CoCoSiA(ココシア)

サブカル女子に共通する8個の特徴(続き2)

おフェロメイクには、赤リップも欠かせません!

リップはジューシーさを出すのがポイントなので、おフェロメイクとして使うには、ぽってりとした潤いのある赤リップを選ぶ方も多いのですが、

サブカル女子が好きなのはどちらかというとマットな赤リップなんですよね。

マットな赤リップを下地にして、潤いのあるグロスを、唇の中心にだけポワッとのせれば、おフェロ感を増すことができるので、

その日の気分に合わせて赤リップの使い方を変えているサブカル女子も多いようです。

また、色んなメーカーから赤リップが販売されていますよね。

マットタイプのもの、ティントタイプのもの、グロスタイプのものなど、色んなタイプのものがありますが、

サブカル女子がおフェロメイクをする際は、発色の良さを重視して選ぶことが多いのも特徴的です。

4.サブカル女子の服装はとにかく派手

サブカル女子のファッションセンスは、個性的なのが特徴です。

色味や柄などは、派手なものを選ぶ傾向にあります。

赤のリップや濃いチークなどと合わせると、全体がゴチャゴチャしてしまうのではないかと思いますが、そこを上手くコーデできるセンスの良さを持っているのです。

お嬢様系のファッションに、赤リップや濃いチークを合わせると、顔だけ浮いてしまうことが安易に想像できますよね。

サブカル女子の派手さは、キャラクター的な可愛さも含んでいるので、メイクが浮いてしまうこともなく、差し色として全体のバランスをとることができるのです。

普通の人だと、「派手すぎるかな?」と敬遠しがちなアイテムも、トータルバランスを考えて取り入れていくことができます。

そのため、雑誌のスナップに載ったりと、おしゃれ上級者が多いのも納得がいきますよね。

チョーカーも好き

サブカル女子は小物使いもとても上手。

なかでもチョーカーは、サブカル女子の必須小物と言ってもいいくらい、取り入れている人が多いのが特徴です。

チョーカーの太さや素材も実に様々あり、ブランドものでも安価なものでも、うまく取り入れていきます。

チョーカーと赤リップの組み合わせって、とても良く合いますよね。

街中を歩いていて、赤リップにチョーカーをしているサブカル女子を見かけたことがある方も多いと思います。

種類が豊富なため、その日の服装や気分に合わせてチョーカーも変えるところがオシャレですよね。

チョーカーが雑誌などで多く紹介されるようになってから、流行りに乗って取り入れたという方も多いと思いますが、

サブカル女子は、あまりにも流行ってしまったものには、のっかりたくないという性質を持っているようです。

流行に敏感ですが、まだあまり流行っていない、もしかしたら流行るかもしれないというものを見つけるのも上手く、人とは違う、個性が出せるものを好んで身に付けます。

丸サングラスなども

丸サングラスも、サブカル女子には欠かせないアイテムです。

ポイントは丸ブチだということ。

四角く大きなフレームのサングラスはギャルなどがしているイメージはありませんか?

サブカル女子が好んでかけるサングラスは、フレームが大きくても丸いフチのものです。

またサングラスだけではなく、丸メガネを好んでかけるサブカル女子も多くいます。

フチが華奢で大きなフレームの丸メガネは、コーディネートのワンポイントになりますよね。

小顔効果も抜群で、濃いめのメイクとも相性が良いのがポイントです。

メイクだけではなく、サブカル女子の特徴ともいえる、ボブやお団子のヘアスタイルとも丸メガネは相性が良いですよね。

きっちりとしたスタイリングをするというよりは、ゆるめのヘアスタイルでもおしゃれに決まるのが、丸サングラスの良いところですよね。

サブカル女子の内面的な特徴

サブカル女子は、服装と同じように内面にも特徴があります。

その内面も実に個性的。

わかる人にだけ、わかれば良い。

万人受けを望むよりも、コアな部分で繋がることのできる存在を大事にする傾向があります。

それは人間関係にも言えますし、動物や、物、場所に対しても同じことです。

また自分の世界観というのをとても大事にし、独りでいる時間も大事にします。

興味のあるものにはとことんこだわりますが、流行りのものには安易にのっからないというポリシーも持ち合わせています。

こだわりを持った部分には自信をもち、ミーハーな人とはあまり関わりたがらないという部分も持ち合わせているようです。

また、サブカル女子はSNSの使い方にも個性が爆発しています。

インスタやツイッターを見ると、とってもわかりやすいです。

ヴィジュアル系が好きな女子は、外見も内面も一発でわかる程、非常に特徴を持っていますよね。

それに比べるとサブカル女子はそこまででもないかも?と思われるかもしれませんが、そんなことはないのです。

サブカル女子も同じようにわかりやすい特徴を持っているのです。