年齢を重ねると気になってくるのが薄毛の問題です。

今現在、薄毛で悩んでいる人はとても多いと思います。

人からの視線が気になるという方も多いですし、髪型が決まらずに毎日の悩みのタネになっているという方も当然多いはずです。

薄毛の問題はとても根深い問題であり、簡単に解決することができない問題でもあります。

薄毛治療を行っているという方も多いですが、薄毛治療にはそれなりの時間がかかってしまいますので、効果が出るまでの時間がとても長く感じてしまいます。

だからこそよりその人自身の大きな問題になりやすいという側面を持っていると言えます。

そこで今回は薄毛をテーマにして、薄毛の人に似合うはげの髪型をご紹介していきたいと思います。

薄毛治療を行っている方や、薄毛がとても気になっているけど治療は行わなず、なんとかかっこ良い髪型になりたいと思っている人は注目です。

はげでもモテる?!美容師絶賛のはげ髪型伝授

薄毛の人の中には自分に対して大きく自信を失っている人がとても多いと思います。

薄毛の悩みは薄毛になった人にしかわからないと言えますし、薄毛になったばかりでまだその事実を受け止めきれない人も多いはずです。

そのような人に関しては薄毛の自分に対して自信を持てない人もとても多いはずです。

しかしながら、薄毛の人は絶対にモテないかと言われるとそうではありません。

薄毛だからといって、自分はモテないと決めつけてしまうのはまだ早いです。

事実として薄毛なのに女性からたくさんモテているという人は非常に多く存在しています。

それは自分に対して自信を持つということも重要ですが、薄毛の自分を受け止めるということも非常に重要だと言えます。

そこで、薄毛の悩みを持っている方には、薄毛だからこその自分に合った髪型にすることをおすすめします。

薄毛の悩みを持っている方が自分自身を受け止めるために、薄毛の人でもかっこよく見える髪型を実践している場合も多く存在しています。

そして、そこから薄毛の自分を受け入れ、次第に自分に対して自信を持てるようになったというパターンも非常に多いのです。

なので、薄毛の人は自分自身を受け入れ、今の自分だからこそかっこよく見える髪型にチャレンジしてみましょう。

はげのイメージ……

薄毛の人には薄毛の人に合った髪型にすることが重要だとお伝えいたしました。

しかしながら、人によっては結局薄毛は全て同じと考えている人もとても多いと思います。

確かに薄毛に関してはどちらかといえば悪いイメージの方がつきまとうことが多いです。

髪の毛があるのとないのとでは当然あるほうが良いと考える人は多いので、マイナスなイメージを持ったとしても仕方がありません。

しかしながら重要なのはどのように薄毛と向き合っていくのかということが重要であり、全ては自分自身の気持ちの持ちようだと思います。

しかしながらここからはあえて薄毛の人の一般的なイメージについてご紹介していきたいと思います。

薄毛の人は一般的なイメージを知った上で、これから自分がどのような外見にするべきなのかということも踏まえて、チェックしてみてください。

おじさんくさい

まず初めにご紹介する薄毛の人のイメージとして「おじさんくさい」ということが挙げられます。

なぜ薄毛の人がおじさんくさいイメージを持たれてしまうのかと言うと、基本的に薄毛の人はおじさんが多いからだと言えます。

一般的に考えて薄毛になるということは加齢によって薄毛になるということが多いです。

年齢が若いのに薄毛になっている人は年々増えていますが、それでもまだ一般的であるとは言えません。

薄毛になっている人だったり、ハゲてしまっている人に関してはやはり年齢がそれなりに上の人たちがとても多いですよね。

なので結果的に薄毛の人のイメージとしてはおじさんくさいイメージに繋がってしまうと考えることができます。

年齢的に若いのに薄毛になってしまっている人も、年齢を知らなければどこかおじさんくさいよな印象を与えてしまいがちになります。

これが一般的に考えられている薄毛のイメージです。

工夫をしないと、どんどん見た目が老けて見えてしまうため、理解したうえで具体的な対処方法を実践する必要性があるといえます。

モテない

次にご紹介する薄毛の人のイメージとして「モテない」ということが挙げられます。

