CoCoSiA(ココシア)

卑怯な人の7個の特徴と対処法


世の中には色々な人がいますが、みなさんには「この人、卑怯だな…」と思う人はいるでしょうか…?

身近に卑怯な人間がいると、その人の言動に思わずイライラしたり、幻滅する事もあるかと思います。

ですが、具体的にどんな人が「卑怯者」のレッテルを貼られてしまうのか、みなさんは考えた事があるでしょうか…?

そこで今回は、“卑怯な人の7個の特徴”と“卑怯な人への対処法3個”をご紹介したいと思います。

自分が卑怯な人間に当てはまらないか心配な人や、「身近にいる卑怯な人に悩まされている…」なんて人も必見ですよ!

卑怯な人の7個の特徴

ここで言葉の意味を確認しておくと「卑怯」とは、気が弱く意気地や勇気がなくて正々堂々としていない様、あるいは、物事に正面から取り組もうとしない事を言います。

例えば、危険な目に遭った時に一緒にいる仲間を見捨てて自分だけ一目散に逃げ出したり、自分に不利な事が起こった際に嘘をついてでも難を逃れようとしたり…。

そういう人を見た時に、「あいつはとても卑怯な人間だ!」といった感じで使われるかと思います。

悪い意味を含む言葉なので、基本的には悪口として使われる事が多いでしょう。

卑怯者には「自分さえ良ければ、例え他人を犠牲にしたり、道理に外れた行動を取るのも構わない!」という心理があります。

その考えが普段の言動にも分かりやすく現れているから、周りの人も「この人は信用出来ない!」「自分勝手な奴だ」「なるべく関わりたくない…」とマイナスな印象を強く抱くのです。

しかし、卑怯者の中には無意識に卑怯な言動を取っている人も存在します。

では、「卑怯」と言われる人には具体的にどんな特徴があるのでしょうか…?

そこで続いては、“卑怯な人の7個の特徴”をご紹介します!

一応みなさんも、自分が卑怯な人間に当てはまらないかどうか、チェックしておいた方が良いかも…?

1.相手を見下す


卑怯な人は自分と他人を比べ、相手に少しでも劣っている部分があると分かると、その人を見下す特徴があります。

相手を見下す事で「自分の方が上である、優れている!」と優越感に浸りたいのです。

「自分より格下だ」と思った相手に対して、やたら高圧的に振舞ったり馬鹿にする様な態度を取るのも、卑怯な人の典型的な行動と言えるでしょう。

職場や学校には部下や後輩に対して、意地悪・いじめ・パワハラなどを行なう上司や先輩もいると思います。

それは、相手(部下や後輩)を見下しているからこその行ないであり、部下や後輩が何も言い返せない(あるいは言い返さない)のを良い事に、社会的地位を利用して言いたい放題・やりたい放題するという卑怯な行動です。

そういう人は部下・後輩いびり以外にも、無意識に卑怯な言動を取っているものなので、意地悪・いじめ・パワハラの被害に遭っていない人達からも、「卑怯な奴」と思われている可能性が高いと言えるでしょう。

自分が優れているところを少しでも見つける

「人の目が気になる」「相手が羨ましくなる」「他人と比べてしまう」という気持ちは誰にでもあると思います。

他人と比較する事自体はそこまで悪い事ではありません。

他人と比べる事で、目標が出来たりモチベーションが上がる事だってあるでしょう。

それから、他人と比べて自分の方が優位だと分かった時に、思わず嬉しくなってしまうのも決して悪い事ではないのです。

必死に努力して、勉強・スポーツ・仕事などで1位を取って喜んでいる人を見て、「あいつは卑怯者だ!」なんて考える人はいませんよね?

なので、他人と比べ自分が優位な事を喜ぶだけでは「卑怯な人」にはなりません。

それで周囲を見下している訳でないなら尚更です。

卑怯な人の場合は他人を見下しているのもそうですが、自分が少しでも優位になる為に手段を選ばないところが卑怯と言えます。

そもそも、卑怯な人にとって他人よりも優れているところを見つける事は、優越感を得る為だけでなく、自身の価値を見出すのに必要な行為でもあるのです。

この事については後で詳しく説明しますが、…他人よりも劣っていると自分の価値が見出せないから、卑怯な人は他人よりも自分が優れていないと気が済みません。

もし、他人と比べて「この人には勝てないな…」と思った時、多少の嫉妬心は抱いても、「凄い人だな」とか「自分もこの人の様になりたい!」と相手を尊敬する気持ちが湧くものだと思います。

しかし、卑怯な人はそうなりません!

卑怯な人の場合は例え勝ち目のない相手であっても、自分が優れているところを見つける為に、相手のいない所でコソコソとその人の悪口を広めたり、何らかの方法で落し入れるなどして、相手の評判を必死に落そうと試みるのです…。

卑怯な人は自分が優位に立つ為なら手段を選ばないので、嘘だって平気で吐くでしょう。

「あの人ってね、○○なところがあるらしいよ…」などと、周囲にある事ない事触れ回って相手をどん底に突き落とします。

もちろん、悪口を言っていたのが相手にバレてしまえばそれまでですが、卑怯者は普段から人の悪口を良い慣れているので、本人にバレない様に噂を広めるのは得意中の得意なのです。

さらに恐ろしいのが、自分の策により孤立した相手に「自分だけはあなたの味方だから…」と良い人を演じて手を差し伸べ、相手に感謝させる事で、「自分はなんて素晴らしい人間なのだろう…」とより大きな優越感に浸ろうとする、とんでもない卑怯者もいるのだとか…。

相手と比べて自分に優れているところが見つからなければ、相手を陥れてでも上に這い上がろうとするのが卑怯者のやり方なのです。

自慢話が好き

卑怯な人は、自分が他人よりも優れている事をアピールする為に、よく自慢話をする傾向にあると言えるでしょう。

しかし、相手が聞いてもいないのに自慢話ばかりしてしまうのは周囲に良い印象を与えませんし、「また自慢話か…」と相手に思われてしまえばまともに話を聞いて貰えない可能性もあります。

卑怯な人はそれをちゃんと理解しているので、一見自慢話とは関係なさそうな話題や相手が興味を持ちそうな話題を振り相手が話に食いついてきたところで、さり気なく自慢するのです。

ただ、自慢話が大好きな割に人に自慢出来る話を大して持っていないので、過去の武勇伝を何度も何度も語ったり、小さな自慢を大袈裟に盛って話したり、時には嘘の自慢話で自分を大きく見せようとします…。

また卑怯な人は自分の話だけでなく、友達や親など身近な人の話をまるで自分の事の様に自慢する場合もあるのです。

例えば「自分は芸能人の○○と知り合いで~…」とか「親は会社経営をしていて、年収○億も稼いでいて~…」といった感じです。