皆さんは、癒されていますか?

癒しの源は、好きなものや趣味、はたまた何もしない時間かもしれません。

が、人を癒すのは人であることもあります。

人からもたらされる癒しは、先に挙げたものとはまた違った癒しを得られ、癒しの質が更に良くなったり、持続も長くなるのではないでしょうか?

今回は、癒し系女子に焦点を当てます。

癒される女性の7個の特徴。疲れていても遭いたい癒し系女子になる方法」と題しまして、その特徴やモテる理由をご紹介します。

癒し系女子を理解し、彼女たちの良いところを学ぶことで、自分の女子力とモテ力を上げていきましょう!

癒し系女子の性格に特徴はある?

まず、癒し系女子の性格とはどんなものなのでしょうか?

雰囲気が柔らかい、相手の話しを聞く側などが考えられますが、それだけではありません。

何と!7個もの特徴を持っているのです!

これなら、癒される理由にも納得がいきますね。

それでは、順に見ていきましょう!

笑顔がかわいい

1個目は、「笑顔がかわいい」です。

まさに、癒し系女子の象徴ですね!

いつも優しく見守ってくれるような笑顔の彼女たちは、まさに天使や女神を彷彿とさせてくれるのでしょう。

見るだけで癒しを与えてくれる笑顔は、他のどんな言葉にも勝る効果があるのではないでしょうか?

