長い人生を生きていると、何かしらのことに対して楽しみを見出したりすることがあります。

例えば、行なっていて楽しいと感じるものや、行うことによって自分自身のストレスが解消されることなどがあなた自身、いくつか存在しているはずです。

具体的には運動が好きな人であったり、ゲームをするのが好きだったり、釣りをするのが好きだったりなどなど。

こうして考えてみると人生とは、様々な楽しみに溢れていると言えます。

そして、自分が行っていて楽しいと思えるものは、趣味として楽しみを持ち続けることができます。

楽しいだけではなく、趣味を通して時には様々なことを勉強したり、場合によっては思わぬ人脈などが生まれることもあります。

人間関係においても、仕事の面においても良い効果を与えてくれる可能性もあるので、非常に魅力的なことであるともいえます。

しかし、趣味という言葉を考えてみると、似た言葉として道楽という言葉が思い浮かべられます。

ただ、具体的にどのような違いがあるのか、説明できる人はあまりいないのも事実です。

そこで、今回は道楽という言葉をテーマにして、道楽という言葉の意味や趣味との違い、そして道楽者の特徴についてご紹介していきたいと思います。

言葉の違いを理解していない人は、この機会にどのような違いがあるのか正しく把握できるようにチェックしてみてください。

「道楽」とは?

そもそも道楽という言葉をこれまでに聞いたことがありますか?

一度くらいは聞いたことがあるという方が多いと思いますが、実際に日常生活の中で使ったことがあるということはあまりいないと思います。

なぜならば、道楽という言葉自体はなんとなく意味合いはニュアンスでわかるものの、正しい明確な意味が分かるという方は少ないからです。

また、人によっては正しく意味を解釈しておらず、間違った意味合いで理解して使っている方も中には存在しています。

しかし、間違った言葉遣いを行っていると当然回りから指摘される可能性もありますし、周りからは痛い目線で見られることもあります。

なので、もし道楽という言葉の意味を理解していないのであれば、まずは道楽という言葉の正しい意味を理解するところから始めましょう。

意外と多くの方が間違って理解している言葉でもあるので、正しい意味を理解し、趣味との違いを見極められるようにしてください。

本業以外のことに熱中して楽しむこと、またその楽しみ

道楽という言葉はどのような意味が存在しているのかというと「本業以外のことに熱中して楽しむこと、またその楽しみ」という意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、分かりやすく言えば自分の生活の中に仕事とは別で熱中することができる趣味があり、それを楽しんでいることという意味です。

仕事を行っている人が仕事に対して情熱を持っていたり、仕事を楽しんでいるということは道楽という言葉では表現することができません。

しかし、仕事以外のこと、つまり本業以外のことなどで楽しみを見出したり、楽しんでいたりするのであればそれは道楽だということになります。

例えば仕事ではなく、プライベートの場面でゲームを楽しんだりすることが好きだという方はゲームが道楽ということになります。

ここまでの意味合いを見てみると、趣味という言葉とそれほど大きな違いが存在していないと感じると思います。

実際に趣味という言葉の意味を考えてみても、同じような意味合いになりますので、道楽という言葉は趣味と同じであると多くの方が認識するはずです。

もちろん、この意味合い自体はかなり似ており、ほぼ同じような意味合いであるといっても過言ではありません。

しかしながら、道楽という言葉には複数の意味が存在しています。

改めて道楽という言葉にはどのような意味が存在しているのか、さらに別の意味もご紹介していきますのでチェックしてみましょう。

酒色、ばくちなどにふけること、またその人


次にご紹介する道楽という言葉の意味は「酒色、ばくちなどにふけること、またその人」という意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、その名前の通りお酒が好きであったり、博打が好きだったりする人という意味になります。

