誰でも孤独を感じる瞬間や、寂しくなる時ってありますよね。

一人きりで過ごしている時に孤独を感じることもあれば、大勢の中にいるのに何故か寂しい気持ちになってしまうこともあるでしょう。

そんな孤独で寂しい気持ちになった時に、どうすればその気持ちから抜け出すことができるのでしょうか?

辛い孤独から抜け出すためにおすすめの方法をご紹介します!

孤独で寂しい!そんな事ありませんか?

誰でも「孤独だな・・」「寂しいなぁ」と感じる瞬間があるでしょう。

一人暮らしをしている人や、家で一人きりで過ごす時間が多い人ほど、寂しい気持ちに襲われることがあるでしょう。

その一方で、日頃から大勢の人たちに囲まれて楽しく過ごしている人が、ふとした瞬間に孤独を感じることもあります。

たくさんの人に囲まれているのに、何故か「自分は一人きりなんだな・・」と孤独や寂しさを感じている人は、どんなに友達や親しい人たちと一緒にいても、根本の孤独が解消できなければ、それらの孤独や寂しさを感じなくなることはないでしょう。

孤独や寂しさは、どんな人でも同じように感じています。

天涯孤独の人でも、大家族の中にいる人でも、大富豪の社長でも、皆同じように孤独で寂しい瞬間はあるのです。

孤独から抜け出す7個の方法!寂しい気持ちから抜け出しましょう!

普段はたくさんの人に囲まれて充実感を覚えていても、ふとした時に孤独や寂しさを感じることがあります。

その孤独や寂しさは、普段から一人きりで過ごしている人が感じている孤独や寂しさと、実はそう変わらないものです。

どちらの場合でも、その人が孤独や寂しさを感じるだけの理由があります。

心の底から理解し合える人がいない寂しさや、自分が本心から心を許せる人がいない孤独感、周囲から自分一人だけが浮いてしまっているかのような感覚など、さまざまな理由から孤独や寂しさを感じている人は多いです。

生きていれば誰しもそうした孤独や寂しさを感じるものですが、孤独や寂しさの感情があまり強いと、気持ちがどんどん落ち込んでいってしまいます。

ふとした時に孤独や寂しさを感じても、早くそこから抜け出すことができれば、気持ちを持ち直して前向きに生活していくことができるでしょう。

孤独から抜け出す具体的な方法を以下にご紹介していきます。

ふとした瞬間に感じる孤独や寂しさに悩んでいる人は、ぜひこの方法を試して寂しい気持ちから抜け出しましょう!

1.積極的になる

何事にも積極的になると、自分があらゆる物事に関わる機会や時間が増えますので、その分孤独や寂しさを感じ難くなります。

例えば交友関係に積極的になることで、それまでは関わり合いのなかった人とも関わるようになりますので、コミュニケーションを取ったり親しくなったりすることで、孤独や寂しさを解消することができます。

仲間内でどこかへ遊びに行くのもいいですし、サークル活動やさまざまな機会で知り合った人とも積極的に関係を築いていくことで、それだけ人と関わる時間が増え、孤独を感じ難くなります。

人間関係だけでなく、例えば普段外に出ない人は、休日を利用して外へ出かけたり旅行をしたりすると、新鮮な気持ちになれますので孤独や寂しさを感じる暇はなくなるかもしれません。

そのほかさまざまなアクティビティに参加したり、積極的に物事に取り組んだりすることで、孤独や寂しさを感じなくても済むようになれますので、これまでよりも少し積極的な自分を目指しましょう。

目に付いたものに片っ端から参加したり取り組んだりする習慣を身に付けることで、いつでも新鮮な気持ちで生活することができるようになります。

積極的になることで様々な人と接する

積極的に物事に取り組むようになると、自然とこれまで知らなかった人たちと知り合う機会が増えます。

例えば登山やハイキングといったアウトドアに一人で参加すると、いざ歩き始めた時には一人でも、道中でさまざまな人と知り合う機会が得られます。

そこで無視を決め込むのではなく、こちらから積極的に話しかけてみると、共通の話題で盛り上がれたり、新たな交友関係を築いたりすることができるかもしれません。

ウインドウショッピングや観光など、一人でもいろんなところを出歩けば、自分さえ積極的になることでたくさんの人と知り合う機会を得ることができます。

もしいきなり人と接触することに抵抗があるという人は、ゲームのオンラインやSNSなどのネットを利用して、まずは画面越しに大勢の人と知り合う機会を作っていきましょう。

