一緒にいるとこちらまで元気になってしまう不思議な力を持っているのが愉快な人だと思います。

愉快な人がいると、その場全体が和みますし、毎日楽しそうな姿は正直憧れる人も多いでしょう。

では、愉快な人というのは、具体的にどんな人のことを言うと思いますか?

今回は周りがつい楽しくなってしまう愉快な人の特徴と、そんな風に楽しく愉快に毎日生きるための方法をご紹介していきます。

どうしたら、そんな愉快に生きることができるのか気になっている人も多いはずです。

この記事を参考に、そんな風に愉快に生きる方法を見習ってみてはいかがでしょうか。

愉快な人の16個の特徴

さて、いきなりですがあなたが思う愉快な人の特徴というと、どんなものが挙げられますか?
人それぞれ色々な特徴を思い浮かべると思います。

このように、様々な特徴がある愉快な人ですが、多くの人が“この人、愉快な人だなー”と思う人には、どんなと特徴があるのでしょうか?

最初に、多くの人が愉快だと感じる人の特徴からお伝えしていきます。

あなたの周りにもきっといるはずの愉快な人を探してみると面白いかもしれませんね。

1.いつも笑顔

まず一番に思い浮かぶのが、いつも笑顔で楽しそうだということではないでしょうか。

愉快な人というのは、いつもニコニコ笑っていて、周りの人まで笑顔にさせてしまう、そんな力を持っていますよね。

そして、その笑顔はとても魅力的で周りの人を和ませ、惹きつける力も持っていると思います。

その笑顔を見てると、なんだかこちらまで元気になってしまったり、つられて笑顔になってしまったりするんじゃないでしょうか。

また、笑顔になるような話題だったり、人を笑顔にする話し方ができるのも愉快な人の特徴です。

いつも笑顔の人の周りには、自然と楽しいことや嬉しいことが集まってきたりするんです。

なので、愉快な人の周りにいると楽しいと感じたり、愉快と感じたりするかもしれません。

また、単純にいつも笑顔の人の近くにいれば、自然と楽しいと感じたりしますよね。

2.人が好き

愉快な人は、人が大好きで、人がいると無邪気に近寄ってきます。

そして、楽しい話をしたり盛り上げたりしてくれるのです。

純粋に人が大好きなので、どんな話も興味しんしんに聞いてくれて、愉快な人が話す話はいつも面白くて楽しい気持ちになることが多かったりするでしょう。

人が好きというのは、人のことを疑わずに素直で、ついつい色々話してしまうかもしれません。

そんなつい相談してしまったり、悩みを打ち明けたりしてしまうのも愉快な人の特徴だったりします。

3.ポジティブに考えることができる

後ろ向きでいつもネガティブに考えてしまう人と違い、いつも前向きで物事をポジティブに考えることができます。

周りがどんなに落ち込んでいたとしても、誰も賛同してくれずに一人きりだったとしてもポジティブに考えて、前向きに進むことができるのも、愉快な人の魅力の一つです。

そのポジティブな考えに引っ張られて、一緒にポジティブになっていくなんてこともあるでしょう。

ポジティブに考えて行動することで、周りの人までポジティブに変えてしまえるのも愉快な人のすごいところです。

真っすぐで底抜けのポジティブですが、周りからうっとおしく感じられてしまったり、嫌がられてしまわないのは、周りにそのポジティブな考えを押し付けたり、無理やり自分の意見を通そうとしないからではないでしょうか。

