あなたは、自分以外の人の“手”やその“指”をまじまじと見つめたことはありますか?

ネイリストだとか、マッサージ、さらにはエステティシャンなんていうような特殊な仕事についていない限りは、あまり他人の手だとか指などに注目する機会ってないですよね。

お付き合いしている恋人、仲の良い友達、それに家族だってあまりその人たちの手や指に触れるようなことってほとんどないかと思います。

では、今すぐに自分自身の、あなたの手や指に注目してずばり“爪”をまじまじと眺めてみましょう!

あなたの爪の生え際あたりには、なんだか得体のしれないような“白い線”のようなものができていませんか?

それも詰めの生え際にそうようにラウンドしているような…それってあなたの“爪半月”といわれるものなんです。

しかし、なかには「まったくもってそのよな白いものが見えない!そんなの存在しないんじゃないの?」なんて思われているような方もおられることでしょう。

そのような方は、「爪半月」が出ていないだけなんです。

とはいっても、どうして「爪半月」が出ている人と出ていない人がいるのでしょうか?

この記事では、そんな誰もが持っているというわけではない“爪半月”というものについて特集しています。

あなたには爪半月があるでしょうか?

逆にない人はどうしてないのでしょうか?

この記事では、そもそも「爪半月」というのがどのようなものなのか、そして爪半月が大きい人と小さい人もしくはない人では何が違うというのかについてお伝えしています。

爪半月が病気だと思っているそこのあなた!

もっと自分の体を知る大チャンスになることでしょう。

爪半月とは?

冒頭分でもお伝えしましたが、あなたには「爪半月」と呼ばれるものがあるでしょうか。

それともあるような、ないようなビミョーな感じでなんともいえない・・・なんていう方もおられるかもしれないですね。

そのようにあったりなかったり、人によっては大きかったり小さかったりする“爪半月”っていったいなにものなのでしょうか?

なかには、これまでに爪半月とよばれるようなものができていなかったのに急に登場してきて、「ああ、とうとう大きな病気になってしまったのかもしれないな」なんて思っている方もおられることでしょう。

しかし、それって病気だからできるというわけではないんですよね。

生まれつき持っている人もいれば、生まれていたころや子供時代にはあったけれども大人になるにつれてなくなってしまった方、逆にこれまでに見てこなかったのに急に登場したような方までもいるんです!

そんな“爪半月”…っていったいなんなのでしょう?

ここでは、その正体について迫ります!ここを読むだけでも、あなたの抱いている不安な気持ちをぬぐううことができるかもしれないですよ!

読み方「つめはんげつ」

「爪半月」とよばれるものがどのようなものなのかを説明する前に、あなたにひとつ質問があります。

「爪半月」という言葉は、いったいどのように読むと思いますか?

そのままでいいのですが…。

人によっては「つめはげつ」とか「つめぱんげつ」「つめはんつき」なんて呼んでしまう方もおられるかもしれないですね。

その読み方は、間違っています!

ずばり「爪半月」という言葉は、“つめはんげつ”と読むことができる言葉になります。

でもどうして爪が半月なんて表現をしているのでしょうか?

ずばり、爪に出てくる“爪半月”とよばれるものがモノによっては“半月”のように見えるからなんですよね。

半月とは、夜に空にきれいに見ることのできる地球のまわりをぐるんぐるんまわっている“月”の満ち欠けによっておこるものになります。

新月と満月の間には必ず、月が半分こになっているような形に見えることがありますよね。

そのような状態を“半月”といい、そのような名前のお菓子まで誕生していますね。

ずばり、繰り返しになってしまいますが「爪のなかにまるで半月のような形をしたものができている」ということで、「爪半月」ということができるんですね。

読み方にも、この言葉ができたのにもそれなりの理由があるということになりますね。

爪半月ってなに?


これまでに「爪半月」という言葉にはどのような読み方があるのか、どうしてそのように読むことができるのかについてお伝えしてきました。

その読み方は、これからお伝えしていく“爪半月とはどのようなものか”という説明に大いに関連してくるので、ぜひとも頭に入れながら読み進めてみてくださいね!

あなたは、「爪半月」ってどのようなものだと思いますか?

この文字を見るだけでも、それがどのようなことを表しているのかなんとなく想像できることでしょう。

しかし、そのままでは間違ったものとして「爪半月」というものを理解してしまうことになってしまうかもしれません!

