CoCoSiA(ココシア)

秘書はやっぱり美人が多い?秘書の恋...(続き2)

できる男は危機管理能力もしっかりしているので、そんな危険なことは絶対に避けることでしょう。

恋愛は社外に求める


これらのことから、秘書は自然に恋愛を社外に求めるようになります。

上司との恋愛は多くの危険を伴いますし、そもそも恋愛対象にすらならない場合がほとんどです。

めんどうなことに巻き込まれるのは目に見えているので、社内から全く別の場所で彼氏を作ったり出会いを求める女性が多いようですね。

そうでなくとも秘書という仕事柄、彼女たちの恋愛事情は周りに興味を持たれてしまいます。

少しでも噂話になりそうなネタを見つけられれば、噂の餌食になってしまいます。

誰も関係のない全く別の場所で恋愛をしたくなるのも分かりますね。

2.男を見る目は厳しい

秘書をしている女性の恋愛事情として共通していること、それは男を見る目が厳しいということです。

まず秘書というだけでかなりモテるというのは事実です。

その職業的魅力もありますし、色々な理由から魅力のある女性に成長していくということも一つでしょう。

そのため、寄ってくる男性も多く、その分選びたい放題なので男を見る目はどんどん厳しくなっていくのです。

さらに、秘書をやっていると社長について回るため、多くの出会いの場があります。

接待や商談会、他にも多くの飲みの席に同伴することが多くなりますので、その分多くの男性にも出会います。

そのうち目が肥えてきて、本当にいい男性と見かけだけの男性の区別がつくようになってきて、徐々に男を見る目が厳しくなっていくのです。

職業柄いろいろな社長と会う

出会うのは何も普通の男性ばかりではなく、職業柄様々な会社の社長たちと会う機会があります。

周囲を見れば社長ばかりで、金銭感覚も心の余裕も普通の一般男性とは違います。

そんな中でずっと過ごしていると、普通の平社員男性には心が全く動かなくなってしまうのです。

素敵なデートに連れて行ってもらったとしても、社長たちといったレストランの方を思い出してしまって、途端に普通の男性が下に見えてしまうのです。

社長となる男性は、その人柄は分かりませんがそれなりに度胸や覚悟をもって生きてきた人々です。

そうした人の中にずっといると、何にも考えずひたすら普通の生活をしている男性では物足りなく感じてしまうのです。

周囲はトップが多い

秘書をやっていると、仕事中は社長の周りの人間、つまりトップクラスの男性陣ばかりと過ごすことになります。

そんな世界を見てしまったら、どうしてもそっちがよく見えてしまうものです。

今まではそこまで男性に求めなかったことも、徐々に求めるようになってしまって理想がとても高くなってしまうのです。

このため、なかなか恋愛できなくなってしまう女性もかなり多いようです。

トップの世界を見てしまっては、一般人では満足できないと考えてしまい、つい上を求めてしまうのです。

しかし、トップの人には決まって妻がいることがほとんど、結局恋愛から遠ざかってしまうのです。

3.チヤホヤされる

秘書の仕事をしていると、周りからチヤホヤされることが多いです。

これはイメージ通りなのではないでしょうか。

やはり秘書と聞くと美人で頭の切れる色気のある女性というイメージがあることからも、秘書というだけで周りが興味を示してくることが多いのです。

社長と近い存在であることも、チヤホヤされる原因の一つでしょう。

一般社員からすると、秘書は社長の右腕のように見えます。

ですので、秘書に気に入られれば社長にも気に入ってもらえて、あわよくば出世の道もあるかもしれないなんて考える男性も少なくはありません。

そんなこともあって、秘書は周りの男性からチヤホヤしてもらえる素敵な職業なのです。

秘書というだけで見る目が変わる

秘書をやっているというだけで見る目が変わることもしばしば。

今までは相手にされなかった男性にも、秘書をしていると言うと急に近づいてきたりする人がいます。

きっと彼らもイメージの秘書がモテモテの自慢できる彼女だから目の色を変えるのでしょう。

嬉しいことでもありますが、女性側からすると本当に自分に興味が出たのかそれとも秘書だから近づきたいのかを疑ってしまいそうですね。

秘書という肩書に興味をもたれることも

単純に秘書という肩書に興味を持たれて近づいてくる男性も多くいます。

OLとの合コンよりも、秘書との合コンと聞いた方がなんとなく綺麗で男に飢えていない人が多そうなイメージがありませんか?

これは完全なるイメージですが、実際この印象は不思議とほとんどの人が持っているものです。

それゆえ、秘書といわれるだけで食いついてくる男性や、秘書と聞いただけで勝手に好印象を持ってくれる人がいるのです。

単純に、秘書という仕事をしている人に会ったことがなく、色んな話を聞いてみたいと思って寄ってくる男性も多いです。

この記事を読んでいるあなたと同じように、目の前に秘書がいればその恋愛事情や実際の話を聞いてみたくなるものです。