なので、お酒が大好きな人や博打などのギャンブルを好む人は道楽者という表現で呼ぶことができるということになります。

あなたの周りにも、普段からお酒が大好きだったり、パチンコなどのギャンブルをすることが楽しいと感じてるような人がひとりくらいはいると思います。

今現在の世界ではなかなか呼んだりすることは少ないですが、一昔前まではそのような人たちのことを道楽者とよく呼んでいました。

この意味合いを考えてみると、趣味という言葉と若干の相違が存在するということがなんとなくおわかりいただけたと思います。

趣味という言葉との明確な違いについては後ほど詳しくご紹介していきますので、まずは道楽という言葉の複数の意味を正しく理解しておきましょう。

「道楽」の類語や関連語

ここまでは道楽という言葉の意味をご紹介していきました.

道楽という言葉は普段なかなか使用する機会も少ない言葉であると同時に、趣味という言葉とかなり似ている言葉でもあります。

そこで、ここからは道楽という言葉をさらに理解するために、道楽という言葉に似ている言葉である類語や関連した言葉についてご紹介していきます。

道楽という言葉の意味をさらに深く理解するために、チェックしてみてください。

副次的な活動

道楽という言葉の意味を考えたときに、別の言葉で言い換えるとすれば副次的な活動という言葉で表現することができます。

副次的とは主たるものや本来的なものに従属した関係にあるさまを意味しています。

簡単な言葉で表現するとすれば、二次的という言葉で表現することができます。

なぜならば、もともと道楽という言葉は本業以外のことに熱中して楽しむこと、またその楽しみという意味が存在していますので、二次的な活動という意味が該当します。

では、副次的な活動という言葉を考えたときに、どのような意味を持つ言葉が類義語に該当するのかご紹介していきます。

業余

道楽という言葉の類義語として「業余」という言葉が挙げられます。

なぜ業余という言葉は道楽という言葉の類義語に当たるのかというと、業余という言葉の意味は「本業の仕事以外にする仕事」という意味が存在しています。

もともと道楽という言葉には「本業以外のことに熱中して楽しむこと」という意味が存在しています。

そして場合によっては熱中して楽しんでいることが本業以外の仕事につながっているような場合も考えられますよね。

例えば自分の趣味を副業にして収入を得ているような人も世の中にはたくさん存在しています。

なので、本業以外の仕事を行っており、かつそれが熱中できる楽しいことである場合は、道楽という言葉で表現することができるといえます。

なので、道楽という言葉と業余という言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

余暇活動

次にご紹介する道楽という言葉の類義語として「余暇活動」という言葉が挙げられます。

余暇活動とはどのような意味の言葉なのかというと「仕事などの合間の自由に使える時間を使って活動すること」を意味しています。

つまり、仕事以外の時間で何かしらのことに熱中したり、楽しんでいるということも含めて余暇活動という言葉で表現することができるといえます。

そして、道楽という言葉は本業以外のことに熱中して楽しむことという意味を持っています。

この道楽という意味と余暇活動という言葉の意味を比較して考えみると、同じような意味を持った言葉であるということはすぐに理解いただけるはずです。

なので、道楽という言葉と余暇活動という言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあるといえます。

連想される言葉

道楽という言葉の類義語をある程度紹介していきましたが、ここからは道楽という言葉から連想される言葉をご紹介していきます。

道楽という言葉の意味を改めて思いだし、どのような関連性があるのかチェックしていきましょう。

退屈しのぎ

道楽という言葉から連想される言葉として「退屈しのぎ」という言葉が存在しています。

退屈しのぎとは「退屈を紛らすこと」という意味が存在しています。

なぜ道楽という言葉と退屈しのぎという言葉が関連性があるのかというと、そもそも楽しいことを見つけたりするのは退屈しのぎからだと考えられます。

毎日が退屈なもので、何か楽しいことはないかなと探したりする中で、自分にとって魅力的だと感じたものがいつしか趣味や道楽になり得るといえます。

つまり、道楽とはもともと自分自身が退屈な時間を過ごしていたことを埋めるための行った結果であるとも考えられます。

つまり、道楽という言葉と退屈しのぎという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えれます。

「趣味」とは?

