女子からのLINEってめっちゃ難しいですよね。

脈ありかと思ってグイグイ攻めたら「マジ勘違い男とかキモイんだけど…」なんて言われて鳩尾あたりがヒュンと冷えた経験のある男性も結構いるのではないでしょうか。

もう、好きじゃないのに好きとか言わないで欲しいし、好きでもないのにハートとかつけないで欲しいんですけど、あれ何なんですかね。

勘違いさせといて「勘違いすんな」とかマジで悪魔です。

でも仕方ない。

相手がそうならこっちが察するしかない。

というわけで、脈あり女性のLINE、勘違いしやすいLINEについて見ていきましょう。

LINEで脈ありかって判断出来る?

正直かなり難しいです。

女子からきたLINEの内容を女友達に読んでもらって「これは完全に脈ありでしょ」と言われたって違うんですから、これさえ来たら絶対脈ありっていう文言なんて存在しません。

ではどうしたら判断できるのか。

それは複数の情報を組み合わせることがポイントとなります。

好きな人へのLINEの文面などには気を遣う女性がほとんど

本当に好きな相手にこそ緊張もするし、変なこと言って嫌われたくはないから自重もします。

ですから、基本的には好意が控えめな文面になるはずです。

一方、どうでもいい男に思わせぶりなLINEをして弄ぶ時は気を遣いません。

うっかり惚れさせることができればゲーム終了といった感じ。

露骨に「●●くんのこと好きだよ」とかは言わずに、相手のことを知りたい、私のことを知ってほしい、意識してくれるかな、という探り探りな文面かどうかをチェックしましょう。

LINEで好きな人へアピール・駆け引きをする女性も多数

イケイケの百戦錬磨女子はこの傾向がありますが、こういった女性の「好き」自体、少々疑ってかかる必要があります。

10代~20代前半の女性や、恋に恋するタイプにありがちで、その恋を掴むまでのプロセスを重視しています。

付き合ってみると新たな恋を求めることが多いですから、本気の付き合いを望むならやや不適切です。

脈ありな女性からのLINE

さて、脈ありな女性のLINEの使い方を見ていきましょう。

どれか1つが該当していれば脈ありというより、該当するものが多ければ多いほど脈あり度が高いというものです。

1.すぐに返信が来る

好きな人からのLINEは早く返したいと思うのが乙女心ですから、スマホをチェックできるタイミングなら素早く返信をしてくれます。

仕事中や忙しいときでもスタンプくらいは返ってくるかもしれません。

とはいえ、これは脈あり度を評価するにはいまいちです。

誰からのLINEでも即返信する女性もいますし、駆け引きであえて焦らす人もいます。

男を弄ぶプロの女性なら焦らし時間もマチマチですが、毎回1~2時間くらいあけて返信がくるようなら、気づいているけどあえて放置していると見ていいでしょう。

返信の内容を要チェック

すぐに返信が帰ってきたとしても脈ありではない場合があります。

次の2つを見比べてみましょう。

送信:最近は暑いね。体調は大丈夫?

返信①:暑いね。大丈夫だよ。

返信②:ほんと暑いよね。こんな日はビールが飲みたくなるよー。

おわかりですね。

①は脈なし、②は脈ありです。

判断基準は追加情報の有無。

①の場合は本当にただ聞かれたことに答えただけ、②はビールが好きなこと、暑い日は飲みに行きたくなることという追加情報があります。

もう1つくらい例文を見てみましょうか。

送信:この前●●ってレストラン行ったんだけど美味しかったよ!

返信①:よかったね!今度行ってみる!

返信②:いいな!今度行きたい!