笑顔でいることによって、自分自身の気持ちも安定し、人を癒すこともできる、良いことだらけですね。

強気な笑顔よりもふんわりとした笑顔

強きな笑顔よりもふんわりとした笑顔、この方が癒しの効果は大きいと言えます。

強きな笑顔ももちろん魅力的ではありますが、癒しと言う一点においては、相手に癒しを与えるどころか、むしろピリピリとした緊張感を少なからず感じさせます。

人が見せる表情や放つオーラは、良し悪しに限らず、相手に影響を与えるものです。

せっかくの笑顔が相手に良い影響を与えないことになってしまったら、もったいないです。

適度に力を抜いて、相手に微笑みかけるくらいの笑顔が理想的と言えますね。

話し方がゆっくり

2個目は、「話し方がゆっくり」です。

話し方がゆっくりなだけで、ぐっと雰囲気は柔らかくなります。

話し方が早いと、何だかまくし立てるようで、忙(せわ)しない印象を与えるでしょう。

人は気持ちが湧きたってくるほど、話し方が早くなったり、声のトーンが大きくなったりすることが多いです。

そのこと自体が全て悪いわけではありません。

聞く側が感じる印象、聞く側に配慮した話し方ができるかどうかが重要と言えます。

話すペースがゆっくりしていて語尾が優しい

話すペースがゆっくりしていて語尾が優しい、そこには包み込んでくれるような優しさと安心感を感じますね。

「~だよね。」と言う語尾を例にしてみます。

強く言うと、「~でしょ!?」「~じゃないの!?」などの語尾に変わります。

これは、決めつけている口調の要素が強く、相手に強く同意を求めている様子が見て取れます。

自信に満ちた言葉とも取れますが、先入観や早とちりによってもたらされる語尾とも取れます。

逆に、優しく言うと、「~だと思う。」「~かもしれないね。」などの語尾に変わります。

これは、自分はこう思うけれども、他の可能性もあるかもしれないと言うニュアンスが感じられます。

自分の意見だけが正しいと思うわけではなく、他の人の意見など様々なことを考慮した言葉遣いと言えますね。

こうして書くと、強い方が悪く、優しい方が良い印象を受けます。

が、物の見方や考え方によっては、どちらにも良し悪しは存在するものです。

強い方は揺らがない自信や頼もしさを感じさせますし、優しい方はどこか頼りなく優柔不断のように感じることがあるかもしれません。

どちらに感じたとしても、それは人が感じる主観であって、どちらかが正しい・間違いと言うものではありません。

聞く姿勢がある


3個目は、「聞く姿勢がある」です。

相手の話しに耳を傾ける、これはとても大切なことです。

相手が何を思い、何を感じ、それによってどんな考え方に至ったのかを知るには、話しを聞くことは必要不可欠です。

たとえ、自分とは真逆な考え方であったとしても、聞くことによって自分では気づかなかったことに気がつくことができる好機かもしれません。

それは、自分と同じ考え方であったとしても、同じことが言えます。

人は様々な思考を巡らせ、様々な考え方を見出します。

雑談や世間話から難しい話しまで、どんな話しであっても、相手がいてこその行為です。

まずは、相手の話しを聞くことから始めましょう。

同意しながら話しを聞いてくれる

同意しながら話しを聞いてくれる、それによって話しに華が咲いていきます。

相手が自分の話しをきちんと聞いてくれていることがわかりますし、同意を得られることで自信にもなります。

多くの話しは、自分の話しを聞いてほしい気持ちから始まります。

適度な相槌(あいづち)を交えることによって、話しを深掘りしていくことになり、相手の真意をくみ取ることができるでしょう。

「うんうん。」「そうだね。」など、肯定の言葉はまさに魔法の言葉です。

相手に寄り添う気持ちを形としたものと言えますね。

ただし、相槌を通り越してダメ出しに発展してしまうと、相手の話しの腰を折ってしまうことになりかねないので、注意が必要です。

先にも書きましたが、ただ話しを聞いてほしいだけの場合は意見を求めていないことが多いです。

相手の話しを遮(さえぎ)ってまで、自分の中の正論を持ち出すことは控えましょう。

表裏がない性格

4個目は、「表裏がない性格」です。

人は、様々な考えや表情を持ち合わせている生きものです。

相手の意見に合わせることもありますし、見えないところで嫌な面が出てしまうこともあります。

二面性や多面性など、様々な顔を使い分けながら世渡りしていることもあるでしょう。

どれも自分であることは間違いないのですが、相手によって違う態度が出てしまったりした時、表裏がない性格からはかけ離れた印象を持たれてしまうでしょう。

とは言え、表裏がない性格と言うのは一言では言い表せないものです。

性格はそう簡単に変えることはできませんし、良くも悪くも自分を表す要素です。

だからこそ、下記に挙げる事を意識し、少しずつ自分の性格に取り入れていきたいですね。

人のことを悪く言わない

人のことを悪く言わない、これは当然のことです。

とは言え、喜怒哀楽の感情を持っている以上、些細なことで相手に複雑な感情を持ってしまうことがあることは否定できません。

自分よりも優れている、自分の好きな人と距離が近いなど、相手が自分よりも優位な立場にあったり、自分の意見を否定されたりした時、その相手を悪く思う感情が芽生えます。

しかし、人のことを悪く言っても、気持ちが晴れるどころか、更に相手に対する負の感情が増していくことも考えられます。

自分は自分、人は人、皆違って皆良いのです。

その違いを受け入れ、思いどおりにいかないこともあると割り切ることも必要です。

人のことを悪く言わないことは、引いては自分自身の価値を下げないことにもなります。

人のことを悪く言う人に対して、良い気持ちはしないことは言うまでもないでしょう。

自分が悪口を言ってしまうと、自分自身も誰かに悪口を言われることになってしまうので、何も良いことはありません。

隠し事などをしない

隠し事などをしない、これも人として当然と言えば当然ではないでしょうか?

「噓も方便」と言う言葉もあるにはありますが、隠し事をする理由によっては当てはまりません。

たとえ、相手のためを思っての隠し事であったとしても、隠し事をされた側にしたらどう思うでしょうか?

本当のことを知らずに、偽りの平穏を得ることが幸せなのでしょうか?

