CoCoSiA(ココシア)

爪半月の大きさが人によって違う5個の理由!これが大きいと天才!?

爪の生え際あたりに白い線のようなものがあると思いますが、これは「爪半月」と呼び、大きい人もいれば小さい人もいます。これがどんなことを意味するのか考えたことはありますか?この記事では、爪半月の大きさが人によって違う理由をご紹介していきます。今まで気にしたことがなかった人も多いと思いますが、ぜひ読んでみてくださいね。

爪半月とは?

冒頭分でもお伝えしましたが、あなたには「爪半月」と呼ばれるものがあるでしょうか。

それともあるような、ないようなビミョーな感じでなんともいえない・・・なんていう方もおられるかもしれないですね。

そのようにあったりなかったり、人によっては大きかったり小さかったりする“爪半月”っていったいなにものなのでしょうか?

なかには、これまでに爪半月とよばれるようなものができていなかったのに急に登場してきて、「ああ、とうとう大きな病気になってしまったのかもしれないな」なんて思っている方もおられることでしょう。

しかし、それって病気だからできるというわけではないんですよね。

生まれつき持っている人もいれば、生まれていたころや子供時代にはあったけれども大人になるにつれてなくなってしまった方、逆にこれまでに見てこなかったのに急に登場したような方までもいるんです!

そんな“爪半月”…っていったいなんなのでしょう?

ここでは、その正体について迫ります!ここを読むだけでも、あなたの抱いている不安な気持ちをぬぐううことができるかもしれないですよ!

読み方「つめはんげつ」

「爪半月」とよばれるものがどのようなものなのかを説明する前に、あなたにひとつ質問があります。

「爪半月」という言葉は、いったいどのように読むと思いますか?

そのままでいいのですが…。

人によっては「つめはげつ」とか「つめぱんげつ」「つめはんつき」なんて呼んでしまう方もおられるかもしれないですね。

その読み方は、間違っています!

ずばり「爪半月」という言葉は、“つめはんげつ”と読むことができる言葉になります。

でもどうして爪が半月なんて表現をしているのでしょうか?

ずばり、爪に出てくる“爪半月”とよばれるものがモノによっては“半月”のように見えるからなんですよね。

半月とは、夜に空にきれいに見ることのできる地球のまわりをぐるんぐるんまわっている“月”の満ち欠けによっておこるものになります。

新月と満月の間には必ず、月が半分こになっているような形に見えることがありますよね。

そのような状態を“半月”といい、そのような名前のお菓子まで誕生していますね。

ずばり、繰り返しになってしまいますが「爪のなかにまるで半月のような形をしたものができている」ということで、「爪半月」ということができるんですね。

読み方にも、この言葉ができたのにもそれなりの理由があるということになりますね。

爪半月ってなに?


これまでに「爪半月」という言葉にはどのような読み方があるのか、どうしてそのように読むことができるのかについてお伝えしてきました。

その読み方は、これからお伝えしていく“爪半月とはどのようなものか”という説明に大いに関連してくるので、ぜひとも頭に入れながら読み進めてみてくださいね!

あなたは、「爪半月」ってどのようなものだと思いますか?

この文字を見るだけでも、それがどのようなことを表しているのかなんとなく想像できることでしょう。

しかし、そのままでは間違ったものとして「爪半月」というものを理解してしまうことになってしまうかもしれません!

そのようなことにならないように、ここでは「爪半月」とはいったいどのようなものなのかを詳しく解説しています。

さっそくそれがどのようなものなのかを確認していきましょう。

爪の生え際にある、半月形の部分

さきほど、あなたの爪に注目してほしいということ、それにその詰めの生え際には“半月型のなにか白いもの”があるかどうかを確認してほしいということをお伝えしましたね。

それこそが“爪半月”とよばれるものなんです。

ポイントは、詰めの上部に存在するのではなく“生え際”に存在しているということ。

それも人によっては本当にまるで新月のような大きいものをしていることもあれば、ゆりかごのような月の形をしているほぼ半月型になっていることもあります。

人によってそれぞれですが、あなたの爪にも生え際のほうからなにやら白いものが出ているのを確認することができるのであれば、それは“爪半月”ということができるかもしれません。

成長途中で角質化が完全でないため、白っぽく見える

では、そんな「爪半月」というのはどうしてできてしまうのでしょうか?

これまでに爪にそのようなものができてきていなかった、という人はなんだか怖くなってしまうかもしれないですよね。

しかし、それは病気ではありません。

体の細胞たちがしっかりと生きている、働いているというサインになります。

ずばり、“成長途中”の爪なんですよね。

「ええ!?成長途中の爪がツメの下に入ってしまっているの!?」なんて驚かれたことでしょう。

はい、そうなんです。

爪というのは“生え変わり”がありますよね。

その準備をしている段階のものもあれば、これからあなたの爪となって生えてくるものなんていうこともあります。

でもどうして、それが白く見えてしまうのでしょうか?