ベロチュー」って聞くと、少々恥ずかしい気持ちになりますよね。

しかし、大好きな人に「ベロチュー」をする事で、より二人の愛が深まる事も…。

あなたが、今の恋人と仲を深めたい場合、素敵で思い出に残る「ベロチュー」をしてみましょう。

こちらの記事では、そんな「ベロチュー」の上手いやり方、正しいやり方などをご紹介していきます。

また、「ベロチュー」のテクニックを覚える事で、恋人を喜ばせる事に成功しそうです。

あなたの積極的な一面を見て、恋人も驚くかもしれませんね。

あなたが、恋人を喜ばせたいならぜひ「ベロチュー」の正しいやり方とテクニックを覚えて、実践していきましょう。

とろけるようなあま〜いベロチューで相手をイチコロに!

「ベロチュー」が上手いだけで、恋人の腰が砕けてしまうかもしれません。

大好きなあの人を喜ばせるために、とろけるような甘〜いベロチューで、相手を喜ばせてあげましょう。

とろけるような甘いベロチューは、2人の仲を深めるポイントにもなります。

ベロチューは愛情表現のひとつ

「ベロチュー」をするのが恥ずかしい…。

と思っていても、大好きな相手にベロチューしたり、甘えたりしたいもの。

しかし、「ベロチュー」をしてしまう事で、相手に引かれない?なんて思っていませんか?

「ベロチュー」は、愛情表現の一つになります。

そのため相手を喜ばせるための「ベロチュー」を行うことで、2人の仲がさらに深まる事も考えられます。

「これからずっと仲良くしていきたい」と思うのであれば相手へ愛情表現をしなければいけません。

そんな愛情表現の一つに「ベロチュー」を使ってみてはいかがでしょうか?

相手にすごい快感を与えよう

「ベロチュー」で、相手に快感を与えてみましょう。

「え?ベロチューで相手に快感を与えられるの?」なんて、思っていませんか?

「ベロチュー」であなたと大好きな人の気持ちが一つになる事で、さらに先の行為へ繋がります。

素敵な「ベロチュー」で、相手にあなたの気持ちを伝えてみましょう。

さらに、「ベロチュー」のテクニックをマスターし、相手を骨抜きにしてみてはいかがでしょう?骨抜きにされれば、相手もあなたに対して積極的になってくる事も…。

相手が喜ぶ「ベロチュー」で快感を与えてあげましょう。

崩れ落ちてしまうほどのベロチューの方法は?

さて、ここからは具体的に「ベロチュー」のやり方や方法をお伝えしていきます。

ただ「ベロチュー」をやるだけでは意味がありません。

その場の雰囲気や、「ベロチュー」を行なってもいい場所などもあります。

人が多い通りで、見せつけるかのように「ベロチュー」をしても、大好きな相手から「空気読めない」「こんな場所で、恥ずかし過ぎて嫌だ!」なんて、思われてしまう事も…。

どんなタイミングやどんな事に気をつけて「ベロチュー」を行えばいいのか、よく考え以下の記事を参考に実践していきましょう。

まずは雰囲気作りから


「ベロチュー」を行う際に、必ず気をつけて欲しい項目になります。

まずは、きちんと雰囲気を作っておきましょう。

雰囲気の作り方が分からない場合、相手もあなたとの愛を確かめたい気持ちにさせる必要があります。

そのため、2人の愛が深まるような話をしましょう。

2人の馴れ初めや、今、どんな気持ちで居るのか、また2人がいつまでも愛し合うためには、どんなことをすれば良いのか?などでもいいですね。

そんな2人の愛について語り合っているうちに、お互いにキスをしたい雰囲気になるかもしれません。

とにかく、まずはしっかりといい雰囲気をつくるようにすることから始めるようにしてくださいね。

優しく、力を抜いて

「ベロチュー」をするときに、緊張していると、なかなか素敵なキスをする事が出来ません。

相手が緊張していれば緊張をほぐす努力をしなければなりません。

さらに、「ベロチュー」を行う際は、優しく行うとさらにいいですね。

激しいベロチューは、ときには燃え上がり、素敵なひとときを過ごす事が出来ますが、なかなかベロチューに慣れていないカップルであれば、まずは優しいベロチューから心がけていきましょう。

