CoCoSiA(ココシア)

「価値観の違い」はあって当たり前!相手の価値観を受け入れてカップルが上手く付き合っていくための11個の方法


カップルの別れの原因の多くは、価値観の違いによるものです。

相性や性格の不一致という理由もありますが、広義の意味では性格の不一致も価値観の違いだと言えるでしょう。

お金の使い方や育った環境の違い、結婚への考え方などから、価値観の違いで別れるカップルはとても多いです。

けれども元々人はそれぞれに性格や価値観が違っているものです。

どこかでお互いに妥協できなければ、一生結婚はおろか、まともに恋人を作ることもできないでしょう。

相手の価値観を受け入れて、カップルが上手くつきあっていくための方法をご紹介します。

別れの原因1位!「価値観の違い」とは

別れの原因の第1位とも言われている「価値観の違い」。

この価値観とは、物事の捉え方や、自分が何を優先したり、大切にしたりするかというさまざまな考え方のことです。

これらを含めた価値観は、それぞれ人によって違っています。

例え自分と共通点の多い人であっても、価値観まですべてまったく同じという人は滅多にいないでしょう。

それほど価値観とは人によって違うものですので、相手の価値観が自分には理解できないこともよくあります。

また、価値観の違いがぶつかり合うことでトラブルが起こることも日常茶飯事でしょう。

カップルの場合、お互いに自分の価値観を恋人に理解してもらおうとして、それが原因で喧嘩になって別れてしまうことが多いです。

大好きな人だからこそ、自分の価値観を理解して欲しがった結果、それが相手には受け入れられなかった時に別れに至ってしまうのです。

▼【関連記事】価値観の違いを乗り越えるためにはこちらの記事を先にチェック!
価値観の違いを乗り越えるための7個の方法。パターン別に解説します →

上手く付き合っていくための11個の方法

価値観の違いはあって当たり前のものです。

けれどもその当たり前のことを受け入れられないからこそ、喧嘩やトラブルが起き、そしてカップルでは別れを迎えてしまうことが多いです。

価値観の違いを互いに上手に受け入れることができなければ、どんな人と付き合ったところで結局は長続きしません。

せっかく恋人ができても毎回価値観の違いで別れてしまっては、まともに結婚することもできないでしょう。

自分の価値観を相手に受け入れてもらいたいという気持ちが強い人や、相手の価値観を上手く受け入れられないという自覚がある人は、今日からでも価値観の違いを乗り越えて、仲良く恋人と付き合っていけるように努力しましょう。

価値観の違いがあっても、上手く付き合っていくための方法を以下にご紹介していきます。

相手を否定しない


価値観の違いを感じた時には、つい相手の考えを否定してしまうことがあります。

けれどもそれを逆の立場で想像してみて下さい。

恋人に自分の価値観を頭ごなしに否定されたら、あなただって悲しくなりませんか?

「自分を理解してくれない」という事実から、悲しみや怒りの感情が生まれて喧嘩になってしまうことでしょう。

誰でも自分を否定されるのは辛いことです。

ましてやそれを、誰よりも大好きな恋人にされてしまったら、好きな気持ちが強いカップルほどショックを受けて諍いが起きてしまうでしょう。

相手の価値観を否定するという行為は、相手にとっては「あなたを理解できない」もしくは「あなたを理解する気がない」と言われているのと同じことです。

もしも自分が恋人にそうされたら、きっと「どうして理解してくれないのか」と辛い気持ちや憤りの感情がこみ上げてくることでしょう。

一度そうなってしまったら感情に火が点いてしまいますので、冷静に話し合いをすることができなくなってしまいます。

そして喧嘩の勢いで別れ話に発展してしまう可能性も十分にあります。

例え相手の価値観が理解できないと思っても、決してそれを口には出さずに、相手を否定しないように気をつけましょう。

思いやりをもつ

誰でも大切な自分の恋人に対しては、愛情と思いやりの気持ちを持って接します。

けれども自分の心に余裕がない時には、そのことを忘れてしまい、思いやりのない言動や態度を取ってしまうことがあります。

例えば職場の人間関係で悩んでいる時に、恋人からちょっとしたおねだりをされたら、「自分が大変な時にわがままを言うなんて」という気持ちから恋人に対して冷たい態度を取ってしまう人もいます。

しかし相手にとっては、自分の恋人が悩んでいることなど知る由もないのですから、いきなり冷たくされて戸惑ってしまうでしょう。

心に余裕がない時には、自分が何も言わなくても相手に自分の気持ちを察して欲しいと思う人もいますが、それは自分の個人的な考えであって、相手もそれを理解しているわけではありません。

それなのに、「理解してくれないから」という理由で思いやることを止めてしまったら、余計に恋人との間に距離ができてしまうでしょう。

勢いで別れ話はしない

喧嘩の勢いで別れ話をするのは禁物です。

何故なら、勢いで別れたカップルの場合、大抵の人が後悔する羽目になるからです。

喧嘩をした時には、喧嘩の原因だけが頭の中を占めてしまい、他のことは一切考えられなくなってしまいます。

そして一時の激情だけで別れを選択しますが、時間が経って冷静になると、頭には喧嘩以外のたくさんのことが浮かんできます。