持ちを汲み取る事が上手い人なのかもしれません。

だからこそ、アイコンタクトを使用して相手の要望を聞きいれる事で、満足感のあるキスを一緒に経験する事が出来るのかもしれません。

表情づくりが上手

何事も、相手をその気にさせる事が重要です。

例え、上手ういっていなかったとしてもそれを感じさせずにプライドを守ってあげる事も優しさの一つです。

それは、パートナー感でのスキンシップでも言える事でしょう。

もし、あなたの方が恋愛経験が豊富な場合もしかしららキスをしても満足出来ない
かもしれません。

もっとこうして欲しいのに!と相手に対して不満を感じる事もあるでしょう。

ですが、それをぶつけても、あまり良いとはありません。

互いの雰囲気がおかしくなったり、相手のプライドを気づ付けてしまうかも知れないからです。

だからこそ、女性は時に女優になる必要があるのです。

例え、あまり上手くないキスだったとしてもそれを上手いと感じさせる事もテクニシャンの一つです。

そうする事によって、相手は満足感を感じたり安心する事もあるかもしれません。

そうした中の環境でキスをし続ける事によって、いつの間にかスキルアップにつながっている事だってあるでしょう。

自分のキスのスキルをアップさせる事も重要出すが、それと同時に相手のスキルをアップさせることも需要です。

互いにレベルを上げる事が出来れば、より互いにとっていい関係を作りだす事が出来るはずです。

男性が燃える仕草をする


男性とは単純な生き物です。

だからこそ、女性の方々は彼らを手玉にとるようなイメージで恋愛を楽しんで見ましょう。

たとえば。

コミュニケーション一つとっても、男性の気持ちを盛り上げる事が出来るかどうかによってスキンシップの頻度は異なります。

より良い関係を継続していう為には、定期的なスキンシップが大切です。

相手に触れる事によって、感じる事が出来るものもあるからです。

その為、そのスキンシップをしないと言う事は互いに触れる機会が少ないと言う事になり、それに比例して関係性が冷えて行く事は容易に想像が付くでしょう。

相手の気持ちを意識して行動する事も大切ではありますが、こちらがコントロールしてしまう事も、また二人の関係性をより良いものにする為には必要な事なのかもしれません。

男性を盛る上げる為に、それにあったしぐさをします。

そうすると、表面的に喜んでいるのは男性です。

ですが、それによってスキンシップが増え一緒に居る時間が増えたりお互いに触れる時間が多くなればなる程、結局女性の方も幸せな気持ちを継続的に感じる事が出来るようになるはずです。

