私たちが普段から用いている言葉は時代の流れとともに変化していると考えることができます。

実際に、今と昔では使っている言葉などは大きく変化しており、昔から全く形が変わらない言葉などはあまり多くはないことが想像できます。

例えば、あなたは相手から何かを教えてもらったり、指示された時に、それを理解したという意味でどのような言葉を用いますか?

おそらく、「わかった」「了解」といったような言葉を使って表現していることが多いと思います。

昔は「承知つかまつりました」というような言葉を使ってそれを表現していましたが、今の時代にそのような言葉遣いをする人はいませんよね。

また、外国の文化などが入ってきてからは、次第にそれも「OK」という言葉を使うようになったりと、考えてみれば言葉は様々な変化を遂げていることがよくわかるはずです。

このように、私たちが使っている言葉などはその時その時で大きな変化を受けているといえます。

そこで、今回は様々な言葉の中でも、非常に利便性が高く様々な場面で用いられる言葉であるビジネス用語をテーマにして、ビジネス用語をいくつかご紹介していきたいと思います。

また、ビジネス用語を用いる際に注意していただきたい、いわゆる意識高い系が使う言葉に関しても触れていきたいと思います。

「ベネフィット大事」「エビデンスどこ?」これ、意味分かりますか?

あなたはビジネス用語と聞いて、すぐにいくつかのビジネス用語を想像することができますか?

おそらく、これは今自分が所属している会社の環境によって大きく解釈が分かれるようになると思います。

なぜならば、普段からビジネス用語などを用いている人からしてみれば、比較的簡単に想像をすることができるはずだからです。

しかし、その反面普段からビジネス用語などをあまり使用していないような人からしてみれば、何を言っているのかさっぱりわからないこともあると思います。

それくらい人によって解釈の差が激しい言葉がビジネス用語であるといえます。

しかしながら、ビジネス用語は様々な場面で用いることができるような利便性が高い言葉であり、これからますます使用する状況が拡大していくことも予想されます。

今は全く使っていないという会社があったとしても、将来的にビジネス用語を使っていく可能性などは全く否定できないからです。

なので、なるべく早い段階でビジネス用語に関しては理解しておき、様々な言葉の意味合いなどを正しく解釈できるようにすることが大切だといえます。

ただ、ビジネス用語は知らないと全くもって意味がわからないような言葉などが多く、初心者にとっては覚えることがとても大変であるともいえます。

例えば、「ベネフィット大事」「エビデンスどこ?」というようなビジネス用語の意味を簡単に推測することができますか?

まず、普段使っていないと理解することができないはずです。

しかし、これらはビジネス用語の中でもかなり基本的な意味合いの言葉であり、ビジネスの世界においてはよく用いられる表現です。

なので、これから社会人として活躍する方、もしくは様々な企業の人とかかわる機会がある方がまずは基本的なビジネス用語を覚える所から初めていきましょう。

意識高い系とは


ビジネス用語を覚える前にまず注意していただきたい点が一つ存在しています。

それは、ビジネス用語はあくまで利便性が高いので使うべきであり、格好だけを取り繕うために使用するのではないということです。

どういうことかといいますと、ビジネス用語に関してはどちらかといえば普段私たちが用いている言葉と比べてかっこいい印象を与える傾向があります。

例えば、私たちが普段使っている言葉を使って表現したりするのと、ビジネス用語を使って文章表現したりした場合を見比べて考えてみてください。

おそらくビジネス用語を使った方が、どちらかといえばスタイリッシュな印象を相手に与えるようになると思いませんか?