また、緊張をほぐしお互いに力を抜いて行うようにしてくださいね。

さらに、力が入ってしまう事で、ベロチューがぎこちないものになってしまいます。

気をつけて行うようにして下さいね。

相手に応えてあげよう

「ベロチュー」は、あなた一人で行うものではありません。

必ず相手がいて行えるものです。

そのため相手の様子を伺いながらキスのタイミングを狙ったり、ベロチューしてもいい雰囲気か、また相手がキスを望んでいる雰囲気、キスをしてさらにベロチューに進みたい雰囲気なら、相手の気持ちに応えるように行いましょう。

相手に応えてあげるようにする事で、相手はあなたと安心してベロチューを行う事が出来ます。

相手のペースに合わせたり、相手の気持ちを伺う様子は、相手に安心感を与えます。

ぜひ、無理矢理あなたのペースでベロチューを行うのではなく、相手に応えるように行いましょうね。

唇でのチューを楽しんでから

「ベロチュー」を行う時は、必ず焦ってはいけません。

特にカップルの場合、唇でのキスを楽しんでからベロチューに段階を進めていきます。

いきなりベロチューをしてしまった事で、相手から引かれてしまう事もあります。

相手のペースや望むように誘導しながらベロチューを行う事は構いませんが、相手が喜べないようなキスやベロチューをすると、返ってお互いの信頼関係が崩れてしまう事も考えられます。

キスをすると気持ちが盛り上がってしまう気持ちはわかりますが、相手の雰囲気や気持ちを優先するように行うことは忘れてはいけません。

必ず、相手とキスを楽しんでからベロチューをするようにしていきましょう。

キスの時も、優しく行うとよりいいですね。

最初は軽く、徐々に激しく

「ベロチュー」を行う段階は、軽いキスから始まり、徐々に激しいキス、そしてベロチューに入る流れが自然の流れになります。

また、この工程で行う事で、次の段階に進みやすくなります。

まずは2人の雰囲気を最優先にして下さいね。

そこから、2人の雰囲気が良ければ、軽くキスを行なって下さい。

相手もあなたとのキスを楽しんでいる様子であれば、徐々に激しいキスにしていきましょう。

気持ちとキスの激しさが連動すると、お互い心地よいキスとベロチューを楽しむことができますよ。

2人きりの空間で行う

「ベロチュー」を行う時は、必ず2人きりの空間で行うようにしてください。

誰かの目に晒されて、ベロチューを行うのではありません。

時々、「誰かに見られるとゾクゾクする」という方が見えますが、相手はそんな事を望んではいないかもしれません。

必ず2人きりの空間を大切にし、ベロチューを行ないましょう。

さらに、2人きりならリラックスする事が出来、またお互いに誰にも邪魔されないと分かりきっている空間でキスを楽しむようにしてください。

家族と暮らす家の場合、突然家族が部屋に入ってくる事も考えられます。

例え家族が入って来なくても、物音や会話などが聴こえていれば、それこそ恥ずかしくなり、なかなか落ち着いてキスする事も出来ません。

必ず2人が落ち着いた雰囲気で、誰にも邪魔されないと分かりきった空間で、安心してお互いにベロチューを楽しんで行うようにして下さいね。

邪魔が入りそうな空間は敢えて選ばないようにしましょう。

タイミングを見計らって!

