人間は社会的な動物ではありますが、だからと言って、全ての人が人間との付き合いを楽しいと感じているわけではありません。

中には、人間が嫌いになってしまっている人もいるはずです。

人間が嫌いで、関わりを避けるようにして生きている人は、基本的には恋愛をすることはありません。

ですが、そんなタイプの人間でも、間違って恋に落ちてしまうようなことはあります。

恋は運命のようなものですから、完全に避けることはできないのです。

また、反対に人間嫌いの人を好きになってしまったという人もいるでしょう。

人間が嫌いだけど、恋愛はしなければという自己矛盾に悩んでいる人もいるかもしれません。

ここでは、人間嫌い×恋愛というテーマで、人間が嫌いな人に降りかかってくる様々な恋愛について見てみることにしましょう。

人間嫌いの恋愛の特徴について気になっている人や、人間嫌いを好きになってしまった人、恋愛をしようと思っている人間嫌いの人は、ぜひ読んでみてください。

人間が嫌いな人の恋愛の特徴は?

人間が嫌いな人は、そもそもどのような恋愛をするものなのでしょうか。

人間嫌いだからと言って、完全に恋愛ができないと言うわけではありませんよね。

人間を嫌いな人でも、好きな人ができて恋愛をしているという人もいます。

ですが、やはり、普通の人と比べると人間嫌いの人の恋愛は変わっているところもありますし、特徴的なところもあります。

それらの人間嫌いの人の恋愛に見られる顕著な特徴のいくつかについて、ここでは詳しくご説明します。

奥手

人間嫌いな人の恋愛は、基本的には奥手です。

それまでグイグイ人間に関わっていくようなことはありませんでしたから、そもそも自分からアプローチするという頭はないでしょう。

好意は感じるけれど、かなり奥手でどうしようもないように見えることもあるのではないでしょうか。

人間嫌いな人を「告白してくるように仕向ける」と言うのは難しい話です。

奥手で人間との付き合いを知らない野生動物のようなものなのですから、通常の恋愛で考えられる駆け引きや積極性のようなものはないと考えた方が正しいですね。

人の行動が理解できない

人間嫌いの人は、そもそも人の行動が理解できていないところがあります。

どうしてそのような行動をするに至ったのか理解できないのです。

だからこそ、恋愛を射て付き合っているときには、気遣いのできない人間のような行動をとってしまうこともありますし、逆に、相手の気遣いに対して感謝することもできないでしょう。

そもそもそれが気づかいだと気づいていなければ、確かに、それは正しい行動なのです。

群れるのが嫌い

人間嫌いな人は、群れるのを嫌っています。

恋愛をしているときにも、必要以上にベタベタして一緒に行動することは嫌いでしょう。

デートの時に一緒に出掛けるのはおかしくないですが、用事もないのにベタベタ一緒にいたいという感情は理解することができません。

もし、人間嫌いな人が恋愛をするのなら、会うための口実をきちんと考えておかなければいけないということになりますし、人間嫌いな人が何もないのに連絡してくれるというようなこともないと考えておいた方が良いでしょう。

