朝礼ネタに困ったら!今すぐ使えるネタを考える6個のポイントと話題例7選のイメージ写真
皆さんは朝礼で何か話すことありますか?

いろいろな社風なところがあり、人数が多い所ほどしっかりと朝礼をするようなことが多いです。

そして、少人数だったりすると、それをあまりしないこともあります。

少人数と言うと、大体事務部門に2人きりなどという規模であると、朝礼をする習慣にはなかなかつながりにくいところがあります。

著者の会社もいろいろな営業所がありますが、いろいろなところで話を聞くところによると大体4人以上となると、朝礼をした方がモチベーションが上がることもあります。

ですので、朝礼をする習慣があるのであればぜひそれを大切にしたいものです。

著者のところにも営業所が複数ありますが朝礼をしっかりするところのほうが売り上げが上がるのです。

やはり、朝1番に非常にポジティブな言葉でスタートするとそれが仕事のモチベーションになることがあります。

ですが、この朝礼の時に、「売れ!」とか「ノルマ達成しろ!」と言うような叱咤激励だとなかなかモチベーションが上がらないものです。

では、モチベーション上げるような朝礼ネタとはどのようなものがあるのでしょうか?

一つ一つ見ていきましょう。

今すぐ使える朝礼ネタを考える6個のポイント

朝礼と一口にいっても闇雲に話せばいいわけではありません。

やはり、仕事に関連していたり、その仕事にとりかかる人が興味が持てるのかと言うことを大事にしましょう。

極端な例を挙げると、男性向けの商品を扱っている企業に勤めているのに、女子高生の流行の事について話してもなかなかモチベーションアップにはつながりませんしためにならないところがあります。

このように、自分が勤めている職業に関連があるのかということと、興味が持てるのかを意識して話した方が良いのは言うまでもありません。

そして、たとえ自分の仕事に関連があって、ためになるような話であっても聞き手が退屈するようでは意味がありません。

モチベーションを上げると言う意味の朝礼では、聞き手が退屈せず楽しんで聴けるかも重要視したいものです。

では、朝礼ネタについていろいろと見ていきましょう。

1.仕事に関わること

やはり言うまでもなく、仕事に関わること大事なのは言うまでもありません。

著者の妻が以前勤めていた所では、いわゆる水不足の時に非常に重宝する商品を扱っていたとかで、とある管轄地区が水不足になりやすく、売り上げが非常に多かったと言うこともあり、そのような気候に関することも仕事に関することであったりします。

このように、仕事に関わる事と言うと広く当てはめていくと非常にたくさんあるのです。

商社の方であれば例えば暑い時であれば、そのような暑い時に売れる商品について取り上げるのも良いでしょう。

モチベーションをあげられるように

その時に、基本的に叱咤激励形やネガティブ系だと朝からテンションが下がります。

やはり、朝は力がみなぎっている時です。

夜に眠り朝に起きるという生活をしているはずですので、基本的に目覚めてから数時間しか経っていない時なので調子が良くなるのは言うまでもありません。

そして、もちろん起きる時間にもよりますので一概には言えませんが、朝9時台は1番調子が出る時間帯だと言われています。

ですので、その力がみなぎっているときに、さらに力が出るようなポジティブな言葉でそれをするようにしましょう。

ですので、仕事のことに絡めてポジティブな言葉を言うようにしましょう。

そうすることで、それが元気を与える時間になること間違いなしです。

皆が興味を持ちやすいように

また、皆が興味が持ちやすいような話題がいたことにも目を向けていきましょう。

ただこの話がいいと言われても、仕事に関する内容的なそれぞれですので、なかなか具体例を出すの難しいところがあります。

ですので、もし朝礼のネタについて悩んでいるのであれば、朝礼で話すのが上手い人の話に耳を傾けてみると良いでしょう。

そこでどんな言葉や話題をチョイスするのかをつぶさに見学しましょう。

特に、新人の方であったりすると何を選んだらよいのかというのはよく分からないところがありますよね。

ですので、そこは先輩や上司の真似をしてみるのも良いでしょう。

もちろん、仕事に関する事で色々と朝礼のネタを考えるのがどうしても不得手であれば、仕事に直接関係する話以外の話題や、健康に関わることなどについても話してみるのも良いでしょう。