だからこそ、その努力は結局自分の為に行っていると言う事にも繋がるのです。

自分だけが頑張っていると思うと、何だか嫌になってしまう物です。

ですが、結局自分の為に頑張っているということを考える事が出来れば、さほど苦痛を感じずに過ごす事が出来るでしょう。

焦らす

恋はいつでも駆け引きが大切です。

それは、例え交際を始めたとしても同じ事。

時には相手をドキドキさせたりするために駆け引きを行いましょう。

それの分かりやすい例でいけば、相手を焦らすと言うことです。

相手を焦らす事によって、ドキドキさせたり、もっとあなたに夢中にさせる事が出来るのです。

焦らす方法は、色々な物があります。

なかなか会わないようにしたり、キスをしたいのにもかかわらずしなかったり。

その焦らしが上手ければ上手いほど、その後のキスに対して、より上手いと感じる事でしょう。

その結果、キス上手と相手に思わせる事が出来るのです。

ですが、焦らし過ぎてしまうと相手を怒らせたり相手が嫌われていると勘違いしてしまう事もあるでしょう。

そうならないようにする為には、自分の技を磨くとともに相手の気持ちを考えてあげる事も大切です。

相手の気持ちを考えずに、自分勝手に駆け引きをしているつもりになって居ればいつのまにか相手の気持ちは離れてしまっている事でしょう。

緩急をつける

何事も、単調な流れでは退屈してしまいます。

そうならないようにする為にも緩急を付けてください。

だからこそ、キスをする時も、そこにリズムをつけたり緩急をつける事が大切です。

そうする事によって、より上手いキスを目指す事が出来るのです。

同じ『キス』といっても、ただ単調な物に比べると、緩急が付いているキスの方が上手に感じます。

それは、あくまでも雰囲気ではあるもののその雰囲気が大切なのです。

キスにキチンとした基準はありません。

結局は、人の主観です。

その中で、その主観を何処まで盛り上げる事が大切なのかを理解し、実践する事が大切です。

手を休めない

キスが上手になりたいと努力をしている時、つい口ばかりに意識が向いてしまいます。

どう唇を動かしたらいいのか。

そんな事ばかり考えてしまうはずです。

ですが、実際には、そればかりではダメなのです。

より上手だと感じさせるためには、それ以外のプラスアルファの動きを意識していきましょう。

例えばら手の動きです。

その動きによって、そのキスは、より素晴らしい物に感じさせる事ができるかもしれません。

どう動かしたはいいかわからないと言う人は、まず自分がされて嬉しい行動を意識して行ってみて下さい。

その上で、相手の反応を見つつその動きを変えて見ましょう。

あくまでも独りよがりにならないように注意して下さい。

全身で絡む

キスにも色々な種類があります。

軽いものから、ディープと呼ばれる深いものまであります。

それらは、ただ同じようにすればいいと言うわけでもありません。

シーンに合わせて、行動に変化を持たせる事が重要です。

例えば、相手とより深いキスを楽しみたいのであれば全身を包み込むように行動してみてください。

そうする事によって、より互いの気持ちを盛り上げていく事が出来るでしょう。

相手に好きだと言う思いをより強く感じさせてる事が出来るはずです。

互いの気持ちを盛り上げることは、2人の関係性を高めていく為にも、大変重要な事なのですり

テンポを合わせる

キスは、一人でするものではありません。

二人で行うものです。

だからこそ、一人でその行為を楽しんだとしても意味がないのです。

あくまでも互いに楽しむ事を目指す事が重要です。

相手の気持ちを考えずに一人だけ楽しんだとしてもそれは虚しいだけです。

キスはあくまでも、相手のコミニケーションをはかる為の一環としてのスキンシップです。

それなのにも関わらず、自分勝手な行動をとる事になってしまえば、相手を傷つける事にもなりかねません。

だからこそ、相手の気持ちを優先しつつ行動する事が大切であり、大前提です。

それには、相手の気持ちを汲み取ると言うことも大切です。

その為には、テンポに意識して見ましょう。

相手がゆっくりとした時間を楽しんでいるのにも関わらず、自分本位にキスを進めてしまっては相手を困らせてしまいます。

つい夢中になってしまう人は、冷静になる事を自分自身で心がけておくことも必要かもしれません。