「ベロチュー」は、タイミングが大切です。

タイミングがズレてしまう事で、不快なキスやぎこちないキスになってしまいます。

タイミングが良くない事で、中途半端にベロチューをしてしまったり、相手から「焦りすぎ」などと思われる事もあります。

必ず、ベストなタイミングを見計らうようにしてくださいね。

例えば、キスするタイミングや、キスからディープキス、ベロチューなど段階を踏むときに、タイミングを見計らうようにしていきましょう。

タイミングが分からなければ、最悪相手に「キスしていい?」などと聞いてみても、いいかもしれませんね。

お互いに、キス出来る状況が整えば、ベロチューまでの段階はあっという間です。

見つめ会う回数が増えたとき

タイミングがわからない時は、お互いに見つめ合う回数が増えたときに行うようにしてください。

見つめ合う回数が増えるという事は、相手もあなたとのキスのタイミングを伺っている事も考えられます。

さらに、お互いに目が合う事でお互いを求めている、もしくは伝えたい事がある、触れ合いたいなどの理由が考えられます。

このように、いい雰囲気の時にはお互いにキスのしやすい状況が整っていますので、あなたからキスを誘ってみてもいいですね。

もし、「キスするタイミングがよく分からない」と思う場合、見つめ合う回数が増えているかどうかを確認してみましょう。

もし、目の合う回数や見つめ合う時間が長くなってきたと感じたら、キスを誘ってみましょう。

スキンシップが増えたとき

カップルの場合、よくスキンシップが多いカップルもいますよね。

普段、人前でベタベタとスキンシップするのが苦手なカップルであれば、2人きりの時にスキンシップするようにしてください。

スキンシップしても相手が嫌なそぶりを見せないのであれば、スキンシップを増やしてみても良さそうです。

また、あなたからスキンシップを行わなくても、相手からのスキンシップが増えてこればキスしてもいいサインかもしれません。

スキンシップといっても、初めは手を繋いだり、手を握り合ったり…また、肩を組んだり、抱き寄せられたり。

体の距離が近くなれば自然とスキンシップも増えます。

そのタイミングでキス、ベロチューを行うといいでしょう。

適度にボディタッチをする


「ベロチュー」をする前に、タイミングや雰囲気は大切です。

スキンシップが増える事でお互いにリラックスした雰囲気をつくることができます。

そのため、適度にボディタッチを、行うようにしてください。

例えば、手を握り合ったり、手を繋いだり、肩や頭をポンポンと軽く叩いてみたり、相手の喜ぶようなスキンシップやボディタッチをしてみましょう。

リラックスする事を考えれば、マッサージをしてあげてもいいですね。

マッサージなどで肩揉みなどをしてあげると、心も体もほぐれてリラックスした状態になりやすくなります。

また、ボディタッチはスキンシップを行う事に繋がり、体に触れる事でドキドキした気持ちともっと触れ合いたい気持ちになるでしょう。

沈黙をうまく利用しよう

「ベロチュー」したいのに、中々キスのタイミングもわからない…。

なんて時は、楽しい会話で、突然沈黙になった時にキスしてみてはいかがでしょう?

中途半端にベロチューを行うより、沈黙などお互いに時間が止まったと感じた時にさりげなくキスする事で、ロマンチックな雰囲気になる事もあります。

お互いに緊張し過ぎて沈黙してしまう事が多い場合、緊張が解ける事を優先させてください。

ベロチューしたい気持ちばかりが先走り、全くキスするタイミングではないにもかかわらず、フライングしてしまうと、一生恥ずかしい思い出になってしまう事も…。

お互いにリラックスしたいい雰囲気を作り、そこで沈黙ができた時にキスをしてみましょう。

ベロチューの特別なテクニックとは?

さて、ここからはベロチューの特別なテクニックについてご紹介していきます。

ベロチューをしたいけど、どのようなテクニックが必要なのか、また上手いベロチューで相手を喜ばせたいと思う場合、以下の方法で素敵なベロチューテクニックを身につけてみてはいかがでしょう?