2.季節感のある話

朝礼ネタに季節感のある話をしている
仕事に関する事となると具体例を挙げるのが難しいところがありますが、季節感のある話であれば比較的話しやすいのではないのでしょうか?
例えば、北海道や東北などと、沖縄や九州などでは気候は若干確かに違うところがありますが、基本的に日本には四季があります。

ですので、その色折々の話題を取り上げると言うことで、日本に住んでいる限り季節のことに関しては話題をかきません。

ですので、この季節感に関する話題については比較的ネット上のスピーチの例文なども取り上げやすいのではないのでしょうか?

また、取り扱いの商品によっては、この四季が非常に関係してくるところもあるので、そこで仕事の話と絡めて行ってもいいかもしれません。

この記事を作成しているのは夏ですが、この夏の時期だと、最高気温の話とか、クールビズの話、食べ物の話なども良いのではないでしょうか?

季節に合わせた会社内の動き

いろいろな業者がありますので一概には言えませんが、季節に関することを扱っている人も多いのではないのでしょうか?

詳しいことを言うと、どのようなところかが分かるので詳しい話は伏せますが、著者のところも季節に少々関係するところがあります。

しかも、とあるところに台風が直撃することによって、結果的に利益が潤うような少々喜んでいいのかよくわからないような業者です。

意外と、そのような業者も多いのではないのでしょうか?

例えばですが、最近西日本が豪雨で災害が起こっています。

このように、災害が来ることで一気に注目を集めるのは防災関係のジャンルです。

普段なんともない時はそこまで意識されないけれど、そのような災害があると一気に注目を集めるというのはこの商品の特徴なのではないのでしょうか?

もちろん、地震などのように季節に関係がないものもありますが、基本的に台風などが来やすい夏にそのような意識が向くことが多いのではないのでしょうか?

このように、季節によって色々と会社内で動きがあるというのは著者の勤めているところの業者やいろいろな企業であるのではないのでしょうか?

季節の話題は身近に感じやすい

日本人は基本的に色折々の季節を肌で感じながら生きています。

例えば、日本の寒い季節が嫌だと言って南国に移住した人でも、だんだんと季節の帰り目が恋しくなると言う話をよく聞くことです。

例えば、最近東南アジアのほうも発達してきて、そちらの方で隠居生活をしている人もいるようですが、だんだんとそのような四季が恋しくなるような話を聞いたことがあります。

このように、たとえ日本から離れてもその四季折々の感覚と言うのは多くの人が持っているようです。

ですので、今日本に住んでいる人だったらなおのこと、肌でその季節の移り変わりを感じていますので、身近に感じやすく共感を得やすいところがあります。

確かに、季節の変わり目で、例えば日中は暑いのに夜が寒いと言うような体調管理に非常に難しい季節があったりと、少々めんどくさいことがありますが、このめんどくささと折り合いつけながら生きているのが日本人なのかもしれませんね。

ですので、季節の話題は朝礼にはもってこいです。

3.自己啓発について

基本的に企業は利益を出すことを目的にしています。

ですので、結果が全てと言うところがあります。

ですので、努力をしなくてもそのような結果を出し切れる人であれば良いのですが、大抵の人は努力に努力を重ねて結果を出しているのではないのでしょうか?