相手の好みに合わせる

何にでも好みと言うものはあるものです。

例え他の人からどんなに褒められたとしても、相手が納得してくれなければそれは上手なキスとは言えません。

万人に受けるものでは無く、自分のパートナーが喜ぶものを実現出来る人が本当の意味でキスが上手い人と言えるのでは無いでしょうか。

その為にも、まずは相手の好みに合わせる事を優先していきましょう。

あくまでも、自分の好みではなく、相手の好みです。

そのせいで、自分は物足りないと感じる事があるかもしれません。

もっとこうしたいという思いも出てくるかもしれません。

もし、そうなったら、その時にまた相談すれば良いのです。

なんでも感でも自分で考えて行動することは、いい事ばかりではありません。

仕事ではそれでいいかもしれませんが、恋愛の場合にはパートナーの意見を尊重する事がとても大切なのです。

だからこそ、相手が無理していないか。

本当はもっと違う風にして欲しいのではないか。

そんな事をキチンと考えておきましょう。

息遣いまで気を配る

キスは、単純に考えれば口を塞いでしまいます。

だからこそ、あまりにも長いキスをしていると、息が続かなくなってしまったりして苦しくなってしまう事があります。

苦しくなるほどのキスは上手いとは言えません。

要所要所でキチンと空気は吸うべきです。

さて、この時空気の吸い方も大切な部分があります。

それは、空気を吸っている事が相手にあまり伝わらないと様にする事が大切なのです。

せっかくいい雰囲気なのにもかかわらず息を吸う音が響いてしまえばの空気は台無しです。

色気も何もあったものではありません。

相手がもし、長年連れ添った相手だとしても、思いやりや気遣いを持つ事は大切です。

その一つ一つの行動によって、彼女があなたの愛を感じるかどうかが変わってくる事もあるでしょう。

相手に自分の気持ちをしっかりと感じ取ってもらう為にも、マナーを守って幸せな時間を過ごして下さい。

少し声を漏らす

恋愛を盛り上げる為には、多少のスパイスが必要です。

その為にも時には演技を加える事も必要です。

『演技』というと、なんだかあまり良くないイメージを与えてしまう事もあるでしょう。

ですが、それは嘘では無く相手を思う思いやりです。

多少の思いやりを持つ事は、どんな事でも大切な事でしょう。

それで相手との関係が良くなるであれば、それはとてもいい事のはずです。

キスをしながら、多少声を出す事もその一つです。

冷静に考えれば、キスだけで声を漏らすなどそうある事ではありません。

ですが、そうする事によってより一層二人の仲を盛り上げていく事が出来るようになるのです。

それが出来るので有れば、多少の演技も十分必要な事だと言えるでしょう。

唇のケアをしている

どんなにキスの仕草がうまかったとしても、くちびるがガサガサな人の事はキスが上手いとは感じません。

その為、自分の持っている技を最大限相手に伝える為には、まず唇のケアが大切です。

女性の場合には、それでなくても日頃からフェイスのお手入れば行なっている場合があります。

だからこそ、そこにプラスして意識的に唇をケアしていけばいいのです。

唇がガサガサしていると、見た目は勿論ですが触れた瞬間も不快な思いをするかもしれません。

もしかしたら、痛いとさえ感じるかもしれません。

だからこそ、そうならないようにする為に、くちびるのケアをしていくのです。

唇は、ケアする事によってより弾力を出したり柔らかい肌触りにする事が出来ます。

それは、女性としての魅力をアップさせる事にも繋がるはずです。

キスの技術を上げると同時に、自分自身の魅力のアップも目指してみてはいかがでしょうか。

【唇ケアでぷるぷるにする方法は、こちらの記事もチェック!】

口臭に気をつける

口臭があると、キスをしたいとは思わないはずです。

例え、どんなに仲が良く長年一緒にいるカップルでも口臭があればキスはしたくないでしょう。

しかし、付き合いたてのカップルは、その口臭の事が言えずイヤイヤキスをする事もあるかもしれません。

臭いと分かっている相手とキスをする事はとても苦痛なはずでず。

そのせいで、キスそのものが嫌いになってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、口臭は、絶対に気をつけなければならない大きな問題です。

