CoCoSiA(ココシア)

自分が一番になりたいのはなぜ?負けず嫌いな人の特徴を一挙公開!

学校や会社など、成績・業績においていつも自分が一番でなければ気が済まない負けず嫌いな人っていますよね。

人に負けたくない一心で自分を鼓舞し、勉強や仕事に励むことはとても良いことではあるものの、いつもいつも「自分の方ができる」と暗に示されると鼻についてしまうもの。

そこで今回は、そんな負けず嫌いな人の心理的特徴や言動について解説していきます。

人は誰しも自分の実力を認めてほしいと思ってしまいがちですが、必要以上にアピールしてしまうと マウントを取っている とも思われかねません。

自分の首を絞めることにも繋がる可能性があるので、「自分って負けず嫌いだな」と思う方も、ぜひチェックしてくださいね。

負けず嫌いな人とは?


負けず嫌いな人は、大きく二つのタイプに分けられます。

負けず嫌いを上手に内に隠して一見そうは見えないタイプの人と、表面上に思い切り負けず嫌いな性格が出ているタイプの人です。

前者のタイプでは、 人知れず猛然と努力を重ねている ことが多いです。

また、後者のタイプでは 人から見えるようなところで努力を重ねている ことが多いです。

このように、一口に負けず嫌いと言ってもいろんなタイプの人がいます。

具体的にはどのような性格の特徴があるのか、以下にご紹介していきます。

勝負事が好き


負けず嫌いの人は、大勢の中で 自分がいつでも一番でいたい という気持ちがとても強いです。

全ての物事に対してそう考えている人もいれば、ある限定された分野でのみ一番でいたいと望む人もいます。

例えば「一番お金持ちでいたい」「学校で一番優秀でいたい」「自分の趣味に関しては一番でいたい」といった風に、

自分の得意とする、または望むジャンルにおいて、誰にも負けたくないという気持ちがとても強いです。

自分が一番であるためにあらゆる努力をする人もいれば、ちょっと専門分野をかじった程度で、他の人よりも優秀でいるつもりの人もいます。

どんなタイプの人であれ、負けず嫌いな人はとにかく他の人よりも自分の方が秀でていたいと思っています。

そういった考え方から、負けず嫌いな人は勝負事が好きな人が多いです。

みんなが平等なことには全く気が入らなくても、勝負事となれば俄然やる気になって、周囲からも分かりやすいほどに盛り上がる人もいます。

グループに一人は必ずいる


学校の中でも、会社の中でも、必ず負けず嫌いな人は存在します。

それどころか、数人の友達のグループ内でさえ最低一人は負けず嫌いな人がいます。

負けず嫌いな人は、誰かの話を途中で遮って自分のことを話し始めたり、誰かが言う自慢話にさらに自慢話を被せてきたりと、はたから見てもそれと分かりやすい行動を取る人が多いです。

中には自分からは積極的に発言をしませんが、話を振られるのをひたすら待ち、いざ話し始めるとそれまでの話を覆すような内容をペラペラと話すタイプの人もいます。

いずれにせよ、適度な負けず嫌いであれば周りは笑って受け流してくれますが、あまりに激しいといつしか周囲の人たちからは 一線を引かれてしまう恐れがあります 

勉強で負けず嫌い


学校の勉強や会社の試験などで、結果を競い合っている人は負けず嫌いの可能性がかなり高いです。

仲の良い友達同士でもよく知らない人同士でも、負けず嫌いの人は他の人の成績をやたらと気にする傾向がみられます。

自分よりも成績の低い相手に対しては笑顔で接するのに、自分よりも成績の良い相手に対しては、悔しさからそれを素直に「すごいね~」と褒めることはあまりしません。

そして勉強でその相手を追い抜くまで、内心で根に持ち続けます。

そんな負けず嫌いな人は「誰にも負けたくない」という強い思いから、必死になって勉強に取り組むことが多いです。

いちいち勝敗にこだわるところは人によって厄介なこともありますが、一番になりたいという気持ちから、

結果的に 自分の実力を伸ばす ことにも繋がりますので、すべてが悪いというわけではありません。

負けず嫌いを上手に活用出来る人は、どんどんその実力を伸ばしていけます。

テストの点数をチェックしている


負けず嫌いな人は、常に 自分と他人との成績を比べます 

そのため、他の人のテストの点数や学期末の順位を細かくチェックしていることが多いです。

それとなく相手に「どうだった?」とテストの点数を聞き、もし自分が相手よりも勝っていれば、

「まあ自分はこんなものかな」と少々得意になりながら自分の点数も見せます。

しかし、相手の点数の方が自分よりも上回っていると、「へー、まあまあいいじゃん」と口では言いつつも、内心では嫉妬や悔しさの炎をめらめらと燃やします。