「家賃が払えなくて・・」「親と喧嘩をして・・」「次の仕事の給料が入るまで・・」

など、さまざまな事情から友人や同僚などの家に居候をさせてもらうことがありますよね。

居候をし慣れている人も初めての人も、居候をする上であることに注意をしなければなりません。

それは家主との関係です。

家主との関係がうまくいかなければ当然居候はさせてもらえませんので、家主とうまく暮らしていくように日々気をつけながら生活を送る必要があります。

そこで今回は、居候する時の注意点や、うまく暮らしていくためのコツについてご紹介します。

誰かの家に居候することになったら…

ごく普通に生活を送っていても、ある時急に住む場所に困ってしまう状況になることはあります。

例えば親と喧嘩をして家を飛び出した先で、泊まる所がなくて困った時には友人や恋人を頼ることがあるでしょう。

突発的に飛び出したのなら居候生活も数日で済みますが、親とそりが合わずにこのまま家を出る覚悟がある時には、自分で住む場所を見つけるまでの期間は転々と居候生活をし続けることになりますので、ある程度覚悟をして居候生活へ臨まなければなりません。

居候経験のない人は、誰かの家に居候することを単なるお泊りと同じ感覚で考えているかもしれません。

しかし、お泊りと居候とでは立場も対応もまったく異なります。

単なるお泊りであれば「お客様」にすぎませんので、食事からお風呂の準備、寝床まですべて家主が面倒をみてくれるでしょう。

しかし居候生活に入ったら、基本的には自分のことは自分でやらなければなりません。

それどころか家主の代わりに家を掃除したり、ご飯を作ったりすることもあります。

衣食住の内の「住」を提供してもらうということは、それだけこちらも気を遣ったり恩返しをしたりしなければならないのです。

居候するときの5個の注意点

家主の家で世話になることが決まったら、必ず気をつけなければならないことがいくつかあります。

これをしっかりと意識して日々行動することが出来なければ、どんなに人のいい家主であっても、次第に居候に対して不愉快な感情を募らせ、そしてある日それが爆発して「今すぐ出て行け!!」と言われてしまうでしょう。

そうなっては泣きを見るのは自分ですので、家主に追い出されないためにも、いくつかのことに注意して毎日の生活を送っていきましょう。

具体的にどのようなことに注意すればいいのかを以下に挙げていきます。

今まさに居候をしているという人や、これから居候生活に臨むという人はぜひ参考にしてみてください。

1.ルールを守る


ルールはさまざまなところにあります。

例えば学校や会社、公共の場などで「〇〇をしましょう」や「〇〇をしてはいけません」などと全員に対して平等に決め事がされていることがあります。

これらのルールは、自分がその場所にいる時に適用されますので、その場所におけるルールを遵守する必要があるでしょう。

こうしたルールは、何も家の外だけに限った話ではありません。

誰の家にも暗黙のルールや決まったルールというものが存在します。

例えば「冷蔵庫のものは最後に使った人が補充をすること」や「最後にお風呂に入った人がお風呂掃除をすること」など、各家庭によってルールの内容はさまざまです。

そして居候をする場合、居候先の家にも決まったルールがあります。

「掃除機は必ず物置の右側に立てかけて置く」や「毎週水曜日には食材を買い出しに行く」など、明確にルール化されていなくても、家主が毎日の生活の中で決めていることもあります。

まずはそのルール、つまり家主の生活スタイルをよく知っておき、家主が自分で決めていることには自分も同じように従ったり、ルールを守るように気をつけましょう。

共同生活を快適に送るために

共同生活は最初こそ楽しいですが、時間が経つごとに次第にストレスが溜まっていきます。

それは家主も居候している人も、どちらもじわじわと同じようにストレスを感じるようになるでしょう。

例えば食べ終わった皿がいつまでもテーブルに乗っていたり、トイレットペーパーが切れた状態のままになっていたりと、そんな些細なことでも家主にとっては少しずつストレスに変わってきます。