そのようなことにならないように、ここでは「爪半月」とはいったいどのようなものなのかを詳しく解説しています。

さっそくそれがどのようなものなのかを確認していきましょう。

爪の生え際にある、半月形の部分

さきほど、あなたの爪に注目してほしいということ、それにその詰めの生え際には“半月型のなにか白いもの”があるかどうかを確認してほしいということをお伝えしましたね。

それこそが“爪半月”とよばれるものなんです。

ポイントは、詰めの上部に存在するのではなく“生え際”に存在しているということ。

それも人によっては本当にまるで新月のような大きいものをしていることもあれば、ゆりかごのような月の形をしているほぼ半月型になっていることもあります。

人によってそれぞれですが、あなたの爪にも生え際のほうからなにやら白いものが出ているのを確認することができるのであれば、それは“爪半月”ということができるかもしれません。

成長途中で角質化が完全でないため、白っぽく見える

では、そんな「爪半月」というのはどうしてできてしまうのでしょうか?

これまでに爪にそのようなものができてきていなかった、という人はなんだか怖くなってしまうかもしれないですよね。

しかし、それは病気ではありません。

体の細胞たちがしっかりと生きている、働いているというサインになります。

ずばり、“成長途中”の爪なんですよね。

「ええ!?成長途中の爪がツメの下に入ってしまっているの!?」なんて驚かれたことでしょう。

はい、そうなんです。

爪というのは“生え変わり”がありますよね。

その準備をしている段階のものもあれば、これからあなたの爪となって生えてくるものなんていうこともあります。

でもどうして、それが白く見えてしまうのでしょうか?

それはまだまだ未熟で、“角質化”していないやわらかい状態なのでそれによって白っぽく見えるんですね。

つまり、爪半月が出てからといって病気ということではなく、むしろ栄養素をしっかりとれている状態―健康体であるということができます。

爪が作られ伸びていく部分であり、未完成の爪

これまでに少し触れましたが爪半月の白い部分は、まだ角質化していない“これから爪となって活躍する部分”になります。

そのため、爪が作られていてそれに伸びていく部分なのでまだまだ未完成の爪なんですね。

要するに、人間でいえばまだまだいっちょ前の大人になることのできない“子供”という位置づけになります。

そのため、白くなっており、それも触ればいつも私たちの手を守ってくれている“爪”とはちがって“やわらかい”ものになっています。

別名

これまでにあなたが一番に気になっているであろう「爪半月とはどのようなものなのか」ということについてお伝えしてきましたね!

なかには「そのようなものを知っているけれど、これまでに聞いた名前は“爪半月”というものではなかった」なんていう方もおられるのではないでしょうか。

たしかにそのようなこともあるでしょう。

というのも「爪半月」というのは別の言い方でも示すことができるからなんです。

それはいったいどのような言い方なのでしょうか?

これから先に「爪半月」を知らなかったなんてことにないように、ぜひともその別名の呼び方を確認しておくようにしてくださいね。

小爪(こづめ)

別名はなにかといいますと「小爪」になります。

読み方は、そのままで“こづめ”ですね。

さきほど、「爪半月」というのはいっちょ前になることのできない大人ではなく“子供”のような存在であるとお伝えしました。

子供っていいかえれば“小人”になりますよね。

要するに「小爪」というのは、小さな爪、まだまだ未熟で成長しきっていない部分の爪ということができるんです。

「爪半月」というよりかは、その詰めの白い部分を理解するには優しい言葉なのではないでしょうか。

爪半月の大きさが人によって違う5個の理由

これまでに「爪半月」とその別名についてお伝えしてきましたね!

その意味が分かったし、それにどのようなものなのかも理解したのでOK!

という方もいるかもしれませんが、「どうして自分の爪半月はでかいのに家族の爪半月は小さいんだろう?」とか「どうして私の爪半月ってまるでないように思えるくらいに小さいんだろう」なんて、その爪半月の大きさが違うことについて疑問に感じている方もいらっしゃることでしょう。

成長している途中の詰めだからといってあまりにもでかすぎるのも、逆に小さすぎてしまうのも不安になってしまいますよね。

では、どうして爪半月の大きさというのは人によって大きかったり小さかったりしてしまうというのでしょうか?ここでは、その理由について5つお伝えしています。

あなたの爪半月が大きかったり小さかったりするその理由を明らかにしていきましょう!

1.爪の成長速度が違い


爪って伸びるのがとてつもなく速い人もいれば、もう1か月も切っていないというのになかなか伸びないという人もいますよね。

髪の毛が伸びるスピードが速い人もいれば遅い人もいるように、爪がのびるスピードが速い人もいれば遅い人もいるんですよね。

つまり、詰めの成長速度が違うことによって、その白い部分である“爪半月”というものができているのかそうではないのかという違いが現れることになります。

成長速度が速い人は、爪半月が大きい

あなたの爪半月は大きいですか?

