いつも片思いで恋愛が終わってしまうという皆さん。

周りはみんな恋人になって幸せそうなラブラブライフを送っているというのに、なんで自分だけ恋が実らないの?なんて悩んでいませんか?

もちろんみんながみんな片思いが実るわけではありません。

もうすでに恋人がいる場合なんかは、略奪愛になってしまうのでおすすめできません。

しかし、実はお互いいい感じなのにその関係が実らないという場合は、自分自身に何か問題があるのかもしれません。

自ら両想いを避けてしまうような行動をとっている可能性があります。

今回は、そんな片思いからの進展がなかなかない女性のために、片思いが進展しないときに考えられる原因をご紹介していきますよ!

あの人と両想いになれないのは、彼があなたに興味が無いからではなくて、あなた自身が遠ざけてしまっているのかもしれません。

進展しない片思いの原因はここにある?!

進展しない片思いの原因はどこにあるのでしょうか?ずっと片思いもずっと思い続けていたら叶うこともあります。

相手にすでに彼女がいるときでさえも、片思いが実って自分を選んでくれるということはあります。

しかし、中には相手に恋人も好きな人もいないし自分とは結構いい感じ、なのに片思いが実らない!なんてこともあります。

悲しいと言うよりも、なんで!?という感じですよね。

その状況になってしまっているのには、あなた自身の行動や考え方が原因かもしれません。

片思いの成就を遠ざけてしまう行動・考え方を見直すことで、あっという間に両想いになって好きな人をゲットできちゃうこともあるのです。

これからご紹介する片思いが進展しない理由、自分に当てはまっていないかよ~く確認してくださいね!当てはまっていたら、すぐにやめるようにしましょう。

自ら動こうとしない

女性にありがちなのが、自ら動こうとしないということです。

女性ががつがつしていたら恥ずかしいという風潮は確かにいまも残っていますが、それに従って自分からは絶対に動かないという女性が多いこと。

待っていたらきっと相手が動いてくれると信じて疑わない女性もいますね。

しかし、今の時代そんな受け身では実る恋も実りません。

草食系男子という言葉はずっと長いこと言われ続けており、男性から女性にアタックするという時代は終わったのです。

いまは男性もかなり慎重な人が多く、女性の方からOKのサインが出るまで一切感情を表に出さなかったり、一切アプローチしないという人がほとんどです。

男女ともにそんなことをしていたら、片思いが実際に両想いだったとしても、その恋が実ることはありませんよね。

見守っているだけでは何も変わらない

自分の片思いを見守っているだけでは何も変わらないということです。

自分自身が好きになったのであれば、その気持ちを相手に伝えなければ恋愛は始まりません。

もしかすると、相手も自分と同じで「見守っている」だけかもしれません。

本当はあなたのことが好きだけど、自分から動いて痛い目を見たくないから動かないのかもしれません。

女性の中には、自分から動いたら負けだと思っている方も多いです。

男性を安心させたら浮気するから、などの理由で絶対に自分からアプローチしない主義だという人。

しかし、そもそも浮気する男性なんてどっちにしろ付き合っている意味がありませんよね。

自分からアプローチしただけで浮気するような相手だと思うなら、そもそもそ他の男性に恋をした方が絶対にいいに決まっています。

もしそうでないのなら、男女の古いルールなんて取っ払って、自分からどんどんモーションをかけるようにしましょう。

女性の方がいざというときの根性は備わっているはずです。

自分から「好き」というサインを相手に出すようにしてみてくださいね。

マイナスに思い込んでいる


これも多い原因ですが、マイナス思考になりすぎて動けなくなってしまっているパターン。

普段は明るくてなんでもポジティブに考えられる女性でも、恋愛のこととなると途端に自信がなくなってしまって、ものすごくネガティブに考えてしまうという人がいます。

これは、過去の恋愛で傷ついたり、単純に女として自分に自信がないからでしょう。

マイナス思考は恋愛にいい影響を与えることはありません。

自分からアプローチすることもできないですし、相手からアプローチされても「相手が自分を好きなんてありえない」なんて考えてしまって、結局進展しないままその恋が終わってしまうのです。

