男性は女性よりも、征服欲や支配欲が強い生き物です。

それは男性の本能的な部分が強く関係していますが、征服欲が強い男性ほど、プライドが高かったり、我が強かったりするイメージを抱く女性は多いでしょう。

実際に征服欲が強い男性ほど、人を従わせたい・誰よりも優位に立ちたいという野望も人一倍です。

そんな征服欲が強い男性に共通する特徴や、男性の征服欲を駆り立てるコツについてご紹介します!

征服欲の強い男性の6個の特徴

征服欲が強い男性は、その特徴が言動や行動に表れていることが多いです。

会話の最中に誰かが最近仕入れた話をすると、「その話ちょっと前に俺も知ったよ。」とさりげなくマウントを取ってこようとしますし、また誰かが知らないことを知っていれば、「あれ、それって常識じゃなかったっけ?」とさも自分の方がよく物を知っているといった言動をすることもあります。

傍から見れば嫌味な男に思えるかもしれませんが、征服欲が強い男性は、このようにふとした発言や行動でも他の人よりも上に立とうとすることが多いです。

そのためちょっと話をしてみれば、相手の征服欲が強いかどうかは直ぐに判断することが出来るでしょう。

他にも共通する特徴を以下に挙げていきます。

1.指示、命令をしてくる


征服欲が強い男性は、常に人の上に立とうとします。

そして上から下の人に向けて指示や命令を出すことを好みます。

会社でいえば上司の立場にある人が、やたらと部下に偉そうに指示や命令を出すことが多いです。

「〇〇くん、これ頼むよ。」と一言部下に指示を出せばいいところを、「〇〇、これやっておけよ。」とさらに上から目線で指示をするため、言動を見れば征服欲が強そうかどうかが傍目にも分かりやすいでしょう。

上司と部下のように、上下関係がないのに何故か上から指示や命令を下そうとする人も、同じく征服欲が強いでしょう。

自分の思った通りに女性を従わせたい

征服欲が強い男性は、女性に対しても上から指示や命令をするような物言いをすることがあります。

それは、「自分の思った通りに女性を従わせたい」という強い気持ちの表れでもあります。

電車やエレベーターに乗る際に、女性を押しのけて自分の方が先に乗ろうとしたり、恋人に対しても「料理は女の仕事だろう。」と自分の価値観や考えを当然のように女性に押し付けたりします。

征服欲の強い男性は、例え自分の考えが世間一般の常識ではなかったとしても、自分の考えに女性を従わせたいという思いが強いです。

2.自分に甘い

征服欲というのは、自分ではなく他人に対して向けられるものです。

自分の存在を頂点に置いて、他人を自分よりも下に置くことで、下の存在に対して自分の考えを押し付けたり、自分に従わせたりします。

自分よりも下に見ている人に対しては、何でも自分の考えに従わせようとし、それに反発する人へはとにかく厳しく接します。

一方で自分自身に対してはどこまでも甘く、また絶対の自信を持っています。

誰かが自分の考えを「間違っている」と指摘しても、それを認めずに「いや自分は絶対に正しいんだ」と自分への自信が揺らぐことはありません。

そのため滅多に他人の意見によって自分の考えを変えることはないでしょう。

彼女との約束を守れなくても特に反省はしない

征服欲が強い人は、「他人はダメでも自分はいい」という考えを常に持っています。

そのため他人の失敗には厳しくても、自分の失敗には「仕方がない」と甘い判断を下します。

例えば彼女がデートに遅刻してきたら、「時間も守れないのか」「人に迷惑をかけるなんて最低だ」などと散々彼女の失態を責めるでしょう。

しかし一方で、自分が寝坊してデートに遅刻したり、約束ごとを守れなかったりした時には、「昨日は遅くまで忙しかったから仕方がない」「どうにもならない事情だってあるんだ」など、自分の失敗を自ら擁護して、さらに彼女がそれをしつこく追及すれば、「思い遣りのない女だ」「自分の気持ちが最優先か」などと自分のことは棚に上げて反対に彼女を責めるでしょう。