もちろんこれは人の感性によって違うかもしれませんが、一般的な印象を考えてみるとやはりビジネス用語を使った方が格好良い印象は与えられます。

しかしながら、先ほども伝えした通りビジネス用語を用いる一番の目的としてはあくまで利便性が高いということが大きな理由です。

なので、格好だけを意識して使うべきではありませんし、それではまったくもって何の意味もなくなってしまいます。

しかしながら、残念なことにビジネス用語を積極的に使っている人の中には格好だけを意識して使っているような人も数多く存在しています。

つまり、簡単に言えば格好だけをアピールして、中身が伴っていないような人間だったり自分をすごく見せようとするような考え方になってしまうということです。

これこそがいわゆる意識高い系であり、はたからしてみれば、イタイ人になってしまいやすくなってしまいます。

なので、ビジネス用語を扱うのであれば、格好だけを意識せずに、どのような意味を持っているのかという根本的なところから理解するようにしてください。

「意識高い系」が使う言葉には特徴があった!

ビジネス用語を使うのであれば、意識高い系にならないように注意するようにお伝えいたしました。

そこで、ビジネス用語についてご紹介する前に、まずは簡単に意識高い系に共通する特徴についてご紹介してみたいと思います。

意識高い系の人に共通する特徴を理解することによって、自分がそうならないために気を付けるヒントを得ることができるようになります。

ビジネス用語を積極的に使うことは悪いことではありませんが、意識高い系としてビジネス用語を用いるということは、根本的にビジネス用語を使う意味自体が変わってしまいます。

なので正しい意味でビジネス用語を理解するためにも、意識高い系にならないためのヒントをまずは理解してみましょう。

1.横文字が多い

まずはじめにご紹介する意識高い系が使う言葉の特徴としては「横文字が多い」ということが挙げられます。

そもそも横文字とはどのような意味の言葉なのかと言うと、そのままの意味の通り、横に書き綴る文字のことを意味しています。

他の言葉で言い換えるならば外来語、つまりはカタカタ言葉のことを表現していると考えることができます。

そして、ビジネス用語に関してはほぼ全ての言葉がカタカナ用語で表現されています。

しかしながら、意識高い系と横文字の関係性についてよく理解できないと感じる方もいると思います。

まずはその因果関係からご紹介していきますが、そもそも意識高い系は自分のことをすごく見せようとすることがとても多いです。

例えば、何かと自分の自慢話をしたり、自分のことを強くアピールしたりすることが多く、自分ができる人間であることを印象付けさせる行動を多く取ります。

つまり、意識高い系は会話の中にビジネス用語や横文字などを積極的に取り入れることによって、周りに対してできるアピールを行っていることが多いのです。

実際に、難しい言葉などを流暢に扱ってる姿を見せつけられると、なんとなく仕事ができるような印象を相手に与えられるようになります。

これを理解して積極的に横文字を使うことによって自分自身の凄さを周りにアピールしようとするのが意識高い系の特徴でもあります。

なので、意識高い系は横文字を使うことがとても多い特徴を持っていると考えることができます。

2.ビジネスシーンで使う言葉を日常的に使用する

次にご紹介する意識高い系が使う言葉の特徴としては「ビジネスシーンで使う言葉を日常的に使用する」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えした通り意識高い系の人は自分自身をできる人間であると周りに見せたがる傾向があります。