なぜ薄毛の人がモテないイメージが持たれているのかというと、薄毛の人でかっこよい人があまりいないことが特徴として考えられます。

先ほどもご紹介したように一般的に考えて薄毛の人の印象としてはおじさんくさい印象があります。

実際に薄毛の人に関しては年齢的に上の世代の人が多く、南葛薄毛になってしまったことによって自分の外見に無頓着になってしまっている人も多いです。

なので一般的に考えてみた目があまり魅力的ではない人の方が圧倒的に多いので、結果的に薄毛の人はモテないという印象に繋がってしまうということです。

しかしながらこれは一般的なイメージであり現実的な答えというわけではありません。

実際に薄毛の人でもかっこ良い人は存在していますし、自分自身が工夫するだけで圧倒的に見た目をかっこよくすることは十分可能なのです。

薄毛になってしまったからという理由で自分に対して自信を持てなくなり、日々の行動も消極的になってしまっている人も多いですよね。

このような人に関しては本当はモテる素質があるのに、自分に自信をなくしてしまっていることによって魅力を失っている可能性が高いです。

この一般的なイメージをよく理解した上で、どうすれば自分を魅力的に見せることができるのかということをよく考えて行動するようにしましょう。

ハゲ必見!はげ髪型のポイント

ここまでは一般的に持たれている薄毛の人の印象についてご紹介していきました。

薄毛の人からしてみればあまり魅力的な内容ではなかったかもしれません。

しかしながらこれが薄毛の人が一般的に持たれているイメージであることを十分に理解してください。

それを踏まえたうえで、ここからは薄毛の人でもかっこよく見せる髪型のポイントについてご紹介していきます。

どのような髪形にすれば薄毛の人でもかっこよく見えるのか、ぜひチェックしてみてください。

ハゲ・薄毛は隠さないが基本


まずはじめにご紹介する薄毛の人が格好良く見せるための髪型のポイントとしては「ハゲ・薄毛は隠さないが基本」ということが挙げられます。

薄毛の人でかっこよく見えない人に関しては大部分の人がこのポイントを踏まえていない場合が多いです。

先ほどご紹介したように薄毛の人でもかっこよく見える人はかっこよく見えます。

ではなぜ格好悪く見えてしまう人がいるのかと言うと、薄毛であることをどうにかして隠そうとしてしまっている人が多いからです。

自分が薄毛であるということを受け止めている人と受け止めきれていない人の違いはこのポイントにあると言えます。

薄毛であるということを受け止めている人は、薄毛であることを周りがどう見ているのかということをあまり意識していない場合が多いです。

しかしながら、薄毛であることを受け止めきれていない人ほど自分が薄毛であるということを悟られないように薄毛を隠そうと必死になっている場合が多いです。

もちろん薄毛になるということは人によっては耐え難い状況かもしれないので、受け止めきれないという気持ちを持つことは悪いことではありません。

しかしながら、他人の目線から考えてみると、堂々と薄毛であることを周りに見せている人と何とかして必死に隠そうとしている人を比べてみると、後者の方が女々しく感じます。

普通に見てみれば薄毛になっている人はある程度違和感を感じるのですぐにわかります。

必死になって隠そうとする人が悪いというわけではありませんが、隠そうと思っても隠しきれていないのであれば隠している意味がありません。

それよりかは、むしろ薄毛であることを受け止めて、それを前面に押し出したような堂々としたスタイルの方が好感を持てるようになります。

特に男性は女性から男らしい姿を求められる場合が多いので、薄毛であることを必死に隠している姿は当然魅力的には見えずかっこ悪くなります。

なので、薄毛の人は必ず薄毛であるということをまずは受け止めてそれを隠さないようにする強い気持ちを持てるようになりましょう。

髪の毛は極力短く


次にご紹介する薄毛の人が格好良く見せるための髪型のポイントとしては「髪の毛は極力短く」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、薄毛の人の中には薄毛であることを周りに悟られないように髪の毛を伸ばしたりする人がいます。

