皆さんは問題解決能力があるほうだと思いますか?

どんな立場で生きていても、いろいろな問題に直面することがあります。

もちろん会社員やOLをしている方だったら、日々いろいろなトラブルがあるでしょう。

クレームの電話かかってくるということも珍しいことではありません。

社会人からは気楽だと思われるような学生の方であってもトラブルは色々とあります。

子供は小学生ですが、2人とも女子なので女子特有のいろいろな問題に直面していることもあります。

子供から話を聞くことがありますが、成人男性の著者であってもかなりめんどくさいなと感じさせるようなところがあります。

例え子供であってもその子供の社会の中で生き抜くのは意外と苛烈なものがあると思ったものです。

そして、著者の妻が専業主婦ですが、一見非常に気楽に見える専業主婦であってもいろいろな問題を抱えていることがあります。

例えばママ友の問題だったり、子供会、役員などなど、専業主婦であっても人間関係のトラブルは避けられないところがあるようです。

ですので、どんな立場や場面でも、問題解決能力を必要になってきます。

誰もが欲しい!問題解決能力!

ですので、どんな立場の人であっても問題解決能力は非常に大切なものです。

どうにかして問題解決能力を身に付けたいところがありますね。

では、どのようにして問題解決能力を身につけたら良いのでしょうか?
身に付け方も大変気になるところですが、ひとまずは問題解決能力が高い人の特徴などを分析をして、そのような人になれるように目指していきましょう。

問題解決能力が高い人の9個の特徴とは

問題が起きると、誰しもパニックになってしまうところがあるかもしれないけれど、問題解決能力がある人は、そのようなパニックになる事はなく、冷静にかつ沈着でいられるところがあります。

そこに問題解決能力の高さがうかがえるところがあります。

では、そのような人になるにはどのようにしたら良いのでしょうか?
一つ一つ見ていきましょう。

1.問題に対する分析力が高い


もし、問題が起こったときただあたふたしてしまうだけで何もできていない人はいませんか?

そんな時もなるべく冷静でいられるように努力するところから始めてみましょう。

そして、冷静になった上で、色々と分析する必要があります。

何がどのように問題になっているのか?というところを分析するのです。

著者は、年齢を重ねてだんだんと早起きになってきましたが、なかなか若い頃は起きるのが苦手でした。

朝早く起きるのが苦手なのはどうしてそうなるのかということに対して、きちんと分析した事はあるでしょうか?

意外と漠然と「自分は朝が苦手だから…。」で片付けてしまうところがある人も多いのではないのでしょうか?

ですが、なぜ朝が苦手なのかというのを掘り下げていくだけでだんだんと問題を解決する道筋が見えてくるところがあります。

例えば、ただ単に夜寝る時間が遅いからかもしれません。

眠りが浅いのかもしれません。

特に少々肥満傾向であるとか小顔である方だと、無呼吸症候群になっているかもしれませんね。

では、それを分析して、次はどうするかということを考えることができ、そこから解決に結びつくことがあるのです。

2.客観的に問題を考えられる

そして、物事を客観的に問題をとらえることが大切です。

もちろん自分に甘いのは論外ですが、自分を責めるばっかりでもいけません。

自分のどこが良くないのか、もしくは自分以外何か要因があるのかということを客観的にとらえることが非常に重要になってきます。

先程の早く起きることができないと言う問題においても、「自分は朝起きようと言う根性がないからダメだ」というような感じでは解決に結びつかないところがあります。

精神論だけではどうしようもないところもあるのです。

それは朝早く起きると言うだけの問題ではありません。

例えばですが、某元アイドルの方がアルコール依存症気味だということで一時期アルコール依存症のことが大変話題になりました。

アルコール依存症になるのは心が弱いから、だから心強くしてお酒をやめるようにすると言うのは具体的な対策にはならないのです。

アルコール依存症になると、もう脳の形が変わっていると言われる位に、アルコールに対して、自制が効かなくなるところがあるとよく言われています。

ではどのようにしたら良いのかと言うと、具体的な対策としては病院に入院をし、アルコールに触れないようにする、中には、通販サイトなどのアクセスを制限し、お酒が買える店から遠いところに住まいを移すと言うような対策をとっているような人もいるようですね。