とは言っても、マイナス思考はなかなか変えられるものではないですよね。

全部をプラスに考えるというのは不可能に近いです。

ですので、まずは特にダメな考え方だけを直していくようにしましょう。

「嫌われてしまったかも…」

まずは、「嫌われてしまったかも・・・」という至極勝手な思い込みはやめるようにしましょう。

嫌われてしまったかもと思っているときは、ほぼ確実に嫌われていないから大丈夫です。

そう思ってしまう理由にもよりますが、ほとんどの場合は思い込みであり相手は何とも思っていないでしょう。

例えば、自分が相手の嫌がることをわざとやったり、相手の仲のいい友達の悪口を言ったり、相手に嫌いだと伝えたり。

このような場合は、確かに嫌われてしまっているかもしれません。

しかし、これも照れ隠しでつい、ということであれば、ちゃんと素直に謝れば相手もきっとわかってくれるはずです。

そして多いのが、相手もあなたのことを意識していてわざと冷たい態度を取ってしまっているという場合。

これがかなり多いです。

確かに、冷たい態度を好きな人から取られたら一気に自信がなくなってしまいますよね。

自分が何かしてしまったか頭の中でフル回転することでしょう。

そんなこと言われても、相手が自分のことを気にしているからかどうかなんてわからないですよね。

見分け方としては、あなた自身に本当に嫌われる心当たりがなく、相手とよく目が合ったりするという場合は、おそらく相手もあなたのことを好きなのでしょう。

好きだからこそ、普通に接することが出来ずに冷たくしてしまうのですよ。

「どうせ無理」

次に、「どうせ無理」という感情を持つのは止めましょう。

今の恋愛はどうせ上手くいかない、どうせ実らない、そんなことを思っていると、実るものも実りません。

そう考えているあなたからはマイナスのオーラがばんばん出ています。

「どうせ」という言葉には、疫病神がついていると言われるほどマイナスな空気を取り込んでしまいます。

どうせ無理と最初からあきらめてしまっているから、相手にちょっと冷たい態度を取られたら「やっぱり無理だった」とすぐに思ってしまうのです。

恋が必ず無理だということはありえません。

人間の感情は何よりも流動的です。

100パーセントこの先両想いになれないかと言われれば、両想いになることよりも証明するのは難しいのです。

つまり、少なからず誰にでも絶対に可能性はあるのです。

その可能性を捨ててしまうのがこの「どうせ無理」という考え。

これだけは絶対に今すぐ捨ててしまうようにしましょう。

気持ちが重すぎる

片思いが進展しないのは、好きという気持ちが重すぎるからかもしれません。

好きで好きで仕方ないという気持ちが相手に伝わり、それを重いと相手が感じてしまっているから両想いにまで届かないという場合があります。

自分から動かずに受け身でいるだけでは、片思いの現状を打破することはできません。

見守っていても何も変わらないと先ほどご紹介しましたよね。

しかし、だからといって「好き」という気持ちを相手が重いと思ってしまうほど表現してしまっては、逆に上手くいかなくなってしまいます。