そこで必要なのは自己啓発です。

著者も若い時はその自己啓発を色々とやってきました。

そして、今家族を養う力がある位に稼ぎだせましたので、その結果を出したのも自己啓発あってこそと思っております。

ですので、仕事上で大切な自己啓発についても朝礼のネタにするのはもってこいです。

そのような話は多くの人にとって参考になるものです。

語り始めると長くなりやすいジャンルですが、それをどうにか短くまとめて、皆の心に響く朝礼にしたいものですね。

普段から本を読み知識を豊富に

朝礼ネタのために普段から本を読み知識を豊富にしている
そうはいっても、普段からすぐに思いついて話すというのは難しいものです。

このような話については、色々と知識を蓄えることが必要です。

そのためにも、一夜漬けの話は基本的には難しい話題だと思って間違いないです。

ですので、普段から本を読むということを大切にしましょう。

忙しくて本が読めない人もいるかもしれません。

ですが、最近はスマホなどもありますので、すきま時間に少しでも読んでみるということをお勧めします。

1冊まるまる読むのがどうしてもしんどいのであれば、まずは興味をがある項目から読んでみるのはいかがでしょうか?

著者の妻は最近断捨離と言うものにはまっておりまして一緒にそのようなブログを見させてもらいましたが、本についての断捨離についても触れられていて、興味があるものを読み進めていって、もうそれが終わったら処分すると言うようなことが書かれているのを見ました。

意外と1冊まるまる読まないといけないと言う思い込みは、本を溜めるだけで意外と吸収しきれないものなんだなと思いました。

ですので、ひとまずは興味のあるところつまみ読みをすることから始めてみましょう。

もしかしたら、それを繰り返すだけで1冊読み切れるかもしれません。

すぐに活かせるアドバイスに

そして、知識を蓄えることも大切ですが、その後にそれをどう役立てるかということも大切です。

それを理解して噛み砕いて自分ならどうするかということを考えてみましょう。

その本を読んだ感想というのは人それぞれですので、皆違っても良いのです。

それを読んだ上でどう噛み砕くかが重要です。

4.時事ニュースについて

多くのジャンルにとっては時々ニュースは大変大切なことです。

今は、西日本が豪雨で災害になっていて大変ですよね。

ですので、一部宅急便や郵便などの発送が止まっているところもあります。

日本全国に商品の取り扱いをするようなところだと、そのような情報を仕入れることが非常に大切です。

商社のようなところだと、いついつまでに届く予定だと言っていたのに届かないと大きなトラブルの元です。

そして、多くの人にとっては、人々の役に立つことに貢献する仕事ですので、世の中がどのように流れているかというのはたいていの業者で必要になってくることです。

ビジネスにおいて最新のネタに触れることは大事

たいていの仕事においては、最新のネタに触れる事は非常に大切です。

ですので、ビジネスマンとしては最新の情報を仕入れる事は非常に大切なのです。

こちらの時事ネタであれば世の中の流れと言うのはネットで調べたり新聞でよくがすぐにわかることですので、非常に取り上げやすいところがあります。

中には、時事ネタを取り扱ったアプリまであります。

ですので、そのようなアプリをダウンロードしてみるのも1つの手です。

もちろん、アプリばかりではなく、サイトでもそのようなことがあります。

しかも、中にはそのことを取り上げている人の一言の感想があったりするので、それを丸ごと引用をしてしまうという手もあるのだそうです。

このような時事ネタに関しては、それに関して非常に助かりますよね。

ですので、そのような朝礼ネタに困ったときのためにも時事ネタを常にチェックしておくと良いでしょう。

他の社員のフォローにもなる

このような時事ネタが仕事に直結することもあるのではないのでしょうか?

そういう時は、他の人が知らなかったけれど知れたと言うことで、フォローになることもあります。

ですので、そのようなフォローと言う意味合いでも、より仕事内容に近い時事ネタを仕入れるのは良いでしょう。

先程の妻が以前勤めていた企業の話だと、水不足に関する話題というのは非常に貴重だったようです。

どういうわけか商品が売れているというよりかは、こういうことがあったからこのような商品が売れるっていうのがわかったほうがより良いのは言うまでもありません。

とある保険のCMであったのですが、橋を作る知らされることなくただ漠然と作るのか、橋を作ると知らされた上で作るとかで仕上がりが違うと言うのがありましたね。

それはこのような場でも言えるのではないのでしょうか?

