CoCoSiA(ココシア)

両想いの兆候が知りたい!確信する9...(続き2)

相手もあなたのことを見ているし、あなたも好きな人のことを見ているから、目がよく合うようになるのです。

好きな人を目で追ってしまうという行動は、男女ともに恋愛パターンとして表れやすい行動です。

とくに男性は、好きな人をじっと見てしまう傾向があるそうですよ。

女性は少し控えめなこともありますが、それは恥ずかしさを隠すため♡

相手の熱い視線を感じる場合は、両想いと確信できる態度と捉えて間違いなさそうです!

ただ、あなたが好きな人を見すぎているばかりに、相手とよく目が合うようになっている場合もあります。

ポイントは、相手からの視線を感じることがあるかどうか!

両想いかどうかを確認するなら冷静に、客観的に相手の態度を見極めてみてくださいね♡

よく目が合うけどそらされる!?

一方、目がよく合うのに、目があった瞬間にそらされてしまうこともありますよね。

目があってもそらされる場合は脈なしなのでしょうか?

答えは…目をそらすのも「好き」の裏返しの可能性が高い!です。

内気な性格の人や、逆に強気な性格の人に多い行動パターンで、内気な人は単純に、「目が合うと恥ずかしい」からそらします。

強気な性格の人は、好きだけど「好きな気持ちを悟られたくない!」という心理が働いて、目をそらしてしまいます。

どちらにしても気持ちを知られるのが恥ずかしくて、“見つめてしまうけど目が合うとそらす”という「好き避け」行動に出てしまうのです。

つまり目が合ったのにそらされる場合も、両想いである可能性が高いということ!

目をそらした後の相手の態度によく注目しておきましょう。

恥ずかしそうにしていたり、動揺していたりするなら、相手もあなたのことが好きということです♡

4.手を繋いでも嫌がらない

手を繋いでも嫌がらないのは、好きな人との両思いを確信できる瞬間としては最も分かりやすい態度ですよね♡

そもそも、好きな人以外と手を繋ぐことってありませんよね?

お互いの意思が一致していなければ出来ないことですから、手を繋ぐことが出来た時点で両想いだと捉えて間違いないでしょう!

もちろん、無理矢理手をとった場合は別ですが…。

その場合は、嫌がられたり手を振り払われたりするのがオチ。

嫌がらずにそのまま手を繋いでくれたのなら、それは脈ありサインです。

人にはパーソナルスペースというものがあり、心を許していない人とは一定の距離が必要です。

手を繋ぐのには、まず好きな人のパーソナルスペースに入ることを許されなければなりません。

パーソナルスペースに入っても嫌がられることなく、しかも触れることが許されるなら両思いはほぼ確実!好きな人も、同じ気持ちでいるということです♡

5.連絡が頻繁にある

好きな人から連絡が頻繁にあるなら、両想いを確信できますよね。

好きな人と連絡を取り合える関係なら、あとはふたりの気持ちを確認し合うだけ!カップル成立まであと一歩の位置にいるということです♡

好きな人とは、毎日でも連絡をとりたいですよね。

たくさんおしゃべりして、少しでも相手のことを知りたい!自分のことを知って欲しい!と思うのが、恋をする人の心理です。

だから何かにつけて連絡しては、少しでも長く会話をしようとしてしまうものです。

たとえ内容が連絡事項だったとしても、その後に他愛もないおしゃべりをすることが多かったり、わざわざ連絡してこなくてもいいような内容で連絡がきたりするなら…それは脈ありサイン。

つまり両想いということです。

自分から連絡する頻度や、相手から連絡が来る頻度、そして会話の内容をよく思い返してみてください。

きっと相手からの「好き」のサインが隠れているはずです♡

6.会話の仕方

好きな人と両思いだと確信する瞬間は、会話の仕方にもあります。

相手のふとした態度やしぐさを注意深く見ておいて!

きっと好きのサインが態度に表れているはずです。

男性は好きな人をじっと見つめてしまう…

好きな人は、あなたのことをじっと見つめながら会話をしていませんか?

男性の場合はとくに、興味のある女性が相手の場合はじっと見つめてしまうそう。

また、たくさん誉めるというのも、男性に多い脈あり行動なのだそう。

気になる相手のことを見てしまったり、たくさん誉めて気を引こうとしたりと、男性は案外分かりやすい行動に出てしまう人も多いようです。

もちろん、中にはシャイな人もいて、目を見られなかったり会話が早口になったりする人もいます。

恥ずかしくて動揺が隠せない状況ですよね。

どちらにしても、好きな人との会話では、好きな気持ちが分かりやすく態度に表れるのが男性なのです。