また、実践で失敗しないために、雰囲気作りを大切にして下さいね。

素敵なキス、ベロチューを行う大原則として、2人きりの空間でロマンチックな雰囲気、またタイミングをよく見計らいながら、素敵なキス、それからベロチューを行うようにして下さいね。

キスに強弱をつける

ベロチューを行う際に、必ずキスに強弱をつけるようにしていきましょう。

「キスに強弱をつけるとは?」激しいキスと軽いキスを繰り返し行うようにしていきます。

激しいキスばかりだと、お互い息が出来なくなり詰まった感じになりやすくなります。

また、軽いキスばかりでは相手も物足りなさを感じます。

激しいキスばかりでも軽いキスばかりでも、相手を満足させるキスをする事は出来ません。

相手を満足させることができるキスができるなら、そのあとあなたに体を預ける事も自然の流れになります。

必ず、キスに強弱をつけるよう心がけていきましょう。

また、キスの強弱は始めは柔らかく優しいキス、次に少し激しいキス、ベロチュー、また柔らかく優しいキスというように、段階を踏んでキスに強弱をつけるようにしてみてくださいね。

リズムをつける

キスに強弱をつけることで、リズムをつける事が出来ます。

キスにリズムがつく事で強弱やテンポよくベロチューする事が出来ます。

リズムよくキスする事で、スムーズにベロチューへ進みやすくなり、自然な形でベロチューを行う事が出来ます。

強弱をつける時と同じように、リズムをつけると興奮しやすく、またドキドキした感じを味わうことが出来ます。

単調やなんの強弱やリズムのないキスは、下手くそなキスに思われたり、初心者丸出しのキスだと思われる事がありそうです。

このように、ベロチューキスにもきちんとリズムをつける事で、単調なキスにならず、キスが上手いように思われる事があります。

あなたにぴったりなリズムのベロチューで、相手を骨抜きにしてみましょう。

長さを調整する

ベロチューの長さも大切です。

キスの長さが長過ぎる事で、相手を飽きさせてしまったり、しつこいと思わせてしまう事がありそうです。

さらに、時間の短いベロチューはアッサリとし過ぎて、物足りなさを感じられてしまいます。

キスやベロチューの長さも大切なポイントになる事を忘れないようにしましょうね。

また、キスやベロチューの時間を調整する方法は、相手とのキスの中でタイミングを掴むようにしてください。

相手があなたに対して、ベロチューから次の段階に進みたいと思うようであればベロチューを切り上げ、次の段階へ進むようにしましょう。

しかし、キスやベロチューの長さが調整出来なければ、程よくタイミングを見計らって、切り上げるようにするといいですね。

焦らしてみる

また、相手を焦らしてみてもいいですね。

焦らされる事で、相手もあなたにキスしたい気持ちが膨らみ、早くキスしてほしい仕草をしてくる事もあります。

早ければスキンシップを行なっている時に、キスを求めてくる場合もあります。

しかし、そこでかるく焦らしてみる事で、相手の反応を見てみてくださいね。

あなたが相手を焦らしたつもりでも相手は、あなたから「キスを拒否された」と思う事がありますので、必ず可愛らしく焦らすようにしてみて下さいね。

例えば、「お預け♡」などと言う事で、可愛らしく焦らす事で、相手が余計に興奮してしまうかもしれません。

あなたなりに、可愛らしくキスを焦らす事で、相手の胸キュンポイントを押さえましょう。

キス以外のスキンシップでドキドキさせる

キスする事でドキドキしますが、キス以外のスキンシップで相手をドキドキさせてみましょう。

キス以外のスキンシップとは、身体を接近させることもスキンシップの1つになります。

また、彼との体の距離を近づけることで、男性に対してアピールすることができます。

また、女性にアピールする場合は肩を抱き寄せたり、腕をひいてみたりするといいですね。

相手からどきっとされるようなスキンシップを行うことで、キス以外にドキドキさせることができそうです。

さらに、キス以外のスキンシップでドキドキさせることにより、さらに気持ちが盛り上がることにつながります。

これを機に、キス以外のスキンシップで相手を時々させてみてはいかがでしょうか?

香りでムラムラさせて

様々なテクニックを使うことも必要ですが、香りでムラムラさせてみてはいかがでしょうか?