気持が重いかどうかは自分ではなかなか判断できないことがあります。

もし自分の気持ちが重すぎて相手が困っているかも?と思ったら、周りの友人に事情を話して判断してもらうと良いでしょう。

恋で盲目になっているあなたに、第三者からの目線で重いかどうかを教えてくれるはずですよ。

好きな気持ちの押し付けは相手が引くことに

好きという気持ちを相手に押し付けることは、相手がドン引きしてしまう原因の一つです。

付き合っている男女であれば、好きなだけ愛を伝え合えばいいのです。

バカップルのようにいちゃいちゃしたってだれも傷つきません。

しかし、片思いで相手に「好き」という気持ちを押し付けてしまうと、相手は彼女でもない人から怖いぐらい思われていると感じてドン引きしてしまうのです。

好きと言われるのは嬉しいものですが、度を過ぎてしまうとストーカー扱いされてしまうかもしれません。

好きの気持ちは伝えるべきですが、心を込めて一度だけにした方が、インパクトも大きく成功しやすくなります。

付き合ってもいないのに、相手にべたべたしたり彼女かのような行動を取ることは、周りからも痛い目で見られてしまうのでやめましょう。

ムード作りが下手

ムード作りが下手な女性も、片思いからなかなか恋愛を進展させられないことがよくあります。

男女がお互いに異性として意識するには、それなりのムードが必要です。

ムードがあってこそ、相手も「あ、この女性は自分のことを異性として意識している」と自信を持つことが出来るのです。

女性だけでなく男性も、自信がないとなかなか相手に好きだと表現することが出来ません。

なので、ムードを作って自分は好意があるということを示してあげないといけないのです。

このムード作りが苦手な場合はなかなか恋愛が進展しません。

いい感じになりかけても、恥ずかしくてすぐムードを壊してしまうのです。

そうすると、相手は自分とその気がないと確信してしまいます。

そして、せっかくいい感じだったのに離れて行ってしまうのです。

ムード作りはとても恥ずかしいものですが、彼と一緒になる試練だと思って、勇気を出してみてくださいね!

恋に恋している

女性の中には、恋に恋してしまう人もかなり多いです。

よく聞くこの「恋に恋している」という言葉ですが、これだけではどういうことかあまりよくわかりませんよね。

恋に恋してしまう、それはつまり恋というもの自体に憧れており、誰か一人に対して興味を持っている自分に寄っているということです。

本当の恋かどうかぐらいわかる!と言っていた女性でも、実際はその人のことが好きなのではなくて、漫画なんかで憧れた恋患いを楽しんでしまっているだけだったのです。

相手のことが本当に好き?

恋に恋しているのかどうかを見分ける方法は一つ、相手のことを本当に好きかどうかです。

好きの気持ちを確かめるには、今の状況以外でも相手のことを好きでいられるかどうかを考えてみましょう。

恋に恋している人の特徴として、例えば片思いがかなわなくて悩んでいるというその状況が好きだったり、仲の良いグループの中にお互いがいるから相手を意識していたりと、その状況が変われば好きという気持ちがなくなるということがあります。

