CoCoSiA(ココシア)

アラフォーでもモテる女性の3個の特徴!何が違うの?


アラフォー(37歳~43歳程度)になると、もうさすがにモテないと諦めている女性は少なくありません。

しかし、モテる女性はモテています。

それは顔やスタイルは関係なく、アラフォーでも異性を惹きつける魅力を持っている人物です。

まだまだ恋愛を楽しみたい、異性からモテたいと思う女性は、モテるアラフォーの特徴を理解して自分に取り入れてみましょう。

この記事の目次

アラフォーでもモテる女性の3個の特徴

まずはモテるアラフォー女性に多い特徴をどんどん見ていきましょう。

その中で「自分には無いな」「足りないかもしれない」「見当はずれのことをしちゃっていたかも」と思えることが見つかるかもしれません。

1.「女性」でいるから


モテないアラフォー女性は女を捨てていますが、モテるアラフォー女性はいつまでも女であることを意識し、美しさを保とうと努力しています。

それも、若作りではなく年齢に合った美しさを引き出しているため、下品でも痛々しくもありません。

より細かなポイントをチェックしてみましょう。

髪や爪など先端まで手入れが行き届いている

ヘアアレンジやネイルアートといった小細工ではなく、質を重視した手入れができているかどうかで全く変わってきます。

まず髪については、アラフォーになるとさすがに白髪も出てきますから、ただ老けたとは思われないように工夫することが必要です。

1~2本くらいが目立つという場合にはカラーリングがおすすめですが、白髪が多くなってきたらあえて活かすというのもアリです。

大切なのは髪のツヤで、年齢とともに髪がパサついてきたらクリームやオイルで補填する必要があります。

また、頭皮も若い頃と比べると固くなっていき、抜け毛の原因にもなりますから毎回のシャンプーのときにマッサージしましょう。

爪は磨くだけでも十分ピカピカになります。

甘皮も処理してツヤツヤになるようにヤスリで磨きましょう。

黄ばみが気になるときは重曹を水で練ったものに指ごと浸けておくか、歯磨き粉で磨くと白さが戻ってきます。

服も機能性だけでなくトレンドを取り入れている

女を捨て始めるとデザインより機能性を選ぶようになってきますが、アラフォーはまだまだそこに行くには早すぎです。

もっとおしゃれを楽しみましょう。

もちろん、自分の体型や顔に合ったおしゃれをすることが魅力を引き出す前提になるため、トレンドは追いかけるのではなく取り入れる程度で構いません。

流行の色を差し色に使ってみたり、ファーが流行ればキーホルダーなどでさりげなく取り入れるなどのバランスが大切です。

肌が白く透明感がある

モテるアラフォーは年齢による肌の変化に合わせたスキンケアをし、栄養と睡眠を十分にとっているので肌が白く透明感があります。

しかし、年齢とともに肌の調子が悪くなってくる女性はとても多いです。

30代に差しかかると肌の水分も油分も減少するため、それまでオイリー肌だったのに乾燥肌になったり、肌を構成する成分がほどけてハリや弾力が失われたり、紫外線やストレスによるダメージでシミやシワも目立ってきます。

また、顔だけでなく年齢が出やすい首や手の甲のケアも必要です。

お風呂上りにタオルドライしただけでは自己回復力が追い付きません。

シワやシミの要因となってしまいます。

これらの悩みを抱えてしまうのは、年齢で肌の質が変わってきているのに、若い頃とケアを変えていないからです。

自分の肌に何が不足しているのかを分析して補給したり、それまでは無茶苦茶でも乗り切れていた生活習慣を見直す必要があります。

恥じらいをもっている

独身かつ仕事人間で通してくれば、まだまだ「女だから」と馬鹿にされたり、どれだけ実績を上げても「女」としか見られずイヤらしい言葉もかけられてきたことでしょう。

それを笑い飛ばせるようになるには、恥じらいなんて忘れたことにして仮面を被り、気を張ってきたという女性も少なくないはずです。

ただ、モテる女性はその仮面の脱着ができます。

プライベートになれば恥じらいのある女性としての自分に戻ってこれることがモテないアラフォー女性との大きな違いです。

若い頃の恥じらいは可愛らしさとして表れますが、大人の女性の恥じらいは色気や上品さとなって現れます。

だからこそ、ちゃんと意中の男性に意識してもらえるのです。

自分に似合うメイクを知っている

アラフォーがギャルメイクをしていると、さすがに「おいおい、ちょっと待て。

冷静になれ」と思ってしまいますが、自分の肌色や骨格、髪の色などを総合して一番似合うメイクをしている女性は素敵です。

プライベートと仕事とでメイクを変えている人もいます。

雰囲気がガラッと変わるギャップに、思わず女性として意識し、魅力を感じる男性は多いです。

2.知識・経験が豊富だから

アラフォーになるまで花嫁修業中で実家に寄生しているような女性は別として、1人で自立して生きてきた女性なら知識がなくては生きてこれなかったでしょうし、プライベートでも仕事でも経験豊富です。

若い頃には見えていなかった視点で物事を見れるようにもなってきているため、自分が身に着けてきた知識や経験がどこで活かせるか、誰にとって響くかということも心得ています。