よく見かける薄毛の典型的な例ですが、肌が見えてしまうことを防いで伸ばした髪の毛をそのまま肌の部分にのせたりするようなヘアスタイルのことです。

もしくは、隠すわけでもなく、ただ髪の毛を整えておらず、髪の毛が中途半端に伸びてしまい、ゆらゆら揺れてしまっているような状態も含まれます。

しかし、このようなヘアスタイルは一般的に見てあまり魅力的である髪型とはいません。

なぜならば、薄毛の人が中途半端に髪を伸ばしても綺麗な髪型には見えず、むしろどこが不衛生な印象を与えてしまいがちになります。

頭皮と言っても肌であることに変わりはないので当然その根元の部分には油が浮き出てきますよね。

その油が髪の毛に付着してしまうとべっとりとした印象になってしまったりして、どうしても見た目が悪くなってしまいがちになります。

なので薄毛の人がかっこよく見せるためには必ず髪の毛は極力短くするように意識してください。

髪の毛を短くすることによって自分の頭の形に沿ってきちんと髪の毛が整えられるようになります。

たとえ薄毛だったとしても一般的に見てそれほど悪いような印象に繋がることはなくなります。

なので、薄毛の人は中途半端に髪の毛を伸ばしたりするという考え方は必ず持たないようにしてください。

場合によっては、周りからあきらめの悪い人だと思われたり、笑われたりする可能性もあるので、十分注意してください。

アクセントを付ける

次にご紹介する薄毛の人が格好良く見せるための髪型のポイントとしては「アクセントを付ける」ということが挙げられます。

これはどういうことかと思いますと、アクセントをつけることによって薄くなってしまった箇所をカバーすることができるということです。

あからさまに薄毛になってしまっているという人に関しては通用しないかもしれませんが、場合によっては一部分だけ少し薄くなってしまっている人もいますよね。

特に男性に関しては頭頂部の髪の毛などが薄くなってしまいがちになるので、頭頂部だけがやや薄毛になっているという人は多いはずです。

そのような場合に関して考えてみると、正面から見た時にサイドの髪の毛とトップの髪の毛をアクセントをつけることによって薄毛の印象をカバーすることができます。

具体的に言うと、そのままの状態だとトップの毛は薄くなってしまいサイドの毛だけが伸びてしまい全体的なバランスが悪くなってしまう状況になります。

そのままだと違和感を与えてしまいますので、サイドの髪の毛をあえて短くアクセントを付けたりすることによって全体的な印象を整えることができるようになります。

しっかりと薄毛の箇所とサイズの毛量などを調節することによって薄毛の印象を大きくカバーすることができますので、必要に応じて紙のバランスは整えることをお勧めします。

薄毛をおしゃれに利用する

次にご紹介する薄毛の人が格好良く見せるための髪型のポイントとしては「薄毛をおしゃれに利用する」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、薄毛ならではのおしゃれな髪型にチャレンジすることがポイントであるということです。