ネットであれば嫌な人がいれば簡単に拒否することができますし、直接顔を見て話す必要がないため過度に緊張せずに済みますので、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人にはおすすめの方法です。

人との関わりを増やし孤独を減らす

人と関わっている時間が長ければ長いほど、孤独や寂しさを感じずに済みます。

人によっては大勢でわいわい楽しく過ごしている時に、ふと孤独や寂しさを感じるという人もいますが、そうでない場合には誰かと一緒にいれば寂しい思いはせずに済みます。

交友関係を増やしておけば、自分が寂しくなった時には誰かしらと連絡を取り合うことができますし、友人がたくさんいればそれぞれに予定があっても、一人は自分に付き合ってくれる人を見つけることができるでしょう。

友人は少人数で限定する派の人もいますが、適度に浅く広い付き合いの友人も作っておけば、いざ自分が寂しくなった時には構ってくれる人を見つけやすくなるでしょう。

友達と会う約束をする


孤独や寂しさを感じた時には、友達と会う約束を取り付けましょう。

例え約束が一週間後や一か月後であっても、「友達と会う予定ができた」という事実があれば、それだけで気持ちが上向きになって、孤独や寂しさを感じ難くなります。

もし友達との時間がどうしても合わない時には、直接会うのはお互いに時間が合う時にしておいて、まずはLINEや電話で友達と話す機会を作って寂しさを紛らわせましょう。

人が孤独や寂しさを感じた時には、友達と一緒に過ごしたり、話したりすることで手っ取り早く孤独や寂しさの感情を紛らわせることができます。

普段は友達付き合いなんて面倒臭いと思っていても、いざ自分が寂しくなった時には友達の存在は有難く感じられますので、日頃から友達付き合いはある程度築いておきましょう。

2.外に出る

家に一人きりでこもっていると、誰でも孤独感を覚えたり、急激に寂しい気持ちになったりすることがあります。

そんな時には外に出て、気分転換をしてみましょう。

外の新鮮な空気を体いっぱいに取り込むだけでも、不思議と気持ちがスッキリできます。

誰かと会うわけでなくても、空気のいいところをのんびりと散歩するだけで、孤独感を和らげることができるでしょう。

天気のいい昼間に、温かい日の光を浴びながらゆっくり辺りを散策するのもいいですし、夜の方が好きな人は、空気が澄んだ夜に外を歩くと、静かな空間での散歩を楽しむことができます。

昼の散歩には昼の良さがありますし、夜は夜で、暗くて静かな反面、「誰もが孤独になる瞬間がある」と実感できて妙な安心感を覚えることもあります。

外の新鮮な空気を吸うことで、落ち込む気持ちを落ち着かせて冷静になることができますので、孤独や寂しさを感じた時には、気分転換を兼ねて外に出てみましょう。

孤独な人は基本的に引きこもりがち

孤独を感じやすい人は、基本的に家に引きこもりがちです。

いつも家に引きこもって一人で過ごしていると、まるで世界中で自分だけが孤独を感じているような気分になることがあります。

テレビで楽しそうにしている人たちや、ネットで充実した写真や近況報告を挙げている人たちを見ていると、周りから自分だけが取り残されたような気持ちになって、孤独や寂しさを覚える人は多いです。