本当に好きならどんな時でも恋心は消えないはずですよね。

相手のダメなところなんかも受け入れられるはずです。

相手のことが本当に好きかどうかわからない人は、一度今の状況以外でも好きでいられるのかということを考えてみるのも良いかもしれません。

中途半端では相手も答えてくれない

中途半端な気持ちでは、相手も答えてくれません。

恋に恋しているなんて相手に分かってしまえば、相手は「自分じゃなくてもいいじゃないか」と思ってしまいます。

また、恋に恋している場合は相手への思いも中途半端なところで止まってしまいます。

好きとは言っても、振られても悩むほどではないぐらいの相手では、仮に付き合えたとしても上手くはいきませんよね。

恋に恋しているということは、好きという気持ちを錯覚してしまっているということでもあります。

本当に好きだと思って相手に告白したはいいものの、付き合った後に「やっぱり好きじゃなかった」なんてことになれば、自分も辛いですし相手も辛いですよね。

まずは、自分の恋心が本物なのかどうかを考えてみると良いでしょう。

仲が良すぎる


これもかなり悩める問題ですね。

仲が良すぎるという二人。

男女の関係がもともとなく、取っても仲良しになってしまった二人が恋愛に発展するのはなかなか難しいことです。

普通以上に仲が良い男女においては、割と男性側が女性のことをずっと好きで近くに居たいから仲良くしているということはよくあります。

しかし、逆のパターンはあまりありません。

というのも、男性は恋愛対象とそうでない女性を第一印象から分けてしまう傾向にあるからです。

女性と出会った時に、男性はまず一旦全員を性の対象として見定めます。

決して悪い意味ではなくこれは男の性なのです。

そして、そこから友達だと思って仲良くし始めた女性に対しては、その後恋愛感情を抱くことがほとんどないのです。

ですので、女性が片思いしてずっと仲良くしているという場合は、なかなかそこから両想いに発展させるのが難しいことなのです。

友達以上恋人未満

もし二人の仲がただの友達というよりかは少し進んだ関係になったとします。

いわば友達以上恋人未満の関係です。

付き合う前にこうした友達以上恋人未満の関係になってしまうと厄介です。

女性側は「付き合う」ということに重きを置く傾向がありますが、男性側はそこまでの関係になると逆に満足して、付き合わずに他の女性も見たいという願望を持ってしまう場合があるのです。

悪い言い方をすると、あなたをキープして他の女性ともいい関係を持ちたいということですね。

こうなってしまうと二人の関係を進展させるのはより難しくなってしまうので、友達以上恋人未満になるのは極力避けるようにしましょう。

2人の仲を発展させる9個の方法

片思いが進展しない理由、思い当たる節はありましたか?なかなか両想いになれないのはあなたの以外な行動のせいだったのかもしれません。

片思いは一見進展するのが難しそうに見えて、ちょっとしたことを変えるだけで一気に進展してしまうことだってあるのです。

二人の仲をちゃんと恋愛関係に発展させることが出来る方法があるのです。


自分が試しやすいものから是非トライしてみてくださいね。

1.行動する

まずは行動しなければ始まりません。

じっと受け身で待っていたり、何をやってもきっとダメなんて思ってはいけません。

行動を始めることで、恋愛に対して前向きになれることもありますし、今の恋のために何かできていると思うと嬉しいですよね。

相手に連絡先を聞いてみる、相手に好きな人を聞いてみる、他の友達に相談する、行動の内容はなんでもいいのです。

とにかく今の恋のために自分から立ち上がって現状を打破していきましょう。

そうすることで、自分自身にも自信がつくはずですよ。

話しかけに行く

自分から行動すると言えば、まずは自分から話しかけにいくことです。

相手と話がまだできる関係でないのならば、片思いが進展することはありません。

相手から話しかけてもらうことを待っていても、いつまでたっても進展することはないでしょう。

話しかけるときは、偶然を装って話しかけてみるといいかもしれません。

わざと相手の近くで物を落とすなんて手法は典型的な例ですが、相手の親切心を煽れば必ず話をすることができます。

また、話しかけるときは決して自分の話ばかりしないようにしましょう。

あくまでもいい距離を保ちながら、接するようにしましょう。

相手の好みをリサーチする

片思いを進展させる行動としてもう一つおすすめなのは、相手の好みをリサーチするということです。

話しかけた際でもいいですし、周りの友達に聞くのも良いでしょう。

とにかく相手の趣味や好きなことをリサーチするようにしましょう。

相手の好みがわかれば得することがたくさんあります。

相手との話が弾むきっかけにもなりますし、共通の趣味があればそれだけで仲良くなることができます。

もし何も考えないで相手に話しかけに言った時、なんにも話題にできることがなかったとなればとっても辛いですよね。

片思いを進展させるには、まずは相手と急接近する必要があるのです。

相手の好みをしっかりリサーチして、もっと近い存在を目指しましょう。

自分磨きをする

自分磨きも大切なことの一つです。

恋愛で大切なことは、相手にアプローチしたり相手と近づくために色々な策を練ることだけではありません。

自分磨きをすることで、相手から興味を持たれる女性に生まれ変わることができます。

また、好きな人が仲の良い男性である場合、自分磨きを今まで以上にすることで、今まではあなたのことを異性として意識していなかったのに急にときめいてしまうなんてことも期待できてしまうのです。

