あなたは、ネット恋愛をしたことがありますか?

SNSやオンラインゲームなどで知り合って、相手と親しくなる内に好きになってしまった、なんてことは、ネットが普及した現代ではよくあることです。

近い場所から遠く国外まで、たくさんの人と気軽に出会える現代だからこそ、ネットでの恋愛もどんどん増えています。

そんなネット恋愛を、上手く成就させる方法や、ネット恋愛をする上で注意すべきポイントをご紹介します!

ネット恋愛、今では主流に!

インターネットが普及して間もない頃は、顔も見えない相手と携帯やパソコンの画面越しに仲良くなることはあっても、そこから恋愛まで発展することはなかなかありませんでした。

当時は「顔も見えない、よく知りもしない相手と付き合う」ということに対して、否定的な考えの人が多かったからです。

確かに相手がどこの誰かも分からない、また顔も見えないのでは、例え親しくなっても心から信用することは出来ません。

ましてや直接会って恋愛に発展するなんてことはありえないと考える人も多かったからです。

例えチャットやメールで「この人、いいなぁ」と思うことはあっても、実際に会ったら危ない事件に巻き込まれるかもしれないという不安を抱く人も少なくはありませんでした。

警戒心が強い人や慎重な人ほど、ネット恋愛には見向きもしなかったでしょう。

しかし今では、そのネット恋愛が主流になっています。

その理由はSNSの普及により、誰でも当たり前にネットをやるようになったことや、自分の写真や個人情報に関することを平気で全世界に投稿する人が増えたからです。

その最たるものがFacebookでしょう。

Facebookでは基本的にアカウントは本名を使う人が多く、また出身地や学歴、経歴や日々の写真までもが毎日大量に投稿されています。

誰もが簡単に開示されている他人の情報を見ることが出来ます。

TwitterやInstagramで自撮り写真を投稿する人も増えたため、気軽に相手の顔が確認出来るようになりました。

そうしたネット環境が身近になったことで、その分ネット恋愛も増え、今では主流になっているというわけなのです。

ネット恋愛が上手くいく9個の方法は?

ネット恋愛が増えたからといって、必ずしもそれが上手くいくというわけではありません。

一方通行で終わることもあれば、いい雰囲気にまでなったのに、付き合う直前でダメになってしまうこともあるでしょう。

また、場合によっては付き合うところまでいったものの、その後直接会う内に別れてしまった、なんてこともあるかもしれません。

ネット恋愛もそのように多種多様ですが、どうすれば好きになった相手と上手くいくことが出来るのでしょうか?