5.トレンド情報

またときにはトレンド情報も非常に朝礼に参考になるものです。

やはり仕事に直結することですのでどうしても仕事の堅い話になります。

ですが、それも続いてばかりではだんだんと退屈をしてくるものです。

ですので、そのようなトレンド情報を流入れていってもいいでしょう。

例えば、テレビで見たようなことを話しても良いですし、色々とネットで調べた情報による笑えるネタと言うのでも良いです。

ただ、真面目な人がいきなり笑える話チャレンジすると、滑った時がなかなか立ち直れないところがあるかもしれません。

決してウケを狙うと無理をしなくても良いのですが、そのような話ができたら場が和むは言うまでもありません。

ですが、それが難しいということであれば、テレビで知れたようなトレンドネタを取り込むと良いでしょう。

また、今日は何の日?と言うのも非常に良いですよ。

何かにつけ、何々の日というものはあります。

少しネットで調べた情報によると、8月29日は焼肉の日など、このようないろいろな日の設定があります。

短時間で簡単に話せる

このような、朝礼でトレンド情報が良い理由の1点としては、基本的に短時間で話すことができるということです。

やはり、朝は忙しいですので、朝礼をしている最中に電話が鳴るようなこともあります。

ですので、改まった話はせず、簡単な話で終わらせることができるのもちょっとトレンド情報の良いところです。

もちろん、朝礼で真面目な話をするのも良いですが、ときにはそのような手軽な話で終わらせ、手早く朝礼を終わらせてみるのも悪いことではありません。

固い話題が続いた時に

朝礼と言うのは基本的に担当制で、いろいろな人が日々話す状態であることが多いですが、やはり人によっては硬い話題ばかりをチョイスされてしまう事はよくあることです。

やはり、仕事の場ですのでついつい真面目な話が増えてしまうのは言うまでもありません。

そこで、硬い話題を崩すと言う役割も悪くないのではないのでしょうか?
先ほども朝礼について触れたように、朝礼は基本的にポジティブに明るく頑張れると言うことを趣旨としているものです。

ですので、ときにはふっと笑えるような話を話題にするのは悪くありません。

やはり、真面目である事は大切ですが、人間は遊びが必要です。

もちろん人間ばかりではなく、機械でもそうですよね。

遊びがなければ壊れてしまうようなものもあります。

ですので、そのような遊びの部分を朝礼に取り入れてみるというのは良いのではないのでしょうか?

6.健康に関わること

我々40代以降に関しては特にそうですが、健康については誰しもが気になることです。

やはり、元気な体がなければ働くこともできません。

ですので、健康と言うと40代以降の我々ばかりではなく、若い人にとっても非常に気になるものなのではないのでしょうか?
ですので、この健康に関する話と言うのはどの世代にも非常に興味深い話です。

また、社会人となると基本的に自分で体調管理をし、仕事で結果を出すということが求められます。

ですので、ついつい体力に過信しがちな若い人であっても、そのような体調を整えることが必要になってきます。

社会人であれば体調を整え休まないようにするということも大切なので、その健康に関わることを朝礼で話し、健康に留意するようにするのも仕事上で大切なことです。

誰もに気になる情報

先ほども触れたように、誰しも健康に関しては気になるものであることは間違いないです。

会社に出勤をして働く人であれば、基本的にあまり欠勤がない状態にしたいものです。

確かに有給休暇はありますが、なるべくその体調不良で消化するのではなく、リフレッシュのために消化したいものです。

そして、基本的に体が資本ですので仕事で良い結果を出していくためには、健康な体と言うのは非常に大切なものです。

ですので、健康に留意し、より仕事上で結果を出していくことが求められます。

著者も、管理職となり基本的に色々と重要なことを任されています。

ですので、自分が休むとなると、色々と困ったことが起きるところがあるので、体調には常に気をつかっています。

日頃の健康管理に役立つ

また、日頃皆基本的に健康管理をしています。

やはり、仕事上休むのが難しい人は特にそうなのではないのでしょうか?