あくまで自分はポジティブな考えをしますが、周りの考えは周りの考えとして認めることができるんです。

そんなところも愉快な人の魅力です。

4.周りに人が集まってくる

一緒にいるだけで楽しくて、周りにいる人も明るくしてしまう愉快な人の周りには、自然とどんどん人が集まってきたりしますよね。

別に自分から人を集めようとしていないのに、自然と人が集まってきて、いつも話の中心にいたりするのも愉快な人の特徴です。

明るく愉快な人の周りにいると、少し落ち込んでいたり沈んでいた気持ちも、晴れていったり明るい気持ちに引っ張ってもらえたりするでしょう。

また、愉快な人の周りには様々な人が集まってくるので、そばにいるだけで友好関係が広がったり、色々な出会いがあることもあります。

それに、愉快な人の周りに集まってくるのは、同じように愉快な人だったり、社交的な人が多いと思います。

愉快な人の周りにいるだけで、そんな社交的な人たちとも関わりをもつことができ、毎日が充実していったり、友達の幅が広がるなんてこともあるんだとか。

友達は多くなくてもいいと思っている人もいるでしょう。

しかし、落ち込んだときやちょっと寂しくなってしまったときに、盛り上げてくれる友達や相談にのってくれる友達がいたら素敵ですよね。

また、性格の良い愉快な人の周りに集まってくるのも、同様に性格の良い愉快な人だったりすることも多いんです。

そうやって、あなたもだんだんと愉快な人の仲間に入っていくこよとができれば、憧れの愉快な人から憧れられる立場になるかもしれませんよ。

5.空気を読むことに長けている

いろいろな人と接してきたり、関わっている愉快な人は、その場の空気を読んだり変えたりすることに長けています。

たくさんの友達がいれば、タイプも様々なはずです。

そのため、様々な空気を読むことができなければ、関係が険悪になってしまったり気まずい空気になってしまったりすることも少なくはないでしょう。

しかし、その空気を読むことに長けているからこそ、多くの人が気持ちよく楽しく会話することができ、また話したいと思うはずですよね。

ただ、愉快な人の多くは、意識して空気を読もうとしていなかったりします。

無意識のうちに空気を読むことができ、周りを楽しい気持ちにさせることができるのです。

空気を読むことが苦手な人は、その場の空気を凍らせてしまったり、人の気持ちを踏みにじったり不快な気持ちにさせてしまったりと、色々なことが考えられますよね。

不快な気持ちにされてしまったり、その場の空気を悪い方向にしてしまう人の周りには、少しずつ人も近寄らなくなってしまうでしょう。

集まりなどにも呼ばれなくなってしまったり、信頼も得られないことだって感じます。

その点、逆に空気を読むことに長けていればどんどん人が集まってきて、信頼されると思います。

そうしたところも、愉快な人の周りに人が集まってくる要因なのかもしれませんね。

6.話し上手の聞き上手


愉快な人のイメージってどんなものがありますか?

多くの人は、話が面白いやおしゃべりという印象がでてくるのではないでしょうか。

しかし、実は愉快な人と一緒にいると、こちらからもつい話してしまうなんてことも多かったりするんです。

自分からもニコニコしたりむっとしたり、喜怒哀楽を交えながら話す姿に楽しいと感じることや、逆に相談に親身にのってくれる姿など、愉快な人は話し上手なだけではなく、聞き上手であることも多いんだそうです。