直接会ってやりとりをする恋愛ではないからこそ、注意しなければならないポイントもあります。

ネット恋愛が上手くいくための方法を以下にご紹介していきます。

積極的に行き過ぎない

ネット恋愛は互いに顔も知らなければ、詳細な個人情報も知らないという場合が多いです。

自撮り写真をアップしている人や、元々自分の個人情報をSNSなどにアップしている人であれば、それを参考にすることはできるでしょう。

けれどもアップされた写真が必ずしも本人のものであるとは限りませんし、個人情報もダミーの可能性もあります。

何が本当で何が嘘なのか分からないのがネットの世界ですので、そんな世界での恋愛となると、通常の恋愛とは少々やり方が変わってくるでしょう。

ネット恋愛では、ネットを介してのやり取りが主になります。

電話番号やLINEを教え合うことはあっても、それらも画面越しの相手と繋がる方法の一つでしかありません。

つまり、直接相手の居場所や住所が分からない以上、通信機器を通じてしか相手と連絡を取ることが出来ないということです。

そしてネットを通じたやり取りの場合は、相手が自分を嫌だと思ったら即座にブロックされてしまいます。

着信拒否やブロックなど、やり方はさまざまですが、要するに相手と二度と連絡が取り合えない状況になってしまうということです。

ネット恋愛においてはそれが失恋を意味しますので、ネット上で好きな相手ができてもあまり積極的に行き過ぎて、相手に嫌がられないように気をつけましょう。

がっついているのが伝わると、相手に拒否をされてしまうかもしれません。

そうならないためにも、ネット恋愛では積極的に行き過ぎないように注意しましょう。

文字だけのやり取りなので丁寧に


ネット上では、基本的に文字だけのやり取りでコミュニケーションを図ります。

乱暴な言葉使いや雑な文字の使い方をすれば、相手のこちらに対する印象は悪くなってしまいます。

また、丁寧過ぎて他人行儀な文章でも距離を感じさせますし、下品なことを書くのは論外でしょう。

文字だけのやり取りでは互いの顔が一切見えませんので、その分文章の書き方によって相手に対する印象が決まってきます。

友達や知らない相手と単にやり取りをするだけであれば、そこまで文章の書き方に気を遣う必要はありません。

ですが、好きな相手に対してはいつも丁寧な文章を心がけましょう。

また、文章の合間や最後に顔文字を使ったり、絵文字を使ったりすると相手に柔らかい印象を与えることも可能です。

とはいえあまり顔文字や絵文字が多過ぎるとうるさい印象になってしまいますので、適度に使いこなすように意識しましょう。

ボイスチャットやSkypeなどで、声で会話をするのは親しくなってからと考える人も多いので、まずは文章でのやり取りで仲良くなれるように頑張りましょう。

共通の趣味を見つける

例えばオンラインゲームであれば、元々そのゲームが好きな人たちが集まっていますので、共通の趣味や楽しみを見つけるのは容易でしょう。

しかし、TwitterやFacebookなどの多くのSNSでは、相手の発言が好きでフォローしたり、友達の友達との繋がりということでフォローしたりということが多いため、好きになった相手のことを自分がよく知らないということもあるでしょう。

そんな時には、相手の過去の呟きや写真、相手が開示しているプロフィールなどから、相手と自分との間に共通点があるかどうかを探りましょう。

人は自分と共通点のある相手に好意を抱きやすいため、相手の情報や過去の投稿をさかのぼってみれば、もしかしたら自分と同じ趣味を相手も持っているかもしれません。

趣味でなくても、夢や楽しみ、習慣など、あらゆる部分で自分と同じだと感じることがあれば、それをきっかけにして話しかけることも可能でしょう。

共通の趣味なら話も盛り上がりやすいですし、親しくなればオフ会などもできるかもしれません。

顔や年収だけで選ぶ人はそれを隠す

ネット恋愛に限った話ではありませんが、恋をする時には顔や年収で相手を選ぶ人がいます。

その考え方や価値観が悪いというわけではありませんが、学歴や収入、容姿などで相手を判断する人の場合、それが表にとても出やすいです。

本人は隠しているつもりでも、学歴や年収のことを盛んに聞けば相手は「顔や年収が目当てか」と気付きます。

ステータスで人を選ぶ人ほど、目当てを見つけるとものすごい勢いで相手にアプローチを仕掛けます。

相手も周りもそれが何を狙ってのアプローチなのかを察しやすいでしょう。

ネット恋愛でも顔や年収だけで自分が連絡を取り合う相手を決めていると、それを見た他の人たちからは悪い噂が出てしまうでしょう。

そしてネット上における悪い噂はあっという間に世界中に広まります。

一晩寝て起きた時には大量の嫌がらせや批判のコメントが自分のアカウントに届いていたり、自分のアカウントをコピペして「こいつに注意!」などとあちこちにばらまかれてしまっていたりする可能性もあり得るでしょう。