彼女からすれば理不尽この上ないですが、それが当たり前なのが征服欲の強い男性なのです。

3.自分に自信がない

征服欲の強い男性は、自分に絶対の自信を持っている人と、そうでない人とに分かれます。

前者の場合には、自分の考えが誰よりも正しいという絶対的な自信がありますので、その自信から他人を自分の思う通りに従わせようとするでしょう。

しかし一方で、自分に自信がない人は、自信がないからこそ他人を無理矢理従わせて、「他人を従わせている自分」を演出することで、どうにか自信を保とうとする人が多いです。

誰も自分に従われなければ、ますます自信はなくなってしまうでしょう。

けれども容姿やお金、力などで他人を支配して従わせることによって、「人を従わせることが出来るだけの人間なのだ」と自分に自信を持とうとします。

そのため自信満々な人よりも、自信がない人の方が他人を従わせることに関してはタチが悪かったり、従わせようとする内容が理不尽だったりすることが多いです。

また、元々自信満々な人に比べると心にも余裕がないでしょう。

4.他人のせいにする

征服欲が強い人は、常に自分が一番正しいと信じていたり、誰よりも自分のことを最優先させたりする傾向があります。

何かラッキーなことがある時には、誰よりも早くそのラッキーを掴んで放そうとはしません。

一方で、何かよくないことがある時には、誰よりも何よりもまずは自分自身の保身に走ります。

何かミスやトラブルがあれば、その原因が自分にあっても認めようとはせずに、他人のせいにして「自分は悪くない」と主張します。

自分の責任も他人に転嫁するため、人からそれを指摘された時には逆切れすることもよくあります。

また、自分ではない人が原因で何かトラブルが起きた時には、容赦なくその原因となった人のことを責め立てるでしょう。

過去のトラウマのせいにすることも

征服欲が強い人は、自分のミスや失態を決して認めようとはしません。

例え頭では自分が悪かったと自覚していても、プライドが邪魔をして素直にそれを表に出すことも、謝罪の言葉を口にすることも出来ないことが多いです。

そしてもしもトラブルの責任を自分が負わなければならなくなった時には、他人のせいに出来なければ過去のトラウマのせいにして責任逃れをしようとすることもあります。

例えば仕事中にプレゼンでミスをして、その責任を追及されたら、「実は昔、大勢の前で酷い恥をかかされたことがあって、それ以来人前に立つと頭が上手く働かなくなってしまうんです。」などと嘘か真実かも分からないような過去のトラウマ話を持ち出して、「トラウマのせいで失敗してしまった」と言い訳して責任逃れをしようとします。

過去のトラウマ話を持ち出されたところでミスには変わりありませんが、本人は「トラウマがあるから自分は悪くない」と堂々と自分のミスを否定することがあります。

5.嫉妬深い


征服欲が強い人は、とても嫉妬深いことが多いです。

常に他人よりも自分が上に立っていたいという気持ちが強いため、少しでも自分よりも優れた人に出会うと、激しくその相手に嫉妬します。

そして相手よりも優位に立てることがあるかどうかを探ったり、相手の粗探しをして自分の心に余裕を持たせようとしたりします。

ライバル心と言ってしまえば良く聞こえますが、要するに単なる嫉妬心に過ぎません。

嫉妬心が良く働けば切磋琢磨してさらに自分の実力を伸ばすことも出来ますが、征服欲が強い人の中には自分では努力しないのに、他人を蹴落とすことばかりを考える人もいます。

常に彼女が誰かにとられるのではないかと不安

征服欲が恋愛感情に表れる人の場合、例え彼女が出来ても常に「彼女が誰かにとられるのではないか」という不安に苛まれます。

自分に自信がある人はそんな不安を抱きませんが、自分に自信がない人の場合は、彼女が魅力的であればあるほどに、誰かに横から奪われてしまわないかどうかが不安でたまらなくなります。