自分磨きをするときは、相手の女性のタイプをリサーチした後でそれを目指して頑張る方がいいです。

全然好みの違う女性になってしまっても意味がありませんからね。

2.自分の存在をPRする

自分の存在をPRするようにしましょう。

彼の側を常に陣取ることで、彼はあなたのことを意識する回数が増えるのです。

自分の存在さえ知られていない片思いの相手には、まず自分に意識を向けてもらうことから始めなければいけません。

相手に自分の存在を知ってもらっている場合でも、近くにいて同じグループに入ったり、ここぞというときに話しかけてもらえる存在を目指しましょう。

目にする回数が多くなれば好意を持ちやすい

男性は、目にする回数が多くなればなるほど好意を持ちやすいという傾向にあります。

好きな人を目で追ってしまうことってよくありますよね。

恋心を確信するときにも、自分が一人の人を無意識に目で追ってしまうということから気づいてしまうことってありますよね。

目にする回数を増やせば相手の「好き」という感情を錯覚させることができます。

たくさん彼に近づいてアピールするようにしましょう。

3.好きのサインを出す

好きのサインを出すというのは、恋愛が発展する一番の近道であり必要なことです。

相手は女性からの好意を感じることで自信を持ち、自分もアプローチをしようという気になるのです。

多くの男性は勝算のない恋愛には消極的になってしまうもの、しっかり好きアピールをしてくださいね!

ソフトなボディータッチ

好きアピールにはソフトなボディタッチがおすすめです。

カップルのようないちゃいちゃするような感じではなく、腕をさりげなく掴んだり挨拶に時にちょっと距離を縮めてみたりなど、、、ソフトなボディタッチは大胆なものより男性をキュンとさせる効果があります。

