好きな人の態度で両想いかどうかが分かればいいのに…。

好きな人へ想いを告げたいと思っても、相手の気持ちが分からないと不安ですよね。

でも、好きな人の気持ちが態度で分かるとしたら…?

実は好きな人の態度には、あなたへの気持ちが表れているんです。

それが両思いだと分かれば、告白する勇気も湧いてきますよね♡

そこで今回は、好きな人の態度から『両思いだと確信する瞬間』をご紹介します!

さらに、『好きな人にすること』もまとめました。

恋のチャンスを掴んできた多くの人たちが、好きな人の態度から両想いの確信を得て、前に踏み出すことが出来たそう。

誰だって好きな人の気持ちを知りたいし、気持ちが分からないと次に進めないのです。

今好きな人がいるあなたも、ぜひこの記事を参考に相手の気持ちを探ってみてください♡

両思いだと確信することができたなら、思い切ってその気持ちを相手に届けましょう!

両想いだと確信する瞬間9選!

好きな人の態度から、両想いかどうかを探ることができます。

両思いだと確信できる瞬間はいくつもあり、その態度を見逃さないようにすることで好きな人の気持ちも分かるはず♡

そもそも、人の行動にはすべて意味があると言われており、行動心理学では多くの行動パターンが研究されています。

それらは、すでにビジネスや人間関係構築術として広く使われていますが…“恋愛”も行動パターンが役立つシーンのひとつとして知られています。

理性よりも“気持ち”が大きく作用する恋愛では、とくに心理が行動に表れやすいものです。

しかも、“好き”という気持ちにおいては隠そうと思っても隠し切れないのが人間。

理性が働く“嫌い”という気持ちよりも分かりやすいのが、好きな人への態度なのです。

好きな人と両想いだと分かれば…その恋は99%叶っているということになりますよね♡

残りの1%はあなた次第!

ご紹介する『両思いだと確信する瞬間9選』を参考に、あなたも好きな人の態度をチェックしてみてくださいね♡

1.会った瞬間嬉しそうな顔をする

会った瞬間、好きな人が嬉しそうな顔をしていたら…両思いだと確信してもいいかもしれません♡

とくに男性の場合、感情が態度に表れやすいと言われています。

好きな人と会った瞬間の喜びが隠し切れず、表情に表れてしまうようです。

ただ、感情表現が苦手なのも男性で、嬉しそうな顔をするのも一瞬かもしれません。

好きなお相手が男性なら、会ったその瞬間の口元に注目してみましょう。

口角が一瞬でも上がったなら、それは好意のサイン。

好感を持っている相手とは、会った瞬間、反射的に喜びが出てしまうそうですよ♡

もちろん女性の場合も、好きな人と会ったら嬉しそうな顔をします。

ただ、女性の場合は誰にでも愛想よく接する人もいるので、表情の変化には注意しましょう。

とはいえ、女性は嫌いな人に、あまり笑顔を向けません。

会った瞬間に嬉しそうな顔をするなら、好感を持たれているのは間違いないでしょう。

嬉しそうな笑顔とともに目がキラキラ輝いて見えたら、それは恋をしている証拠!両想いだと確信できる瞬間です♡

2.一緒にいるとき楽しそう


一緒にいるとき楽しそうにしているのも、両想いを確信できる好きな人の態度です。

好きな人と一緒に居て、つまらない人はいませんよね?

一緒に居られるだけで嬉しくて、テンションも上がり気味になってしまうのが好きな人といるときの態度です。

そんな相手と一緒にいるあなただって、楽しくて、もっと好きな気持ちが膨らみますよね♡

恋のはじまりってきっとこんな風に、ふたりの気持ちが盛り上がっていくものだと思います。

それに、女性の場合は好意を伝えたくて、いつもよりオーバーリアクションで楽しそうにすることも!それも「好き」というサインのひとつです。

男性でも、好きな人に嫌われないようにと思えば自然と楽しそうな態度になりますよね。

言葉にするのは恥ずかしいけど伝わって欲しい!そんな相手の気持ちが、一緒にいるときの楽しそうな態度に表れているのです♡

3.目がよく合う


好きな人と目がよく合うのも、両想いだと確信できる態度のひとつです。

好きな人のことって、気になって目で追ってしまいませんか?