そして持ち前の征服欲で彼女を束縛して自分から離れないようにと縛り付けてしまいます。

それが結果として彼女に嫌われる原因になってしまうこともありますが、当人はその事実に気づかないことも多いです。

6.好きな人や彼女のことはなんでも知りたい

自分が好きな人や、彼女のことをより深く知っておけば、その情報を頼りに相手を束縛することも、征服することも出来るでしょう。

彼女が時間にルーズなら、それを把握しておけばデートに遅刻した時には存分にそれを理由に彼女を責めて、自分を優位に立たせることが出来るでしょう。

また、彼女のルーズさを知っておきながらも、そうした優位な立ち位置を作るために、あえてデート当日まで彼女に「遅刻しないように」と注意をしない男性もいるでしょう。

好きな人や彼女について知っておけば、それだけ自分が好きなように立ち振る舞うことも出来ますので、何でも相手のことを知りたがるのも征服欲の強い男性の特徴の一つです。

男性の征服欲をかりたてる4個のコツ

征服欲が強い男性は、気の強い女性からすれば苦手の対象になりやすいです。

女性自身の我が強ければ、それを押さえつけたり、さらに上に立とうとしたりする男性の行動は、目障りで癇に障るものに思えてしまうでしょう。

しかし一方で、控えめで大人しい性格をしている女性とは、征服欲の強い男性は相性が良いことが多いです。

磁石で言えばS極とN極、電池でいえばプラスとマイナスのように、反発し合うことなく互いにピッタリと収まりますので、どちらにとっても都合の良いことが多いです。

男性の征服欲が強いのなら、女性が上手にそれをかりたててあげることで、男性はますます実力を発揮することが出来るでしょう。

女性もまた、そんな男性の恩恵を受けることで、自分の身を守ったり、地位を高めたりすることが出来ます。

賢い女性ほど無駄に男性に反発することなく、上手く男性をかりたてて手のひらの上で転がしています。

そうやって巧みに男性をかりたてるには、女性はどうすればいいのでしょうか?男性をかりたてるコツをご紹介します。

1.頼る

男性は、女性から頼られることでその気になりますし、また本来の実力以上の能力を発揮することも出来ます。

どんな男性でも、やはり女性や好きな人からは「頼られたい」と思うものです。

女性に頼られると、男性は「仕方がないなぁ」「俺がいなければ何も出来ないんだな」などと女性を見下す発言をしながらも、内心ではかなり上機嫌になります。

男性は女性から頼られることで、それだけ自分には力があるのだと自覚することが出来ますし、それが男性の自信にも繋がります。

どんなに自分に自信のない男性でも、女性から頼られることでやる気に火が点き、普段以上に頑張ろうとしますので、そうした男性の心理を逆手にとって、必要な時には頼るようにしましょう。

場合によってはゴミ捨てや力仕事、面倒な書類作成の仕事なども、上手く男性の征服欲をかりたてることで男性を自分の都合よく使うことも出来るでしょう。

男性を優位に立たせる

女性が男性をおだてたり褒めそやしたりすることで、男性の征服欲や自尊心は大いに刺激されます。

調子のいい男性ではすっかりその気になって、都合よく女性から使われてしまう人もいるでしょう。

男性は女性ほど狡猾でもなく、また裏表がある性格でもありません。

ある意味素直で純粋な心を持っています。

率先して男性に気を遣ったり、男性を優位に立たせたりすることで、男性は素直にそれを嬉しいと感じ、自分を立ててくれる女性に何かと協力したり、力になったりするでしょう。

2.悩み事を相談する

恋愛の悩み、仕事の悩み、人間関係の悩みなど、どのような悩み事でもいいので男性に相談してみましょう。

男性は女性から悩み事を相談されることで、自分が「頼りにされている」と感じ、大いに自尊心や征服欲が満たされます。

そもそも悩み事とは、それが個人的なものであればあるほど、信用している相手にしか相談することは出来ないでしょう。

誰もがそうした認識を持っていますので、人から悩み事を相談されれば、イコールそれだけ自分が信用されていることになり、自然と相手のために力になってあげたいと思うものです。

