CoCoSiA(ココシア)

人生に絶望した時の6個の対処法とそ...(続き6)

何せ働いていないのだからお金がない、責任感もない人間というと何を話しても無駄だと考えるのが普通の考えではないでしょうか。

自分が職についていないという負い目は大きな絶望感を生みます。

焦りやイライラも増して精神的に常に不安定な状態となるでしょう。

無理をしないでゆっくり前に進んでいこう

仕事やプライベートで今現在、人生に絶望して身動きがとれない人は、是非一度立ち止まって冷静に考えてください。

あなたは今、あなたの人生のストーリー、あなたの伝記を書き上げている最中です。

そのストーリーは今3分の1が終わったくらいかもしれないし、もうすぐ半分が終わるかもしれませんが、まだ物語の途中なのです。

ですから、今どんなに辛い状況だったとしても、まだストーリーは終わっていない。

まだまだこれからハッピーエンドに向けて、どんどんあなたの人生のストーリーを展開していくことが可能だということに気づいてほしいと思います。

今どん底であれば、そこでこの章は終わらせ、次の章からは新しく気持ちを入れ替えて、盛り返していくストーリーを思い描いていけばいいのです。

間違っても絶望したところで、話を終わりにするようなことをしてはいけません。

大きな谷を経験した人には、いつか大きな山も待っているはずです。

人生は結局ちゃんと帳尻があってくるものなので、辛い状況にいたとしても前向きに生きていくことで、いつか潮目が必ず変わってくるはずです。

何も自分を追い込み過ぎて無理をして頑張らないといけないと言っているのではありません。

一歩ずつ無理なく毎日確実に成長していくことが、後に大きな人生の逆転を生むということを忘れないでおきましょう。