また自助団体に属している方もいます。

このように、問題を客観的に分析することは非常に大切なことです。

3.急なトラブル対応にも強い


また、問題解決能力が高い人は、急なトラブル対応にも動じません。

やはり、すぐにパニックになってあたふたしてしまう人は、冷静になるところから始めるしかありません。

いきなり沈着冷静にはなれないかもしれません。

ですが、だんだんと場数を踏んでいくにつれできるになってくることもあるでしょう。

ですので、可能な範囲で良いので、色々と経験を積んでみるのもありです。

とは言っても仕事を変えるのは容易なことではありません。

やはり、現代の日本においては、転職はそんなにプラスに捉えられる事は少ないです。

キャリアアップのための転職であればありですが、全く違う職種への転職を転々としていると、地に足をつける力がないと人間とマイナス評価に見られることも多いです。

ですので、何も仕事でそのようないろいろな経験を積む事は必要ありません。

もちろん1つの業種でいろいろの経験を積んでみるのはありですが、それが難しくても仕事以外の事にも目を向けてみましょう。

例えば与力があったらボランティアに参加してみるのも良いでしょう。

そして、そこまではいかなくても習い事をしてみるのもありです。

最近子供がいることで地元の公民館などもたまに出入りすることがありますが、いろいろなサークルが充実していますね。

中には平日夜など、社会人の方も参加できそうなものも多数あります。

もちろんそのような平日はどうしても難しいということであれば土日のサークルに行ってみるのもありです。

無理はいけませんが、いろいろな体験をし場数を踏んでみることにより、様々なトラブルの対処方法について学ぶことができるでしょう。

考え方が柔軟

トラブルに強い人は、考え方が非常に柔軟なところがあります。

考え方にこだわりがある人だと、そのこだわりの方法が通用しなくなった途端に、どうすることもできなくなってしまいます。

ですが柔軟な人であれば、AがダメならBにすればよい、BがダメならCにすればいいと言うな感じで、柔軟に考えられるところがあります。

やはり、1つの方法に凝り固まると、それが通用しなくなったときに二進も三進もいかなくなります。

ですので、考え方を柔軟にし、いろいろな対処ができるようにしておきましょう。

とは言っても、いきなり柔軟な考えになるのは非常に難しいかもしれません。

ではどのようにしたらよいのかですが、できるだけいろいろな本を読んでみるのも良いでしょう。

本がどうしても苦手なら、テレビなどでも良いのではないのでしょうか?

できれば小説とかではなくドキュメントの方が良いと思われます。

問題に直面してそれがどのようにして解決に導いていったのかということを様々なケースで読んだり見ることで、こんな時はこうしたら良いと言う柔軟な方法が浮かんでくるかもしれません。

やはり、そのような応用聞かせるためには基本が重要です。

ですので、いろいろな知識を本やテレビなどで蓄えて、困った問題に直面した人がどのように解決に導いていったのかというのを見てみると良いでしょう。

冷静

また、基本的に人は慌てふためくと冷静に対処できなくなってしまいます。

そうなると、たとえどんなに知識があってもそれをうまく引き出せなかったりもするのです。

ですので、なるべく冷静沈着でいる練習してみましょう。

慌てふためいてみても特に何も解決することはありません。

いろいろな問題があるので一概には言えませんが、医療職についている人ではない限り、よほどのことがない限りそんなに命に関わる事はありません。

そして、何かミスをしても、ご自身の命を取られる事はありません。

それを念じ、冷静に対処する練習しましょう。

4.あえて問題を楽しんでいる

なるべく、問題が起きて欲しくないと思っていると、問題が起きてしまったときに動揺してしまうところがあります。

ですが、あえてそのような問題を楽しんで対処しているケースであれば、何か問題が起きても臆することなく問題を解決することができます。

いきなりアニメの話になって大変恐縮ですが、皆さんはドラゴンボールの悟空をご存知ですか?
多くの方は、過去に悟空の子供時代からずっと見ていたり、現代でも好きで見ている人も居るいるのではないでしょうか?
この悟空は、サイヤ人という戦闘民族で、先天的に類まれなる強さがあると言う設定ではありますが、それだけではなく、彼は戦いに真摯に向き合うことで強くなってきました。