①は自己完結で終了、②は「連れてって」が隠されていると見ることができます。

②の場合でもやや微妙ですが、①よりは脈ありです。

2.質問が多い


好きな人のことは知りたいと考えますから、質問が多いなら脈あり度は急上昇します。

好きでもなければ聞く必要のないことを聞かれているかどうかは見ておきましょう。

たとえば会社の上司と部下という関係で、上司に対して「明日は直行予定ですが、午前中にしておくことはありますか?」だったら単なる業務連絡ですよね。

完全にプライベートの関係だったとしても「今度●●へ行くのだけど、欲しいお土産ある?」くらいだったら複数の友達に聞いている可能性も高いですし、アルバイト先の人からの「明日ご予定ありますか?」だったらデートの誘いじゃなくてシフトを代わって欲しいだけかもしれません。

好きな人への質問は、もっと日常的なことが多いです。

「週末は何しているの?」「仕事が早く終わる曜日ってある?」「好き嫌いある?」などです。

次のアクションにつながるような情報を引き出そうとしてくるなら脈ありの可能性は高いといえます。

また、恋愛慣れしていない人は質問攻め、HowTo本を参考にしている人は会話の最後が質問で終わる、上級者だと「週末遊びに行かない?」と次の行動を指し示す質問をする傾向があります。

細かな質問内容については後半でもう少し詳しく解説しましょう。

3.自分(女性)の日常について話してくる

女性は警戒心が強く、好きでもない人がテリトリーに侵入してくるのを嫌う傾向にあります。

Instagramなどで日常を大公開している人であっても、それを特定の人物だけに知らせることには抵抗を持つものです。

それを話してくるということは、脈あり度は高めと考えられます。

4.自分(女性)が写っている写真を送ってくる

脈ありだとは思うけど、個人的にはそんな女嫌だなぁ…だって付き合ってないんですよ?

自意識過剰すぎません…?

その写真で男性が喜ぶと思ってるところが、なんかムカつく。

よっぽど美味しい物食べたから教えてあげたいとか、綺麗な景色を共有したいという気持ちなら、それだけを撮って送ればいいじゃない。

自分を入れる必要って全くないですよね。

そんな女は超キライ。

すみません、個人的な感情ですから忘れてください。

まぁ、とにかく脈ありなことには違いありません。

5.かわいらしく女性らしいスタンプを使ってくる

では気を取り直して。

これはー、微妙。

微妙すぎるけど脈無しではないです。

でも±0に限りなく近いといわざるをえません。

単にかわいいスタンプが好きなだけのことが多いし、女性からするとハートが飛び散ってても大して気にならないんです。

上司にだって「ありがとうございます(ハートまみれのくまちゃん)」とか送りますからね…勘違いしちゃう人が多いかなと思います。

脈無しではない、ただそれだけ。

構ってほしそうなスタンプなら脈ありかも

「チラッ」とか「ジタバタ」ってやつです。

男性からの「どした?」待ちなことがよくわかるスタンプなら好かれている可能性は高いです。

構って欲しいわけですから、少なくとも一切の好意を持たれていないと思う方が不自然です。

ただ、その好意が恋愛感情まで発展しているのかどうかは、まだまだ観測が必要でしょう。

6.おそろいのスタンプを買って使ってくる

これは脈あり度高め。

女性はお金にシビアですから、120円のクリエイターズスタンプすら買うのを躊躇する人が多いのです。

それをおそろいにしたいと思って購入まで至るなら好意はあるものとみて間違いないでしょう。

ただし、男性側が女性の趣味に寄せたスタンプを買ったなら話は別。

好きなキャラとか、既に女性が使っているスタンプシリーズの別バージョンとかだと「あっこんなの出てたんだー!」と思って購入するだけです。

7.未読スルーや既読スルーをしない

これは礼儀としてそうしている人も多いのでなんとも言えませんが、好きな人からのLINEを未読スルーや既読スルーする女性はいません。

うっかり忘れてたなんてことも、仕事がデスマーチに突入していなければありえないでしょう。

何かしら返答なりスタンプなりが来ますし、「今忙しい?」という連絡を放置してしまい、時間が経ったことでメッセージへの返信が意味をなさなくなったとしても「さっきはごめんね!」といったメッセージがくるはずです。

8.ハートの絵文字を使う

脈無しではないけど脈ありでもないレベル。

女子はハートを何の気無しに使う人が多いからです。

もちろん「気づいて!」という意味で送っていることもあるでしょうけど、「女はハートを送るもの」というのが結構常識になってきているので、それを傘に「どう受け取るかは自由ですよ」で送る人がいます。