もしも顔や年収で恋愛相手を選ぶという人は、現実でもネット上でもそれが表に露見しないように十分に気をつけましょう。

知り合ってすぐは会わない

ネット上で絡むようになって、気持ちが盛り上がってくるとすぐに会おうとする人がいますが、知り合ってすぐは会わない方が賢明でしょう。

どんなに親しくなるのが早かったとしても、知り合ってすぐの時には相手の情報も性格もロクに分かってはいません。

ネット上では女性だと名乗っていても実際には男性かもしれませんし、また表面上は可愛い文章のやり取りでも、実際にはかなりドライな性格をしているかもしれません。

ネット上と現実とのギャップは誰でもそれなりにあります。

実際に会って見なければ、確かにネット上と同じような人なのかを判断することは出来ないでしょう。

けれども知り合ってすぐに会わずに、最低でも数か月間はやり取りを続けていれば、何となく相手のことが分かるようになってきます。

例えばいつも丁寧な口調で文章が書かれているけれど、他の人から批判をされるとキツイ文章で返すことがあったり、また女性と名乗ってはいても、時々文章の書き方が男性っぽかったりと、時間をかければかけるほど、相手の取り繕った部分の裏側が見えてくることもあります。

そのため、どんなに気持ちが盛り上がってもそのまますぐには会わずに、まずは冷静にやり取りを何度も繰り返し行いましょう。

暫くやり取りを続けても自分が違和感を覚えることもなく、相手のことが信用出来そうだと思ったら、そこで初めて会ってみるといいでしょう。

自分を飾りすぎない

ネット上では、自分のことをつい飾り過ぎてしまうことがあります。

例えば女性なら少しでも自分を可愛く見せたいと思い、ふんだんに加工された自撮りの写メをSNSにアップすることがあるでしょう。

また、男性ならば過去の自分のちょっとした武勇伝を、かなり脚色して堂々とネット上にアップすることもあるでしょう。

辞書でちょっと調べただけのことを、さも賢そうに専門的な書き方で文章を投稿したり、自分が見つけた面白動画を、さも自分が作ったかのような顔をして投稿したりする人もいるかもしれません。

しかし、それらの嘘や飾り過ぎた部分は、派手になるほど事実がどこからか露見してしまいやすいです。

例えば女性の自撮り写真なら、それを見た知り合いが「こんなに盛っているけど普段はこんなんだよ」と自分のデータにあるその女性のスッピン写真をSNSにアップしてしまうかもしれません。

また、さも「自分は賢い」と言いたげな専門的な文章を投稿した人に対し、その道の専門家から「とんだ見当違いですよ」などと指摘のコメントが付けられて恥をかいてしまうかもしれません。

自分をあまり飾り過ぎてしまうと、その嘘や脚色が第三者によって世界中にさらされてしまうこともあります。

ネット恋愛でも、相手に自分をよく見せようとして飾り過ぎてしまった結果、相手に嘘がバレて嫌われてしまったり、直接会った時に引かれてしまったりするかもしれません。

最初から自分を飾り過ぎないように気を付けましょう。

去る者は追わない

ネット上ではさまざまな情報や意見が飛び交っています。

ちょっといいなと思ってやり取りをしている相手が、何かをきっかけにして自分のことを嫌ってしまうこともよくあることです。

そんな時には、去る者は追わない精神で、さっさと気持ちを切り替えましょう。

いつまでもネット上の相手に執着したところで、自分のあらゆるアカウントをすべて拒否やブロックされてしまっては、それ以上関わりたくても関わることは出来ません。

どうにも出来ないことにそれ以上時間をかけても無駄ですので、常に去る者は追わないという精神をもってネット恋愛にも臨みましょう。

慣れてきたらテレビ通話!

