いつでもどこでも大好きあの人のことを考えてしまっているそこのあなた!

できれば、自分だけがこのように相手もことを思うのではなく、相手にもいつでもどこでも自分のことを考えてほしいと感じているのではないでしょうか?

たしかに大好きな人にいつどこでも思われていると感じることができれば、実際にそのような現実にすることができればとても幸せですよね!

ということで、この記事では、四六時中大好きな彼のことを考えてしまっているあなたのことを、現在のあなたと同じように彼にも思ってもらえるようにするテクニックをご紹介しています!

それだけではなく、どうしてあなたは四六時中、あの彼のことを考えてしまうのかその理由もお伝えしてますよ♪

ぜひ参考にしてみてくださいね!

四六時中考えちゃうの?まずはその理由15選!

あなたは、今まさに心の中にあの人の存在があって、それもあの人の存在が大きくなっていてとても幸せな気持ちの中にいるのでしょう。

ずばり、なにをしていても、どこにいたとしてもその特定の彼のことばかり考えてしまっているんですよね。

そのようにいつでもどこでもあの人のことを考えたり、その人を思い出すトリガーになるようなものに出会ったとして、そこで彼のことを思い浮かべることができるのはさぞかしハッピーでしょう。

しかし、このように考えたことはありませんか?

「もしかしたら自分ばかりがあの人に夢中になってしまっているのかもしれない」なんて。

たしかに現実的にあなたたちの関係を見てみると、そのようなことがいえるかもしれません。

両想いだとしてもなんだかいつまでも自分が相手に片思いしているような・・・お付き合いしているのにどこか片思いしているかのような気持ちになることも。

しかし、四六時中考えてしまうとどうしても嫌いになりたくても嫌いになることすらできないはずです。

だって、相手のことが好きでたまらないし、気になって仕方ないから四六時中考えてしまうんです。

でも、どうしてこんなにも彼のことばかり考えてしまうんでしょうか?

この人生の中にはもっと考えておきたいことはやまほどあるというのに、とても不思議に感じてしまいますよね。

ここでは、どうして四六時中あの彼のことを考えてしまうのか、その理由を15個お伝えします。

その理由を知れば、あなた自身の本当の気持ちにも気づけるかもしれません!

1.自分が暇だから彼以外に考えることがない


こんなことをお伝えするのは少し心苦しいのですが、あなたはここ最近、自分の人生に…やってくる毎日にどこか退屈していませんか?

いつも同じような毎日の繰り返し、そしていつも同じような景色しか見ていないともなると、どこか退屈に感じていることでしょう。

そのように人生や自分自身に退屈を感じている、つまり暇な時間を過ごしてばかりいると、どこかで“夢中になれるもの”を探してしまうんですよね。

それは意識していなくても勝手にあなたの心が求めてしまうので、理由もわからないうちにあの人のことに夢中になってしまうんです。

夢中になればなるほど、この“暇だから四六時中あの人を考えている”ということにも気づくことができません。

まとめますと、日常的に何もすることがないし、やることもないから仕方なく彼に夢中になっているのです。

2.彼の余裕がかっこいいから!

あなたは、彼のどこに惚れているのでしょうか?

少しだけでも考えてみてください。

ずばり、彼の余裕ぶっている雰囲気がかっこいいなんて感じているのではないでしょうか。

特に自分よりも年齢が上の男性とお付き合いをしたり、年齢が上の人のことを好きになったりするとこのようなことを感じやすいものです。

その余裕に、どこか憧れの気持ちを抱くことで、彼のことを四六時中考えてしまっています。

恋心のように感じていますが、実際の心の奥底を掘り下げてみるとその彼に人としての尊敬の気持ちを感じていることがわかるはずです。

要するに、四六時中あの人のこと考えてしまうからといって、相手に恋しているとは限らないのです。

3.越えなければいけないハードルがあって越えたくなるから!

あなたと彼の間には、何かしらの問題が付きまとっているのではありませんか?

例えば、二人の生きてきた境遇が全く違うとか、二人の関係が不倫・浮気などのジュンスナイな形ではないだとか、さらには世間一般から見ると本当は触れ合ってはいけないと思われている関係、遠距離恋愛、親などに反対されているなどなど…。

そのように問題がつきまとっている、つまり二人の間に越えなければならないハードルがあったりすると、そこから逃げるのではなく“越えたい”という気持ちが湧き出るようになっているんですね。

特になんでもチャレンジする性格をしていたり、どこかひねくれている性格の人はこのようなことを感じやすいかも。

その“マイナスポイント”が相手への恋心やあこがれ心をかきたてるのです。

4.嫌な時もあるんだけど、優しい時にすっごい優しいから!