好きな人のことを見ている時間が多くなれば、当然ながら相手と目が合うタイミングも増えていきます。

つまり両想いなら、目が合う回数も格段に増えるというわけ!

相手もあなたのことを見ているし、あなたも好きな人のことを見ているから、目がよく合うようになるのです。

好きな人を目で追ってしまうという行動は、男女ともに恋愛パターンとして表れやすい行動です。

とくに男性は、好きな人をじっと見てしまう傾向があるそうですよ。

女性は少し控えめなこともありますが、それは恥ずかしさを隠すため♡

相手の熱い視線を感じる場合は、両想いと確信できる態度と捉えて間違いなさそうです!

ただ、あなたが好きな人を見すぎているばかりに、相手とよく目が合うようになっている場合もあります。

ポイントは、相手からの視線を感じることがあるかどうか!

両想いかどうかを確認するなら冷静に、客観的に相手の態度を見極めてみてくださいね♡

よく目が合うけどそらされる!?

一方、目がよく合うのに、目があった瞬間にそらされてしまうこともありますよね。

目があってもそらされる場合は脈なしなのでしょうか?

答えは…目をそらすのも「好き」の裏返しの可能性が高い!です。

内気な性格の人や、逆に強気な性格の人に多い行動パターンで、内気な人は単純に、「目が合うと恥ずかしい」からそらします。

強気な性格の人は、好きだけど「好きな気持ちを悟られたくない!」という心理が働いて、目をそらしてしまいます。

どちらにしても気持ちを知られるのが恥ずかしくて、“見つめてしまうけど目が合うとそらす”という「好き避け」行動に出てしまうのです。

つまり目が合ったのにそらされる場合も、両想いである可能性が高いということ!

目をそらした後の相手の態度によく注目しておきましょう。

恥ずかしそうにしていたり、動揺していたりするなら、相手もあなたのことが好きということです♡

4.手を繋いでも嫌がらない

手を繋いでも嫌がらないのは、好きな人との両思いを確信できる瞬間としては最も分かりやすい態度ですよね♡

そもそも、好きな人以外と手を繋ぐことってありませんよね?

お互いの意思が一致していなければ出来ないことですから、手を繋ぐことが出来た時点で両想いだと捉えて間違いないでしょう!

もちろん、無理矢理手をとった場合は別ですが…。

その場合は、嫌がられたり手を振り払われたりするのがオチ。

嫌がらずにそのまま手を繋いでくれたのなら、それは脈ありサインです。

人にはパーソナルスペースというものがあり、心を許していない人とは一定の距離が必要です。

手を繋ぐのには、まず好きな人のパーソナルスペースに入ることを許されなければなりません。

パーソナルスペースに入っても嫌がられることなく、しかも触れることが許されるなら両思いはほぼ確実!好きな人も、同じ気持ちでいるということです♡

5.連絡が頻繁にある

好きな人から連絡が頻繁にあるなら、両想いを確信できますよね。

好きな人と連絡を取り合える関係なら、あとはふたりの気持ちを確認し合うだけ!カップル成立まであと一歩の位置にいるということです♡

好きな人とは、毎日でも連絡をとりたいですよね。

たくさんおしゃべりして、少しでも相手のことを知りたい!自分のことを知って欲しい!と思うのが、恋をする人の心理です。

だから何かにつけて連絡しては、少しでも長く会話をしようとしてしまうものです。

たとえ内容が連絡事項だったとしても、その後に他愛もないおしゃべりをすることが多かったり、わざわざ連絡してこなくてもいいような内容で連絡がきたりするなら…それは脈ありサイン。

つまり両想いということです。

自分から連絡する頻度や、相手から連絡が来る頻度、そして会話の内容をよく思い返してみてください。

きっと相手からの「好き」のサインが隠れているはずです♡

6.会話の仕方

好きな人と両思いだと確信する瞬間は、会話の仕方にもあります。

相手のふとした態度やしぐさを注意深く見ておいて!