特に、アロマなどのリラックス効果の高いものと組み合わせることで、相手の気持ちをムラムラさせることができそうです。

さらに、女性の場合男性から好意をもたれるような香りの香水をつけたり、汗かきや汗の匂いが気になる男性の場合、消臭効果のあるデオドラントを常に身に付けておくといいですね。

このように、香りでムラムラさせることで、より気持ちをキスのしやすいシチュエーションにもっていくことができます。

香りには、キスのテクニックが必要なくても一瞬で相手をその気にさせることができそうです。

香りの力を使い、相手をその気にさせてみてはいかがでしょうか?

ベロチューをするときの注意点も確認!

ベロチューをするときに、必ず注意してほしい点がいくつかあります。

キスをするときに、相手に幻滅されないように身なりをきちんと整えておくことが大切です。

また、身なりも清潔感のあるファッションを心がけるようにすると良いでしょう。

さらに、ベロチューをする時にも案外相手はあなたの細かなところまで見ていることも考えられます。

相手に見られて恥ずかしいところや、見られたくないところは早めに処理をしておきましょう。

さらに、キスするときには顔が接近しますので、顔のお手入れをしておくことも大切です。

このように、ベロチューをするときにはいくつかの注意点と気をつければならないことを、事前に知って、処理しておきましょう。

口臭ケアは怠らないように

キスをするときには、必ずと言っていいほど口臭ケアを怠らないようにしておきましょう。

口臭ケアをしていなかったことで、相手から「口が臭い…。」などと思われてしまえば、ロマンチックなムードもぶち壊しになってしまいます。

また、キスするとわかっているときには香料のきついものや、ニンニク料理など控えるようにしておくといいですね。

口臭が原因で、相手に不快な思いをさせてしまうことが考えられます。

もし、カップルで相手とキスをすることを想定しているのであれば、必ず口臭ケアを行うようにしてください。

歯磨きなど持ち歩くようにするといいですね。

さらに、歯間ブラシやブレスケアなど持ち歩くようにすることで、口臭の悩みを減らすことができそうです。

【口臭ケアに効く方法は、こちらの記事もチェック!】

唇の乾燥に注意しよう

キスをするときに、唇が乾燥しガサガサになってしまうことで、相手に幻滅されてしまうことがあります。

また、唇が触れ合うことで唇がガサガサなことにより相手が違和感を感じることでしょう。

さらに、唇のケアを怠ってしまうことで、不潔な感じに思われることもあります。

また、唇がガサガサなことで、不健康に思われたり、また唇や口の中の乾燥により口臭の原因にもなります。

もし、唇がガサガサだなっと少しでも感じたら、リップクリームを塗るなど、唇の保湿ケアを怠らないようにしてください。

当たり前の事ですが、ガサガサの唇を見てキスをしたいと思う人はいません。

好きな人には、唇がカサカサでない方が嬉しいですよね。

どんなに憧れの人でも、唇がカサカサしていることで、ちょっぴり残念な気持ちになってしまうこともあります。

少しでも欠点や、相手に不快に思われるようなことがないよう、ケアをきちんとしておきましょう。

鼻息はほどほどに

キスをするときに、興奮し、鼻息が激しくなる場合があります。

確かに、その鼻息がいても殺してしまうことがありますが、鼻息が激しいことで、かえって相手に引かれることもあります。

鼻息が荒いことで興奮している度合いもわかりますが、女性の場合、特に鼻息が荒くなってしまうことで、男性顔負けの興奮度合いに思われてしまうことがあります。

「彼女が興奮しているから、自分も興奮してしまう。」と言う彼氏であれば問題ありませんが、彼女が興奮していることにちょっぴりひいてしまう男性の場合、鼻息が荒いことであなたの欠点に思われてしまうことがあります。