潔癖症

人間嫌いな人は潔癖症なところもあります。

人間に対しては潔癖症になっている可能性もあります。

普段の生活の中で物に触れるのは大丈夫なのに、人間に触れるのは無理だという人もいます。

だからこそ、身体の関係になるまでにはかなり時間がかかるでしょう。

潔癖症気味なところに根気強く付き合うことができる人間でなければ、長く付き合うのはそもそも無理なのではないでしょうか。

このような潔癖症なところは、恋人だからと言って克服できるものではないのです。

【潔癖症な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

一人の時間が好き


人間嫌いな人は恋愛をしていたとしても、そもそも人間が嫌いと言う根本的なところは変わっていません。

人間は嫌いで苦手なものであるのです。

付き合っている相手だけは例外という人もいれば、付き合っている相手はマシなだけで他の人間と変わらないと考えている人もいます。

お付き合いしている相手がどこか特別であるというのは確実ですが、だからと言って、ベタベタするのが好きという意味にはなりません。

人間嫌いな人は基本的には一人の時間が大好きですし、一人の時間を持つことで一番自分らしく生きられるのです。

逆に言えば、一人の時間がないような恋愛なら、恋愛の方を切り捨ててしあう可能性もあるということです。

それほどまでに「人間と関わらない時間」は自分にとって大切なものなのです。

好意に裏があると考える

人間が嫌いな人にとっては、好意というものはそう簡単に信じられるものではありません。

好意は人の感情から成り立っているものです。

そもそも人間が嫌いな人は、こうした人間の感情的な部分を嫌っている人が大半です。

人間がロボットのようであれば、そもそも嫌いになる理由がありませんよね。

だからこそ、自分の嫌っている「人間的なところ」の塊であるような「好意」は、そう簡単に信じられるものではないのです。

好意には必ず裏があるというように考えてしまうのが人間嫌いな人の特徴なのです。

ある人からストレートに好意を向けられていても、どこかそれを素直に受け取ることができないでしょう。

ひねくれてしまっているようにも思えますし、それは間違ってはいませんが、どちらかと言うと、臆病であるというのが正しいのではないでしょうか。

自分の思い通りにいかないのが不快

人間嫌いな人が恋愛をするときには、自分の思い通りになることを望んでいます。

人間が思い通りにいかないものだということは知っていたとしても、やはり思い通りにならない者は不快だと感じてしまうでしょう。

恋愛において、自分の思い通りにいかないことに対していら立ちを見せる相手と言うのは、ともすればモラハラのように思われてしまいます。

過去の恋愛でもモラハラと言って別れられてしまうと言った経験を持っているかもしれません。

人の価値観と明らかに異なる

人間嫌いな人は、明らかに他の人の価値観とは違うところを持っています。

人と同じ価値観であるのに人間嫌いになるということはありませんから、どこかで考え方の違いがはっきりと露呈するようなこともあるのではないでしょうか。

付き合っていても、相手との考え方の違いに戸惑うことがあるかもしれません。

普通の恋愛において重要視されるようなコンテンツに興味を示さず、普通は無視するようなことに対して、激しく興味を持つというような人もいるでしょう。

人間嫌いな人と付き合う人は価値観の違いを覚悟しなければいけませんし、人間嫌いの人の方は、自分の価値観を変えなければいけない事態も覚悟しておいた方が良いでしょう。

他人が煩わしい

人間嫌いな人にとっては、そもそも他人は煩わしいものです。

他人は自分の生活に関わってきてほしくないものですし、べたべたしたいという感情は全くありません。

他の人がいるだけで不快感を抱く人間嫌いの人もいます。

恋人であってもそこは変わりありません。

付き合うほどなのですから、他の人よりは確かにマシなのでしょう。

ですが、例えば神経がささくれているようなときに、恋人と一緒にいることで癒されるというようなことは起こりえません。

人間嫌いな人と付き合うのなら、「そっとしておいてほしいタイミング」が他の人よりも多いと考えておいた方が良いでしょう。

人以外に熱中しているものがある

人間嫌いな人は、人以外にも熱中しているものがあるでしょう。

誰かと付き合っていたとしても、それが人生のすべてということではありません。

人生のすべてをかけるような恋愛は、人間嫌いには難しいのではないでしょうか。

