皆さんはよく誰と喋っていたりしますか?

積極的に話をしにいく友人や同僚、先輩などいると思いますが、その人と話すという事はその人のことを好き好んでいるからなのではないでしょうか?

例えば人というのは好みが分かれたりしますよね。

あの人のことは好きだけれどあの人の事は嫌いだというような人も多いかと思います。

皆がみな自分自身のことを好き好んでくれるというような事は滅多にありません。

必ず誰かしらは自分のことを嫌っているというような感覚にもなると思います。

それが当然であり、皆が同じだと個性というものが無くなってしまうのではないかとも思うのです。

人は好きな人と喋ったり、会話をしたり、仲の良い人と飲んだりしながらといった関係を持つことで、その1日を頑張って過ごそうとするものなのではないかと思います。

そんな中では誰からも好かれるような人も多くいると思います。

言うのであれば「この人であれば大丈夫だ、この人と話したり接するのが好きだ」と思われるような人というのは極一部いると思うのです。

簡単に言えばクラスの人気者のような存在の人という事になります。

この様な人というのは基本的に誰からも好かれたりするタイプですよね。

仕事などでも評判の良い上司や同僚というような形で見られるのではないかと思います。

よくこの様な多くの人に好かれることであったり、その様な人のことを「人たらし」という風に言う人はいませんか?

人たらしというのは実はこの意味ともう1つ意味がある事はご存知でしょうか?

良い意味でもありますが、場合によっては悪い意味にもなってしまうというのがこの「人たらし」というような言葉です。

この言葉を使う時はどちらの意味で使っていますか?

間違って悪い意味で捉えられたというような人も多いかもしれませんね。

しかしながら人たらしな人というのは、その性格にあった職業というものが多く、多くの業界でも活躍することが多いです。

いわゆる誰からでも好かれるような職業であったり、相手との関係性をより広く深く掘り下げることができるという人は、天職のようなものがたくさんあるのです。

今回はそんな「人たらし」の人が向いてる仕事とその理由についてお話をしたいと思います。

皆さんは人たらしと聞いてその人に悪いイメージを持っているというような人もいるかもしれませんが、良い意味でも使われることが多いというのも忘れないようにしましょう。

また「人たらし」な人が向いてる仕事というのは基本的に人と接することが多いような職種です。

いわゆる工場であったり、内職などといったコミュニケーションを取ることができないような職種ではその性格を活かし難いという事になります。

皆さんはどの様な職種が人たらしな人に向いてると思いますか?

詳しく見てみたいと思います。

人たらしとは?

そんな「人たらし」というような言葉ですがどの様な意味があると思いますか?

例えば「人たらしな女性」というような表現をする時にも2つの意味に捉えられてしまうというような事が多いのです。

「人たらし」という言葉はもともと「人をだますこと、またその人」というような、悪いような意味で使われたことが多いです。

しかしながら最近の意味では「多くの人々に好かれること、またその人」というような、良い意味でも使われることもあるのです。

最初は人をだますというような悪い意味でしたが、時代が流れるにつれて良い意味に変わっていっているという事なのです。

ではこの2つの意味について更に詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどちらの意味でよく使っていましたか?

多くの人々に好かれること、またその人


多くの人々に好かれること、またその人というような意味があります。

こちらの意味の場合はいわゆるクラスの人気者の人というようなイメージが強いのではないかと思います。

どの様な人からでも好かれたりするというようなときにこの「人たらし」という言葉を使うのではないかと思います。

先ほどいった「人たらしな女性」というような表現をする場合、こちらの意味になると多くの人に好かれる女性という事になります。

例えば男性からモテるというような人はまさにこの様な女性であるという事です。

よく職場などの恋愛であったり、職場のアイドルやマドンナといった人がいると思いますが、まさにその様な女性に対して「人たらし」という風に表現をするというような人も多いのではないかと思います。

人をだますこと、またその人

そしてもう1つの意味があります。

その意味というのが「人をだますこと、またその人」というような意味があるという事です。

この場合の意味はいわゆる嘘つきの人に対して使うような言葉になるという事ですが、先ほどの「人たらしな女性」に当てはめてみるとどうなるでしょうか?

