皆さんは普段人と話しをする際にはどのようにしてお話しをしますか?

例えば相手に気を使って話しをするというような人は、相手のことを笑わせたりと意中にさせるような話し方をする人が多いのではないかと思います。

自然と人などが集まり、楽しい場所になるというような人も相手のことに気を使える人だとも思います。

どんな人でもそうですが、人には個性というものがあり、その個性を見出すことによってその人の魅力というものが決まります。

話し方や話の内容も、また個性があるからこそいろいろな話を聞くことができ、似たような人には共感をして、似たようなことが無いという人はそれを学ぶというような事も多いのではないでしょうか?

よく反面教師というような言葉も耳にしますが、この場合は相手の悪い見本を見て、自分も気をつけようと考えることです。

様々な人と接しているとどうしてもその様な考えであったり、その考えに対して疑問を抱いたりするというような事も多いのではないかと思います。

ここで皆さんに質問があるのですが、皆さんはよく人と話す際に気に障るようなことを言う人と話しをしていませんか?例えば「そこまで言わなくてもいいのに」というような事や「悪口や噂話が多いな」というような人もいるのではないかと思います。

気に障るような発言というのは、人によって感じ方が違うので、どうしてもその人に対しての印象も変わることが多いです。

しかしながらここで重要なのは、気に障る発言が多いと、こちらもストレスなどが溜まってきたり、イライラしたりしてしまうので、その様な言い方をしなくてもいいのに、と言いたいけれど言えないというような時がありますよね。

今回はそんな気に障るようなことを言う人の12個の特徴と、気に障るようなことを言うような人に対しての対処法をいくつかお教えしたいと思います。

皆さんはよく人と話しをする際に「そこまで言わなくても大丈夫」と言われたことはありませんか?

もしかするとその様なことを言われた場合は、相手はその事が気に障っているという事になるので、今一度自分の発言などの見直しをすると良いかもしれません。

また、よく気に障るようなことを言ってくる人と会話をすることが多いという人は、その人のことを理解して対策をすることが必要になるのではないかと思います。

ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

気に障る人の生態を暴こう!

気に障る人というのは何故その様な人がいると思いますか?基本的に人というのはどうしても個性というものがあるので、その事が原因だとも思います。

言うのであれば気に障る人の生態というのは、いわゆるその相手がどの様にして思うのかという事で決まってくるのです。

例えばこの様な人もいますし、中には気に障るような人が良い人だと思うような思考の人もいるという事です。

人というのは個性があるからこそ、皆が違うような考えを持っていますよね。

なので自分にとっての苦手な人や好きな人というのは、他の人からして見ると良い人であったり、悪い人でもあるというような事になるのです。

その人のいわゆるイメージというようなものが決まるといっても良いのではないかと思います。

生活をする上では、この様な人と接するというときが必ずくると思いますが、その人といかにどの様にして接することができるのかという事が重要になってくるのではないかと思います。

気に障る人は必ずいるもの

気に障る人というのは必ずいるものです。

特にこれは人によって感じ方が違うと思います。

例えばいつも噂話などをするような人のことを気に障るという人も、自分自身もその噂に関して気にしていたので会話が弾むというような人とで大きく分かれることが多いです。

特に気に障る人というのは、人の感じ方で大きく分かれてしまうので、気になる人は気になる、気にならない人は気にならないというような事になるのが一般的なのではないかと思います。

皆、価値観が違う


これはその人に対しての印象、つまり価値観というようなものが違うので、感じ方なども違ってくるのではないかと思います。

例えばお金の使い方に対しても価値観が違う、恋愛に対しても価値観が違うというような人って多くいますよね。

一番話しがあったり、一緒にいたいというような人というのは、自分の価値観を理解してくれる人です。

そして相手の価値観も理解できるような人と一緒にいたいと思ったり、友達になりたいと思うので、基本的にその価値観が合わないような人と会話をする際にはどうしても気に障るというような人が多いのではないかと思います。

特に気に障るようなことで多いのは、相手がマイナス思考のことを言ったり、悪い噂というような人のイメージダウンをさせるかのような事を言ったりするような人が多いという事です。

価値観や感じ方も人それぞれなのですが、気に障るような人というのは共通の特徴も持っているという事を覚えておくようにしましょう。

全員にとって気に障るというわけではない

ここで注意することは全員にとって気に障るという訳ではないという事です。

例えば同じ話をしている際に、人によってはその事に関して気に障らないというような事も多いのではないかと思います。

また、気に障るようなことを言うという人は、基本的に他の人のイメージダウンになることや、人の話を否定したりと、自分と話がかみ合わないという人に対して気に障るような事も多いので、その様なことがないという人であれば、特別気にするというような事もないのではないかと思います。