「俺のこと好きなのかな」と思わせておく分にはプレゼントとか期待できるし、でも女性の方は好きで送ってるわけじゃないから「女子って送るもんなんですよー」で逃げられるし、便利な記号なんです。

9.「おはよう」や「おやすみ」という挨拶LINEを毎日してくる

毎日ってもう付き合ってる感じなんじゃないでしょうか。

何度かデートしてキスくらいまで進んでないと説明がつかないし、もしそこまでいってないのに毎日「おはよう」「おやすみ」LINEしてたら、それはそれで異常な何かを感じます。

妄想型、依存型で付き合ったら面倒臭そうな女。

脈ありには違いないですが、おすすめはできません。

10.前向きな内容が多いLINE

これは内容によります…。

女性からの返信の例文で見てみましょうか。

送信:仕事が忙しくて疲れた…

返信①:そんだけ頼りにされてるってことだと思ってさ!がんばろ!

返信②:今日乗り越えたら休みだぜ!飲みにでも行くかー!

返信③:ファイト!

本心では「①:どうでもいい」「②:好意はある(友情か愛情かは不明)」「③:死ぬほどどうでもいい」と思っている可能性が高いです。

解説します。

①は相手を気遣って、さらに励ましてくれてる感じがしますが女性からのアクションが一切ないことに注目してください。

ぎゅっとまとめると「勝手にやれや」です。

とりあえず関係を壊したいほどイラついてもいないので、あたりさわりない表現にしています。

②は、友人としてか恋愛感情としてかはわかりませんが、すくなからず慰めてあげたい、癒しの時間を提供してあげたいということで、飲みに行くことを提案してくれているので脈ありの可能性は高めです。

③は本当にクソほどどうでもいいケースです。

「なんの報告なんじゃ!彼氏気取りか!」と言いたい気持ちを抑えて「ファイト!」だけにしています。

「fa」と打てば予測変換ですぐ出るから送信しているだけです。

自分語り系前向き発言はただのメンヘラ

付き合ってもないくせに「今日も一日がんばっちゃった!明日も笑顔でがんばるっ♪」とか送ってくる女です。

ただのメンヘラクソ女なので脈ありとか無しとか気にする前にやめといた方がいいですよ。

考えてもみてください。

本当に興味がもてないブスな女からこれ送られてきたらどうですか?

「え、なにこいつ」って思いませんか?

好意を持っている相手だから嬉しいと思ってしまいますけど、興味のない女からこんなの言われたら戸惑いますよね。

SNSで書いてるのだって「はいはい、構ってチャン乙」って思うような内容を、恋人でもない相手へ個人宛てのメッセージで送ってくるなんて、どうかしています。

11.メッセージとスタンプがいつもセットで送られてくる

スタンプによりますけど、どちらかで良いものをわざわざセットで送ってくるというのはやや脈あり。

返信の例文を見てみましょう。

送信:元気してる?

返信①:「元気だよ」(おやすみor手を振っているスタンプ)

返信②:(親指立ててるクマなどのスタンプ)「そっちは元気―?」

もちろん①が脈無しで②が脈ありです。

女性からの発信の場合は、チラッなどのスタンプの後に「今何してるのー」だったら可愛い雰囲気、寂しさを伝えたいという気持ちだったり、ぐったりしたキャラのスタンプの後に「今日めっちゃ疲れた。こんな感じ」などだったら会話をつなげたい気持ちだったりするので脈ありの可能性が高めです。

12.アイコンについて聞いてくる

相手のことが知りたくないと聞かないことだと思いますので、脈ありの可能性は高いといえるでしょう。

共通の趣味に関する写真などは別として「わんちゃん飼ってるの?」「そのアイコンのキャラは何?」「いつの写真?」など、私生活が見えることを聞きたがるのは、あまりにも興味のない相手にできることではありません。

ただ、誰が見ても謎のアイコンだと十中八九聞かれるので判断材料としては弱くなります。

13.褒めたり労ったりしてくれる


「今日は暑いから水分補給こまめにね!」「お仕事お疲れ様!」「インフルエンザ流行ってるから気を付けてね」「そんなことがあったの!?すごいじゃん!」など褒めたりねぎらったり、心配したりするメッセージが多いなら脈ありとみても良いかもしれません。