人には良いところもあれば、悪いところもあるものです。

それを承知の上で、その人といるといやなときもあって、そのときには「絶対に別れてやる」とか「この人と付き合わなきゃ(出会わなければ)よかった」なんて考えるのです。

しかし、その人の良いところも知っているので、100%相手のことを嫌いになることができません。

それに優しい時にはとても優しいということも知っているので、たとえ悪い状況があったとしてもその人から離れることができないんですね。

飴と鞭を使い分ける男性のとりこになってしまっているわけです。

5.彼がしつこくなくて気になるから!


人は誰かにしつこくされるとうっとうしく、時には気持ち悪いと感じてしまうものです。

しかし、逆にあまりにもしつこすぎて、自分の生活圏内に入り込みすぎると彼のことを逆に気にしてしまうことがあります。

いつもその人があなたのそばにいるし、あなたの視野に入り込むようになっているからなんですね。

そのような状況がいつも続いているにもかかわらず、ある日突然ぱったりと連絡も取らない、声もかけてこないことがあります。

相手囲いの駆け引きをしているときです。

その駆け引きにまさに気を取られてしまう、「あれ?今日はいつもと違うな?」という状況が彼のことをいつでも考えさせてしまっているのです。

6.彼は自分のいいところを褒めてくれるから!

人はだれでも人に褒められたい生き物です。

特に大好きな人から褒められたらとてもうれしいですし、もっとそのことを頑張ってみようかなという気持ちになることができますよね。

そのように彼は自分のことをほめてくれるということを一度でも経験してしまうと、「あの人は自分のことを受け入れてくれる人だ」と脳が認識することになります。

その結果、なにをしていても無意識のうちにあの人に認めてほしいという気持ちが芽生えるために四六時中かれのことを考えてしまいます。

7.彼とは会話があうから!

あなたはどうしてその人のことを好きになったり、あこがれの気持ちを抱くようになったのでしょうか?

なかには理屈抜きにして、出会った瞬間にビビビッときたからなんて答える方もおられるかもしれないですね。

しかし、なかにはそのようなものではなく、話しているうちに相手のことが気になるようになったという方もいるはずです。

そのような方たちというのは、ずばり彼とは会話が合うからこそ彼のことを気になってしまっているんですよね。

つまり、会話が楽しい、あの人と一緒にいる時間は有意義なものになっていると自覚しているからです。

そうではありませんか?

ぜひ、あの人との会話の内容、その時の雰囲気までも思い出してみてください。

8.彼とは共通点がいっぱいあるから!

人は、自分と全く別のものを持っている人よりも、自分と同じものを持っている人にひかれやすいものです。

なぜかといいますと、どこかで仲間意識を感じたり、親近感を持つことができるからなんですね。

そのため、彼との共通点がたくさんある(兄弟構成が同じ、血液型・誕生日などが同じ、出身地・出身校が同じ、好きなものが同じなどなど)と、その人に勝手に親近感を覚え、無意識のうちにあなたはいつでも考えることになります。

あなたと彼との間にもなにかしらの共通点があるのではありませんか?

9.彼といるとドキドキするから!

彼のことが好きでたまらない!彼はいつでもかっこよくて困る!

なんて思っている方は、おそらく彼といるとドキドキする…という気持ちを持っているはずです。

それはもう恋心ですね。

彼といると、ドキドキして、そのドキドキする気持ちでどこか自分がきれいになれる気がするし、いつものマンネリ化した気持ちを一新できているような気持になることもできるでしょう。

人にとって“ドキドキわくわくする気持ち”というのは欠かせないもの。

その欠かせないものを感じさせてくれる彼は、あなたの命のエネルギーになっているので四六時中考えてしまうんです。

10.彼の外見がかっこいいから!