そして小さなストレスが溜まった結果大きな爆発となって、居候に向けられることもあるでしょう。

もしくは毎回のようにお小言を口にしていても、一向に改善されないため我慢の限界がきて居候を追い出しにかかるかもしれません。

一方で、居候をする人にとってもストレスです。

今まではにこにこして生活していたのに、ある日突然切れられては理不尽に思いますし、毎回のようにお小言を言われるのもうるさく感じられるでしょう。

共同生活は、どちらか一方だけが我慢していては絶対に続きません。

互いに協力し合い、助け合っていかなければとても長続きはしないでしょう。

他人同士で生活するのは、それほど大変なことなのです。

迷惑をかけないこと

居候をするからには、決して家主の迷惑になってはいけません。

家主が夜型の生活なら、自分も出来るだけ同じ生活サイクルに合わせるようにしたり、または寝ている時にいびきや歯ぎしりがうるさくないように気をつけたりする必要があります。

また、家主がいつも8時にシャワーを浴びるのなら、自分はその時間にはシャワーを使わないように気をつけます。

家主にとって一番の迷惑は、自分のこれまでの生活リズムを乱されることです。

自分がいつも当たり前にやっていることが居候のせいで出来なくなると、その時点でかなりのストレスになってしまうでしょう。

そのため、居候をすることが決まったなら、家主の生活リズムがこれまでと大きく崩れないように気をつけて居候生活を送っていきましょう。

ある日から突然他人が自分の家で暮らすことになったら、どんなにいい人でも少なからずストレスを感じます。

そのストレスをできるだけ大きくさせないようにするのが、居候が何よりも気をつけるべき点でしょう。

2.まめに確認する


居候生活を始めたら、常に家主と互いのスケジュールについて把握し合っておく必要があるでしょう。

家主が忙しくて普段はあまり家に帰るタイプではないのなら、「いない間は好きに使って」と家のことをすべてこちらに任せるかもしれません。

そうなったらなったで、家主が帰る時には連絡をしてもらうように決めて、家主不在の間は普段通りの自分の生活を送ればいいでしょう。

しかし、毎日家主が家に帰ってくるのなら、「今日は何時に帰るのか」「何か用事はないか」「休みの日には何をするのか」などの家主のスケジュールを把握しておいた方がいいでしょう。

そうすれば急に家主に何かあった時にも追いついて対処することが出来ます。

また、家主の予定ばかり知っておくのではなく、自分の予定も常に家主に伝えましょう。

毎日話し合う時間がないのなら、ホワイトボードのようなものを用意してその日の予定を互いに書きこめばいいですし、連絡先を交換しているのならLINEやメールでその日の予定を送り合ってもいいでしょう。

まめに互いのスケジュールについて確認し合うのは基本ですが、他にも家のことで気になったことがあればその都度家主に確認をしましょう。

勝手な判断をしない

例えばトイレットペーパーがもう切れてしまいそうだという時に、あなたが善意から「買っておいてあげよう」とペーパーを買いに行ったとします。

しかし家主が帰ってきた時に、家主も同じようにトイレットペーパーを買ってしまっているかもしれません。

また、もしも家主が決まったトイレットペーパーしか買わないのなら、他の種類のペーパーを買ってしまうと無駄になってしまうでしょう。

お世話になっているからこそ、善意で家の足りないものや他のことをやってあげようと思うこともあるでしょう。

しかし家主の確認も取らずに自分の勝手な判断で行動してしまうと、それが原因で家主とトラブルになってしまうこともあるかもしれません。

特にこだわりの強い家主ほど、居候に勝手な真似をされると不愉快に感じることでしょうから、何事も行動する前に必ず家主に確認をとりましょう。

3.お金について

共同生活を送る上で、お金に関しての決めごとは互いにかなりシビアになります。

また、基本的には家主に家を「借りている」状態になりますので、月々の支払いに関しては、多少家主の方が優遇されることもあるでしょう。

仕事をしながら居候をしている人は、少しくらい自分の方が多めに払う覚悟は最初から持っておいた方がいいでしょう。

また、仕事が決まるまで居候生活を送るという人は、お金がない内は自分から食事のリクエストをしたり外食に誘ったりと、お金のかかることは決して提案しないように注意します。