ここまでは道楽という言葉の意味や類語、関連語などについてご紹介していきました。

ある程度道楽という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは道楽という言葉と似ている趣味という言葉について改めてご紹介していきます。

趣味という言葉が日常的に使ってる言葉のひとつでもありますので、改めて意味を説明する必要性はあまりないかもしれません。

しかしながら、道楽という言葉と比較して考えた時にどのような違いがあるのかということを理解するためにも、改めて趣味という言葉の意味を正しく理解してみましょう。

仕事、職業としてではなく、個人が楽しみとしている事柄


趣味という言葉にはどのような意味があるのかと言うと「仕事、職業としてではなく、個人が楽しみとしている事柄」という意味が挙げられます。

これはどういう意味かと言いますと、仕事や職業として行なっているようなものではなく、それ以外のもので個人が楽しみとしていることを指しています。

例えば、仕事とは全く関係がないプライベートの場面でサッカーをしたりすることが好きな人であれば、サッカーが趣味であると表現することができます。

それ以外にも、時間があれば読書を行っている人であれば読書が趣味であると表現をすることもできます。

普段から趣味という言葉は使っている人がほとんどなので、この意味については正しく理解ができているといえます。

そして、先ほどご紹介した道楽という言葉の意味と比較して考えてみると、やはり同じような意味合いであるという印象を見受けられます。

しかし、道楽という言葉の複数の意味と比較して考えると、一致していない部分もありますし、道楽で表現できるものと趣味と表現できるものでは範囲が異なる場合もあります。

なので全てが全く同じ言葉であるとは言えませんので、道楽という言葉と趣味という言葉は同じものであるとは思わないように注意してください。

「趣味」の類語や関連語

ここまでは趣味という言葉の意味をご紹介していきました。

趣味という言葉をさらに理解するために、ここからは趣味という言葉の類語や関連した言葉についてご紹介していきます。

趣味という言葉は日常生活の中でもよく使用される言葉なので、大体の方が正しい意味を理解しているはずです。

しかし、道楽という言葉の意味と詳しく比較するためには趣味という言葉を掘り下げて理解する必要性があります。

なので、両者の言葉の違いを理解するためにも、趣味という言葉の深い意味合いをチェックする機会として活用してください。

選ぶ権利、機会

趣味という言葉の意味を考えた時に、別の言葉で表現するとすれば「選ぶ権利、機会」という言葉で表現することができると言えます。

どういうことかと言いますと趣味とは「仕事、職業としてではなく、個人が楽しみとしている事柄」という意味があります。

個人が楽しみを感じることに関しては当然ながら自分自身に選ぶ権利があり、その機会に恵まれているといえます。

なので、趣味とは言い換えてみれば選ぶ権利、機会という言葉で表現することができるといえます。

では、その上で同じような意味を持っている言葉にはどのようなものがあるのかご紹介していきます。

好み

趣味という言葉と同じような意味を持っている類語として「好み」という言葉が挙げられます。

好みとは「好むこと、好きなものの傾向」を意味している言葉です。

ではなぜ趣味という言葉と好みという言葉が類語になるのかというと、もともと趣味とは自分が好きなことであるといえるからです。

自分自身が好きなことは誰から強制されなくても、自分自身の意思で積極的にそれを行うことが多いですよね。

好きだから行いますし、何度も行うからこそそれを追求していくようになるので趣味と呼べる存在になっていくと言えます。

つまり好みを追及していくことで、それがいつしか趣味になりえるようになると考えることができます。

なので、趣味という言葉と好みという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えられます。

連想される言葉

趣味という言葉を考えた時に、同じような意味を持っている言葉や関連した言葉はいくつか考えることができます。

関連した言葉をいくつか理解することによって、趣味という言葉をさらに深い部分まで理解することにもつながります。

この機会に趣味という言葉をさらに理解するために、関連した言葉についてもチェックしていきましょう。

余技として