なので、会話の中でも積極的にビジネス用語や横文字を使い、周りの人間に対して自分の印象を操作することが多いです。

そして、このような人は常日頃から自分がすごい人間であるということを周りに認めてもらいたいという心理を持っていることが多いです。

なので、仕事とは関係ない場面においても、自分を認めてもらうために小難しい表現などをあえて使ったりすることが多くなります。

例えば、仕事とは関係ないのにあえてビジネス用語を使って表現したりするようなことが該当しています。

なので、意識高い系はビジネスシーンで使う言葉をあえて日常的に使用したりするような特徴を持っていると考えることができます。

使っている本人からしてみれば、難しい表現をしている自分ができる人間であると思ってもらえるはずだと信じ切っています。

しかしながら、残念なことに使われている人からしてみればそのような印象を受けることはありませんし、あえて難しい表現をすることに対して違和感を感じる結果になります。

ここで意識高い系のデメリットである、逆に周りからの評価が下がってしまうという現象が起きてしまいます。

確かに相手に仕事ができる人間であるという印象を持ってもらうことはビジネスにおいて大きなメリットがあります。

しかしながら、度が過ぎれば逆に悪印象になりますし、中身が伴っていないとすぐに化けの皮がはがされてしまうので、注意してビジネス用語は使用するようにしてください。

3.意味を理解しないまま使う人も…


次にご紹介する意識高い系が使う言葉の特徴としては「意味を理解しないまま使う人もいる」ということが挙げられます。

これこそが意識高い系になってはいけない一番の大きな理由に繋がると考えることができます。

そもそもどういうことなのかと言いますと、先ほどもお伝えした通り意識高い系は自分自身の見た目の部分にしか重点を置いて物事を判断していない場合が多いです。

例えば、そもそも高い能力を持っている人は、あえてそれを周りにアピールしなくてもなんとなくそれが周りに伝わったりすることが多いです。

また、自分がすごいということを周りに誇示しないということも、大きな評価を得る一つのポイントになりえることが多いです。

しかしながら、意識高い系はその逆に高い能力を持っていなくても、いかに自分が高い能力を持っているかのように見せたりすることに注力している場合が多いです。

例えば、あなたの周りに高い能力をもっていないくせに、自分はすごいんだというようなアピールをわざと大げさに行ったりするような人はいませんか?

