女子を落とすための駆け引きは、男にとって非常に重要なポイントになります。

顔がかっこいいだけでもモテるポイントにはなりません。

見た目より、モテる男の特徴を知り、実践していく事をオススメします。

「モテるためには、どんな駆け引きが必要なの?」また、「どんな駆け引きに女子達が反応してくれるのか?」などなどモテたい男子にとって女子達を振り向かせるポイントや駆け引きなどを中心にご紹介していきます。

さらに効果のある駆け引きなどをご紹介していきますので、ぜひ参考に駆け引き上手な男子を目指して行きましょう!

駆け引きなしでモテ男になる事はできません!

ぜひ、モテたい男子は必見です!

モテ男がやっている15個の効果的な駆け引き

モテ男がやっている、効果的な駆け引きについていくつかご紹介していきます。

モテる男は、モテるルーツをしています。

もてない男は、モテないルートしか知りません。

もし、あなたが本気でモテたい気持ちがあるのであれば、ぜひモテ男がやっている効果の高い駆け引きを取り入れ、女子を口説くときに実践していきましょう。

さらに、女子を口説くときにきちんとモテ男がやっている効果的な駆け引きができなければ、失敗に終わります。

失敗と実践を繰り返し、真のモテ男になっていきましょう。

1.周りへの対応と違う対応をする

モテ男は、アプローチしたい女性やある1人の女性にフォーカスした場合、周りへの対応と、その女性に対して特別な対応を行います。

周りと違う対応することで、自然とその女性を特別扱いしているアピールをしています。

ここで、もてない男は鈍感なため、つい周りと同じ対応をするように心がけてしまいます。

男性も女性も、特別扱いされることで嬉しい気持ちになり、また特別扱いする異性のことが気になると言うことを覚えておきましょう。

2.周りからの誘いが多そうに見せる

モテる男は、たとえ誘いがなくても、誘いが多そうに見せたり、忙しく見せたりすることが得意です。

そうすることで、自分は周りから愛されている人だということをアピールするだけでなく、周りからの誘いで女子たちが自分のことを放って置かないと思わせることもできます。

このように、周りからの誘いが多いように見せかけることで、さらに気になる女性への特別感を感じさせることができそうです。

ここでの注意点は、周りに女性がたくさんいるように見せかけてはいけません。

あくまでも、あなたの気になる女性が不快な思いにならないように、周りからの誘いが多そうに見せなければなりません。

周りからの女性の数が多いと知った瞬間、冷めてしまう女性も多いので気をつけておきましょう。

3.ミステリアスな部分を作る


単純でわかりやすい男性には、あまり興味がありません。

しかし、不思議な雰囲気やちょっぴりミステリアスな部分が、気になりついついミステリアスな男性のことを考えてしまいます。

女性は、ロマンチックな雰囲気やミステリアスな部分がある男性に惹かれるところがあります。

何か隠しているような雰囲気や、不思議な雰囲気を作り上げることで、かっこいいとさえ思うこともあるようです。

このようにいてミステリアスな部分を作っておくことで、相手の気を引くポイントになります。

このように、ミステリアスな部分を作る意味がわからない場合、すべてをしゃべりすぎないような注意も必要です。

相手に対して不思議な雰囲気や独特な雰囲気を作り上げることで、相手の興味を引くような部分を意識して作るようにしておきましょう。

全てはさらけ出さない

単純で何でもしゃべってしまう男にも興味はありません。

また、何でもしゃべってしまうような男には、自分が気をつけなければならないと思うところもあります。

全てをさらけ出さない雰囲気は、どこかしら男らしい印象や、クールな印象に見えます。

ベラベラ喋って笑わせた後、クールな一面を見せることでそのギャップに惹かれることもあります。

すべてをさらけ出すより、少しずつ気になる女性との距離を詰めながら、自分のことを知ってもらうよう心がけていきましょう。

全てをさらけ出してしまうことで、相手はあなたに興味がなくなってしまいます。

全てをさらけ出さないことが、ミステリアスに見せるだけでなく、もっともっとあなたのことを知りたいと思うするポイントにもなります。

これまで、全てをさらけ出し心を開かなければ相手の心を開けないと感じていたのであれば、これを下とは、全てをさらけ出さないように気をつけていきましょう。

4.デートの日程は自分が決める


デートの日程は、自分が主導権を握るようにしておいてください。

相手に合わせすぎて、デートの日程が決められないようではいけません。

「これは、○日と○日しか空いてない。」などと先に伝えておくといいかもしれません。

たとえ、その日に女性の予定がわなくても、デートの日程は自分が決めると心に決めておくだけでも、主導権を全て相手に握らせることなく、男らしい一面を見せることもできます。