嫌なことであっても、本当のことを知ったうえでどうするかを決めるのは相手自身です。

本当に相手のためを思うのであれば、隠し事をしないで、正直に伝えることこそ優しさだと思います。

包み隠さず伝えることで、相手は自分を信じてくれていると自信が持てるでしょう。

嬉しいときなど素直に表現する

嬉しいときなどに素直に表現する、これは癒されますね。

何かをしてもらった時などに限らず、ほんのささやかなことにも嬉しさを感じたのであれば、それを素直に表現することは良いことです。

相手の嬉しい顔や雰囲気を見ていたら、見ている側も嬉しい気持ちなれるでしょう。

人の感情は、周りの人々にも伝わっていきます。

同じ伝わるなら、嬉しい感情の方が周りの人も一緒に幸せな気持ちになれるでしょう。

そうやって、「嬉しい」の連鎖で満ち溢(あふ)れ、自分にも相手にも周りにも更なる幸せが舞い込むと良いですね。

時には厳しくアドバイスをする

時には厳しくアドバイスをする、これも欠かせないことです。

癒し系女子だからと言って、優しい言葉ばかりかけているわけではありません。

確かに優しいままでいられたら、楽なのかもしれません。

しかし、優しいことは相手を傷つけることもあります。

慰められたりすることによって、自信を失ってしまうことがあることもあります。

自分は相手を元気づけたかっただけなのに、何だか複雑ですね。

厳しい言葉が相手を勇気づけ、奮い立たせることができることもあります。

闘争心に火がつくと言うのでしょうか?

優しい言葉の中にも厳しい言葉が入ることによって、真剣味が増すでしょう。

相手のことを思えばこその、「愛の鞭」ですね。

おおらかな性格

5個目は、「おおらかな性格」です。

おおらかと言うのは、ゆったりしている、度量が大きいと言う意味があります。

人を急かしたりすることもなく、広い心で相手に接することを表します。

優しく見守ってくれる、慈愛の強さも感じられます。

まさに、癒し系の特徴ですね。

おおらかな人が近くにいることで、自分も穏やかな気持ちになれそうです。

清らかな心の持ち主と言っても、過言ではないでしょう。

大事な時以外怒らない

大事な時以外怒らない、これこそおおらかな性格に当てはまります。

いつも怒ってばかりの人では、その怒りに耐性ができてしまい、やがて動じなくなってしまう可能性もあります。

おおらかな性格の人であっても、怒ることはあります。

しかし、大事な時以外はやみくもに怒ることはないでしょう。

いざと言う時に言うべきことを言う、頼もしい存在と言えますね。

いつもはふんわりしている人が怒った時、その威力や本気度はかなり高いものであることは間違いありません。

「大人しい人が怒ると怖い」と言う言葉を聞いたことはありませんか?