聞き上手な人が相手だと、つい話し過ぎてしまったりしますよね。

そして、人はあまり話しにくいことを話すことで、気持ちが楽になったり、その人に対して気を許したりすると思います。

そうすることで、この人といると心地よいなと感じたり、一緒にいたいと思うかもしれません。

そうして、自然と愉快な人の周りには人が集まってくるのでしょう。

また、あなた自身があこがれるのもそんなところだという人もいるはずです。

会話のキャッチボールがスムーズに行える

愉快な人のすごいところって、会話のキャッチボールが早いうえに的確で面白いところではないでしょうか。

キャッチボールが早くても、的を得ていなかったりすることもありますよね。

そのへんは空気の読める愉快な人なので、ときに面白く、ときに的確に会話のキャッチボールをしてくれます。

そのときの会話の内容によって対応を変えられるところも、愉快な人のすごい点だと思います。

この会話のキャッチボールを上手にできることで、人は本心で言ってくれているんだと感じたり、この人の言っていることを信じてもいいと思えるのかもしれませんね。

そうやって人のふところにはいるのが上手いのも、愉快な人の特徴でしょう。

7.おまけに褒め上手

話し上手、聞き上手というだけでも、十分魅力的ですが、愉快な人の“○○上手”はこれだけではありません。

愉快な人は、嫌味なく素直に人のことを褒めることができるんです。

曇りのない顔で自然に褒めるので、褒められた側もつい素直に受け取ってしまうんだとか。

大人になると、褒められてもなかなか素直に受け取れない人もいるかもしれません。

しかし、愉快な人に言われるとなぜかすっと心に入ってしまったりします。

これも愉快な人の特徴です。

人のことを褒めるというのは、大人になるにつれて簡単なことではなくなっていってしまうと思います。

それを素直に言葉にできるというのもすごしですい、それを嫌味なく伝えられるというのも、愉快な人の性格の良さなのかもしれませんね。

8.もうひとつおまけに盛り上げ上手

そして、さらに盛り上げ上手だったりもするんです。

空気を読むことに長けているので、盛り上げるタイミングも見逃しません。

周りをよく見て、誰も傷つけることなく場を盛り上げるので、様々なところで重宝され、色々な場面に引っ張りだこなはずです。

その場を楽しく盛り上げてくれて、話すことも人の話を聞くことも、褒めることも上手となれば、上からの信頼も下からの信頼も厚くなるのは、いうまでもありません。

自然と人が集まってきてしまったり、多くの人から必要とされるのも納得ですよね。

9.フレンドリー

通常であれば、ちょっと距離が近いなと思うような距離感でも、愉快な人がすると、そんな嫌な気持ちにならないなんてこともあると思います。

フレンドリーも人それぞれですよね。

そのため、不快に感じる距離感も人それぞれになってきます。

愉快な人の場合、この距離感が人それぞれで変えることができてしまったりするんです。

はじめから距離をつめないでほしそうな人に対しては、様子を見ながら距離を徐々につめていきます。

しかし、相手もフレンドリーである程度はじめから距離をつめても大丈夫そうな人に対しては、愉快な人もフレンドリーに冗談を交えながら楽しく話をしたりすることができるんです。

この人それぞれ違う距離感をしっかりつかみ、対応できるのは、日ごろからたくさんの人と接してきていることや、それによって空気を読むことに長けている特徴が関係してきていると思います。

また、そうしたフレンドリーな言動は、人の心を柔らかくして気を許しやすい環境を作りやすいのではないでしょうか。

こういったところも、愉快な人が愛される特徴でしょう。

10.コミュニケーション能力が高い

ここまでの特徴でも分かると思いますが、愉快な人はコミュニケーション能力が高いのも特徴だといえます。

人が集まってくる人の多くは、コミュニケーション能力が高い人だといえるかもしれません。

ただ、愉快な人の場合、人を惹きつける魅力ももちあわせているので、コミュニケーション能力の高さから人が集まってくるわけではないのです。

コミュニケーション能力が高いというのは、初対面の人とも気まずくならずに的確な話ができることや、気の利いた言葉などがかけられる人など、人によってそれぞれの見方があると思います。

様々な見方ができますが、愉快な人を見ていると、その特徴をクリアしているようには見えませんか?

ムリはしていないのに、相手を楽しませたり気持ちよくさせることができるのは、愉快な人の特徴であり、大きな魅力だといえるのでしょう。

11.オーバーリアクション

愉快な人は、喜怒哀楽が豊かで、そんな表情でも周りの人を楽しませてくれます。

人は誰でも、リアクションが薄い人よりも、大きなリアクションの人のほうが好感を持つでしょう。

あまりにも無理やり作ったようなオーバーリアクションは反感を買ってしまうかもしれませんが、自然な中での無理のないオーバーリアクションは、楽しい人だと感じるはずです。

話の内容や気遣いでも周りの人に好感を与えますが、愉快な人はそれだけでなく、自分のテンションやオーバーリアクションで周りを楽しませ、どんどん人を魅了していくのです、
だからこそ、周りに人が集まってくるのかもしれませんね。