ぜひ試してみてくださいね。

頻繁に目を合わせる

好きアピールには頻繁に目を合わせるということもおすすめです。

先ほどもお話しした通り、目で追ってしまうというのは異性として意識しているということです。

そこであえて相手と頻繁に目を合わせることで、相手から「この子俺のことずっと見てるな」という風に思わせるのです。

そう思わせることができたら、あとは向こうがモーションをかけてくるのを待てば良いだけでしょう。

ハートが入ってるスタンプを送る

好きアピールをするには、ラインもいい手段になります。

ラインやメールで連絡を取る際に、ハートが入っているスタンプを送るようにしてみましょう。

ハートのスタンプは最近ではそこまでハードルが高くないものとなっていますが、それでも異性からハートが来れば期待しない男性はいません。

ちょっと可愛らしい甘えたようなスタンプを送ると、より相手にも好きな気持ちが伝わっていいかもしれませんね。

軽いプレゼントをする

軽いプレゼントをするのもいいかもしれません。

プレゼントなんて普段人から頻繁にもらえるものではありませんよね。

そこで、相手の誕生日やクリスマスなんかに、軽くプレゼントをあげてみると良いでしょう。

相手は自分が特別扱いされているということに嬉しく感じるはずです。

そして、すぐにあなた自身のことを意識し始めることでしょう。

4.特別感を演出する

自分にとって相手が特別な存在なんだということをわからせることも大切です。

そして、特別だと気付いてもらうには、その特別感を演出しなければいけません。

特別感の演出に必要なのは、他の男性との差別化です。

他の男性の名前は呼ばないけど好きな人だけ名指してお礼を言う、なんていうのも相手からは「お?」と思ってもらえることでしょう。

特別感をうまく演出できれば、相手もあなたのことを意識し始めるはずですよ。

5.親密さを感じさせる

相手に親密さを感じさせるというのもいいかもしれません。

二人の関係がまだ友達の状態で止まってしまっている時、自分と相手は親密なんだということを相手に意識してもらうのです。

女性側が自分と親密だと思っていると気づけば、意識しないわけには行きませんよね。

名前を呼ぶ

先程の例にもあげましたが、相手の名前を呼ぶというのはとても大切なことです。

名前を呼ぶだけで特別な感じがしますし親近感が湧きます。

例えば他の男性は名字で呼んでいるのに、その人だけ名前で呼ぶ、というのも効果は抜群でしょう。

なにかするときには「一緒に~」「二人で~」

名前を呼ぶ他にも、なにかするときは「一緒に」やろう、「二人」で行こうなどという言葉を付けてあげると、相手も親密さを感じやすいでしょう。

一緒にというととても近い存在に感じますし、二人でというと自分たちだけということが強調されます。

どちらにしろ、相手の男性は女性が自分に好意があるかもと少しだけ自信を持つことができるのです。

6.二人きりで出かける

二人きりで出かけるというのは少々ハードルが高く感じますが、勇気を出して相手の男性を誘ってみましょう。

二人きりででかけるイコールデートのようなものです。

相手は二人で遊ぼうと誘われたら、「デートの誘われた!」と舞い上がること間違いなしです。

デートをしない限り二人の間に進展はありえません。

デートをしてお互い異性として意識してからが勝負なのです。

まずは意を決して二人きりのお出かけをたのしんでくださいね。

7.普段しないタイミングで連絡をしてみる

普段しないタイミングで連絡を取ってみるというのも、相手があなたを意識してしまういい戦略だと言えるでしょう。

普段から仲良くはしているし連絡もとっているという二人の場合。

普段は適当なタイミングで適当な話をしているだけという場合は、夜中に突然電話をしてみるのなんかもいいかもしれません。

そして、寂しかったから電話したと伝えてみましょう。

それだけで十分相手には刺激ですし、夜中という魔法の時間帯はお互いに素直になれる時間です。

酔っ払った勢いで相手に寂しさ
ぶつけちゃいましょう。

8.座る位置を意識する

いつもみんなで遊ぶ時や二人でご飯に行く時、同じような位置で座っていませんか?

普段からきまった二人の空間があるという場合に多いですが、これはお互いの関係をマンネリ化させてしまうのです。

座る位置だけでもお互いの意識が変わってしまうことはあります。

例えば、普段は遠くに座ることが多かったけど今日は狭い席だから少し触れるぐらいの距離に座ってみるなど。

距離が近くなるだけで意識してしまうのが男性です。

そのチャンスを存分に使って相手を惑わしてしまいましょう。

真正面ではなく横並び

一番おすすめなのは、真正面ではなく横並びに座るということです。

真正面はしっかりと顔が見えるのでいいのでは?と思う人もいますが、横並びの方がときめきやドキドキは多いのです。

すぐに触れられる位置にいるというのも理由の一つですし、お互いの顔を常に見ていない分、気兼ねなくいろんな話をすることができるという意味もあるのです。

特にお酒が入れば、横並びの席は最強です。

お酒の勢いで「好き」という感情を全面的に出して相手を刺激すると良いでしょう。

9.相手の気持ちも考える

最後に、相手の気持ちを考えるということは忘れないようにしましょう。

どんなに仲が良くても、どんなにお互い近い存在になったとしても、相手の気持ちを考えずに独りよがりで突っ走ってしまうとすぐに関係は悪化してしまいます。

また、相手の気持ちがわからない時に突っ走ってしまうのも、地雷を踏んでしまう可能性があるので気をつけましょう。

片思いが進展するには常に相手のことを考えながら行動することが必要です。

自分の気持ちだけで動いてしまわないように、常に気をつけて相手との距離を見つけていきましょう。

相手のことを考えながら行動することで、よりいい関係でカップルになることができますよ。

まとめ

ずっと片思いばかりで悲しい思いをしてきた女性の皆さん。

片思いにはもうさよならを告げて、これからは両思いになれるように頑張っていきましょう!

そして、素敵な彼氏を見つけてハッピーライフを送りましょう!