万が一にも怒らせてしまった時は、よくよく真摯(しんし)に受け止めましょう。

そして、怒らせてしまった原因について振り返り、即刻対応しましょう。

友達が多い

6個目は、「友達が多い」です。

人を癒す性格からか、周りに人が多く、それに比例し友達も多いようです。

「類は友を呼ぶ」とあるように、同じような癒し系の友達ばかりかと言うと、意外と真逆のタイプの友達が多いことがあります。

自分とは違う、でも一緒にいて癒される、それが癒し系の人が持つ不思議なオーラと言えそうです。

そうして、同じタイプの友達だけでなく、様々なタイプの人とも仲良くなれることが、友達が多い理由と言えるでしょう。

全ての人に公平に、こうした行動は周りから絶大な信頼を得られ、評判も上々となるでしょう。

人が傷つくことを言わない

人が傷つくことを言わない、だから友達が多いと言うのも一理あるでしょう。

全ての人に平等に接し、陽だまりのような温かい心で受け入れる、そんな慈悲の深さが要因と考えられます。

悪気がなくても相手を傷つけてしまうことは、往々にあります。

それは相手の捉えようにもよりますが、だからこそ、言葉の選別は必要となります。

人が傷つくことを言わないことは、人として最低限守るべきです。

人が傷つくことを口にして気分が良いことなんて、あり得ません。

モラルに反することをしない、これこそ癒し系女子だけでなく、人として一番生きやすい形と言えます。

家庭的なところがある


7個目は、「家庭的なところがある」です。

癒し系に家庭的、安心要素が満載ですね。

「好きこそ物の上手なれ」と言う言葉があるように、好きなことの方が上達が早く、長続きします。

家庭的なところがある女子は、それだけでも他の女子を凌駕するほどの魅力があります。

そこに癒し系が加われば、将来は「家庭的で癒される奥さん」と言う理想像が現実的になります。

一緒に家事のスキルを極めてみても良いかもしれませんね。

完璧に近い家事スキル、それでいて癒される、文句の付け所がないですね。

家事が上手

家事が上手、これは頼もしいスキルですね。

家事と一言で言っても、掃除・洗濯・料理・家計管理、「名もなき家事」まで加わり、家事の幅は際限がありません。

いずれにしても、毎日行うものだけにその苦労は計り知れません。

しかし、先にも書きましたが、好きだからこそ伸びることはあります。

家事をこなしていくうちに、家事の楽しさを見出し、家事の腕が上がっていくと言う好循環と言えますね。

面倒なことも多いのが家事ですが、その面倒こそが実は欠かせないことです。

家事が上手になることで、自分のスキルが増えるだけでなく、相手が気持ち良く過ごせる環境を作ることに大きく貢献できることになります。

それは、とても素敵なことですね。

子供が好き

子供が好き、ここにも癒し系の慈愛の深さが感じられますね。

子供は、その見た目だけでなく、様々な仕草や表情に愛らしさを感じさせてくれます。

ずばり、守りたくなる存在ですね。

守ってあげたくなる存在があることによって、人は強くなれるものです。

子供に向ける優しさが、そのまま周りの人に向けられるようになるでしょう。

また、子供から学ぶこともたくさんあります。

それを素直に受け止め、「学ばせてもらっている」姿勢であることも好印象につながるでしょう。

こうして考えると、癒し系女子はまるで保育士さんのようですね。

動物が好き

動物が好き、これも優しさの表れですね。

「子供が好き」と同じような理由が当てはまるでしょう。

自分に懐いてくれる従順さ、目を離せないほどの行動力など、動物が見せる面も様々です。

今や、動物も家族の一員と称されるほどの存在です。

だからこそ、より一層の愛情を持って接するのでしょう。

動物からも、命の尊さなど学ぶことは多々あります。

動物を見て癒されることもあり、それが癒し系女子の質を高めることにもなりますね。

癒し系女子の外見に特徴はある?

癒し系女子の性格にはたくさんの特徴の中に魅力も大いにありましたね。

人は内面からにじみ出る優しさなどによって、雰囲気が大きく変わることは確かでしょう。

どの要素も、それぞれの魅力に溢(あふ)れ、それらの集大成が癒し系女子と言うことなんですね。

続いて、癒し系女子の外見の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

外見だけではわからないこともありますが、どの要素も惹かれますね。

ここでは、3個の特徴を順に見ていきましょう!

