CoCoSiA(ココシア)

人間嫌いな人の恋愛の特徴とそんな彼女・彼氏との上手な付き合い方


様々な要因で人間嫌いになってしまうことがあります。

あなたの周りにもそのような人はいませんか?

そしてそんな人間嫌いの人を好きになってしまい悩んでいるという人もいるのではないでしょうか?

人間嫌いな人が相手だと、他の人と同じように恋愛を進めていくのは難しいような気がしますよね。

そこで今回は、人間嫌いな人の恋愛の特徴や上手な付き合い方などをご紹介します。

人間嫌いな人の特徴を知り、上手に付き合っていきましょう。

人間が嫌いな人の恋愛の特徴は?

人間が嫌いな人は、そもそもどのような恋愛をするものなのでしょうか。

人間嫌いだからと言って、完全に恋愛ができないと言うわけではありませんよね。

人間を嫌いな人でも、好きな人ができて恋愛をしているという人もいます。

ですが、やはり、普通の人と比べると人間嫌いの人の恋愛は変わっているところもありますし、特徴的なところもあります。

それらの人間嫌いの人の恋愛に見られる顕著な特徴のいくつかについて、ここでは詳しくご説明します。

奥手

人間嫌いな人の恋愛は、基本的には奥手です。

それまでグイグイ人間に関わっていくようなことはありませんでしたから、そもそも自分からアプローチするという頭はないでしょう。

好意は感じるけれど、かなり奥手でどうしようもないように見えることもあるのではないでしょうか。

人間嫌いな人を「告白してくるように仕向ける」と言うのは難しい話です。

奥手で人間との付き合いを知らない野生動物のようなものなのですから、通常の恋愛で考えられる駆け引きや積極性のようなものはないと考えた方が正しいですね。

人の行動が理解できない

人間嫌いの人は、そもそも人の行動が理解できていないところがあります。

どうしてそのような行動をするに至ったのか理解できないのです。

だからこそ、恋愛を射て付き合っているときには、気遣いのできない人間のような行動をとってしまうこともありますし、逆に、相手の気遣いに対して感謝することもできないでしょう。

そもそもそれが気づかいだと気づいていなければ、確かに、それは正しい行動なのです。

群れるのが嫌い

人間嫌いな人は、群れるのを嫌っています。

恋愛をしているときにも、必要以上にベタベタして一緒に行動することは嫌いでしょう。

デートの時に一緒に出掛けるのはおかしくないですが、用事もないのにベタベタ一緒にいたいという感情は理解することができません。

もし、人間嫌いな人が恋愛をするのなら、会うための口実をきちんと考えておかなければいけないということになりますし、人間嫌いな人が何もないのに連絡してくれるというようなこともないと考えておいた方が良いでしょう。

潔癖症

人間嫌いな人は潔癖症なところもあります。

人間に対しては潔癖症になっている可能性もあります。

普段の生活の中で物に触れるのは大丈夫なのに、人間に触れるのは無理だという人もいます。

だからこそ、身体の関係になるまでにはかなり時間がかかるでしょう。

潔癖症気味なところに根気強く付き合うことができる人間でなければ、長く付き合うのはそもそも無理なのではないでしょうか。

このような潔癖症なところは、恋人だからと言って克服できるものではないのです。

【潔癖症な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

一人の時間が好き


人間嫌いな人は恋愛をしていたとしても、そもそも人間が嫌いと言う根本的なところは変わっていません。

人間は嫌いで苦手なものであるのです。

付き合っている相手だけは例外という人もいれば、付き合っている相手はマシなだけで他の人間と変わらないと考えている人もいます。

お付き合いしている相手がどこか特別であるというのは確実ですが、だからと言って、ベタベタするのが好きという意味にはなりません。

人間嫌いな人は基本的には一人の時間が大好きですし、一人の時間を持つことで一番自分らしく生きられるのです。

逆に言えば、一人の時間がないような恋愛なら、恋愛の方を切り捨ててしあう可能性もあるということです。

それほどまでに「人間と関わらない時間」は自分にとって大切なものなのです。

好意に裏があると考える

人間が嫌いな人にとっては、好意というものはそう簡単に信じられるものではありません。

好意は人の感情から成り立っているものです。