そのようなことを行っている人に限って仕事ができなかったり、周りから認められていなかったりすることが多いです。

それもすべては自分自身がそれに見合った実力や精神を持っていないからであり、それなのに表面上の格好だけ取り繕っていることが一番の認められない理由になります。

残念ながら実力を兼ね備えていないのに、あたかもそれを身につけているかのように振る舞う人間は周りの人から嫌われてしまったりする傾向があります。

つまり、意味を理解しないままビジネス用語などを積極的に使用したりし、格好だけを意識しているような人が、まさにそれに該当しているということになります。

なので、意識高い系は意味を理解しないまま格好だけでビジネス用語を使ったりする特徴があるといえます。

ビジネス用語を扱う際には、必ず意味を正しく理解し、格好だけを意識して使うことは避けるようにしてください。

普通の人に「それどういう意味?」と聞かれて答えられない場合も

意味を理解しないままビジネス用語を扱ってしまうことは、自分にとってとても大きなデメリットが生じる可能性があります。

例えば、ビジネス用語を知っている人に対して使う場合、根本的な意味を理解しないまま言葉にしてしまうと間違っていることを突っ込まれてしまう可能性があります。

また、ビジネス用語を知らないような普通の人に対して使っていたとしても、意味を問われた際に正確に答えることができなかったりするような可能性が生まれます。

今お伝えした二つの状況、どちらが起こったとしても共通しているのは自分自身が正しい理解をしていないという事実が判明するということにつながります。

それは自分自身の知識が不足しているということを相手に露呈してしまうことにつながり、結果的に自分自身の地位を下げてしまう行為になってしまいます。

かっこよく見せようとして、結果的に自分の印象を下げてしまう行動につながってしまうのは、残念ながらリスクが大きすぎます。

なので、必ずビジネス用語を扱う際にはどのような目的があったとしてもまずは正しく言葉の意味を理解するということを重点的に考えるようにしてください。

意識高い系が使うビジネス用語15選

ここまでは意識高い系が使う言葉の特徴についていくつかご紹介していきました。

何度もお伝えしますがビジネス用語を扱うこと自体が悪いことではありません。

しかしながらビジネス用語を自分の格好だけを取り繕うために使うことや、結果的に意識高い系になってしまうということはよく注意をするようにしてください。

その上でここからは意識高い系が使うビジネス用語の中でも特に頻繁に使われるものをいくつかご紹介していきたいと思います。

これからご紹介するビジネス用語に関しては、非常に利便性が高く、覚えておいて損をするようなことはない言葉ばかりです。

ビジネス用語理解するということが社会人にとって、非常に大きな戦力になりうる可能性を秘めています。

突然難しいビジネス用語が飛び交ったとしても正しい理解を得ることが出来ますし、ビジネス用語を使う人間と正しく意思疎通を図ることができるようになります。

ビジネス用語を積極的に使う今の時代だからこそ、この知識は間違いなく自分自身を助けてくれる大きなスキルにつながります。

なので、知らないビジネス用語があればこの機会にぜひ覚えておきましょう。

初級編

まずは意識高い系が使うビジネス用語の中でも、比較的難易度が低く、簡単に扱うことができるような言葉をご紹介していきたいと思います。

もともとビジネス用語に関しては難しい意味合いを持っている言葉などが多く存在しています。

慣れれば、利便性が高く様々な場面で用いることができますが、覚えるまでは難しく感じたり、忘れてしまいがちな言葉なども多くあります。

なので、まずは簡単な言葉からマスターしていき、少しずつ言葉を覚えていくことから意識してみてください。

コンプライアンス

まずはじめにご紹介する意識高い系が使うビジネス用語として、「コンプライアンス」が簡単な言葉として挙げられます。

コンプライアンスという言葉は、昔に比べて年々使用される割合が拡大されている言葉の一つとしても知られています。

ではコンプライアンスという言葉はどのような意味を持っているのかと言いますと「法令遵守」という意味として解釈され、使用されています。

少し難しい意味合いですが、ビジネスの場面で用いられる意味としては企業コンプライアンスという言葉で使用され、企業にとっての法令遵守という意味で用いられています。

企業は様々な人を雇っており、人を雇っているからこそ守らなければいけない法律というものが存在しています。

人が働くということは人が働きやすい環境づくりを作ることを意識しなければいけませんし、労働者の立場に立って物事を判断する必要性があります。

例えば、会社が業務を優先したい気持ちもわかりますが、だからといって人を何十時間も長く拘束するのはモラルに反していますよね。

いくら残業代を支払ったとしても、それでは体や精神が壊れてしまう可能性があり、法令を遵守しているとは言えません。

つまり、このような会社は企業コンプライアンスを無視しているような会社であると考えられます。