例えば冬の時期であれば、インフルエンザワクチンを打つということをする人も多いのではないのでしょうか?
確かに、インフルエンザワクチン自体にはインフルエンザに全くかからなくなる効果はないと言われています。

ですが、仮にインフルエンザにかかっても脳症になる確率を減らしたり、症状を軽くする効果があると言われています。

ですので、インフルエンザワクチンと言うと子供が受けた方が良いと言うイメージがありますが、大人が受けるのも非常に有効なことです。

また、深酒をせずに早く寝るとか、そのような事でも健康管理にはひと役買っています。

そのような話題に出すことで、他の人たちも気をつけようと思ったりもしますので、朝礼のネタにももってこいです。

朝礼ネタの話題例7選

では、朝礼ネタとして鉄板になれるものにはどのようなものがあるのでしょうか?

困った時は基本的に下記の内容を出しておけば困る事は無いのではないのでしょうか?

なるべく、1つに偏らないように、まんべんなく取り上げられたらいいですね。

では、朝礼ネタとしてちょうど良い話題について取り上げていきましょう。

1.今日は何の日か

今日は何の日かと言うのは大変重宝する話題です。

それは何故かと言うと、1年365日、閏年がある時で366日何かにつけ何の日というものがあるからです。

著者の車も色々と話す機能があるのですが、エンジンをかけるとまず「何月何日今日は何の日です。」ということをアナウンスします。

どんな時に乗っても大抵何の日かとを言うのでたいていは何の日という設定があります。

今、1年365日に何の日かあるかを調べるべく7月のページを見ていますが、本当に毎日何の日かがあります。

しかも、1つだけではなく複数ありますので、非常に話題に事欠きません。

ですので、何の日かと言うのは大抵話題に困りませんので予め朝礼で話す日が決まっているのであれば、その日が何の日かをリサーチし話を考えていくと、話題に事欠きませんし、事前に準備ができるので言葉に詰まることがありません。

2.偉人の言葉

また偉人の言葉も大変参考になります。

偉人は基本的に人とは違うことを成し遂げているので、言うことも非常に深かったり参考になることが多いです。

それをビジネスの場でどう活かしていくかというのは非常に参考になるのです。

早速、偉人に関する言葉について調べていくと、なんと漫画で取り上げられているような名言まであるのです。

ですので、このような言葉でしたら若い方でもご存知の方は多いのではないのでしょうか?

非常に有名なところだとスラムダンクの、「諦めたらそこで試合終了」という言葉ですね。

こちらは若い方もかなり知っている人が多いのではないのでしょうか?

実在した偉人の言葉としては、かのパナソニックの社長松下幸之助さんの「叱ってくれる人は持つ事は大きな幸福である」と言うようなものもあります。

こちらは、仕事の場で非常に役立ちそうですね。

3.ことわざ

また諺も非常に役立つものです。

やはり、昔から慣れ親しむれている事ですので、人生の側面で非常に役にたつような言葉もあります。

例えば、「早起きは3文の得」というのがありますね。

早起きをすると得をすると言う話ですが、確かに朝早く起きたほうが、1日がすんなりと行くのは体験済みです。

もちろん、夜勤の人であれば例外もあるのでしょうけれど、基本的に朝早く起き、身支度をしっかりとし、そこから会社に出勤をすることで時間に余裕があれば、色々と仕事の準備に取り掛かることもできますし、仕事を前倒しで終わらせることもできます。

休日の朝に対しても同じことが言えますね。

やはり、昼から起きて活動を始め、夜に寝られずに夜更かしするよりかは朝早く起きて、昼昼にしっかりと活動して夜早く眠る方が、やはり人間の家にかなっているような気がするのです。

ですので早起きは3文の得とはよく言ったものだと思ったものです。

もちろん、いろいろな諺があります。

きっと仕事に役立つような諺もあるのではないのでしょうか?