そして彼は、何より自分より強い人と戦うことを楽しんでいました。

やられるのは非常に悔しいことだけど、自分より強い人間と戦うことを楽しみ、その人を超えるために修行を積むということを繰り返していき、いろいろな地球上にやってくる強大な敵に立ち向かっていきました。

彼がいかに、その強い敵との戦いを楽しんでいたかというと、フリーザと言う非常に強い敵が死にかけたとき、なんと、さらに強くなったフリーザと戦いたいという理由で、とどめを刺さずに命を助けているのです。

これは、問題解決能力に当てはめていくと、問題が起きてもそれを楽しみ、うまく対処することに楽しみを見出すということが、難なく問題を解決を伸ばすポイントなのかもしれませんね。

5.コミュニケーション能力が高い

基本的に、問題解決能力がある人コミュニケーション能力が高いところがあります。

コミュニケーション能力というのが非常に多岐に渡るので、この能力を高めると言うのはそんなに簡単なことでは無いのかもしれません。

先天的にそのような能力に恵まれていない人もいます。

ですが、そのような人であっても全くコミュニケーション能力を伸ばすことができないのかというとそうではありません。

基本的に、このようにすれば間違いがないという対人スキルを事務的な感覚で覚えていくことから始めます。

ひとまずは、そのような人付き合いをマニュアル化していくのです。

そこから、掲示板などで大多数の意見と言うのは集め、こうすれば多くの人は喜ぶということを研究していきます。

それを繰り返していくことで、コミュニケーション能力はそこそこ磨かれていくところがあります。

そして後は場数を踏むのみです。

6.ズルズル引きずらない

そして、起きた問題についてズルズルと引きずらないところがあります。

反省はするけれど後悔はしないというようなタイプなのではないのでしょうか?

やはり、物事には切り替えが必要です。

色々な掲示板を見ていると仕事でミスをしてしまったと言うことで引きずってしまい新たなミスを引き起こすという話もよく聞きます。

確かに反省が大切です。

次に問題が起きないようにするにはどうしたらいいのかを対策しないとまた似たようなミスを繰り返すところがあります。

ですが、この起きたミスを、自分が悪いからこうなったと言うことでズルズルと引きずり落ち込んでいると、そのような精神状態からさらに新たなミス引き起こしてしまうことがあります。

ですので、起きた問題は解決したらもう後は根に持たない位の気持ちでいるようにするのが得策です。

7.人脈が広い

また、問題解決能力が高い方の中には、人脈が広い人もいます。

人脈が広いと、それだけ色々と任せられる人がいます。

人それぞれ、得意と不得意があります。

ですので、その人脈が広いという事は、いろいろな特技を持っている人に色々と任せることができる可能性が非常に高くなるのです。

やはり、人脈を広げるのは得意な人と不得意な人に分かれてくるかもしれません。

ですが、努力をしてみただけでもだいぶ違うところがあるのではないかと思われます。

それは、仕事関係で色々な人の手助けをすることで、○○さんに助けてもらったから、この人が困った時は助けてあげようと思えるような人を増やしていくというのも大切なところです。

新人期に、かなり手取り足取り教える必要があって手間取るような後輩や部下であっても、この人が一人前になったときに、「この人にはお世話になったから」ということで手助けしたいと思えるような上司や先輩になれるとどんどん人脈が広がっていくと思われます。