きっと好きのサインが態度に表れているはずです。

男性は好きな人をじっと見つめてしまう…

好きな人は、あなたのことをじっと見つめながら会話をしていませんか?

男性の場合はとくに、興味のある女性が相手の場合はじっと見つめてしまうそう。

また、たくさん誉めるというのも、男性に多い脈あり行動なのだそう。

気になる相手のことを見てしまったり、たくさん誉めて気を引こうとしたりと、男性は案外分かりやすい行動に出てしまう人も多いようです。

もちろん、中にはシャイな人もいて、目を見られなかったり会話が早口になったりする人もいます。

恥ずかしくて動揺が隠せない状況ですよね。

どちらにしても、好きな人との会話では、好きな気持ちが分かりやすく態度に表れるのが男性なのです。

前のめりになるのは好きな人にみせる女性の態度

一方女性の場合は、好きな人に気遣いを見せる人が多いようです。

「大丈夫?」「無理しないでね」と、会話の中で体を気遣う内容があるなら、それが好きな気持ちの表れ。

好きな人のことは気になるし、心配していたい!というのが恋する女性の恋愛心理です。

また、好きな人と少しでも近づきたい!好きな人のことを少しでも知りたい!という気持ちから、好きな相手の趣味などに興味を持ち始めるのも女性。

「それ私もやってみたい」など、前のめりの姿勢で興味を示してくる場合は、好意のサインでもあるのです。

男性の場合も女性の場合も、好きな人と話しているときの態度は、他の人と会話している態度とは明らかに違います。

態度の出方は人によって違いますが、好きな人といると平常心ではいられないのが人間。

好きな人への気持ちが高まっているときほど、会話の仕方は相手に好感を持ってもらえるような内容や態度になるので、お互いの気持ちは盛り上がるばかり♡あなたが会話していて楽しく、相手も楽しそうにしているなら、両思いは間違いないでしょう。

7.夏じゃないのに暑がる

夏じゃないのに服をパタパタさせたり手で顔を扇いだり…。

好きな人が暑がる態度をしていませんか?夏じゃないのにあなたの前で暑そうにしている場合も、両想いだと確信できる瞬間です。

好きな人と一緒にいると、人は少なからず興奮しています。

その興奮の反応は人それぞれですが、体温が上がってしまう人もいます。

あなたも好きな人と一緒にいて、ちょっと体が熱くなるのを感じたことはありませんか?