また、デートの日程を決めるだけでなく、デートの場所で迷っている場合、あなたが助言することもいいですね。

しかし、あなたが気になる女性がどのようなタイプでどのような場所に普段行っているのか、必ずリサーチしておく必要があります。

あなたが行きたいだけの場所に連れて行っても、相手は面白くありません。

相手の好きそうな場所をあらかじめリサーチしておいた上で、デートの場所に誘うことをお勧めします。

振り回される男にならない

女性に振り回される男性ほど、魅力的でない男性はいません。

「自分は何者にも振り回されない。」と思う所見せるだけで、女性はその意思の強さがかっこよさに見えることもあります。

振り回される男は、相手に対して優しすぎたり、尻にひかれてしまうタイプに多い傾向があります。

それが良いのであれば、そのままで構いませんが、振り回される男にならないことで、恋愛の主導権を握ることもできます。

あなたが、恋愛でも主導権を握ることで、相手に振り回される事はありません。

また、振り回されてしまうことで、疲れるだけでなくあなた自身の気持ちも不安定になってしまうことでしょう。

このように、相手に振り回されないためにも、行事ごとやデートの日程などを自分から決められるように駆け引きしておきましょう。

5.喜怒哀楽はしっかり見せる

喜怒哀楽はしっかり見せるようにしてください。

表情がわかりにくい場合や、喜怒哀楽がない人は、ちょっぴり怖い印象になります。

喜怒哀楽を見せることで、あなた自身がどこで喜びどこで悲しい思いをするのか、またどこで楽しさを感じるかなどが分かります。

女性は男性と共感したり、気持ちが通じ合える部分が多くなることで、恋好やすく、また運命だと感じるところもあります。

喜怒哀楽をしっかり見せる事はあなたの性格をアピールすることができるだけでなく、相手の共通点を見い出す1つのポイントにもなりますので覚えておきましょう。

6.さりげないボディタッチを試みる

ベタベタ触ってしまうと、女性から引かれてしまいますが、さりげないボディタッチは相手の女性をドキドキさせるものに変わります。

さりげないボディタッチを心がけることで、相手との体の距離が接近するだけでなく、心の距離も縮まることでしょう。

さりげないボディタッチとは、肩をポンポンと叩いてみたり、気になる女性が愚痴などを言っていた場合、「よくがんばったね。」などと言いながら頭を撫でてあげるのもいいですね。