個人的には、仕事以外のところにも人脈を広げてみるが大変お勧めします。

著者は、投資や副業でなどセミナーによく行きます。

そのような感じでだんだんと人脈を広げていくことで、色々な人と知り合うことができます。

8.リーダー気質

こちらも、得て不得手が分かれるので、皆が皆そうなるっていうのは難しいかもしれません。

ですが、皆の意見をまとめ、進めていくことができたら問題解決を自分が先頭に立ってしていくようになります。

このような取りまとめはそんなに容易では無いのかもしれないです。

ですが、それがうまくできると一目置かれるところがあり、この人なら安心して任せられると思われるところもあります。

9.問題をある程度予想している

また、トラブルがあった時沈着冷静でいられる人とそうでない人とで下がります。

それは、何故かと言うと問題をある程度予想しているところがあるからです。

ですので、それも想定内のことであるということで冷静に対処できるところがあります。

ですので、何かを行うときはどのような問題が出るのかというのをしっかりと予想できるようにしましょう。

ただこれもそこそこに経験値を積むことも大切になってきます。

やはり全く未経験なことを問題を予測するのは、非常に想像力が豊かな人でないとうまく行かないところがあります。

また、もしそのような問題解決が苦手ということであるが、その仕事を経験した人に色々と話を聞けるようになるといいですね。

そのためには、いろいろな人と人脈を広げる必要があります。

そして、それは何も会社員だけではありません。

妻に聞いた話によると、役員関係で保護者とつながることが結構あるようです。

そこで人脈を広げて、色々と話を聞くことも非常に大切なのだそうです。

ですので、そのような問題を予想し、色々と話を聞くようにするのは、何も会社員だけではなく、お母さん同士の世界でもそのような事あるようです。

問題解決能力を身に着けるには?

では、問題解決能力は、どのようにして身に付けることができるのでしょうか?

ついつい、先天的な気質だから自分には無理と諦めてしまいがちです。

特に内向的な人だと、問題解決能力がある人には憧れるけれど自分は、無理だと思っているところがあります。

でも、そのようには思わず、いかにそのような問題なるこ身に付けることができる家庭の問題を洗い出すことができることから、その問題解決能力を身に付けることが始まります。

ではどうしたらいいのかというのを見ていきましょう。

何で問題が起きたのか原因を見つける

投資の世界でもよくあるのですが、特に何か原因もなく偶然うまくいくのは非常によくあることです。

ですが何かうまくいかなかったとしたらたいていのところで何か原因があります。

投資の世界の話で言うと、例えば大きく損害を出した理由は何かというと、自分が予想していたよりはるかに値が下がり、損切りをして損を確定しないといけないのに、どうにかしてまた市場が回復するのではないかと思ってしまい、そのままズルズルとポジション持ち続けてしまったと言うことに損が大きくなる原因があると言われています。

これは多くの投資家が失敗している経験があり、そこからもう投資の世界から撤退をする人も多くいます。

また、相場を読み違えることも投資がうまくいかない原因であると言われています。

また、早く損を確定した方が損が小さく済むというのがあるのですが、それをやりすぎると、我慢して持っていればポジションが回復したのに、そのチャンスを逃すということもあり、投資の世界は非常に難しいのです。

もちろんそれは投資の話ばかりではありません。

社会人生活においても、それは色々とあるのではないのでしょうか?
うまくいかないことがあったら、多くの場合は何か原因があります。

ですので、その原因と向き合っていくことが大切なのです。

原因がわかると、どのように対処したらよいのかというのも対策を立てることができるようになります。

言い訳せず向き合う

何か悪いことが起きると、自分を正当化してしまいたくなるものです。

それは、やはり人間には多くの人に見受けられるところがあるのではないのでしょうか?

できれば自分以外のところに原因を向けたいところがあるのもわかりますが、問題解決能力を身に付けるためにはそれではいけません。

問題が起きたらその問題の本質と向き合っていったらいいのかというのも考えていきましょう。

もしかしたら人にばかり原因があると思っていても、自分で対処することによって動くこともあるかもしれません。

また、仕事上ではどうしても部下に頼むところもありますので、人にやってもらう事もあるでしょう。

例を挙げると、元気よく「わかりました!」と言って仕事に取り組んでくれるけれど、仕上がりを見たら全然違うものになっていたというところがある部下や後輩の話も結構聞きます。

確かに、部下や後輩に原因があると言いたくなります。

ですが、ここはぐっとこらえ、自分に対処できるかを考えていきましょう。

おそらく、その部下(もしくは後輩)の方は思い込みの激しいタイプではないかと思われます。

ゆえに、こちらがきちんと指示をしたつもりでも、違って理解しているケースがよくあるのです。

ですので、そのようなタイプの人に仕事を頼むときは、指示をした時「わかりました」と言った後、その頼んだことをきちんと理解しているかどうかを調べるために、その部下の方に指示した仕事内容を復唱させるようにします。