先ほどの意味では誰からも好まれるような女性というような意味でしたが、こちらの意味の場合は「人を騙すことが得意な女性」という事になりますよね。

よく色目を使って男性を騙すというような女性というのはたくさんいるのではないかと思いますが、その様な人に対して使うような言葉という事になります。

人をだますことというのはいけないことですが、嘘をついてしまうというような人は多くいますよね。

好きな男性に対しては良く思われようとするので好評になるような事を言いますが、苦手な男性や嫌いな男性に対してはその様なことをしないというような人もいます。

基本的に裏表というものは誰にでもありますが、女性の場合だと特にそれが目立つのではないかと思います。

人をだますことというような意味もあるので、先ほどの「人たらしな女性」という表現をする場合はこの2つの意味のどちらかになってしまうという事になるのです。

人たらしな人に向いている仕事6選とその理由

ではそんな人たらしな人に向いている仕事というのはどの様なものがあるのでしょうか?

この場合の意味というのはいわゆる誰からでも好まれるようなという意味でお話しをしていますが、もう1つの意味の方でも実は天職に向いているというようなものもあるのです。

例えばですがセールスなどの仕事というのはどちらも入っていると天職に感じたりしませんか?

会話をすることで好感を得て、自社の商品を売るというような事をしているのはまさに「人たらしな人」であるからこそ向いている仕事なのではないかとも思うのです。

基本的にこの様な職種というのは他にもありますが、大事なのはいかに相手とのコミュニケーションを取る環境にいるのかという事になります。

自分は皆から好かれやすいというような人であれば接客業や営業職などに向いていますし、皆を喜ばせるというような事であれば、司会業やラジオといったような事もできるのではないかと思います。

皆が楽しむ環境を作ることができるというのもこの人たらしな人の特徴なのではないかと思います。

何故なら誰からでも好まれるという事は一緒にいて楽しいという事になるからです。

人というのは好みが分かれるという事を冒頭で説明をしたと思いますが、好みが分かれるという事は、その人からするとその人の魅力に気付いている人が好むという事になりますよね。

しかしながら誰からでも好まれるような人というのは、誰もがその人の魅力に気付くことができるのかどうかという所に繋がってくるのではないかと思います。

では人たらしな人が向いてる仕事というのはどの様なものがあるのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

1.営業職


営業職というのがまず1つあがると思います。

営業職というのは他の会社に売り込みにいったりするというような人の事です。

例えばですが、他社に対して売り込みをする場合は、その取引先の会社に名前や顔を覚えてもらわなくてはいけないですよね。

またその人達をこちらの商品に惹きこむというような事をしなくては商品を買ってもらえないのではないかと思います。

その様なことをする際、人たらしな人というのはこの様な営業職に向いているのではないでしょうか?

言うのであれば相手から好かれるように努力をするという事が大事になるので、相手から好かれなければ自社の商品を買ってくれず、売り上げも伸びないというような状況にもなってしまいかねません。

なので営業職などが天職になるのではないかとも思うのです。

更に詳しく見てみたいと思います。

名前や顔を覚えるのが得意

誰からでも好かれるような人というのは特徴があります。

まず他の人から覚えてもらいやすいという事があるでしょう。

親切な人ほどその人のことを忘れないというような事もありますが、名前や顔などを見た際に覚えているというような人も多いのではないかと思います。

それは相手の人柄が良かったからというのがあるでしょう。

相手が嫌な人であればあるほど、インパクトなども与えて逆に覚えてしまうというような人もいますが、その際に悪いイメージだと意味が無いですよね。

自社の商品を売るという事は、相手からの印象というのも大事になるのではないかと思います。

良いものを売るためには、まずその魅力を相手にいかに伝えるかという事が重要になります。

しかしながらこちらの事を言うだけでは意味がありません。

大事なのは相手のこともしっかりと聞き入れるという事です。

よく話上手な人は営業などが向いているというような事がありますが、それはこちらも相手のことをよく覚えているからという事になります。

名前や顔も覚えることができるので、直ぐにその人にあった話題などを振ることができる人が話し上手な人の特徴です。

人たらしな人も実はその様な素質があると思うので、相手からの名前や顔を覚えるのが得意だという人も多いのではないかと思います。

人の懐に入れる

人の懐に入れるというような事もあるでしょう。

人の懐に入れるというのは簡単に言えば相手の側にいれるという事になります。

相手のことをより知ることもでき、こちらの事も相手に伝えることができる位置にいることで、より営業として活躍できる事になるでしょう。

営業などをする上で大事な事というのは、相手との信頼関係もあるという事です。

言うのであれば、信頼できない商品というのは誰もが買わないですよね。

様々な商品がある中で、このメーカーを選ぶというのはその相手の拘りがあるからだと思います。

スマートフォンなのかiPhoneなのかという所も皆さんこだわりがあるのではないでしょうか?

