CoCoSiA(ココシア)

モラハラ妻の恐ろしい6個の特徴とす...(続き2)

夫の面倒をみることもなく、また一切家事に協力せずに自分の好きなことばかりして過ごしている妻を見ると、夫が嫌な気持ちになってしまうのは当然でしょう。

ご飯を作ってくれない

「料理は女の仕事」という考え方は、現代ではすでに古く、通用しない家庭が増えています。

必ずしも妻が料理をする必要はなく、時には夫が料理をしても良いでしょう。

また家庭によっては夫の方が積極的に料理をすることもあります。

料理好きな夫と家事が出来ない妻の組み合わせが、ごくありふれた夫婦の形として見られるような現代です。

料理に関しては夫婦で話し合って決めるのが今では一般的でしょう。

とはいえ、結婚当初に妻が基本的に食事の用意をすることを決めていたり、または専業主婦で家事をするのが妻の役目になっていたりする家庭では、その上で妻が夫に食事も出さずにいるのはモラハラになることもあります。

喧嘩をした時に一時的にご飯を作ってくれなくなることは、どこの家庭でもよくあることでしょう。

しかし日常的に夫の食事を用意せずに、自分や他の家族の分だけを用意するようなことがあれば、それは夫にとっては精神的な苦痛や孤独感になってしまいます。

洗濯をしてくれない

妻が専業主婦であるのなら、やはり基本的には家事は妻の役目でしょう。

夫の休日には家事を交代するという家庭は多いですし、また普段は妻が家事をしていても、体調不良の時には夫が代わりにやることもあります。

もしも妻も働いているのなら、家事は夫婦で分担するという手もあるでしょう。

家事にも夫婦によってさまざまなやり方があります。

ですが、少なくとも専業主婦の妻が家事をやらなかったり、まともに洗濯をしなかったりすると、夫は仕事で着る服に困ってしまいます。

汚い家で生活をすることを苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。

夫婦になった以上は、家事は互いで相談し合い、負担のないように互いで分担すべきでしょう。

夫が仕事に行くなら家庭を支えるだけの稼ぎを頑張って得なければなりません。

また妻は専業主婦になるのなら、忙しい夫に代わって家のことはしっかりと自分で守る必要があります。

しかしその役目を放棄して洗濯もしないようでは、夫からモラハラ妻だと思われてしまっても仕方がないでしょう。

自分に甘い

モラハラ妻は自分に甘い傾向があります。

また自分には甘いのに、一方で夫には厳しい妻が多いです。

例えば夫のお小遣いは雀の涙程度しか渡さないのに、自分は毎日のように友人と豪華なランチを食べに行ったり、夫が自分の趣味や好きな物にお金をかけるのを贅沢だと文句を言う割には、自分は「ママ友づきあいがあるから」と理由をつけてブランド品を購入したりします。

夫が何か文句を言おうものなら、「自分には付き合いがある」「あなたの安月給でなんとかやり繰りしているのに!」などと事あるごとに理由や言い訳を並べ立てて、自分のことは正当化しようとします。

もしも妻が自分に甘いだけでなく、夫にも甘いのであれば、決してモラハラにはならなかったでしょう。

しかし、自分に甘く夫には厳しいとなると、その理不尽さはモラハラになってしまいます。

外面が良い


モラハラをする人の多くは、その対象人物以外の前ではいい顔をします。

例えば妻に対して夫がモラハラをするのなら、夫は妻の友人の前ではいい夫を演じようとするでしょう。

またモラハラ妻の場合には、夫の会社の上司や知り合い、友人などの前では自分は貞淑で理想的な妻の姿を演じようとします。

外面を良くすることによって周囲を味方につけようとするため、もしも夫が妻のモラハラを周りの人に訴えたところで、周りは妻の外面だけを知っているためそれを信じようとはしないでしょう。

夫からすれば、妻からはモラハラをされ、また周りの人たちも自分の苦しみを理解してくれないため、どこにも行き場がなくなってしまって精神的に孤立してしまうことになります。

それらが原因となって、夫の中にはモラハラで鬱になってしまう人も少なくはありません。

平気で嘘をつく

モラハラ妻は外面を装うのが上手く、平気で嘘をつきます。

例えば実際には夫が妻にモラハラを受けているのに、夫がそれを周囲に暴露しそうだと悟るや否や、その前に「自分は夫からモラハラを受けている」と周囲に助けを求めます。

もちろん実際には嘘なのですが、世間一般的にはまだまだ女性は被害者の立場になりやすいと考えられているため、夫の訴えよりも妻の訴えの方を信じてしまう人たちは多いです。

また、狡猾な妻の場合、自分で体に傷をつけて、それをドメスティックバイオレンスの証拠だと訴えることもあります。

そうやって平気で嘘を重ねて周りに味方をつけて、夫をどんどん孤立させてしまうのです。

女性は男性よりも演技が上手です。

必要とあらば嘘泣きでも平気で出来る人はいます。

実際にはモラハラ妻なのに、「自分は夫から被害を受けている」と涙ながらに語られたら、大抵の人は妻の嘘を信じてしまうでしょう。

さりげなく旦那をけなす

モラハラ妻は外面が良いですが、会話の中ではさりげなく旦那をけなすことが多いです。

日本人の場合、例えば人から褒められた時には「そんなことないよ」「自分なんて全然だよ」と言われたことを否定することが多いです。

自分や自分の家族を褒められた時には、それを自ら否定することによって謙虚さを生み出すのが美徳とも考えられており、もしもそれを堂々と「ありがとう」と受け止めようものなら、「調子に乗っている」と今度は批判的に思われてしまうことがあります。

向こうから褒めてきたのに、それにお礼を言ったら今度は非難されるなんて、なんともおかしな話ですよね。

しかし、日本人では未だにこのような癖や考え方を持っている人は大勢います。