12.ユーモアセンスがある


ユーモアのセンスというのはとてもシビアなもので、いくら自分が良いと思っても、そのセンスが周りと違うものであれば、滑ってしまったり場が凍ってしまったりすると思います。

それはそれで面白いといわれるかもしれませんが、愉快な人は大抵ユーモアのセンスもあるものです。

また、もし周りにユーモアのセンスが周りとは異なる独特のセンスを持つ人がいれば、いち早く気が付き、誰も傷つけない形でうまく笑いに持っていくこともできたりするんだとか。

そういった気遣いができ、ユーモアのセンスを持っているということも、愉快な人がたくさんの人に愛される要因だといえるでしょう。

13.サービス精神もある

愉快な人は、一見自分が楽しんでいるだけのように見える人もいるかもしれません。

しかし、よく見てみると自ら周りを楽しませようとするサービス精神も旺盛なんです。

自分が楽しいのはもちろん、周りも楽しいのがいいと考えて、行動している人が多いので、周りからは楽しそうに生きている人だなと見られがちだったりします。

でも、実はその中で自分が我慢していたり、周りを楽しませるための行動をしていたりするんです。

そんなサービス精神旺盛な一面もあるので、周りはついつい楽しんでしまうのかもしれませんね。

気配り上手

色々なところに気が付く愉快な人は、気配りも上手です。

話すのも聞くのも上手で、褒めるのも盛り上げるのも上手とくれば、気配りだって上手なことは簡単に想像できるでしょう。

周りをよく見ているので、他の人が気が付くよりも早く気が付いて自然にさっと気配りをしてくれるんです。

そんなところが素敵と魅力を感じる人も少なくないでしょう。

上司から可愛がられたり、後輩から慕われたりする人って、気遣い上手で先回りして何かができる人だったりしませんか?

人は自然とそんな人を信頼したり、頼りにしたりするんだそうです。

14.頭の回転が速い

様々なところに気が付き、空気を読むことにもたけている愉快な人なので、頭の回転が早くなくては成り立たなかったりします。

そのため、何かを話したときの頭の回転の速さはとても速いものだと思います。

それも適当に返事をするわけではなく、的確に面白く返事をしてくれたりしませんか?

これこそが愉快な人が楽しいだけじゃなく、気配りができたり色々な優れた点があることにつながるのかもしれませんね。

15.知識が豊富

楽しくいつもワイワイとしてるだけのように見られがちな愉快な人ですが、実は知識も豊富だったりします。

それもそのはず。

周りにはたくさんの人が集まってきて、その人たちの誘いも積極的に受け、様々な経験や体験をしているので、自然と知識も豊富になっていくでしょう。

また、愉快な人がすごいのはそれだけではありません。

自分で調べたり知識を増やすことも好きなので、自ら知識を増やす努力もしていたりします。

その結果、色々な人の色々な話題についていくことができ、周りに人が集まってくるという面もあるんだそうです。

16.難しい言葉は使わない

知識が多いからといって、難しい言葉をあえて使ったりしないのが愉快な人のいいところだったりします。

よく知識があって頭が良いと、難しい言葉を使ってしまう人もいますよね。

その言葉のほうが的確な表現かもしれないけど、意味がきちんと伝わらなければ、難しい言葉をわざわざ使う必要もないような気もします。

その点、愉快な人はわざわざ難しい言葉を使うようなことはせず、その人にあった言葉を使って分かりやすく話してくれるんです。

語彙は豊富

言葉というのは、何も難しいものだけではないですよね。

知識が豊富で、たくさんの言葉を知っているので、愉快な人はボキャブラリーが豊富なんです。

様々な語彙を知っているので、難しい言葉を使わなくとも、的確な表現で伝えてくれます。

そのため、教え上手な一面も。

愉快な人に何かを教えてもらうと、とても分かりやすく楽しく、すっと入ってきやすいのかもしれません。

この語彙力の豊富さも、愉快な人の魅力だといえます。

TPOで使い分ける

難しい言葉を使わずとも会話をすることは可能な愉快な人ですが、逆に難しい言葉を使うほうがいい場面では、普段のようにニコニコしたり面白おかしく説明せず、びしっと難しい言葉を使って説明することもできるんです。