けれどもそこでひねくれた考え方をしてしまっては、いつまで経っても外に出る気分にはなれません。

寂しくなった時には、その衝動に任せて思い切って外に出ましょう。

コンビニに出かける用事など適当に外に出る機会を作ったら、のんびりと時間をかけて外を散歩して気分転換をしましょう。

外に出ることで気分も晴れる

「外に出たところで、気分なんか晴れやしない」と思う人もいるでしょう。

けれどもいざやってみれば、いくらか気分は晴れるかもしれません。

孤独も寂しさも、気の持ちよう一つで明るく前向きに変えることができます。

無理して明るい気分になる必要はありませんが、だからといっていつまでも孤独や寂しい気持ちを抱えたままでは、どんどん気分が塞ぎ込んでしまいます。

気持ちが落ち込むと悪いことを呼び寄せやすくなりますし、一度きりのせっかくの人生が詰まらないものになってしまうでしょう。

孤独や寂しさで落ち込む瞬間もたまには必要かもしれませんが、頻繁に寂しくなるようなら、外に出かけて気分転換をするなり、友達に連絡して会う約束を取り付けるなり、新しい出会いを探すなりしましょう。

その方がよっぽど自分の人生のためになるでしょう。

3.コミュニケーションの機会を増やす

人は誰かと接している時には、孤独や寂しさといった感情を抱き難いです。

例えば見知らぬ集団の中に自分一人だけがいるのなら、「たくさんの人たちの中で自分は一人きり」と孤独を感じることはあるでしょう。

また、親しい友人が自分ではない別の誰かと楽しそうに会話をしていれば、それを見て寂しく感じることもあるでしょう。

けれどもいざ自分が直接誰かと話したり、コミュニケーションを取っていたりする瞬間には、少なくとも孤独や寂しいという気持ちになることはありません。

ということは、人とのコミュニケーションの機会を増やすことで、自分の中の孤独や寂しさの感情を減らすことができるということです。

いつも誰かとベッタリ一緒にいるということは難しいですが、日頃から浅く広い交友関係を築いておけば、いざという時には誰かと一緒に過ごすことはできます。

普段は親しい友人と一緒に過ごし、その友人がいない時には他の誰かと一緒にいることで、コミュニケーションの機会が増えて孤独や寂しさよりも、楽しさや充実感を覚えることができるでしょう。

会話に参加できるようにする

人とのコミュニケーションでは、会話が必須です。

その場で他の人たちの話を聞いているだけで楽しく過ごせることもありますが、やはり会話に参加してこそ、「自分もコミュニケーションを取っているのだ」と実感できて、孤独も寂しさも感じずに済みます。

気軽に会話に参加できるようにするためには、やはり日頃からたくさんの人たちと無難な人間関係を築いておく必要があるでしょう。

もしいつも親しい人としか話をしていなかったら、その人がいない時に他の人の輪に入ったところで、話題についていけなかったり、話すタイミングが分からなかったりして、余計に孤独感を覚えてしまうことになります。

それよりも、毎日少しずつでもたくさんの人と会話をしておくことで、向こうもこちらのことを「話せる相手」として認識してくれますので、いざという時には会話に入れてくれやすくなるでしょう。

自分から話しかけに行かない癖に、寂しい時にだけ自分も会話に入れて欲しがるようでは、周りには嫌がられてしまいます。

けれども普段からある程度のコミュニケーションを取っておけば、いきなり会話に参加しても違和感なく受け入れてくれることでしょう。

4.趣味を多く持つ


趣味に夢中になっている時には、それだけに気持ちが集中していますので、孤独や寂しさを感じることはありません。

模型を作ったりパズルをしたりと、細かい作業に集中している時には無心になるものですし、読書をしたりネットサーフィンをしたりしている時にも、楽しい気持ちは生まれても、孤独や寂しさといった気持ちになることはないでしょう。

元々趣味がある人は時間がある時にはそれを楽しめばいいですし、時間や場所などが限定される趣味の場合には、それが出来ない時には他のことをやれるように、趣味を多く持つといいでしょう。

とくに趣味がない人の場合は、日頃から習慣として行っていることがあればそれをしたり、手あたり次第にさまざまなことにチャレンジをしたりして、そこから新しく趣味を見つけるのもいいでしょう。

趣味はいざ「作らなければ」と思うとなかなかできませんが、目についたものから積極的に何でもやってみるようにすれば、その内自分が夢中になれるものを見つけられることもあるでしょう。