このように、さりげないボディタッチをしてみることで、された側の女性も、あなたに心ときめくかもしれません。

一瞬ドキッとさせるように

さりげないボディタッチをすることで、気になる女性を一瞬どきっとさせることに成功しそうです。

女性は、どきっとさせられる回数が多ければ多いほど、相手の男性を好きになることが考えられます。

一瞬ドキッとさせることを意識し、女性が嫌がらない範囲でボディタッチをするようにしてください。

例えば、その場の雰囲気を明るくしようとして、女性が発言したことに対しツッコミ役に回り頭を叩いてしまう事はいい例ではありません。

女性は、お笑いのように扱われたり、女性として扱われないことに対してショックを受けます。

あくまでも、女性が喜ぶような、ドキドキするようなボディタッチを心がけていきましょう。

7.メール、LINEのやり取りは簡潔に

女性の場合、メールやLINEでのやりとりを好む傾向にありますが、長々となってしまうことで「めんどくさい。」と思われることになりそうです。

特に、長文のメールやLINE内容を送信することで、相手から「重たい。」「女々しい」などと思われてしまうこともありますので気をつけておきましょう。

メールやLINEのやりとりは、端的にまた簡潔にわかりやすくするといいですね。

しかし、絵文字など全く入っていない場合相手からは冷たいと思われることもありますので注意が必要です。

「今度会ったときに話す」とデートの約束に持ち込む

もし、相手から「何の用事だった?」と聞かれた場合、「今度会ったときにきちんと話すよ。」などとデートの約束に持ち込むようにしてください。

「デートしてください。」などと伝えることで、相手が構えてしまいます。

さりげなくデートに誘わないフリをして、デートに誘いましょう。

また、相手が他の女友達を連れてきたり、あなたと2人きりになることを避けるようであれば、あなたとの信頼関係がまだまだ薄いのかもしれません。

2人の信頼関係がうまく行き始めた頃に駆け引きするようにしてください。

質問を入れて相手に返信させる状態を作る

質問などを入れて、相手を巻き込んでいきましょう。

いちどでもあなたに返信をすることにより、相手を巻き込めた状況になります。

そのため、質問をして相手に返信させる状態を作ることで、やりとりを楽しむようにしてください。

疑問形でやり取りすることにより、相手が自然な形で返信できる状況を作り上げておきましょう。

あなたとのやりとりが楽しいと思われることで、あなたとの駆け引きはうまくいきそうです。

まずは、女性に対して「楽しい」と思わせることがポイントです。

あなたとの会話やあなたと過ごす時間が楽しいものだと感じるようになれば、相手はあなたのことが気になっていたり、好きになっていることも考えられます。

やり取りは相手で終わらせること

やりとりをする中でも、必ず最後は相手の文面や、スタンプで終わらせるようにしてください。

会話の最後を開いてで終わらすことで、やはりあなたが主導権を握ることになりそうです。

あなたが主導権を握ることで、徐々に相手の女性もその主導権に付き合うようになってきます。

大変細かな事ですが、メールやLINEでのやりとりなど、最終的なやりとりは、すべて相手で終わるように実践していきましょう。

また、疑問形であなたから情報発信をした場合、相手からの返信で終わらせることができます。

このように、やり取りの最後相手で終わらせることにより、相手はあなたに対し自然な形で主導権を握ってもらうことになっていることに気がつかないこともあります。

やりとりをする中でも、最後は自分ではなく相手で終わらせるよう考えながら駆け引きしていきましょう。

返信は忘れないように

お礼のメールや、返信は忘れないようにしておきましょう。

返信を忘れてしまったり、遅い返信になることで、相手を不快に思わせてしまうところもあります。

返信は忘れないように注意しておく必要はありそうです。

8.会っているときには電話に出ない

女性と会っているときは、必ず、緊急ではない限り電話に出ないでおきましょう。

電話かかってきても、マナーモードにするか、目の前にいる女性を大切にしているアピールをしてください。

2人が会っているときは、相手の時間を楽しむよう心がけておきましょう。

せっかく遊びについてきてくれたわけですから、不快な思いさをせてはいけません。

よほど重要な連絡以外は後で折り返す

電話に出られる時は、緊急事態やよほど重要なことが起きた時ぐらいにしておきましょう。

それ以外は、留守番電話家マナーモードにしておき後で相手に折り返し連絡するようにしてください。

目の前にいる女性を大切に思うのであれば、やはり言葉だけではなく、目の前にいる女性を幸せな気持ちにさせなければなりません。

何も言わず携帯を隠すようにするのはNG

ただ、ここでやってはいけないことがあります。

気になる女性がいるにもかかわらず、何も言わずにかかってきた電話に出なかったり、何も言わず携帯を隠すようにすることで、「私以外の女性からの連絡かな?」などと思われるようになってしまい、自分以外の女性とデートしたり遊ぶことが嫌だと感じる女性も多く、また浮気するような人に見えてしまうこともあります。

誰かから連絡があった場合、「○○だけど、今はこっちの時間のが僕にとっては大切だ。」などと一言言ってから携帯をマナーモードにしたり、鞄にしまいこんだりするといいかもしれません。

9.メールの時と実際会った時のギャップを作る

メールやLINEの時、実際に会ったときのギャップがあることで、女性はそんな男性にドキドキさせられることでしょう。

先ほどから何度かお伝えしています通り、単純でわかりやすい男性に女性はあまり興味がありません。

メールの時と実際に会ったときのキャップがあることで、かえって信用や信頼につながることもありますが、1歩間違えると軽率な人や冷たい人などと言う印象与えてしまうこともありますので、注意は必要です。

10.周りにも優しく接する

先ほど、女性を特別扱いする、周りの人とは違う対応を心がけようと言う話をしましたが、周りに対して冷たくなる必要はありません。

基本的に、言いたいことやある程度の自己主張をしても周りに優しく接することを忘れないでください。

あなたが気になる人は周りに対してどのような接し方をしているのか、見ているところもあります。

周りにも優しく接する姿を見ることで、女性もそんなあなたに安心することでしょう。

優しくしすぎは駄目

ただし、ここで注意点があります。

周りにも優しくしすぎてはいけません。

特に、女性に対して優しすぎるところは控えるようにしてください。

目の前で、自分以外の女性に対して優しくしすぎてしまうところを見てしまうことで、その女性が好きなのかと勘違いしてしまうこともあります。

特に、女性の期限を伺ったり、優しくしすぎてしまう人であれば、優しくしすぎてしまう事はマイナスポイントになりますので注意はしておきましょう。

11.2人だけの秘密を作る

2人だけの秘密を作ることで、2人だけの深い関係を作ることができます。

また、2人だけの秘密を作ることにより、どのようなことが期待できるかちょっぴりご紹介していきます。

女性は特別感に弱い

それだけの秘密を作ることで、相手の女性は特別な気持ちになります。

女性は特に、特別感に弱いところがあります。

自分だけに優しくしてくれる男性が、2人だけの秘密や、共通した気持ちを分かち合うなど様々な特別感に触れ合うことで、そんな特別な気持ちにさせる男性のことを、ついつい好きになってしまう傾向にあります。