そして実際にお金を稼げるようになった時には、払えなかった時の分もきちんと家主に支払いましょう。

お金に関してきっちりとけじめをつけておけば、家主も信用してくれますので、居候の期間を延ばすことも可能でしょう。

もしも家主が「お金のことは気にしなくてもいいよ」と言ったとしても、お金のやりとりで人間関係は簡単に崩れてしまいますので、世話になっている以上は必ずこちらもお金を出すようにしましょう。

家賃

家賃は毎月固定の金額ですので、大抵の場合家主と居候とで折半になります。

一人暮らしをしている人は、全額自分で払うよりも半分人に出してもらえるため、それがよくてしょっちゅう居候を家に迎え入れているという人も中にはいます。

本格的に居候をすることが決まったら、まずはお金に関する相談をするでしょうから、その際に家賃を含めた月々の支払いに関してきっちりと決めておきましょう。

お金はトラブルの元になりやすいので、最初に決めたら紙に書いて壁に貼るなりどこかに取っておくなりして、何かあった時にはそれを見ながら家主と相談し合うようにしましょう。

また、持ち家にお世話になる際には、家賃の支払いはしないこともありますので、その場合は予め月にいくら家主に渡すのかを決めておきましょう。

光熱費

光熱費は毎月微妙に変動しますので、その月ごとに折半することも多く、お金のやりとりが少し大変です。

とはいえ他の支払いも一緒に月末に家主に払うようにすれば問題はないでしょうが、光熱費の厄介なところは「どちらがどれだけ使ったか」ということが分からないことでしょう。

例えば家主に、「きみが来てから光熱費が5000円も増えたんだけど」と言われたら、それだけ多めに光熱費を支払わなければならなくなるかもしれません。

また、家主は入浴時間が短く、一方で自分は入浴に時間がかかる場合、ガス代や水道代を自分の方が多めに支払うべきかと悩んでしまうこともあるでしょう。

光熱費でトラブルになることもありますので、光熱費に関してもしっかりと月に一度は家主と相談して支払う金額を決めるようにしましょう。

また、もしも自分が光熱費を支払っていない場合には、入浴時間を出来るだけ短くしたり、ガスを使う時間を短くしたりと、光熱費を支払う家主を気遣って慎ましく生活をするようにしましょう。

食費や生活費

食費や生活費に関しても、きちんと家主と話し合って金額を決めましょう。

光熱費同様に、食費も生活費も毎月変動します。

例えば家主と相談して、2人で月に「3万円までしか使わない」と決めたなら、互いに折半してその金額内で食費を抑えるようにすることは可能でしょう。

また、食費も生活費も、月末にまとめて折半することも出来ますが、家主からもしも自分の方が多めに支払うように言われたとしても、住む場所を提供してもらっている以上はそれに従いましょう。

嫌な顔をすれば家主に気付かれて、互いにぎくしゃくしてしまいます。

ただしあまりに高額を求められたら、翌月からは食費や生活費に関するレシートは全て保管しておくなり、金額の詳細についての説明を求めましょう。

家主にやましい気持ちさえなければ、誠実に詳細について説明してくれるでしょう。

ただし理由は告げずに高額を請求してくるようなら、ほかの居候先を見つけた方がいいかもしれません。

4.生活について

居候をすることになったら、毎日の生活は基本家主に合わせたものになります。

家主に予定があって、食材の買い出しに行って欲しいと頼まれたら可能な限りそれを引き受けるべきですし、また共同生活で必要なものを買い出しに行くことになったら、当然自分もそれについていくべきでしょう。