仲間内で集まった気軽な場や飲み会などと、かしこまった場や会議などでは人が変わったように、TPOによって使い分けることができるのも、その場の空気をすぐさま読めたり、多くの人と関わってきたからこそだといえるでしょう。

こういった柔軟性が高いのも愉快な人の特徴です。

毎日を愉快に生きる方法

ここまで愉快な人の特徴を色々とまとめてきました。

とても魅力的で見習いたいと思ったのではないでしょうか。

ただ、現状の状態でなかなかそうはならないですよね。

だから、自分には無理だって思って諦めてしまう人も多いかもしれません。

でも、実は毎日を愉快に生きるコツって、そんなに難しいものではなかったりするんです。

もちろんあなた自身が色々と変える努力をしなくてはなかなか変わってはいけないでしょう。

しかし、それは逆にあなたが少し考え方を変えたり努力をすれば、憧れるような愉快な人になれるかもしれないということです。

最後に、毎日を愉快に生きていくための方法をご紹介していきます。

少しずつでもこの方法を試せば、きっと今よりも毎日を楽しく愉快に生きていけるようになるはずです。

表情豊かになる

まず毎日を愉快に過ごすには、自分が喜怒哀楽を豊かにしてみることです。

表情が豊かでいつもにこにこしている人を見ていると、自然とこちらまで元気になっていくような気がすると思います。

それは周りの人も同じです。

あなたがニコニコしたり表情を豊かにすることで、周りにもそんな人が集まってくるかもしれません。

それに、表情を豊かにしていると、それまでと同じ毎日だったとしても、全然違う風に感じることだってあるはずです。

普段から表情豊かに過ごしているつもりでも、もう少し表情豊かにするように気を付けてみてはいかがでしょうか。

口角を上げて過ごす

表情を豊かにする中でも、口角を上げて日々過ごすようにしてみましょう。

人は、口角を上げるだけでも不思議と気持ちが前向きに楽しく過ごせるんだそうです。

なので、口角を上げて過ごすように気を付けるだけで、愉快な人に近づくともいえると思います。

そして、気持ちが変わっていけば言葉も接し方も変わっていきますよね。

そうすると、周りの人の印象も変わってくるでしょう。

口角を上げるなんてちょっとしたことでも、意外と大きく変わったりするはずですよ。

はっきりと話す

普段の生活からなるべくはっきりと、人に伝えるように話すことを心掛けてみましょう。

人と話しているときに、なんとなくふわっと話したり、何かモゴモゴ話していても説得力にかけたり、一緒にいたり話をしていて面白いとはなかなか思わないかもしれません。

そんなときは、まずはっきりと話すようにしてみると、自信があるように感じられたり、逆に自分の意見に自信がもてたりします。

そして、大勢といても話すことができるようになったり、自分自身に自信をもつキッカケになることだってあるんです。

なので、普段あまり自分に自信が持てなかったり、話下手な人は、少しずつはっきりと話すことを心掛けるといいかもしれません。

ただ、あまり強く主張しすぎると、かえって逆効果になってしまうこともありますので、状況などを考えながら話すことも大事です。

価値観を狭めない

人はどうしても自分の価値観を入れ込んでしまいがちです。

価値観は大事なものですが、それがあることで反感を買ってしまったり、関係が悪化してしまうことも少なくありません。

そのため、人と接する際にはなるべく自分の価値観で物事を話してしまわないように注意しましょう。

自分の価値観ばかりに執着していると、せっかく良い関係を築けそうな人も離れていってしまうかもしれませんよ。

新鮮な感情を取り込む

自分の価値観に執着しているよりも、周りの良いと思った価値観や感情は積極的に取り込むようにしましょう。

新しい友人や上司、後輩から新鮮な感情や価値観を感じることができたら、積極的に取り込むようにすることで、常に新しく深い価値観を持つことができ、自分の知識も深まるといえると思います。