この特徴に当てはまる人がいれば、その人は癒し系女子かもしれません。

ふわふわな髪形

1個目は、「ふわふわな髪型」です。

女子の髪型は、長さや髪質に左右されます。

中でも、「ふわふわな髪型」が癒し系女子を表す髪型として挙げられます。

「ふわふわ」と言う言葉だけでも可愛い印象が強く、思わずなでなでしたくなるような気持ちにさせる効果もあります。

ふわふわな髪型は、癒し系女子の「笑顔」を引き立ててくれると言えますね。

セミロング~ロングのふわふわなパーマ

セミロング~ロングのふわふわなパーマ、この長さとパーマが絶妙なバランスを保っています。

ショートヘアも捨てがたいですが、ふわふわなパーマを生かしたいのであれば、セミロング~ロングほどの長さがピッタリです。

ストレートヘアは綺麗ですが、ボリュームに欠けます。

しかし、ふわふわなパーマをかけることによって、ボリュームが出て小さな動物のような愛らしさを醸し出します。

小顔に見える効果もあるので、一石二鳥以上の効果が得られるでしょう。

アレンジの際もかわいいヘアゴムなどを使う

アレンジの際もかわいいヘアゴムなどを使う、これができるのもセミロング~ロングだからこそです。

髪を束ねたり、ヘアゴムやバレッタなどを使うことによって、雰囲気を自在に変えることができます。

例えば、何か作業をする時に前髪を軽くまとめる、料理をするのに後ろにサッとまとめるなどがあります。

普段ヘアゴムなどを使う機会が少ない場合は、より一層効果が高くなるでしょう。

ヘアゴムも色々な種類があるので、いくつかそろえてみるのも良いかもしれませんね。

その日の気分や、占いなどのラッキーカラーに合わせて使ってみるのも楽しそうですね。

スカートの時がおおい

2個目は、「スカートの時がおおい」です。

スカートは女子力を高めるアイテムです。

スカートの形によっても印象が変わります。

タイトスカートのように身体にフィットしているもの、フレアスカートのようにふんわりしたものなどがあります。

癒し系女子には、フレアスカートが向いているでしょう。

また、レースを使ったスカートなども女性らしくて、可愛さが増すでしょう。

フリルがついたスカートも、ベタですが可愛いですよね。

短すぎず長すぎず女の子らしいスカート

短すぎず長すぎず女の子らしいスカート、これがポイントです。

あまりに短すぎるとセクシー系になってしまいますし、長すぎると真面目で隙がないイメージを感じさせてしまうでしょう。

なので、その中間くらいの長さのスカートが癒し系女子には向いていると言えます。

足を見せすぎず、隠しすぎず、これくらいがちょうど良いですね。

最も動きやすい長さで、清楚なイメージも感じられるでしょう。

ワンピースも着こなす

ワンピースも着こなす、癒し系女子の上級編とも言えますね。

一枚で着こなしやすい、動きやすい、TPOにも合わせやすいなどのメリットがあります。

お洒落感も高いので、大人っぽい印象も与えることができるのも魅力的です。

気軽に着られるのに、きちんとした印象も見せられるワンピースは、癒し系女子のマストアイテムです。

お嬢様タイプに見える効果もあるので、メリットも大きいでしょう。

顔のパーツが丸い

3個目は、「顔のパーツが丸い」です。

このタイプは、癒し系女子に多いです。

顔は、四角・逆三角形・面長など様々な形があります。

それぞれの形で与える印象は大きく異なります。

中でも、丸顔は優しい印象を与えます。

また、実年齢よりも若く見える効果もあります。

丸顔

丸顔は、優しい印象を最も与える顔立ちと言えます。

それだけで、こちらからも声をかけやすく、優しく応じてくれると感じるのです。

ほどよく丸みがある頬は、まるでリスのような可愛さが感じられます。

全体的にバランスも良く、愛らしい印象もあります。

癒し系女子を代表する顔立ちと言っても良いでしょう。

ただし、髪型によっては丸顔特有の幼さが強調されてしまうこともありますので、髪の分け目やボリュームに注意しましょう。

たれ目

たれ目、癒し系女子を引き立てるパーツです。

キリっとした目元も良いですが、たれ目は優しさがにじみ出てくる印象が大きいです。

そこに丸顔が加わると、優しい印象がより強まるでしょう。

キリっとした目元が猫タイプであるのなら、たれ目は犬タイプと言うべきでしょうか?

犬は飼い主に従順で、常に飼い主の動向に目を向けているように、癒し系女子もまた、相手の動向を優しく見守っていると言えますね。

笑った時のたれ目は、特にたれ目の特徴が出るので、見ている側も癒されます。

まるで、パンダのようなつぶらな瞳に釘付けになること間違いなしです!

印象を変えたい人は、まずたれ目に見えるメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか?

なんで癒し系女子はモテるの?

ここまで、癒し系女子の性格や特徴を見てきました。

確かにこれだけの魅力があれば、癒し系女子が注目されることも納得できますね。

では、なぜ癒し系女子はモテるのでしょうか?

その具体的な理由を6個ご紹介します。

どれも、なるほど!と思えるものばかりです。

それでは見ていきましょう!

1.受け入れてもらえている気がするから

1個目は、「受け入れてもらえている気がするから」です。

癒し系女子は、広い心で様々な人や物事を受け入れてくれるように思えます。

だからこそ、自分でも受け入れてもらえている気がすると安心できるのでしょう。

人に受け入れてもらえること、それは大きな安心感を生みだします。

相手に受け入れてもらえて初めて、人はその相手に心を開き、自分も相手を受け入れるようになります。

癒し系女子のように、あなたも周りの人たちを受け入れてみてはいかがでしょうか?