趣味から連想される言葉として「余技として」という言葉が挙げられます。

余技としてとはどのような意味なのかと言うと「余儀なくされる」という言葉の意味があります。

これは他に方法がなくそうせざるを得ないという意味合いの言葉ですが、言い換えてみればそれをせざるを得ないくらい熱中しているとも言えます。

つまり、自分が好きなことや熱中していることに関してはそれに対して夢中にならざるを得ないと考えることができますよね。

それはいいかいてみれば他に熱中する方法がなくそうせざるを得ないという言葉の意味としてとらえることができます。

なので、趣味という言葉と余技としてという言葉は関連性のある言葉として考えることができます。

道楽と趣味の違い

趣味という言葉がどのような意味を持っているのか、そして趣味という言葉の類語や関連した言葉には何があるのかということをご紹介していきました。

道楽という言葉と趣味という言葉のそれぞれの意味を正しく理解いただけたところで、ここからは道楽という言葉と趣味という言葉の違いについてご紹介していきます。

それぞれの意味や類語、関連語を把握したうえで意味を比較してみても、やはり同じような意味を持っている印象を持つのは否めません。

しかしながら、この両者の言葉には明確な違いが存在しており、場合によっては使い分けられている言葉でもあります。

では、具体的にどのような違いが存在しているのか、チェックしていきましょう。

1.仕事とは別に熱中するものという意味では同じだが

道楽と趣味という言葉を比較して考えてみた時に、仕事とは別に熱中するものという意味では同じ意味を持っています。

なので、多くの方が同じ意味であると解釈をしやすくなっているのもこれが原因だといえます。

しかし、まったく同じ言葉なのかと問われるとそうではなく、厳密には若干の違いが存在している言葉です。

2.道楽は、酒、色ごと、博打などの遊興の意味合いが強い

道楽と趣味という言葉は一見すると同じような意味を持っていますが、深い部分まで考えてみると、意味合いの違いが存在しています。

どういうことかといいますと、道楽という言葉で表現できる意味の中には、「酒色、ばくちなどにふけること、またその人」という意味があります。

確かに趣味という言葉も道楽という言葉も、仕事以外の趣味に熱中するという意味では同じですが、道楽という言葉で表現するのは大体酒や色ごと、博打などが多いです。

つまり、道楽という言葉のほうが遊興の意味合いが強いということになりますので、若干の印象の違いが生まれているということになるのです。

根本的に全く違う言葉なのかと言われるとそうではないのですが、それでも聞き手によっては全く印象が異なる二つの言葉になる可能性もなります。

道楽という言葉を聞くとあまり良い意味合いではないと感じる方もいるかもしれませんので、この手においてはしっかりと注意をしておかなければいけません。

趣味という言葉で表現できるのか、それとも道楽という言葉で表現するべきなのか、よく考えて言葉をチョイスするようにしてください。

3.趣味は、道楽としての意味も含むが、内容としては多岐に渡る

趣味と道楽という言葉を比較して考えた時に、難しいのが趣味という言葉はどうらくとしての意味を含んでおり内容としては多岐にわたるということです。

つまり、趣味という言葉では幅広く表現することができるのに対し、道楽という言葉ではある程度狭い範囲を表現しているということになります。

なので、両者の言葉では表現できる範囲が広いか狭いかの違い、そしてある特定分野の意味合いが歩かないかということの違いが存在しているということになります。

しかしながら、道楽という言葉も広い意味合いで用いること自体はできるので、同じ意味であると解釈されたやすい状況を招いているといえます。

ある程度区切りをつけて、趣味という言葉と道楽という言葉を使い分けられるようにしておけば、意味が混同することはありません。

二つの言葉は若干の相違があり、まったく同じではないということに注意して日常的に使用するようにしてください。

道楽者の特徴5個

ここまでは趣味という言葉と道楽という言葉の違いをご紹介していきました。

両者の言葉がどのような意味がありどのような違いがあるのかということが理解いただけたところで、ここからは道楽者と表現される人間の特徴をご紹介していきます。

道楽者という言葉は、その名前の通り道楽を楽しんでいる人間を呼称したりするような言葉でもあります。

では、道楽者とは具体的にどのような特徴を持った人のことなのか、気になりませんか?