薄毛だからおしゃれな髪型にすることはできないと考えている人もいますが、決してそのようなことはありません。

薄毛の人でもおしゃれな髪型にチャレンジをするということは十分可能だと言えます。

例えば、若干髪の毛が後退してきたという人に関しては、そのまま伸ばすのは得策ではないので、あえてツーブロックにして大きく刈りこんだりすることをなどもおすすめです。

また、髪の毛を短く切った状態でオールバックにしたりして男らしい髪型にするなど、いくらでも演出の方法があります。

むしろ薄毛になってしまったから思い切って髪型を変えようというくらいの気持ちのほうが余裕をもって今の状況を楽しむこともできます。

おしゃれには自信がないという人に関しても行きつけの美容室などで相談をしてみると、魅力的な髪型を提案してくれる可能性は十二分にあります。

行きつけの美容室がないという人でも男性専用のサロンなどはいくつも存在しているので、インターネットサイトでリサーチして足を運ぶのもおすすめです。

サイドを抑えてトップにボリュームをつける

次にご紹介する薄毛の人が格好良く見せるための髪型のポイントとしては「サイドを抑えてトップにボリュームをつける」ということが挙げられます。

これに関しては先ほどご紹介した通りですが、重要なのは自分自身の頭の形と比較した状態で理想的なバランスをつくりあげるように意識することです。

人間の顔の形によってその人のバランスは違いますが、理想的なバランスはひとつの形に定まっています。

理想的なバランスはひし形と言われており、ひし形に形を近づけるように髪の毛を意識することがバランスの良い髪型にする方法です。

しかし、薄毛の人に関してはまず頭頂部の髪の毛が薄くなってしまっている場合が多いので、圧倒的のトップのボリュームが足りない場合があります。

なので、あまりサイドが目立ちすぎてしまうとバランスが悪くなってしまうので再度を抑えてなるべくトップにボリュームを持たせるようなカットを取り入れることが必要です。

行きつけの美容室があるのであれば必ず薄毛のことを相談した上で自分に似合ったバランスの良い髪型を提案してもらえるようにしましょう。

あえてスタイリング剤を使用する

次にご紹介する薄毛の人が格好良く見せるための髪型のポイントとしては「あえてスタイリング剤を使用する」ということが挙げられます。

なぜスタイリング剤を使用する必要性があるのかと言うと、スタイリング剤を使うことによって薄毛であることをカバーすることができるようになるからです。

薄毛の人で頭頂部の髪の毛が薄くなってしまっているという人に関してはスタイリング剤を使って頭頂部に毛束を集める必要があります。

もちろんあまりにも進行してしまっている場合には難しいかもしれませんが、多少の薄毛程度であればスタイリング剤をつけることでカバーできるようになります。

薄毛であることを目立ちにくくすることもできますし、髪の毛が崩れないようにすることもできます。

なので必要に応じてスタイリング剤でカバーすることができるレベルなのであれば、髪を整えることも一つの方法であると言えます。

しかしながらスタイリング剤を使う場合に注意していただきたいのはしっかりと洗い流すということです。

中途半端な洗い方とスタイリング剤が髪の毛に残ってしまい薄毛を進行させてしまう原因に繋がってしまいます。

なのでスタイリング剤を使用する際には必ず衛生的に不潔にならないように意識してシャンプーするようにしてください。

ヘアカラーでハゲをごまかせる

次にご紹介する薄毛の人が格好良く見せるための髪型のポイントとしては「ヘアカラーでハゲをごまかせる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと思いますと、ヘアカラーをすることによって薄い部分を目立たなくさせることができるということです。