何故そちらを選んだのか、というのはその人自身がそのメーカーを信じているからなのではないでしょうか?

昔から同じメーカーを使うという事はそれほどそのメーカーを使い続けていたり、宣伝などに魅力を感じたからなのではないかと思います。

それと同じく、人の懐に入れることで相手との信頼もより気付けるようになると思うのではないでしょうか?

人を振り向かせることに拘る

人を振り向かせることに拘るというような事もあるでしょう。

自社の商品を相手に売りつけるというような事は、相手をいかに振り向かせるかという事が重要になります。

他社の商品と同じような売り文句であれば、どちらも似たりよったりしますよね。

それだったらもっと他の所に魅力を感じる商品を買うというような人も多いと思います。

選択肢というものが多くあるのが商品ですが、営業職としてはいかに自社の商品を買ってくれるのかという所に鍵があるのではないかとも思うのです。

簡単に言えばその商品が売れるのであれば信頼や業績にも繋がるという事になります。

そのためには相手をいかにこちらに振り向かせることができるのかという事が重要になるという事です。

では何故このような事が人たらしに向いているのかというと、相手から好まれるような行動をすることができるからという事になります。

いかに自社の商品を売るとなった場合でも、嘘などは交えてはいけません。

他の商品には負けない魅力などを話、相手をいかにこちらに振り向かせることができるのかという所が重要になるので、この営業職というのも天職になるのではないかと思います。

粘り強さがある

また粘り強さというのも重要になりますが、人たらしな人というのは実は粘り強さも持っているのが特徴です。

誰からも好かれるという事は、好きな相手からも好かれたいという事にもなります。

恋愛などではその好きな人に対して良いイメージや人柄を魅せるために振り向いてもらおうと努力をする人が多いはずです。

例えば少しでも自分の良いところを相手に伝えたり、デートなどに誘ったりするといったような事を積極的にするのではないかと思います。

そういった粘り強さ、いわゆる「自分ではダメだ」というような気持ちではなく「何とかして振り向かせる!」というような粘り強さを持っているからこそ、行動力のある人にもなり、この様な職種で活躍することができるのではないかと思うのです。

2.接客業

人たらしな人が合う職業というのは営業だけではなく、接客業でも同じような事が言えるのではないかと思います。

誰からでも好かれるというような事は、簡単に言えば誰とでも話しをすることができるという事です。

よく人見知りな性格だから話かけにいかないというような人もいますが、人たらしな人の場合は人見知りをしないという特徴があります。

それを活かせることができる仕事というのはいわゆる接客業という事になるのです。

相手と話すことが多いという人は、相手の顔色や気持ちを瞬時に察することができるのではないでしょうか?

どの様に思っているのかという事も直ぐに考えることができるのではないかと思います。

相手のことも理解しつつ、接客をすることができれば、より相手も惹きこむことができるのです。

簡単に言えば人たらしな人というのは、誰とでも話せるコミュニケーション能力を持っているので、自分から相手に話しかけにいく接客業であったり、困っていることがあれば気付くというような事もすることができるので、相手とのやり取りもスムーズに行うことができるのではないかと思います。

人見知りしない

接客業をする上で人見知りをしてしまうと話かけることができなくなってしまいますよね。

接客をする際には常に知らない人と話すという事が前提になるので、その様な人と話す際に会話などができないという事であれば向いていないという事になります。

しかしながら人たらしな人というのはその接客業をする上では天職とも言えるような職種になるのです。

簡単に言えば誰からでも好かれるという事は、こちらからも気兼ねなく話すことができる雰囲気を持っているという事になります。

相手から聞いてくるというような事も接客業ではありますが、その頻度が多いという事は、相手から見ると「話かけやすい人」という事になるという事です。

人見知りをしない人は誰にでも気兼ねなく話しかけることができますが、その人というのは同時に話しかけられやすい、という事にもなるので覚えておくと良いでしょう。

相手の気持ちを瞬時に察することができる

相手の気持ちを察することができる人というのは実は少ないです。

こう思っていても全く違うというような人も多いのではないかと思います。

例えば友達が難しそうな顔をすると「どうしたの?」というような事にも繋がるのではないかと思いますが、それは同時に相手のことを心配しているという事になりますよね。

どうしても仲の良い友人であると、声をかけてしまったり助けようと思う気持ちが強いのではないかと思います。

しかしながら接客業でこれを活かすというのはどういう事を言うのでしょうか?

