CoCoSiA(ココシア)

意識高い系が使う言葉・ビジネス用語を紹介


私たちが普段から用いている言葉は時代の流れとともに変化していると考えることができます。

実際に、今と昔では使っている言葉などは大きく変化しており、昔から全く形が変わらない言葉などはあまり多くはないことが想像できます。

例えば、あなたは相手から何かを教えてもらったり、指示された時に、それを理解したという意味でどのような言葉を用いますか?

おそらく、「わかった」「了解」といったような言葉を使って表現していることが多いと思います。

昔は「承知つかまつりました」というような言葉を使ってそれを表現していましたが、今の時代にそのような言葉遣いをする人はいませんよね。

また、外国の文化などが入ってきてからは、次第にそれも「OK」という言葉を使うようになったりと、考えてみれば言葉は様々な変化を遂げていることがよくわかるはずです。

このように、私たちが使っている言葉などはその時その時で大きな変化を受けているといえます。

そこで、今回は様々な言葉の中でも、非常に利便性が高く様々な場面で用いられる言葉であるビジネス用語をテーマにして、ビジネス用語をいくつかご紹介していきたいと思います。

また、ビジネス用語を用いる際に注意していただきたい、いわゆる意識高い系が使う言葉に関しても触れていきたいと思います。

「ベネフィット大事」「エビデンスどこ?」これ、意味分かりますか?

あなたはビジネス用語と聞いて、すぐにいくつかのビジネス用語を想像することができますか?

おそらく、これは今自分が所属している会社の環境によって大きく解釈が分かれるようになると思います。

なぜならば、普段からビジネス用語などを用いている人からしてみれば、比較的簡単に想像をすることができるはずだからです。

しかし、その反面普段からビジネス用語などをあまり使用していないような人からしてみれば、何を言っているのかさっぱりわからないこともあると思います。

それくらい人によって解釈の差が激しい言葉がビジネス用語であるといえます。

しかしながら、ビジネス用語は様々な場面で用いることができるような利便性が高い言葉であり、これからますます使用する状況が拡大していくことも予想されます。

今は全く使っていないという会社があったとしても、将来的にビジネス用語を使っていく可能性などは全く否定できないからです。

なので、なるべく早い段階でビジネス用語に関しては理解しておき、様々な言葉の意味合いなどを正しく解釈できるようにすることが大切だといえます。

ただ、ビジネス用語は知らないと全くもって意味がわからないような言葉などが多く、初心者にとっては覚えることがとても大変であるともいえます。

例えば、「ベネフィット大事」「エビデンスどこ?」というようなビジネス用語の意味を簡単に推測することができますか?

まず、普段使っていないと理解することができないはずです。

しかし、これらはビジネス用語の中でもかなり基本的な意味合いの言葉であり、ビジネスの世界においてはよく用いられる表現です。

なので、これから社会人として活躍する方、もしくは様々な企業の人とかかわる機会がある方がまずは基本的なビジネス用語を覚える所から初めていきましょう。

意識高い系とは


ビジネス用語を覚える前にまず注意していただきたい点が一つ存在しています。

それは、ビジネス用語はあくまで利便性が高いので使うべきであり、格好だけを取り繕うために使用するのではないということです。

どういうことかといいますと、ビジネス用語に関してはどちらかといえば普段私たちが用いている言葉と比べてかっこいい印象を与える傾向があります。

例えば、私たちが普段使っている言葉を使って表現したりするのと、ビジネス用語を使って文章表現したりした場合を見比べて考えてみてください。

おそらくビジネス用語を使った方が、どちらかといえばスタイリッシュな印象を相手に与えるようになると思いませんか?

もちろんこれは人の感性によって違うかもしれませんが、一般的な印象を考えてみるとやはりビジネス用語を使った方が格好良い印象は与えられます。

しかしながら、先ほども伝えした通りビジネス用語を用いる一番の目的としてはあくまで利便性が高いということが大きな理由です。

なので、格好だけを意識して使うべきではありませんし、それではまったくもって何の意味もなくなってしまいます。

しかしながら、残念なことにビジネス用語を積極的に使っている人の中には格好だけを意識して使っているような人も数多く存在しています。

つまり、簡単に言えば格好だけをアピールして、中身が伴っていないような人間だったり自分をすごく見せようとするような考え方になってしまうということです。

これこそがいわゆる意識高い系であり、はたからしてみれば、イタイ人になってしまいやすくなってしまいます。

なので、ビジネス用語を扱うのであれば、格好だけを意識せずに、どのような意味を持っているのかという根本的なところから理解するようにしてください。

「意識高い系」が使う言葉には特徴があった!

ビジネス用語を使うのであれば、意識高い系にならないように注意するようにお伝えいたしました。

そこで、ビジネス用語についてご紹介する前に、まずは簡単に意識高い系に共通する特徴についてご紹介してみたいと思います。

意識高い系の人に共通する特徴を理解することによって、自分がそうならないために気を付けるヒントを得ることができるようになります。

ビジネス用語を積極的に使うことは悪いことではありませんが、意識高い系としてビジネス用語を用いるということは、根本的にビジネス用語を使う意味自体が変わってしまいます。

なので正しい意味でビジネス用語を理解するためにも、意識高い系にならないためのヒントをまずは理解してみましょう。

1.横文字が多い

まずはじめにご紹介する意識高い系が使う言葉の特徴としては「横文字が多い」ということが挙げられます。

そもそも横文字とはどのような意味の言葉なのかと言うと、そのままの意味の通り、横に書き綴る文字のことを意味しています。

他の言葉で言い換えるならば外来語、つまりはカタカタ言葉のことを表現していると考えることができます。

そして、ビジネス用語に関してはほぼ全ての言葉がカタカナ用語で表現されています。

しかしながら、意識高い系と横文字の関係性についてよく理解できないと感じる方もいると思います。

まずはその因果関係からご紹介していきますが、そもそも意識高い系は自分のことをすごく見せようとすることがとても多いです。