4.ビジネスマナー

また仕事で大切な事はビジネスマナーは外せません。

お客様相手だと特に失礼がないようにしなければなりません。

ですので、気をつかっているつもりでも、意外といらっとされていたりすることもあるようです。

例えばですが、最近は「何々でよろしかったでしょうか?」と言う言葉に不快感を示す人がいます。

ですが言う人にとってはそれが非常に丁寧だと思っており、決してそのようにいらだたせることを目的に話しているわけではありません。

ですので、朝礼でどのようなビジネスマナーが正しいのかということを今一度確認すると言う意味で、ビジネスマナーについて取り上げるのも良いでしょう。

【ビジネスマナーについては、こちらの記事もチェック!】

5.タメになる話

またためになる話は良い話も朝礼にはもってこいです。

ためになる話と言うのもネットで調べるといろいろとなっていますので検索して調べてみると良いでしょう。

こちらは雑学系を調べてみるといいでしょう。

著者が参考になったのは、電話マナーの雑談とかは非常に参考になりますね。

工場で基本的に人と話すことがない部門以外だと基本的に電話対応はありますので、多くの人に参考になります。

興味がありそれで話題にしてみたい方はぜひ一度検索してみてください。

きっと、話してみたくなったり参考になること間違いなしです。

6.間違えて覚えていたこと

やはり長年生きていると勘違いすることことがよくあります。

著者自身の身の回りの人でも非常に秀才な人なのですが、とある言葉を間違えて覚えていて所々不思議に思うようなことがありました。

ですので、どんなに秀才な人でも間違えて覚える事はよくあるのです。

子供のその勘違いが正されるのが1番なのですが、やはり大人になってもずっと間違えて覚えている事はよくありますね。

詳しい事は伏せますが、とある漢字を間違えて覚えているような人もいました。

このように自分が間違えて覚えていたことはもしかしたら他の人も間違えて覚えていたなんてこともあるかもしれません。

ですので、それをあえて朝礼のネタにするのも良いでしょう。

7.〇〇さんを承認

そして、それも1番の目的でのモチベーションを上げる事と言う話をしましたね。

ですので、モチベーションを挙げる最も良い方法としては、とある方を認めることです。

そうすることで、その認められた人も嬉しいですし、こうすれば認めてもらえると言うことで、その目的に近づいていくこともできます。

もちろん、仕事は結果を出すのが全てで認めてもらうことが目的では無いことは承知の上ですが、やはり人間は認められたいものです。

ただ、やはり大事な事は、まんべんなくいろいろな人を承認する様な事をした方が良いのは言うまでもありません。

例えば、その認める人が異性である、「あの人のことが好きなのでは?」と言うあらぬ誤解を招くこともありますし、えこひいきをされていると言う誤解を招かれても良くありません。

自分の心情が悪くなる中だけでしたまだしも、そう思われている人も妬みの対象になることがありますので、承認をするということになると複数の人をまんべんなくということが非常に大切です。

職場内の人を褒める

やはり人間は褒められると嬉しいものです。

ですので職場内の人を褒めるのは、良い関係を築いていく上で大切なことです。

やはり人間は仕事上で結果を出すのが全てと言われていても認められると嬉しいものです。

モチベーションアップのために、このような職場内の人を褒めるのも非常に良いことです。

よい関係が広がっていくように

基本的にこの職場の人を褒めるのは、良い関係を広がっていくようにするのです。

ですので、たった1人の人だけを褒め続けるような偏りが出てくると、逆に人間関係に歪みが生まれることがあります。

ですので、なるべく職場の人を褒めるとしたらまんべんなくすることが大切です。

もしどうしても、褒めると嫌味っぽいとか白々しいようなことになってしまう人が多いのであれば、その職場内の人を認めるよりかは雑学系などの無難な話題の方が良い可能性もあります。

聞き手の視点で考える(まとめ)

なかなか自分が主体ですので、聞き手がどう思うのかというと少々難しいところがあるかもしれないけれど、なるべく聞き手の視点で考えて、聞いてて楽しいと思うかどうかを考えるのは非常に重要です。

皆さんも、いろいろな朝礼ネタの例を見て、より良い朝礼ができるようにしましょう。