これは接客業でよくある事なのですが、話かけられたくないというお客さんもいるという事です。

いわゆる自分でゆっくり見たいから話しかけないで欲しいというような人も多くいるという事になりますよね。

その時さえも気持ちを瞬時に察することができ、話しかけないでおくというような事が重要になるという事です。

難しいかもしれませんが、気持ちを察するというのはこの様なことでも役に立つのです。

話し上手であり聞き上手

話し上手であり聞き上手な人というのは誰からも好かれますよね。

人たらしな人というのはまさに話し上手であり聞き上手でもあるのです。

話し上手な人というのは基本的に相手を惹きこむような話し方をします。

簡単に言えば小説などに引き込まれるような感覚という事になりますよね。

そして聞き上手というのは、相手が言いたいことをすんなりと言えるような環境を作るという事です。

例えばですが話しをしている時に相手の話をよく聞いてから話すというような人も多いと思いますが、その様な人というのは基本的に聞き上手である証拠です。

誰からでも好かれる人たらしな人というのはこの2つの長所があります。

相手との会話をスムーズに運ぶことができ、相手の言いたいことも聞き入れるというような会話をするので、周りからも親しまれるような人が多いという事になるのです。

話しかけやすい

話しかけやすいというのもあるでしょう。

話に行くというような事もありますが、相手から話しかけられるという事も接客業ではよくある事です。

特にこの様な業界では、話しかけやすい人ほどより活躍をすることができます。

言うのであれば自然としていてもお客さんの方から声をかけてくるという事になるので、それほど頼られるという事になるのです。

例えばですが、店員さんに話しかけ難いというような人もいますよね。

雰囲気が固い人より、柔らかく優しそうな店員さんに話しかけるという事をした方がよりいろいろな事を聞きだせると思いますよね。

その様なオーラというのも大事になるので、人たらしな人というのは接客業などのようなものも天職になるのです。

3.旅行代理店

旅行代理店なども人たらしな人には向いてる仕事の1つになります。

旅行代理店というのはどの様な仕事をするのかというと、交通であったり宿泊先などの旅行に関するものを代わりに仲介をして販売をするという仕事です。

簡単に言うとこの様な宿がオススメというものを紹介してその人に選ばせたりするというようなイメージです。

この旅行代理店も実は人たらしな人に向いている仕事になるのです。

好奇心旺盛

好奇心旺盛な人が多いのが人たらしな人の特徴です。

好奇心旺盛であればその事に関して興味や関心というものをどんどん出していきますよね。

その興味や関心というものを他の人に紹介をするという事で、宿などの魅力、その旅行に関する情報などを多く出し相手にも興味を引かせるというような事ができるようになるのです。

ニーズを巧みに読み取れる

ニーズという言葉をご存知でしょうか?