だからこそ、きちんと付き合っている相手がいたとしても、その人以外にも熱中している何かを持っていることが大半です。

付き合っている相手は趣味と自分のどちらが大事なのかと聞きたくなることもあるかもしれませんね。

人間嫌いな人にとっては、人い画に熱中しているものがあり、そちらの方により重きを置いていたとしてもおかしくはない状況です。

人間嫌いな人を好きになった!上手な6個の付き合い方

自分が人間嫌いではないとしても、そんな人を好きになってしまうということはあるかもしれません。

どれだけ好きになったとしても「人間である」と言うだけで恋愛対象から外れてしまうというのは寂しいものですよね。

それでも、恋愛対象を人間以外に置いている人類は少ないものです。

人間嫌いであるとはいえ、全く攻略方法がないわけではありません。

ここでは、人間嫌いだと公言しているような人とうまく付き合う方法について見てみることにしましょう。

意見を押しつけない

人間嫌いな人は、他の人間の介入をひどく嫌う傾向にあります。

そもそもそう言ったところから人間を嫌っているのです。

だとすれば、その人に意見を押し付けるようなことはしない方が良いでしょう。

人間嫌いの人の生き方を見ていると、何となく口を出したくなってしまうようなこともあるかもしれませんが、そこはぐっとこらえてください。

人間嫌いな人に意見を押し付けても、嫌いになられるだけで、心の距離は離れてしまうのです。

あまり意見を押し付けずに、相手が窮屈に感じるような恋愛は避けた方が良いでしょう。

相手の興味のあることに興味を持つ、教えてもらう

人間嫌いな人は、決して向こうから興味を持ってくれることはありません。

基本的に一方通行の興味だと思うようにしましょう。

だからこそ、相手にきちんと興味を持つということが大切なのです。

相手が興味を持っていることにきちんと目を向けることで、相手も存在を受け入れてくれるようになります。

相手が好きだと思っているものについて教えてもらうのも良いかもしれません。

できれば、一緒に語り合えるような中になることも良いのではないでしょうか。

興味が一方通行だと分かっているからこそ、自分からぐいぐい行かなければ、相手から来てくれることなどないのです。

裏切るようなことはしない

人間嫌いな人と付き合うためには、相手を裏切るようなことは決してしないということも大切です。

人間嫌いになっている理由なども想像してみると、相手のトラウマなども考えられることに気づくでしょう。

ただでも人間が嫌いになってしまっているのに、さらに人間を嫌いにさせるようなことはしない方が良いはずです。

だからこそ、相手を裏切るようなことは絶対にせず、相手の信頼を得ることができたのなら、それを大事にしなければいけません。

話しを聞いて心を開いてもらう

人間嫌いな人は、基本的に自分の心を閉ざしている状態にあります。

オープンに自分の心を見せてくれる人とは異なるのです。

人間嫌いな人とうまく付き合うためには、まずは少しでも心を開いてもらわなければいけません。

そのためには、相手に「この人は自分のことを受け入れてくれる」と思わせなければいけないのです。

話をきちんと聞くというのはその第一歩となるのではないでしょうか。

相手が少しでも自分に対して心を見せてくれるようなことがあったのなら、それを逃さないように話を聞いて、自分は相手を受け入れるだけの余裕があるということをきちんと見せてあげてください。

お互いに一人の時間を作る


人間嫌いな人は、多少受け入れてくれたとしても、元の気質が変わることはないでしょう。

やはり、誰かといるよりも一人でいる方が楽なのです。

だからこそ、お互いに一人の時間を作るということも大切なのではないでしょうか。

付き合うことができたとしても、相手が自分の世界に浸ることができる時間を作ってあげるのです。

そうした余裕のない恋愛は、相手にとっては息苦しいものとなるに違いありません。

人間嫌いな人は、人と付き合うことで感じる息苦しさをひどく苦手にしています。

お互いにきちんと自分の時間を作ることができないような恋愛はやめて、心に余裕をもってべたべたしないように心がけることも大切です。

相手の価値観を受け入れる

人間嫌いの人と上手に付き合うためには、相手の価値観をきちんと受け入れることが大切です。

相手が自分から受け入れてくれることなどないのですから、まずは相手を丸ごと受け入れるような心の広さを見せることも必要なのです。

相手が人間を嫌いとしているようなこと、普通の人が価値を見出すような人間付き合いに価値を感じていないことをおかしいと思わずに、そう言う人間なのだと受け入れてあげましょう。