一般的に考えて日本人は黒髪だと言えますが、黒髪の場合は地肌の色が少しでも見えてしまうととても目立つようになってしまいます。

なので一部分だけ薄くなってしまうと極端に薄毛の印象が強くなってしまい、周りから髪の毛が薄くなってしまっていることがすぐに分かります。

もしも少しでも薄毛であることをカバーしたいと思うのであれば髪の毛を染めることによってそれを防ぐことができるようになります。

具体的には明るい色にすることによって地肌との色の差を埋めることができるようになります。

そうすることによって地肌がちょっとぐらい見えたとしてもあまり目立たなくなりますので、結果的に薄毛をカバーできるようになるのです。

しかしながら、年齢不相応な色に髪の毛を染めたりすることは逆に周りの人から見て違和感を感じさせる結果につながります。

可能な場合だけ、カラーでカバーするという方法を用いるようにしてください。

オシャレ!イケてるはげ髪型6選

ここまでは薄毛の人をかっこよく見せるための髪型のポイントについてご紹介していきました。

ある程度薄毛をかっこよく見せるポイントを理解いただいたところで、ここからはいけてる薄毛の髪型をご紹介していきたいと思います。

薄毛の人でもかっこよく見せることができる髪型はいくつも存在しており、いくらでもカバーする方法は存在しています。

もちろん自分自身の薄毛の進行度によってある程度髪型は制限されることはあります。

しかし、それでも進行度によって髪型を変えればよいだけの話なので、難しく考える必要性はありません。

これからご紹介する髪型はどれも薄毛の人に似合う髪型ばかりなので、ぜひ薄毛に悩んでいる方はチャレンジしてみてください。

スキンフェード

まずはじめにご紹介する薄毛の人におすすめの髪型として「スキンフェード」が挙げられます。

スキンフェードとスキンヘッドはかなり似ている言葉ですが、明確には違う意味合いになります。

スキンフェードとは、スキン(肌)フェード(刈り上げ)という意味であり、簡単に言えば刈り上げスタイルのことを意味しています。

今現在は若い人の間においても刈り上げスタイルが非常に流行っており、ツーブロックなどはかなりトレンドの最前線にあります。

なのでスキンフェードを取り入れることによって若々しくなおかつ男らしい印象を与えることができるようになります。

薄毛の人でも簡単に挑戦することができる髪型なので、非常におすすめの髪型の人として考えられます。

一般的なスキンフェードスタイルとしては、再度の髪の毛を刈り上げるスタイルですが、刈り上げのmm数にもよって印象は異なります。

最近ではかなり短く刈り上げる場合も多いので、薄毛の人に関しても違和感なく取り入れることができます。

印象としてはいかつくなりますが、それでも男らしい印象にもつながり、薄毛もサイドが短い分、目立たなくなります。

薄毛で困っているという方に関しては、スキンフェードスタイルにすることで、おしゃれでかっこよく髪型を演出することができるのでおすすめです。

アシンメトリー

次にご紹介する薄毛の人におすすめの髪型として「アシンメトリー」が挙げられます。

アシンメトリーとはどのような髪型なのかというと左右非対称という意味を持っている髪型です。

つまりアシンメトリーとは左右の長さを変えるスタイルのことであり、一般的にはどちらかの方向から流れをつけて次第に長くなっていくような髪型になっています。

薄毛の人でもアシンメトリーを取り入れることによって薄毛をカバーすることができるようになります。

アシンメトリーは先ほどもお伝えしたようにどちらかの方向に流れをつけるヘアスタイルの場合が多いので、髪の毛を片側に流すことで毛量を多く見せることができます。

重なる部分が多くなるのでそれに伴ってその部分は髪の毛のボリュームが増えるようになるので、結果的に薄毛をカバーすることができるようになります。

最近トレンドの刈り上げスタイルなどに関しても取り入れることで一気に薄毛を目立たなくさせることができるので非常におすすめです。

オールバック

次にご紹介する薄毛の人におすすめの髪型として「オールバック」が挙げられます。

オールバックとはその名前の通り髪の毛を全て後ろに流したヘアスタイルのことを意味しています。

オールバックに関しても薄毛をカバーすることができる髪型として知られており、非常に多くの方が取り入れているといえます。

頭頂部が薄くなってしまったという方に関しても後ろに流すことによって、髪の毛を目立たなくさせることができるようになります。

また、しっかりと後ろに流して髪の毛をまとめることによってある程度清潔感を演出することができるようにもなります。

薄毛の人は不衛生な印象を持たれやすくなってしまうのでしっかりとセットすることで清潔感を演出できることは非常に大きなメリットであると言えます。