本当に深刻な秘密は作らない

ここでの注意点は、深刻な問題を作らないようにしてください。

あくまでも2人がワクワクドキドキ楽しめるような内容を心がけておきましょう。

あまりに深刻な問題や秘密を作ってしまうことで、そこから抜け出せなくなってしまったり、相手に負担をかけてしまうことがありますので注意が必要です。

12.余裕を見せる

男性も女性も、「余裕」の姿のある人はモテる傾向にあります。

余裕を見せることで、切羽詰まったせかせかした感じや、嫌な気持ちになることがありません。

ゆったりとした余裕を見せることで、大人の態度をとることができます。

相手に対して余裕な姿を見せる事は、ある意味アピールポイントにもなります。

13.わざとヤキモチを妬く

わざとやきもちを焼く素振りを見せてください。

女性は、そんなやきもちを焼かれる姿に母性本能くすぐる荒れるところもあります。

さらに、わざとやきもちを焼く素振りを見せることで、相手の女性に好きだと言う気持ちをアピールすることができます。

やきもちを焼くなんて恥ずかしい…。

なんて思っていれば、ライバルたちにどんどん差をつけられてしまいますよ。

感情的にならないために本当に嫉妬していないときにすること

感情的にならないために、本当に嫉妬していないときに行うようにしてください。

本気で嫉妬してしまうやきもちは、相手に「めんどくさい。」「うざい。」「意味がわからない。」などと思われてしまうことがあります。

感情的になられることで、相手もそんな気持ちをどう受け止めていいのかわからなくなってしまうことがあります。

14.飴と鞭を使い分ける

あめとむちを使い分けるようにしてください。

つまり、甘いものを囁いて後には、必ず客観的な見方や、威厳のある話し方や伝え方をすることがポイントです。

あめとむちをうまく使い分ける事は、駆け引きにおいて非常に重要なポイントになります。

3回に1回の頻度で鞭を使う

飴と鞭は、甘いことを3回行った後、必ず1回は鞭を使うようにしてください。

鞭を使いすぎると嫌われてしまいます。

また、鞭がきつすぎることで、相手の女性もあなたについていくことができなくなってしまいます。

相手の気持ちもきちんと考慮したうえで入るしながら使い分けるようにしていきましょう。

鞭はささやかなものにする

鞭はキツ過ぎない内容にしておきましょう。

キツイと思わせる内容は、返って逆効果につながります。

相手の気持ちをよく感じ取りながら、鞭を使うようにしていきましょう。

好きでもない男性からキツイことをされても、余計に距離が出来てしまうので、ほどほどにしておきましょう。

だからと言って、好きな男性からキツイ鞭を受けると、それはそれで嫌われたなどと感じてしまいますので、扱いは十分に気をつけなければなりません。

15.飲み会の席では斜めに座る

飲み会の席では、必ず斜めに座るようにしてください。

例え隣の席に座っても斜めを向いて座るようにしてください。

そうすることで、お互いに緊張感がほぐれ、話しやすい雰囲気を作ることができます。

まっすぐ前に座っられることで、緊張して気持ちになるばかりでなく、直視されることが恥ずかしくなるところがありますので、飲み会の席では斜めに座ることをおすすめします。

やってはいけない駆け引き

それではここからは、「やってはいけない駆け引き」についていくつかご紹介していきます。

「えっ?やってはいけない駆け引き何かあるの?」なんて、思ってはいませんか?駆け引きしていれば、女性の方から寄ってくると思っていては大間違いです。

うまい駆け引きをすることで、お互いの距離感や相手の気持ちを掴み取ることができるのです。

あなた自身がやってはいけない駆け引きをしていないか、確認するためにも、ぜひ以下の項目をチェックしていきましょう。

女性の影をちらつかせる

気になる女性の前で、他の女性の話をしたり、女性の影をちらつかせてはいませんか?もし、どきっとしたり、心当たりがある場合、即座にやめてくださいね。

女性は、他の女性の影をちらつかされることで、自分が恋愛対象として見られていないと言う気持ちになり、あなたに対して友達として接するようになります。

友達として接するなら、恋に発展しやすいのでは?