2.大人しくて従順そうだから

2個目は、「大人しくて従順そうだから」です。

大人しい人の周りには緩やかな空気があります。

それが、周りの人たちにリラックス効果を与えてくれます。

従順と言うのも、相手の意見に逆らわず、素直な様子を表します。

つまり、相手を立てる姿勢の表れでもあるわけです。

男子の側からすれば、自分を立ててくれる従順な女子が恋人であれば、鼻が高いでしょう。

恋人関係に限らず、癒し系女子の相手を立てる姿勢は見習いたいものです。

3.素直に話しを聞いてくれそうだから

3個目は、「素直に話しを聞いてくれそうだから」です。

女子は言葉を司ります。

感性も豊かなので、話しに華が咲くあまり、相手の話しを聞いているうちに自分の話しをしていることもあります。

癒し系女子なら、自分の話しの最中に横槍を入れず、最後まで話しを聞いてくれそうなイメージが強いです。

実際、癒し系女子は相手の話しを最後まで聞く「聞き役」の能力に長けています。

話す側は安心して、自分の話しをすることができるでしょう。

相手にそう思わせることも、ある種の才能と言えますね。

自分の思いの丈を伝えた時、癒し系女子は素直に話しを聞いてくれるでしょう。

4.一緒にいて心が安らぐから

4個目は、「一緒にいて心が安らぐから」です。

癒し系女子と一緒にいると、なぜだか心が安らぐ効果があります。

癒し系女子は、何も話さない時間でさえも癒しに変える力があります。

話しが途切れたり、何もすることがないと、何かしなければ!と思うこともあるでしょう。

しかし、何もない時間を楽しむ余裕を持つことも大切なことです。

あなたも癒し系女子と一緒に、何もしない時間を楽しむところから始めませんか?

5.競争心を持たなくて済むから

5個目は、「競争心を持たなくて済むから」です。

癒し系女子は、おおらかで相手の話しをゆっくり聞くタイプです。

それは、背伸びをせず、ありのままの相手を受け入れる度量があるからです。

自分は自分、等身大でいても良いんだと自信を持たせてくれます。

なので、癒し系女子の穏やかさの前では、競争心は必要ありません。

どんなあなたでも、あなた自身が自分に自信を持てなくても、癒し系女子はあなたを丸ごと受け入れてくれるでしょう。

6.いつも前向きに支えてくれそうだから

6個目は、「いつも前向きに支えてくれそうだから」です。

癒し系女子は、縁の下の力持ちのような「芯の強さ」があります。

物事を悲観的に考えたり、それを相手の場合に置き換えて捉えることもありません。

常に今ある現状を前向きに捉え、自分が出来うる限りのことを総動員して相手を支えようとしてくれます。

どうなるかわからないことを後ろ向きに考えて落ち込むよりも、たとえ根拠のないものでも前向きに捉えて支えることの方が、心身には良い影響を与えます。

癒し系女子は、あなたの苦しみや辛さを理解したうえで、きっといつも前向きに支えてくれるでしょう。

癒し系女子になって彼氏を癒してあげよう

ここまで、癒し系女子の特徴や性格を紹介してきましたが、いかがでしたか?

持って生まれた性格もありますが、見習ったり、こうなりたい!と思った時から、人は変わる好機を手にすることができるのです。

たとえ自分とは真逆のタイプであったとしても、諦めることはありません。

自分で無理!と思っていては、いつまでも変わることはできません。

彼氏を癒してあげたい、その気持ちがあれば、癒し系女子のスタート地点に立つことはできます。

相手が癒されることで、自分も癒されることになるでしょう。

そうした相乗効果によって、より癒し系女子を極めていくことができるはずです。

タイトルにもあるように、「疲れていても会いたい」と思わせる効果を持つ癒し系女子は、ほぼ無敵に近い存在と言えますね。