CoCoSiA(ココシア)

【ギャル語まとめ】最近のものから昔...(続き2)

なので予備知識がなければ意味を推測することもできないのでとても難しい言葉だと思いますが、これが今非常に若い女性の間で流行っている言葉です。

では、マ?という言葉にはどのような意味が存在しているのか、簡単にご紹介していきます。

マジ?の意味

マ?という言葉の意味は「マジ?」という言葉の意味で用いられています。

一見すると何を意味している言葉なのかまったくわかりませんが、意味を理解すればそれほど難しい言葉ではありません。

マ?という言葉は単純にマジという言葉を略称して表現しているものであるといえます。

人によっては略称するほど長い言葉ではないと感じるかもしれませんが、先ほどご紹介したようにこれほどまでに省略されるには理由が存在しています。

インターネット上で会話をすることも多くなっているので、一文字でも略称することができればそれを積極的に用いるようになっています。

特にマジという言葉に関しては若者の間ではかなり一般的に用いられる言葉なので、略称できると非常に入力が便利になります。

なので、マ?という言葉はかなり定着しており、たくさんの人が積極的に用いている表現の一つになっているといえます。

意味としてはマジ?という意味なので、基本的には信じられない状況や驚いている様子などをより引き立ててくれるような言葉として用いられるのが一般的です。

マジという言葉を普段使っていない人はあまりないと思うので、使い方自体はいつもと同じような使い方の場面で用いることができます。

ちなみに、アレンジとしてですが、まじまじまじ!という言葉がマママ!という言葉にアレンジできるのも一つの特徴です。

また、派生したバージョンとしては「こマ?」「そマ?」という言葉も存在しています。

これらは、「これマジ?」「それマジ?」という言葉の意味を持っており、ほぼ同じような意味として用いることができます。

知っておけばかなり便利な表現方法の一つになりますのでこの機会に是非覚えて使ってみてください。

次にご紹介する最近流行っているギャル語は「り」というギャル語です。

りという言葉も最近流行っているギャル語の一つとして知られています。

一見すると全く何を意味していることがわかりませんが、意味を理解することによって幅広く用いることができる利便性の高い言葉になります。

そして、りという言葉は先ほどご紹介した「マ」という言葉と同じような言葉だといえます。

では、りという言葉にはどのような意味があるのか、ご紹介していきます。

了解の意味


りという言葉は「了解」という言葉の意味を持っている言葉として使われています。

日常生活を過ごしていれば相手と会話をしたりするときに了解という言葉を使ったりすることがよくあると思います。

現実的な日常会話で使ったりすることも多いですし、相手とメールでやり取りをしたりするときも用いたりすることがかなり多いはずです。

現実的な会話の中であれば省略するほど長い言葉でもありませんので、大抵の場合はそのまま使われることが一般的です。

しかしながら、メールやLINEなどで相手とやり取りをしたりする時には了解という言葉もそのまま打つと面倒に感じることがあります。

そこで、了解という言葉をりという言葉だけで略称して用いることが広まったといえます。

昔と違って今はインターネット上で相手とやり取りをすることも増えているので、ちょっとした省略も求められるような時代になっているといえます。

たった一文字だけで様々な意味を表現することができれば、入力の手間が非常に軽くなるので、先ほどご紹介したマという言葉と同じような表現方法になっています。

覚えておけば、相手との様々なやり取りの中で用いることができるので、ぜひ使用してみてください。

~み

次にご紹介する最近流行っているギャル語は「~み」というギャル語です。

これはどのような言葉なのかと言いますと、様々な言葉の語尾に~みという言葉をつけるような表現方法だといえます。

最近では様々な言葉の語尾に~みをつけて表現されていますが、これが何の意味を持っているかお分かりですか?

意味を知ってみるとなるほどなと思える部分がありますので、この機会に~みという表現方法が何を意味しているのか、チェックしてみましょう。

「わかりみ」「つらみ」などと使われる

~みという言葉がどのような意味を持っているのかと言いますと「なんとなくそんな感じ」という意味の言葉であるといえます。

これはどういうことかと言いますと、そもそも言葉の意味自体としては明確な意味を持っていない言葉であるということです。

明確な意味を持ってはいませんが、その前の部分につける言葉に対して、同調するような意味を持たせることができます。

意味が難しく感じるかもしれませんので、実際にどのような言葉で用いられているのかということをいくつかご紹介していきます。

まず代表的に使われる言葉としては「わかりみ」という言葉が存在しています。

これは分かるという言葉の語尾に~みという言葉がくっついているような表現方法になっています。

単純に相手の話に同調してわかると答えるのと、分かりみがあると答えるのとでは、若干ながら印象に差異が生じるようになります。

分かりみがあると答える場合は、なんとなくその気持ちがわかるというような曖昧な表現方法として用いることができます。

この世に語尾に~みという言葉をつけることで、相手の言っていることがなんとなく理解できるということを意味しているのです。

また、わかりみという言葉以外にも、「つらみ」というような言葉で表現したりすることもあります。

これは、つらいという言葉に~みという言葉がくっついたような表現方法になっています。

これも、つらいという気持ちが何となく理解できるという意味で用いられている言葉です。