チャットやメールなど、文字のみのやり取りで慣れてきたら、次は顔が見えるチャットやテレビ通話などで、画面越しに相手と顔を合わせながら会話を楽しみましょう。

顔を合わせるのは最初とても緊張しますが、お互いに直接相手の顔を見て確かめることが出来ます。

それに、顔を合わせて通話するようになれば、それまで以上に親しくなることも出来るでしょう。

また、いきなり直接会うよりも、その前にお互いの顔を合わせておけば、実際に会うことになってもいくらか緊張せずに済むでしょう。

顔を合わせることで、相手の容姿や雰囲気、口調などを確認出来ます。

そこで実際に会うかどうかを決めることも出来ます。

文字のやり取りに慣れたら、徐々にテレビ通話などをしていきましょう。

初デートは昼間から会う


ネットで知り合った相手と初デートをする時には、必ず昼間に会うようにしましょう。

昼間であれば人もたくさんいますし、また人目にもつきやすいため、万一何かあった時にも安心でしょう。

一方で夜に会うと、場所によっては暗くて人目に付きにくいため、もしかしたら危ない目に遭ってしまうかもしれません。

また、夜から会うということで、相手が夕食の後の時間も期待してしまうことがあります。

不要なリスクを避けるためにも初デートは昼間にしましょう。

ここは気を付けよう!注意するべき5個のポイント

ネット恋愛をする上で、注意するべきいくつかのポイントがあります。

これらを抑えておけば、少なくともネットで恋愛をすることのリスクや重要性などを知ることが出来ます。

必要以上に落ち込んだり、傷ついたりすることを回避出来ます。

相手の顔が見えない、相手の素性が分からないままに始まる恋愛だからこそ、以下のことには十分に気をつけましょう。

写真が本人じゃないこともある

ネット上で知り合った相手のアカウントのアイコンが顔写真だったら、あなたはそれを本人だと思いますか?

また、自撮り写真のコメント付きで写真が投稿されていたのなら、それをそのままアカウントの本人だと信じますか?

その相手にたいして興味がなければ、本人だろうがそうでなかろうが、どちらでも構わないと感じるでしょう。

けれどもアイコンや投稿された写真をもしも本人だと思い込んで好きになってしまったら・・ひょっとしたら現実を知った時には、大きなショックを受けてしまうかもしれません。

ネットではあちこちから検索した画像を自分だと偽って投稿することも、またアイコンの写真が自分ではない人物の写真であることもしょっちゅうです。

自分の写真を簡単にネット上にアップすることに抵抗がある人の多くは、自分の顔をさらすことのリスクを理解しています。

そのため時には自分だと偽って、ダミーの写真を投稿することもあるでしょう。

それは非常によくあることですので、例え個人のSNSで写真が投稿されていたとしても、その写真が本人じゃない可能性も低くはありません。

それを常に頭に入れておかなければ、相手の投稿した写真に本気になってしまい、現実を知ってからショックを受けてしまうことになるでしょう。

プロフィール詐欺

ネット上では自分を好きに偽れます。

性別から年齢、学歴、経歴まで、理想の自分を作り上げてそれに相応しい振舞いをすることで、それらしく他の人たちには思わせることが可能です。

現在ニートの人が、ネット上では東大卒のエリート企業で働いていると名乗ることも出来ます。

またネットオタクがIT関連の会社社長だと名乗ることだって出来ます。

ネット上では何が真実なのかは見極めにくいため、平気で嘘をつく人たちはごまんといます。

そんなプロフィール詐欺に引っかかってしまうと自分が馬鹿を見るだけですので、ネット上の相手のプロフィールを最初から鵜呑みにしないように注意しましょう。

遊び目的の人が多い

ネットでは本気で恋人や結婚相手を探す人もいますが、遊び目的の人もとても多いです。

恋人がいたり、既婚者だったりする人が、良さそうな独身女性のアカウントにコメントしてデートに誘うこともよくあります。

一度美味しい思いをしたいという人が一人身の異性に近づいて気さくに声をかけることも非常に多いです。

単なる遊び目的の人は、大抵コメントや誘い文句も軽いため、それを真に受ける人はそうはいないでしょう。

けれども中には、いかにも真剣さを装って相手に近づき、一晩関係を持った途端に消えてしまう人もいます。

ネット上ではそんな遊び目的の人もとても多いため、ネット恋愛をする時には相手が遊びなのか真剣なのかを、時間をかけて見極めるようにしましょう。

遠距離恋愛になる場合が高い

ネットは世界中のどこでも繋がることが出来ます。

近場に住んでいそうだなと思っていた相手が、やり取りをする内に実はかなりの遠方に住んでいることが分かることも珍しくはありません。

また、同じ日本人だから当然日本に住んでいると思ったら、実は相手が海外に住んでいたなんてことも大いにあり得るでしょう。

ネット上で知り合った相手の場合、その相手と恋愛に関係になったとしても、遠距離恋愛になってしまう場合もあります。

最初から近い地域の人を選んでコミュニケーションを取らない限りは、好きになった相手が遠方に住んでいる可能性も高いため、そうなった場合には必然的に遠距離恋愛になってしまうでしょう。

