CoCoSiA(ココシア)

癒される女性の7個の特徴。疲れてい...(続き3)

癒し系女子だからと言って、優しい言葉ばかりかけているわけではありません。

確かに優しいままでいられたら、楽なのかもしれません。

しかし、優しいことは相手を傷つけることもあります。

慰められたりすることによって、自信を失ってしまうことがあることもあります。

自分は相手を元気づけたかっただけなのに、何だか複雑ですね。

厳しい言葉が相手を勇気づけ、奮い立たせることができることもあります。

闘争心に火がつくと言うのでしょうか?

優しい言葉の中にも厳しい言葉が入ることによって、真剣味が増すでしょう。

相手のことを思えばこその、「愛の鞭」ですね。

5.おおらかな性格

5個目は、「おおらかな性格」です。

おおらかと言うのは、ゆったりしている、度量が大きいと言う意味があります。

人を急かしたりすることもなく、広い心で相手に接することを表します。

優しく見守ってくれる、慈愛の強さも感じられます。

まさに、癒し系の特徴ですね。

おおらかな人が近くにいることで、自分も穏やかな気持ちになれそうです。

清らかな心の持ち主と言っても、過言ではないでしょう。

大事な時以外怒らない

大事な時以外怒らない、これこそおおらかな性格に当てはまります。

いつも怒ってばかりの人では、その怒りに耐性ができてしまい、やがて動じなくなってしまう可能性もあります。

おおらかな性格の人であっても、怒ることはあります。

しかし、大事な時以外はやみくもに怒ることはないでしょう。

いざと言う時に言うべきことを言う、頼もしい存在と言えますね。

いつもはふんわりしている人が怒った時、その威力や本気度はかなり高いものであることは間違いありません。

「大人しい人が怒ると怖い」と言う言葉を聞いたことはありませんか?

万が一にも怒らせてしまった時は、よくよく真摯(しんし)に受け止めましょう。

そして、怒らせてしまった原因について振り返り、即刻対応しましょう。

6.友達が多い

6個目は、「友達が多い」です。

人を癒す性格からか、周りに人が多く、それに比例し友達も多いようです。

「類は友を呼ぶ」とあるように、同じような癒し系の友達ばかりかと言うと、意外と真逆のタイプの友達が多いことがあります。

自分とは違う、でも一緒にいて癒される、それが癒し系の人が持つ不思議なオーラと言えそうです。

そうして、同じタイプの友達だけでなく、様々なタイプの人とも仲良くなれることが、友達が多い理由と言えるでしょう。

全ての人に公平に、こうした行動は周りから絶大な信頼を得られ、評判も上々となるでしょう。

人が傷つくことを言わない

人が傷つくことを言わない、だから友達が多いと言うのも一理あるでしょう。

全ての人に平等に接し、陽だまりのような温かい心で受け入れる、そんな慈悲の深さが要因と考えられます。

悪気がなくても相手を傷つけてしまうことは、往々にあります。

それは相手の捉えようにもよりますが、だからこそ、言葉の選別は必要となります。

人が傷つくことを言わないことは、人として最低限守るべきです。

人が傷つくことを口にして気分が良いことなんて、あり得ません。

モラルに反することをしない、これこそ癒し系女子だけでなく、人として一番生きやすい形と言えます。

7.家庭的なところがある


7個目は、「家庭的なところがある」です。

癒し系に家庭的、安心要素が満載ですね。

「好きこそ物の上手なれ」と言う言葉があるように、好きなことの方が上達が早く、長続きします。

家庭的なところがある女子は、それだけでも他の女子を凌駕するほどの魅力があります。

そこに癒し系が加われば、将来は「家庭的で癒される奥さん」と言う理想像が現実的になります。

一緒に家事のスキルを極めてみても良いかもしれませんね。

完璧に近い家事スキル、それでいて癒される、文句の付け所がないですね。