CoCoSiA(ココシア)

朝礼ネタに困ったら!アイディアが浮かばない時にやることや7個の話題例を紹介

会社で朝礼があるという人もいると思います。

朝一番にポジティブな言葉でスタートするとそれが仕事のモチベーションになることもありますよね。

そんな朝礼も、 毎日のことだとネタがなくなって何を話すか迷ってしまう人 も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、朝礼ネタを考える6個のポイントと7個の話題例をご紹介していきます。

朝礼ネタに困ったらこの記事を参考に朝礼ネタを考えてみてくださいね。

今すぐ使える朝礼ネタを考える6個のポイント

朝礼と一口にいっても闇雲に話せばいいわけではありません。

仕事に関連していたり、その仕事にとりかかる人が興味が持てるのかと言うことを大事にしましょう。

そして、たとえ自分の仕事に関連があって、ためになるような話であっても聞き手が退屈するようでは意味がありません。

モチベーションを上げると言う意味の朝礼では、 聞き手が退屈せず楽しんで聴けるか も重要視したいものです。

では、朝礼ネタを考えるポイントをご紹介していきます。

1.仕事に関わること

仕事に関わることを話すのが大事なのは言うまでもないでしょう。

例えば、商社の方であれば暑い時期なら、そのような暑い時に売れる商品について取り上げるのも良いと思います。

モチベーションをあげられるように

基本的に叱咤激励形やネガティブ系だと朝からテンションが下がってしまうことがあります。

朝9時台は1番調子が出る時間帯だと言われています。

ですので、その力がみなぎっているときに、 さらに力が出るようなポジティブな言葉 を仕事のことに絡めて言うようにしましょう。

そうすることで、それが元気を与える時間になり、やる気にも繋がります。

皆が興味を持ちやすいように

また、皆が興味が持ちやすいような話題がいいことにも目を向けていきましょう。

もし朝礼のネタについて悩んでいるのであれば、 朝礼で話すのが上手い人の話に耳を傾けてみる と良いでしょう。

そこでどんな言葉や話題をチョイスするのかをつぶさに見学しましょう。

特に、新人の方は何を選んだらよいのか分からないですよね。

ですので、そこは先輩や上司の真似をしてみるのも良いと思います。

もちろん、仕事に関する事で朝礼のネタを考えるのがどうしても不得手であれば、仕事に直接関係する話以外の話題や、健康に関わることなどについても話してみるのも良いでしょう。

2.季節感のある話

朝礼ネタに季節感のある話をしている
仕事に関する事となると具体例を挙げるのが難しいところがありますが、 季節感のある話であれば比較的話しやすい のではないのでしょうか?

日本には四季がありますので、季節のことに関しては話題を欠きません。

ですので、この季節感に関する話題については比較的ネット上のスピーチの例文なども取り上げやすいのではないのでしょうか?

また、取り扱いの商品によっては、この四季が非常に関係してくるところもあるので、そこで仕事の話と絡めていってもいいかもしれません。

季節に合わせた会社内の動き

季節に関することを扱っている人も多いのではないのでしょうか?

例えば、台風が直撃することによって、結果的に利益が潤うような業者もありますよね。

災害が来ることで一気に注目を集めるのは防災関係のジャンルです。

普段なんともない時はそこまで意識されないけれど、そのような災害があると一気に注目を集めるというのはこの商品の特徴ではないでしょうか?

もちろん、地震などのように季節に関係がないものもありますが、基本的に台風などが来やすい夏にそのような意識が向くことが多いのではないのでしょうか?

このように、 季節によって色々と会社内で動きがあるという業者 はこのような話題も良いと思います。

季節の話題は身近に感じやすい

日本人は基本的に色折々の季節を肌で感じながら生きています。

最近東南アジアの方も発達してきて、そちらで隠居生活をしている人もいるようですが、だんだんと四季が恋しくなるような話を聞いたことがあります。

このように、たとえ日本から離れてもその四季折々の感覚と言うのは多くの人が持っているようです。

ですので、今日本に住んでいる人だったらなおのこと、 肌でその季節の移り変わりを感じていますので、身近に感じやすく共感を得やすい ところがあります。