日常生活の中で、これからご紹介する特徴を持った人間がもしいるのであれば、想像しながら誰が道楽者になるの考えてみてください。

趣味を楽しんでいる人間とどう違いのか、明確に切り分けられるようになれば両者の言葉の違いを正しく認識することにもつながるので、チェックしてみてください。

1.怠け者である

まずはじめにご紹介する道楽者の特徴の一つに「怠け者である」ということが挙げられます。

なぜ道楽者が怠け者な特徴を持っているのかというと、道楽という言葉は仕事以外に熱中できる何かを持っている人間であるとご紹介しました。

つまり、仕事とは別に熱中できる趣味にふけり、それを楽しんでいる人間であるということになります。

そして、人によっては仕事を全くしないのに自分が楽しいと思える趣味ばかりに興じてしまっている人がいます。

そのような仕事を全くしないで趣味ばかり楽しんでいる人間のことをいつしか道楽者という言葉で表現されるようになりました。

なので道楽者の特徴の一つには仕事を全く行わない怠け者な特徴が含まれていると考えられます。

もちろん趣味もしっかり楽しんだ上で仕事をしっかりで行っているような人間も世の中には多く存在しています。

仕事をしっかりと行なっているのであれば、怠け者ということにはなりませんのでその前は道楽者の定義からは若干外れるようになります。

なので一方的に趣味を楽しんでいるからといってどうらくものという言葉で表現してしまうと相手に対して失礼にあたる可能性があるので十分注意してください。

2.賭け事が好き

次にご紹介する道楽者の特徴の一つに「賭け事が好き」ということが挙げられます。

なぜ道楽者は賭け事が好きなのかと言うと、道楽という言葉の意味の中には賭け事が好きな人という意味が存在しているからです。

道楽者という言葉の意味の中には「酒色、ばくちなどにふけること、またその人」という意味が存在しています。

つまり、ばくちにふけることとはギャンブルや賭け事が好きということになりますので、結果的に賭け事が好きな人は道楽者という意味につながります。

あなたの周りにもパチンコやスロット、競艇や競馬などが好きな人はいませんか?