居候は家主の家で世話にはなりますが、それは相応の対価を支払うからこそ継続して世話になり続けることが出来るのです。

衣食住はすべて家主任せで家事も協力しないようでは、遅かれ早かれ家を追い出されてしまうでしょう。

また、そんな寄生した生活をしていては、どこへ行ったところで長続きはしないでしょう。

それどころか友人の家を転々としている内に、「あいつは厄介者だ」と噂が流れてしまって、誰も家に置いてくれなくなってしまうでしょう。

そんなことにならないためにも、共同生活をする上では家主に極力協力する姿勢を見せましょう。

ご飯や買い物

ご飯が作れる人は、家主が忙しい時や一日交替などで自分も料理をしましょう。

不思議なもので人に作ってもらう料理というのは、格別美味しく感じられるものです。

楽しく共同生活が出来ているのなら、尚のこと食事の時間は楽しいことでしょう。

もし料理が苦手でも、家主が作っている時に何か手伝ったり、食事の後の片付けを自分がやったりと積極的に協力しましょう。

もしまったく料理が出来ないというのなら、代わりに食材の買い出しやその他の買い物は自分が進んで行いましょう。

自分に出来ないことがあれば、代わりに出来ることを積極的にやるようにすれば、家主に世話になりっぱなしという状況は回避することが出来ますし、家主に自分の協力する姿勢を見せることも出来るでしょう。

掃除や洗濯

料理は出来なくても、掃除や洗濯なら誰でも出来ます。

掃除は家主のやり方がありますので、どこをどのように掃除すればいいのかをきちんと最初に確認しておきましょう。

家主から説明されたら、定期的に掃除をしておくことで自分がその家で世話になっている恩を返すことにもなりますし、丁寧に使わせてもらっているという気持ちを表すことも出来ます。

また、洗濯もやり方を一通り教えてもらったら、溜ってきたかなと思ったタイミングで洗濯をしておくと、面倒な家事の手間が省けて家主も助かります。

ただし洗濯物はきちんと人のものと分けて洗いたいという性格の家主もいますし、「水がもったいないから4、5日溜めてから一気に回す」という考え方の家主もいますので洗濯をかける前には家主に確認をした方が無難でしょう。

さらに洗濯をしたら、洗濯物を干して取り込み、たたむ作業までが一連の流れになりますので、洗濯機をかけっぱなしや干しっぱなしにしないように気をつけましょう。

生活サイクルの把握

先にも挙げましたが、家主の生活サイクルを把握することは重要です。

家主が夜も朝も早いのに、自分は寝るのが遅く起きるのも遅かったら、物音で家主を起こしてしまうかもしれません。

とくにワンルームのような狭い部屋の場合は、同じ室内で誰かがごそごそと動いていれば気になって眠れないという人もいるでしょう。

家主が夜眠るなら眠ってからは極力物音を立てないように気をつけたり、自分も同じ生活サイクルに合わせたりしましょう。

また、家主の生活サイクルを把握しておくと、毎日家を出る時間や帰宅する時間も大まかに掴めますので、それに合わせて食事の準備をしたり、掃除をしておいたりすることも出来るでしょう。

家主の生活サイクルに気を遣ってこちらも生活していれば、家主も共同生活を嫌には思わないでしょう。

反対に家主の生活サイクルと正反対のサイクルを堂々と送っていたり、家主の生活サイクルにまったく気を払わないで生活していたりすると、家主は早々に共同生活にストレスを感じてしまうでしょう。

5.決まりを作る

共同生活をする上で、互いに決めごとを作っておくと、それに則って生活することになりますので、互いがより快適に生活出来るようになりますし、ストレスも減らすことが出来るでしょう。

例えば「食事は交代制で作る」や「掃除や洗濯はどちらかがやる」などの決まりを作っておけば、居候の身であっても自分の役割があることで、世話になることに罪悪感を覚えなくて済みますし、互いに負担を減らすことも出来るでしょう。

