CoCoSiA(ココシア)

40歳女性は知っておきたい。周りからの見られ方や今後のこと

皆さんは40代の女性と言うと、どんな人をイメージされますか?

もしかしたらとても大人の女性をイメージするのではないでしょうか。

40代の女性と言うと、子育て真っ盛りであったり、子供がもう既に成人している方もいるかもしれません。

また、結婚や出産などはせず仕事一筋でがんばっているキャリアウーマンの方もいます。

このように40代女性と一口に言ってもそのライフスタイルは様々です。

今回はそんな40歳女性の周りからの見られ方や今後について知っておきたいことをご紹介していきます。

40歳の今、幸せですか?


40歳女性のみなさん、今幸せですか?

40歳と言うと、みんなそれぞれに忙しい年代ですよね。

仕事一直線の方はもしかしたら重要なポジションを任されているのかもしれません。

また、子育て真っ盛りな方は何かと忙しく、あっという間に1日が過ぎていくでしょう。

1番疲れやすい年代だと思いますが、もし今幸せに感じられていないのであれば、何とかその状況をやり過ごしたり脱出できたらそれが1番いいなと思いますよね。

40歳になって気づくこと


20代や30代の時は、まだまだ可能性があると思ったり、自分の能力に気づくことができなかったりで、背伸びをしてしんどい思いをすることも多かったかもしれません。

ですが、40歳位になってくるとだんだんと自分の能力の限界がわかるようになってきて、その範囲内でやっていこうと思うことも出てくるのではないでしょうか。

また、女性の平均寿命は87歳なので、人生の折り返し地点に来ています。

40代だからまだまだ!と思うところもありますが、やはり人生の折り返しということになると自分の今後の身の振り方をどうしようなどと色々と考えてしまうものですね。

では、40歳の女性の心と体の変化にはどのようなものがあるのでしょうか?

一つ一つ見ていきましょう。

自分の能力と限界が大体わかる


40歳女性は、フルタイムでバリバリと働いている方もいれば、仕事を抱えながら家事や子育てを両立している人など、自分の能力や限界を考慮した上で調節できるようになります。

40代にもなるといろいろな経験を積み、自分のことが大体わかるようになってきます。

例えば、ご結婚されている方はフルタイムで働きながら家事や子育てを両立するのが大変だと思えば、専業主婦になったりパート主婦になったり、自分の無理のない範囲というものを見極められるようになります。

もちろん、そのような選択ができずフルタイムで働いているという方も、ご主人に協力してもらいながら無理をせずにうまくやっていくでしょう。

今の仕事で出世できるかがわかる


お仕事をされている40歳女性であれば、今の仕事でどれぐらい出世できるかというのがわかってくるのではないでしょうか。

20代30代と言うとまだまだ伸びしろがあり経験を積んでいく段階です。

そして、40歳になるとだんだんと自分が今の仕事でどれぐらいのポジションにいるのかが理解できるようになり、今の職場でどのような立場になっていくのかというのが分かるようになってきます。

大切な人の存在に気づける


40歳ともなると、家族を持つことが多くなります。

ご主人やお子さんがいる方も多く、そんな家族の大切な存在に気づくことが出来る年代です。

40歳だと仕事ばかりを一辺倒にバリバリとこなすだけではなく、家族とのバランスをとったキャリアプランを考える人も出てきます。

特に女性は仕事ばかりと言うわけにはいかないことも多いかもしれません。

40歳位なるとお子さんが思春期にさしかかる人もいるでしょう。

そんな難しい年頃の子供たちと向き合いながらも家庭に仕事にと頑張る年代です。

自分1人ではないということから、仕事も家事育児も頑張れるのかもしれません。

平均寿命の半分まできている


日本人の女性の平均寿命は87歳です。

「だからこそ人生まだまだ!」と思うのに、平均寿命の半分まで来ていると言うのを聞くとちょっと驚きますね。

確かに華々しくある必要はありませんが、自分の人生において、そろそろ色々と方向性が決まってくるでしょう。

仕事に邁進し続けてキャリアウーマンとして活躍し続けるのか、家事や育児を専念して頑張るのか。それとも仕事と家事育児を両立するのかなど、女性にはいろいろなライフスタイルがあります。

こんなにたくさんのライフスタイルがあるからこそ、自分がどのように生きていくのかというのは非常に悩ましいところです。

性欲がピークを迎える?!


意外にも言ってはなんですが、40歳の女性は性欲がピークを迎えると言われています。

それは何故かと言うと、40歳位となると子供を宿すにはもう最後のチャンスになります。

20代や30代の時は子供なんていらないと言っていたような人が急に子供を欲しがり、不妊治療を始めるのもこれぐらいの年代であることが多いようです。

「自分と血を分けた子供が欲しい!」と言う感覚が、本能に訴えかけてくるようですね。

すでにお子さんがいてご主人もいる方であっても、それぐらいからご主人との仲が急速に良くなる人も多いようです。