皆が同じようなことを言う意見であれば、それは気に障る発言であるという事になるのです。

気に障る人の12個の特徴

ではそんな気に障る人の12個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

気に障る人の12個の特徴というのは基本的に相手のことを考えないような事が多いです。

例えば気に障るようなことを言う人というのは、人の話をすぐに否定したり「自分はこうだ!」というような自己主張が激しいこともあるでしょう。

他にも人の悪口や噂話をしたりするのも特徴的です。

何より自分が正しいと思っていて、相手のことを見下すような言い方も多いので、イメージというものが基本的に悪いのも特徴的なのではないかと思います。

気に障る人に対しての感じ方は人それぞれですが、仮に周りの人が気に障るということになり、一部がその様な人達でないという事であれば、その気にならないという人達は、実は気に障る人の1人かもしれないという事です。

「類は友を呼ぶ」というようなものと同じで、気に障る人というのは基本的に自分だけでなく、周りからも評判が悪いというような事が多いので、その事を覚えておくと良いかもしれません。

ではどの様な特徴があるのか、その12個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

人の話をすぐ否定する

人の話を直ぐ否定するような人もいますよね。

例えばこちらが話しをしている際に「それは間違っているよ」というような言い方をする人であったり「あの人は絶対にこうなる」というような、自分の意見があたかも正しい言い方をするような人が多いです。

基本的にこの様な話し方をしたりする人というのは、他人のことを聞かず、自分が一番正しいと思い込んでいるような人が多いです。

特にどの様な人の話でも否定から入る人っていますよね。

その様な特徴な人も実は気に障るようなことを言う人が多いので、注意をするようにしましょう。

自己主張が激しい

自己主張が激しい人も実は気に障る人の特徴の中で最も多い特徴だと思います。

自己主張が激しいというのは、言うのであれば自分のことをよく話すという人です。

相手のことを話ししていると割り込むかのように自分のことを話しして、その話しが良い悪い問わず、とにかく「自分はこうだ」というような絶対正しいと思っているような発言をするようなことも多いのが特徴的なのではないかと思います。

自己主張が激しい人というのはどうしても自分のことを話ししてあたかも被害者のような言い方であったり、正しいことをしたというような言い回しが多いです。

特に自己主張をして、周りを巻き込んでいくというのが気に障る人の特徴でもあるので、周りの雰囲気を乱したり、直ぐに噂話などをして相手の評判を落とし、自分の評判を上げるといったような事をするのも特徴的なのではないかと思います。

自分が絶対正しいと思っている

自分が絶対に正しいと思うような人は多くいますよね。

言うのであればこれはただの自己満足に近いような考えでもあるのではないかと思います。

誰かに物を教えたり、アドバイスを与える際にその正解というような事は絶対に無いということです。

基本的に誰でもそうですがその通りに行くのであれば誰でも同じことを繰り返すはずですよね。

例えば相手が「宝くじが絶対に当たる方法」というようなものを言うとします。

それが広まるのであれば、皆が試すはずです。

しかしながらそれを信じるというような人は極僅かであり「運だからそういうのは無い」と言う人もいるという事です。

仮に自分が絶対正しいと思うのであれば、これをして実際に当たることがあるのか?と言われると何も答えることができないのも気に障る人の特徴です。

どうしても自分が正しいと思っていることに対して反論があると、何も言えなくなったりするというのが多いのも特徴的なのではないかと思います。

ひと言多い


何よりこの様な人というのはひと言が多い傾向にあります。

例えばひと言が多いということは、言いたいことを全て言っているという事になりますよね。

よく「余計なひと言を言う」というような言葉を耳にすると思いますが、いわゆる相手に対して必要なことだけを言えば良いのにも関わらず、その一言で一気に台無しになるというような経験はありませんか?

例えば告白を受ける際に最後に「罰ゲームだったんだゴメン」というような事を言われると、最初は信じていたのにその言葉で一気に現実に戻るといったショックを受けることがあるのではないでしょうか?