男性の場合はとくにその傾向が強いため、年下の部下や女性から悩み事を打ち明けられたら、「自分に任せておけ」とばかりにさまざまなアドバイスや物理的な協力をしてくれることが多いです。

自分がいないとだめだと思い込ませる

悩み事を定期的に相談していると、されている側は段々と「この人は自分がいないとだめだなぁ」と感じるようになります。

元々面倒見がいい人や、頼られることで征服欲が満たされる男性の場合は、悩み相談を何度もされていれば、それだけ自分が相談に乗ることが当たり前だと思うようになります。

また、自分がいなければ相手はだめだと思い込むことで、最初は些細な悩み相談が例え大きなものに変わってきても、抵抗なくその相談に乗ってくれるでしょう。

そうして「自分がいなければだめだ」と男性に思い込ませることが出来れば、男性によってはどんな相談にも乗ってくれるようになるでしょう。

ただしやり過ぎてしまうと、悩み相談を盾にして男性が男女の関係を望むようになることもありますので、場合によっては注意が必要でしょう。

3.話しを聞く

征服欲が強い男性は、プライドもかなり高いです。

自分語りをするのも好きなので、自分の話を熱心に聞いてくれる女性を好む傾向があります。

大抵の場合、自分語りをする人や、武勇伝を自慢げに話す人は、実際に起きた出来事よりも誇張して話すことが多いです。

実際には起きなかったことも脚色して話すことがありますので、それが誇張された話であると気付く周囲の人は多いですが、当人は自分の話に酔いしれていますので、誇張がバレていることにも気づいてはいないでしょう。

そんな男性の自分語りを上辺だけでも聞いてあげることで、男性の征服欲や自尊心は満たされるでしょう。

そして満足した状態になると、自分の話を聞いてくれた女性に対して、何でもしてあげたいと思う男性もいるでしょう。

話しを聞いてほめる

男性の話を聞く時には、ただ「ふーん」と話を聞けばいいわけではありません。

男性がどんなに退屈な話をしてきても、上辺では熱心にそれを聞いているふりをします。

時々相槌を入れたり、質問をしたりすることで、男性は「しっかり自分の話を聞いている」と理解するでしょう。

そして肝心なのは、男性をほめることです。

例えば男性が日々筋トレを心がけていると言えば、「ストイックなんですね、すごい」と一言ほめ言葉を添えるだけで、男性は満足します。

話の内容にまったくほめる箇所がなければ、男性の考えや気持ちなど、男性自身に対して何かしらほめることで、男性の自尊心は大いに満たされることでしょう。

頑張っているときはねぎらう

男性が今現在頑張っている時には、話を聞いてほめながら、さらに男性の頑張りを労いましょう。

「毎日お疲れ様」「頑張っているんですね」の一言があるだけでも、男性の心は満たされます。

男性が自分から頑張りをアピールしてくればそれを労うことで分かりやすく上機嫌になるでしょうし、無言のアピールをしてきたらそれに合わせて労ってあげることで男性は満足します。