賭け事が好きなのであれば道楽者と表現することができます。

世間一般においてはギャンブルなどはあまり良いものがあるとは考えられていません。

そのため、道楽者と表現するとあまり良い表現ではないと捉えられる可能性があり、相手が怒るような場合もあります。

なので、用いる場合には必ず注意して道楽者という言葉は表現するようにしてください。

くれぐれも目上の人に対して使ったりすることだけはしないようにしましょう。

3.女を追い回す

次にご紹介する道楽者の特徴の一つに「女を追い回す」ということが挙げられます。

なぜ道楽者が女を追い回す特徴を持っているのかと言うと、道楽という言葉の中には女性などと遊ぶことを楽しいと思っている意味合いが存在しているからです。

道楽という言葉の中には色ごとにふけるという意味も存在しており、色ごととは女性と仲良くしたり、女性と遊んだりすることを意味してます。

つまり、女性に対して目がないような男性の場合は、道楽者という言葉で表現されるということになります。

男性が女性を好きなのは当然のことではありますが、あまり際限なしに女性のことばかり考えているような人は道楽者であると言えます。

四六時中女性のことを考えていたり、いつも女性をナンパしたりするような人こそ道楽者という言葉で表現できるといえます。

もちろん女性と恋愛をすること自体は悪いことではありませんが、それでも再現なしに行うことは意味がまったく異なります。

なので、恋愛との違いをはっきり理解したうえで、女性を追いかけまわしている人だけに対して道楽者という言葉を使うようにしてください。

4.酒におぼれる

次にご紹介する道楽者の特徴の一つに「酒におぼれる」ということが挙げられます。

酒におぼれるとは、簡単にいえばどんな時でもどんな場所でもお酒を飲みたくなる、アルコール中毒のような考え方を意味してます。

では、なぜ道楽者の特徴の中に酒に溺れるという意味が存在しているのかと言うと、意味自体にお酒が好きな人が含まれているからです。

酒にふけることという意味が道楽という言葉に含まれているので、お酒が大好きな人は道楽者であるという特徴につながります。

あなたの周りにも四六時中お酒を飲みたいとこぼしているような人はいませんか?

仕事中であったとしても、お酒が飲みたいと言っていたり、プライベートではいつもお酒を飲んでるような人が一人ぐらいはいるはずです。

そのような人こそお酒に溺れた道楽者であると表現することができます。

お酒を飲むということは悪いことではなく、少量であれば健康効果も見込めますし、気分も朗らかになるのでストレス解消にも良い行動です。

しかしながら、あまりにも多くのお酒を飲んだりするのは健康にも悪いですし、悪酔いにもつながります。

そうなってしまうと、際限なしにお酒を飲んでしまったり、場合によっては周りに迷惑をかけてしまうことにもつながります。

なので、どちらかといえば適度に飲んでいる人よりも、お酒と上手く付き合っていけていない人間を道楽者と表現することができるといえます。

5.素行が悪い

次にご紹介する道楽者の特徴の一つに「素行が悪い」ということが挙げられます。

なぜ道楽者という言葉の中には素行が悪いという特徴が考えられるのかと言うと、道楽で表現されるものが大きく関係しているといえます。

どういうことかというと、道楽という言葉で表現できる楽しみである酒、女、博打というものはいわゆる品位を損ねる可能性があるからです。

例えば、お酒が大好きな人に関してはアルコール中毒という言葉があるように、それなりに依存性があり簡単にやめられない可能性もあります。

そうなってしまいますと大切なお金にまで手を出してそのお金を使ってお酒を買ってしまったりすることも予想されますよね。

また泥酔してしまった場合は正常な判断をすることができないので、周りに迷惑をかけてしまったり時には暴力を振るったりすることも考えられます。

それは自分自身の品位を損ねてしまう行動につながりますよね。

また、女性に夢中になった男性に関しても同じことが言え、夢中になってしまった周りのことが目につかなくなってしまい、その女性の言いなりになる可能性があります。

自分のことは後回しで、女性に対して貢いでしまったり、女性にばかり大切なお金を使ってしまって周りに迷惑をかけることもあります。

もちろん、家庭を持っているのであれば不倫ということにもなりますので、品位を大きく下げてしまう行動につながります。

また、博打に関しても全く同じであり、博打もそれなりに依存性があると言われています。

四六時中ギャンブルをしたいという衝動に駆られてしまい、大切なお金を消費してしまうことにもつながりますし、家庭があれば家計が圧迫されてしまう可能性もあります。

なので、どの趣味に関しても、ほどほどにしておかないと最終的に自分の品位を傷つけ、破綻させてしまう可能性が秘められているのです。

このことから、道楽という言葉表現される趣味を持っている人間は普段から素行が悪いという意味もこめられ、道楽者と表現されるようになっているのです。

なので、素行が悪いという特徴も道楽者の意味の中には存在しているので、使うときには相手によって使い分けたり、注意して使う必要性があるといえます。

正しい意味を知って正しく使おう

今回は道楽という言葉をテーマにして、道楽という言葉の意味や類語、関連語、そして道楽者の特徴についてご紹介していきました。

一見すると趣味という言葉とかなり近い言葉の意味に感じますが、実は違いが存在している言葉ということもおわかりいただけたと思います。

間違って解釈していたという方は、正しい意味を改めて理解し、日常生活の中で正しく扱えるように意識してみてください。