ひと言が多い人というのは、相手のことを考えずに言うような人がほとんどなので、空気を読めないというような人も多いことでしょう。

独特なファッションで目立とうとする

独特なファッションで目立とうとするというような事もあります。

基本的に独特なファッションというのは、その人のセンスであり、誰もが個性を持っているものなので良いイメージですよね。

しかしながら気に障る人がこの様なことをすると、どうなるのかと言うと、そのファッションをしていることで目立ち、人が寄ってくるというような考えをすることがあるのです。

いわゆる自分はこういうファッションをしているぞ、というようなアピール目的ですることが多いので、目立ちたいという気持ちが多く、人に注目されたいというような気持ちを考えてしまうのです。

いつも半笑いの表情をしている

いつも半笑いの表情をしている人っていますよね。

簡単に言えば人のことを笑ってバカにするような表情をしてしまうというような人もいると思います。

気に障る人の特徴の中で多いのは、この半笑いの表情を常にしているという事です。

ニコニコしているのと半笑いの表情との違いというのは、ニコニコしているというのは誰に対してもその様に接するので明るいイメージが強いですよね。

しかしながら半笑いの状態というのは、相手のことを見下したり、何をしているんだというような目で相手のことを笑うかのような目で見ることが多いという特徴があります。

なので周りの人などと話しをしている際に、何かトラブルがあった時でも半笑いをしていたり、見下した言い方をするというような人は、常に気に障るようなことを言う人なのではないかと思います。

いつも人の悪口や噂話をする

いつも人の悪口や噂話をするというような人もいますよね。

基本的にこの様な話をするという人は、相手のことを悪く言いたいような人ばかりです。

言うのであれば、相手のイメージダウンをさせたいので、悪口や噂話をすることが多いのです。

この様なことをする人も実は気に障るような人の特徴の1つであり、特にこの噂話や悪口というのは、その言っている本人が嘘で言うようなことも多いです。

例えば大げさに表現をしたりするような事であったり「いけない事をしている!」と周りにアピールをして「自分は正しいことをしている!」という言い方をする人も多いですよね。

この様な人は基本的に相手に嫉妬を抱いていたり、下に見ていたりすることが多いのも特徴的です。

言うのであれば自分の立場を守りたいがために相手のことを悪く言うという事でもあるので、その様な人がいる場合はそのまま無視をするというような方法も1つあるのではないかと思います。

ケチで細かい

ケチで細かいというような事もあるでしょう。

例えばどんな事でも自分の納得のいくようなことをしたいと思うのが気に障る人の特徴です。

「相手のことを手助けしてあげたのに何もない」というような事や「こうしたのは自分だからこちらにも何か欲しい」というようないわゆるケチな人が多いです。

特にこの様な人というのは、他人から何かをしてもらったとしても、お返しをしない人が多いです。

言うのであれば「自分だけ特別」というような考え方をする人が多いので、ケチで細かい人というのは気に障ることを平気で言うような人なのです。

人から何かをもらってもお返しをしない

人から何かをもらってもお返しをしないという事が多いのも特徴的です。

いわゆる「自分は何かしてあげたのだからもらっても良いだろ?」というような考えをするのですが、この立場が逆になった際に「なんであげないといけないの?」というような考え方をする人が多いです。

いわゆる自分だけ得をするような行動をして、面倒だと思うようなことはしないという考えを持っています。

例えば子供が親に甘える際には駄々捏ねるような事が多いですよね。

それを会社の上司にしたとして、そのお返しを一切しないという事です。

そしてまた何かした際には「何かないのですか?」というような事を考えているので、とにかく自分のことしか考えていないような人に多い傾向があるでしょう。

自慢話が多い

この様な人は自慢話が多いのも特徴の1つです。

例えば自慢話というのは「自分はこうだ」というようなことを言う人であり、先ほど言った「自分は絶対に正しいことをしている」というような事をする人です。

この様な考えをする人に限って、実は間違ったことをしている人が多いので、仮に周りの人達が賛同をしたりするのであれば、その人達も同じだという認識で良いのではないかと思います。

自慢話をするという事は、自分の存在をアピールしたいという考えを持つことができます。

言うのであればそうしないと、自分のことを見てもらえないと考えている人達が多いということです。

特に自慢話というのは、どんな人でもそうですが、大げさに持ったり、事実が無いようなことを言う人達も多いです。

気に障る人というのは、どうしても気に障ることを言う人達というのは、その周りの人を評価せずに落としたり、変わろうとすることに対して嫌気を指すというような事も多いです。