このように、コンプライアンスという言葉は様々な状況で企業の法令順守に関して表現することができる言葉です。

昔と比べて今の時代では、企業のイメージなども重要になっていることからコンプライアンスに注力している会社は非常に多いです。

なので、自然とコンプライアンスという言葉も広く使われるようになっており、ビジネス用語の一つとして用いられています。

基本的なビジネス用語でありながら、様々な場面で使用される言葉の一つでもありますので、この機会にまずは覚えておきましょう。

イノベーション

次にご紹介する意識高い系が使うビジネス用語として、「イノベーション」が簡単な言葉として挙げられます。

イノベーションとはどのような意味なのかといいますと、「物事の新結合、新機軸、新しい切り口、新しいとらえ方、新しい活用法」などの意味が込められています。

つまり、別の言葉で表現するとすればこれまでの常識が変わるほど社会を大きく動かす技術革新や、新たな概念のことを意味しています。

今の時代は昔と比べて様々な情報が非常に速いスピードでめぐっている時代であると考えることができます。

インターネットが生まれ、それを活用することでこれまではできなかったようなことなどがどんどんできるようになっています。

なので、まさにイノベーションがどんどん生まれているような時代であるといえます。

そして、イノベーションがどんどん生まれているということは、それに比例してビジネスの場面においても様々なイノベーションが存在するようになるということです。

イノベーションが生み出されることにより、より大きな反響を得ることができ、それはビジネスにおいては大きな利益につながるようになります。

なので、ビジネス用語としてイノベーション戦略という言葉や、マーケティングイノベーションといったような言葉などが用いられるようになっています。

少し難しい意味のように感じるかもしれませんが、要はイノベーションという言葉の基本的な意味を理解しておけば、ある程度意味を推測することができるはずです。

なので、基本的な意味を理解し、どのような言葉の組み合わせでどのような表現ができるのかということも関連して学習してみると、より言葉の意味を理解できるはずです。

エビデンス

次にご紹介する意識高い系が使うビジネス用語として、「エビデンス」が簡単な言葉として挙げられます。

エビデンスとはどのような意味合いなのかと言いますと、ビジネスにおいては「証拠」という言葉の意味として用いられている言葉です。

もともとエビデンスという言葉は学術や医療用語として用いられており、証拠という言葉の意味以外にも根拠という言葉の意味で用いられたりすることがあります。

しかしながら現在では学術や医療用語以外にも様々なビジネスのシーンにおいて用いられたりすることがある言葉です。

例えば、ビジネスのシーンにおいては様々な証拠を残しておくことによってより強い安心感を得ることができる場面はいくつか存在ています。

例えば、企業間での取引などが存在していた場合に、その取引の証拠を残しておくことが都合がよい場面がいくつかあります。

口頭で言った言わないなどのもめごとが起きる心配などがなくなりますし、何かあったときに証拠として提出できる存在は身を守ることにもつながります。

なので、そのような時にきちんと取引の内容を記したメールをエビデンスとして残す、というような使い方をすることができます。

意外とビジネスのシーンにおいてはこのような表現方法を用いたりすることがかなり多くなっています。

様々な場面においても簡単に複雑な意味を表現することができますので、ビジネス用語の中でも特に覚えておきたい言葉の一つとして考えられます。

【エビデンスの意味は、こちらの記事もチェック!】

中級編

ここまではビジネス用語の中でも比較的簡単に使える言葉をまとめてご紹介していきました。

では、ここからはビジネス用語の中でもそれなりに難しい意味を持っており、複雑な言葉の意味を持っている言葉をご紹介していきます。

まずは簡単な言葉から覚えていき、ある程度簡単なビジネス用語を理解いただけたら、中級編のビジネス用語を覚えてみるとより理解が深まるはずです。

難しい意味を持っていますが、正確に理解すれば扱うこと自体はそこまで難しくはありませんので、まずは基本的な意味に着目してとらえてみてください。

ベネフィット

まず初めにご紹介する意識高い系が使うビジネス用語として「ベネフィット」が挙げられます。

ベネフィットとはどのような意味なのかといいますと「利益、恩恵」などの意味が存在している言葉です。

元々ベネフィットという言葉に関してはビジネスの場面の中でもマーケティング的な意味合いとして用いられたりすることが多いです。

例えば、マーケティングの意味合いのベネフィットといえば、顧客が商品を購入することによって得ることができるメリットを意味している言葉として使われます。

考えてみれば私たちがなにかしらの商品を購入するということは、それに伴って何かしらのメリットを得るために購入していると考えることができます。