そうすることで、相手も少し楽な気分で付き合ってくれるはずです。

相手を否定することから始めると、上手な付き合などできるはずもないのです。

人間嫌いが恋愛とうまく向き合うポイント

人間嫌いの人であったとしても、恋愛を全くしないと言うわけではないでしょう。

こんな自分を変えたいと思って、取り敢えず恋愛をしようと言う気にはなることもあるでしょう。

ですが、人間が嫌いなのに、そもそも恋愛と向き直るのは難しい話ですよね。

年齢的にも恋愛をして結婚しようと考えている人、人間嫌いな自分が嫌いな人などにとっては、簡単に恋愛に向き合うの事態は難しいですが、しっかりとそれをやり遂げなければいけないことは確かです。

ここでは、人間嫌いな人が、そもそも「恋愛をする気」になるための方法について見てみることにしましょう。

人間嫌いであったとしても、人間恐怖症よりは恋愛に向いているはずです。

少し発想の転換をしてあげることで恋愛をできるようになるのなら、硬くなった頭を柔らかく、発想の転換をして人間嫌いの恋愛嫌いを克服してみてください。

他人に興味をもつ

人間嫌いの人が恋愛に目を向けるためには、まずは他人に興味を持つということも必要でしょう。

そもそも人間を相手にしている恋愛なのですから、全く興味のないものと恋愛などできるはずがないのです。

きちんと他人に対して一定以上の興味を持ってなければ、恋や愛と言った「興味以上の感情」を抱くことは難しいでしょう。

全人類に興味を持つというのは人間嫌いの人にとってはとても難しいことですから、その必要はありません。

ただ、人間嫌いの中でも少し気になる人が現れたときには、興味を殺さずに、きちんと自分の気持ちと向き合って興味を育てていくことにしましょう。

異性を研究対象としてとらえる

どうしても異性を恋愛対象としてとらえることができないのなら、異性を研究対象として見るのはどうでしょうか。

そもそも人間が嫌いなのに、いきなり恋愛対象に白と言われても難しいというのが正直なところのはずです。

それならば、研究対象としての興味を持つということが大切なのではないでしょうか。

研究対象と思えば多少は興味もわいてくるでしょう。

人間に対する興味の持ち方としては適切ではないかもしれませんが、そもそも人間が嫌いであるというのなら仕方ありません。

異性はどのような生き方をしているのか、自分と違うところはどこなのかなど、完全に研究対象としてとらえて見ると面白いでしょう。

自分で人生を演出するアイテムととらえる

人間嫌いであったとしても、自分の人生が詰まらなくても良いと考える人は滅多にいません。

人生をそれなりに楽しんでいなければ、生きているのもつらくなってしまいますよね。

恋愛と言うのは、人生を彩るアイテムの一つです。

そもそも、普通に恋愛をしている人が心から楽しんでいるかと言われると、全ての人がそうではありません。

自分の人生を演出する一つのアイテムとして割り切っている人もたくさんいます。

何も、心から楽しもうと思って恋愛に目を向ける必要はないのです。

ただ、自分の人生を変えるため、彩るため、体裁を整えるために有効なアイテムとして最初は捉えて見ると、ハードルが低くなったように感じるのではないでしょうか。

自分の価値観を言葉にする

恋愛は自分の価値観と会わない相手とは始めることができません。

また、恋愛をするときに自分の価値感も分かっていないようでは、何となく曖昧でつかみ肉人間だと思われてしまって終わりです。

自分で自分のことを分かっていないというのも問題がありますよね。

まずは、自分のことを知るために自分の価値観を言葉にしてみてはどうでしょうか。

言葉にするとはっきりと自分でも自覚することができます。

自分がどのような人間であるのか、どのようなことに重きを置いているのかということを再確認するのです。

そうすれば、いざ恋愛をするときにも役に立ちますし、意外と自分が恋愛を必要としている人間だということにも気づけるかもしれません。

ただし、この時には自分に嘘をつかないように気を付けてくださいね。

あえて意味のないことに取り組む

人間嫌いの人にとっては、恋愛と言うのは意味がないことですよね。

そもそも意味を感じるようなものでもないでしょう。

ただ、意味がないと感じているもの、価値を感じないものを全て取り去っていると、それはつまらない人生ということになるかもしれません。

恋愛を意味のないものと考えているのなら、あえて、他にも意味がないと感じていることに取り組んでみると良いのではないでしょうか。

意外とそれが楽しかったり、意味を感じるものであるということに気づくかもしれません。

そうした気づきを続けることで、「意味がないものの一つ」である恋愛に対しても目を向けるような気になれるかもしれません。

死ぬ前の自分を想像する

人間嫌いの人が恋愛に目を向けるようになるためには、死ぬ前の自分を想像するということも大切かもしれません。

今は人間嫌いのままで良いかもしれませんが、それが一生続くわけではない可能性も高いですよね。

死ぬ前に、一人で孤独に死んでいくという自分の姿を生々しく想像してみると、少し怖くなってくるのではないでしょうか。

もちろん、その姿を想像しても何も感じないようなら、まだ人間嫌いを克服する時期になっていないかもしれません。

人間嫌い克服のためには少し早いということですね。

ですが、死ぬ前の自分を想像した時に、何となく痛みを感じるようなことがある、寂しさで不安になってくるようなことがあれば、それは自分の中に人間に対する欲求があると考えても良いでしょう。

死ぬ前の自分を想像することは簡単ではありませんが、このまま生きていて自分がどのような最期を迎えるのかということを考えると、自分の生き方の方向転換をする気になるかもしれません。