簡単に言えば「いじめ」に近いようなことをする人が多いということです。

相手のことを考えず「自分は正しいから何をしても許される」というような考えを持っているので、自慢話もしますし、悪口なども言うのではないかと思います。

KYである

何よりこの様な人というのはKYな人が多いです。

よくKYだなというような人もいますが、その言っている人がKYである可能性もあります。

これを見分けるには、いかに周りのことを理解することができる人達なのかという事が重要になるのではないかと思います。

簡単に言えばKYであるという事は、それほど相手のことを考えて発言をしないという事や、自分だけを優先的に考えるということをする人が多いということです。

嫌なものはとことん悪口を言うというような人もいますよね。

しかしながらそれを周りがよく思っていないという人もいます。

基本的にKYな人達はその人達同士で集まることも多いのですが、今までのことも同じで気に障る人というのは、その人達同士で集まり様々なことをするので、それが間違っているという事も気付かず、好き放題にする人も多いのではないかと思います。

人の気持ちを察することができない

人の気持ちを察することができないからこそKYと言われる原因にもなります。

どういう事かと言うと、例としてA君とB君がいたとします。

A君は普通に生活などをして学校に行って楽しくしているのをB君が嫉み始め、周りを巻き込みグループでA君をいじめたとします。

その際にA君が反論をしたりしてもB君達のグループは様々な噂を流したり悪口を言ってA君の評判を下げているというような事をしているとします。

A君は本当はその様なことがなく、何もしていないのに悪い評判になっていたりするので、その評判を止めたいと思っていますが、B君はただA君が気に食わないだけで「いじめ」という行為をしていますよね。

人というのはそれぞれ考え方がありますが、B君はA君のことを一度も考えていません。

言うのであれば気に食わないだけでこの様な行為をしてしまったという事になります。

これは自分が悪いと思っていないからというのもあるでしょう。

言うのであれば先ほどいった「自分は正しいことをしている」という自覚を持って行動をしているという事になるので「それは間違っている」と教えるような人がいないという事になります。

この様にして育った人というのは基本的に人の気持ちを察することができず、自分の好き勝手にするような人が多いです。

そしてその人の周りもその様な人達で集まることが多いので、注意をすることが必要になるでしょう。

客観性がない

これは言うのであれば、皆が主観的に考えているので、お互いの意見しか聞けない状態になりますよね。

先ほどの例で言うと、客観的に見ると一方的に悪いのはB君の方ですよね。

しかしながらこのB君はA君の悪い噂を流しているので、噂を聞いている人達からするとA君も悪いと思ってしまいます。

しかしながらこの当事者でない人が実際に聞くと、本来であればB君が悪いはずなのに、その周りでは言い合いになっているという事になり、客観性がないような人達が多くなってしまうという事です。

物事の視点を見る時というのは客観性が大事になりますが、その客観性がないといつまでたっても自分の意見が正しいと思い込ませたりすることになるのです。

人を見下している

人を見下すような言い方をする人も多いですが、気に障る人というのはまさにこの様なことをする人が多く、また相手のことを平然と悪く言ったりすることも多いです。

人を見下すということは、部下などをつけたいという意欲も強く、いわゆる味方を作りたいという精神で接することが多いです。

なので悪口を言ってその相手の味方をいなくさせるというような事をするのですが、基本的にこの様なことをする人達というのは、相手のことを考えていないですし、とにかく落とそうという気持ちが強いです。

雰囲気を乱す言動をする

雰囲気を乱す言動をすることもあるでしょう。

例えば上手くいっていたものに関していきなり他人の悪い話をしたり、プライベートでこういう事があったらしいという噂を流したりするような人も多いです。

この心理というのは基本的に上手くいくと相手に貢献があるからそれを防ぐために言うような人が多いのではないかと思います。

行儀が悪い

行儀が悪いということもあるでしょう。

自分は正しいと思っていて公共の場でも好き放題にするような人達が多いです。

しかしながらそれを間違っているとも思わずに、行動をしてしまう人達も多いので、最近ではその内容がニュースなどになったりすることもあるのではないかと思います。

普通こういう所でそういう事をしないだろ、というような非常識な人が増えてしまっているという事です。

気に障る人への対処法を考える

では気に障る人の特徴が分かったので、次は気に障る人への対処法を考えてみましょう。

言うのであればこの様な人というのは嫌われば近寄ってこないことが多いです。

他で悪い噂などを流されるというような可能性があっても、相手たちだけの事であり、接しなければ何も影響というものがありません。

また何か頼まれたりしても絶対に断るようにすることも大切です。

役に立たない人だと思われるように行動をし、その人から遠ざけるようにしましょう。

ここで大事な事は気に障る人というのは基本的に相手に対してはとことん悪い噂を流したり、自分は正しいとアピールをしますが、その周りでしか通用がしないことが多いということです。

いわゆる客観的に視ないので、自分が悪いという自覚がないため相手にされないという事が多いので、その様なことを考えて行動をすることで、相手から遠ざけたり接することを無くすことができるでしょう。

ではどの様なことなのか詳しく見てみたいと思います。

嫌われれば近寄ってこない!