それは、気持ちの興奮とともに体温が上昇するからです。

一種の緊張状態で、交感神経が刺激されて体温が上昇したり汗が出たりすることがあるのです。

夏でもなければ、あなたと一緒に居るから緊張や興奮状態になっているということですね♡

平常心が保てず興奮している

男性でも女性でも、好きな人といれば平常心を保っていられません。

ましてや、お互いにまだ両想いかどうかも分からない状態。

好きな気持ちや不安な気持ちが入り乱れ、緊張や興奮もピークの時期です。

好きな人といて暑くなるなんて相当な緊張状態で、それだけ相手のことが好きということになりますよね。

そんな体の反応があれば、きっと本人も自分の気持ちに気づいていることでしょう。

体は正直です。

恋する人の体も行動も、もう自分ではコントロールができなくなっています。

だから相手の体の反応をみれば、両想いかどうかも分かるのです♡

8.周りに自分のことを聞いている

好きな人が周りの人にあなたのことを聞いている…。

そんな話を耳にした瞬間も、両想いを確信できますよね♡

それだけあなたのことが気になっていて、あなたのことを知りたがっているなんて嬉しいことなのではないでしょうか。

人は、興味のないことや関心のないことをわざわざ知ろうとはしません。

たまたま噂を耳にすることはあっても、自ら行動して知ろうとするのは、それだけ「知りたい」という欲求があるからこそです。

人が人を知りたいと思うのは、その人に興味があるときか、関係性を築きたいと思うときです。

たとえば、芸能人のことを知りたいと思うのはその芸能人に興味があるからです。

好きなアイドルやタレントさんのことは、テレビで見るだけでは物足りずにプライベートな人物像まで知りたくなって検索したりしますよね。

仕事で付き合いを深めたい人がいるときは、その人が信用できる人物かどうかを知りたいと思い、他人の評価を確認したりします。

恋愛の場合はその両方。

興味があり、関係性を築きたいから人物像を探りたくなるのです。

とくに慎重派の人は、自分が感じている相手の人柄に間違いはないか、不安になったりするものです。

だから、他人の評価を知りたくなるのです。

第三者のほうが客観的に見ている

恋は盲目と言われます。

恋する気持ちは判断を鈍らせ、時に人を見る目を狂わせます。

それが恋愛の醍醐味でもありますが、恋愛の失敗が多かった人や自分に自信がない人は、自分の恋に間違いがないのか不安になりがちです。

過剰に失敗を恐れたり、傷つくことを怖れたり。

また、他人の目を気にするタイプだと、自分の気持ちだけに正直に行動することが出来ないものです。

そんなときに頼りにするのが第三者の評価。

恋する気持ちに惑わされることない、客観的な視点で見たその人を知りたくなるのです。

好きな人が、あなたのことを周囲の人に聞いているようなら、それはかなりの脈ありな証拠!

安心材料を集めて、自分の気持ち通りにあなたを好きになっても大丈夫か、確認している最中です♡

9.細かいことも覚えてくれている

好きな人があなたの細かいことを覚えてくれているとしたら、それほど嬉しいことはありませんよね♡

そして、その喜びとともに両想いを確信できるでしょう。

細かいことまで覚えてくれているのは、あなたのことに興味がある証拠。

よほど記憶力のいい人でなければ、いちいち人の細かいことまで覚えていないのが人間です。

それを覚えているのは、やっぱり気になっているからに他なりません!

人が記憶力を発揮するときって、興味があるときか何か目的があるときですよね。

興味のあることにはそもそも「知りたい」という欲求があるので、細かいことまで自分の記憶にインプットします。

また、試験勉強など合格という目的があるときや、何かを覚えて生活や仕事に役立てたいときも記憶力を発揮します。

恋愛もまた、相手に興味があり「付き合いたい」「好かれたい」という目的が存在しますよね。

だから好きな人のことは、なんでも覚えるし覚えたいのです。

「明日大事なプレゼンの日だよね!がんばって!」とか「あなたの友達、具合良くなった?」とか、あなたが気にかけていた細かいことまで覚えてくれているとしたら、好きな人はあなたのことが気になって仕方ない状態。

両想いを確信できる瞬間です♡

照れ隠しで忘れたフリをする人もいる

細かいことまで覚えてくれていれば両想いを確信できますが、覚えてもらえていなかったら…脈なしということになるのでしょうか?

実は、覚えているのに照れ隠しで忘れたフリをする人もいるんです!

ちょっとわかりにくい態度ではありますが、ウソをつくときは動揺するのが人間。

言動に違和感があるときは、本当は覚えているのかもしれません。

そんなときは、好きな人の他の態度や行動で判断してくださいね!

あなたのことが好きな気持ちは、他の態度にも表れているはずです♡

想いは言葉以外にも身振りや表情で伝えることができる

好きな人も自分を好きだというサインは、日常の中にたくさん溢れています。

好きな人の態度の変化を見逃さないようにしていれば、両想いかどうかも分かってきますよ♡

と同時に、想いはこんなにも、身振りや表情などの態度で伝えることが出来るということです。

あなたが不安なように、相手もきっと不安でいっぱいです。

「自分のことはどう思われているんだろう?」「この恋は実るの?実らないの?」「好きな人のあの態度って脈ありってこと?」と、好きな人の態度や言動に一喜一憂しているはず。

それなら、ご紹介した好きな人に見せる態度をあなたが示してみては?

会った瞬間には万遍の笑みで喜びを表現して、一緒に居られるだけで楽しいことを態度で精一杯示しましょう。

自分の体や心の変化に正直になり隠さずにいれば、あなたの気持ちも好きな人に伝わるのです。

そうすれば、お互いに両想いだと確信し、自然の成り行きで付き合うことになるのではないでしょうか。

今はまだ、ふたりの間で両想いかどうかを探り合っている状態。

あまり恥ずかしがらず、お互いに気持ちを見せ合って恋を実らせてくださいね♡

要チェック!好きな人にすることとは?!