などと思いやすいところもありますが、友達として関係を定めてしまった場合、なかなか恋愛に発展することが難しい場合もあります。

あなたが気になる女性の気持ちを考慮しつつ、他の女性の影をちらつかせないよう気をつけていかなければなりません。

わざと冷たくする

好きな女性に対して、わざと冷たくすることはやめときましょう。

わざと冷たくされることで、相手の女性も嫌われていると感じるようになります。

さらに、冷たくされることであなたと好きな女性の距離ができてしまうことも考えられます。

まずは、冷たくされることを相手がどのように受け止めるかを考え、冷たくするのはやめておきましょう。

もし、好きな気持ちが強過ぎて相手に冷たくしてしまう場合、あなたが優しく接しすることができる方法を考えていきましょう。

連絡を無視する

相手からの連絡を無視することもやめておきましょう。

女性は、連絡を無視されることで自分が恋愛対象外と思うところがあります。

そのため、あなたのことを気にいっていたとしても、諦めて別の男性の方と言ってしまうことも考えられます。

いくらあなたが忙しいからといって、相手からの連絡にも気づかなかったとしても、気づいた時にすぐに連絡をしてあげるようにしてくださいね。

もったいぶる

特に、女性に嫌われるのが「もったいぶる」タイプです。

もったいぶることにより、相手に嫌な印象を与えてしまいます。

何かを隠している様子や、もったいぶって時間ばかりを取られるような男性に、女性は全く魅力を感じません。

もったいぶる以外にも、説教くさい男性や、知ったかぶりをする男性なども女性から嫌われるタイプになります。

もし、あなたがモテる男を目指すのであれば、もったいぶったり、説教臭くなったり、知ったかぶりをしてしまうような態度は改めなければなりません。

女性も、あなたのことを素直に受け入れられるよう、誠実な対応が鍵となります。

終電を逃がそうとする

いくら、気になる女性と一緒にいたいからといって終電を逃すをとする事はやめてください。

終電を逃すと、2人でどこかに留まらなければなりません。

そのため、相手の女性からは「体目的?」や「遊び人?」などと思われてしまうことがあります。

モテる男は、誠実なところがある男性です。

相手の女性のことをきちんと気遣い、レディーファーストの対応や、女性のことをきちんと思いやり気遣いいる男性がモテる男のポイントになります。

いくら好きな女性と一緒にいたいからといって、終電を逃すをとする行為は案外最低な行為なのかもしれません。

最後に

モテ男の特徴、たくさん知ることができましたか?

モテ男は、その巧みな技や駆け引き上手なところから、狙った女性は必ず落としきることができます。

しかし、モテない男性の場合巧みな駆け引きをできるどころか、狙った女性を必ず落とし切ることもできません。

やはり、自分の気持ちが強すぎることと、相手がどのように感じ考えているのかと言うところがまだまだ理解できていないようです。

モテ男は、そんな相手の気持ちをうまく読み取、ささいなことや、隙間にもするとうまく入り込むことができます。

モテ男の特徴を知っただけでもモテ男になることができません。

必ず実践と経験を繰り返し、モテ男になっていくということを忘れないでくださいね。

駆け引きはバレないようにすること

特に、モテ男の場合、駆け引きは絶対にバレないように心がけておきましょう。

駆け引きがばれるような男は、モテ男にはなれません。

また、駆け引きはばれてしまうような仕組みでは、相手の女性から馬鹿にされてしまいます。

駆け引きしていることがバレないような、スムーズでスマートなやりとりを心がけていきましょう。

駆け引きがばれることで、相手の女性の熱も冷めてしまいます。

女性はいつまでも夢を見ていたいところがあります。

その夢を壊さないよう、駆け引きも上手くならなければなりません。

駆け引きがバレないようにすることと、巧みな技が使えるようにならなければ、あなたのもてない男を卒業することができません。

つかず離れずを意識して

どれだけ好きな女性でも、くっつきすぎていては駆け引きすらできません。

付かず離れずを意識して、相手の女性とはやりとりを進めていきましょう。

あなたが大好きな女性の側から離れないことで、相手の女性はあなたのことを「私のことが好きなのね。」と思わせてしまうことになります。

ある意味、あなたの気になる女性からあなたのことを追うようにならなければ、うまい駆け引きができないのかもしれません。

相手が近づいてきたらそれは受け止めてあげてもいいかもしれませんが、基本的に付かず離れずを意識してお互いに行動するようにしてください。

付かず離れずを意識することで相手があなたのことをもっと知りたいと食らいついてくる場合もあります。

逆にくっつきすぎて相手から「あなたの事はもう興味がない。」などと思われてしまわないように気をつけておきましょう。