そうすると、思い違いしているところに気づくことができます。

できなくても諦めない

少しでもできないとついつい諦めてしまいたくなります。

やってみたけどダメだったと思いたいところがありますね。

ですが、やはり問題解決能力を身に付けるためには早々に諦めてしまってはいけません。

あのエジソンも、失敗について非常に前向きに捉えています。

彼は失敗については成功への道に近づいたというふうに捉えているところがあります。

こうするとうまくいかないというのを複数繰り返していき、いろいろな方法を試すことで成功につながっていくと言うのです。

問題解決能力を身に付けようと思っているのであれば、エジソンのその思考を真似したいものです。

【諦めない心を作るための方法は、こちらの記事もチェック!】

視野を広げる

ついつい、うまくいかないことがあると、自分のような思考をしない人に腹を立てるようなところもあるかもしれません。

ですが、いろいろな人がいるとわかった上で、物事を進めるとなると少々気持ちが落ち着くところがあります。

このように心を広くするのは非常に大切なことです。

人の意見を聞く

そして問題解決能力ある人は、リーダーシップをとり、特に誰に相談することもなく自分でさっさと解決すると思いがちかもしれません。

ですが問題解決能力が高い人は、人の意見をきちんと聞いているところがあります。

やはり自分1人だけの考えだとどうしても限界があります。

ですので、いろいろな人の意見を聞き、よりよい方法を考えたり、そのアイデアをアレンジしていくことで良い方向に導いていくことができます。

これは、実際に仕事上の会議などでも実感できますし、そうではないところであっても、町内会や子ども会など非営利団体であっても、複数の人の意見を聞き取りは行われているようです。

ですので、人の意見を聞き、良い方向に導くようにするのは問題解決能力が高い人に近づく第一歩です。

リーダーに立候補してみる

リーダーに積極的に立候補するというのは、人によってはかなり勇気が要るでしょう。

立候補してみたけどうまくいかなかったら、皆から責められるかもしれない…。

と思うとその勇気に曇りが見えるのはよくあることです。

ですが、ここで一方踏み出してみるのはどうでしょうか?
もちろん、それがハードルが高いと言うことであれば、非営利団体のところから始めてみてもいいかもしれません。

例えばボランティアや町内会などです。

特にそのような非営利団体のところであれば、そもそも役員への立候補をする人がいないことに困っているところがあります。

ですので、そのようなところでリーダーをすることになるとそれだけで非常に有り難がられます。

問題を客観視する

そして何か問題にぶつかったとしたらそれを客観視できるように努力しましょう。

ここで大事な事は、精神論を排することです。

例えば「もっと努力すれば何とかなる」とか「自分が悪いからこうなってしまったと後悔する」などといったことです。

そこには具体的な策はありません。

ですので、そのような精神論を排した上で、どのようなところに問題があるのかを具体的に見ていきましょう。

そして、それが浮かび上がったら次はどのように対処するかです。

先ほどの早起きの件もそうです。

朝起きれないのはどのような原因があるのかを具体的に上げていくことが大切です。

朝起きれないという問題の原因には、夜寝るのが遅く朝起きるのが辛い、もしくはたくさん寝ているのに眠い場合は眠りが浅いのではないかと言うふうに、どのような原因があるのかを見ていくのです。

この問題が見えてくれば答えはある程度見えてきています。

もし、夜寝るのが遅いのであれば、夜寝るの早めましょう。

もちろん、例えば深夜2時に寝ていた人が、夜10時に寝るのは難しいかもしれません。

ですが、15分おきに寝る時間早めて行って、数日かけて夜10時に寝る生活リズムに近づけていくとどうでしょうか?