友達との会話で、彼女の鼻息が荒い話をされても嫌ですよね。

笑のネタにしている時点で、いい彼氏とは言えませんが、万が一のことを考えると、鼻息をほどほどにしておいた方がいいかもしれません。

男性も同じことがいえます。

鼻息が荒すぎることで、かえって彼女が引いてしまうこともあります。

また、鼻息が荒いことで次のステージに早く進みたいように思われることもあります。

どちらの場合においても、鼻息ほどほどにしておくことがポイントになりそうです。

鼻毛は事前に済ませておく

鼻息が荒いことで、口元や鼻のあたりを見られることが増えそうです。

そんな時に、鼻毛が見えていては、さらに残念な結果になってしまいます。

せっかくキスからベロチューまでうまい流れで進んできていても、ふと彼女の顔見たときに小筆程の量の鼻毛が出ていた…。

なんてことになれば、せっかくの雰囲気も台無しになってしまいます。

さらに、鼻毛が1本でも出ていればそこが気になり、外に集中することができなくなります。

このように、鼻毛を事前に処理できなかったことにより、キスしたときに顔が接近してしまい鼻毛を見られてしまった…。

なんてことがないように、やはり事前に鼻毛処理をきちんとしておくことをおすすめします。

また、女性の場合鼻毛処理もきちんとできていなければ、女性としての身だしなみもできていないように思われます。

眉毛や鼻毛等の処理がきちんと事前に処理しておきましょう。

ケアは大切です。

女性は口髭に気をつけて

特に、女性の場合口ひげに気をつけておきましょう。

男性は、案外女性の口元を見ています。

そのため、鼻毛と同様口ひげにも気をつけておかなければなりません。

口髭を見られることで、彼氏に幻滅させてしまうことも考えられます。

また、グロスリップや色の濃いリップにも気をつけておきましょう。

キスした後、彼氏の口にべったりと真っ赤なリップが付いていればちょっと気になりますよね…。

また、彼氏の唇がグロスでっテカりがあれば、せっかくのムードもブチ壊しになってしまいそうです。

このように、女性は特に口元には気をつけてきちんと処理をしておきましょう。

案外体臭にも気をつけておこう

ここで、もう一つ気をつけておきたいことが、案外体臭も気になるポイントです。

男性の場合、汗をかきやすい人や、体臭がきつい人など常に、匂いには敏感でおくようにしておきましょう。

香水や、フレグランスなどでごまかすのも良いですが、彼女とのデートがわかっているときには、必ずお風呂に入るなど清潔にしておくことが大切です。

あなたと体を接近させたときに、体臭がしたことで、相手に引かれてしまうことがあります。

体臭にきちんと気を遣っておくことで、相手と接近した時も不安や心配もなくなることでしょう。

このように、体が接近するとわかっているときは、必ず匂いを根本から消せるように、処理をしておきましょう。

匂いで大切な2人のムードを壊さないようにしてくださいね。

気持ちいのいいベロチューは相手のことを想うこと

気持ちがいいベロチューは、相手の気持ちを考え、思うことができます。

お互いに気持ちの良いキスをすることで、2人の愛の深さを感じたり、2人の絆を感じるものです。

お互いに良い雰囲気の中や良いムードの中でキスをすることが、2人にとって素敵な思い出にもなります。

できるだけ、良い雰囲気やムードを壊さないよう心がけておくことが大切です。

さらに、気持ちの良いキスができることで、その先のベロチューも楽しめるのです。

2人が楽しめる雰囲気や、ムードの良い雰囲気を作り上げる事は、相手のことを思いやり、また2人の気持ちが通じるポイントにもなります。

気持ちの良いベロチューでお互いをご機嫌にしてみてはいかがでしょう?

きっと、2人の愛も深まる事でしょう。

相手を虜にするベロチューをしてみて♡

いかがでしたか?

ベロチューを行うにあたり、カップルの雰囲気や相手の気持ちなどを優先しながら行うようにして下さいね。

あなたの気持ちばかりが先走り、相手を引かせてしまう事がないように気をつけてベロチューを行うようにして下さい。

特に、付き合い始めや、付き合って間もないカップルの場合、お互いの気持ちがまだよく分からないところもあり、探り合うようなところがあります。

しかし、相手の気持ちがあまり乗り気ではなさそうな時に、キスするのは辞めておきましょう。

返って体目的と思われてしまったり、相手を不快な気持ちにさせてしまいます。

楽しく、気持ちよくベロチューを行う事で、お互いの愛が深まる事があります。

相手を思いやり、素敵なベロチューでお互いの絆を深めていきましょう。