もしもそうであるならば、おそらくあなたは爪を切る頻度が多い放火と思います。

なぜかといいますと、爪半月が大きい人というのは基本的に詰めの成長速度がはやくなるからなんですね。

なぜかといいますと、爪半月が大きく存在しているということは“今すぐにでも爪になることのできる予備軍がたくさんいますよ”ということができるからなんです。

そのため、爪半月が大きい人は爪が伸びるスピードが速くなります。

その反対に爪半月が小さい人は、爪が伸びるスピードがとても遅いはずですよ。

あまり爪を切るような習慣がないのではないでしょうか?

十分に水分が抜けて透明になってから伸びる

でも、ここでひとつ疑問に浮かぶようなことがあるのではありませんか?

ずばり、それは「白い部分がすぐにこんな硬い爪になることができるの?」というような疑問です。

たしかに、そうですよね。

まだまだお子ちゃまな爪が急に大人になってしまうなんていったら、そんなのありえないと感じるでしょう。

しかし、その見えている以外のところにおいて、その白い部分だったところが“十分に水分が抜けて透明になる”ような成長をしています。

そして、水分が抜け角質化することによって、透明になることができ、いつも私たちが見ているような爪に成長していくんですね。

つまり、私たちの指を今でも守ってくれている“爪”というのは、十分に水分が抜けた状態であるということになります。

人によってはとても硬い爪をしていますよね。

反対に赤ちゃんのような水分量の多い人間というのは、とても柔らかい爪をしているものです。

2.新陳代謝の違い

二つ目の理由として“新陳代謝の違い”があげられます。

あなたは、ご自身で新陳代謝が良いほうだと感じていますか。

それともまったくもって新陳代謝が悪いために、太り気味だ…なんて感じているでしょうか。

そのような“新陳代謝”が活発化どうなのかも、爪半月が大きいか小さいかの原因になるといわれています。

新陳代謝が良い人は、爪半月が大きい

新陳代謝がいい―汗をかきやすい、あまり太らない体質の人―というのは、爪半月が大きくなっているはずです。

あなたの爪はどうでしょうか?

デットクスがしっかりできていると、余分なところに取り入れた栄養素をとりいれることもないので爪半月が大きくなりやすくなります。

なぜだと思いますか?

それは直接に、栄養素を爪のほうへ送ることができるからなんですよね。

反対に太っているなどの新陳代謝が活発でない人は、爪半月が小さくなりがちです。

その理由としては別のところでエネルギーや栄養素を使わなくてはいけないので、爪半月になるような栄養素が残らない、もしくはその部分までまわってくることができないということになります。

新陳代謝が活発な10代、若い人ほど爪半月が大きい

あなたは10代だったころには、今と比べると多くの指の爪に爪半月を見ることができたのではないでしょうか?

どうしてかといいますと、10代というのは一番に“新陳代謝が活発”といわれているんですよね。

そのため、どんなに不摂生な生活をしていても、どんなに太っていたとしても成長期とともに新陳代謝がよくなっているので爪半月も大きくなる傾向があります。

しかし、その10代のピークをこえると人間はどんどんと新陳代謝が衰えていきますから、爪半月が消えてしまうことのも少なくはないのです。

新陳代謝が悪い人は、爪半月が小さい

さきほどもお伝えしましたが、新陳代謝が活発な人の爪半月はでかくなります。

その反対に新陳代謝が活発ではない、悪くなっている人―年齢をとっている人―というのは、爪半月が小さくなります。

とはいっても生活習慣を見直したり、食事を見直すだけでも新陳代謝を活発にすることができるのであきらめずになにかにトライしてみてくださいね。

3.栄養の違い

3つ目の理由としてあげることができるのは「栄養の違い」になります。

これはこれまでにもすでに何回かお伝えしてきましたね。

栄養素をしっかりとることができているのか、それとも栄養不足になるような事態になってしまっているのかによって爪半月が大きいか小さいかの差が出てしまうことになるんです。

栄養が十分な人は、爪半月が大きい

あなたはしっかりと栄養を取っていますか?