男性によってはほめられるよりも、労われる方が好きな人もいますので、男性のタイプに合わせて言葉を選ぶようにすれば、より効果が増すでしょう。

4.甘える

男性は女性から頼られることで自尊心が満足したり、やる気になったりします。

それと同じくらいに、甘えられることでもその気になりやすいでしょう。

経験豊富な男性であれば、狙ったように女性に甘えられたところでいちいち心が揺れることはありません。

しかし征服欲が強い男性の場合には、例え女性が計算して自分に甘えてきていることが分かっても、満更ではなく感じることが多いでしょう。

わざとらしくすり寄られたとしても、女性に甘えられているという事実で征服欲の強い男性は気持ちよくなれるでしょう。

そんな男性の心理を利用して、時には男性に甘えてみるのも良いでしょう。

男性は「申し訳ないから」と謙虚になり過ぎる女性よりも、多少は自分に甘えてくれる女性のことを可愛いらしく思うものです。

男心を理解して、時にはそれを利用できるようになっておきましょう。

特定の男性だけに甘えていることを示す

男性は、自分以外にもあちこちの男性に甘える女性に対しては、そこまで好意的な感情を抱くことはありません。

それよりも、「自分にだけ」甘えてきているのが分かる女性の方に、好感を抱きやすいです。

特定の男性に対してだけ女性が甘えることで、甘えられた男性は女性にとって自分は特別な存在なのだと錯覚しやすくなります。

そして自分だけに甘えてくれるからこそ、そんな女性の力になりたいと考えるでしょう。

男性にそう思わせるためにも、甘える時には特定の男性に対してだけ甘えているのだと、相手に示すようにしましょう。

征服欲の強い男性の好きな女性の特徴

男性も女性も、それぞれに個性を持っています。

男性の数だけ好みの女性のタイプがあると言っても良いでしょう。

男性一人ひとりの女性の好みは違いますが、征服欲が強い男性は、共通して同じようなタイプの女性を好きになることが多いです。

どのような女性が征服欲の強い男性から好かれるのでしょうか?征服欲の強い男性が好きな女性の特徴を以下にご紹介していきます。

言う事を聞いてくれそうな子

征服欲の強い男性は、女性を自分の思う通りに従わせたいと考えていることが多いです。

自分の求める時に求めることをしてくれそうな子や、何でも自分のいう事を聞いてくれそうな子に対して好意を抱くことがよくあります。

それは本心から女性自身を好きになることとは少し違うかもしれません。

何せ自分の思い通りになる女性のことを求めるわけですので、場合によってはそこに本心からの愛情はないかもしれません。

とはいえ征服欲の強い男性は、自分の側にいさせるのなら、出来るだけいう事を聞いてくれそうな子を選ぶでしょう。

気が強い女性や精神的にしっかりと自立している女性とでは、遅かれ早かれ意見の相違や喧嘩になってしまうことが十分に予想されます。

征服欲の強さゆえに、男性は自分と反発し合う女性よりも、大人しく自分に従ってくれそうな子を選ぶ傾向にあるでしょう。

もしも合コンをする時などには、きっと真っ先に控えめで大人しそうな女性へと目を向けることでしょう。

自分の言った通りに動いてくれる子

征服欲が強い男性は、自分に従う女性に好意を抱きやすいです。

例えば付き合い始めたら、デートの行先も待ち合わせの時間や場所も、すべて自分が指定してその通りに女性が従うように求めることでしょう。

何をするにも自分が主導権を握り、それについて一切文句を言わない女性であれば、一緒にいてもストレスが溜まることはありませんし、いつでも機嫌よく過ごすことが出来るでしょう。

彼女の容姿やファッションから、料理の味付けに至るまで、何でも自分の言った通りに動いてくれる子が好みですので、そうなってくれそうな女性が近くに表れたら、最初は征服欲の強さを隠して近づくことでしょう。

物静かな子

物静かな子は、男性からも女性からも、大人しそうで控えめな性格だと思われやすいです。

うるさく騒ぎ立てることもなく、余計なことを言ったり行動したりすることもなく、従順なイメージを抱かれやすいため、征服欲が強い男性からは好まれやすいです。

また、物静かな女性は自己主張が少なく、その割に周囲に対する細やかな気配りが出来るイメージも持たれやすいため、自分の思う通りに従って欲しいという気持ちのある男性からすれば、ますます自分の側に置いておきたいと思うことでしょう。

実際に物静かな性格の女性は、我が強い女性よりも控えめで大人しい人が多いため、亭主関白タイプや征服欲の強い男性からは声をかけられやすいでしょう。

自分の言ったことに反論をしない子

物静かな子は、自分の言ったことに反論しない子というイメージもあります。

例えば男性が間違った主張をしても、それを指摘せずに黙って受け入れたり、筋の通らないことを言っても、それに反論したりしないというイメージがありますので、自分の思う通りに女性を従わせたい男性にとってはとても好都合で好ましいタイプの女性と言えるでしょう。