もしかしたらそこまで難しいことじゃないかもしれません。

眠りが浅いのであれば、その原因に対する対処する必要があります。

もしかしたら、無呼吸症候群なのかもしれません。

もしそうであればしかるべき医療機関にかかることで解決することもあるでしょう。

気持ちを切り替える

そして問題が起きた時、起きてしまった問題はどうすることもできません。

ですので、問題が起きたら、ついついくよくよするという人もいるかもしれませんがここはすっぱりと気持ちを切り替えましょう。

平気そうにしていると反省していない人に見えるからと、ついついそのように気持ちが沈んでしまうところもあるかもしれません。

実際に、問題が起こった後にいろいろネチネチと言う人もいますので、そのようになってしまうのも無理からぬことかもしれません。

そのような時でも、反省はするけれど後悔はしない精神でいきましょう。

順序をたてて行動する

あれもこれもと問題が起きるとついついパニックになって、中途半端になってしまうところがあります。

ですが問題がある時こそ冷静に対処することが大切です。

ですので、問題が起こってついて焦ってしまうところがあるかもしれないけれど、順序立てて行動していくことを心かけましょう。

問題解決能力が低い人の特徴5個!

では、色々と問題解決能力の高い人や、どのように対処しているかについて見てきましたが、逆に問題解決能力が低い人はどのような人でしょうか?

結構、このようなところに当てはまる人も多いかもしれません。

ですが、それも少しの努力をコツコツと続けていくことによって克服できるかもしれません。

もし自分がそうかもと思うのであれば、それを改めるようにしてみましょう。

1.問題が起こるとパニックになる

こちらは、小心者且つ良い人であるほどそのような傾向も出やすいところがあります。

問題が起きると自分のせいだと攻めすぎてパニックになったり、落ち込んだりする人も多くいます。

ですが、パニックになった時に、良い解決方法ができるかというとそのような事はありません。

やはり、そのような状態になると視野も狭くなりますし、普段できていたことが全くできなくなってしまうこともよくあります。

とは言っても、そのパニックになりやすいのは気質です。

ですのですぐに改めるのは難しいかもしれません。

ですが、問題が起きたとき、極力深呼吸をして落ち着くと行くところから始めてみましょう。

2.周りが見えなくなる

何かあると、そのことで手一杯になって周りが見えなくなる人もいるでしょう。

そんな時も、冷静な状態ではないので、うまく解決に導いていくことができないかもしれません。

そのような方もひとまずは深呼吸をして落ち着き周りを見回しましょう。

もしかしたら助けてくれる人もいるかもしれませんし、名案が浮かぶかもしれません。

3.自分を正当化する

問題が起きると、ついつい自分を正当化してしまった人もいることでしょう。

ですが、自分を正当化する事は成長につながらないところがあります。

言い訳ばかりする

確かに、理由を説明することは大切です。

ですが、そのような理由を説明したからといって問題を解決するわけではありません。

人によっては言い訳と捉えられるところもあるでしょう。

確かに、そのような言い訳をしたくなるようなシチュエーションがあるのも大変よくわかります。

ですが、言い訳をしても事態は好転しませんので、そのような話をしたくなっても基本的には口を噤みましょう。

問題が起きると逃げる

また、問題が起きるとそこから逃げてしまう人も問題です。

妻から聞いた話なのですが、妻は営業所の事務職をしており後は営業の人だったのですが、何か問題が起きて、そのフォローの電話を事務員だった妻にさせる人がいました。

それは、基本的に男性の多い業界で、女性と男性では当たりが違うところがあったからのようです。

このように問題があると逃げる人は、問題解決能力を成長させる機会なくなります。

また、何か問題が起きると途端に電話がつながらなくなる人もいたようです。

4.怒りっぽい

すぐにパニックになったり泣く人も考えものではありますが、それと同時に困った人がおこりっぽい人です。

問題があるとひたすら怒る人は周りも非常にやりにくいです。

怒っても何も解決しません。

そのような人アンガーマネジメントが非常にオススメです。

5.人に頼るのが苦手

また何でも自分で解決しようとする人も、問題解決能力が低い人の特徴です。

自分の力だけでは限界があります。

ですので、いろいろな人の力を頼るっていうの少しずつ始めていきましょう。

問題解決能力を身に着けよう

やはりどのような立場での人であっても、急な問題やトラブルはよくあることです。

問題解決能力を身に付け、様々な問題を上手に解決していけるようになりましょう。