身近な人間を観察する

身近な人間を観察するというのも、恋愛に向き合うには良いかもしれません。

人間嫌いな人は、人間観察をしない傾向にあります。

人間に興味を持っていないので、他の人がどのような生活をしていようが自分には関係ないと考えてしまうのです。

ですが、これでは、自分の生活は全く変えることができないでしょう。

自分の生活や生き方を変えるためには、きちんと自分の中にモデルケースのようなものを持っていなければいけません。

身近な人間を観察することで、自分がどれくらい人と違っているのか、それが良いことなのかということが分かるでしょう。

突き付けられるようにしてそれが分かれば、少し自分の生活を変えようという気になるかもしれません。

一日の計画を人に立ててもらう

例えば一日の計画を人に立ててもらうというのも良いのではないでしょうか。

自分一人で動いていると、なかなか自分だけのライフスタイルから抜け出すことはできません。

自分というものの枠から抜け出すことができないのです。

人間嫌いを直して恋愛に目を向けるということは、つまりは自分の枠から一度抜け出すということになります。

これは簡単なことではありません。

だからこそ、一度は人の計画で一日を過ごしてみるというのも良いのではないでしょうか。

それで意外と一日を新鮮に楽しめるのなら、「これまでの自分」にこだわる必要はなくなりますよね。

また、恋愛をしたときのシミュレーションをすることもできるでしょう。

一日、どのように過ごすのかを人に考えてもらうことで、違う自分を体験できるというのが魅力的な方法です。

自分の部屋に人を入れる

人間嫌いな人が恋愛に目を向けるためには、自分ン部屋に人を入れるということ経験して見なければいけないのではないでしょうか。

これは色々な面からおすすめの方法です。

まずは、人が訪れても大丈夫な部屋にするというところが良いポイントです。

恋人であれば部屋に招くこともあるでしょうが、そのときに恥ずかしいことにならないようにするためには、一度人の眼を通して自分の部屋を見なければいけません。

また、もう一つのポイントは、自分の部屋に人を入れることで、自分の部屋と言う居城を崩すことです。

人間嫌いな人にとっては自分一人になれる部屋は大切な籠城の拠点となっています。

ですが、これは良いことではありません。

一度自分の籠城ポイントを崩すことで、自分というものの枠を超えることもできるようになるでしょう。

好きなものを語れる仲間を見つける

恋愛に目を向けたところで、相手がいなければ恋愛をできるはずがありませんよね。

また、恋愛をする気になるためには、相手も必要です。

具体的に“誰か”がいなければ恋愛は始まらないからです。

誰もいないのに恋愛をするやる気だけはあるというのは、人間嫌いには当てはまりません。

そんなときには好きなものを語れる仲間を作るということが大切です。

自分の好きなものを語れる仲間と言うのは、恋愛に繋がりやすい相手であるとも言えます。

