CoCoSiA(ココシア)

道楽と趣味の違いとは?道楽者の特徴5個


長い人生を生きていると、何かしらのことに対して楽しみを見出したりすることがあります。

例えば、行なっていて楽しいと感じるものや、行うことによって自分自身のストレスが解消されることなどがあなた自身、いくつか存在しているはずです。

具体的には運動が好きな人であったり、ゲームをするのが好きだったり、釣りをするのが好きだったりなどなど。

こうして考えてみると人生とは、様々な楽しみに溢れていると言えます。

そして、自分が行っていて楽しいと思えるものは、趣味として楽しみを持ち続けることができます。

楽しいだけではなく、趣味を通して時には様々なことを勉強したり、場合によっては思わぬ人脈などが生まれることもあります。

人間関係においても、仕事の面においても良い効果を与えてくれる可能性もあるので、非常に魅力的なことであるともいえます。

しかし、趣味という言葉を考えてみると、似た言葉として道楽という言葉が思い浮かべられます。

ただ、具体的にどのような違いがあるのか、説明できる人はあまりいないのも事実です。

そこで、今回は道楽という言葉をテーマにして、道楽という言葉の意味や趣味との違い、そして道楽者の特徴についてご紹介していきたいと思います。

言葉の違いを理解していない人は、この機会にどのような違いがあるのか正しく把握できるようにチェックしてみてください。

「道楽」とは?

そもそも道楽という言葉をこれまでに聞いたことがありますか?

一度くらいは聞いたことがあるという方が多いと思いますが、実際に日常生活の中で使ったことがあるということはあまりいないと思います。

なぜならば、道楽という言葉自体はなんとなく意味合いはニュアンスでわかるものの、正しい明確な意味が分かるという方は少ないからです。

また、人によっては正しく意味を解釈しておらず、間違った意味合いで理解して使っている方も中には存在しています。

しかし、間違った言葉遣いを行っていると当然回りから指摘される可能性もありますし、周りからは痛い目線で見られることもあります。

なので、もし道楽という言葉の意味を理解していないのであれば、まずは道楽という言葉の正しい意味を理解するところから始めましょう。

意外と多くの方が間違って理解している言葉でもあるので、正しい意味を理解し、趣味との違いを見極められるようにしてください。

本業以外のことに熱中して楽しむこと、またその楽しみ

道楽という言葉はどのような意味が存在しているのかというと「本業以外のことに熱中して楽しむこと、またその楽しみ」という意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、分かりやすく言えば自分の生活の中に仕事とは別で熱中することができる趣味があり、それを楽しんでいることという意味です。

仕事を行っている人が仕事に対して情熱を持っていたり、仕事を楽しんでいるということは道楽という言葉では表現することができません。

しかし、仕事以外のこと、つまり本業以外のことなどで楽しみを見出したり、楽しんでいたりするのであればそれは道楽だということになります。

例えば仕事ではなく、プライベートの場面でゲームを楽しんだりすることが好きだという方はゲームが道楽ということになります。

ここまでの意味合いを見てみると、趣味という言葉とそれほど大きな違いが存在していないと感じると思います。

実際に趣味という言葉の意味を考えてみても、同じような意味合いになりますので、道楽という言葉は趣味と同じであると多くの方が認識するはずです。

もちろん、この意味合い自体はかなり似ており、ほぼ同じような意味合いであるといっても過言ではありません。

しかしながら、道楽という言葉には複数の意味が存在しています。

改めて道楽という言葉にはどのような意味が存在しているのか、さらに別の意味もご紹介していきますのでチェックしてみましょう。

酒色、ばくちなどにふけること、またその人


次にご紹介する道楽という言葉の意味は「酒色、ばくちなどにふけること、またその人」という意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、その名前の通りお酒が好きであったり、博打が好きだったりする人という意味になります。

なので、お酒が大好きな人や博打などのギャンブルを好む人は道楽者という表現で呼ぶことができるということになります。

あなたの周りにも、普段からお酒が大好きだったり、パチンコなどのギャンブルをすることが楽しいと感じてるような人がひとりくらいはいると思います。

今現在の世界ではなかなか呼んだりすることは少ないですが、一昔前まではそのような人たちのことを道楽者とよく呼んでいました。

この意味合いを考えてみると、趣味という言葉と若干の相違が存在するということがなんとなくおわかりいただけたと思います。

趣味という言葉との明確な違いについては後ほど詳しくご紹介していきますので、まずは道楽という言葉の複数の意味を正しく理解しておきましょう。

「道楽」の類語や関連語

ここまでは道楽という言葉の意味をご紹介していきました.

道楽という言葉は普段なかなか使用する機会も少ない言葉であると同時に、趣味という言葉とかなり似ている言葉でもあります。

そこで、ここからは道楽という言葉をさらに理解するために、道楽という言葉に似ている言葉である類語や関連した言葉についてご紹介していきます。

道楽という言葉の意味をさらに深く理解するために、チェックしてみてください。

副次的な活動

道楽という言葉の意味を考えたときに、別の言葉で言い換えるとすれば副次的な活動という言葉で表現することができます。

副次的とは主たるものや本来的なものに従属した関係にあるさまを意味しています。

簡単な言葉で表現するとすれば、二次的という言葉で表現することができます。

なぜならば、もともと道楽という言葉は本業以外のことに熱中して楽しむこと、またその楽しみという意味が存在していますので、二次的な活動という意味が該当します。

では、副次的な活動という言葉を考えたときに、どのような意味を持つ言葉が類義語に該当するのかご紹介していきます。