出会いのきっかけを親に話しづらい

今の若者同士では、ネット恋愛が珍しいものではないでしょう。

また、ある程度年齢がいっている人でも、ネットで出会って結婚するケースも少なくはありません。

ネット恋愛は今では当たり前にされていますが、実際に自分がネットで出会って恋愛関係なった時には、それを親には話し辛いという人は多いでしょう。

親はいつでも子どもが大切ですので、出会いのきっかけがネットだと知れば、「相手は変なやつじゃないのか」「本当に信用出来る相手なのか」「騙されて危ないことに巻き込まれるんじゃないか」などと不安に感じることでしょう。

実際にネットを通じて出会った結果犯罪に巻き込まれるケースは少なくありません。

ニュースなどで事件が報道されることがあれば、親が不安に思うのも当然でしょう。

そうした親の心配顔が想像できる人ほど、出会いのきっかけがネットだということを、話し辛くなってしまうこともあるでしょう。

ネット恋愛で出会う方法

ネット恋愛をしてみたいと思ったら、どのような場所で出会いを求めればいいのでしょうか?

もちろんインターネット上での出会いですが、ただネットの検索エンジンを開けば出会えるということでもありません。

ネット恋愛をする人たちの多くが、出会いの機会としている場所を以下に挙げていきます。

FacebookやInstagramなどのSNS

Facebookでは本名で登録している人が多く、また学歴や経歴などもそのまま個人情報を載せてあることが多いです。

また堂々と自分の写真をアップしている人も多いですし、友達の繋がりでたくさんの人と出会えます。

そうした出会いを機会にして、ネット恋愛へと発展している人たちもいるでしょう。

他にもInstagramやTwitterなどでも、自分の個人情報を挙げている人もいれば、日々いろんな呟きをしているフォロー関係にある人同士が、親しくなってネット恋愛へと発展することもあります。

出会い系アプリ

出会い系アプリは、最初から出会いを求める男女が使用していますので、すぐにでもたくさんの人と出会うことができます。

中には遊び目的で登録している人もいますが、真剣に出会いを求めて登録している人もたくさんいますので、そうした人たちの中から自分にピッタリの相手を見つけることも出来るでしょう。

オンラインゲーム

オンラインゲームでは、同じゲーム好きが集まっていますので、趣味の合う人を見つけやすいです。

特定のフレンドと親しくなってそこから恋愛に発展する人も多く、大抵の場合、最初はチャットで一緒にゲームを楽しみ、そこからボイスチャットをしたりオフ会に参加したりして出会いや親交を深めていき、恋愛関係になることが多いです。

また、ゲームによっては男女の比率が大きいところもありますので、そこを狙い目にして出会いのチャンスを得ることも出来るでしょう。

ネット恋愛のメリットとは

ネット恋愛には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

一番は自分がごく普通に生活していたら、決して出会うことのなかった人たちに出会えるということでしょう。

ネット上では実にさまざまな人たちが存在しています。

専門的な知識を持つ人や技術者、富豪や有名人など、ネットを介してたくさんの出会いの可能性が待ち受けています。

ネットを通じて思いもよらぬ出会いを得ることもありますので、家にいながら世界中の人と出会えるネットにはそれだけ大きなメリットがあると言えるでしょう。

他にもさまざまなメリットがありますので、以下にご紹介していきます。

嫌ならすぐに切ることができる

ネット恋愛では、お互いの個人情報を隠してやり取りをすることが出来ます。

何度も直接会うような仲になれば、相手の素性や住所なども把握することになりますが、そうでなければプライベートに関しては隠したまま付き合うことも可能でしょう。

また、常に通信機器を通じてのみ連絡を取り合うような場合には、それだけが互いを繋ぐ唯一の手段になります。

そのためもしも相手のことが嫌になった時には、相手からの連絡は一切ブロックや拒否をして、自分の連絡先から相手の連絡先を消してしまえば、それですぐに関係を切ることが出来るでしょう。