もし恋愛対象に入らなくても、趣味の仲間ができるというのは良いことですし、人間嫌い脱却のための大切な存在になることは間違いありません。

人と話す時間を増やす

人間嫌いが恋愛をするためには、まずは人と話す時間を増やすということも大切です。

全く人と関わることなしに恋愛にだけ目を向けるというのは難しい話ですし、恋愛をする気になっても人間嫌いが直っていなければ意味がないからです。

人間嫌いの人は基本的に人と話すことを避ける傾向にありますが、それはもったいないことだとも言えるでしょう。

恋愛にきちんと目を向ける気持ちになるためには、人と話して「人と関わる人生」に慣れなければいけません。

もちろん、すぐにできることではありませんから、少しずつ人と話すことに慣れていくと良いのではないでしょうか。

外出頻度を増やす

そもそも、外に出なければ人と関わることはできません。

もちろん、最近はインターネットを通じた人との関わりと言う方法もありますが、これは三次元の人間を相手にしているような気にはなりませんから、生身の人間を相手にする恋愛とはまた話が異なってくるはずです。

きちんと恋愛に目を向けるためには、まずは外出頻度を増やさなければいけないのです。

人間嫌いな人は往々にして外出することや、外の世界と関わることさえも嫌いですが、外出頻度を増やしてそれにも慣れて行かなければ、恋愛をすることなどできません。

恋愛は外の世界で怒ることでもありますから、まずは外出頻度を増やしてみましょう。

新しい趣味を見つける

新しい趣味を見つけるというのも、人間嫌いの人が恋愛をするためには良いので花井でしょうか。

新しい趣味と言うのは、人を新しい世界に連れて行ってくれるものです。

思いがけず、新しい趣味が人間嫌いを直してくれるようになるかもしれません。

もしくは新しい趣味を見つけることで、恋愛をしたいと思えるような相手との出会いがあるかもしれませんよね。

これまでの世界を抜け出すという意味では、新しい趣味を見つけて新しい世界に飛び込んでみるというのはとても大切なことです。

そう簡単に新しい趣味を見つけることはできないかもしれませんが、今少し興味を持っていることなどを追及して「完全な趣味」にしてしまうのも良いでしょう。

人間嫌いでも問題ない

いかがでしたか?

人間嫌いの人の恋愛について理解することはできましたでしょうか。

人間嫌いの人はそう簡単に恋愛をすることはできません。

普通の人であったとしても、恋愛は私用と思ったからと言ってすることはできませんから、そう言った意味では同じですね。

人間嫌いの人が恋愛をするためには人間嫌いを直すことが一番ですが、人間嫌いを直さなくても恋愛をすることはできます。

それだけの運命の相手が見つかれば、恋愛はできるのです。

最も、そう言った気持ちにならなければ恋愛にはつながりませんし、運命の相手に出会っていても「人間嫌いのフィルター」が目を曇らせて、運命の相手との恋愛ができなくなっているということもあります。

人間嫌いを完全に克服する必要はありませんが、もう少し広い世界に目を向けるように努力して見ると、世界が変わってくるかもしれません。