栄養というのは、栄養バランスの整っている食事をしているか、ということになります。

毎食のように自分の好きなものを食べあさっていたら、それは脂質などを高く摂取するだけでビタミンなどの体を維持するための栄養素がとれていないこともあるでしょう。

そのように栄養バランスをしっかり考えていない人というのは、爪半月が小さくなりがちです。

その理由としては、さきほどもお伝えしましたが“栄養がいきわたらない”“内臓などの重要な部分に栄養が使われてしまう”ということが原因になります。

そのため、栄養が十分ではないと爪半月を成長させることのできる栄養が残らないんですよね。

そのため、爪半月がでていなかったり、もしくは小さくなってしまっているということになります。

その反対に“爪半月が大きい人”というのは、十分な栄養素を摂取できているということになるんですね。

それは内臓などの人間の命をつかさどる場所への栄養素をとりのぞいても、まだたくさんの栄養素を残すことができているので、爪を成長させることができるんですよね。

体にはたくさんの細胞がつまっていますし、その細胞でできているようなものですから栄養素はたくさん必要になります。

そのため、爪半月も大きくなります。

もしも、もっと爪半月を少しでも大きくしたい!と思っているのであれば、ぜひとも栄養バランスの整った食事をとるように心がけるようにしてくださいね。

4.生まれつきの違い

4つ目の理由として考えられるのは“生まれつきの体質”になります。

あなたは、生まれた時から―幼いときの記憶の中では―“爪半月が大きい”という印象があるのではないでしょうか。

人によって昔の記憶なんてとっくのとうに忘れてしまった…というひともいるかもしれませんが、そのような方でももしかしたら“生まれつき”で爪半月が大きかった、なんていう方もおられるかもしれません。

それに生まれつきですと、大人になってもそのまま大きな爪半月をしていることが多いです。

あなたがすでに今の段階で爪半月が大きいような状況になっているのであれば、もしかしたら「爪半月」が生まれつき大きい人なのかもしれないですね!

あなただけではなく、あなたのご家族やご兄弟の爪半月をチェックしてみると、さらにわかりやすくなるでしょう。

5.手を使う頻度による違い

最後にお伝え理由として“手を使う頻度が違う”というものがあります。

あなたは、手をよく使うほうでしょうか?

そのような方というのは、手を駆使しているために爪半月が小さくなってしまっています。

どうして、たくさん手を使えば爪半月が小さくなってしまうのかといいますと、その理由は手の疲労にあります。

手が疲れるとその疲れを補うためにあらゆる栄養素が使われることになるんですね。

つまり、手を使うことによって、爪を成長させる―爪半月を成長させるため―栄養素がなくなってしまいます。

このことについてはさきほども詳しくお伝えしましたよね。

そうやって別のところで栄養素が使われてしまうからこそ、手を使う頻度が多ければ多いほどに爪半月が小さくなる、もしくは出てこないということになります。

爪半月が大きいと天才?

これまでに「爪半月が大きい人とそうではない人の違い」のあらわれる理由についてお伝えしてきました。

いかがでしたか。

あなたにあてはまることがあったのではないでしょうか。

しかし、それだけではなく、こんなことを耳にしたことはありませんか?「爪半月が大きい人って天才」なんていう言葉。

その言葉を聞いたりして、自分の爪半月が大きかったりすると「ああ、自分にはやっぱり才能があるんだな」なんて嬉しくなってしまいますよね。

しかし、なかには爪半月がまったくなくても東大や京大なんかに合格してしまうような人もいるのが現実になります。

そもそもどうして「爪半月が大きい人が頭がいい、天才」なんていわれるようになったというのでしょうか?

ここでは、その理由をお伝えしていきます。

幼少期の場合の成長スピードの速さは

あなたの爪半月は大きいですか?

もしもそうであるならば、おそらく子供のころから“人とは違う何か”を持っていたはずなんです。

それって、幼少期の時期における“成長スピード”が同世代の子供よりも早いからなんですよね。

ではいったいどのようなことは起こりうるのでしょうか?

身体も大きい

平均的な数値をいく・・・というよりかは、そうではなくて“人とは抜き出ている”何かを持っていたはずなんですよね。

そのひとつにあげることができるのが“身長”になります。

また、体の横の大きさもほかの子供たちよりかは違っていて、ほかの子供よりはガッチリした体形だったかもしれません。

そのような体系になってしまう理由として、“成長が早い”という理由をあげることができます。

人によっては、周りよりも大きな体、そして高い慎重に悩まされた経験があるかもしれませんね。

それは人とは違って、成長スピードが速かっただけなんです。

言語の発達

また、爪半月が大きい人というのは、幼少期には“ほかの子供よりは言語を覚えるのが早かった”なんていう特徴を持っているはずです。

自分が言葉を話し始めた時のことなんて、どんな大人でも覚えていないことでしょう。

そのことについて、ぜひとも親御さんにたずねてみてください。

おそらく「そうなの!ほかの子よりも言葉を覚えるのが早かったし、それに理解するのも早くて将来はすごい人になるかもしれないねなんていわれてたのよ」なんて言われるかもしれません。