同じ趣味の人と関わりを持てる

一人で楽しめる趣味もあれば、友達や仲間と一緒に楽しめる趣味もあります。

例えば誰もいない静かなキャンプ場で、一人だけでキャンプを楽しむのが趣味の人もいますが、友達とわいわい楽しくやりながらキャンプをするのが趣味な人もいます。

誰かと一緒に毎週のように食べ歩きをして、お店の新規開拓をするのが趣味の人もいれば、ダイビングやサーフボードなどを仲間と一緒に楽しむのが趣味の人もいるでしょう。

趣味によっては一人だけでも楽しめるものもありますし、誰かと一緒に楽しめるものもあります。

同じ趣味の人と関わりを持つことで、そこからプライベートの付き合いが増えれば、ますます孤独や寂しさといった気持ちを抱くことは少なくなるでしょう。

初対面の人といきなり仲良くなることは難しくても、共通の趣味があればあっという間に親しくなることはできます。

趣味を通じて新しく友達を作ることもできますので、趣味はたくさんあるに越したことはないでしょう。

【趣味友を作るためには、こちらの記事もチェック!】

5.恋人を作る

恋人がいる間は、孤独や寂しさといった気持ちとは無縁になることもあります。

気持ちの通じ合った恋人同士の場合、寂しい時には連絡を取り合ったり、会ったりすることでお互いの孤独を埋めることができるでしょう。

恋人同士であっても、片方が恋人よりも自分のプライベートを優先する時には、もう片方は寂しい思いをすることがあるかもしれません。

けれども、お互いをいつも優先に考えて一緒に過ごす恋人同士の場合には、付き合っている内はどちらも孤独や寂しい思いをせずに済むでしょう。

恋人と同棲しているのなら、家に帰ればいつも恋人がいるという安心感がありますし、家族や友人では埋められない心の隙間を、上手に埋めてくれることでしょう。

お互いのことを心底理解し合えるパートナーに巡り合えれば、孤独や寂しさとは無縁になれるかもしれません。

彼氏・彼女ができることで、一人でいる時間を減らす

彼氏や彼女ができれば、誰でも恋人と一緒にいたいと思いますよね。

仕事が休みの日には、二人で一緒にのんびりと家で過ごしたり、どこかへデートにでかけたりすることも多いでしょう。

休みの日にいつも一緒にいれば、仕事の時には寂しくなっても、「休みになれば恋人にあえる」という楽しみがあるためその寂しさを乗り越えることができます。

また、同棲している恋人同士の場合、家に帰ればいつも恋人の姿がありますので、孤独や寂しさを感じることはないでしょう。

あまり恋人に依存し過ぎてしまうと、それはそれで片方が出かけている時には寂しい気持ちに襲われてしまうこともありますが、お互いに精神的に自立した上で好き合っているのなら、会えない時間も孤独に落ち込むことはないでしょう。

6.人と関わる仕事をする

機械相手の仕事や、一人だけで黙々と行う仕事に就いていると、仕事中にふと孤独に襲われることがあります。

例え会話はなくても、その場に誰かがいれば人はそれだけで安心感を得ることができます。

けれども一人だけで仕事をしている場合には、誰もいない不安感や寂しさを感じることが多いですし、仕事にもやりがいを感じられず、いまいち積極的に「仕事を頑張ろう!」という気力がわきにくいことも多いです。