よっぽど愚痴られて、自己肯定感が欠如している人に対してはどんな人でも褒めたり労ったりして落ち着かせてやろうとするものですが、女性のほうから自発的に言ってくれるのであれば可能性はかなり高いです。

とくに男性側に仕事で嬉しいことがあったときに「じゃあ今度お祝いしよ!」と言ってくれるなら結構良い感じです。

ただ、長年の友人や先輩後輩関係だとまたちょっと違います。

14.他の人が知らないような秘密の共有が出来る内容を送ってくる

秘密の話だから内容は想像つかないですけど、これは「あなたのことは特別よ」って意味はありそうです。

少なくとも嫌いな人には秘密を共有しませんよね。

ただ、その女バカですよ。

秘密にしなきゃならんようなことを、ログに残すという時点で頭が悪いとしか思えません。

その男性のことは信頼していても、うっかりスマホを落とすかもしれないし、その男性がどんな状況でスマホを見ているかもわからないのに秘密の暴露をするってそうとうリスキーです。

そういった配慮のない女だということは理解しておきましょう。

15.休みの日の予定を聞いてくる

バイトのシフトを代わってほしいのでもなければ、興味のない相手にわざわざLINEで休みの日を聞く意味はないので、脈ありと考えても良いと思います。

もちろん話の流れってものがありますから、男性の方がさんざっぱら休日の話をしていたのであれば、それは聞くでしょうからノーカウントです。

16.趣味や好きな食べ物などについて聞いてくる

連絡先を交換してまもなくであれば、会話に困って「休日の趣味とかあるんですか」くらいは聞くかもしれませんが、具体的な質問がくるようであれば脈あり度は高まります。

たとえば「料理が好きなんだ」に対して「へー!そうなんですね。

家庭的~」だとそんなに興味をもたれていませんが「今度教えてくださいよ」とか「私も料理好きなんです!最近作って美味しかったレシピありますか」なら会話を楽しもうとしています。

好きな食べ物を聞くのは、一緒に食事に行くことを提案する前段階と考えても自然です。

17.好きなタイプを聞いてくる

「好きな女の子のタイプおしえてー」『なんでそんなこと聞くの?』「えーいいじゃん教えてよ」…という甘酸っぱいやりとり。

結構露骨に好意が伝わる問いかけをしてきたように見えますが、その分思わぬガッカリを経験することもあります。

もちろん、ストレートに好みの女性になりたいからとタイプを聞いてくるのが通常です。

しかし“恋人募集中の友達のためにキューピッド役を任されている”という落とし穴が待ちうけている可能性が無きにしもあらず。

『こういう子が好きだよ』と伝えた後から「良い子がいるんですよ!」と言われたら諦めましょう。

それ以外は脈ありと考えても問題ないかと思います。

LINEで脈ありか・脈無しの判断って意外と難しい?

冒頭でも記載した通りとってもとっても難しいです。

男性で誰にでも軽々しく「好き」を言うのはヤリチン野郎くらいのものですが、女性はわりとそうでもない人口が多いので撃沈する男性が多いです。

女性は気がない男性に対しても思わせぶりなLINEを送るもの

それで勘違いさせちゃってセクハラだのなんだのって騒ぐ女性は「お前さぁ…」と同性から見ても呆れてしまいますが、意中でもない男性に思わせぶりなLINEを送る女性は本当に多いです。

女性は本当に無意識でやってるというのがよくわかるエピソード

少し筆者の経験談を話しましょう。

ある女友達から相談を受けたのですが、その内容が「好きでもない男からのアプローチが激しくてウザい。

どうにかしたい」というものでした。

その相談も最初の内は「私の誕生日にデートに誘ってきた」「毎日LINEがくる、しかもどうでもいい話」「飲み会でも毎回隣に座ってくる」など、たしかにしつこそうな話がてんこもりでした。