とくに自分に自信がないタイプの征服欲の強い男性や、自分が完璧ではないことを自覚している男性にとっては、自分の発言や行動に反論しない女性は都合の良い存在でしょう。

征服欲が強い男性は、何よりも自分のことが一番大切ですので、付き合う女性も自分に合わせてくれる人を選ぶ傾向が強いです。

男慣れをしていない子

男慣れをしていない子は、男性が自分の好きなように女性を染め上げることが出来るので、擦れていない女性が好きな男性にとってはたまらないでしょう。

付き合うペースや付き合い方なども男性の好きなように出来ますし、経験が少ない女性も「これが普通なのだ」と違和感なく受け入れるため、カップルで揉めることも少ないでしょう。

女性が男性よりも恋愛経験が豊富な場合には、男性のやり方や言動に不満を漏らすことがありますし、また出しゃばって男性を自分がリードしようとすることもあるため、征服欲が強い男性にとってはやり辛いでしょう。

また、男性と同じくらいに恋愛経験が豊富でも、やはりこれまでの経験から男性のやり方に不満や文句を漏らすことがありますので、プライドの高い男性にとっては、揉める可能性のある女性よりも、男慣れしておらず全て自分がリード出来る女性の方が好ましく思えることでしょう。

他の男性と比べられたくない

征服欲が強い男性や、プライドが高い男性にとっては、女性に過去に付き合った男性と比べられることはたまらなく嫌でしょう。

「前の彼氏は全部デート代を奢ってくれた」や「元カレの方が優しかった」など、女性の口から他の男性と比べられることで男性の自尊心は酷く傷つきます。

女性でも彼氏に元カノと比べられることが嫌に感じるように、男性もまた、彼女に元カレと比べられるのは嫌でたまらないのです。

気遣いが出来る女性であれば、そんなことをわざわざ口にすることはありませんが、女性に不満が溜まった時には思わず元カレと比べるような発言が出てしまうこともあります。

しかし女性に最初から男性経験が少なければ、例え喧嘩になった時にも元カレと比較するような発言は出ませんので、そうした意味では男性は安心出来るでしょう。

個性がない子

個性がない子も、征服欲が強い男性からは好かれやすいです。

個性がないということは、男性は女性を自分の思うように染めやすいということです。

男性が「自分の好みはフェミニン系だからそういうファッションにして欲しい」と言えば、個性がないからこそすんなりと女性はその望みを受け入れることでしょう。

また、男性が「ロングヘアが好きだから髪を伸ばして、髪色も染めて。」と求めれば、その通りに従うことでしょう。

個性がない女性は、自分の中に特定のこだわりを持っていません。

こだわりがないということは、男性の好みに合わせてどんなふうにも変わることが出来ますので、自分好みに女性を染め上げたい男性にとってはとても付き合いやすいタイプでしょう。

よく彼氏が変わると、毎回がらりとファッションや髪型なども変わる女性がいますが、個性がないからこそその時の彼氏によってころころと外見を変えるのかもしれません。

ファッションやメイクに個性がない子

ファッションやメイクに個性がない子も、征服欲が強い男性にとっては自分好みに変えやすいでしょう。

元々ファッションやメイクに個性がない子は、彼氏がいない時期には野暮ったい外見になっていることが多いです。

そういうタイプの子ほど、彼氏が出来ると好かれようと思って彼氏好みになるために努力をしますので、自分好みに染めて大いに征服欲を満足させることが出来るでしょう。

征服欲を上手にかりたてよう

征服欲が強い男性は、良くも悪くも自分が一番大切で、常に自分の気持ちや都合を最優先させようとします。

それは大事にして欲しい女性からすれば、不満に思えるかもしれません。

しかし、征服欲が強い男性は、扱い方のコツさえ掴んでしまえば女性にとっても頼もしい存在となることがあります。

上手く男性の征服欲をかりたてて自尊心を満足させることが出来れば、時には男性の立場や権力を利用して守ってもらうことも出来ますし、また金銭面の援助や何かと助けになってくれることもあるでしょう。

時には男性の征服欲を上手にかりたてて、自分の味方になってもらいましょう。