CoCoSiA(ココシア)

中学生のキスで気を付けるべき20個のこと


中学生になって初めての恋人ができたという方も今の時代多いのではないでしょうか。

とは言えいざ好きな人と付き合って良い雰囲気になっても、キスの仕方が分からず困っているという方もいるかもしれません。

そこで今回は、中学生のキスの仕方について注意するべき点と併せてご紹介していきます。

まだ恋愛経験が少ない中学生だからこそ、お互いの気持ちを尊重し合うことが大切です。

恋愛は一人ではなく二人でしているということをきちんと理解し、お互いがお互いを大切にしあってステップを踏んでいきましょう。

️中学生でファーストキスをする人は多い

実際、ファーストキスは中学生でする人が多いと言われています。

今までは意識していなかったクラスメートや先輩を「異性」として感じるようになり、気が付いたら目で追うようになり、ドキドキするようになっていた。

そんなキュンキュンしてしまうような淡い恋心を抱くようになる時代なのが中学生。

そして、初めての恋人ができて、初めてのキスを経験するのです。

キスのやり方なんて人には聞けない…


とはいえ、初めてのキス。

やり方がわからないというのが本音ではないでしょうか?そして、キスのやり方なんて、恥ずかしくて人には聞けないという人がほとんど。

もし聞けたとしてもキスの仕方を伝えるのは恥ずかしいと思います。

そして、実際にキスの仕方を言葉で伝えるとても難しいのです。

正直、経験を重ねれば重ねるほど、キスが上手にできるようになるのです。

誰でも最初は初めてなので深く考える必要ありません。

とはいっても、ファーストキス。

やっぱり失敗したくないし、素敵な思い出にしたいと思う人は多いはず。

では、キスのやり方はどうやって学ぶのが良いのでしょうか?

キスのやり方はココで学ぼう

では、キスの仕方はどこで学べばいいのか。

答えは簡単「インターネット」で学ぶのが一番です。

インターネットで「キスのやり方」と検索をすると、たくさん情報がでてきます。

キスのやり方はもちろん、キスのシチュエーションやタイミングなども書いてあるため、キスのイメージが付きやすく、事前に学ぶことも沢山あるはずです。

初めてのキスだからこそ、思い出に残るものにしたいですよね。

だからこそ、インターネットで検索をしてイメージをしておくのも大事なのです。

️中学生のキスで気をつけるべき20個のこと


頑張ってキスについて学んだとしても、頭では理解したつもりでも、なかなか本番ではうまくいかなかった…という人も多いと聞きます。

では実際に中学生のキスで気を付けるべきことをお伝えしていきましょう。

1.急いでがっつかない

まず大事なのは心を落ち着けること。

急いでがっついてしまっては、せっかくのいい雰囲気を壊してしまいますし、ファーストキスに対していい印象が残らないはずです。

ファーストキスはドキドキして緊張してしまう瞬間だとは思いますが、まずは一息をついて心を落ち着かせることが大事ですよ。

2.慣れないディープキスはしない

そしてファーストキスは「フレンチキス」をおすすめします。

口と口がかすかに触れ合うくらいの簡単なフレンチキス。

それだけでも、お互いのドキドキは伝わりますし、記憶に残る良い思い出になるはずです。