彼女は私にLINEのトークを見せながら、いかに鬱陶しいかを熱弁していたので、一度スマホを受け取って会話の流れを見させてもらうことにしたんです。

そしたらもう話が180度変わるようなログが…ご想像の通り、最初にしかけていたのは彼女でした。

細々したものは省きますが、目についたものは次の通り。

「●●さん連絡先交換ありがとうございました!」

「誕生日いつなんですかー?」

「彼氏はいません(なんか可愛い絵文字付き)」

「お休みは基本土日なんですね!一緒だー」

「あっ私もタイ料理好きですー!美味しいお店教えてくださいよー」

などなど。

もちろんハートやお花やウサギ、ネコ、キラキラの絵文字に可愛いスタンプまで盛りだくさん。

「こりゃあ勘違いしても、まぁしゃーないんじゃないの」と返答したら、彼女曰く、誕生日が気になったから聞いただけ、休み一緒だと思ったから言っただけ、タイ料理は一緒に行くつもりなんてなくて食べログのURL貼って欲しかったんですって。

「彼氏いません」に絵文字をつけたのも「失礼なこと聞いてんじゃねーって怒ってるようには見られたくなかったから」だそうです。

女心って怖いですねー。

相談自体はなんか面倒臭くなったので「彼氏できたって言っとけ」と言っておきました。

注意しなければならない勘違いしやすい女性からのLINE

彼氏がいない女性がよくやる思わせぶりなLINEの中で、とくに男性が勘違いしやすいものを集めてみました。

是非参考にしてみてくださいね。

1.(男性からのLINEに対して)全てにおいて肯定的

“全てにおいて”という時点で雑味がすごい。

真剣に考えてあげる必要のない相手だと思っているからこそできる話です。

大切な相手だったら全ては肯定せずに「それはどうなの?」と示すもの。

それがないということは、相手とは本音でぶつかる必要がないと考えているのと同じですから脈はありません。

2.メッセージは少ないけれどスタンプは多い文面

どんなに可愛いスタンプ勢揃いでも文章が少なければ脈無しです。

文章をわざわざ考えるのも面倒臭いからスタンプでも送っとくか、無視も失礼だしな、くらいにしか思われていません。

また、最近はあえてスタンプだけで会話する面白いコミュニケーションも見られますが、それは好きな人というよりユーモラスな友人という認識なのでテンポよく続けているにすぎません。

好きな人のことは知りたいし、自分のことも知って欲しいのですから文章が少ない時点で諦めましょう。

3.自分(女性)の話しばかりしてくる

相手のことは知りたいとは思わなくても、自分の愚痴は聞いて欲しい、SNSにも吐きだせない気持ちを誰かに共有したいという場合の便利要員として使われているケースです。

いつも女性からの一方的な話しかなく、男性から話しかけてもスタンプが返ってくるだけの場合や、すぐ女性の話にすり替えられてしまう傾向があるなら、恋愛感情はもたれていません。

ではなぜ女性が便利要員に男性を選ぶのかというと、既に女友達をなくしているからです。

一方的な愚痴ばかり吐露してストレスをただ発散させたいような女性に付き合っていられるほど女友達も暇ではありません。

むしろ恋愛感情が存在しないために、その人に構ってあげるメリットもないわけです。

結果として女友達がおらず、相手がいないから自分に好意を寄せる男性を上手く利用しようと思っています。

それが意図的な利用なのか無為意識下でのことなのかは不明ですが、良い結果を導くような関係性には至っていないでしょう。

4.いつでも決まった時間に返信がくる

逆説的ですが、女性は男性からのLINEが毎回同じ時間帯だと脈無しだと判断する傾向にあるらしく、ならば自分も脈無し相手にはそのように振舞おうと思っている可能性が高いです。

決まった時間に返信というのは、仕事のメールチェックタイムと同じで、朝の通勤時間、帰りの電車内、夕飯を食べながら見ておくなど1日のスケジュールの中に組み込まれているにすぎないということを示しています。