両思いだと確信できる好きな人の態度を9つご紹介してきましたが、好きな人にする脈ありサインはまだまだ他にもあります!

あなたが好きな人への気持ちを態度で伝えたいなら、これからご紹介する『好きな人にすること』を意識して実践してみてくださいね♡

あなたが脈ありサインを出せば、きっと相手もその気持ちに応えてくれるでしょう。

また、脈ありサインを出して好きな人にどんな反応をされるかを見れば、相手の脈あり度も見えてくるはずです。

様子を見ながら脈あり態度をやってみて、相手の反応を探ってみるのも両想いかどうかを知るひとつの方法です。

甘える

好きな人にする態度でよく知られているのが『甘える』という態度です。

とくに女性は顕著!脈ありサインとしては分かりやすい行動です。

もちろん男性も、甘えるのは好意を持っている場合が多いようです。

女性の場合、好きな人に甘えるのは「守ってもらいたい」という心理が働くから。

好きな人の優しさを得たいという欲求が、甘えるという行動に走らせます。

好きな人には弱音を見せたり、頼ったり…好きな人につい甘えてしまうのが女性なのです。

一方男性の場合は、あまり人に甘えることがありませんよね。

そんな中、女性に甘えるというのは信頼の証でもあるそうです。

甘えたくなるのは疲れた時や寂しいときのようですが、甘えられるのも信頼していたり好意を抱いていたりするからこそ。

どちらにしても、甘えるということは相手を頼りにしているということ!

それだけ信頼のおける相手であり、それを態度で示すことは相手にも好感を与えることに繋がります。

あなたも信頼の証として、相手に甘えた態度をとってみては?

ボディタッチ

ボディタッチも、好きな人にすることですよね♡好きな人に触れたい、少しでも近づきたいという気持ちは誰しもが抱く感情で、ボディタッチは好意の表れです。

もし好きな人への好意を態度で示したいのなら、ボディタッチは有効になるでしょう。

男女の間では、触れることは好き勝手にできるものではありませんよね。

女性は好きな人でもなければ、ボディタッチされることを嫌がります。

男性も、好意を持っている相手でもなければ、気安くベタベタされることに嫌悪感を抱くでしょう。

気安く触れられないものだというのが暗黙のルールである以上、ボディタッチするのにはそれなりの意味があるということにもなるのです。

好きだから触れたい!好きな人だからボディタッチしたいというのは、男女ともが抱く感情で、好意の証となる行為です♡

手を繋ぐ

ボディタッチ以上に男女間でのハードルが高いのが、手を繋ぐことです。

つまり手を繋ぐということは、好きな人だからこそすることになりますよね♡

女性同士の間では、仲の良い友達と手を繋ぐこともありますが、男性の間や男女の間ではいらぬ勘違いをされてしまうために避けるのが普通です。

いくら仲が良い間柄でも、『手を繋ぐ=恋人同士』という共通認識がある以上、気軽にできることではありません。

それだけの行為だからこそ、手を繋ごうとするのは好きの証!脈ありアピールとしては、告白同様の態度として有効です。

嫌がられる可能性があるため、手を繋ぐまでには両想いをある程度確信していなければできないと思いますが、押しの一手として手を繋げば、お互いの気持ちを確認することが出来るでしょう♡

家族のことなどプライベートを話す

会話の中で好きな人への気持ちをアピールするなら、家族のことなどプライベートを話すと効果的です。

なぜなら、それが好きな人にする話だからです。

もし好きな人があなたに家族のことなどプライベートを明かしてくるなら、それだけあなたが信頼されているということだし、あなたを大切な人としてプライベートに向かい入れてくれている証拠です。