例えば、私たちが掃除機を買うということは、掃除を円滑に行うことができるメリットを手に入れるために掃除機を購入しているといえますよね。

このように、商品を販売する中で顧客にメリットを提供することができるということは基本的な購買理由の根本的な部分へと繋がります。

つまり、これを突き詰めていくことはマーケティングを考える上で非常に大事な理由へとつながります。

なので、ベネフィットという言葉はマーケティングの分野において広く用いられているビジネス用語の一つであると考えることができます。

意味合いが難しいですが、基本的な意味を理解すればそこまで難しいビジネス用語ではありませんので、覚えておきましょう。

PDCA

次にご紹介する意識高い系が使うビジネス用語として「PDCA」が挙げられます。

PDCAとはどのような言葉なのかといいますと、PDCAとは様々な単語の頭文字を連ねた言葉だと言えます。

具体的には、Plan、Do、Check、Actionのそれぞれの頭文字を取った言葉として使用されています。

そして、意味合いとしてはそれぞれの単語をすべてつなげた意味合いとして使用されています。

つまり、計画を立てて、それを実行し、点検したり評価したり、最終的に改善や処置などを行うという一連の流れを意味しています。

これらをビジネス的な意味合いで表現すると、仕事をどのような過程で回すことが効率よく業務を行えるようになるのかという理論のことを表現しています。

何かを行う上で効率よく何かを行うためには実際にそれを行っていき、結果を見て、さらにどうすれば良かったのか反省することが必要です。

これこそがまさにPDCAであり、きちんとPDCAを確認することが業務の効率化につながると考えることができます。

難しい言葉ですが、ビジネスの場面以外にも通じる大切な考え方の一つなので、覚えてください。

上級編

ここまではビジネス用語の中でも比較的に難しい意味合いの言葉についてご紹介していきましたが、ここからはさらに難しい言葉をご紹介していきます。

ビジネス用語の中でもかなり複雑な意味合いだったり、使う場面が限られるような言葉などを中心的にご紹介していきます。

知らない言葉がもしあれば、この機会に正しい意味を理解し、どのように使うのかということも意識しながら確認してみてください。

イシュー

まずはじめにご紹介するビジネス用語の中でもかなり難しい言葉として「イシュー」が挙げられます。

イシューとはどのような意味合いなのかと言いますと「本質的な目的、議題」という意味合いで使用されている言葉です。

また、それ以外にも論争点や討論、論点、課題、問題などの意味合いで使用されることがある言葉です。

非常に様々な意味合いで解釈をすることができますので、意味を理解する時にどうしても混乱してしまいがちな難しい言葉の一つでもあります。

しかしながら難しいのは意味合いだけで、使い方に関してはそこまで難しい使い方にはなりません。

例えば、イシューを特定する必要がある、イシューについて確認する、などの表現で使用することができます。

なので、意味合いが複雑なだけで、使用方法はそこまで難しくはないので、正確に意味を把握しておきましょう。

グロス

次にご紹介するビジネス用語の中でもかなり難しい言葉として「グロス」が挙げられます。

一見するとどのような意味を持っているのか全くわからない言葉でもありますが、グロスという言葉が持ってる意味としては「全体で、総体で」という意味が存在します。

そして、グロスという言葉には似たような意味合いの言葉としてネットという言葉が存在しています。

これらの言葉をより理解していただくため、身近にあるお菓子を例に例えてご紹介していきます。

まず、お菓子は基本的には袋の中にはいっていることがほとんどですよね。

そして、お菓子の重さをはかったときに、お菓子と袋の全体的な重さをグロスと表現し、全体の中のお菓子だけの重さを表す場合はネット、つまりNETという言葉で表現できます。

よくお菓子の袋の裏面を見てみるとNET〇〇gというような表記が存在しています。

これはお菓子自体がどれくらい入っているのかということを表現しており、このようにしてネットやグロスという言葉などは用いられるようになっています。

なかなかビジネスの場面で頻繁に使ったりするような言葉ではありませんが、重量などを表現したりする時によく用いられる言葉でもあるので覚えておいてください。

あなたはいくつ知っていましたか?

今回はビジネス用語、意識高い系をテーマにして、意識高い系の特徴やビジネス用語の意味などをご紹介していきました。

普段ビジネス用語を使ったりする機会がない人に関しては、今回ご紹介したビジネス用語は全く意味がわからない存在だったかと思います。

しかしながら基本的な意味を理解しておけば様々な場面で用いることができる便利な言葉ばかりでもあります。

一度覚えてしまえば、意外と簡単に理解することができる言葉でもありますので、この機会にわからない言葉があったのであれば覚えてみてください。

ビジネスのシーンにおいては重宝する言葉ばかりなので、これを機会に様々なビジネス用語に対して積極的に理解する習慣を身に着けることもお勧めいたします。