人の気持ちも全てを経験することはできませんよね。

そんな中で、人からの感情などを取り込むことができれば、周りの人でまた同じような状況に陥った人がいれば、寄り添ってあげたり的確なアドバイスができることもあるでしょう。

そうやって価値観を決めつけずに、常に新しい感情を取り込む意識を持っておくことも大切です。

自分の内面と向き合う

周りに対しての見せ方や外見についてもいろいろありますが、自分自身とじっくり向き合ってあげると、意外なことが見えてくるかもしれません。

人は、意外と自分自身のことを知らなかったりしますよね。

愉快な人になるために、まず自分自身の普段の姿や考え方と向き合って、どこが自分の長所なのか、何を変えたらもっと毎日を楽しく過ごせるかを考えてみると、さらに意識が高まるということも考えられると思います。

また、自分がどんな人間なのかを知ることは、愉快で楽しく生きること以外にも、とても多くの場面で役に立ってくるはずです。

他人と比較しない

他人と比較して、悲観してしまったりネガティブな思考になるなんてこと、愉快な人はしません。

自分は自分と認め、他人と比較するときはさらに自分が向上するための見本として、憧れを持つという意味では他人と比較するのもいいのかもしれません。

ですが、他人はどうしてこんなことができるんだろう、どうして自分はこんなにだめな人間なんだろうと思ってしまうような比較の仕方であれば、比較はしてもいいことはありません。

まずは自分の良いところを見つめ、その上で周りの人の良いところを盗むくらいの気持ちでいるといいと思います。

なんでも挑戦してみる

愉快な人は、自分の限界を決めずに色々なことを挑戦してみるようにしているんです。

その結果、視野が広がったり、友達の輪が広がることだってゼロではありません。

なので、なるべく積極的に様々なことに挑戦してみるように心がけましょう。

そうすることで、自然と知識や視野が広がり、愉快な人に近づくことだってあるはずです。

また、新しいことを知ると、気持ちが前向きになったり様々な出会いに、人間として成長していくような気にもなりますよね。

定期的にストレス発散する

愉快な人だって、ストレスはたまるはずです。

どんなに毎日楽しく生きていたとしても、イライラすることやストレスがたまってしまうことだってあるでしょう。

そんなときは、ため込んでしまわずに早めに発散するように心掛けることが大事です。

定期的に少しずつストレスを発散するようにすることで、ストレスがたまってイライラしてしまったり、ネガティブになってしまうことを防げるのではないでしょうか。

【ストレス解消法は、こちらの記事もチェック!】

話し方のセンスを磨く

愉快な人の一番の武器といえば、やっぱり話上手という点ではないでしょうか。

そのため、愉快に生活するコツを実践しつつ、話し方のセンスやポイントをつかんでいくことがおすすめです。

そうすることで、人から楽しい話をすると思われ、どんどん集まってきてくれるかもしれません。

そして、そうやって様々な人と話して接していく中で、自分が成長して愉快な毎日が送れるようになっていくことだってあるはずです。

【話し方のセンスを磨く方法は、こちらの記事もチェック!】

面白い人を観察する

磨くといっても、漠然としすぎていてピンとこないかもしれません。

そんなときは、周りにいる面白い人や愉快だと思う人を観察してみましょう。

そうすることで、ヒントや会話のコツなどがつかめることもあると思います。

観察している中で、コツや面白い話し方のポイントを見つけたら、参考にしたりマネをしてみたりすると、はじめのほうはセンスを磨くことにつながるかもしれません。

しかし、マネばかりでは自分の話し方のセンスを磨くことにはつながらないので、ある程度観察して分かったら、自分の話し方のセンスを探すようにすることも必要になってきます。

おわりに

今回は愉快な人についてまとめてきました。

愉快な人というのは、楽しいだけでなく色々な長所があることが分かってもらえたと思います。

特徴を見て、愉快な人になりたい、愉快な毎日を送りたいと思った人も多いのではないでしょうか。

ぜひ毎日を愉快に過ごす方法を実践して、楽しい毎日を送ってください。