さきほども記載しましたが、彼の見た目がかっこよすぎてその見た目を思い出すだけでドキドキしてしまうこともあるでしょう。

ずばり、彼の外見がかっこいいからこそ彼のことを四六時中考えてしまう方もいます。

思い出せば、あのイケメンの顔、そしてさわやかな笑顔、クシャっと笑うかわいい顔が思い出される・・・。

もうそれだけでむねきゅんものですよね。

その胸キュンは、ドキドキワクワクと同じように、彼を夢中にさせるぽいとになるので、四六時中彼のことを考えることになるんですね。

11.優しい言葉をかけてくれる!

人はいつでもどこでも、誰にでも優しくされたい生き物です。

まったく持てない人であっても、ほかの人に対して優しい言葉をかけ続けることができれば、知らない間にもてることができます。

ずばり、この観点から言いますとその彼はあなたの優しい言葉をかけてくれるのではありませんか?

「君ってすごいね」だけではなく、「あなたといると楽しい」とか「かわいい」「きれい」なんて。

その言葉だけでも、心が救われることもあるでしょう。

そのようにあなたのこころのすきまにはいりこんできているので、四六時中その人のことを考えてしまうんですね。

12.他の女性の存在を疑ってしまっているから

あなたは、その男性に対してどこか浮気などを疑っていませんか?

人は、だれかを疑うことになると途端にその人の行動や発言などを気にしてしまうものです。

ずばり、彼が浮気をしているような気がするとか、片思い中であっても本当は彼女がいるのではないかとか、ほかの女性にも同じように優しくしているのではないかなんて思うようになると、彼が今何をしているのか気になるものです。

ほかの女性の存在を疑うというのはとても苦しいものですが、それによって彼のことを“疑いの目”で四六時中考えることになります。

彼のことを思い出して幸せな気持ちになれないので、少し苦しい“夢中”ですね。

13.たまに甘える姿が可愛いから!

男性といえども、心を許した相手には心から甘えてくれるものです。

特にいつもは男性らしく、男っぽく頼りがいのある男性が甘えてきたりするととてもうれしく感じるのではないでしょうか?

そのように、“たまに”甘えてくれる姿がとてもかわいいがために、その人にさらに心を奪われてしまうことがあります。

いつもはかっこいいのに、こんなにかわいい姿もあるの!?と感激してしまうんですよね。

また、あんなふうに甘えてくれたらいいのにななんてその甘えてきた時のことを思い出します。

14.行動がかっこいいから!

男性は男性らしい行動をしていると、その魅力が増すものです。

特に重い荷物を持ってくれるとか、電車やバスなどで優先席を人に譲る・・などなど人としては当たり前のことでもできない人がいる中で、それを当たり前にこなすことができる―つまり、行動がかっこいいといつでもどこでもその人のことを考えてしまいます。

その人がそうやってかっこよくふるまっているときを思い出すことで、きゅんきゅんしちゃうんですよね!それに同じような行動をしている赤の他人を見ても、その男性を思い出すきっかけになっていることもあります。

15.話を最後まで聞いてくれるから!

人は、だれでも自分の話をしっかり聞いてくれる耳を傾けてくれる人に安心感を覚えるものです。

こちらは必死に相手に何かを伝えているにもかかわらず、相手がスマホやテレビを見ていたり、こちらを見てくれなかったりすると「本当に聞いているのかな?」と心配になってしまいますよね。

それに人によっては、その状況に腹を立ててしまうこともあるでしょう。

反対に自分の話を最後までしっかりと聞いてくれる人というのは、うれしいもの。

そのように彼がしてくれることで、「自分を受け止めてくれている」と判断する材料になります。

人は自分を受け入れてくれる人には条件なしで気になるものなんですよね。

そのため、彼のことを四六時中考えることになってしまいます。

立場を逆転させたい!四六時中考えちゃう女になる方法!

これまでにあなたが彼にどうして今実際に夢中になり、いつでもどこでも考えるようになってしまっているのかその理由をいくつかご紹介してきました。

すべてとはいわないものの、「ああ、あてはまってるな」とか「あるある!」なんて感じたものがあったのではないでしょうか。

とはいえ、できれば彼にもそのように感じてほしいですよね。

ということで、ここであなたが彼のことを四六時中考えるのではなく、彼に四六時中考えてもらえるような女性になる方法をお伝えします!

ずばり、彼にあなたに夢中になってもらう方法をお伝えするということになります。

以下の方法を少しずつでも実践することができるようになれば、確実にあなたは四六時中考えてもらえるような女性になることができるはずです!