余程粘着質で興信所などを使う相手でもない限りは、こちらから関係を切ってしまえばそれ以上は関われなくなりますので、安心してこれまで通りの生活に戻ることが出来るでしょう。

家が近かったり、直接相手の素性を知っていたりすると、なかなか相手との縁を切るのが難しいこともあります。

ですが、ネット恋愛の場合には嫌ならすぐに縁を切れるというメリットがあります。

趣味の合う人と出会える

ごくふつうに生活を送っていると、自分の行動範囲はある程度限られてしまいます。

例えば家や学校、職場や決まった友人関係以外には、なかなか新しい出会いの機会というものは巡ってきません。

自分で毎週末あちこちに出かければ、そこでは新たな出会いもあるでしょうが、それには時間もお金もかかりますので、誰にでも出来ることではないでしょう。

しかしネットであれば、いつでもどこにいても手軽にやることが出来ます。

また同時に世界中の人とも繋がれますので、探せばあちこちに自分と共通の趣味を持つ人がいるでしょう。

出会いを求めるつもりではなかったのに、気付けば趣味の合う人とネット上で出会い、そしてその人とネット恋愛をする仲になる、なんて話も珍しいことではありません。

ネットでは自分からたいして努力をしなくても、自分と共通点のある人と見つけることや、趣味の合う人と出会うことが出来ますので、そうしたメリットも大きいでしょう。

人見知りでも出会いやすい

ネットの場合すべて画面越しにやり取りをします。

チャットでもメールでも、顔出しのチャットであっても画面越しですので、直接相手と顔を合わせることなくコミュニケーションが取れます。

人見知りの人の場合、相手の顔や目が見れなかったり、相手の雰囲気などで気圧されてしまってなかなか話せないことがあります。

ですが、ネットを介しての会話であればそこまで緊張することも気を遣うこともありませんので、気楽に出会いを求めることが出来ます。

もちろんネット恋愛をするのなら、最終的には直接相手と会うことになります。

少なくともそこに至るまでは、さして気負い過ぎずにやり取りが出来ますので、人見知りの人にとってもメリットは大きいでしょう。

気になる人だけやり取りできる

例えば合コンや出会いの場などに行くと、たくさんの男女がいますので、それだけ多くの人と出会う機会があります。

けれど、場合によっては自分がまったく興味のない異性とも会話をしなければならなかったり、周りに気を遣って目当ての人を遠慮したりしなければならないこともあるでしょう。

特に友達や同僚同士で参加する合コンの場合には、気が強い人が目当ての人をさっさと取ってしまうため、せっかく参加したのに収穫ゼロなんてこともざらでしょう。

たくさんの人と直接関わり合う出会いの場では、そうした思い通りにならないことも多々あります。

一方で、ネットであれば自分が気になる人とだけやり取りをすることが可能です。

たくさん候補がいる中で、自分がこれと決めた人に出会えたなら、他はさっさと連絡先を削除するなり、ブロックするなりしてしまえばいいのです。

そして自分の気になる人とだけ集中してやり取りが出来ますので、周りに気を遣わず、一人にだけ集中したい人にはネット恋愛はおすすめです。

今の時代ネット恋愛で結婚する人も!

ネットでの出会いと聞くと、未だに良くないイメージを持つ人はいるでしょう。

しかし、そうした人のほとんどは自分が良くない経験をしたことがあるか、またはネット恋愛とはまったくの無縁で悪い噂ばかりを耳にしているかのどちらかでしょう。

実際にネットで出会って親しくなり、やり取りをしたり直接会ったりしている内に恋人同士になり、そこから結婚する人たちも今では増えています。

ネットは誰もが当たり前に使うようになったからこそ、気軽にさまざまな男女が出会えるようになり、そこから結婚へと発展するカップルも多いのです。

興味がある人は、ぜひネット恋愛を自分でも試してみてください。

ひょっとしたら人生を決めるような、素敵な出会いがあるかもしれませんよ。