ニーズという言葉は簡単に言えば相手の欲求というような意味があります。

いわゆる旅行などをするに当たって、相手がこの様な条件の宿を探しているのだと巧みに読み取れることができるようになるのです。

人たらしな人というのは相手のことをより理解しようとするので、話ながらどの様な宿が良いのか、という事を重視して探すことができます。

相手のことをより理解する力もあるので、この様な職種に向いているのではないかと思います。

喜ばせるのが好き

何よりも喜ばせるのが好きだという人には是非オススメです。

良い条件を出せば相手も喜ぶでしょうし、その魅力を伝えることで相手にもより引き込むことができるようになりますよね。

人たらしな人というのはだますというような意味もありますが、良い意味では人から好まれるというような意味を持っています。

どういう事かというと、好まれるという事はより相手を喜ばせたり楽しくさせる力を持っているという事になるのです。

なので喜ばせたりすることができるという利点があるので、旅行代理店などでも良い成果を出せるのではないかと思います。

4.人材派遣会社

人材派遣会社でも人たらしな人というのは活躍することができます。

人材派遣会社というのは様々な人を雇うという会社であり、その雇った人を他の会社へと働きにいかせるというような事をすることができます。

また人材派遣会社に入ると様々な職種を体験することができるので、1つのことではなく様々な経験をしたいという人にはオススメの仕事となっています。

人材派遣会社が向いている理由というのは、人と話すことが多い分、相手のことを読み取れるからです。

言うのであれば人たらしな人というのは話し上手でもあり聞き上手という事を言いました。

人材派遣にきた人達というのは様々な悩みを抱えているので、その相談にのるといったことをすることができるのも特徴的なのではないかと思います。

人に興味がある

人に興味があるからこそできるのがこの仕事の特徴です。

様々な人がきますが、その人達の個性というものが一番に見られるのではないかと思います。

この人は積極的だけれどこの人は消極的な人だからこの仕事を紹介しようといった、その人にあったものを選ぶことができるというのも人材派遣会社の特徴です。

そして何よりその人達に興味があるからこそ、その人にあったものを紹介することができるので、人に興味があるからこそ向いてる仕事なのではないかと思います。

他人の気持ちが読み取れる

他人の気持ちが読み取れることができれば、それにあった対応をすることができるというのも利点の1つです。

様々なことを考えているような人達が多いので、その人達の気持ちを瞬時に読み取ることができれば、アドバイスなどもしてあげられるのではないかと思います。

自分で正解を見つけられる

自分で正解を見つけられるという事もあるでしょう。

例えば人材派遣会社を通して自分にあった職種を見つけることができるという利点もあります。

逆に言えばどうすれば良いか分からない事でも、自分で見つけることができるという事になります。

誰からでも好かれるという事は周りのことをよく見ているという事になりますよね。

周りのことを知っているからこそ、自分はどう動くことができるのかという所に繋がると思うので、自分で正解を見つけられるのではないかと思います。

5.司会業

人たらしな人が向いてる代表的な仕事として司会業というものがあります。

これは人から好かれるというのはもちろんのこと、話し上手でもあり聞き上手でもあるからこそできる職種なのです。

司会業というのは基本的に話すことで場を盛り上げたりするので、その時の雰囲気や喋りというのが大事になりますよね。

そんな時に誰とでも話せるような人たらしな人こそできるような職種なのではないかと思います。

話すのが好き

話すのが好きだからこそできるのがこの司会業です。

話しをして場を盛り上げたり、司会進行をする上では大事な職種となっていますよね。

司会業というのは基本的に話して司会を進行するだけというイメージですが、その大変さというのは実際にやってみないと分からないことでしょう。

しかしながら人たらしな人というのは誰からでも好かれるので、司会進行をした際にも周りから笑いを取ったり、様々なことをすることができるので、とても良い仕事なのではないかと思います。

表現力がある

表現力があるというのも特徴的でしょう。

表現力のある喋りというのは相手を引き込んでくれるようなものばかりです。

表現力があればその場を盛り上げることも容易く、また場を仕切るのにもとても良いのです。

人たらしな人というのは一見いい加減のように見えると思いますが、その表現力があるからこそ相手と話すことができるので、いい加減ではないのです!

臨機応変に場を進めていける

臨機応変に場を進めていけるというのもあるでしょう。

どの様な状況になってもその場を仕切ったり、空気を換えていくこともできるのが特徴的です。

話し上手でもあり聞き上手でもある人たらしな人だからこそできるものだと思います!

6.ラジオパーソナリティ

ラジオパーソナリティという仕事もありますよね。

普段皆が車で聞いていたりするようなラジオがありますが、その司会の進行役という事になります。

司会業に似ていますが、最大の違いというのは自分のペースでかつ、自分のアイデアを企画としても活かせることができるという点があります。

人から好かれるような性格の人であればラジオパーソナリティをしてもファンなどが多く集まるのではないかと思います!

段取り良く仕切れる

ラジオで大事なのは段取り良く仕切ることです。

この時間はこのトークについて、この時間はこの話題についてといった段取りを良く仕切ることで、より良いラジオになっていきます。

楽しませたいという気持ちがある

楽しませたいという気持ちがあるのが人たらしな人の特徴でもあるのです。

言うのであれば楽しませたいからこそ様々な人と話すことができるという利点があります。

楽しませたいという気持ちが強ければ強いほど、より面白い話題作りへと繋がると思うので、この様な職業というのは天職に近いものを感じるのではないかと思います。

自分のアイデアを企画として活かせる

またラジオパーソナリティだからこその利点として自分のアイデアを企画として活かせるというものがあります。

言うのであれば普通のテレビなどの司会というのは決まったもので進行をしていきますが、ラジオの場合はこれを企画にすると面白いのでは?というような事をできてしまうことが多いです。

ラジオをしている間というのは司会進行をするのは自分自身であり、なおかつ話題も自分で作るというような事が大事になるのです。

なので自分のアイデアを企画として活かすことができるようなものもあるという事を覚えておきましょう!

自分をよく分析しよう

いかがでしたか?

人たらしな人でも向いてる仕事というのはたくさんあります。

自分がどの様な性格なのか、どの様な人なのかで職種を選ぶことも大事ですし、仮に人たらしな人だというような人であれば、この様な職種につくことで自分を活かせるのではないかと思います。

よく職が合っていないというような話も聞きますが、一番大事な事というのは自分のことをよく考えて分析をするという事です。