そうではなかったとしても、ほかの子供よりも“知能”の高さを見せつけるなにか武勇伝を残しているはずですよ。

運動能力の高さ

爪半月が大きい人は子供のころから、運動能力が高かったのではないでしょうか?人によっては、自分の幼少期だけではなく、子供時代(例えば小学校や中学校)などの記憶なんてなかなか覚えていないものです。

しかし、同世代の子供たちよりかは走るのが早かったり、ジャンプ力も高かったり、それに持久力もとんでもなくあった・・・なんて記憶している方もおられるのではないでしょうか。

そのように“運動能力の高さ”でも違いがあらわれてくるんですね。

それはやはり、それぞれの細胞の成長スピードが異なるからなんです。

というのも、その当時の本人は気づいていないものですが、周りの大人から見れば「ほかの人よりも足が速い!」=「将来はオリンピック選手になるかも!」なんて結び付けやすくなってしまうんですよね。

あなたの子供やあなたの身近にいる子供でもほかの同世代の子供たちと比べて、抜きんでた才能があるように見えるとどうしても「その道で本領発揮してくれるかもしれない!」「有名になってくれるかもしれない!」なんて淡い期待を抱いてしまいますよね。

それと同じようにあなたも「運動能力」が少しだけほかの友達や同世代の子供たちから比べると高かっただけなのかもしれません。

これらより天才だと感じることがあるのかも

これまでに「爪半月が大きい人は天才だと思われる傾向がある」理由についていくつかお伝えしてきました。

それぞれの理由を見てくださってお分かりいただけるかと思いますが、結論から先に告げますと「爪半月が大きいからと言って天才ということではない」ということになります。

もちろん爪半月が大きい人の中には、天才肌の人もいます。

それはもともと持っている―誰もが持っている―小さな才能や可能性を見出し、あきらめずにその道を進んできたからそれを“才能”や“その人独自の能力”にすることができるようになったんですよね。

しかし、そうはいっても子供のころから「人とは違う何か」を持っているとなると、大人はどうしても期待してしまうんですよね。

さきほどもお伝えしましたが、あなたもあなたのお子さんがほかの子供よりもできるものがあったり、なにか抜き出ているような才能があるようなものがあったら「この子は天才かもしれない!」「天才に違いない!」「きっとどんどん出世するにちがいない!」なんて思うようになるはずです。

それは大人が自分が達成することのできなかった夢を子供たちに託したい気持ちもあるからなんですよね。

しかし、それはたった一部の大人の意見であり、その本人はそんなことも感じていないし、そのような人生を歩むことはないでしょう。

もしも、そのように期待下通りの人生を歩むことになれば、そのまま「天才」としてたたえられることになるでしょうが、子供は大人のいう通りにはいかない生き物ですよね。

爪半月は頭の良しあしに関係ない

さきほどもお伝えしましたが、「爪半月の大きさ」というのは、頭の良しあしに全く関係ありません。

もしかしたら、なかには「自分の爪半月は小さいから、いつもテストで悪い点数をとってしまうんだ」「この爪半月のせいなんだ!」なんて思っているかもしれないですよね。

しかし、そうではありません。

爪半月というのは、細胞にしっかりと栄養素が言っているのかそうではないのかの違いだけであり、頭がいいかどうかの指標にすることはできないんです。

それに爪半月のせいにして勉強をしていないのではないでしょうか?

最初から自分自身をあきらめてしまっているのではないでしょうか?

それだからこそ、爪半月の良しあしは関係ないのです。

ぜひとも、そのようになんでも爪半月のせいにするのはやめて、もっと自分を信じて前に進んでみるようにしましょう。

爪半月は爪の赤ちゃん

今回は、ふと誰もが一度は気になってしまうであろう「爪半月」について特集してきました。

それがどのようなものなのか、そしてそれが大きい人、小さい人、ない人にはどのような違いがあるのか、一部の人の間では言い伝えられている「爪半月が大きいと天才」というのは本当なのか…

などなど、いろいろな「爪半月」にまつわることについてお伝えしてきました!

いかがでしたか。

「爪半月」というのは、これから私たちがいつも目にしているような詰めになることのできる“赤ちゃん”ということでしたね。

ぜひともそのことを忘れずに、しっかりと栄養素をとってあなたの健康のバロメーターにしてみてくださいね。