共同生活における決まりは、世の中で例えるならルールです。

そしてそのルールを皆が守ることで秩序や平和が保たれますが、共同生活でも決まりを守ることによって、互いの心の平穏が保たれます。

「何をして良くて、何をしてはいけないのか」が分からなければ生活し辛くなってしまいますので、共同生活を始めるにあたり、まずは家主との間に決まりを作るようにしましょう。

決まりは必ず守ること

家主との間で決まり事を作ったなら、必ずそれを守るように心がけましょう。

決まりはお互いにとって必要なものだからこそ決めたものです。

それを守らなければ意味がありませんし、決まりを破ったことで家主との仲が険悪になってしまうこともあります。

門限を決めたならきちんと門限に間に合うように帰宅し、また食事の当番制を決めたなら自分が当番の日にはサボらずにしっかりと作りましょう。

もしもどうしようもない事情から決まりを破らなければならなくなった時には、予め家主にその旨を相談しましょう。

無断で決まりを破ったり、事後報告にすると家主からの信用は一気に失くなってしまいます。

互いの信頼関係がなければ共同生活など出来ませんので、決まりをきちんと守ることで互いの信頼関係を築いていきましょう。

居候がうまく暮らしていくための3個のコツ

自分が居候の立場になった時、これまでそんな経験がない人はどのように振舞えばいいか分からずに困惑してしまうでしょう。

ある人は家主に気を遣い過ぎて家事をすべて自分が負担し、その結果共同生活に疲れてしまうことでしょう。

また、ある人は家主にまったく気を遣わずに、家事をすべて家主に任せてダラダラと過ごしていた結果、家主を怒らせてしまって家を追い出されてしまうことになるでしょう。

居候の経験がない人ほど、どの程度家主に気を遣い、協力し、時に自己主張をして生活していけばいいのか分からないことでしょう。

そんな悩める人のために、居候としてうまく暮らしていくためのコツをご紹介します。

以下に挙げていくものはどれもすべて家主とうまくやっていくために必要なことですので、必ず意識して行動するようにしましょう。

1.感謝

居候の立場かどうかに関係なく、感謝の気持ちを持つことはとても大切です。

自分を育ててくれた家族や友人、恋人や先生など、あらゆる人に対して感謝の気持ちを持てるようになると、自分の心も素直になれますし、自分がどれだけ周りに助けられながら生きているのかも実感できるでしょう。

居候をする場合にも、他人を家で生活させるという、当たり前には出来ないことを家主はやってくれるわけですので、住む場所を提供してくれる家主へはきちんと感謝の気持ちを持ちましょう。

また、入浴や就寝、食事など日々の生活も家主抜きでは出来ないことですので、それらに関してもきちんと家主に感謝の気持ちを持ちましょう。

居候生活が長くなればなるほど、次第に「住まわせてもらっている」という感謝の気持ちは薄れてくるものです。

しかし薄れてきた時にはしっかりと感謝の気持ちを再確認し、決して忘れないようにしましょう。

「ありがとう」をしっかり伝える

感謝の気持ちを伝える最も簡単な方法は、「ありがとう」と口にすることです。

感謝の気持ちを込めて「ありがとう」と口にすれば、受け取る側も満足します。

どんなに表面上では「困っている人を助けるのは当たり前」「いつでも頼ってくれていいんだよ」「気にしないでね」と家主が言ってきても、本心は分からないものですし、またこちらの態度次第によってはその気持ちにも変化が生じることがあります。

「向こうが気にしなくていいと言っているから」という言葉にそのまま甘えて何もかも家主頼みに生活を送っていると、その内家主から見放されてしまうことになりますので、きちんと家主に対して感謝の気持ちを「ありがとう」の言葉で表しましょう。

「ありがとう」はその都度言う

感謝の気持ちの「ありがとう」は、事あるごとに家主に伝えましょう。

食事を作ってくれれば「ありがとう」、洗濯をしてくれれば「ありがとう」、買い物をしてくれれば「ありがとう」など、事あるごとに感謝の気持ちを口にします。

「ありがとう」は言い過ぎても鬱陶しく思えることはありませんし、「ありがとう」の魔法は効果が短いため、少し時間が経てばまた家主は何も言われていない元の状態の気持ちに戻ってしまいます。

