CoCoSiA(ココシア)

人の懐に入るのが上手い人たらしな人...(続き5)

ラジオで大事なのは段取り良く仕切ることです。

この時間はこのトークについて、この時間はこの話題についてといった段取りを良く仕切ることで、より良いラジオになっていきます。

楽しませたいという気持ちがある

楽しませたいという気持ちがあるのが人たらしな人の特徴でもあるのです。

言うのであれば楽しませたいからこそ様々な人と話すことができるという利点があります。

楽しませたいという気持ちが強ければ強いほど、より面白い話題作りへと繋がると思うので、この様な職業というのは天職に近いものを感じるのではないかと思います。

自分のアイデアを企画として活かせる

またラジオパーソナリティだからこその利点として自分のアイデアを企画として活かせるというものがあります。

言うのであれば普通のテレビなどの司会というのは決まったもので進行をしていきますが、ラジオの場合はこれを企画にすると面白いのでは?というような事をできてしまうことが多いです。

ラジオをしている間というのは司会進行をするのは自分自身であり、なおかつ話題も自分で作るというような事が大事になるのです。

なので自分のアイデアを企画として活かすことができるようなものもあるという事を覚えておきましょう!

人たらしとは?

そんな「人たらし」というような言葉ですがどの様な意味があると思いますか?

例えば「人たらしな女性」というような表現をする時にも2つの意味に捉えられてしまうというような事が多いのです。

「人たらし」という言葉はもともと「人をだますこと、またその人」というような、悪いような意味で使われたことが多いです。

しかしながら最近の意味では「多くの人々に好かれること、またその人」というような、良い意味でも使われることもあるのです。

最初は人をだますというような悪い意味でしたが、時代が流れるにつれて良い意味に変わっていっているという事なのです。

ではこの2つの意味について更に詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどちらの意味でよく使っていましたか?

多くの人々に好かれること、またその人


多くの人々に好かれること、またその人というような意味があります。

こちらの意味の場合はいわゆるクラスの人気者の人というようなイメージが強いのではないかと思います。

どの様な人からでも好かれたりするというようなときにこの「人たらし」という言葉を使うのではないかと思います。

先ほどいった「人たらしな女性」というような表現をする場合、こちらの意味になると多くの人に好かれる女性という事になります。

例えば男性からモテるというような人はまさにこの様な女性であるという事です。

よく職場などの恋愛であったり、職場のアイドルやマドンナといった人がいると思いますが、まさにその様な女性に対して「人たらし」という風に表現をするというような人も多いのではないかと思います。

人をだますこと、またその人

そしてもう1つの意味があります。

その意味というのが「人をだますこと、またその人」というような意味があるという事です。

この場合の意味はいわゆる嘘つきの人に対して使うような言葉になるという事ですが、先ほどの「人たらしな女性」に当てはめてみるとどうなるでしょうか?

先ほどの意味では誰からも好まれるような女性というような意味でしたが、こちらの意味の場合は「人を騙すことが得意な女性」という事になりますよね。

よく色目を使って男性を騙すというような女性というのはたくさんいるのではないかと思いますが、その様な人に対して使うような言葉という事になります。

人をだますことというのはいけないことですが、嘘をついてしまうというような人は多くいますよね。

好きな男性に対しては良く思われようとするので好評になるような事を言いますが、苦手な男性や嫌いな男性に対してはその様なことをしないというような人もいます。

基本的に裏表というものは誰にでもありますが、女性の場合だと特にそれが目立つのではないかと思います。

人をだますことというような意味もあるので、先ほどの「人たらしな女性」という表現をする場合はこの2つの意味のどちらかになってしまうという事になるのです。

自分をよく分析しよう

いかがでしたか?

人たらしな人でも向いてる仕事というのはたくさんあります。

自分がどの様な性格なのか、どの様な人なのかで職種を選ぶことも大事ですし、仮に人たらしな人だというような人であれば、この様な職種につくことで自分を活かせるのではないかと思います。

よく職が合っていないというような話も聞きますが、一番大事な事というのは自分のことをよく考えて分析をするという事です。