CoCoSiA(ココシア)

朝礼ネタに困ったら!アイディアが浮...(続き3)

健康に関する話と言うのはどの世代にも非常に興味深い話です。

また、社会人となると基本的に自分で体調管理をし、仕事で結果を出すということが求められます。

ですので、ついつい体力に過信しがちな若い人であっても、そのような体調を整えることが必要になってきます。

社会人であれば体調を整え休まないようにするということも大切なので、その健康に関わることを朝礼で話し、健康に留意するようにするのも仕事上で大切なことです。

日頃の健康管理に役立つ

また、日頃皆基本的に健康管理をしています。

やはり、仕事上休むのが難しい人は特にそうなのではないのでしょうか?

例えば冬の時期であれば、インフルエンザワクチンを打つ人も多いのではないのでしょうか?

インフルエンザワクチンを打てば全くかからないというわけではないですが、仮にかかっても脳症になる確率を減らしたり、症状を軽くする効果があると言われています。

そのような話題に出すことで、他の人たちも気をつけようと思うこともあるので、朝礼のネタにももってこいです。

朝礼ネタの話題例7選

では、朝礼ネタとして鉄板になれるものにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、朝礼ネタの話題例をご紹介していきます。

1.今日は何の日か

今日は何の日かと言うのは重宝する話題です。

それは何故かと言うと、1年365日何かにつけ何の日というものがあるからです。

しかも、1つだけではなく複数ありますので話題に事欠きません。

その日が何の日かをリサーチし話を考えていくと、事前に準備ができるので言葉に詰まることがありません。

2.偉人の言葉

偉人の言葉も大変参考になります。

偉人は基本的に人とは違うことを成し遂げているので、言うことも深かったり参考になることが多いです。

それをビジネスの場でどう活かしていくかというのは非常に参考になるのです。

早速、偉人に関する言葉について調べていくと、なんと漫画で取り上げられているような名言まであるのです。

有名なところだとスラムダンクの、「諦めたらそこで試合終了」という言葉ですね。

こちらは若い方も知っている人が多いのではないのでしょうか?

実在した偉人の言葉としては、かのパナソニックの社長松下幸之助さんの「叱ってくれる人は持つ事は大きな幸福である」と言うようなものもあります。

こちらは、仕事の場で非常に役立ちそうですね。

3.ことわざ

諺も非常に役立つものです。

昔から慣れ親しむれている事ですので、人生の側面で非常に役に立つような言葉もあります。

例えば、「早起きは3文の得」というのがありますね。

やはり、昼から起きて活動を始め、夜に寝られずに夜更かしするよりかは朝早く起きて、昼昼にしっかりと活動して夜早く眠る方が、やはり人間の家にかなっているような気がするのです。

ですので早起きは3文の得とはよく言ったものだと思ったものです。

いろいろな諺があるので、仕事に役立つような諺を調べてみると良いかもしれません。

4.ビジネスマナー

仕事でビジネスマナーは外せません。

お客様相手だと特に失礼がないようにしなければなりません。

ですので、気をつかっているつもりでも、意外とイラっとされていたりすることもあるようです。

例えば、最近は「何々でよろしかったでしょうか?」という言葉に不快感を示す人がいます。

ですが言う人にとってはそれが非常に丁寧だと思っており、決していらだたせることを目的に話しているわけではありません。

ですので、朝礼でどのようなビジネスマナーが正しいのかということを今一度確認すると言う意味で、ビジネスマナーについて取り上げるのも良いでしょう。

【ビジネスマナーについては、こちらの記事もチェック!】

5.タメになる話

ためになる話は朝礼にはもってこいです。

ためになる話と言うのもネットで調べると出てきますので検索してみると良いでしょう。

興味がありそれを話題にしてみたい方はぜひ一度検索してみてください。

きっと、話してみたくなったり参考になると思います。

6.間違えて覚えていたこと

長年生きていると勘違いすることことがよくあります。