このときチェックするのは特定の異性からの連絡に限らず、友人全般、仕事のメールなど連絡の全てですから、決まった時間にまとめて見る、返信するというのも頷けます。

これが好きな人からのLINEであれば通知設定もONにするのは必須ですし、できるだけ早く返信したいと思うのが乙女心です。

スケジュール化されているのがわかったら諦めた方がいいかもしれません。

5.「疲れた」など頼っているようなLINE

一見すると「疲れた(癒して)」で頼ってきているように見えるLINEですが、実はこれもただ愚痴りたいだけで自分の話ばかりするのと変わりません。

強いて言えばマイナスな感情ばかりぶつけてくるコチラの方がたちが悪いです。

このLINEで求めらているのは「お疲れ様」の一言だけです。

誰でもいいから「私今日は頑張ったんですよ」というのを認めて欲しいだけだから、「お疲れ様」以上の言葉はいらないし、疲れているのですぐに寝ます。

概ね、翌朝になって通勤時間の合間に「ごめん昨日はありがと。

あのあとすぐお風呂入って寝ちゃった」と返ってくるでしょう。

6.具体的な日取りの話になるとはぐらかされる

いつも楽しくLINEができているし、上記までにあてはまるようなこともなく、ほとんど恋人といってもいいようなやり取りが続いている状態。

デートに行こうという話も出ます。

しかし、一向にデートの日取りが決まらない場合はただのお遊びです。

キープ君よりも一歩手前に置かれています。

または、仕事の関係上で露骨に断ることができない場合「今度●●行こうよ!」と男性に誘われれば営業トークとして『いいですねー!』と返してしまうものの、「じゃあ××日は?」と聞かれたら『仕事次第ですね…確認して折り返します!』とはぐらかされてしまいます。

結局前日や当日まで連絡がこないこともあり、大体の場合において「すみません!仕事がバタついてて…」「実家に帰る予定ができて…」と返ってくるでしょう。

それでなくても男性は勘違いしやすい傾向がある

正直、巷の男性の意見を見ていると「これで勘違いするってガチなの!?」とドン引きするようなことがたくさん出てきて驚きます。

男性が書いたんだろうな…というまとめに多いやつです。

ザッと見てみましょう。

・肩を叩かれた(ボディタッチと判断)
・じっと見られていた
・女性から挨拶してきた
・表情豊かに接してくれる
・恋人の有無を聞かれた
・恋人欲しいと言われた
・褒めてくれた

「ねーよ!全部脈ねーよ!」と言って回ってあげたくなるような勘違い事案。

恐ろしい。

まず、肩叩くぐらいは誰にでもやります。

恋愛感情があるボディタッチは太ももとかですよ。

肩叩く程度なら嫌いな人にだってできる。

じっと見られていたというのも「うっわー服ダッセー」とか「ヒゲくらい剃ってくりゃいいのによ」と思って見ていることだってあるし、挨拶するのはただのマナーじゃないですか。

表情豊かじゃなくなるとすれば本当に心から嫌いな人間に対してだけだし、恋人の有無も話の流れで聞くことだってあるでしょう。

「恋人欲しいなー(お前ではねーけどな)」だし、褒めることぐらい誰にでもするわ…!
もう、ほんとこういう、可哀想な男子を生んでしまうような話が一人歩きしないでいただきたいと思うレベル…ってなわけで、男性は結構自分に都合よく考えがち。

LINEについても、いかに好意が感じられるように見えたって3割減くらいで見ておくのがちょうど良いです。

脈ありLINEをしっかり見分けよう

LINEで女性の気持ちを見抜くのは至難の技です。

とりあえず脈無しなLINEと、脈無しとは言い切れないLINEについてはよくわかったと思うので、あとは普段からどのような接し方をされているか、他の男性への接し方と違いがあるか、表情や声のトーンはどうかを合わせて考える必要があります。

そして最後に伝えておきたいのは20歳越えたらLINEで攻めないこと。

これは基本です。

ログが残るということの魔力を理解して、攻めるのは実際に会ったとき、LINEは少し淡白にして、いかにも夢中というのを気づかれないようにしましょう。

そうすることで女性の方も、利用できる男かできない男かがよくわかるので、本気で好きなら自分からくるし、ただ利用したいだけなら離れていってくれます。

うまくLINEを活用して素敵な恋をつかんでくださいね。