ですから、あなたが好きな人に気持ちをアピールしたいなら、プライベートなことをどんどん話すと良いでしょう。

それが信頼の証となり、好意を示す態度となります。

お互いにプライベートを明かし合い、深く知っていく中で関係性は築かれていくものです。

両想いになる段階では、必要なコミュニケーションのひとつだと覚えておきましょう♡

連絡がマメ

連絡がマメなのも、好きな人にすることとして知られる行動ですよね♡

だって、好きな人が相手じゃなければ頻繁に連絡を取ろうとは思いません。

相手のことが好きだから様子が気になるし、自分のことも知って欲しくて連絡してしまうのです。

日々連絡を取り合っていれば、お互いのことを日々知っていくことができますよね。

そしてお互いを知ることこそが、心を許し合う恋人同士としての関係を作っていくのです。

好きな人から恋人同士となっていく段階では、こうした連絡の取り合いもとても重要です。

マメに連絡が無ければ興味がないと思われる可能性もあるので、好きな人にはどんどん連絡して、大切な人だと思っていることを態度で示しておきましょう。

お互いの存在が日々必要なものとなって初めて、恋も進展していくのです♡

LINEやメールに絵文字が多い

LINEやメールに絵文字が多いのも、好きな人にすることですよね♡とくに女性の場合は、好きな人には絵文字たっぷりのLINEやメールを送ってしまうことでしょう。

絵文字たっぷりのLINEやメールの画面は、とても華やかです。

見ているほうも楽しく、絵文字に乗せて相手の表情や感情が伝わっていきますよね。

もしそこに絵文字が無かったら?素っ気ないメールとして、とても脈ありだとは思えないでしょう。

恋の初めには、誰もがウキウキした気分を味わいたいものです。

自分のウキウキした気持ちを絵文字に乗せて好きな人に伝えれば、相手だって悪い気はしません。

あなたの気持ちをLINEやメールで示したいなら、言葉よりもインパクトがある絵文字で伝えましょう♡

両想いと分かってても不安

好きな人の態度で両想いかどうかを探ったり、好きな気持ちを伝えるために脈あり行動をしてみたり…。

両想いなら、そんな行動をしているうちに実感を得られてくるはずです。

相手からの脈ありサイン、自分からの脈ありサインの応酬で、ふたりはお互いに気持ちを確かめ合うことができるのです。

しかし、両想いと分かっていても不安になってしまうのも人間であり恋心。

だから最終的には、告白というカタチで気持ちを確かめることが必要となってきます。

両想いだと確信していれば、99%恋は叶っているといってもいい。

あとは好きという気持ちを言葉にして伝えあうだけなのですが…残りの1%を埋めるのが恋の最大の試練なのかもしれませんね。

失う怖さが大きくなる

恋は、いつだって失う怖さが付きまといます。

恋をすればいつかはその恋を失う可能性があり、たとえ付き合えたとしてもその相手との関係がいつまでもあるとは限りません。

そんなことを考え始めると、あと一歩を踏み出さない状態のほうが楽に感じてしまうこともあるものです。

好きな人とは恋人同士になるのが気持ちが成就する最高のカタチのはずですが、「失うくらいなら想い続けていたほうが幸せ」に感じてしまう心理ですよね。

付き合う幸せを得るよりも失う怖さが先に立てば、告白の勇気が持てません。

告白できなければ、その恋は結局、成就することもないままになってしまうのです。

タイミングを逃すといつの間にか「友達以上恋人未満」になることも

両想いを確信してもなお不安な気持ちでいると、告白のタイミングを逃してしまうことも多々あります。

恋人同士になれることはほぼ確実だったのに、友達以上恋人未満のままになってしまうことも…。

友達以上になれても、告白がなければ決して恋人ではありません。

不安だから、恥ずかしいからとタイミングを逃していたら、やはりその恋は叶わないまま、やがて相手は他の人と付き合うことになるかもしれません。

99%確実の恋でも、残りの1%を埋める勇気があるかどうかは大きな違い!1歩を踏み出さなければ、恋人同士になることはできないのです。

思い切って伝えることも大事

いかがでしたか?

今回は、好きな人の態度で『両思いだと確信する瞬間』と、『好きな人にすること』をご紹介してきました。

好きな人の態度で両想いかどうかを探るのも、好きな人に気持ちを態度で示すのも、どちらもその恋を成就させるための段階に過ぎません。

相手からの告白を待ちたい気持ちもあるかもしれませんが、本当に大切な恋なら自分から掴みにいくことも大切ですよね。

両想いを確信できたなら、迷う必要はありません!

思い切って気持ちを言葉で伝えましょう♡