しながら必ず注意していただきたいのは、薄毛がかなり進行して、中途半端に髪の毛を伸ばして、薄毛の部分に乗せる場合です。

あくまでオールバックの髪型が許されるのはオールバックにすることで薄毛をそれなりにカバーすることができる状態までです。

オールバックにしても薄着になってしまっているところが明らかに丸見えになってしまっている場合は少し不衛生な印象が残ってしまいます。

人によっては必死に隠しているというような印象に受け取ってしまうので、場合によってはあまり良く見られない可能性もあるので注意が必要です。

自分自身の薄毛の進行度によってオールバックにするかしないかということがある程度切り分けて考えるようにしてください。

トラッドボウズ

次にご紹介する薄毛の人におすすめの髪型として「トラッドボウズ」が挙げられます。

トラッドボウズとは、サイドの髪の毛をある程度を短く坊主に近い状態にしてトップの髪の毛を少し残した髪型のことです。

トラッドボウズにすることによって、短く髪の毛を整えた状態でトップにボリュームをもたせられるようになります。

なので、清潔感を相手に与えることができるようになり、なおかつトップにボリュームを持たせられるようになるので薄毛を緩和するメリットもあります。

男らしい印象を与えることができる髪型でもありますので、薄毛の人でも堂々とした男らしい印象に繋がるので非常に女性からモテる髪型だと言えます。

ある程度薄毛になってしまってる状態でもしっかりと短くしていることによっていやらしい印象を与えないで済みます。

中途半端に隠そうとするよりトラッドボウズのように、しっかりと髪の毛を短くして堂々としている髪型の方が好感度は高くなるのでおすすめです。

ツーブロックショート

次にご紹介する薄毛の人におすすめの髪型として「ツーブロックショート」が挙げられます。

ツーブロックショートとはその名前の通りツーブロックスタイルを取り入れたショートヘアのことを意味しています。

ツーブロックとは髪の毛のサイドの部分を刈り上げたスタイルのことであり、今若い世代を中心に非常に流行っている髪型の一つでもあります。

最近のトレンドということもありツーブロックヘアを取り入れているとそれだけでおしゃれな印象に捉えられるようになります。

ツーブロックヘアは髪の毛を刈り上げるスタイルなので、自然と髪の毛を短くするようになるので薄毛もカバーすることができるようになります。

全体的に目立たなくさせることもできる上、なおかつ清潔感を与えられるようになるので薄毛の人にはとてもおすすめな髪型だと言えます。

髪の毛をセットするのも非常に楽になりますし、男らしい印象を与えることができるようになりますので薄毛が進行してきた場合はぜひ取り入れてみてください。

ハイフェードショート

次にご紹介する薄毛の人におすすめの髪型として「ハイフェードショート」が挙げられます。

ハイフェードショートとはどのような髪形なのかというと、簡単に言えば刈り上げのヘアスタイルのことです。

しかしながら通常の刈り上げとは違っており、通常の刈り上げスタイルよりもかなり刈り上げる髪型のことを意味しています。

場合によっては刈り上げというよりほとんどつるつるの状態にしやがれこともありますので、最終的な仕上がりとしてはかなりいかつくなる場合があります。

しかしながら、薄毛の人に関してはハイフェードショートを取り入れることによって、薄毛を目立たなくさせることができるようになります。

短い部分からしっかりとグラデーション入れることによってむしろ髪の毛がしっかりと入れるように見せることもできるので非常におすすめです。

ツーブロックスタイルとかなり似ている髪型でもありますが、刈り上げは1mmでも違えば全く印象は異なるようになります。

深い刈り上げを入れるかどうか、しっかりと印象の違いをチェックしたうえで取り入れるかどうか考えてみてください。

はげ髪型でもかっこいいは作れる!

今回は、薄毛をテーマにして薄毛の人の髪型のポイントやおすすめの髪型をご紹介していきました。

自分に対して自信を持てず、行動的になれないような薄毛の人はとても多いと思います。

しかしながら今回ご紹介したように、薄毛の人にも似合う髪型はいくつも存在しており、結局は自分自身の気持ちの持ちようで変化するということが分かったはずです。

薄毛の人でもしっかりと魅力的な自分を持っていれば髪の毛が生えている人よりもモテる場合も十分にあります。

まずは今の自分自身を受け入れること、そしてそのために薄毛に似合う髪型を取り入れることを非常に重要であると言えます。

今回ご紹介した魅力的な髪型を薄毛で悩んでいる人はぜひ取り入れて、魅力的な自分になれるようにしてみてください。