常に家主に感謝の気持ちを伝えることで、家主も常に「この人と一緒に暮らすのは楽しい」と思ってくれますので、互いに気持ちよく生活を送るためにも、「ありがとう」はその都度口にするように意識しましょう。

2.気遣う

気遣いが出来る人と出来ない人とでは、出来る人の方が周りの人から好かれます。

一方でまったく気を遣わない人は「図々しいやつだ」「自分勝手だな」と思われてしまいますので、居候をする時には常に家主への気遣いを忘れないようにしましょう。

気遣いといっても、気を遣い過ぎることはありません。

自分も仕事をしているのに「居候だから」と家事をすべて引き受けたり、お金を多く渡したりすれば、家主も気を遣ってしまうかもしれません。

そのため、「家主が寝ている時には起こさないように気をつける」「休みの日は自分が家事をやる」などの無理のない気遣いをすることで、家主もあなたとの共同生活を楽しんでくれるでしょう。

まったく気を遣わないと嫌がられますが、気を遣い過ぎるのも家主にとっては気まずくなりやすいのです。

優先度は家主

居候をしている内は、何かあれば優先度はすべて家主にあります。

入浴も先に家主に入ってもらったり、ゴミ出しをする時には家主ではなく自分が進んでその役を引き受けたりと、基本的に家主優先で生活を送ることを心がけましょう。

もしも家主の友人が家に来るのであれば、気を遣って自分は一晩別のところで過ごしたり、食事の内容も家主が食べたいものを優先したりすることで、家主も「自分に気を遣ってくれている」と感じやすいでしょう。

どんなに家主が良い人でも、あくまでも自分は居候で、家主の方が優先なのだという気持ちを忘れないように気をつけましょう。

3.コミュニケーション

共同生活を送る上で、コミュニケーションは欠かせません。

自分が世話になっている立場なのに、家主にろくに挨拶もせずに自分のスペースに閉じこもっていると、家主は次第に居候を「貧乏神」扱いするかもしれません。

共同生活を家主が許すのは、一緒に暮らすことで楽しく過ごせるかもしれないという期待をしている可能性もあります。

せっかく一緒に暮らすのですからコミュニケーションはしっかりととるべきですし、まともにコミュニケーションも取れなければ一緒の生活は長続き出来ませんので、きちんと毎日家主とコミュニケーションを取るように心がけましょう。

しっかり相手を理解しようとする

コミュニケーションをとることで、相手のことをしっかり理解することが出来ます。

相手がどんなものが好きで嫌いか、どんなふうに生活を送っているのかなど、相手のことを細かく知っておくと共同生活でも役立つことが多いです。

何より家主と一緒に楽しみながら毎日生活することができますので、コミュニケーションは毎日欠かさずに、相互理解に努めましょう。

こちらが積極的に相手のことを知って仲良くしようと努めれば、家主にもその姿勢が伝わりますので、より良い関係を築くことが出来るでしょう。

ストレスをためない関係を

毎日生活しているだけで、人は多くのストレスを抱えます。

人間関係のストレス、仕事のストレス、勉強のストレス、家族のストレスなど、どんなにリフレッシュを繰り返しても、次の日にはまた直ぐにストレスが溜まってしまうでしょう。

だからこそ出来るだけストレスをためない生活を送るように心がけることが大切ですが、一つ屋根の下で他人同士での共同生活は、想像以上にストレスがたまります。

どんなに仲の良い友達同士でも、長期間共同生活を送っていると嫌でも互いに不満が溜まってきます。

普段から互いにコミュニケーションがきちんと取れていれば、不満がたまった時にも話し合いで解決することが出来ますので、家主とは普段からまめにコミュニケーションを取っておき、できるだけお互いにストレスをためない関係を築いておきましょう。