CoCoSiA(ココシア)

40代の恋愛にありがちなリアルな特徴。旦那、婚外恋愛や未婚・バツイチ女性まで

歳を重ねるごとに恋愛の形も変わってきます。

10代なら向こう見ずで体当たりな恋愛、20代なら結婚を意識して理想が高くなる恋愛、30代なら理想と現実が交差して折り合いをつけ、相手を認め合う恋愛。

じゃあ40代は?40代の恋愛はいろんな恋模様がみられます。

どの年代よりもバラエティにとんでいて、バイタリティがあって楽しい恋愛だともいえます。

この記事では、40代の恋愛にありがちなリアルな特徴について見ていきたいと思います。

いくつになっても恋愛していたい!


みなさんが10代の時って、40歳になった自分が恋をするだなんて想像しましたか?

10代が思い浮かべる40代って、結婚して家には優しい奥さんや旦那さんと子供がいて、毎日真面目に仕事に行って帰りは同僚とお酒を飲んで休日はゴロゴロしたり、子供と遊んだり…。

恋とは無縁の場所に立っている存在と思っていたはず。

でも実際に40代になってみてどうですか?

恋とは対極の場所にいるはずなのに、それどころか恋が恋しくて仕方ない人もいるのではないでしょうか。

40代になれば、それぞれ様々な立場があり責任を背負わされます。

恋なんかしている場合じゃないはずなのに、心の隙間が求めているのは「恋」。

だって恋は誰もが夢中になれる物語、誰もが主人公になれて、誰もがその気持ちを大事に抱いて、時に勇気に変えて原動力にして前へ進む。

そんな恋の素晴らしさを忘れる人などいないはず。

たとえ忘れていたとしても恋に再び触れた瞬間、その素晴らしさに心は震え、熱い血が漲って全身で思い出すでしょう。

いくつになってもその感覚はみな平等に分け与えられたものと言ってもいいくらいです。

いくつになっても恋愛がしたいという気持ちに理屈などありません。

人は何かを素晴らしいと思える気持ちをいつも携えていたいものなのです。

40にもなってもドキドキしたい

40にもなってドキドキしたいだなんて、恥かしい!誰にもこんな事言えない!と思っているかもしれませんが、誰もがドキドキを求めています。

みんなそ知らぬ顔をしていますが、独身も既婚者もみんな隙あらばドキドキしたいものなんです。

ただ、社会の一員としていの面目があるからクールなフリをしているだけなんです。

特に恋愛のドキドキは顔に表れてしまうので、必死に隠さないとみんなにバレてしまいます。

それに女性は恋愛のドキドキが顔に出やすいんですよね。

恋は女性をキレイにするなんて言いますよね。

コレ、本当なんですよ。

恋愛をすると脳内では、PEAというホルモンが濃度を上げて脳が快感を示すのです。

これがドキドキの素でなのです。

このPEAは「恋愛ホルモン」とも呼ばれ、女性ホルモンの分泌を命令させる視床下部を刺激して、好きな男性をひきつける身体作りをするために女性ホルモンの分泌を盛んにします。

この女性ホルモンの分泌のおかげで女性らしい身体作り、身体だけでなく顔つきまで色っぽく変わってくるのです。

そうなるとこれはもう、最高の美容であり、若返りの元と言ってもいいでしょう。

もしかしたら、40代の恋はいつまでも若くいたい、健康でいたいという思いから、人はそのためにドキドキを求めているのかもしれませんね。

40代からが本気の恋愛!


40代って今までの恋愛経験が確かなデータとして残っているので、無駄なく理想の恋愛をすることが可能です。

また相手も40代なら、相手の理想としている恋愛もこちらと似たようなスタイルが多いので楽しめる可能性が大ですね。

今までだって「本気の恋愛」だったけれど、空回りしていた部分が多かったのではないでしょうか。

こちらの理想が高すぎたり、熱くなりすぎたり、それは未経験の領域を情熱だけでなんとかしようとした結果、最終的には上手くかみ合わず恋に敗れてしまった。

でも40代は違います、相手の心をある程度は見通すことができるので無理はしません。

そして今回の恋愛こそが最後の恋愛としたいので、本気を出します。

持てる全ての知能と体力を出して相手に向かっていくのです。

でもけっして醜い行動はとりません。

ここでは自分はどう振舞うのかを知っているのも40代の恋の特徴です。

それも含めて本気の恋愛と言えるでしょう。

40代の恋愛あるある

40代の恋って、アクティブではないけど落ち着いて恋愛をできるところと、今までにない恋愛に対する心の有り方が存在します。

今までにない恋愛事情に戸惑う部分もあるけれど、それをプラスに変えられるところも40代の恋愛の醍醐味でもあります。

結婚に対するスタンスがすごい


若い頃は結婚に対する理想が高くて、年収や容姿などを自分の手に入らないような事ばかり追い求めていましたが、40代はもう違います。