CoCoSiA(ココシア)

【ギャル語まとめ】最近のものから昔...(続き3)

このように、ちょっとあいまいな気持ちを理解することができるという風なニュアンスで表現するのが今現在若い人達の間で流行っているといえます。

ちょっと変わった表現方法に感じるかもしれませんが、インターネット上で用いることで宗悦な表現方法に代わる言葉になるといえます。

次にご紹介する最近流行っているギャル語は「草」というギャル語です。

草という言葉も、一見すると道端に生えているような草をイメージしたりしますが、ギャル語としては全く意味が異なるような使い方がなされています。

よくインターネット上の会話などで見かけたりする言葉でもありますが、意味がわからないと全く意味が分からないのもギャル語の特徴だといえます。

その上で、草という言葉にはどのような意味があるのか、簡単にご紹介していきます。

ネットではもともと「ww」として「(笑)」の代わりに使われていた

草という言葉はどのような意味を持っているのかと言うと「笑う」という言葉を意味している言葉になります。

なぜ草という言葉が笑うという意味を持っているのかというと、wという文字について理解する必要性があります。

元々インターネット上で相手と会話をしたりする際には自分自身の感情が伝わりづらいというデメリットが存在していました。

現実的に相手と会話をする際には相手の表情を見たり、相手の声のトーンなどを聞いたりして相手の感情を理解することができます。

しかしながら、インターネット上で文字だけのやり取りをする場合相手に対して感情を伝えたりすることが難しくなります。

なので相手に対して自分の感情を伝えるために、楽しい気分の時は語尾に笑うという言葉を付け加えたりしているのが一般的な表現方法ですよね。

しかしながら、毎回毎回語尾に笑うという言葉をつけるのは入力の手間がかかってしまいます。

なので笑うという言葉をキーボードで考えた時に、頭文字がwになるので、wという文字を使って笑うという意味を持たせることが広まりました。

具体的には、「面白いw」などのように入力することで、「面白い(笑)」という言葉と同じように表現することができるということになるのです。

そして、wという文字が連続してwwwと入力されることで、wwwが積み重なるとまるで草が生えたように見えるので、草という言葉で表現されるようになったといえます。

「大草原」「大草原不可避」などと使われる

wという文字が草に見えたことによって、笑うという言葉が草という言葉で表現されるとお伝えいたしました。

しかしながら最近では草という言葉に発生して大草原という言葉や大草原不可避という言葉で笑うという言葉が表現されるように変化しています。

なぜ大草原という言葉や大草原不可避という言葉で使われるのかと言いますと、草という言葉が笑うという言葉ならば、爆笑は大草原になるからです。

一本だけ草が生えていれば単純に面白いという意味ですが、草がたくさん集まることによってそれは草原になり、笑いが集まれば爆笑になります。

つまり、大草原という言葉は大爆笑した時などに用いられたりするので、笑うという言葉の上位互換として用いられるようになっているということです。

そして、大草原不可避という言葉を考えてみると、大草原になることを回避することは不可能という言葉になります。

つまり、大爆笑必須という意味合いで用いられるようになります。

あまりにも面白いようなことがあった際や、絶対に面白い場合なのに対しては大草原不可避という言葉で表現することができるということになります。

草という言葉を理解していないとこれらの意味については全く理解が及ばないので、まずは基本的な草という言葉がどのような意味を持っているのか理解しておきましょう。

パリピ

次にご紹介する最近流行っているギャル語は「パリピ」というギャル語です。

パリピという言葉は最近非常に流行ってる表現方法の一つでもあり、ギャル語の一つの言葉でもあります。

では、パリピとはどのような意味を持っている言葉なのか、ご紹介していきます。

「パーティーピーポー」の略

パリピという言葉はどのような言葉なのかというと、そもそもパーティーピーポーという言葉が略された言葉であると言えます。

パーティーピーポーという言葉はそもそもpartypeopleという言葉がモチーフになっており、この言葉の発音が変化した言葉がパーティーピーポーという言葉になっています。

ではパーティーピーポーという言葉はどういう意味なのかと言うと「クラブやパーティーなどで騒ぐ人、みんなで飲んで騒ぐこと、派手に遊んでいる人」という意味です。

パーティーピーポーという言葉は2015年のギャル流行語大賞で1に輝くほど流行した言葉であり、たくさんの人が使っている言葉でもあります。

具体的にどのように使われるのかと言うと、例えば友達と飲んで騒いだりした時にはパリピという言葉で表現することができます。

また、実際にその時間を楽しんでる時には「パリピ最高」という言葉で楽しさを表現したりすることもできるといえます。

もちろんその時の時間を表現したりする意味合い以外にも、飲んで騒いで楽しんでるような人たちのことを「パリピの人達」などと表現したりすることもできます。

非常に様々な意味合いで用いることができる言葉であり、表現方法も非常に多岐にわたっているので、多様な使い方ができる言葉でもあります。

知っておけば様々な表現ができる言葉なので、この機会に覚えて使用してみてください。

おっさん

次にご紹介する最近流行っているギャル語は「おっさん」というギャル語です。

おっさんという言葉を考えてみると、一般的には年配の男性を意味している言葉でもありますが、最近の意味合いではまったく違う意味として用いられています。

もちろん通常の意味合いで用いられることもありますが、ギャル語においては別の意味で用いられるので、注意が必要です。

では、おっさんという言葉はどのような意味を持っている言葉なのかご紹介していきます。

お疲れさまの意味

おっさんという言葉はギャル語において、どのような意味で用いられているのかというと「お疲れさま」という言葉の意味として用いられています。

一般的にはおっさんという言葉年配の男性を意味していますが、今の若い人たちにとっておっさんという言葉は挨拶として用いられています。