仕事で孤独感や寂しさを覚えるという人は、思い切って人と関わる仕事に転職してみると、これまでのような孤独や寂しさには悩まずに済むかもしれません。

接客業や人の多い職場にいけば、毎日嫌でも人と話す機会や関わることが増えます。

人と関わることで気持ちが前向きになれるのなら、孤独や寂しさを感じるような職場で働くのはやめて、思い切って職場を変えてみるといいでしょう。

もちろん人と関わるようになれば、それだけ大変なこともたくさんあります。

職場によってはパワハラやセクハラのあるところもありますし、接客業ではお客様からクレームがあることもあります。

それでも人と関わっていた方が楽しいという人は、人と関わる仕事に就くことで、孤独や寂しさを感じずに済むでしょう。

販売や営業

販売や営業の仕事では、お客様と話すのが基本的な仕事です。

お客様と会話をしながら、その中で自社の商品を売り込んでいくことが重要ですので、会話ができなければ話になりません。

お客様の中にはさまざまな人がいますので、こちらの話を熱心に聞いてくれる優しい人もいれば、隙があれば何かしらのクレームや文句をつけようとする人もいるでしょう。

接客はお客様のタイプによって楽しいこともあれば、辛いこともあります。

それでも必ず毎日人と関わる仕事ですので、販売や営業などの仕事をしていれば、少なくとも仕事中は孤独や寂しいといった感情を抱くことはありませんし、そんなセンチメンタルな気持ちに浸っている暇すらもないでしょう。

販売や営業の仕事は楽しいことも辛いこともたくさんあります。

昨日は大変だったけれど、今日の仕事は充実して楽しめた、というように、毎日が変化の連続です。

仕事内容は同じでも、お客様は毎日変わりますので、少なくとも接客に飽きることはないでしょう。

7.実家に帰る

孤独や寂しさに耐えられそうにない時には、実家に帰るのも効果的な方法です。

実家はあなたの生まれ育った場所ですので、家に帰れば誰もが自然とホッとするでしょう。

子どもの頃から毎日過ごしてきた家の中の様子や匂い、親の作る料理や家族のだんらんなど、心が疲れた時にこそ、孤独や寂しさを感じる部分にじんわりと温かいものが染み込んでくるような気がします。

実家は自分の生まれ育った場所ですので、例え家を出てから何十年経っても、家の玄関を入った瞬間には、無条件に自分を受け入れてくれるような空気を感じて、誰もが胸をなでおろすような安心感を覚えることでしょう。

もしも生まれ育った家に何かしらのトラウマがある場合には、むしろ実家に帰ることは良くありませんが、そうでないのなら実家は誰もが自然と気が抜けて安心できる場所でしょう。

一人暮らしに疲れた時や、結婚生活に疲れた時に、「実家に帰りたいな」と感じることがあれば、それは心身が癒しや安心感を求めているからかもしれません。

実家にはそれだけ孤独や寂しさ、疲労感を癒してくれる不思議な魅力があります。

家族と暮らす

自分の生まれ育った家で、自分の家族と一緒に暮らしていれば、孤独や寂しさを感じることは少なくなるでしょう。

生まれてからまだ一度も実家を出たことがない人には分かり辛いかもしれませんが、一度でも家を出てみれば、久しぶりに帰った実家の安心感や有難みがよく分かるはずです。

家族は無条件に自分を大切にしてくれますし、どんなにわがままや愚痴を言ったところで、それを受け入れてくれるという絶対的な安心感があります。

もし一人暮らしをしていて心が疲れてしまった時や、寂しさに耐えきれなくなった時には、一旦実家に帰って家族と暮らすのもいいかもしれません。

そのまま家を出られなくなってしまうのも問題ですが、結婚して自分が家庭を築くまでの間であれば、実家で孤独や寂しさを感じることなく安心して暮らすのも自身の心の療養になるでしょう。

孤独を感じている人は案外多い

街を歩いていると、たくさんの人とすれ違います。

世の中にはそれだけ大勢の人たちが暮らしていますが、自分を含めて道行く人たちの中には、孤独を感じている人が少なからずいるでしょう。

みんな「孤独だ、寂しい」と口に出すことをしないだけで、実際には孤独を感じている人は案外多いものです。

もしかしたら、あなたの直ぐ近くにいる人も、心の中では「寂しいなぁ」と思っているのかもしれません。

もしも孤独感を表わすバロメーターがあって、それが人の目に見えるのだとしたら、きっとあちこちでそのバロメーターがいっぱいになっているのかもしれませんね。

なぜ孤独な人が多いのか?