口臭が出てしまう原因は人によって様々です。

お酒やタバコなどの嗜好品によって口臭が出てしまう人もいれば、虫歯や歯周病などの病気が口臭の原因になる事もあります。

まずは、自分の口臭がでているのかどうか。

また、その原因がなんなのかを知る事が大切です。

意外と、自分の口臭には気がつかない物です。

自分では大丈夫だと思っていても、周りの人やキスをするような親しい人ばそれに困っている場合もあります。

だからこそ、まずは自分の口臭が出ているのかを聞いてみましょう。

『口が臭い』とはなかなか言えないものです。

ですが、我慢していても改善する事は難しく、本当に相手の事を思うのであれば、例え傷つけることになってしまったとしても、本当の事を言ってあげるべきです。

本当の事を言わずにドンドン嫌いになるよりは、多少傷ついても本当の事を教えて貰えたら、その後の改善に繋がるかもしれません。

自分もまた、口臭には常に気をつけていきましょう。

キスをするしないに関わらず口臭に気を付けることはとても需要な事です。

社会人としてのマナーとしても、決してないがしろに出来る問題では無いでしょう。

周りの人に不快な思いをさせてしまうかのうせいも大いにありますので、是非気を付けてください。

男性の喜びポイントを知っている

キスが上手いかどうかを判断するのは男性です。

つまりは、男性が喜ぶような事をすれば、評価は上がると言うものです。

こんな言い方をすると、怒られてしまう可能性もありますが、男性は単純な生き物です。

だからこそ、喜ばせる事もそう難しいことではありません。

相手の反応を見つつも、共通しているポイントを抑える事によって、男性を喜ばせる事が出来るでしょう。

一度そのコツを覚えてしまえば、その応用は簡単です。

様々な男性に使う事ができるよでしょう。

使い回しと考えてると気が引けますが、それもまた経験です。

多くの経験を自分の糧として、その技術を使う事は決して悪いことではないはずです。

自分も気持ち良くなっている

相手がいる事ですから、相手の事を考えるのは当然です。

相手をいかに気持ちよくさせるかを考えていきましょう。

しかしながら、相手の事を考え過ぎてしまい、自分の気持ちがないがしろになってしまってはいけません。

自分の気持ちも勿論大事にして下さい。

自分が気持ちよくなっていれば、それは相手にも伝わるはずです。

その気持ちがあるからこそ、互いに幸せな気持ちになる事が出来るのでしょう。

キスを楽しんでいる

キスは、最高のコミュニケーションでかり、スキンシップです。

相手を喜ばせようと色々考えてあげる事もステキな事ですが、そこばかりをいしていてもいけません。

大切な事はまず、互いに気持ちよくなる事を楽しむ事です。

難しく技術ばかり考えていると、楽しむ事を忘れてしまいます。

楽しんでこその技術であり、技術を向上させる為に頭でっかちになってしまってはいけません。

多少下手であったとしても、互いの気持ちがあった方が、よりよい気持ちを共有出来るはずです。

リラックスしている

何事も緊張しているとうまくいかないものです。

適度な緊張感は生活していく上で大切なことではあるものの、それがあり過ぎてもうまくはいきません。

キスを上手にしようとして、ガチガチに緊張してしまえば、楽しむ事も出来ずいいキスにする事も出来ないでしょう。

相手の事を考えたりシチュエーションを考えたりと考える事は沢山あるでしょう。

ですが、まずはリラックスする事を意識して見てください。

自分からリードできる

キスは、二人で行うものです。

だからこそ、相手の気持ちを考える事も重要です。

ですが、リードする方が決まっていた方が、より上手くいく可能性もあります。

例えば、男性がまだ不慣れな場合は女性かわ積極的にリードしていきましょう。

そうすることによって、男性もよりリラックスしてキスを楽しむ事ができるかもしれません。

リードさせるのも上手

基本的にはキスが上手い人として言うのは、自分からリードするものです。

ですが、男性の中には女性にリードされる事を嫌がる方もいる事でしょう。

それが男のプライドというものです。

そんな時は、リードさせている風に装う事も必要です。

本当にリードしているのは、勿論キスのうまい女性です。

ですがそれを感じさせず、さも男性がリードしているかのように見せるのです。

それこそが本当にキスが上手い女なのかもしれません。

舌使いが上手

キスには様々な種類があり、その中には舌を使ったものもあります。

舌を使うキスは、技術がより感じやすいものです。

『キスが上手い』と言われる人の場合は、この舌使いが上手い場合が殆どです。

独りよがりにならないように。

相手の気持ちを考えつつ、ベロキスを楽しんで見てください。

キスのバリエーションが多い

単調なキスはつまらないものです。

だからこそ、キス上手と言われる人の場合、色々なバリエーションを持っています。

そのバリエーションがあるからこそ、相手を夢中にさせる事が出来るのでしょう。

バリエーションを作るためには、やはり多くの研究をするしかありません。

キスは学校では教えてくれませんので、自分の恋愛の経験の中なから、色々な事を考えながら過ごす事がベストなはずです。

キスのうまい女になろう

いかがでしたでしょうか。

キスが上手い女の特徴やどうしたら上手くなるかという点を理解して頂けたでしょうか。

日常的に生活している上で、キスが上手いと改まって言われる事はそうそうある物ではありません。

むしろ、言われた事がある人は相当なテクニシャンです。

心配する事無く、自信をもって行動してください。

きっと殆どの人が、改まって聞かない限り自分のキスが上手いかどうかは分からない物です。

もし、勇気があるのであればこの機会に思い切って聞いてしまう事も一つの方法かもしれません。

そうした中で、気がつく事もあるでしょう。

もっとこうした方が上手くなるというアドバイスを貰う事が出来れば、それを実践する事によって、より自分の技術をアップさせる事が出来るかもしれません。

やたらめったら、その辺に歩いている人にそれを聞いて回るのは御法度です。

別の意味で大きな問題になってしまうでしょう。

ですが、恋人同士であれば問題ないでしょう。

それも踏まえて、全てが二人のコミュニケーションになってくれる事です。

例え、今キスが下手だたっとしてもここから努力する事によって技術はいくらでもアップするはずです。

パートナーの意見も参考にしつつ、自分の技術アップに挑戦してみてはいかがでしょうか。