嫌われば近寄ってこないというような事があります。

例えば嫌うことで相手から苦手だと思わせることが重要です。

いわゆる相手がこちらを嫌い、噂を流すようなことをすればそれも対処法の1つになるという事です。

何故なら基本的に相手は無いようなことを実際にあるかのように噂として流しますが、遠くから物を言うだけで実際には何も影響が無いことが多いです。

よくある似たような例がSNS上での言い合いです。

特に嫌いな芸能人のことを悪く言う人が最近では多いですが、嫌われたりするととことんその嫌うような情報を流すだけで実際には影響が無いという事はありませんか?

どういう事かと言うと、仮に嫌うようなことを言われてもその本人がそれを見なければ、近寄ってこないということになるのではないかと思います。

行動に出るというような人もいますが、逆にそれは間違っている行為に繋がるということなので、十分に注意をして対処しましょう。

話を聞かず自慢話をしよう

仮に会社の同僚にその様な人がいるとなった場合は、話を聞かずに自慢話をすることで相手から嫌われる可能性が高くなります。

嫌われるということは良いイメージではないという人もいるかもしれませんが、今回のような気に障る人への対処法として嫌われるというような事は実は良い方法の1つなのです。

考え方を変えるだけでも対策になるので十分に気をつけるようにしましょう!

何か頼まれても全て断る

何か頼まれても全て断るようにしましょう。

例えば相手から「何かして欲しい」と言われて良いよと言って手伝ったりすることがあると思いますが、相手はその事に関して感謝などをするような事が少ないです。

言うのであれば面倒だと思うようなことを他人に押し付けたりするので、甘えたりしてきても何も返ってこないというような事が既にわかります。

なので何か頼まれたとしても全て断るようにすることが大切になるでしょう。

役に立たない人だと思われよう

役に立たない人だと思われることも1つの大事なことです。

言うのであれば役にたたないと思われることで相手から離れることができます。

基本的に仲間を作りたがるのでどうしてもその人を使いたいというようなことを考えます。

そんな時に役に立たない人だと思われて逃げるというような事もまた1つの対策方法になるのです。

否定されたら否定し返そう

否定されたら否定し返すことも大事になります。

特に相手というのは否定をしますが、その否定を否定することで相手も「何言ってるの?」というような感覚になり、自分が悪いというような気持ちを分からせたりすることができます。

基本的に相手に賛同をするという人は同じような考えの人なので、似たような人に話をしていも意味がありません。

なので否定されたら否定をし返すという事が重要になるのではないかと思います。

気持ちを分からせてあげよう

気持ちを分からせてあげるというのも1つの方法ですよね。

簡単に言えば相手にその事を伝えることで、気持ちを分からせてあげると少しは考えるというような事をするのではないかと思います。

変に自信があるような人も多いので、折れないような人も多いですが、自分は間違っていないという認識をまずは間違えさせるためにも否定されたら否定し返すという事も大事になるのではないかと思います。

行儀の悪さを注意してあげよう

行儀の悪さを注意することも大事です。

この様な人であるのが行儀の悪さであったり、変に意識をして行動をすることが多く、その行動が間違っているというような人も多いです。

特に「これが正しい」と思い込んでいることは、実際には行儀が悪いというような事であったり、間違っているということが多いので、それを注意する人も必要になるでしょう。

注意されるまで気付かない

注意されるまで気付かないというような事もあります。

逆に「正しい!」と思うようなことを考え周りが間違っていると言ったりすることも多いので、その様な人というのは基本的に身内だけで行動をしたりすることが多く、他の意見を聞かないというような人達が多いです。

なので注意されることがどんどん多いと、現実逃避などをしてしまうようなこともあるのですが、それは逆に注意をして気付くきっかけにもなります。

なのでどんどん注意して、治らないのであればこちらから離れるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?気に障るような人というのは様々な発言をする人が多いです。

特に自分が正しいと思い込んでいる人であったり、相手が悪い噂を流しているというような人と接している人というのは、必ずこの対策方法を頭の中に入れておいて接するようにしましょう。

言うのであれば気に障るようなことを言われたりもするという事になるので、この様なことがあるとどうしてもイライラとしてしまったりすることが多いですよね。

なのでこの様なことが無いように、相手にも分からせるという事が大事になるのではないかと思います。