世の中はたくさんの人で溢れているのに、なぜ孤独を感じる人は多いのでしょうか?その最たる理由は、一人ひとりの感情が、それぞれに個性として独立しているからでしょう。

もしも世の中のすべての人の感情が、一本の線で繋がっていたとしたら、誰かが寂しいと感じたら、それを他の人たちも同じように感じることができるでしょう。

けれども実際にはその糸は分断されていて、誰かが感じている感情を、他の人が察知することはできません。

だから人は、「自分の気持ちは他人には分からない。孤独だ。」と感じてしまうのかもしれませんね。

他にもどのような時に、人は孤独を感じているのでしょうか?孤独を感じやすい条件や場面を以下に挙げていきます。

一人暮らし

一人暮らしは自由気ままです。

いつ何をしてもいいですし、帰りが遅くなっても誰にも叱られることはありません。

実家にいる時のように、誰かに気を遣う必要もなければ、ルールがあるわけでもありません。

まさに自分だけの城といった感覚ですが、同時に自分一人だけですので、どうしても孤独を感じる瞬間はあります。

食事するのもテレビを見るのも一人だけですので、ご飯を味気なく感じたり、テレビもつまらなく感じたりすることがあります。

夜怖い番組を見た後に、一緒に寝てくれるような人もいません。

何もかも自分の自由だからこそ、一人きりで孤独を感じる瞬間も多いでしょう。

人と関わりたくない

元々人と関わるのが苦手な人の場合、普段から他人を避けて生活する傾向がありますので、どうしても孤独を感じる瞬間は多いです。

他人とコミュニケーションを取るのが苦手だったり、人に気を遣ったりするのが嫌で、一人の方が気楽だと感じている人の多くは、日頃から単独行動をしています。

一人でいれば人と関わる煩わしさがありませんので、気が楽に過ごせます。

しかしその一方で、ふと寂しくなった時には気軽に遊びに誘える友人もおらず、誰も一緒にいてくれる人がいないため、孤独感に襲われることがあるでしょう。

独りでいるのに慣れてしまっている

独りで過ごすことに慣れてしまっている人は、普段から独りだけで行動することが多いです。

必要に駆られて独りに慣れてしまった人もいれば、元々人付き合いが苦手で独りを選んでいる人もいるでしょう。

どちらにせよ、独りでいることに慣れてしまっている人の場合、普段は単独行動の方が気は楽です。

けれどもふとストレスが溜まった時や、誰かに話を聞いてもらいたくなった時に、誰も側にいなくて話を聞いてもらえないことがあるでしょう。

普段独りの方が気楽でも、いざ誰かと過ごしたい時には誰も相手がいなくて、孤独や寂しさを感じることがあるでしょう。

どの様に相手に接すれば良いのかわからない

普段から人とあまりコミュニケーションを取らない人の場合、どの様に他人と接すればいいのか分からずに戸惑ってしまうことがあります。

初対面の人と仲良くなる方法も分からなければ、毎日職場で顔を合わせる同僚とも、上手くコミュニケーションを取ることができずに、職場で孤独を感じてしまうことがあるでしょう。

孤独とは、周りに誰もいなければもちろん感じることが多いですが、人によっては大勢の中にいるのに誰とも満足に心が通じ合えないことで感じることもあります。

人と意思の疎通が上手く図れない人もまた、たくさんの人に囲まれていても孤独を感じることがあるでしょう。

孤独な時間を少なくして寂しい気持ちをなくそう!

孤独は一人きりの時に感じることもあれば、大勢の中にいても感じることもあります。

誰も自分の気持ちを理解してくれない、心の内を話せる相手がいないと感じた時に、人は強い孤独感や寂しさを覚えることが多いです。

また、孤独感が「自分は一人きりだ」と思った時に感じるものであれば、寂しさは「本音で話せる人はいても、今すぐにその人とは会えない」状況の時に感じることが多いです。

どちらも「今は自分一人だ」と感じていることに変わりはありませんので、心に虚しさを抱えてしまうことになるでしょう。

そのまま気持ちが落ち込んでしまわないように、人と会う約束を取り付けたり、新たな出会いを探したり、趣味を楽しんだりして、できるだけ孤独や寂しい気持ちをなくしていきましょう!

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718